総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [147 商売]

147 商売

 お待たせしました。
 どの位かかりそうでしょうね?
 もうそろそろだと思います。
 そうですか。・・・ところで、あなたは、何を知っているんですか?
 酔っていらっしゃるんですか?
 質問の意味が、分かりませんか?
 いえ、・・・。でも、どうして何度も同じことをお尋ねになるんですか?
 あなたの咽喉の奥にある答えが聞きたいからですよ。
 わたしが嘘を付いていると仰るんですか?
 そう。あなたの返事には、今までに一度だって間違いがなかったことは確かですよ。でも、それが全てじゃない、・・・何時も、充分じゃなかった、何かが足りなかった、・・・違いますか?
 何故そんなことを仰るのか、分かりませんが、・・・。
 事実なら、どんなことでも知りたいと云うのが望みです。
 例え事実でも、知らない方が良いと云うことだってあるんじゃありませんか?
 それは、あなたではなくて僕が判断することです。
 でも、知ってしまったら、判断の余地はなくなってしまうでしょう?
 ・・・確かに、そうですね。
 此処にいると、いろいろな話が耳に入って来ます。こう云う商売ですから、当然だと思われるかもしれませんが、でも、聞いてはいけない話かどうかは、すぐに分かるんです。そう云う時には、急に耳が使えなくなるんですよ、・・・本当に。

-Dec/20/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です