総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「漢字林(非部首部別) 黽部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 黽部」 [部首索引


黽13+0=総画数13 U+9EFD [ベン、メン、ビン、ミン、モウ、ミョウ、ボウ/] 黾𪓑𪓙𪓖𪓝𪓕𦊣𦋍
◆カエル(蛙)の一種、姿はヒキガエル(蟾蜍、ヒキガエル科)やアオガエル(青蛙、アオガエル科)に似て水に棲み腹が大きいという「【爾雅注疏:釋魚】鼁𪓰蟾諸(《注》似蝦蟆居陸地淮南謂之去蚥)在水者黽(《注》耿黽也靑蛙大腹一名土鴨)(《疏》…狀似靑蛙而腹大爲異陶注本草云大而靑春者俗名土鴨其鳴甚壯卽此黽也…)(「鼁𪓰」「蟾諸」はいずれもヒキガエル、「去蚥」は「蜛蚥」と思われ、やはりヒキガエル)
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、「黽勉ビンベン」、同「僶」「勔」
筆順
黽13+人2=総画数15 U+50F6 [ビン、ミン/] 𠊟
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、同「黽」「勔」
𡢘黽13+女3=総画数16 U+21898 [ヨウ、ウン/]
◆孕(はら)む、妊娠ニンシンする、胎内タイナイに子を宿(やど)す、同「孕」「𣎜」「𥀩」「【康熙字典:丑集下:女部:𡢘】《集韻》以證切同孕《說文》懷子也…」
◆ハエ(蠅、ハエ目の昆虫)、ハエ(蠅)の一種「【集韻:卷四:平聲四:尤第十六:蠅𡢘】余陵切說文營營青蠅蟲之大腹者或从女」
黽13+心3=総画数16 U+61B4 [ショウ、ジョウ/]
◆過(あやま)たないように注意深く振る舞う
𣎜黽13+月(肉)4=総画数17 U+2339C [ショウ、ジョウ/]
◆孕(はら)む、胎内タイナイに子を宿(やど)す、妊娠ニンシンする、同「孕」「𡢘」「𥀩」
黽13+水3=総画数16 U+6FA0 [ジョウ、ベン/]
◆「澠水ジョウスイ」、山東省淄博市付近を源とする川名 {山東省}
◆「澠池ベンチ」、古地名、現県名、河南省三門峡市 {河南省}
𥀨黽13+皮5=総画数18 U+25028 [ヨウ/] 𥀩
◆孕(はら)む、胎内タイナイに子を宿(やど)す、同「孕」「𡢘」「𣎜」「【字彙補:午集:皮部:𥀨】羊正切音孕亦𥀨」
𥀩黽13+皮5=総画数18 U+25029 [ヨウ/] 𥀨
◆孕(はら)む、胎内タイナイに子を宿(やど)す、同「孕」「𡢘」「𣎜」「【字彙補:午集:皮部:𥀨】羊正切音孕亦𥀨」
𥋝黽13+目5=総画数18 U+252DD [モウ、ミョウ/]
◆じっと見る、じっと睨み付ける
◆「𥋝盯モウテイ」、怒ったような目付きをするさま「【集韻:卷八:去聲下:映第四十三:䁅𥋝】䁅盯目怒皃」
𥜐黽13+示4=総画数17 U+25710 [ビン、ミン/]
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、同「黽」「僶」
黽13+糸6=総画数19 U+7E69 [ショウ、ジョウ/なわ] 縄䋲绳
◆何本かの藁(わら)・糸・紐(ひも)などを捩(ねじ)りながら長くしたもの、ロープrope、一般には「紐」よりも太く「綱(つな)」よりも細く粗いもの
