総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「木部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 木部」 [部首索引


【木】木4+0=総画数4 U+6728 [ボク、モク/こ、き] [木]
◆植物の一分類、例外もあるが一般に表皮が硬く寒暖差などによって年輪を生ずるもの
◆五行(水・火・木・金・土)の一つ{五行}
◆自然で飾らない、同”朴”
◆感覚がない
◆き、きへん、部首名
漢字林(非部首部別)
【朩】木4+0=総画数4 U+6729 [ヒン/] [ホ木朩]
◆アサ(麻)の茎から皮を剥ぐ
【𣎳】木4+0=総画数4 U+233B3 [ハイ、ヘ/] [十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳]
◆アサ(麻)の茎を皮と髄(ずい)に分ける
漢字林(非部首部別)
【𣎴】木4+0=総画数4 U+233B4 [トン/] [Tハ八小𣎴]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”枿”
【未】木4+1=総画数5 U+672A [ミ、ビ/ひつじ、いま・だ] [二木未]
◆ひつじ、十二支の八番目{十二支}、方角では南南西、時間では午後二時から四時、動物では「羊」を当てる
◆いま・だ、まだ~でない、まだ~しない、まだ~していない
漢字林(非部首部別)
【末】木4+1=総画数5 U+672B [バツ、マツ、マチ/すえ] [二木末]
◆(枝の)先、(先に行くにつれて細くなる)先端
◆物事の最後、終わり
◆細かい
◆(端の方にあって或いは細かくて)取るに足りない、些細な
漢字林(非部首部別)
【本】木4+1=総画数5 U+672C [ホン/もと] 【楍㮺𡴩𡴡】[木本]
◆植物の根元
◆物事の根源また起源、基(もと)となるもの
◆元来の
◆底本(ていほん)、翻訳や写本などの際にその基となる書物
◆元手
◆この(this)
漢字林(非部首部別)
【札】木4+1=総画数5 U+672D [サツ、セチ/ふだ、さね] [木L乚札]
◆文字を書くための薄く細長い木片
◆信書、手紙
◆公文書
◆[日]薄い木片・紙片など
◆[日]紙幣
漢字林(非部首部別)
【朮】木4+1=総画数5 U+672E [シュツ、ジュツ/おけら] [十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮]
◆オケラ(朮)、キク科の薬草
◆粘り気のあるアワ(粟)またコウリャン(高粱)の一種、同”秫”
◆別”术”
漢字林(非部首部別)
【术】木4+1=総画数5 U+672F [シュツ、ジュツ、ズチ/すべ] 【術】[木、丶术]
◆方法・方策や手段、それを使いこなす能力
◆市中を通る道、行き方、取るべき道、従うべき決まり
◆述べる、先人の事績を受け継ぎ伝えるために言葉で書き或いは言い表す、同”述”
漢字林(非部首部別)
【朰】木4+1=総画数5 U+6730 [モル/] [木乙朰]
◆[韓]音写字
【𣎵】木4+1=総画数5 U+233B5 [ハイ、ハツ、ハチ/] [山木𣎵]
◆草木から盛んに芽や枝葉が伸び出るさま
漢字林(非部首部別)
【𣎶】木4+1=総画数5 U+233B6 [シ、ジ/] 【士】[木一𣎶]
◆男子
◆学徳や知能に秀でた人
◆兵(つわもの)、侍(さむらい)
◆事を理解できる人、事を成し遂げられる人
◆爵位の一つ
◆さむらい、部首名
漢字林(非部首部別)
【休】人部
【朱】木4+2=総画数6 U+6731 [シュ、ス/あけ] [ノ二木未朱]
◆少しくすんだ濃い赤色
漢字林(非部首部別)
【朲】木4+2=総画数6 U+6732 [ジン、ニン/] [木人朲]
◆【康熙字典】に「《玉篇》屋上閒也」「《字林》屋閒木」とあり
【朳】木4+2=総画数6 U+6733 [ハツ、ハチ/] [木ハ八朳]
◆耕した後に土を平らにする歯の付いていない農具、歯のあるものは「耙」
【朴】木4+2=総画数6 U+6734 [ボク、ハク、ホク/ほう] [木ト⺊卜朴]
◆ニレ科エノキ属の木の総称
◆[日]ほう、ホウノキ(朴の木)、モクレン科の木
◆切り出されたままの手が加えられていない木、自然で飾り気がないさま、同繁”樸”
漢字林(非部首部別)
【朵】木4+2=総画数6 U+6735 [タ、ダ/] 【朶𣏻䒳𣎾𣎿】[几ホ木朵]
◆樹木の枝・葉・花・実などが垂れ下がるさま
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
漢字林(非部首部別)
【朶】木4+2=総画数6 U+6736 [タ、ダ/] 【朵𣏻䒳𣎾𣎿】[ノ丿フ𠃌2𠄎乃木朶]
◆樹木の枝・葉・花・実などが垂れ下がるさま
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
漢字林(非部首部別)
【朷】木4+2=総画数6 U+6737 [トウ/] [刀木朷]
◆木名
【朸】木4+2=総画数6 U+6738 [ロク/おうご] [木カ力朸]
◆木目
◆[日]おうご、天秤棒
【朹】木4+2=総画数6 U+6739 [キュウ/] [木九朹]
