総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 龍部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 龍部」 [部首索引


【龍】龍16+0=総画数16 U+9F8D [リョウ、リュウ、ロウ/たつ] 【㡣𢄫𢅛𥫈𥫆𥪢竜𥪖𥪐𥪑𦱉𦱸𠊋𠉒𢀀龙】[立月𦚏ヒコL乚三龍]
◆角(つの)と鬚(ひげ)を持ち体は細長く鱗(うろこ)があり、春分に天に昇り秋分に淵(ふち)に潜むという想像上の動物
◆天子・君主・皇帝を指す語、「龍飛(りゅうひ、天子の即位)」「龍体(りゅうたい、天子のお体)」
◆ひときわ優れたものを指す語
◆十二章紋の一つ{十二章紋}
◆背が高く(八尺以上の)大きな馬、駿馬(しゅんめ)
【儱】人2+龍16=総画数18 U+5131 [ロウ、ル/] [イ亻立月𦚏ヒコL乚三龍儱]
◆「儱侗(ろうとう)」◇判然としないさま、曖昧(あいまい)なさま◇いずれは成るであろう形になっていないさま、未成熟な(幼い、若い)さま、幼くまだ十分には智慧が身に付いていないさま、またそのような人、「【通雅:卷四十九:諺言:儱侗】直行曰徿㣚未成器曰儱侗身不端正曰䡁𨈹衣寛曰襱𧙥按儱侗字唐禪師甞用之知是唐諺」◇まっすぐなさま、「【五燈會元:卷第十七】良久曰冬瓜直儱侗瓠子曲彎彎」
◆「儱倲(ろうとう)」、弱く劣っているさま、弱って力が出ないさま
◆「儱偅(りょうしょう)」、足元が覚束(おぼつか)ないさま、行いが覚束ないさま、同「躘蹱(りょうしょう)」
【𠖥】冖2+龍16=総画数18 U+205A5 [チョウ、チュウ/] 【寵宠】[ワ冖立月𦚏ヒコL乚三龍𠖥]
◆大切にする、大切に思う、可愛がる
◆お気に入り、「争寵(そうちょう、気に入られようと競う)」
【嚨】口3+龍16=総画数19 U+56A8 [ロウ、ル/] 【咙𠺠】[口立月𦚏ヒコL乚三龍嚨]
◆喉(こう、のど)、咽(いん、口の奥から食道の入口までの部分)の途中から分かれて気管に通じる部分、喉笛(のどぶえ)
【𡃡】口3+龍16=総画数19 U+210E1 [ロウ、ル/] [立月𦚏ヒコL乚三龍口𡃡]
◆大声
【壟】土3+龍16=総画数19 U+58DF [リョウ、ル、ロウ/] 【壠垅垄】[立月𦚏ヒコL乚三龍土壟]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”隴”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”隴”
【壠】土3+龍16=総画数19 U+58E0 [リョウ、ル、ロウ/] 【垅壟垄】[土立月𦚏ヒコL乚三龍壠]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”隴”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”隴”
【寵】宀3+龍16=総画数19 U+5BF5 [チョウ、チュウ/] 【宠𠖥】[ウ宀立月𦚏ヒコL乚三龍寵]
◆大切にする、大切に思う、可愛がる
◆お気に入り、「争寵(そうちょう、気に入られようと競う)」
【巃】山3+龍16=総画数19 U+5DC3 [ロウ、ル/] 【巄𡾩】[山立月𦚏ヒコL乚三龍巃]
◆「巃嵸(ろうしょう)」◇山が高く低く起伏しながら連なっているさま◇山がひときわ高く聳え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
【巄】山3+龍16=総画数19 U+5DC4 [ロウ、ル/] 【巃𡾩】[山立月𦚏ヒコL乚三龍巄]
◆「巄嵸(ろうしょう)」◇山が高く低く起伏しながら連なっているさま◇山がひときわ高く聳え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
