本能寺址石柱 本能寺・妙覚寺襲撃の謎
本能寺址石柱
中京区油小路通蛸薬師山田町



本能寺・妙覚寺襲撃の謎

  • まえがき

  • その 1: 中枢部分が丹波亀山城に軍勢を集合させ、東へ向けて進発させた瞬間
  • その 2: 中枢部分が軍勢に向けて"本能寺へ向かう"と号令をかけた瞬間
  • その 3: 丹波勢が本能寺を襲撃する瞬間
  • その 4: 村井長門守貞勝らが妙覚寺へ「明智謀反」を知らせに行く過程
  • その 5: 信忠らが二条御所へ避難する過程
  • その 6: 中枢部分が妙覚寺へ軍勢を向かわせる過程
  • その 7: 二条御所襲撃の過程
  • その 8: 襲撃後の中枢部分の言葉(アピール)
  • その 9: 総括(注釈的シナリオ)
  • その10: 総括(注釈なしのシナリオ、たたき台)
  • その11: 襲撃主体について
  • その12: 私の「本能寺の変」論を系統分類するとどうなるか?

  • 付録 1: 二・二六事件の兵士達と雑兵・本城惣右衛門(彼らの証言データ)
  • 付録 2: 信長の自決<Mさんとのメール交換から>
  • 付録 3: 「検地反対一揆」説の鳥瞰
  • 付録 4: 「本城惣右衛門自筆覚書」に関するデータ
    桔梗
  • あとがき

  • 耶止説夫時代の八切止夫氏
  • 覚え書きノート 概要 <歴史小説家八切止夫氏の「本能寺の変」論をめぐって>
  • 「本城惣右衛門自筆覚書」に関するデータ

  • リンク

  • 更新履歴

    桔梗


    振屋 裕恒

    since Sep/23/2002



  • 文中、

      『ノート』は、『覚え書きノート<歴史小説家 八切止夫氏の「本能寺の変」論をめぐって>
      『訂正・加筆』は、『覚え書きノート [訂正・加筆]』
      『訂正・加筆 その二』は、『覚え書きノート [訂正・加筆] その二』

    を表します。

    『覚え書きノート』は、国会図書館都立中央図書館に納本してあります。

       国会図書館請求番号  :GB341-E70
       都立中央図書館請求番号:210.48/5030/1993


    <謝辞>

      『本能寺・妙覚寺襲撃の謎』を著すに当たり、さまざまな史料・資料を参照・引用・流用させていただきました。
      参考にさせていただきました著作の、著者・著作権保持者・出版社及び関係者の方々に、この場を借りて、厚くお礼を申し上げます。
      同時に、可能な限り出典を明記し、著作権等に関しては十分に留意するよう心掛けましたが、一部不備・欠落があるかもしれません。
      その際には、以下のアドレスまでご連絡いただきたく、お願い申し上げます。

      小林芳雄 メールはこちらからどうぞ

      K'sBookshelf
      「本能寺の変」に関する資料集です


    <注>

      このページはJavaScriptを使用しています。
      JavaScript対応のブラウザをご利用いただき、同時に、ブラウザの設定を「JavaScript有効」にしていただきますよう、お願いいたします。
      (通常は、JavaScriptが有効になっていますので、特に設定は必要ありません。)