総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [171 着替]

171 着替

 昨日、何があったのか、・・・どうしても思い出せないんです。
 どうしても思い出せないようなことを、どうして思い出そうとするの?
 何か、大事なことのような気がして、・・・。
 思い出せないのは、そんなに大事なことじゃないからよ、きっと。
 そうでしょうか。・・・それが思い出せないと、これからどうしたら良いか、分からなくなってしまうような気がしているんですよ。
 どうしたら良いか、って、はっきりしてるでしょう? そうね、まずは起きること、それから、顔を洗って、食事をして、着替え、・・・
 そこまでは分かります。分からないのは、それから先のことなんですよ。
 それから先のことは、まず目を覚まして、それからゆっくり考えてみるのね。・・・だって、種を蒔いたのはあなたなんだから、どんな芽が出るかもあなたが一番良く知っている筈でしょう? と云うことは、手入れをするのも刈り取るのも、やっぱりあなたの仕事なのよ。
 そうでしょうね。あなたの言うことは正しい。・・・起きましょう。・・・まずは、それからにしましょう。
 それが良いわ。まだ少し時間があるから、きっと思い出せるわよ。

 朝から、つまらない話でしたね。
 良いのよ。あなたの気持ちが少しでも軽くなれば、わたしも嬉しいわ。
 ありがとう。

-Jan/22/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です