総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [190 終章]

190 終章

 二日後、混雑した列車に乗った。雪のために二時間程も遅れて到着した列車は、慌てて駅を離れた。頻りに身体を揺すりながら、列車は急いだ。
 しかし、恐らく、どんなに急いでも、最後まで、この遅れを取り戻すことはできないだろう、と考えていた。

-Jul/15/2000-

・・・完・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です