総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [141 温泉]

141 温泉

 それまで何度となく繰り返された話が、呂律の怪しい口から吐き出された。

 男は、しきりに、今度の選挙には是非協力して欲しい、決して悪いようにはしない、・・・そう言いながら盃を自らの口に運んだ。口だけが休みなく動いていた。もう既に、自分の前に座っている男がどんな男なのかさえ、認識できない様子だった。恐らく、盃に酒が満たされる度に繰り返した話なのだろう、そして、今の自分自身を支えることができるのは、その話だけだと云うことを知っていたに違いない、・・・暫くすると、話は同じところへ戻ってきた。

 傍にいた後輩に銚子を渡して、煙草の煙の充満した部屋を出た。眩暈がした。

 もう酔っているのか?
 ええ。年末から毎日のように宴会続きらしいですからね、無理もないと思いますよ。
 少し休ませたらどうだ?
 そう言ったんですが、・・・。
 こんな調子じゃ、最後まで持たないだろう。
 それもそうだ。・・・明日もあることだし、今日は早目に切り上げた方が良さそうだな。
 温泉で一風呂浴びて、ゆっくり休んで貰うと云うのはどうですか?
 温泉?・・・何だ?
 それも良いな。温泉なら俺も付き合うよ。・・・これから頼めるか?
 大丈夫だと思います。
 お湯に浸かって、少しは身体を休めようと云う訳ですよ。

-Dec/20/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です