総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「舟部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 舟部」 [部首索引


【舟】舟6+0=総画数6 U+821F [シュウ、シュ/ふね、ふな] 【𣍝】[舟]
◆川や沿岸を行き来するための船
注解:「舟」と「船」は同義だが、漢代では東方で「舟」・西方で「船」といい、後には一般に「舟」は小形のものを、「船」は大形のものを指すようになった、「【方言:第九】舟自關而西謂之船自關而東或謂之舟或謂之航」「【太平御覽:卷第七百七十:舟部三:舟下】周處風土記曰小曰舟大曰船」
◆酒壺など下に敷く盆、(人を乗せる舟のように)上に載せたものを下で受けるもの
◆帯(お)びる、身に着ける
◆ふね、ふねへん、部首名
漢字林(非部首部別)
【𦨇】舟6+1=総画数7 U+26A07 [ギツ、ゴチ/] 【𦨏】[舟乙𦨇]
◆船が左右に揺れるさま、同”䑢”、「【正字通:未集下:舟部:𦨏】𦨇𦨉䑢𠀤同舊本合𦨇𦨏爲一分䑢𦨉與𦨏𦨇爲二不知音義相通也」
【䑠】舟6+2=総画数8 U+4460 [リョウ/] [舟フ乛亅了䑠]
◆小船
◆「鵃䑠(ちょうりょう)」、小さく長い船
【舠】舟6+2=総画数8 U+8220 [トウ/] [舟刀舠]
◆(刀のように幅の狭い)小船、「【康熙字典:未集下:舟部:舠】《玉篇》小船形如刀」「【玉篇:卷十八:舟部第二百八十三:舠】丁勞切小船」
◆「艇」よりも大型で船長(船首から船尾までの長さ)は短く幅が広い船、安定して揺れが少ないという、同”𦩍”、「【釋名:釋船】三百斛曰𦩍𦩍貂也貂短也江南所名短而廣安不傾危者也 二百斛以下曰艇其形徑挺一人二人所行也」
漢字林(非部首部別)
【𠄭】二部
【𦨈】舟6+2=総画数8 U+26A08 [フク、ブク/] 【服𣍞𦨕𦨋𦨊】[舟人𦨈]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
【𦨉】舟6+2=総画数8 U+26A09 [ゴツ、ゴチ/] 【䑢】[舟リ刂𦨉]
◆船が左右に揺れるさま、同”𦨇”、「【玉篇:卷十八:舟部第二百八十三:䑢】五忽切播舟」
漢字林(非部首部別)
【𦨊】舟6+2=総画数8 U+26A0A [フク、ブク/] 【服𣍞𦨕𦨋𦨈】[舟ノ丿L乚𦨊]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
【𦨋】舟6+2=総画数8 U+26A0B [フク、ブク/] 【服𣍞𦨕𦨈𦨊】[舟ノ丿フ𠃌2𠄎乃𦨋]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
【𦨌】舟6+2=総画数8 U+26A0C [ハン、ホン/] 【𦨲舧舤】[舟フ𠃌卩L乚㔾𦨌]
◆舷(げん)、船縁(ふなべり)、船の側面
【䑡】舟6+3=総画数9 U+4461 [サ、シャ/] 【艖𦪮𦫅𦪸】[舟ヌ又、丶叉䑡]
◆「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、別名「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【䑢】舟6+3=総画数9 U+4462 [ゴツ、ゴチ/] 【𦨉】[舟一ノ丿L乚儿兀䑢]
◆船が左右に揺れるさま、同”𦨇”、「【玉篇:卷十八:舟部第二百八十三:䑢】五忽切播舟」
【䑣】舟6+3=総画数9 U+4463 [チン/] [舟ノ丿3彡䑣]
◆船が連なって進むさま
漢字林(非部首部別)
【舡】舟6+3=総画数9 U+8221 [コウ/] [舟エ工舡]
◆船、同”船”
◆「舽舡(ほうこう)」、呉(国名)の船の名
【舢】舟6+3=総画数9 U+8222 [サン/] [舟山舢]
◆「舢板(さんぱん)」、櫂で漕ぐ木製の小舟
【舣】舟6+3=総画数9 U+8223 [ギ/] 【艤】[舟メ乂、丶义艤舣]
◆船を岸に着ける
◆[日]船が出港できるように整備する
【舤】舟6+3=総画数9 U+8224 [ハン、ホン/] 【𦨲𦨌舧】[舟几、丶凡舤]
◆舷(げん)、船縁(ふなべり)、船の側面
【郍】邑部
【𦨏】舟6+3=総画数9 U+26A0F [ギツ、ゴチ/] 【𦨇】[舟ノ丿一𠂉乙乞𦨏]
◆船が左右に揺れるさま、同”䑢”、「【正字通:未集下:舟部:𦨏】𦨇𦨉䑢𠀤同舊本合𦨇𦨏爲一分䑢𦨉與𦨏𦨇爲二不知音義相通也」
【𦨐】舟6+3=総画数9 U+26A10 [タイ、ダイ/] 【舦】[舟大𦨐]
◆船が行くさま
【𦨓】舟6+3=総画数9 U+26A13 [未詳/] [舟ノ𠃌勹、丶一勺𦨓]
◆小舟、「【續修台灣縣志:卷五(テキスト版)】輕𦨓小艇」
【䑤】舟6+4=総画数10 U+4464 [キン、ゴン/] [舟人𠆢一亼ラ今䑤]
◆舟
【䚀】見部
【歬】止部
【舥】舟6+4=総画数10 U+8225 [ハ、ヘ/] [舟L乚巴舥]
◆浮橋(うきはし)、舟また筏を並べて板を渡した橋
【舦】舟6+4=総画数10 U+8226 [タイ、ダイ/] 【𦨐】[舟大、丶太舦]
◆船が行くさま
【舧】舟6+4=総画数10 U+8227 [ハン、ホン/] 【𦨲𦨌舤】[舟ノ丿几凢、丶凡舧]
◆舷(げん)、船縁(ふなべり)、船の側面
【舨】舟6+4=総画数10 U+8228 [ハン、ヘン/] [舟厂ヌ又反舨]
◆「舢舨(さんぱん)」、櫂で漕ぐ木製の小舟
【舩】舟6+4=総画数10 U+8229 [セン、ゼン/ふな、ふね] 【船𣍬】[舟ハ八ム厶公舩]
