総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [153 歓迎]

153 歓迎

 誰かと思えば、お前か。・・・まあ、今日は誰でも歓迎するよ。さあ、飲むぞ。
 何んて言い方なの。あなたを此処まで送って下さったのよ。
 そうか。・・・ところで、他の連中はどうしたんだ?
 此処より、温泉に入る方が良いんですってね。
 そう云えば、そんな話だったな。
 薄情な人達ね。
 たまには良いだろう。・・・さて、俺もそろそろ出掛けるとするか。
 (まさか、・・・そんな、・・・)
 あなたは温泉より此処が良いんでしょう?
 それもそうだが、これも付き合いだよ。
 あなたがいなくたって、みんな、好きにやっているわよ、今頃。・・・何時も付きっきりなんだから、こんな時位勝手にさせてあげたら?・・・その方が喜ぶわよ、きっと。
 (助かった!)
 ところで、俺はどうして一緒に行かなかったんだ?
 さあ、知りませんね。幹事には家まで送り届けてくれと言われただけでしたよ。
 お前にか?
 車がなかなか捕まらなかったんでしょう。
 おかしいな。そんなことを頼んだ覚えはないんだがな。
 みんなと一緒だったら今夜は泊まりでしょう?・・・明日もあるんだから、今日は家でゆっくり休んだ方が良いわよ。幹事さんが、きっと、気を利かせてくれたんだわ。
 確かに、・・・このところ休みなしだったからな。
 そうと決まったら、さあ、飲みましょう。まだ時間も早いことだし、・・・。
 俺にももう一杯くれ。
 もう止した方が良いんじゃない?
 大丈夫だ。

-Aug/1/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です