総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [167 用意]

167 用意

 お帰りなさいませ。
 ええ、・・・。
 少し、お休みになったら如何ですか?
 そうしたいんですが、只、・・・。
 まだ誰か残っているんですか?
 いえ。もう皆さんお帰りになりました。
 もし都合が悪くなければ、少し付き合って下さいませんか。一人じゃ、この男、ちょっと持て余しそうですからね。
 でも、お邪魔じゃありませんか? それに、大分お疲れのようですし、・・・。
 いいえ。
 そうですか。それじゃ、もう少しだけ片付けが残っておりますので、それを先に済ませて参ります。・・・何か、召し上がりますか?
 酒と、何か・・・。
 賄いさんがもう帰ってしまって、有り合わせのものしか用意できませんが、それでもよろしければ、・・・。
 それで充分です。
 承知致しました。・・・それでは、後程、・・・。
 少しお手伝いしましょう。
 まさか、お客様にそんなことをして戴く訳には参りません。
 構いませんよ。想像もできないでしょうが、数少ない趣味の一つが、実は、後片付けなんです。勿論、ご迷惑なら無理にとは言えませんが、でも、少なくとも猫よりは役に立てると思いますよ。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です