◆川や沿岸を行き来する舟、外洋に出られる大きな舟は「舶」
注解:「舟」と「船」は同義だが、漢代では東方で「舟」・西方で「船」といい、後には一般に「舟」は小形のものを、「船」は大形のものを指すようになった、「【方言:第九】舟自關而西謂之船自關而東或謂之舟或謂之航」「【太平御覽:卷第七百七十:舟部三:舟下】周處風土記曰小曰舟大曰船」
【航】舟6+4=総画数10 U+822A [コウ、ゴウ/] [舟亠几亢航]
◆船、方舟
◆船で川や海を渡る、飛行機で海を渡る
【舫】舟6+4=総画数10 U+822B [ホウ/もや・う] [舟亠万方舫]
◆もや・う、二艘(そう、船の数の単位)の舟を並べて繋ぐ
◆舟、船
◆筏(いかだ)、「【爾雅:釋言】舫泭也(《注》水中𥴖筏)」
【般】舟6+4=総画数10 U+822C [ハン、バン/] 【𦨗】[舟ク刀几ヌ又殳般]
◆巡る、一巡りする、一巡りして戻って来る、元に戻る
◆(一巡り見渡した辺りの)様子、~のような、種類
◆運搬する、物を別の場所へ運ぶ、同”搬”
漢字林(非部首部別)
【舭】舟6+4=総画数10 U+822D [ヒ/] [舟ヒ七𠤎匕2比舭]
◆船底から船縁(ふなべり)にかけての湾曲したところ
【舮】舟6+4=総画数10 U+822E [ロ、ル/とも] 【艫舻】[舟、丶一コノ丿尸户戶戸舮]
◆とも、船尾(せんび)、船の進む方に向かって最後部、櫓(ろ)を漕ぐところ、船首を「舳」
◆船首(せんしゅ)、船の進む方に向かって先端或いは前方の部分、櫂(かい)を刺して船を進めるところ、船の進む方向を操作するところを「舳」、「【說文解字注:舟部:艫】舳船後持柁處艫船頭刺櫂處」
◆「舳舮(じくろ)」◇船首と船尾◇船首と船尾が触れ合うほどに連なり進むさま
注解:「艫」と「舳」はいずれも「船首」「船尾」の両方の意を持つが、「船頭(せんとう)」を「船首」と読むか「船長」と読むかで混乱していることによるもののように思われる
【舯】舟6+4=総画数10 U+822F [チュウ/] [舟口丨中舯]
◆船の長さまた喫水線の中点
【舰】舟6+4=総画数10 U+8230 [カン、ゲン/] 【艦】[舟冂ノ丿L乚儿见艦舰]
◆戦(いくさ)をするために攻撃や防御に重点を置いて造られた船
【舱】舟6+4=総画数10 U+8231 [ソウ/] 【艙】[舟人フ𠃌卩L乚㔾仓艙舱]
◆船倉、船や飛行機内の部屋、一般には貨物や航行のための備蓄品などを積み込む部屋を指す
【𦨕】舟6+4=総画数10 U+26A15 [フク、ブク/] 【服𣍞𦨋𦨈𦨊】[舟I|丨フ𠃌卩ヌ又𠬝𦨕]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
【𦨖】舟6+4=総画数10 U+26A16 [ソウ、ショウ/] [舟小ノ丿少𦨖]
◆船が揺れるさま、不安定なさま
【𦨗】舟6+4=総画数10 U+26A17 [ハン、バン/] 【般】[舟ト卜⺊ヌ又攴𦨗]
◆巡る、一巡りする、一巡りして戻って来る、元に戻る
◆(一巡り見渡した辺りの)様子、~のような、種類
◆運搬する、物を別の場所へ運ぶ、同”搬”
【𦨘】舟6+4=総画数10 U+26A18 [キ/] 【𦪆䑴】[舟二一ノ丿I|丨丌亓𦨘]
◆「𦨘艃」、船名
【𦨙】舟6+4=総画数10 U+26A19 [ジツ、ニチ/] [舟日𦨙]
◆船の飾り
【𦨛】舟6+4=総画数10 U+26A1B [コウ、ク/] 【䑦】[舟ノ𠃌勹ム厶勾𦨛]
◆「𦨛𦪇(こうろく)」、大型の船、また船の名、同「𦩷𦪇」、「【通雅:卷三十四】艑艖淺船也䑦𦪇大艑也」
【𦨞】舟6+4=総画数10 U+26A1E [/かわら] [舟二一ノ丿L乚儿兀元𦨞]
◆船首から船尾まで船底に通す木材
【䑦】舟6+5=総画数11 U+4466 [コウ、ク/] 【𦨛】[舟ノ𠃌勹口句䑦]
◆「䑦𦪇(こうろく)」、大型の船、また船の名、同「𦩷𦪇」、「【通雅:卷三十四】艑艖淺船也䑦𦪇大艑也」
【䑧】舟6+5=総画数11 U+4467 [フ/] 【䒀䑰】[舟イ亻十、丶寸付䑧]
◆「艇」より短く底が深い小型の船、「【方言:第九】艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀」
【䑨】舟6+5=総画数11 U+4468 [タ、ダ/かじ] 【舵】[舟ノ丿一𠂉せ也㐌䑨]
◆船(や飛行機)の進む方向を操作するための装置、同”柁”
【䑩】舟6+5=総画数11 U+4469 [未詳/] [舟十口古䑩]
◆軍船の名、未詳、「【淡水廳志(テキスト版):卷七】「皇朝通典」云:福建外海戰船名號凡十:曰趕繒船、曰雙篷艍船、曰雙篷船、曰平底哨船、曰圓底雙篷䑩船、曰白艕䑩船、曰哨船、曰平底船、曰雙篷哨船、曰水底𦩼船。」
◆「䑩艚(音未詳)」、古代の軍船の名
【舲】舟6+5=総画数11 U+8232 [レイ、リョウ/] 【𦪩𦫃𦫄𦫊】[舟人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令舲]
◆屋根や窓を設けた小舟、屋形船(やかたぶね)
【舳】舟6+5=総画数11 U+8233 [ジク、チク/へさき] [舟田由舳]
◆へさき、船首(せんしゅ)、船頭(せんとう)、船の進む方に向かって先端或いは前方の部分、船尾を「艫」
◆船尾(せんび)、船の進む方に向かって最後部、船の進む方向を操作するところ、櫂(かい)を刺して船を進めるところを「艫」、「【說文解字注:舟部:艫】舳船後持柁處艫船頭刺櫂處」
◆「舳艫(じくろ)」◇船首と船尾◇船首と船尾が触れ合うほどに連なり進むさま
