総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [148 授業]

148 授業

 改めてお聞きしますが、僕の判断は、正しかったと思いますか?
 今更どうしてそんなことを、他人に尋ねたりなさるんですか?・・・それが一番だと思われたんでしょう?
 いや、・・・今では、後悔していますよ。よく考えてみれば、随分残酷な話でしたからね。もっと、他にできることがあったのかもしれません。もう今となっては、遅過ぎるんでしょうが、・・・。そう思いませんか?
 そうでしょうか?・・・誰にでも、後悔していることはあると思いますが、・・・。
 あなただったらどうしたかを、聞かせて貰えませんか?
 ・・・高校の頃、自分の思い通りにできる人がとても羨ましくて、わたしも、一度だけ、あなたの真似をしてみたことがあるんです。でも、だめでしたね。見つかって叱られました。
 何をしたんです?
 机と椅子を物置に隠して、屋上へ行って、・・・。教室の窓からでは無理でも、屋上からなら飛べるかもしれない、って・・・。でも、誰にでも飛べるとは限らないんですよね。
 そうでしたか。そんなことがあったなんて、全く知りませんでした。
 此処にいらっしゃるのは、その決心をしたからなんでしょう?・・・もう、先生が捜しに来る心配はないんです。授業は始まっているんですから、・・・。それとも、今から教室へ戻りますか?
 それが、・・・答えですか?
 ・・・もうすぐですから、ゆっくりなさって下さい。
 もうすぐ?・・・僕は少しも急いでいない。
 お帰りの車をお呼びしてあるんですよ。・・・ご迷惑でなければ、途中まで乗せて戴きたい方がいらっしゃるんですが、よろしいでしょうか?
 何人ですか?
 ・・・勿論、お一人です。
 外には?
 まだ何人かおいでになりますが、よろしいんですか?
 いや、あなたの云う通りにしましょう。・・・で、飛べると思いますか?
 ええ、あなたなら、きっと、・・・。

-Dec/20/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です