総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [187 立札]

187 立札

 少し歩きたい。
 車は要るか?
 いや、歩いて帰るよ。・・・少し遅くなるかもしれないけど、心配しないで、・・・。
 あまり遅くならないようにな。この様子じゃ相当積もりそうだ。

 暗がりの中に炙り出されたような駅舎の前には、出発する列車毎の立札が立てられていた。その立札の前に、穏かだった正月を過ごした人達が列をなしていた。一様に大きな荷物を持ち、一様に満ち足りた表情をした人達だった。既に出た筈の列車の立札が残っていた。その前にも、何人かの人が待っていた。雪は盛んだった。

 何を待っているのだろうか、・・・この雪や寒さに耐えるために支払ったものは、待つことで手に入れることができるもに見合うものなのだろうか、・・・。

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です