総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 酉部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 酉部」 [部首索引


【酉】酉7+0=総画数7 U+9149【丣】 [ユウ、ユ/とり] [西酉]
①十二支の十番目{十二支}、動物では鶏を当てる
②午後五時から七時、日没の時間、門を閉める
③(酒が)成熟する
④とり、とりへん、さけのとり、ひよみのとり、部首名
【唒】口3+酉7=総画数10 U+5512 [キュウ/] [口西酉唒]
①「苦唒」、人名、漢代(前202年~220年)の賊徒
【庮】广3+酉7=総画数10 U+5EAE【𢈞】 [ユウ/] [广西酉庮]
①建物や家の柱が朽ちる、またその臭い
②軒(のき)
【梄】木4+酉7=総画数11 U+6884【槱𣜃𤍕𥙫禉】 [ユウ、ユ/] [木西酉梄]
①積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【𥙫】示4+酉7=総画数11 U+2566B【槱𣜃𤍕梄禉】 [ユウ、ユ/] [ネ示礻西酉𥙫]
①積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【𥟁】禾5+酉7=総画数12 U+257C1 [ユウ、ユ/] [ノ木禾西酉𥟁]
①義未詳、【廣韻・酉・𥟁】に「草也。」、【漢語大字典】に「”𥙫”的訛字」とあり
【𥭛】竹6+酉7=総画数13 U+25B5B【篘𥰞】 [スウ、シュ/] [竹西酉𥭛]
①酒を濾すための竹製の網
②酒を濾す
【綇】糸6+酉7=総画数13 U+7D87【𦈋】 [シュ、ス/] [糸西酉綇]
①(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同”𦄼”
②鎧(よろい)などの部品を綴じ繋ぐための紐
【𦈋】糸3+酉7=総画数10 U+2620B【綇】 [シュ、ス/] [くレ幺一糸纟西酉𦈋]
①(馬などの)前両足を絡(から)める、またその紐、同”𦄼”
②鎧(よろい)などの部品を綴じ繋ぐための紐
【莤】艸3+酉7=総画数10 U+83A4 [シュク、スク、ユウ、ユ/] [サ十2艹艹西酉莤]
①原酒を束ねた茅などで漉した祭礼用の清酒
②酒樽の蓋
【輏】車7+酉7=総画数14 U+8F0F【輶】 [ユウ、ユ/] [車西酉輏]
①小さく小回りのきく車
②手軽な
【逎】辵4+酉7=総画数11 U+900E【遒】 [シュウ、ジュ/] [西酉え辶辶逎]
①迫る、間近に迫る
②多くのものが一か所に集まる、集まって固まる、引き締まる
③力強いさま
【鯂】魚11+酉7=総画数18 U+9BC2 [ソ/] [ク𠂊田、丶4灬魚西酉鯂]
①死後の世界から帰って来る(同”甦”)

