総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [149 躊躇]

149 躊躇

 玄関から車までの僅かな距離が一苦労だった。殆ど目を開けていることさえできない男は、肩に凭れ掛かりながら、飲み直そうと言った。それも悪くはない、・・・。

 運転手が手を貸してくれた。そして、死人のような男が誰かを確認したようだった。

 雪は相変わらず止むこともなく、かと云って、急いでいる様子もなかった。

 お願いします。
 ええ。
 行き先は伝えてあるから、後は運転手に委せておけば良い。
 何をどう言えば良いのか分からないよ。
 何も言う必要はないさ。
 お気を付けて、・・・。
 ありがとう。

 車の中は温かかった。運転手は席に収まると後ろを振り返った。それが男との打ち合せ済みの合図ででもあったかのように、車は動き出した。

 男は目を閉じた儘、口を開けて苦しそうに息をしながら、頻りに何かを言おうとしているように見えた。肩に手を遣ろうとした時、車の搖れに委せて身体を揺すっていた男は、それまで自分の足を置いていた場所に転げ落ちた。鈍い音がした。車は、しかし、躊躇することもなく、走った。

-Dec/20/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です