総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [156 試練]

156 試練

 見送りの女達に手を振って、男は歩き出した。暫くして、背中に扉を閉じる音が届いた。

 外は道路も雪も凍り付いていた。頭痛がした。酔いが醒め始めたせいかもいれない、或いは、空気が冷え切っているせいかもしれない、・・・。凍った空気が繊維の小さな隙間から容赦なく入り込んで来た。どんなものも、これを防ぐことはできない、これは試練なのだから、と考えていた。

 雪は、相変わらず急がなかった。だが、急がなければならない、・・・。

 歩けるか?
 大丈夫だ。・・・何処へ行くんだ?
 帰るんだよ。元の所へ、・・・。
 車を呼んでくれ。
 車は来ない。
 おい、冗談は止めろ。
 これは、冗談じゃないんだ。
 それじゃ、戻る。
 いや、戻る訳にはいかない。
 お前は誰だ?
 この「時」を待っていた男だよ。

-Aug/1/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です