総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [137 道楽]

137 道楽

 これだけ今回は力が入っていると云うことだ。
 そんな活動を認める規約はない。
 相変わらずだな。だが、できないと書いてある訳でもないだろう。
 それは確かにそうだ。
 実は、今までその打ち合せをしてたんだよ。
 成程ね、そう云うことか。
 今回は選対をやってみようと思ってる。
 物好きなことだな。それで、見込みは?
 なかなかハンディが多いのは確かだが、むしろその方が面白そうだろう?
 選挙に関わるのは初めてか?
 金や人を出したことはあるが、自分の身体を使うのは初めてだね。・・・どうだ、お前も一度やってみないか?
 遠慮するよ。それにしても、ぞっとしない道楽だな。後を引いても後悔するなよ。
 余計な心配はするな。・・・後で紹介してやるよ。
 向こうは迷惑なんじゃないかな?
 あの事故のことか?
 それもある。
 他に何かあるのか?
 噂を聞いたことはないのか?
 どんな噂だ?
 此処ではかなり有名な噂らしいよ。
 どんな噂かは知らないが、大抵の話は耳に入る筈だがな。
 知らなければそれで良いんだ。
 聞かせてくれよ。気になるじゃないか。
 他から聞いてくれ。噂の当人が話すようなことじゃない。・・・そら、遅刻常習犯のご到着だ。

-Dec/6/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です