【𡾩】山3+龍16=総画数19 U+21FA9 [ロウ、ル/] 【巃巄】[立月𦚏ヒコL乚三龍山𡾩]
◆「𡾩嵸(ろうしょう)」◇山が高く低く起伏しながら連なっているさま◇山がひときわ高く聳え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
【徿】彳3+龍16=総画数19 U+5FBF [ロウ/] [ノ丿2イ彳立月𦚏ヒコL乚三龍徿]
◆体を揺らしながら蹌踉(ろうそう、よろよろ)と歩くさま、「徿徸(ろうしょう)」、同「躘蹱」
◆「徿㣚(ろうとう)」、まっすぐに進むさま、「【通雅:卷四十九:諺言:儱侗】直行曰徿㣚未成器曰儱侗身不端正曰䡁𨈹衣寛曰襱𧙥按儱侗字唐禪師甞用之知是唐諺」
【攏】手3+龍16=総画数19 U+650F [ロウ、ル/] 【拢】[才扌立月𦚏ヒコL乚三龍攏]
◆抱き寄せる、寄せ集める
◆寄せ集めて一つにする、一つに纏める、合わせる
◆近付く
◆髪を梳く
【𢸭】手4+龍16=総画数20 U+22E2D [ロウ、ル/] [立月𦚏ヒコL乚三龍手𢸭]
◆叩(たた)く、打つ
【曨】日4+龍16=総画数20 U+66E8 [ロウ、ル/] 【昽】[日立月𦚏ヒコL乚三龍曨]
◆明りが十分でなくぼんやりしているさま
◆「曈曨」、曙(あけぼの)、夜が明け陽の光が差し始めて少しずつ明るくなるさま
【朧】月4+龍16=総画数20 U+6727 [ロウ、ル/おぼろ] 【胧】[月立月𦚏ヒコL乚三龍朧]
◆月が霞(かす)んでぼんやりしていている、ぼんやりしてはっきりしない、「朦朧(もうろう)」
注解:本字(U+6727)の偏は「つき」で「にくづき」の「𦢫(U+268AB)」とは別字{漢字「月」}
【𦢫】月(肉)4+龍16=総画数20 U+268AB [ロウ、ル/] [月立月𦚏ヒコL乚三龍𦢫]
◆肥(こ)えているさま、太っているさま、「【玉篇:卷七:肉部第八十一:𦢫】力董切肥皃」
注解:本字(U+268AB)の偏は「にくづき」で「つき」の「朧(U+6727)」とは別字{漢字「月」}
【㰍】木4+龍16=総画数20 U+3C0D [ロウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍木㰍]
◆部屋の窓
◆檻、同”櫳”
◆古”龍”
【櫳】木4+龍16=総画数20 U+6AF3 [ロウ、ル/] 【栊槞】[木立月𦚏ヒコL乚三龍櫳]
◆木や竹を格子状に組んだ檻
◆部屋の窓、同”㰍”
【瀧】水3+龍16=総画数19 U+7027 [ロウ/たき] 【泷滝】[シ氵立月𦚏ヒコL乚三龍瀧]
◆水の流れが速いさま、急流、早瀬(はやせ)
◆[日]高い所から川のように流れ落ちる水
【爖】火4+龍16=総画数20 U+7216 [ロウ/] [火立月𦚏ヒコL乚三龍爖]
◆火、火を点(つ)ける
【瓏】玉4+龍16=総画数20 U+74CF [ロウ、ル/] 【珑䶭】[王立月𦚏ヒコL乚三龍瓏]
◆雨乞いの際に使う龍が彫り込まれた玉器
◆「瓏玲(ろうれい)」「玲瓏(れいろう)」◇玉(ぎょく)が触れ合う涼やかな音、澄んだ音や声が鳴り響くさま◇明るく透き通っているさま、光り輝くさま
【𤮨】瓦5+龍16=総画数21 U+24BA8 [ロウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍一レ、丶乙⺄瓦𤮨]
◆穀物を脱穀したり挽(ひ)いたりする円筒形の陶製の臼
【𤼃】疒5+龍16=総画数21 U+24F03 [ロウ、ル/] [ン冫广疒立月𦚏ヒコL乚三龍𤼃]
◆「𤼘𤼃(るいろう)」、病(やまい)、「【集韻:卷七:去聲上:用第三:𤼃】𤼘𤼃病也」
◆耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人、同”聾”、「【字彙:午集:疒部:𤼃】俗聾字」
【矓】目5+龍16=総画数21 U+77D3 [ロウ、ル/] 【眬】[目立月𦚏ヒコL乚三龍矓]