注解:「艫」と「舳」はいずれも「船首」「船尾」の両方の意を持つが、「船頭(せんとう)」を「船首」と読むか「船長」と読むかで混乱していることによるもののように思われる
【舴】舟6+5=総画数11 U+8234 [サク、シャク/] [舟ノ丿一𠂉F乍舴]
◆「舴艋」、小舟
【舵】舟6+5=総画数11 U+8235 [タ、ダ/かじ] 【䑨】[舟ウ宀ヒ七𠤎匕它舵]
◆船(や飛行機)の進む方向を操作するための装置、同”柁”
【舶】舟6+5=総画数11 U+8236 [ハク、ビャク/] 【艊】[舟日白舶]
◆外洋を航行できる大型の船、同”艑”、「【通俗文(服虔)】吳船日艑晉船曰舶長二十丈載六七百人艑音蒲殄反」
【舷】舟6+5=総画数11 U+8237 [ケン、ゲン/ふなばた、ふなべり] [舟亠くム厶幺玄舷]
◆船の(弓のように曲がった)側面
◆船の左右の縁(へり)
【舸】舟6+5=総画数11 U+8238 [カ/] [舟一亅丁口可舸]
◆大きな船、「舸」よりも小さな船を「艖」「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(姑可反)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(目宿二音)」
【船】舟6+5=総画数11 U+8239 [セン、ゼン/ふな、ふね] 【舩𣍬】[舟ハ八口㕣船]
◆川や沿岸を行き来する舟、外洋に出られる大きな舟は「舶」
注解:「舟」と「船」は同義だが、漢代では東方で「舟」・西方で「船」といい、後には一般に「舟」は小形のものを、「船」は大形のものを指すようになった、「【方言:第九】舟自關而西謂之船自關而東或謂之舟或謂之航」「【太平御覽:卷第七百七十:舟部三:舟下】周處風土記曰小曰舟大曰船」
【舺】舟6+5=総画数11 U+823A [コウ、ギョウ/] [舟田甲舺]
◆小型の船
【舻】舟6+5=総画数11 U+823B [ロ、ル/とも] 【艫舮】[舟ト卜⺊、丶一コノ丿尸卢舻]
◆とも、船尾(せんび)、船の進む方に向かって最後部、櫓(ろ)を漕ぐところ、船首を「舳」
◆船首(せんしゅ)、船の進む方に向かって先端或いは前方の部分、櫂(かい)を刺して船を進めるところ、船の進む方向を操作するところを「舳」、「【說文解字注:舟部:艫】舳船後持柁處艫船頭刺櫂處」
◆「舳舻(じくろ)」◇船首と船尾◇船首と船尾が触れ合うほどに連なり進むさま
注解:「艫」と「舳」はいずれも「船首」「船尾」の両方の意を持つが、「船頭(せんとう)」を「船首」と読むか「船長」と読むかで混乱していることによるもののように思われる
【鸼】鳥部
【𤭂】瓦部
【𦨢】舟6+5=総画数11 U+26A22 [テイ/] [舟ノレ氏一氐𦨢]
◆「𦨢艡」、軍船
【𦨣】舟6+5=総画数11 U+26A23 [チョウ/] [舟刀口召𦨣]
◆呉国の船
◆「艇」よりも大型で船長(船首から船尾までの長さ)は短く幅が広い船、安定して揺れが少ないという、同”𦩍”
【𦨥】舟6+5=総画数11 U+26A25 [/] [舟凵山2出𦨥]
◆「𦨥𦪭船」、攻守を兼ねた軍船の名
【𦨧】舟6+5=総画数11 U+26A27 [ボク、モク、ボウ、モウ/] 【艒䑵】[舟目𦨧]
◆小形の船、釣舟、同”𦪷”
◆「𦨧䑿(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【舼】舟6+6=総画数12 U+823C [キョウ、グ/] [舟十2艹一龷ハ八共舼]
◆小舟
【舽】舟6+6=総画数12 U+823D [ホウ、ボウ/] 【𦪎】[舟ノヌ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅舽]
◆船、同”船”
◆「舽舡(ほうこう)」「舽艭(ほうそう)」、呉(国名)の船の名
【舾】舟6+6=総画数12 U+823E [セイ、サイ/] [舟西舾]
◆「舾装」、同「艤装(ぎそう)」、船の装備品の総称
【舿】舟6+6=総画数12 U+823F [未詳/] [舟大二一Lフ𠃌丂亏夸舿]
◆未詳
【𦨰】舟6+6=総画数12 U+26A30 [キョウ、グ/] 【㮪𦩺】[舟エ工ろ3I|丨邑阝邛𦨰]
◆「艇」よりも小型で底の深い舟、「【方言:第九】艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀(今江東呼艖䒀者音歩)小而深者謂之㮪(即長舼也音卭竹)」
【𦨱】舟6+6=総画数12 U+26A31 [シン/] 【𦩨𦩦】[舟ヨ二十聿𦨱]
◆人や荷物を対岸に運ぶ船の発着する所、渡し場、同”津”
【𦨲】舟6+6=総画数12 U+26A32 [ハン、ホン/] 【𦨌舧舤】[舟シ氵フ𠃌卩L乚㔾氾𦨲]
◆舷(げん)、船縁(ふなべり)、船の側面
【𦨴】舟6+6=総画数12 U+26A34 [トウ、ドウ/] [舟冂一口同𦨴]
◆小型の船、「艖」よりも小さく一人二人で操船するという、同”艇”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(・・・)短而深者謂之䒀(・・・)」
【𦨶】舟6+6=総画数12 U+26A36 [チン、ジン/] 【朕𣍹𦩎𦩗𢀹】[舟ソ丷一䒑二人大天关𦨶]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(しこうてい、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同”眹”
【𦨷】舟6+6=総画数12 U+26A37 [ハツ、ボチ/いかだ] 【筏】[舟イ亻一、丶弋ノ丿戈代伐𦨷]
