総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [166 勘定]

166 勘定

 終わった、・・・長い間付けていた勘定を、やっと清算することができた、それはこれまでの自分の希望の全てだった、そして、それこそが自分の希望の結果だった。だが、・・・掌の中に残った果実の思いの外の小ささが、無闇に腹立たしかった、・・・こんな筈はない、・・・今までに棄ててしまったものの代償として、これは何と云う貧弱さだろうか、・・・。寒くて堪らなかった。

 静かだった。鉛筆を弄びながら執拗に話を聞こうとする警察官の声が、殆ど聞こえなかった。
 気が付いた時には車の中にいた。
 雪は、頻りに走る車の窓を叩いた。・・・これで全てが終わったのだ、・・・と。

 帰って、休みたいよ。
 話ができるのか?・・・眠っているのかと思ったよ。
 眠れる訳がない。
 そうだろうな。
 酒が、欲しい。
 良いよ、それ位のことなら、・・・。
 何処へ行く心算だ?
 一旦戻る。
 あそこは嫌だ。
 まだ、後片付けが残っているんだよ。
 降りたくない。
 それなら、家まで送らせよう。
 それも嫌だ。
 好きにすれば良いさ。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です