◆「矇矓(もうろう)」、ぼんやりしてはっきりしないさま、ぼうっとしているさま、同「朦朧」
【礱】石5+龍16=総画数21 U+7931 [ロウ、ル/] 【砻礲】[立月𦚏ヒコL乚三龍石礱]
◆穀物を脱穀したり挽(ひ)いたりする円筒形の石臼
【礲】石5+龍16=総画数21 U+7932 [ロウ、ル/] 【礱砻】[石立月𦚏ヒコL乚三龍礲]
◆穀物を脱穀したり挽(ひ)いたりする円筒形の石臼
【竉】穴5+龍16=総画数21 U+7AC9 [ロウ/] [ウ宀ハ八穴立月𦚏ヒコL乚三龍竉]
◆孔、穴
【籠】竹6+龍16=総画数22 U+7C60 [ロウ、ル/かご、こ・める、こ・もる] 【笼篭𦌼】[竹立月𦚏ヒコL乚三龍籠]
◆竹を編んで作った入れ物(盆状・桶状・笊状・筒状のものなど)の総称、またそれに入れる
◆箙(えびら)、矢を入れて背負う竹製筒状(箱形・筒形・袋形など)の容器
◆中に入(い)れる、閉じ込める、中に入(はい)る
【𦌼】网4+龍16=総画数20 U+2633C [ロウ、ル/かご、こ・める、こ・もる] 【籠笼篭】[冂メ罓立月𦚏ヒコL乚三龍𦌼]
◆竹を編んで作った入れ物(盆状・桶状・笊状・筒状のものなど)の総称、またそれに入れる
◆箙(えびら)、矢を入れて背負う竹製筒状(箱形・筒形・袋形など)の容器
◆中に入(い)れる、閉じ込める、中に入(はい)る
【䏊】耳6+龍16=総画数22 U+43CA [ロウ、ル/つんぼ] 【聾聋𦗤】[耳立月𦚏ヒコL乚三龍䏊]
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「䏊唖(ろうあ)」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
【聾】耳6+龍16=総画数22 U+807E [ロウ、ル/つんぼ] 【聋䏊𦗤】[立月𦚏ヒコL乚三龍耳聾]
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「聾唖(ろうあ)」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
【蘢】艸3+龍16=総画数19 U+8622 [ロウ、ル/] 【茏】[サ十2艹艹立月𦚏ヒコL乚三龍蘢]
◆オオケタデ(大毛蓼)、タデ科イヌタデ属の草、同「蘢薣(ろうこ)」「葒草(こうそう)」「水葒(すいこう)」「紅蓼(こうりょう)」「天蓼(てんりょう)」、「【爾雅注疏:釋草】蘢天蘥」(注.「天蘥」は「天蓼」の誤りかと思われる)「【爾雅注疏:釋草】紅蘢古其大者蘬(・・・《疏》舎人曰紅名蘢鼓其大者蘬・・・毛云蘢紅草也陸璣云一名馬蓼・・・郭云俗呼紅草爲蘢鼓・・・)」(注.「紅草」は「葒草」、「馬蓼」は【本草図譜(岩崎灌園著)】によれば「イヌタデ犬蓼」){オオケタデ}
◆草木が鬱蒼(うっそう)と生い茂るさま、草木が群がり入り乱れるさま、「蘢蓯、蘢葱(ろうそう)」「蘢茸(ろうじょう)」
【蠪】虫6+龍16=総画数22 U+882A [ロウ、ル/] [立月𦚏ヒコL乚三龍中虫蠪]
◆赤く大きなアリ(蟻)の一種
◆「蠪姪、蠪蛭、蠪侄(ろうしつ)」、獣名、姿はキツネ(狐)に似て九頭九尾でトラ(虎)のような爪を持つという、「【山海經:東山經】有獸焉其狀如狐而九尾九首虎爪名曰蠪姪(・・・)其音如嬰兒是食人」
◆「蠪蚳(ろうち)」、獣名、前項「蠪姪」の異名ではないかとされる、「【山海經:中山經】有獸焉其狀如彘而有角其音如號(如人號哭)名曰蠪蚳(上巳有此獸疑同名)食之不眯」
◆「蚵蠪(かろう)」、トカゲ(蜥蜴、トカゲ亜目の爬虫類)の類
◆「鮭蠪(けいろう)」、神名、小児のように背が低く細長い飾り布の付いた大きな冠を被り剣を帯び戟(げき)を持つという、「【南華真經章句音義:卷九:釋疑】鮭蠪神名狀如小兒長一尺四寸黑衣赤幘大冠帶劒持㦸」
【蠬】虫6+龍16=総画数22 U+882C [/] [中虫立月𦚏ヒコL乚三龍蠬]
