総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [188 現実]

188 現実

 暫く前に見た夢を思い出していた。

 何を待っているんですか?
 えっ?・・・バスを、待っているんですが、・・・。
 そうでしょうね。此処はバス停ですからね。でも、もう最終は出ましたよ。
 そうですか。・・・あなたは、何を待っていらっしゃるんですか?
 勿論、バスを待っているんですよ。此処はバス停ですからね。
 今、最終はもう出たと仰いましたね?
 ええ、出ましたよ。
 それじゃ、待っても無駄じゃありませんか?
 どうして無駄なんですか?・・・まさか、本気でそんなふうに考えているんじゃないでしょうね?
 でも、もうバスは来ないと仰ったばかりじゃありませんか?
 そんなことを言った覚えはありませんね。
 でも、最後のバスは出たって、・・・。
 ええ、確かに、そうは言いましたよ。でも、もう来ないなんて、そんなことは言いませんでしたね。
 それはそうですが、・・・。
 どうです、あなたも待ってみませんか?・・・来ますよ。・・・待っていれば、何時か、必ず、・・・ね? どうです?

 それが現実の夢の始まりだった。そして、今、夢は醒めた。

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です