【酋】酉7+2=総画数9 U+914B [シュウ、ジュ/] [ハ八ソ西酉酋]
①十分に熟成させる、またその酒
②酒を管理する役人
③酒造りに従事する女の奴隷
④部族や盗賊などの頭(かしら)
【𠄁】乙1+酋10=総画数11 U+20101【馗𩠒𠃳】 [キ、ギ/] [九ハ八ソ西酉酋𠄁]
①高く突き出ているさま、頬骨
②四方八方に通じる道、たくさんの道が交差しているさま、同”逵”
③「鍾𠄁(しょうき)」、魔除けの神の名
【偤】人2+酋9=総画数11 U+5064 [ユウ/] [イ人亻ハ八ソ西酉酋偤]
①【康熙字典】に「《字彙》侍也出文字辨疑」とあり
【奠】大3+酋9=総画数12 U+5960 [テン、デン/] [ハ八ソ西酉酋大奠]
①神前に供物を供える、死者を祭る
②定める、位牌の位置を定める
③置く、安置する
【媨】女3+酋9=総画数12 U+5AA8 [シュク、スク/] [女ハ八ソ西酉酋媨]
①醜い、同”𡞜”
②感じが良い
【𡞜】女3+酋9=総画数12 U+2179C [シュウ、シュ/] [ハ八ソ西酉酋女𡞜]
①醜い、老女が醜いさま
【尊】寸3+酋9=総画数12 U+5C0A【𢍜】 [ソン/とうと・ぶ、たっと・ぶ] [ハ八ソ西酉酋十、丶寸尊]
①崇高なもの、貴重なもの
②とうと・ぶ、たっと・ぶ、心から敬い大切にする
③「尊顔」「尊父」など言葉に冠し敬意を表す語
④「樽」「罇」「墫」などの酒を入れる容器{酒器}
【崷】山3+酋9=総画数12 U+5D37【𡺚】 [シュウ、ジュ/] [山ハ八ソ西酉酋崷]
①「崷崪」、高く険しい山が連なっているさま
【𡺚】山3+酋9=総画数12 U+21E9A【崷】 [シュウ、ジュ/] [山ハ八ソ西酉酋𡺚]
①「𡺚崒」、高く険しい山が連なっているさま
【𢍜】廾3+酋9=総画数12 U+2235C【尊】 [ソン/とうと・ぶ、たっと・ぶ] [ハ八ソ西酉酋一ノ丿ナ十2廾𢍜]
①崇高なもの、貴重なもの
②とうと・ぶ、たっと・ぶ、心から敬い大切にする
③「尊顔」「尊父」など言葉に冠し敬意を表す語
④「樽」「罇」「墫」などの酒を入れる容器{酒器}
【㥢】心3+酋9=総画数12 U+3962 [シュウ、ジュ/] [ハI|丨忄ハ八ソ西酉酋㥢]
①慮(おもんぱか)る
【揂】手3+酋9=総画数12 U+63C2 [シュウ、シュ/] [オ才扌ハ八ソ西酉酋揂]
①集める
②覆う、覆い隠す
【楢】木4+酋9=総画数13 U+6962 [ユウ、ユ/なら] [木ハ八ソ西酉酋楢]
①車輪の輪に用いる柔らかい木、車輪の直接地に接する環状の部分を「牙」といい、その内側の環状の部分を「輪」という{車輪}
②薪(たきぎ)や柴(しば)を積み上げこれを燃やす、また燃やして天神を祭る、またその儀式、同”槱”
③[日]ナラ(楢、柞、枹)、コナラ(小楢)・ミズナラ(水楢)などのブナ科コナラ属の木の総称{ナラ}
【𣮩】毛4+酋9=総画数13 U+23BA9【㲨】 [ジュウ、ニュウ/] [毛ハ八ソ西酉酋𣮩]
①毛で織った厚手の敷物、絨毯、またその周りの房飾り、同”䩸”
【湭】水3+酋9=総画数12 U+6E6D [シュウ、ジュ/] [シ氵ハ八ソ西酉酋湭]
①水に浮かび揺れるさま
【煪】火4+酋9=総画数13 U+716A【𤋃】 [シュウ/] [火ハ八ソ西酉酋煪]
①焼く、火を通して柔らかくする
【𤋃】火4+酋9=総画数13 U+242C3【煪】 [シュウ/] [ハ八ソ西酉酋、丶4灬𤋃]
①焼く、火を通して柔らかくする
【猶】犬3+酋9=総画数12 U+7336 [ユウ、ユ/なお] [ノ2犭ハ八ソ西酉酋猶]
①サル(猿)の一種、大きい(成長した)サル(猿)
②尚(なお)、~と同じように、~でさえも、同”尚”
③(~と同じようであるばかりでなく)更に、その上に、同”尚”
③簡”犹”
【猷】犬4+酋9=総画数13 U+7337 [ユウ、ユ/] [大犬ハ八ソ西酉酋猷]
①道、道筋、道理
②道理に則って計画する、謀る、図る
【𤸈】疒5+酋9=総画数14 U+24E08 [ユウ/] [病疒ハ八ソ西酉酋𤸈]
①肉が腐ったような臭いがする