◆「蠪」の異体字か?
【襱】衣5+龍16=総画数21 U+8971 [ロウ、ル/] [ネ衤立月𦚏ヒコL乚三龍襱]
◆股下が二つに分かれた袴(はかま)状・ズボン状の衣裳の脚を包む筒状の部分、同”𧙥”
◆スボンの内股(うちまた)の部分、またそこに余裕を持たせるために当てる布、襠(まち)、「褲襠(ことう)」
◆「襱𧙥(ろうとう)」、衣服が大きいさま(「身丈に合っていない」の意か?)、「【通雅:卷四十九:諺言:儱侗】直行曰徿㣚未成器曰儱侗身不端正曰䡁𨈹衣寛曰襱𧙥按儱侗字唐禪師甞用之知是唐諺」
【襲】衣6+龍16=総画数22 U+8972 [シュウ、ジュウ/おそ・う、かさね・る、かさね] 【袭𧟟𧟛𥫄】[立月𦚏ヒコL乚三龍亠ノ丿2レ𧘇衣襲]
◆かさね、外衣(がいい)、衣服の上に羽織る(重ねて着る)衣服、同”褶”
◆重(かさ)ねる、同じように繰り返す、それまで通りにする、受け継ぐ、引き継ぐ、「襲用(しゅうよう、踏襲する)」
◆攻める、「襲撃(しゅうげき)」「来襲(らいしゅう)」
【讋】言7+龍16=総画数23 U+8B8B [ショウ/] 【詟𧮩】[立月𦚏ヒコL乚三龍言讋]
◆(龍が現れて)驚き畏れる、怖れる
◆衝撃を受ける
◆忌む
◆話が止まらない
【豅】谷7+龍16=総画数23 U+8C45 [ロウ、ル/] 【𧯇】[ハ八人𠆢口谷立月𦚏ヒコL乚三龍豅]
◆深い谷がうねうねとどこまでも続いているさま、同”谾”
◆山深いさま
【贚】貝7+龍16=総画数23 U+8D1A [リョウ、リュウ/] [目ハ貝立月𦚏ヒコL乚三龍贚]
◆貧しい
【躘】足7+龍16=総画数23 U+8E98 [ロウ/] 【𨀁】[口上止龰足立月𦚏ヒコL乚三龍躘]
◆「躘蹱(ろうしょう)」、体を揺らしながら蹌踉(そうろう、よろよろ)と歩くさま、同「徿徸」
【䡁】身7+龍16=総画数23 U+4841 [ロウ、ル/] [身立月𦚏ヒコL乚三龍䡁]
◆「䡁𨈹(ろうとう)」、身のこなしや振る舞いがきちんとしていないさま、「【通雅:卷四十九:諺言:儱侗】直行曰徿㣚未成器曰儱侗身不端正曰䡁𨈹衣寛曰襱𧙥按儱侗字唐禪師甞用之知是唐諺」
【鑨】金8+龍16=総画数24 U+9468 [ロウ、ル/] [金立月𦚏ヒコL乚三龍鑨]
◆器
【隴】阜3+龍16=総画数19 U+96B4 [リョウ、ル、ロウ/] 【𨻫陇𨼨】[ろ3I|丨阜阝立月𦚏ヒコL乚三龍隴]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”壠”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”壠”、「波状に起伏する畝の形と体をくねらせる龍の姿が似ている」ことから「阝(阜)+龍」となったようである
◆甘粛(かんしゅく)省の別称
◆陝西省と甘粛省との境にある山の名、またそれに連なる山脈の名、別名「六盤山(りくばんさん)」、「山並みが龍の背のような形に連なる」ことから
【靇】雨8+龍16=総画数24 U+9747 [ロウ、ル/] 【𩆇𩆈𩄀】[雨立月𦚏ヒコL乚三龍靇]
◆「靇靇(ろうろう)」、雷の轟く音の形容
【䮾】馬10+龍16=総画数26 U+4BBE [ホウ、ボウ/] 【𩧑𩦳𩧪】[馬立月𦚏ヒコL乚三龍䮾]
◆大きくどっしりとしているさま、またそのような馬
【驡】馬10+龍16=総画数26 U+9A61 [リョウ、リュウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍馬驡]
◆野生の馬
【鸗】鳥11+龍16=総画数27 U+9E17 [リュウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍鳥鸗]
◆小形のカモ(鴨)
◆野鴨
【龖】龍16+龍16=総画数32 U+9F96 [トウ、ドウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍2龖]
