総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 骨部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 骨部」 [部首索引


【骨】骨10+0=総画数10 U+9AA8 [コツ、コチ/ほね] [冂2「冎ワ冖月骨]
①物事の内側にあって全体を支えると同時にその形を保つ役目をするもの
②人の芯を貫いているもの、人となり、人としての品位や気質
③[日](堅く丈夫な骨が折れてしまうほどの)大変な苦労
④ほね、ほねへん、部首名
【傦】人2+骨10=総画数12 U+50A6 [音未詳/] [イ人亻冂2「冎ワ冖月骨傦]
①義未詳
【嗗】口3+骨10=総画数13 U+55D7 [アツ、エチ/] [口冂2「冎ワ冖月骨嗗]
①物を呑み込む時に出る咽(のど)の音
②「嗗呐」、声また言葉が出ないさま
【尳】尢3+骨10=総画数13 U+5C33 [コツ、コチ/] 【𡰊𩨔】[一ノ丿ナL乚尢冂2「冎ワ冖月骨尳]
①膝(ひざ)の病気
②義未詳、「【康熙字典:尢部:十:尳】《聲類》骨差也。」
【𡰊】尢4+骨10=総画数14 U+21C0A [コツ、コチ/] 【尳𩨔】[ハ八ノ丿L乚儿尣冂2「冎ワ冖月骨𡰊]
①膝(ひざ)の病気
②義未詳、「【康熙字典:尢部:十:尳】《聲類》骨差也。」
【𡻋】山3+骨10=総画数13 U+21ECB [コツ、コチ、クツ/いわや] 【窟𢷈】[山冂2「冎ワ冖月骨𡻋]
①洞穴、岩屋
②(穴を)掘る
【愲】心3+骨10=総画数13 U+6132 [コツ、コチ/] [ハI|丨忄冂2「冎ワ冖月骨愲]
①不安になる
②塞ぎ込む
【搰】手3+骨10=総画数13 U+6430 [コツ、ゴチ/] [オ才扌冂2「冎ワ冖月骨搰]
①せかせかと土を掘るが苦労している割には掘れていないさま、骨は折るが何の得もないさま
②掻き回す、掻き乱す、(ただ掻き回しているだけの意)
【榾】木4+骨10=総画数14 U+69BE [コツ、コチ/ほた] [木冂2「冎ワ冖月骨榾]
①ほた、火に焼(く)べる木の切れ端
②「榾柮(こつとつ)」、木の切れ端、木端(こっぱ)
③「枸榾」、ヒイラギ科の木の一種
【滑】水3+骨10=総画数13 U+6ED1 [カツ、ゲチ/すべ・る、なめ・らか、ぬめ・る] [シ氵冂2「冎ワ冖月骨滑]
①表面が潤っていて凹凸がなくつるつるしている
②口当たりが良い
③狡賢い
【猾】犬3+骨10=総画数13 U+733E [カツ、ゲチ/] [ノ2犭冂2「冎ワ冖月骨猾]
①嘘を言う、嘘を言って人を混乱させる、また騙す
②狡賢い、
【磆】石5+骨10=総画数15 U+78C6 [カツ、ゲチ/] [石冂2「冎ワ冖月骨磆]
①磆石(かっせき)、薬として利用される鉱物
【縎】糸6+骨10=総画数16 U+7E0E [コツ、コチ/] [糸冂2「冎ワ冖月骨縎]
①解けないように結ぶ、結び目を作る
②織物の一種
【蓇】艸3+骨10=総画数13 U+84C7 [コツ、コチ/] [サ十2艹艹冂2「冎ワ冖月骨蓇]
①「蓇葖果」、果実の類型の一つで皮が裂け種子が出るもの、裂開果
【螖】虫6+骨10=総画数16 U+8796 [カツ/] [中虫冂2「冎ワ冖月骨螖]
①「螖蠌(かつたく)」、小形の巻貝の一種、海辺に棲息し空いた殻を探して棲むという、ヤドカリ(宿借、寄居虫)のことか?
②「蟛螖(ほうかつ)」、別名「蟛蜞(ほうき)」、イワガニ(岩蟹)やベンケイガニ(弁慶蟹)などの小形のカニ(蟹)
【𨉦】身7+骨10=総画数17 U+28266 [テイ、タイ/からだ] 【体體𩪆骵軆躰】[身冂2「冎ワ冖月骨𨉦]
①頭から足の先までの全身、ものの全部、ものの主要な部分、またその姿形や様子、「身体(しんたい、体、肉体)」「本体(ほんたい、ものの本当の姿、ものの中心的部分)」
②ものを構成する部分、個々の部分の形や配置・位置関係、個々の部分が組み合わさって出来上がった全体の形や様子、形式、「四体(したい、両手足)」「合体(がったい、個々の部分が纏まり一つになること)」「体裁(ていさい、ものの外観)」
【𨍾】車7+骨10=総画数17 U+2837E [シュウ、ジュウ/] 【輯辑𨎵𨌖𨍣】[車冂2「冎ワ冖月骨𨍾]
①輿(こし)、車台の上の人が乗る箱形の部分
②いろいろな材料や資料を集める、収集する、また集めて整理する、また集めて纏(まと)める、「編輯(へんしゅう)」
②睦(むつ)まじいさま、和(なご)やかなさま、「輯睦(しゅうぼく)」
【𨪷】金8+骨10=総画数18 U+28AB7 [コツ、コチ/] [金冂2「冎ワ冖月骨𨪷]
①「𨪷䤪(こつた)」、武器の一種で重い斧や鉞(まさかり)の類
【顝】頁9+骨10=総画数19 U+985D [コツ、カイ/] [冂2「冎ワ冖月骨一目自𦣻貝頁顝]
①頭が大きいさま
②独りであるさま
【餶】食8+骨10=総画数18 U+9936 [コツ/] 【馉】[人、丶ヨレノ艮良食冂2「冎ワ冖月骨餶]
①「餶飿」、餃子やワンタンなどに似た餡を皮で包んだ食べ物
【馉】食3+骨10=総画数13 U+9989 [コツ/] 【餶】[ノフクレ饣冂2「冎ワ冖月骨馉]
①「馉饳」、餃子やワンタンなどに似た餡を皮で包んだ食べ物
【𩪆】骨10+骨10=総画数20 U+29A86 [テイ、タイ/からだ] 【体體骵軆𨉦躰】[冂2「冎ワ冖月骨𩪆]
①頭から足の先までの全身、ものの全部、ものの主要な部分、またその姿形や様子、「身体(しんたい、体、肉体)」「本体(ほんたい、ものの本当の姿、ものの中心的部分)」
②ものを構成する部分、個々の部分の形や配置・位置関係、個々の部分が組み合わさって出来上がった全体の形や様子、形式、「四体(したい、両手足)」「合体(がったい、個々の部分が纏まり一つになること)」「体裁(ていさい、ものの外観)」
【䱻】魚11+骨10=総画数21 U+4C7B [カツ、ゲチ/] [ク𠂊田、丶4灬魚冂2「冎ワ冖月骨䱻]
①ヘビ(蛇)に似た四足を持つ魚、(サンショウウオのことか?)
【鹘】鳥5+骨9=総画数14 U+9E58 [コツ、コチ/] 【鶻】[冂2「冎ワ冖月骨ノフ𠃌、丶一鸟鶻鹘]
①「鹘鸼(こつしゅう)」、同「鶻鳩(こつきゅう)」「鶌鳩(くつきゅう)」、鳥名、未詳、姿はサンジャク(山鵲、カラス科サンジャク属の鳥)に似るがより小さく尾は短く青黒いという、「【爾雅註疏】鶌鳩,鶻鵃。似山鵲而小,短尾,青黑色,多聲,今江東亦呼為鶻鵃。」
②ハヤブサ(隼)、ハヤブサ科ハヤブサ属の鳥の総称
【鶻】鳥11+骨10=総画数21 U+9DBB [コツ、コチ/] 【鹘】[冂2「冎ワ冖月骨鳥鶻]
①「鶻鵃(こつしゅう)」、同「鶻鳩(こつきゅう)」「鶌鳩(くつきゅう)」、鳥名、未詳、姿はサンジャク(山鵲、カラス科サンジャク属の鳥)に似るがより小さく尾は短く青黒いという、「【爾雅註疏】鶌鳩,鶻鵃。似山鵲而小,短尾,青黑色,多聲,今江東亦呼為鶻鵃。」
②ハヤブサ(隼)、ハヤブサ科ハヤブサ属の鳥の総称
【𪄥】鳥11+骨10=総画数21 U+2A125 [音未詳/] [鳥冂2「冎ワ冖月骨𪄥]
①義未詳、”鶻”の異体字か?