【禉】示4+酋9=総画数13 U+7989【槱𣜃𤍕梄𥙫】 [ユウ、ユ/] [ネ示礻ハ八ソ西酉酋禉]
①積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【緧】糸6+酋9=総画数15 U+7DE7【𦃈】 [シュウ、シュ/] [糸ハ八ソ西酉酋緧]
①鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す紐、同”䋺”、革製は”鞧”
【𦳷】艸3+酋9=総画数12 U+26CF7【蒏】 [/] [サ十2艹艹ハ八ソ西酉酋𦳷]
①「莤」の異体字か?
【蝤】虫6+酋9=総画数15 U+8764 [シュウ、ジュ/] [中虫ハ八ソ西酉酋蝤]
①「蝤蠐(しゅうせい)」、カミキリムシ(髪切虫、天牛)、カミキリムシ科の昆虫の総称
②「蝤蛑(しゅうぼう、ガザミ)」、ワタリガニ(渡蟹)、またワタリガニ科のカニの総称
③「蜉蝤(ふしゅう)」、同「蜉蝣(ふゆう、カゲロウ)」、カゲロウ目の昆虫の総称
③「蝤蠀(しゅうし)」、別名「蠐螬(せいそう、スクモムシ)」、コガネムシ(黄金虫)などの幼虫
【𧳫】豸7+酋9=総画数16 U+27CEB [ユウ、シュウ、ジュ/] [ノ234、丶豸ハ八ソ西酉酋𧳫]
①尾の長いサル(猿)、オナガザル(尾長猿)の一種、同”猶”
②犬名、未詳
【趥】走7+酋9=総画数16 U+8DA5 [シュウ、シュ/] [ハ八ソ西酉酋土ト卜⺊上止龰走趥]
①踏み付ける、踏み付けて行く、同”䠓”
【䠓】足7+酋9=総画数16 U+4813 [シュウ、シュ/] [口ト卜⺊上止龰足ハ八ソ西酉酋䠓]
①踏み付ける、踏み付けて行く
【輶】車7+酋9=総画数16 U+8F36【輏】 [ユウ、ユ/] [車ハ八ソ西酉酋輶]
①小さく小回りのきく車
②手軽な
【遒】辵4+酋9=総画数13 U+9052【逎】 [シュウ、ジュ/] [ハ八ソ西酉酋え辶辶遒]
①迫る、間近に迫る
②多くのものが一か所に集まる、集まって固まる、引き締まる
③力強いさま
【𨺧】阜3+酋9=総画数12 U+28EA7 [シュウ、ジュ/] [ろ3I|丨阜阝ハ八ソ西酉酋𨺧]
①「叴𨺧(きゅうしゅう)」、同「厹猶」、西漢代に置かれた古県名、現江蘇省泗洪県
【鞧】革9+酋9=総画数18 U+97A7 [シュウ、シュ/] [十2廿口3革ハ八ソ西酉酋鞧]
①鞦(しりがい)、鞍や轅(ながえ)などを固定するために牛馬の尾の根元から渡す革紐、同”鞦”、糸製は”緧””
【䲡】魚8+酋9=総画数17 U+4CA1【鰌】 [シュウ、シュ/] [ノフク𠂊田一鱼ハ八ソ西酉酋䲡]
①「泥鰌(ドジョウ)」、ドジョウ科の淡水魚、また同科の魚の総称
②踏み付ける、同”䠓”
【鰌】魚11+酋9=総画数20 U+9C0C【䲡】 [シュウ、シュ/] [ク𠂊田、丶4灬魚ハ八ソ西酉酋鰌]
①「泥鰌(ドジョウ)」、ドジョウ科の淡水魚、また同科の魚の総称
②踏み付ける、同”䠓”
【𪃬】鳥11+酋9=総画数20 U+2A0EC [音未詳/] [ハ八ソ西酉酋鳥𪃬]
①「黃𪃬」、鳥名、未詳、【漢語大字典:鳥部:𪃬】に「《古謡諺》引作”潁諺曰:’「黃𪃬口噤,蕎麥鬥金。’夏中候黃𪃬不鳴,則蕎麥可廣種也。”」とあり
【𪍑】麥11+酋9=総画数20 U+2A351 [ソウ、ショウ/] [十木人𠆢2來タ夕又3麥ハ八ソ西酉酋𪍑]
①麦などを加工した乾燥食品
【𪓰】黽13+酋9=総画数22 U+2A4F0【𪓵䵸】 [シュウ、シュ/] [ハ八ソ西酉酋匚コL乚Eヨ黽𪓰]
①「鼁𪓰(きょしゅう)」、ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称、別名「𪓰𪓿(しゅうし)」「蟾蜍、蟾蠩(せんじょ)」「蝦蟆、蝦蟇(かま、ガマ)」
【𪓵】黽13+酋9=総画数22 U+2A4F5【𪓰䵸】 [シュウ、シュ/] [ハ八ソ西酉酋匚コL乚Eヨ黽𪓵]
①「鼁𪓵(きょしゅう)」、ヒキガエル(蟾蜍)、ヒキガエル科のカエル(蛙)の総称、別名「𪓰𪓿(しゅうし)」「蟾蜍、蟾蠩(せんじょ)」「蝦蟆、蝦蟇(かま、ガマ)」

