総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [189 無言]

189 無言

 受話器を取った。回し慣らした番号をなぞりながら、何を話す心算なのだろうかと考えていた。

 おめでとう。
 何が?
 口を利いて貰えないかと思っていたよ。
 話したくないの。切って、・・・。
 先に切るのは嫌だ。多分これが、・・・。
 切って!
 最後だろうから、・・・。
 切るわよ。
 良いよ、何時でも、・・・。話したくなければ、話さなくても良い。無理を云える立場じゃないってことは解ってる。・・・待つよ、この儘、切れるまで、・・・何時まででも、・・・待つ。
 待っても無駄よ。
 分かってるさ。でも、待つよ。せめて、それ位のことは許して欲しい。他には、もう何もできないんだから、・・・。
 お願いだから、・・・切って、・・・。
 いや、・・・できないよ。

 お願い、・・・。
 それが、できないんだ。許して欲しい。

 長い間、無言の儘の会話は続いた。

 明りの下を乱舞する雪を眺めながら、・・・そう、どうしてあの時、尋ねてみなかったのだろうか、・・・。
 人は、確かに、例えそれが何時来るともしれないバスではあっても、待つことができるかもしれない、だが、「時」はそれまで人を待ってくれるだろうか、・・・と。

 気が付くと、カードの残度数はゼロを示していた。そして、電話は切れた。

-Jul/15/2000-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です