【骹】骨10+6=総画数16 U+9AB9 [コウ、キョウ/] 【𩨟】[冂2「冎ワ冖月骨亠ハメ乂父交骹]
①脛
②脛骨の足首近くの細くなった部分
③鏑(かぶら)、音が出るように工夫した鏃
【䉰】竹6+骹16=総画数22 U+4270 [コウ、キョウ/] 【𥰹𥳴】[竹冂2「冎ワ冖月骨亠ハメ乂父交骹䉰]
①竹を縒(よ)って作った縄、同”筊”
②小形の簫(しょう、竹製の縦笛)、同”筊”
③筍(たけのこ)
【䕧】艸3+骹16=総画数19 U+4567 [コウ、キョウ/] [サ十2艹艹冂2「冎ワ冖月骨亠ハメ乂父交骹䕧]
①マコモタケ(真菰筍)、マコモ(真菰)の肥大化した茎、食用とする{マコモ}
②ハス(蓮)の根茎、蓮根(はすね、れんこん){ハス}
③筍(たけのこ)、竹の若芽

【髓】骨10+13=総画数23 U+9AD3 [ズイ、スイ/] 【髄𩪷𩪦𩪄䯝𩪏膸𩩜】[冂2「冎ワ冖月骨ナ𠂇エ工左月え辶辶遀髄髓]
①骨や植物の茎の中央の柔らかい部分
②中枢神経、(その一部が脊髄の中を通っていることから)
③物事の本質、核心
【𤅵】水3+髓23=総画数26 U+24175 [/] [シ氵冂2「冎ワ冖月骨ナ𠂇エ工左月え辶辶遀髄髓𤅵]
①「瀡」の異体字か?



漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 骨部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です