総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [181 雪道]

181 雪道

 静まり返っていた街にも、忘れ掛けていた活気が戻っていた。

 ただいま。
 一体、どうしたの?
 お陰さまで、無事に一仕事を済ませて来ましたよ。後は、これで大団円なら、もう何も言うことはないね。
 あなたのことを心配して、みんな大騒ぎなのよ。冗談を言っている場合じゃないでしょう!
 冗談だなんて、とんでもない。・・・お父さんは?
 叔父さんと一緒に、警察へ行ったわ。
 そう。・・・それじゃ、戻るまでには、まだ大分時間がありそうだね。・・・それまで、少し休んでおきたいよ。あの二人が帰って来たら、きっと、そんなことは許して貰えないだろうから、・・・。
 その前に、何があったのか、きちんと説明しなさい。
 知っているんでしょう?・・・二人揃って警察なんて、只事じゃないものね。
 そうよ、大騒ぎよ。
 その話は、どうせ後ですることになるんだから、もう少し待ってくれないかな。・・・何しろ、朝からづっと絞られ続けた上に、雪道を歩いて帰って来たんだよ。もう、逆さ吊りにされたって、何も出ないよ。
 昨日の電話、何だったの?・・・ねえ、正直に答えて頂戴。・・・何があったの?
 熱い風呂に入りたい。・・・昨日の酒がまだ残っていて、これを絞り出さないことには、どうしようもない。・・・お母さんなら、きっと、そうしてくれただろうな。
 こんな時にお母さんを持ち出すことはないでしょう?
 ・・・あの男は、死んだよ。

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です