総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [164 舞台]

164 舞台

 おかしいな。・・・いない、・・・。
 帰ったのかしら。
 まさか、・・・とても一人で歩けるような状態じゃなかった。
 きっと、車が捕ったのよ。
 いや、そんな筈はない、・・・。それは無理だ。
 あれは何?・・・マフラー、・・・?
 ・・・・・。
 あの男のものじゃない、・・・。
 此処で待っていて下さい。・・・少し捜してみます。
 わたしも一緒に、・・・。
 いえ、あなたは此処で待っていて下さい。すぐに戻ります。歩いてなら、そう遠くまでは行っていない筈ですから、・・・。

 駆けながら、女の言うように、車を捕まえて帰ったと云う可能性はあるのだろうか、と考えていた。車を捕まえるためには、まず側溝から這上がる必要がある、しかし、そんなことは考えられないことだ、仮に這上がることができたとしても、そこには濡れた身体を引き摺った跡が残るに違いない、しかし、あの場所は、あの時の儘だった、・・・。

 もう何も恐れることはない、舞台の幕を降ろしたのは、あの男自身なのだから、・・・そして、この幕は二度と上がることはないのだから、・・・。

 女が駆けて来た。慌てようを見ると、それがどう云うことかはすぐに解った。男は、やはり、全ての欲望を止揚したのだ、そして、そうすることによってしか得られない休息を望んだのだ、・・・。それが良い、・・・それで良い、・・・。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です