◆水の上を行き来するために竹を平らに並べ組んだもの、木を組んだものは”栰”
【䑰】舟6+7=総画数13 U+4470 [フ/] 【䒀䑧】[舟⺊上止小ノ丿少𣥂歩步䑰]
◆「艇」より短く底が深い小型の船、「【方言:第九】艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀」
【艀】舟6+7=総画数13 U+8240 [フ、フウ、ブ/はしけ] [舟ノツ爪爫爫子孚艀]
◆碇泊中の船と岸の間で人や荷を運ぶ小舟
【艁】舟6+7=総画数13 U+8241 [ソウ、ゾウ/] [舟ノ丿一𠂉土𠂒牛口告艁]
◆(船を)造る、同”造””䒃”
◆「艁舟(そうしゅう)」、浮橋(うきはし)、舟また筏を並べて板を渡した橋
【艂】舟6+7=総画数13 U+8242 [ホウ/] [舟ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆艂]
◆船名
漢字林(非部首部別)
【艃】舟6+7=総画数13 U+8243 [リ/] [舟田甲土里艃]
◆「𦪆艃」、船名
【艄】舟6+7=総画数13 U+8244 [ソウ、ショウ/] [舟ハソ小月肖艄]
◆艫(とも)、船尾
◆哨戒艇
【艅】舟6+7=総画数13 U+8245 [ヨ/] [舟人𠆢一亼二小余艅]
◆「艅艎、艅𦪗(よこう)」、大船(たいせん、おおぶね)、大船の名
【艆】舟6+7=総画数13 U+8246 [ロウ/] [舟、丶ヨレノ艮良艆]
◆外洋を航行する大型の船
◆船縁(ふなべり)また船縁を叩(たた)く棒、同”桹”
【艇】舟6+7=総画数13 U+8247 [テイ、チョウ/] 【𦨿𦪅】[舟ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼フヌ又廴廷艇]
◆小型の船、「艖」よりも小さく一人二人で操船するという、同”𦨴”、「【釋名:釋船】三百斛曰𦩍𦩍貂也貂短也江南所名短而廣安不傾危者也 二百斛以下曰艇其形徑挺一人二人所行也」「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(・・・)短而深者謂之䒀(・・・)」
【艈】舟6+7=総画数13 U+8248 [未詳/] [舟亠ム厶𠫓ノ丿I|丨L乚𠫝㐬艈]
◆未詳
【艉】舟6+7=総画数13 U+8249 [ビ、ミ/] [舟コノ丿尸毛尾艉]
◆艫(とも)、船尾
【𦨿】舟6+7=総画数13 U+26A3F [テイ、チョウ/] 【艇𦪅】[舟ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼フヌ又廴廷𦨿]
◆小型の船、「艖」よりも小さく一人二人で操船するという、同”𦨴”、「【釋名:釋船】三百斛曰𦩍𦩍貂也貂短也江南所名短而廣安不傾危者也 二百斛以下曰艇其形徑挺一人二人所行也」「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(・・・)短而深者謂之䒀(・・・)」
【𦩇】舟6+7=総画数13 U+26A47 [ソウ、ス/] 【艐】[舟ム厶小厼ヌ又𦩇]
◆船底が川底や海底に届いてしまって動けなくなる、同”𣸌”
◆届く、至る、着く
【䑲】舟6+8=総画数14 U+4472 [トウ、ジョウ、タク/] [舟ト卜⺊日十早卓䑲]
◆船を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める、同”棹”
◆船を漕ぐ櫂(かい、オール、oar)や槳(しょう、パドル、paddle)のような道具、同”棹”
【䑳】舟6+8=総画数14 U+4473 [リン/] [舟人𠆢一亼冂十2卄冊𠕁侖䑳]
◆船の前方の横に渡した木
【䑴】舟6+8=総画数14 U+4474 [キ/] 【𦪆𦨘】[舟甘目ハ八其䑴]
◆「䑴艃」、船名
【䑵】舟6+8=総画数14 U+4475 [ボク、モク、ボウ、モウ/] 【艒𦨧】[舟冂二冃日曰月冐䑵]
◆小形の船、釣舟、同”𦪷”
◆「䑵䑿(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【䑶】舟6+8=総画数14 U+4476 [セン/] [舟十二三土龶月円青靑䑶]
◆軽便な舟、小型の舟
【艊】舟6+8=総画数14 U+824A [ハク、ビャク/] 【舶】[舟日白巾帛艊]
◆外洋を航行できる大型の船、同”艑”、「【通俗文(服虔)】吳船日艑晉船曰舶長二十丈載六七百人艑音蒲殄反」
【艋】舟6+8=総画数14 U+824B [モウ、ミョウ/] [舟子皿孟艋]
◆「舴艋」、小舟
【艌】舟6+8=総画数14 U+824C [ネン/] [舟人𠆢一亼ラ今心念艌]
◆船の水漏れを防ぐために隙間に物を詰める
◆船を引っ張る縄また綱
【艍】舟6+8=総画数14 U+824D [キョ、コ/] [舟コノ丿尸十口古居艍]
◆「水艍船(すいきょせん)」、帆を二つ持つ中型の船の名、通常は居住用の船だが、戦の際には物資の輸送などを担うという、別名「雙篷艍船(そうほうきょせん)」、【船舶数字博物館(上海交通大学)】
【𠢧】力部
【𦩊】舟6+8=総画数14 U+26A4A [ゲキ、ギャク/] 【艗】[舟ノEヨ臼ノ丿L乚儿兒𦩊]
◆船首、「艗艏、鷁首(げきしゅ)」
◆船、大船(たいせん、おおぶね)
注解:船首に鶂(サギに似た大形の水鳥、同”鷁”)を象った飾りを付けたことからの名
【𦩋】舟6+8=総画数14 U+26A4B [ハイ、バイ/] [舟一6三2非𦩋]
◆小舟を停めるための棒、舟の後部の舵棒に孔を空けそこに棒を差し込むことで停めるという
