総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [151 麦茶]

151 麦茶

 扉の外では歩くことも覚束なかった男は、席に着くと同時に運ばれて来た酒を、一気に飲み干してしまった。そして、男は席を立ち、手を貸そうとする女を振り切って、カウンタや椅子と格闘しながら、奥に消えた。

 大丈夫かな。
 あの様子なら大丈夫ですよ。
 何時もあんな調子なんですか?
 そうよ。あの男、此処へ来るのはね、お酒を飲ためじゃなくて、酔いを醒ますためなの。だから、何時だってあんな調子、・・・。
 あんな飲み方じゃ、それどころじゃないだろうね。
 大丈夫。さっきのはお酒じゃなくて、麦茶なんだもの。
 これも麦茶?
 これは、れっきとしたお酒。・・・あの男の好きなピンチ。
 ピンチ?・・・ディンプルのことですか?
 ええ。でも、この男がそう言うものですから、・・・。
 随分長い付き合いなんでしょうね?
 この店は初めてでしょう?
 そう・・・。
 お名刺を戴けませんか。
 生憎と、今日は持ち合わせがなくて、・・・。
 お強そうね。
 どんなお仕事をなさっていらっしゃるんですか?
 仕事?・・・どうやら、飲み過ぎて忘れてしまったらしい。

-Aug/1/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です