◆二匹の龍が飛ぶさま
◆(その威容と神秘さに)震え怖れる
【龙】龍5+0=総画数5 U+9F99 [リョウ、リュウ、ロウ/たつ] 【龍㡣𢄫𢅛𥫈𥫆𥪢竜𥪖𥪐𥪑𦱉𦱸𠊋𠉒𢀀】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙]
◆角(つの)と鬚(ひげ)を持ち体は細長く鱗(うろこ)があり、春分に天に昇り秋分に淵(ふち)に潜むという想像上の動物
◆天子・君主・皇帝を指す語、「龍飛(りゅうひ、天子の即位)」「龍体(りゅうたい、天子のお体)」
◆ひときわ優れたものを指す語
◆十二章紋の一つ{十二章紋}
◆背が高く(八尺以上の)大きな馬、駿馬(しゅんめ)
【厐】厂2+龙5=総画数7 U+5390 [ホウ、ボウ/] 【龐庞龎】[厂ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙龐厐]
◆高い建物
◆高く大きなさま、大きくどっしりとしているさま
◆入り乱れるさま、乱雑なさま
【咙】口3+龙5=総画数8 U+5499 [ロウ、ル/] 【嚨𠺠】[口ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙嚨咙]
◆喉(こう、のど)、咽(いん、口の奥から食道の入口までの部分)の途中から分かれて気管に通じる部分、喉笛(のどぶえ)
【垄】土3+龙5=総画数8 U+5784 [リョウ、ル、ロウ/] 【壠垅壟】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙土壟垄]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”隴”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”隴”
【垅】土3+龙5=総画数8 U+5785 [リョウ、ル、ロウ/] 【壠壟垄】[土ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙壠垅]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”隴”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”隴”
【宠】宀3+龙5=総画数8 U+5BA0 [チョウ、チュウ/] 【寵𠖥】[ウ宀ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙宠]
◆大切にする、大切に思う、可愛がる
◆お気に入り、「争寵(そうちょう、気に入られようと競う)」
【庞】广3+龙5=総画数8 U+5E9E [ホウ、ボウ/] 【龐龎厐】[广ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙龐庞]
◆高い建物
◆高く大きなさま、大きくどっしりとしているさま
◆入り乱れるさま、乱雑なさま
【拢】手3+龙5=総画数8 U+62E2 [ロウ、ル/] 【攏】[才扌ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙攏拢]
◆抱き寄せる、寄せ集める
◆寄せ集めて一つにする、一つに纏める、合わせる
◆近付く
◆髪を梳く
【昽】日4+龙5=総画数9 U+663D [ロウ、ル/] 【曨】[日ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙曨昽]
◆明りが十分でなくぼんやりしているさま
◆「曈昽」、曙(あけぼの)、夜が明け陽の光が差し始めて少しずつ明るくなるさま
