総合目次のページ 家康の性格を下敷きに「関ケ原合戦」を考えてみます 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
家康の関ケ原】 [関ケ原合戦関係略年譜] 「慶長4年」


西軍
慶長4年
東軍

豊臣秀頼、諸将の参賀を伏見城に受ける。

1月1日
壬午
1599年
1月27日

 


島津義弘の兄義久、家康と往来したため、三成、これを詰問する。

島津義久、三成の詰問に対し、義弘・忠恒父子に誓書を与え、異心なきことを誓う。

1月3日
甲申
1599年
1月29日

 


豊臣秀頼、秀吉の遺言に従い伏見城から大阪城に移る。

1月10日
辛卯
1599年
2月5日

 


前田利家ら大老・五奉行、家康が私的に縁組みを進めていることに対し詰問する。

1月19日
庚子
1599年
2月14日

これより先、家康、伊達政宗・福島正則・蜂須家家政らと私に縁組みを進める。

藤堂高虎、三成の陰謀を家康に報告する。


  2月2日
壬子
1599年
2月26日

家康、大老・五奉行の詰問に対し、誓書を交換し和解。


三成ら五奉行、家康排斥を図る。

前田利家、細川忠興の仲介を得て、伏見に至り家康と和し、三成らによる家康襲撃の企みがあることから、向島に移ることを勧める。

2月29日
己卯
1599年
2月25日

 


三成・増田長盛・長束正家、大阪に至った家康を襲おうとしたが果たせず。

3月11日
辛卯
1599年
4月6日

家康、答礼を兼ねて大阪に前田利家の病気を見舞う。


  3月26日
丙午
1599年
4月21日

家康、前田利家の勧めに従い向島に移る。


前田利家が大坂で逝去(62歳)。

閏3月3日
壬子
1599年
4月27日

加藤清正・黒田長政らの諸将、三成の襲撃を謀る。


三成、加藤清正・黒田長政らの諸将による襲撃を受け、大阪より伏見に逃れ、家康に頼る。(三成が入ったのは伏見城内の自邸だとするものもある【関ケ原合戦】)

閏3月4日
癸丑
1599年
4月28日

家康、襲撃から逃れ頼って来た三成を、佐和山城に蟄居させる。


  閏3月13日
壬戌
1599年
5月7日

家康、伏見城西の丸に移る。


  閏3月21日
庚午
1599年
5月15日

家康、毛利輝元に異心なきことを誓う。


  4月2日
庚辰
1599年
5月25日

家康、島津義弘・忠恒父子に異心なきことを誓う。


毛利輝元の養子秀元、家康に通ずることなきを安国寺恵瓊に誓う。

6月4日
辛巳
1599年
7月25日
 


  6月

家康、山城伏見にあった諸将に対し、帰国して休養を勧める。

家康の勧めで、諸将は帰国する。


  7月29日
丙子
1599年
9月18日

家康、黒田長政に五奉行との和解が成ったことを知らせる。


増田長盛、前田利長に謀叛の兆しがあり、浅野長政・大野治長・土方雄久に家康暗殺を指示している、と密告する。

9月7日
癸丑
1599年
10月25日

家康、大阪に下り三成邸に投宿する。


  9月9日
乙卯
1599年
10月27日

家康、秀頼と会見。大阪で執政することを定める。


  9月28日
甲戌
1599年
11月15日

北政所、大阪城西の丸を去り、家康を同所に譲る。


  10月2日
戊寅
1599年
11月19日

家康、家康暗殺を企てたとして、大野治長を下野、土方雄久を常陸に流し、浅野長政を甲斐に蟄居させる。


  10月3日
己卯
1599年
11月20日

家康、首謀して家康暗殺を企てたとして、前田利長討伐のため軍を催すことを決め、諸将にその旨を述べる。


細川幽斎、嫡男忠興に対する家康の疑いに対し、異心なきことを誓う。

10月24日
庚子
1599年
12月11日

家康、細川忠興が前田利長と通じて謀叛の兆しありとして、討伐軍を催そうとする。


  11月20日
丙寅
1600年
1月6日

これより先、戸沢政盛、密かに上杉景勝の動静を家康に報告。


  11月

細川忠興、家康に誓書を進める。


前田利長、謀叛の疑いに対し、家康に老臣横山長知を派遣し、他意なきを陳述させる。

12月

 



総合目次のページ 家康の性格を下敷きに「関ケ原合戦」を考えてみます 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です