◆墨糸(すみいと、墨を含ませ直線を描く糸)、大工道具の一つ、「繩墨ジョウボク」
◆(直線が大工作業で規準となることから)規準、基準
◆(墨繩で描かれた線のように)まっすくにする、曲がりや歪みなどを正す、誤りを糺(ただ)す
筆順
黽13+虫6=総画数19 U+8805 [ヨウ/はえ] 蝿蝇
◆ハエ(蠅)、ハエ目の昆虫、「青蠅セイヨウ」
◆イエバエ(家蠅)、イエバエ科の昆虫
筆順
黽13+言7=総画数20 U+8B5D [ジョウ/]
◆褒め称える
黽13+邑3=総画数16 U+9133 [ボウ、ミョウ/]
◆漢代(前202年~220年)の県名、地所未詳、河南省・安徽省付近と思われる「【漢書(前漢書):卷二十八上:地理志上】江夏郡…縣十四…鄳…」 {河南省}
黽13+魚11=総画数24 U+9C66 [ショウ、ジョウ/]
◆魚卵ギョラン、魚の孵化する前の鮞(はららご、魚の卵)、同「𩻷」「䱆」
◆小魚、小さな魚
黽13+黑12=総画数25 U+4D74 [ソウ、ゾウ、ウン/] 𪒎𪓱
◆顔の色が黒い、また黒ずむ、同「皯」
◆「𪑊䵴ショウソウ」、顔の黒子(ほくろ)
黽8+0=総画数8 U+9EFE [ベン、メン、ビン、ミン、モウ、ミョウ、ボウ/] 黽𪓑𪓙𪓖𪓝𪓕𦊣𦋍
◆カエル(蛙)の一種、姿はヒキガエル(蟾蜍、ヒキガエル科)やアオガエル(青蛙、アオガエル科)に似て水に棲み腹が大きいという「【爾雅注疏:釋魚】鼁𪓰蟾諸(《注》似蝦蟆居陸地淮南謂之去蚥)在水者黽(《注》耿黽也靑蛙大腹一名土鴨)(《疏》…狀似靑蛙而腹大爲異陶注本草云大而靑春者俗名土鴨其鳴甚壯卽此黽也…)(「鼁𪓰」「蟾諸」はいずれもヒキガエル、「去蚥」は「蜛蚥」と思われ、やはりヒキガエル)
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、「黽勉ビンベン」、同「僶」「勔」
𠊟黾8+人2=総画数10 U+2029F [ビン、ミン/]
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、同「黽」「勔」
黾8+水3=総画数11 U+6E11 [ジョウ、ベン/]
◆「渑水ジョウスイ」、山東省淄博市付近を源とする川名 {山東省}
◆「渑池ベンチ」、古地名、現県名、河南省三門峡市 {河南省}
黾8+糸6=総画数14 U+42F2 [ショウ、ジョウ/なわ] 繩縄绳
◆何本かの藁(わら)・糸・紐(ひも)などを捩(ねじ)りながら長くしたもの、ロープrope、一般には「紐」よりも太く「綱(つな)」よりも細く粗いもの
◆墨糸(すみいと、墨を含ませ直線を描く糸)、大工道具の一つ、「繩墨ジョウボク」
◆(直線が大工作業で規準となることから)規準、基準
◆(墨繩で描かれた線のように)まっすくにする、曲がりや歪みなどを正す、誤りを糺(ただ)す
黾8+糸3=総画数11 U+7EF3 [ショウ、ジョウ/なわ] 繩縄䋲
◆何本かの藁(わら)・糸・紐(ひも)などを捩(ねじ)りながら長くしたもの、ロープrope、一般には「紐」よりも太く「綱(つな)」よりも細く粗いもの
◆墨糸(すみいと、墨を含ませ直線を描く糸)、大工道具の一つ、「繩墨ジョウボク」
◆(直線が大工作業で規準となることから)規準、基準