【𦩍】舟6+8=総画数14 U+26A4D [トウ、チョウ/] [舟冂土口吉周𦩍]
◆「艇」よりも大型で船長(船首から船尾までの長さ)は短く幅が広い船、安定して揺れが少ないという、同”𦨣”、「【釋名・釋船】三百斛曰𦩍𦩍貂也貂短也江南所名短而廣安不傾危者也 二百斛以下曰艇其形徑挺一人二人所行也」
【𦩎】舟6+8=総画数14 U+26A4E [チン、ジン/] 【朕𣍹𦨶𦩗𢀹】[舟火一ノ丿ナ十2廾灷𦩎]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(しこうてい、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同”眹”
【𦩏】舟6+8=総画数14 U+26A4F [シン、イ、エ/] 【𦪉】[舟ノ2隹𦩏]
◆人や荷物を対岸に運ぶ船の発着する所、渡し場、同”津”
◆舟名、「【龍龕手鑑:卷一:舟部第二十一:𦩏𦨱】音津上香嚴又以隹反舟名」
【𦩗】舟6+8=総画数14 U+26A57 [チン、ジン/] 【朕𣍹𦨶𦩎𢀹】[舟火2炎𦩗]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(しこうてい、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同”眹”
【𦩘】舟6+8=総画数14 U+26A58 [テイ/] [舟ウ宀一⺊上止龰𤴓定𦩘]
◆船
【𦩳】舟6+8=総画数14 U+26A73 [未詳/] [ノ冂⺆、丶一丹舟土ノ耂日者𦩳]
◆未詳
【䑺】舟6+9=総画数15 U+447A [ハン、ボン/ほ] 【帆㠶𤖫𩗋】[舟風䑺]
◆風を受けて舟を進めるために張る布、またそれに風を受けて走るさま
【艎】舟6+9=総画数15 U+824E [コウ、オウ/] [舟日白王皇艎]
◆「艅艎(よこう)」、大船(たいせん、おおぶね)、大船の名、同「艅𦪗」
【艏】舟6+9=総画数15 U+824F [シュウ、シュ/] [舟ソ丷一䒑目自𦣻首艏]
◆船首
【艐】舟6+9=総画数15 U+8250 [ソウ、ス/] 【𦩇】[舟メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ノ丿ヌ又夂㚇艐]
◆船底が川底や海底に届いてしまって動けなくなる、同”𣸌”
◆届く、至る、着く
漢字林(非部首部別)
【艑】舟6+9=総画数15 U+8251 [ヘン、ベン/] [舟、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁艑]
◆(呉国の)外洋を航行できる大型の船、同”舶”、「【通俗文(服虔)】吳船日艑晉船曰舶長二十丈載六七百人艑音蒲殄反」「【樂府詩集:卷四十七:石城樂】大艑載三千漸水丈五餘」
【艒】舟6+9=総画数15 U+8252 [ボク、モク、ボウ、モウ/] 【䑵𦨧】[舟冂二冃日曰目冒艒]
◆小形の船、釣舟、同”𦪷”
◆「艒䑿(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【艓】舟6+9=総画数15 U+8253 [チョウ、ジョウ/] [舟十2廿L世木枼艓]
◆小舟、「【通雅:卷三十四】最小曰艓」
【艔】舟6+9=総画数15 U+8254 [トウ、ドウ/] [舟广十2廿ヌ又度艔]
◆渡し船
【𦩟】舟6+9=総画数15 U+26A5F [フク、ブク/] [舟ノ丿一𠂉日ノヌ又夊夂复𦩟]
◆舟の両側の部分、船端(ふなばた)、船縁(ふなべり)
【𦩤】舟6+9=総画数15 U+26A64 [トツ、ドチ/] [舟ウ宀ハ八穴大犬突突𦩤]
◆小形の船、釣舟、同”𦪷”
【𦩦】舟6+9=総画数15 U+26A66 [シン/] 【𦨱𦩨】[舟ヨ二十聿ノ丿3彡𦘔𦩦]
◆人や荷物を対岸に運ぶ船の発着する所、渡し場、同”津”
【𦩨】舟6+9=総画数15 U+26A68 [シン/] 【𦨱𦩦】[舟シ氵ヨ二十聿津𦩨]
◆人や荷物を対岸に運ぶ船の発着する所、渡し場、同”津”
【𦩩】舟6+9=総画数15 U+26A69 [ヨウ/] 【媵𠊶】[舟ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹女𦩩]
◆花嫁に付き添って婚家に行く従妹などの同姓の女性、後に側室となる
◆贈り物に別のものを添えて贈る
【䒃】舟6+10=総画数16 U+4483 [ソウ、ゾウ/] [舟ノ丿一𠂉土𠂒牛口告え辶辶造䒃]
◆(船を)造る、同”造””艁”
【艕】舟6+10=総画数16 U+8255 [ホウ、ボウ/] [舟立ワ冖亠万方2旁艕]
◆二艘の船を並べて繋ぐ
【艖】舟6+10=総画数16 U+8256 [サ、シャ/] 【𦪮䑡𦫅𦪸】[舟ソ三王羊𦍌ノエ工差艖]
◆「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、別名「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【艗】舟6+10=総画数16 U+8257 [ゲキ、ギャク/] 【𦩊】[舟ソ一ハ八2皿益益艗]
◆船首、「艗艏、鷁首(げきしゅ)」
◆船、大船(たいせん、おおぶね)
注解:船首に鷁(サギに似た大形の水鳥)を象った飾りを付けたことからの名
【艘】舟6+10=総画数16 U+8258 [ソウ、シュ/] [舟ノEヨ臼𦥑I|丨𦥔ヌ又叟艘]
◆舟や船などの総称
◆船の数の単位
【艙】舟6+10=総画数16 U+8259 [ソウ/] 【舱】[舟人𠆢一亼ヨノ口倉艙]
