総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [169 支度]

169 支度

 支度ができたよ。
 ありがとう。
 どうぞ、・・・。
 ありがとうこざいます。
 わたしにも一つ戴けますか?
 ええ、・・・。
 いただきます。
 これまでの、・・・あなたの心遣いに、感謝します。それから、お前にも、・・・。どれだけ礼を言ったら良いか、分からない。
 そんなことはともかく、これで万事が終わりと云う訳にはいかないだろうから、覚悟だけはしておけよ。
 そうだろうね、きっと、・・・。だが、後は自分で始末するよ。これ以上、君達に迷惑は掛けられないし、これ以上、大事な人を失いたくない。
 どうしてそう思うんです?

 手酌にさせて貰えませんか?
 構いませんが、でも、そんなことをされたら、きっと、飲み過ごされますよ。
 少なくとも、今は、酔った時の勢いが必要なんです。勢いを付けなければ、あなたの期待に応えることができないんですから、・・・。
 わたし達が今、何を望んでいるか、それを聞いて下さいませんか?
 ・・・何ですか?
 もうすぐ夜が明けるんですよ。少しでもお休みになって、・・・お酒は、それからでも遅くはないと思いますが、・・・。
 そうだな。・・・これだけ片付けたら、そうしよう。

-Oct/3/1999-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です