【配】酉7+3=総画数10 U+914D [ハイ、ヘ/くば・る] [西酉コ匚L乚己西酉コ匚L乚己配]
①多くの人また物に一つのものを分ける、また割り当てる
②形や状態を整える
③酒の色合いを整える
④結婚する
【蓜】艸3+配10=総画数13 U+84DC [/はい] [サ十2艹艹西酉コ匚L乚己配蓜]
①[日]「蓜島(はいじま)」、姓

【酒】酉7+3=総画数10 U+9152 [シュウ、シュ/さけ、さか、き] [シ氵西酉酒]
①米・麦・葡萄などを原料として醸造したアルコール分を含む飲み物
【𦵩】艸3+酒10=総画数13 U+26D69 [シュウ、ジュ/] [サ十2艹艹シ氵西酉酒𦵩]
①まだ濾していない酒

【酓】酉7+4=総画数11 U+9153【𨟹】 [エン/] [人𠆢一亼ラ今西酉酓]
①苦い味、苦い味のする酒
②(酒を)飲む
③ヤマグワ(山桑)、同”檿”参照
【㱃】欠4+酓11=総画数15 U+3C43【飲飮饮𩚕𨡳𣲎𩚜𣶗淾】 [イン、オン/の・む] [人𠆢一亼ラ今西酉酓ノフ乛人欠㱃]
①(液状のものを)噛まずに胃に入れる、噛んで胃に入れるのは「食」
③腹にしまう、腹にしまって表に出さない
【𣻦】水3+酓11=総画数14 U+23EE6【浛澏𠥴】 [カン、ゴン/] [シ氵人𠆢一亼ラ今西酉酓𣻦]
①泥の混じった水
②水に沈める
【盦】皿5+酓11=総画数16 U+76E6【盫】 [アン、オン/] [人𠆢一亼ラ今西酉酓皿盦]
①脚付きの蓋のある器、またその蓋
②上から覆う
【𧫧】言7+酓11=総画数18 U+27AE7 [アン、オン/] [言人𠆢一亼ラ今西酉酓𧫧]
①暗唱する、暗記している、同”諳”
【䨄】隹8+酓11=総画数19 U+4A04【𩀂䳺𪁟𪈍𪂻鶕】 [アン、オン/] [人𠆢一亼ラ今西酉酓隹䨄]
①ミフウズラ(三斑鶉)、ウズラ(鶉)に似たミフウズラ科の鳥
②「䨄𨿡(あんじゅん)」、ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称
【韽】音9+酓11=総画数20 U+97FD【𪛏𩐧】 [アン、オン/] [人𠆢一亼ラ今西酉酓立日音韽]
①音や声が小さい、また小さくて聞き分けられない
【䳺】鳥11+酓11=総画数22 U+4CFA【䨄𩀂𪁟𪈍𪂻鶕】 [アン、オン/] [人𠆢一亼ラ今西酉酓鳥䳺]
①ミフウズラ(三斑鶉)、ウズラ(鶉)に似たミフウズラ科の鳥
②「䳺鶉(あんじゅん)」、ウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称

【酖】酉7+4=総画数11 U+9156【𨠁】 [タン、トン/] [西酉ワ冖ノ丿L乚冘酖]
①酒に耽(ふけ)る、酒に溺れる
②鴆(ちん、羽に毒があるというタカに似た大形の鳥)の羽を使って作った毒酒
【𥂘】皿5+酖11=総画数16 U+25098【醓𥁺𥁭𧖺𨡍】 [タン/] [西酉ワ冖ノ丿L乚冘酖皿𥂘]
①肉に塩・麹・酒などを加えて発酵させたもの、肉醤、特に汁状のもの