◆船倉、船や飛行機内の部屋、一般には貨物や航行のための備蓄品などを積み込む部屋を指す
【𣚗】木部
【𣽨】水部
【𦩶】舟6+10=総画数16 U+26A76 [ケイ、ゲ/] 【𥰥】[舟ノツ爪爫爫くム厶幺大𡗞奚𦩶]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:薺第十一:𥰥𦩶】所以安船」「【廣韻:上聲:薺第十一:徯:𥰥】所以安重船」
【𦩷】舟6+10=総画数16 U+26A77 [コウ、ク/] [舟三十4土2井𠀎冂土冉再冓𦩷]
◆「𦩷𦪇(こうろく)」、大型の船、また船の名、同「䑦𦪇」、「【渚宮舊事:卷四】權從之侯果撤兵赴樊蒙至潯陽伏其精兵於𦩷𦪇中使白衣人搖櫓作商賈服晝夜兼行至侯所」
【𦩺】舟6+10=総画数16 U+26A7A [キョウ、グ/] 【㮪𦨰】[舟エ工几、丶凡⺄乙ナ十卂⺄乙ノ、丶𠁽巩木𣑦𦩺]
◆「艇」よりも小型で底の深い舟、「【方言:第九】艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀(今江東呼艖䒀者音歩)小而深者謂之㮪(即長舼也音卭竹)」
【𦩻】舟6+10=総画数16 U+26A7B [チョウ、ジョウ/あさ、あした] 【朝𣎍】[十日早2𠦝ノ丿一𠂉舟𦩻]
◆太陽が地平より上に出て日光が射し始める頃、日の出の頃、同”旦”
◆日の出から昼前までの時間、日の出から日の入りまでの時間
◆天子・君主に謁見する、春の謁見式、秋は「覲」
◆天子・君主が政を行う所
◆一人の或いは同系の天子・君主が継続して統治した期間
◆向く、向かう、~に向かって
【𦩼】舟6+10=総画数16 U+26A7C [コウ、ク/] [舟エ工目ハ貝貢𦩼]
◆「𦩼船(こうせん)」、軍船の名、「【淡水廳志(テキスト版):卷七】「皇朝通典」云:福建外海戰船名號凡十:曰趕繒船、曰雙篷艍船、曰雙篷船、曰平底哨船、曰圓底雙篷䑩船、曰白艕䑩船、曰哨船、曰平底船、曰雙篷哨船、曰水底𦩼船。」
【𦪅】舟6+10=総画数16 U+26A85 [テイ、チョウ/] 【艇𦨿】[舟广ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼フヌ又廴廷庭𦪅]
◆小型の船、「艖」よりも小さく一人二人で操船するという、同”𦨴”、「【釋名:釋船】三百斛曰𦩍𦩍貂也貂短也江南所名短而廣安不傾危者也 二百斛以下曰艇其形徑挺一人二人所行也」「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(・・・)短而深者謂之䒀(・・・)」
【𦪎】舟6+10=総画数16 U+26A8E [ホウ、ボウ/] 【舽】[舟ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢𦪎]
◆船、同”船”
◆「𦪎舡(ほうこう)」「𦪎艭(ほうそう)」、呉(国名)の船の名
【𧡬】見部
【䑿】舟6+11=総画数17 U+447F [シュク、スク/] 【𦪥𦪓𦪲𦪺】[舟ウ宀イ亻一日白百佰宿䑿]
◆「艒䑿(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【䒀】舟6+11=総画数17 U+4480 [フ/] 【䑧䑰】[舟竹イ亻十、丶寸付符䒀]
◆「艇」より短く底が深い小型の船、「【方言:第九】艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀」
【䒂】舟6+11=総画数17 U+4482 [ショウ、ソウ/] [舟Lノ「爿タ夕十、丶寸将將䒂]
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同”槳””楫”
【艚】舟6+11=総画数17 U+825A [ソウ、ゾウ/] [舟一十2日曰曲日曹艚]
◆小船、船
◆「䑩艚(音未詳)」、古代の軍船の名
【艛】舟6+11=総画数17 U+825B [ロウ/] [舟口2十口丨中女婁艛]
◆大型の船、甲板上に階層を持つ構築物のある背の高い船
【艜】舟6+11=総画数17 U+825C [タイ/] [舟ノ十2廿L乚ワ冖巾帯帶艜]
◆細長く底が浅い小型の船、「艇」より長く浅いもの、「【方言:第九】艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)艇長而薄者謂之艜(衣帶)短而深者謂之䒀」
【艝】舟6+11=総画数17 U+825D [/そり] [舟雨ヨ雪艝]
◆[日]雪の上を行くための橇(そり)
【鵃】鳥部
【𦪆】舟6+11=総画数17 U+26A86 [キ/] 【䑴𦨘】[舟甘目ハ八其土基𦪆]
◆「𦪆艃」、船名
【𦪇】舟6+11=総画数17 U+26A87 [ロク/] [舟广コヒ七𠤎匕2比鹿𦪇]
◆「䑦𦪇、𦩷𦪇(こうろく)」、大型の船、また船の名、同「𦩷𦪇」、「【通雅:卷三十四】艑艖淺船也䑦𦪇大艑也」
【𦪉】舟6+11=総画数17 U+26A89 [シン、イ、エ/] 【𦩏】[舟シ氵ノ2隹淮𦪉]
◆人や荷物を対岸に運ぶ船の発着する所、渡し場、同”津”
◆舟名、「【龍龕手鑑:卷一:舟部第二十一:𦩏𦨱】音津上香嚴又以隹反舟名」
【𦪌】舟6+11=総画数17 U+26A8C [/のりあい] [舟ウ宀大一亅丁口可奇寄𦪌]
◆[日]歌舞伎の外題に用いる字
【艞】舟6+12=総画数18 U+825E [ヨウ/] [舟竹ンノ丿L乚く儿兆艞]
◆川などを行き来する大型の舟
◆船と岸を渡す板、タラップ
