総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [163 途中]

163 途中

 今まで、歩いて帰ったことなんか一度も無かったんですよ、あの男。・・・あのカウンタの中にいた女、覚えていらっしゃいます?・・・あの女がお気に入りで、帰る時は何時も一緒だったのに、・・・。
 そうですか。あまり付き合いがありませんから、普段のことは良く分かりませんが、・・・気が利かなかったかもしれませんね。・・・約束さえしてなければ、・・・。
 今夜は、お客さんもあの女も、ちょっとついていなかったみたい。
 あなたも、彼も、・・・ね。
 でも、こう云う日って、年に何度かはあるのよね。
 そうですね。・・・あるかもしれませんね。
 どの辺りなんですか?
 あの角を右に曲がって、すぐですよ。
 でも、大丈夫かしら、・・・。
 何が?
 大分酔っていたでしょう?・・・だから、・・・。
 何か、気に掛かることでもあるんですか?
 前に一度、大分前のことですけど、酔って帰る途中で、店のショウウインドウを壊したことがあって、・・・本人は覚えていないって言うんですが、・・・。それからは必ず車で送ることにしてたんです。・・・その時も、一人でした。
 でも、今夜は大丈夫でしょう、・・・多分、・・・。
 ごめんなさい。こんなこと、初めての方にお話しするようなことじゃありませんでしたよね。・・・今夜は、何か、みんな、変ね。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です