総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [168 迷惑]

168 迷惑

 どうやら、今夜は帰れそうもない。
 どうかしたの?
 別に、・・・何もないよ。
 だって、帰れないこと位で電話をして来たことなんか、一度もなかったじゃない?
 そうだったかな。
 そんなことで電話をして来るなんて、何かおかしいわよ。
 心配しないで、・・・。ちょっと人が恋しくなっただけだから、・・・。
 それじゃ相手が違うんじゃない?・・・酔っているんでしょう?・・・もう、それ以上飲むのは止めなさい。
 そうするよ。
 泊まるのは構わないけど、他人に迷惑を掛けるようなことだけはしないでね。
 分かった。・・・おやすみ。

 男の目をむいた顔が迫って来た。・・・あの儘歩き続けていたら、どうなっていただろうか、・・・。次第に男の酔いは醒め始める、それに比例して自分の決心は萎える、・・・そして、果たせずに別れることにでもなれば、何時になるかは分からない次の機会を、待てるかどうかは分からない次の機会を、待たなければならないことになる、それが可能なことだとは思えない、その「時」が再び巡って来るとは思えない、・・・。

 しかし、もう、待つ必要はなくなった、・・・これで良い、これで、良い、・・・。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です