総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「鼎部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 鼎部」 [部首索引


【鼎】鼎13+0=総画数13 U+9F0E [テイ、チョウ/かなえ] 【鼑𣇓𥇴𥅀𪔂𣃊𣃒𣂰𣂨㫀】[目Lノ丿「爿」片鼎]
◆二つの耳(吊るしたり棒を差し込んで二人で持ったりするための"∩"字状の取っ手)と三本の足のある土製或いは金属(青銅)製の器、食材を蒸したり煮たりする鍋釜の類、後に権力や富を象徴する器として用いられ、更にそれを持つ王・君主を意味するようになった、「鼎官(テイカン、王・君主を支える重臣)」 {食器}
◆三者が向き合うさま、「鼎立(テイリツ)」
漢字林(非部首部別)
【𪔂】鼎11+0=総画数11 U+2A502 [テイ、チョウ/かなえ] 【鼎鼑𣇓𥇴𥅀𣃊𣃒𣂰𣂨㫀】[目Lコ鼎𪔂]
◆二つの耳(吊るしたり棒を差し込んで二人で持ったりするための"∩"字状の取っ手)と三本の足のある土製或いは金属(青銅)製の器、食材を蒸したり煮たりする鍋釜の類、後に権力や富を象徴する器として用いられ、更にそれを持つ王・君主を意味するようになった、「鼎官(テイカン、王・君主を支える重臣)」 {食器}
◆三者が向き合うさま、「鼎立(テイリツ)」
【𣇓】日部
【鼏】鼎13+2=総画数15 U+9F0F [ベキ、ミャク/] [ワ冖目Lノ丿「爿」片鼎鼏]
◆鼎(かなえ)の口を覆う布
漢字林(非部首部別)
【鼐】鼎13+2=総画数15 U+9F10 [ダイ、ナイ/] [ノ丿フ𠃌2𠄎乃目Lノ丿「爿」片鼎鼐]
◆非常に大きな鼎(かなえ)の名、「【爾雅注疏:釋器】鼎絕大謂之鼐(《注》最大者)」 {食器}
【鼑】鼎13+2=総画数15 U+9F11 [テイ、チョウ/かなえ] 【鼎𣇓𥇴𥅀𪔂𣃊𣃒𣂰𣂨㫀】[ト卜目Lノ丿「爿」片鼎鼑]
◆二つの耳(吊るしたり棒を差し込んで二人で持ったりするための"∩"字状の取っ手)と三本の足のある土製或いは金属(青銅)製の器、食材を蒸したり煮たりする鍋釜の類、後に権力や富を象徴する器として用いられ、更にそれを持つ王・君主を意味するようになった、「鼎官(テイカン、王・君主を支える重臣)」 {食器}
◆三者が向き合うさま、「鼎立(テイリツ)」
【𠟭】刀部
【䵺】鼎13+3=総画数16 U+4D7A [チョウ/] [土目Lノ丿「爿」片鼎䵺]
◆田畑を区切る細い道、土を盛って人が通れるように平らにした畦道(あぜみち)、同「圢」「町」
◆「䵺疃、䵺墥(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
【鼒】鼎13+3=総画数16 U+9F12 [シ、ジ/] 【𪔄】[オ才目Lノ丿「爿」片鼎鼒]
◆口がやや窄(すぼ)まった小形の鼎(かなえ)の名[†「典藏臺灣」に掲載されているものは高さが31cm]、「【爾雅注疏:釋器】圜弇上,謂之鼒(《注》鼎斂上而小口)」 {食器}
【𪔄】鼎12+3=総画数15 U+2A504 [シ、ジ/] 【鼒】[土目Lノ丿「爿」片鼎𪔄]
◆口がやや窄(すぼ)まった小形の鼎(かなえ)の名[†「典藏臺灣」に掲載されているものは高さが31cm]、「【爾雅注疏:釋器】圜弇上,謂之鼒(《注》鼎斂上而小口)」 {食器}
【𪔅】鼎13+3=総画数16 U+2A505 [イン、ウン、エン/] 【員员貟贠】[口目Lノ丿「爿」片鼎𪔅]
◆限られた範囲(場所・空間など)に入っている(含まれる)人、集団に属している人、またその人数
◆限られた範囲(特に国土・領土などの境界線)の大きさ、また広さ
◆円(まる)い
漢字林(非部首部別)
【𩕢】頁部
【𪔉】鼎13+10=総画数23 U+2A509 [シ/] 【齍】[亠Y丫刀ノレ目Lノ丿「爿」片鼎𪔉]
◆祭礼の際に神前に供える穀物が盛られた器、或いは穀物を盛るための器
【䵼】鼎13+11=総画数24 U+4D7C [ショウ/] [Lノ丿「爿タ夕月十、丶寸將目Lノ丿「爿」片鼎䵼]
◆煮る、よく煮込む


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 鼎部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です