【胧】月(肉)4+龙5=総画数9 U+80E7 [ロウ、ル/おぼろ] 【朧】[月ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙朧胧]
◆月が霞(かす)んでぼんやりしていている、ぼんやりしてはっきりしない、「朦朧(もうろう)」
【栊】木4+龙5=総画数9 U+680A [ロウ、ル/] 【櫳槞】[木ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙栊]
◆木や竹を格子状に組んだ檻
◆部屋の窓、同”㰍”
【泷】水3+龙5=総画数8 U+6CF7 [ロウ/たき] 【瀧滝】[シ氵ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙泷]
◆水の流れが速いさま、急流、早瀬(はやせ)
◆[日]高い所から川のように流れ落ちる水
【珑】玉4+龙5=総画数9 U+73D1 [ロウ、ル/] 【瓏䶭】[王ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙瓏珑]
◆雨乞いの際に使う龍が彫り込まれた玉器
◆「瓏玲(ろうれい)」「玲瓏(れいろう)」◇玉(ぎょく)が触れ合う涼やかな音、澄んだ音や声が鳴り響くさま◇明るく透き通っているさま、光り輝くさま
【眬】目5+龙5=総画数10 U+772C [ロウ、ル/] 【矓】[目ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙矓眬]
◆「蒙眬(もうろう)」、ぼんやりしてはっきりしないさま、ぼうっとしているさま、同「朦朧」
【砻】石5+龙5=総画数10 U+783B [ロウ、ル/] 【礱礲】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙石礱砻]
◆穀物を脱穀したり挽(ひ)いたりする円筒形の石臼
【笼】竹6+龙5=総画数11 U+7B3C [ロウ、ル/かご、こ・める、こ・もる] 【籠篭𦌼】[竹ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙笼]
◆竹を編んで作った入れ物(盆状・桶状・笊状・筒状のものなど)の総称、またそれに入れる
◆箙(えびら)、矢を入れて背負う竹製筒状(箱形・筒形・袋形など)の容器
◆中に入(い)れる、閉じ込める、中に入(はい)る
【聋】耳6+龙5=総画数11 U+804B [ロウ、ル/つんぼ] 【聾䏊𦗤】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙耳聾聋]
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「聋哑(ろうあ)」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
【茏】艸3+龙5=総画数8 U+830F [ロウ、ル/] 【蘢】[サ十2艹艹ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙蘢茏]
◆オオケタデ(大毛蓼)、タデ科イヌタデ属の草、同「蘢薣(ろうこ)」「葒草(こうそう)」「水葒(すいこう)」「紅蓼(こうりょう)」「天蓼(てんりょう)」、「【爾雅注疏:釋草】蘢天蘥」(注.「天蘥」は「天蓼」の誤りかと思われる)「【爾雅注疏:釋草】紅蘢古其大者蘬(・・・《疏》舎人曰紅名蘢鼓其大者蘬・・・毛云蘢紅草也陸璣云一名馬蓼・・・郭云俗呼紅草爲蘢鼓・・・)」(注.「紅草」は「葒草」、「馬蓼」は【本草図譜(岩崎灌園著)】によれば「イヌタデ犬蓼」){オオケタデ}
◆草木が鬱蒼(うっそう)と生い茂るさま、草木が群がり入り乱れるさま、「蘢蓯、蘢葱(ろうそう)」「蘢茸(ろうじょう)」