【艟】舟6+12=総画数18 U+825F [ショウ、シュ/] [舟立田甲土里童艟]
◆「艨艟(もうしょう)」、敵船に突き当たるために船長を長くし船幅を狭くした軍船
【艠】舟6+12=総画数18 U+8260 [/いかだ] [舟フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登艠]
◆[日]筏
【𦪑】舟6+12=総画数18 U+26A91 [ハツ、ボチ/] [舟フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發𦪑]
◆外洋を航行できる大型の船、同”橃”
◆竹や木を組んだ筏(いかだ)、「【通俗文(服虔)】𦪑扶月反(・・・)謂編竹木浮於河以運物者也」
【𦪗】舟6+12=総画数18 U+26A97 [コウ、オウ/] [舟十2廿一田由ハ八黃𦪗]
◆筏(いかだ)、同”㶇”
◆「艅𦪗(よこう)」、大船(たいせん、おおぶね)、大船の名、同「艅艎」
【𦪘】舟6+12=総画数18 U+26A98 [ケツ、コチ/] [舟厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰ノフ乛人欠欮厥𦪘]
◆船を繋ぎ止める杭(くい)
【𦪛】舟6+12=総画数18 U+26A9B [ジョウ、ニョウ/] [舟土3垚一ノ丿L乚儿兀堯𦪛]
◆櫂(かい)、船の左右の舷(げん、ふなべり、船縁)に座った状態で漕(こ)ぐための棒状の道具、同”橈”
【𦪝】舟6+12=総画数18 U+26A9D [トウ、ドウ/かが・る] 【縢𦅌𦂙】[舟ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹糸絭𦪝]
◆縄や紐など、またそれで(巻き付けるようにして)縛る
◆脚絆(きゃはん)、脛(すね)に巻く帯状の布
◆[日]かが・る、布の端を巻き込むように螺旋状(らせんじょう)に縫う
【𦪥】舟6+12=総画数18 U+26AA5 [シュク、スク/] 【䑿𦪓𦪲𦪺】[舟ウ宀ハ八穴イ亻日白伯𦪥]
◆「艒𦪥(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𧑥】虫部
【艡】舟6+13=総画数19 U+8261 [トウ/] [舟ソツワ冖口田當艡]
◆「𦨢艡」、軍船
【艢】舟6+13=総画数19 U+8262 [ショウ、ゾウ/] [舟土人口囗2回嗇艢]
◆船の帆を張るための柱、同”檣”
【艣】舟6+13=総画数19 U+8263 [ロ、ル/] 【艪】[舟⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨カ力男虜虜艣]
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”櫓”
【艤】舟6+13=総画数19 U+8264 [ギ/] 【舣】[舟ソ三王羊𦍌ノオ才、丶弋ノ戈我義艤]
◆船を岸に着ける
◆[日]船が出港できるように整備する
【艥】舟6+13=総画数19 U+8265 [ショウ/] [舟口耳咠一、丶弋ノ丿戈戢艥]
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同”檝(楫)”
【艧】舟6+13=総画数19 U+8267 [ワク/] [舟サ十2艹艹ノ2隹ヌ又隻蒦艧]
◆舟
【艨】舟6+13=総画数19 U+8268 [ボウ、ム、モウ/] [舟サ十2艹艹ワ冖𫇦二一ノ34彡く𧰨豕冡蒙艨]
◆「艨艟(もうしょう)」、敵船に突き当たるために船長を長くし船幅を狭くした軍船
【𦪓】舟6+13=総画数19 U+26A93 [シュク、スク/] 【䑿𦪥𦪲𦪺】[舟ヨ」片Lノ「爿𣶒肅𦪓]
◆「艒𦪓(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𦪩】舟6+13=総画数19 U+26AA9 [レイ、リョウ/] 【舲𦫃𦫄𦫊】[舟雨人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令零𦪩]
◆屋根や窓を設けた小舟、屋形船(やかたぶね)
【𦪪】舟6+13=総画数19 U+26AAA [ホウ、ブ/] 【𥴣】[舟竹ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆𥭗𦪪]
◆竹製の簾(すだれ)を屋根の形(”∧”字状や”∩”字状)に覆った軽便(けいべん)な舟、同”篷”
【𦪫】舟6+13=総画数19 U+26AAB [サン/] [舟ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼米粲𦪫]
◆舟の名
【𦪭】舟6+13=総画数19 U+26AAD [/] [舟土羊𦍒え辶辶達𦪭]
◆「𦨥𦪭船」、攻守を兼ねた軍船の名
【𦪮】舟6+13=総画数19 U+26AAE [サ、シャ/] 【艖䑡𦫅𦪸】[舟人2从仌4𠈌一ノ丿丆エ工𦪮]
◆「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、別名「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𧷽】貝部
【艩】舟6+14=総画数20 U+8269 [セイ、ザイ/] [舟亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊艩]
◆「艣艩」、同「艪臍(ろべそ)」、櫓の支点となる突起