◆(墨繩で描かれた線のように)まっすくにする、曲がりや歪みなどを正す、誤りを糺(ただ)す
黾8+虫6=総画数14 U+8747 [ヨウ/はえ] 蠅蝿
◆ハエ(蠅)、ハエ目の昆虫、「青蠅セイヨウ」
◆イエバエ(家蠅)、イエバエ科の昆虫
𨵜黾8+門8=総画数16 U+28D5C [キュウ、ク/くじ] 鬮䰗𩰘𨷺䦰阄
◆鬪(たたか、闘)い取る「【玉篇:卷六:鬥部第七十三:鬮】居黝居稠二切手取也」「【說文解字注:鬥部:鬮】鬥取也(舊作鬭今正廣韵作鬮取按力取是此字本義今人以爲拈鬮…)」
◆御神籤(おみくじ、御御鬮、御神鬮)
◆「拈鬮テンキュウ」「抓鬮ソウキュウ」、御神籤(おみくじ)を引く(選び取る)
注解:「【中華大字典:補遺:門部:𨵜】鬮俗字」
𪓑黽13+1=総画数14 U+2A4D1 [ベン、メン、ビン、ミン、モウ、ミョウ、ボウ/] 黽黾𪓙𪓖𪓝𪓕𦊣𦋍
◆カエル(蛙)の一種、姿はヒキガエル(蟾蜍、ヒキガエル科)やアオガエル(青蛙、アオガエル科)に似て水に棲み腹が大きいという「【爾雅注疏:釋魚】鼁𪓰蟾諸(《注》似蝦蟆居陸地淮南謂之去蚥)在水者黽(《注》耿黽也靑蛙大腹一名土鴨)(《疏》…狀似靑蛙而腹大爲異陶注本草云大而靑春者俗名土鴨其鳴甚壯卽此黽也…)(「鼁𪓰」「蟾諸」はいずれもヒキガエル、「去蚥」は「蜛蚥」と思われ、やはりヒキガエル)
◆ひたすら勉(つと)める、また励(はげ)む、「黽勉ビンベン」、同「僶」「勔」
𥨫𪓑14+穴5=総画数19 U+25A2B [ソウ/かまど] 竈竃𥩋𥧄䆴𥨈𥨠灶
◆粘土や煉瓦などで上・左・右・奥を囲い、上に鍋や釜を置く穴を設け、下から火を焚(た)いて食物を煮炊きするところ
◆調理場の中で火を扱うところ(竈、かまど)の神
黽13+5=総画数18 U+9F00 [シュウ、シュ/] 𪓗𪓡
◆ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)、別名「䗇鼀キクショク」「蟾蜍・蟾蠩センジョ」「蝦蟆・蝦蟇カマ・ガマ」
𣤶鼀18+欠4=総画数22 U+23936 [シュク、スク、ソツ、ソチ/] 𣤟𣤺
◆顔を顰(しか)め口を窄(すぼ)める、同「噈」「【康熙字典:辰集下:欠部:𣤶】取氣貌俗作噈」
◆「おぇっ」という吐くような声、同「歍」「【集韻:辰集下:欠部:𣤶】歍也」
◆未詳「【集韻:卷十:入聲下:合第二十七:𣤶】𣤶𣣴聲也」
𥩋鼀18+穴5=総画数23 U+25A4B [ソウ/かまど] 竈竃𥧄𥨫䆴𥨈𥨠灶
◆粘土や煉瓦などで上・左・右・奥を囲い、上に鍋や釜を置く穴を設け、下から火を焚(た)いて食物を煮炊きするところ
◆調理場の中で火を扱うところ(竈、かまど)の神
黽13+12=総画数25 U+9F08 [ヘツ、ヘチ、ベツ/すっぽん] 𪔀龞鱉鳖
◆スッポン(鼈)、スッポン科のカメ(亀)、同「蟞」
筆順
鼈25+艸3=総画数28 U+864C [ヘツ、ベチ/]
◆ワラビ(蕨)、コバノイシカグマ科ワラビ属のシダ植物「【爾雅注疏:釋草】蕨虌(《注》廣雅云紫綦非也初生無葉可食江西謂之虌)(「紫綦」の「綦」は「藄」) {ワラビ}


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 黽部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です