【袭】衣6+龙5=総画数11 U+88AD [シュウ、ジュウ/おそ・う、かさね・る、かさね] 【襲𧟟𧟛𥫄】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙亠ノ丿2レ𧘇衣襲袭]
◆かさね、外衣(がいい)、衣服の上に羽織る(重ねて着る)衣服、同”褶”
◆重(かさ)ねる、同じように繰り返す、それまで通りにする、受け継ぐ、引き継ぐ、「襲用(しゅうよう、踏襲する)」
◆攻める、「襲撃(しゅうげき)」「来襲(らいしゅう)」
【詟】言7+龙5=総画数12 U+8A5F [ショウ/] 【讋𧮩】[ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙言詟]
◆(龍が現れて)驚き畏れる、怖れる
◆衝撃を受ける
◆忌む
◆話が止まらない
【𨀁】足7+龙5=総画数12 U+28001 [ロウ/] 【躘】[口上止龰足ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙𨀁]
◆「𨀁蹱(ろうしょう)」、体を揺らしながら蹌踉(そうろう、よろよろ)と歩くさま、同「徿徸」
【陇】阜3+龙5=総画数8 U+9647 [リョウ、ル、ロウ/] 【隴𨻫𨼨】[ろ3I|丨阜阝ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙隴陇]
◆土が高く盛り上がったところ、塚(つか)、丘(おか)、同”壠”
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同”壠”、「波状に起伏する畝の形と体をくねらせる龍の姿が似ている」ことから「阝(阜)+龍」となったようである
◆甘粛(かんしゅく)省の別称
◆陝西省と甘粛省との境にある山の名、またそれに連なる山脈の名、別名「六盤山(りくばんさん)」、「山並みが龍の背のような形に連なる」ことから
【𩧪】馬3+龙5=総画数8 U+299EA [ホウ、ボウ/] 【䮾𩧑𩦳】[フL2𢎘一马ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙𩧪]
◆大きくどっしりとしているさま、またそのような馬
【龖】龍16+16=総画数32 U+9F96 [トウ、ドウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍2龖]
◆二匹の龍が飛ぶさま
◆(その威容と神秘さに)震え怖れる
【𧟟】衣6+龖32=総画数38 U+277DF [シュウ、ジュウ/おそ・う、かさね・る、かさね] 【襲袭𧟛𥫄】[立月𦚏ヒコL乚三龍2龖亠ノ丿2レ𧘇衣𧟟]
◆かさね、外衣(がいい)、衣服の上に羽織る(重ねて着る)衣服、同”褶”
◆重(かさ)ねる、同じように繰り返す、それまで通りにする、受け継ぐ、引き継ぐ、「襲用(しゅうよう、踏襲する)」
◆攻める、「襲撃(しゅうげき)」「来襲(らいしゅう)」
【𧮩】言7+龖32=総画数39 U+27BA9 [ショウ/] 【讋詟】[立月𦚏ヒコL乚三龍2龖言𧮩]
◆(龍が現れて)驚き畏れる、怖れる
◆衝撃を受ける
◆忌む
◆話が止まらない
【龘】龍16+龖32=総画数48 U+9F98 [トウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍2龖3龘]
◆龍が体をうねらせながら空を行くさま
【龘】龍16+32=総画数48 U+9F98 [トウ/] [立月𦚏ヒコL乚三龍2龖3龘]
◆龍が体をうねらせながら空を行くさま
【𪚥】龍16+龘48=総画数64 U+2A6A5 [未詳/] [立月𦚏ヒコL乚三龍2龖3龘4𪚥]
◆未詳、一説では同”讋”とする


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 龍部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です