総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [138 礼儀]

138 礼儀

 やあ、遅れてすまん。
 何時ものことだ。驚かないよ。
 お二人さん、難しそうな顔をして、一体何の話だい?
 こいつに関する有名な噂についてさ。お前は何か聞いたことがあるか?
 質問をする前に、君達は何か忘れてはおりませんか?・・・まずはこれだよ。それが礼儀と云うもんじゃないか、諸君?
 遅れて来るのは、この辺りじゃ礼儀なのか?
 正月早々そう云う言い方は良くありませんよ。
 相変わらずだな。
 狐や狸じゃあるまいし、そう簡単には変われませんよ。
 こいつも知らないらしいな。
 いいや、聞いたことはありますよ。この変質者が、執念深く他人の尻を追い掛け回していると云う話だろう?・・・もう少し良い趣味を持つように、忠告したいと思っていたところなんだ。
 もう少し詳しく話せよ。
 本人が此処にいるんだから、俺が解釈することもないだろう。
 本人の口から話すようなことじゃないとさ。
 どうやら差し違える覚悟ができたらしい。そう云うことだろう、変質者君?
 冗談じゃない。
 婚約を解消してまで、・・・。
 婚約はしていない。
 本当なのか?
 調べてみたことは確かだよ。
 それで、どうだったんだ?
 何も、・・・。
 今でもまだ調べているのか?
 いや、・・・。

-Dec/6/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です