総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [172 後悔]

172 後悔

 大夫良さそうだな。
 悪くはない。
 少しでも物が咽喉を通るようなら、取り敢えずはそれだけでも良かったよ。
 悪くはないが、頭が痛い。
 あれだけのことがあって、まだ数時間だよ。・・・それが当然だろうね。
 何から始めて良いのか、それが、解らない。
 心配しなくても、差し当たってのことなら警察が決めてくれるさ。
 そう、・・・今は、自分で決めなくても済むなら、それだけで感謝したい気持ちだよ。

 長かったな。
 終わってみれば、そうでもないさ。だが、こんなことは、もう、うんざりだね。
 確かに、こんなこと、だ。そのことに、もう少し早く気が付いて欲しかったよ。そうすれば、今とは幾らか様子が違っていただろうな。・・・少なくとも、・・・。
 そうだな。少なくとも、・・・そうだったろうな。

 後悔は、していない?
 今はまだ、そんなことを考える余裕がないよ。何しろ、どうして此処にいるのかと云うことだって、良く分からないんだから、・・・。全く、間の抜けた話だね。
 そんなことは心配しなくても、もうすぐ分かるさ。
 そうだと良いね。

-Jan/22/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です