総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [178 見解]

178 見解

 穿った見方をすれば、或いはそうなるのかもしれませんね。只、一つ一つの出来事には、それなりの必然性があった訳で、それはどれも説明してある筈です。結果的には、そう見えるのかもしれませんが、それは意図した結果ではありませんよ。
 一年半前の交通事故のことや、あなたがその件で、何やら動いていたらしいと云う話、最近では、あなたの婚約に纏わる話、・・・どれも聞いていますよ。それでもですか?
 そう云う質問に答える心算はありません。今度のこととは無関係ですから、・・・。
 それはあなたの見解で、わたしは、少なくとも、そうは思っていませんよ。
 個人的にどう解釈しようと、そんなことは勝手ですが、公式の見解だと云うことになると、大変迷惑な話ですね。
 そうなるかどうかは、あなた次第です。
 何時までもその話に拘ると、あなた方の方が困ることになるだろうと思いますよ。
 何のことですか?
 昔話なら署長の方が詳しいでしょう。此処へ呼んで戴けませんか?
 何のために?
 そう伝えて貰えれば解る筈ですよ。あなたにも、是非聞いて欲しい話です。・・・勿論、無理にとは言いません。・・・わたしは待てますよ、幾らでも、・・・。
 どう云うことなのか、もう少し具体的に話して戴けませんか?
 わたしもそれが聞きたいんです。
 でも、それだけでは取り継ぎようがないでしょう?
 それならそれで、わたしの方は構いませんよ。
 昨日のことに関わりがあることですか?
 署長がどうお考えになっているかは分かりませんが、恐らく、あるでしょうね。
 具体的に説明して戴かないと、無理ですよ。
 無理なら構いません。・・・それじゃ、先に進みましょう。

 分かりました。その件は相談してみます。
 この機会を、これまでづっと待っていましたと、忘れずに伝えて下さい。

-Jan/22/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です