総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [143 意志]

143 意志

 場所を替えるらしい。
 どうして急に?・・・まずいじゃないか。・・・どうする?
 運がこっちを向いていないと云うことなんだろうな。聞いておきたいんだが、・・・お前の気持ちは変わらないんだろうね?
 その心算だよ。少なくとも、今は、・・・ね。
 はっきりしない言い方だな。
 かなり酔ってる。・・・今は、どんなことにも、自信がない。
 運や自信だけが結果を保証する訳でもないだろうさ。
 じゃ何だ?
 意志、・・・お前の意志、・・・。それだけだよ。外にはない。そうじゃないか?
 意志を支えているのは、自信だよ。
 この期に及んで、言葉だけの議論をしたいとは思わないね。そんなことは後でもできることだ。・・・さて、休んでいるのは構わないが、最後までいてくれよ。
 分かった。
 それから、俺は暫く顔を出さない、今の話も聞かなかった。・・・それだけは、どんなことがあっても覚えておいてくれ。後はお前次第だ。良いね?

 喧噪はこの部屋にまで届いて来た。

 炬燵に足を入れて横になると、身体は急に沈み込んでいくようだった。這い登ることもできないような深みに、落ちていくようだった。・・・家へ、自分の部屋へ、戻りたかった。待っているものを、これまで待ち続けていたものを、忘れてしまうことはできないだろうか、・・・それができれば、今すぐにでも起き上がることができる、そうすれば、蒲団の中に潜り込むことも、幾らかましな酒を飲むこともできる、・・・。しかし、無理なことだ、今は、待とう、・・・待つことには馴れていたし、待っているものは待ってさえいれば間違いなくやって来る、・・・。

-Dec/20/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です