【艦】舟6+15=総画数21 U+8266 [カン、ゲン/] 【舰】[舟匚コ巨臣ノ丿一𠂉二皿監艦]
◆戦(いくさ)をするために攻撃や防御に重点を置いて造られた船
【艪】舟6+15=総画数21 U+826A [ロ、ル/] 【艣】[舟ク𠂊田、丶4灬魚日魯艪]
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”櫓”
【𦪲】舟6+15=総画数21 U+26AB2 [シュク、スク/] 【䑿𦪥𦪓𦪺】[舟ヨ」片Lノ「爿𣶒肅ハ八𦪲]
◆「艒𦪲(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𦪶】舟6+15=総画数21 U+26AB6 [レイ、ライ/] 【𦫈𦫆】[舟レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖中虫䗍𦪶]
◆大きな川船、大きさは艖(さ、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船)程の舟、同”欚”
【𦪷】舟6+15=総画数21 U+26AB7 [ボク、モク/] [舟口ソ土、丶4灬黑墨墨𦪷]
◆小形の船、釣舟、同”艒”
【𦪸】舟6+15=総画数21 U+26AB8 [サ、シャ/] 【艖𦪮䑡𦫅】[舟二人大夫2㚘目ハ貝賛𦪸]
◆「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、別名「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𦪺】舟6+15=総画数21 U+26ABA [シュク、スク/] 【䑿𦪥𦪓𦪲】[舟ヨ」片Lノ「爿𣶒肅ハ八冂𦪺]
◆「艒𦪺(ぼくしゅく)」、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、同”艖”、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【艫】舟6+16=総画数22 U+826B [ロ、ル/とも] 【舻舮】[舟⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨皿盧艫]
◆とも、船尾(せんび)、船の進む方に向かって最後部、櫓(ろ)を漕ぐところ、船首を「舳」
◆船首(せんしゅ)、船の進む方に向かって先端或いは前方の部分、櫂(かい)を刺して船を進めるところ、船の進む方向を操作するところを「舳」、「【說文解字注:舟部:艫】舳船後持柁處艫船頭刺櫂處」
◆「舳艫(じくろ)」◇船首と船尾◇船首と船尾が触れ合うほどに連なり進むさま
注解:「艫」と「舳」はいずれも「船首」「船尾」の両方の意を持つが、「船頭(せんとう)」を「船首」と読むか「船長」と読むかで混乱していることによるもののように思われる
【𦫀】舟6+16=総画数22 U+26AC0 [トウ、ドウ/あ・がる] 【騰腾駦】[舟ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹馬駦𦫀]
◆(馬が)疾走する
◆勢いよく跳(は)ね上がる、高く飛び上がる
◆空ける、空(から)にする
【𦫄】舟6+16=総画数22 U+26AC4 [レイ、リョウ/] 【舲𦪩𦫃𦫊】[舟雨ソ丷一䒑二ソ业亚並𦫄]
◆屋根や窓を設けた小舟、屋形船(やかたぶね)
【𧔶】虫部
【艬】舟6+17=総画数23 U+826C [サン、ゼン/] [舟ク口ヒ七𠤎匕2比㲋ク口ノ丿L乚儿免、丶兔毚艬]
◆大型の船
【𦫃】舟6+17=総画数23 U+26AC3 [レイ、リョウ/] 【舲𦪩𦫄𦫊】[舟雨口2吅3𠱠霝𦫃]
◆屋根や窓を設けた小舟、屋形船(やかたぶね)
【艭】舟6+18=総画数24 U+826D [ソウ/] [舟ノ2隹2雔ヌ又雙艭]
◆(小さな)船、同”船”
◆「舽艭(ほうそう)」、呉(国名)の船の名
【𦫅】舟6+19=総画数25 U+26AC5 [サ、シャ/] 【艖𦪮䑡𦪸】[舟ノ丿一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先2兟目ハ貝贊𦫅]
◆「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船、別名「艒䑿(ぼくしゅく)」、「【方言:第九】南楚江湘凡船大者謂之舸(・・・)小舸謂之艖(今江東呼艖小底者也音叉)艖謂之艒䑿(・・・)小艒䑿謂之艇(𦨴也)」
【𦫆】舟6+19=総画数25 U+26AC6 [レイ、ライ/] 【𦫈𦪶】[舟一ノ丿3彡4く豕中虫𧋠2䖵蟸𦫆]
◆大きな川船、大きさは艖(さ、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船)程の舟、同”欚”
【𦫈】舟6+21=総画数27 U+26AC8 [レイ、ライ/] 【𦫆𦪶】[舟レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖中虫䗍中虫2䖵蠡𦫈]
◆大きな川船、大きさは艖(さ、「舸」よりも小さく「艇」よりも大きな船)程の舟、同”欚”
【𦫊】舟6+24=総画数30 U+26ACA [レイ、リョウ/] 【舲𦪩𦫃𦫄】[舟雨口2吅3𠱠霝エ工人2巫靈𦫊]
◆屋根や窓を設けた小舟、屋形船(やかたぶね)


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 舟部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です