総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [183 本意]

183 本意

 本当にそれだけ? 他に隠していることはない?
 何も、・・・。だって、それが事実の全てなんだから、・・・。
 本当のことを言って、・・・お願いだから、・・・。
 もう、生きていることに耐えられなかったんだろうな。その気持ちは良く解るよ。
 真面目に答えて、・・・。聞いているのは、そう云うことじゃないわよ。
 やっと責任を果たせたんだから、もうこれ以上、責めることはないでしょう?
 どうして一緒だったの?
 なかなか車が捕まらなくてね、大分待たされたよ。やっと捕まって、残っていた二人が纏めてそれに押し込まれた。その一人と云うのが、たまたまあの男だったと云う訳でね。・・・それだけだよ。他に理由があった訳じゃないんだ。
 その後は?
 飲んだ時には何時も寄る店があって、そこで一杯付き合うことにした。
 どうしてそこで分かれなかったの?・・・一緒に飲む相手じゃないでしょう?・・・そうしていれば、巻き込まれることもなかったのに、・・・。
 二人だけになる良い機会だと思ってね。・・・どうしても、決着を付けたかった。
 それで、話はできたの?
 話ができる状態じゃなかったし、そもそも、そんな心算は始めからなかったよ。
 それじゃ、こうなることは始めから分かっていたのね?
 その通りさ。・・・でも、手を出すまでもなかった。
 警察でもその話はしたの?
 まさか、する訳がないでしょう。・・・今の話は、お父さんやお兄さんにも内緒にしておいて欲しいんだ。そうでなくても、これまで随分迷惑を掛けたし、その上心配まで掛けるのは本意じゃないから、・・・。
 それが良いわね。・・・でも、驚いたわ。まさか、そんなことを考えているなんて、想像もしていなかったから、・・・。
 これでやっと風呂に入れるかな?

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です