総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [182 側溝]

182 側溝

 そう、・・・。良いわ。ちょっと待って、・・・。これから、すぐに支度をするから、その間に詳しく説明するのよ、分かったわね?・・・約束してよ。
 そんな言い方は止してくれよ。もう、うんざりしてるんだから、・・・。
 あなたのことが心配なのよ。
 もう、心配することなんか何もない。
 待って、・・・。先に火を付けて来るわ。それまで待って、・・・。

 さあ、話して、・・・。一体、何があったの?
 昨日の夜遅く、酔払いが側溝に転落して死亡すると云う事故があってね、運の悪いことに、そいつと一緒だった。全くついてない。・・・それだけだよ。
 事故、って、・・・それは、本当なんでしょうね?
 目撃した本人がそう言っているんだから、これ以上確かなことはないだろうね。
 どんな様子だったの?
 手を出すまでもなかったよ。急に自分から飛び込んで行ったからね。後は、全然動かなかった。・・・実際、がっかりしたね。あんなに意気地がないとは思わなかった。
 その話、信じても良いのね?
 心配しないで、・・・。単なる事故だと云うことは、お母さんの時と同じように、警察が証明してくれるさ。その場凌ぎの嘘を付ようなことはしないよ。

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です