【酤】酉7+5=総画数12 U+9164 [コ、ク/] [西酉十口古酤]
①一晩で醸した酒
②酒を買う、酒を売る、同”沽”
【𥂰】皿5+酤12=総画数17 U+250B0 [コ、ク/] [西酉十口古酤皿𥂰]
①酒を買う、酒を売る、同”酤”
【䔯】艸3+酤12=総画数15 U+452F【𧃗】 [コ/] [サ十2艹艹西酉十口古酤䔯]
①塩また酢の漬物

【酭】酉7+6=総画数13 U+916D [ユウ、ウ/] [西酉ナ𠂇月有酭]
①(側に寄り添って)食事や酒を勧め持て成す、手厚く報いる、同”侑”
【𥂹】皿5+酭13=総画数18 U+250B9【醢𨡿𨡝𨢗𥂧𥂠𧅽𧆗】 [カイ/ひしお] [西酉ナ𠂇月有酭皿𥂹]
①肉や魚などに塩を加え発酵させた食品、肉醤(にくしょう、ししびしお)
②人体を塩漬けにする刑

【酸】酉7+7=総画数14 U+9178【𨢽】 [サン/す、す・い] [西酉ム厶ハ八ノ又夊夂夋酸]
①酢のような味、すっぱい、五味(甘・酸・鹹・苦・辛)の一つ
②悲惨な
③堪え難いほど不快なさま
【𩆑】雨8+酸14=総画数22 U+29191 [サン/] [雨西酉ム厶ハ八ノ又夊夂夋酸𩆑]
①霧雨
②小雨

【醁】酉7+8=総画数15 U+9181 [リョク、ロク/] [西酉レLフ一彑ンく水氺录彔醁]
①青く透き通った美酒、美酒
②「醽醁(れいりょく)」、現湖南省にあった酃湖の水を使った酒の名、透き通った美酒であったという
③「醁𨣞(りょくぎ)」(1)酒の表面に浮かび上がる青く小さな泡(2)酒
【𨘭】辵3+醁15=総画数18 U+2862D【遯𨙆𨘹𦟥】 [トン、ドン/] [西酉レLフ一彑ンく水氺录彔醁え辶辶𨘭]
①逃げ隠れる、避けるようにその場を離れて身を隠す、同”遁”

【醜】酉7+10=総画数17 U+919C【𥆞】 [シュウ、シュ/みにく・い、しこ] [西酉ノ丿田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼醜]
①容姿や立ち振る舞いが不快で見苦しい
②みっともない、恥ずかしい、恥ずべきな
③類(たぐい)、~に類する
④簡”丑”
【𧃝】艸3+醜17=総画数20 U+270DD [シュウ/] [サ十2艹艹西酉ノ丿田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼醜𧃝]
①サルトリイバラ(菝葜)、サルトリイバラ科の木また草

【醫】酉7+11=総画数18 U+91AB [イ/] [匚ノ大天矢医ク刀几又殳殹西酉醫]
①病気を治す、病気を治療する人、同”医””毉”
②治療に使われる酒また液体
③簡”医”、本来”医”と”醫”とは別字だが現在では同じ意味に用いられる
【𧮒】言7+醫18=総画数25 U+27B92【譩】 [イ/] [言匚ノ大天矢医ク刀几又殳殹西酉醫𧮒]
①「ああ」「おう」などの歎きや恨みなどの声

【醮】酉7+12=総画数19 U+91AE [ショウ/] [西酉ノ2隹、丶4灬焦醮]
①主人が酌をした酒を飲み干したまま返杯しない、婚礼の際の作法の一つ
②仏僧や道士が祭壇を設けて祈祷する、またその場所
【蘸】艸3+醮19=総画数22 U+8638 [サン、セン/] [サ十2艹艹西酉ノ2隹、丶4灬焦醮蘸]
①液体に浸す

【釀】酉7+17=総画数24 U+91C0【醸酿】 [ジョウ、ニョウ/かも・す] [西酉亠口2吅三ノ丿2レ衣𧘇襄釀]
①発酵作用を利用して酒・酢・醤などを造る
②混じり合ったり変化したりして次第に別のものが生まれる
【䖆】艸3+釀24=総画数27 U+4586 [ジョウ/] [サ十2艹艹西酉亠口2吅三ノ丿2レ衣𧘇襄釀䖆]
①「䖆葇」、草名、スイバ(酸葉)或いはギシギシ(羊蹄)か?



漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 酉部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です