◆山樝子(サンザシ)、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
◆穀物を盛る耳(取っ手)付きの祭器、同”簋”
【机】木4+2=総画数6 U+673A [キ/つくえ] [几木机]
◆つくえ、テーブル、同”几”
◆ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
◆繁”機”
【朻】木4+2=総画数6 U+673B [キュウ/] [木レLI|丨丩朻]
◆高い木の幹や枝が曲がって垂れるさま
【朼】木4+2=総画数6 U+673C [ヒ、ビ/] [木ヒ七𠤎匕朼]
◆鼎(かなえ、煮炊き用の器)から生贄を出すための大きな木製の匙(さじ)、同”枇”
【朽】木4+2=総画数6 U+673D [キュウ、ク/くち・る] [木一Lフ𠃌丂朽]
◆草木が腐(くさ)る
◆衰える、生気がなくなる
【朾】木4+2=総画数6 U+673E [トウ、ジョウ、テイ、チョトウ、ジョウ、テイ、チョウ/] [木丁朾]
◆撞く、突く
【朿】木4+2=総画数6 U+673F [シ/とげ] [木冂巾朿]
◆草木の細く尖った芒(のぎ)、また刺(とげ)
漢字林(非部首部別)
【杀】木4+2=総画数6 U+6740 [サツ、セツ/そ・ぐ、ころ・す] 【殺殺𣪩𢁛𢽅𢿹𢽆𢼡𢿔𧤿】[メ㐅ホ木杀]
◆そ・ぐ、削る、削り取る、減らす、押え付けて勢いを弱める
◆ころ・す、人や動物の生命を奪う
◆~が甚だしい、~がひどい
◆寒々しいさま、荒(すさ)んでいるさま
漢字林(非部首部別)
【杁】木4+2=総画数6 U+6741 [/いり] [木入杁]
◆[日]「杁中(いりなか)」、地名、愛知県名古屋市
◆[日]「杁ケ池(いりがいけ)」、地名、愛知県愛知郡長久手町
【杂】木4+2=総画数6 U+6742 [ソウ、ゾウ、ザツ/ま・じる] 【雑雜襍𣜫𣠛𨿼】[九ホ木杂]
◆ま・じる、それぞれの性質は保ったままいろいろな物が寄せ集まる、また入り交る、入り交って元の性質が失われるのは「混」
◆纏まりがない
◆重要ではない細々した物事
◆[日]いい加減な
漢字林(非部首部別)
【权】木4+2=総画数6 U+6743 [ケン、ゴン/] 【権權】[木ヌ又权]
◆秤に使う分銅(ふんどう)
◆重さを計る、状況を量(はか)りそれに応じて対応する
◆釣り合いを左右することができる重みまた力また立場、力や立場を利用して支配・指揮する
◆仮の、一時的な
【𣎻】木4+2=総画数6 U+233BB [未詳/] [冂木𣎻]
◆未詳
【𣎽】木4+2=総画数6 U+233BD [未詳/] [ヒ七𠤎匕ホ木𣎽]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𣎾】木4+2=総画数6 U+233BE [タ、ダ/] 【朶朵𣏻䒳𣎿】[ワ冖木𣎾]
◆樹木の枝・葉・花・実などが垂れ下がるさま
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
【𣎿】木4+2=総画数6 U+233BF [タ、ダ/] 【朶朵𣏻䒳𣎾】[フ𠃌卩L乚㔾木𣎿]
◆樹木の枝・葉・花・実などが垂れ下がるさま
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
【㚓】大部
【㭂】木4+3=総画数7 U+3B42 [ショウ/] [木小㭂]
◆木が忽然と高く聳えるさま、梢(こずえ)がすっくと高く聳えるさま
【㭃】木4+3=総画数7 U+3B43 [コウ/] [木くム厶幺㭃]
◆綱(つな)、太く強い縄(なわ)
【㭆】木4+3=総画数7 U+3B46 [ネマル/] [ノ丿フ𠃌2𠄎乃二木末㭆]
◆[韓]新羅(前57年~935年)の十七官等(官吏の等級)の第十一番目、「【三國史記:雜志第七:職官上】十一曰奈麻或云奈末」
【㭐】木4+3=総画数7 U+3B50 [ネマ/] [大二木末㭐]
◆[韓]新羅(前57年~935年)の十七官等(官吏の等級)の第十番目、「【三國史記:雜志第七:職官上】十曰大奈麻或云大奈末」
【呆】口部
【杄】木4+3=総画数7 U+6744 [セン/] [木千杄]
◆「青杄」、ウィルソントウヒ、マツ科トウヒ属の木
◆「桾杄(くんせん)」、同「桾櫏」、カキノキ科のカキ(柿)、実は小さく細長い
【杅】木4+3=総画数7 U+6745 [ウ/] [木二亅丁于杅]
◆湯浴(ゆあ)み用の木製の盥(たらい)
◆スープや飲み物を入れる比較的浅い皿状の器、同”桙”
【杆】木4+3=総画数7 U+6746 [カン/] 【桿】[木二十干杆]
◆長い木の棒、棹(さお)
【杇】木4+3=総画数7 U+6747 [オ、ウ/] 【𣏓𣑀】[木二一Lフ𠃌丂亏杇]
◆木鏝(きごて)、壁土を塗る木製の鏝(こて)、同”槾””釫”、金属製のものは「鏝(こて)」
◆壁土を塗る、同”圬”
【杈】木4+3=総画数7 U+6748 [サ、シャ、サイ、セ/] [木ヌ又、丶叉杈]
◆”Y”字形に分岐した枝
◆棒の先端を”<””⊂””∈”字状にした道具、先端を尖らせ突いて魚を獲る簎(やす)、刈り取った穀物などを掬ったり持ち上げたりする農業用のフォーク
【杉】木4+3=総画数7 U+6749 [サン、セン/すぎ] 【檆】[木ノ丿3彡木ノ丿3彡杉]
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木、同”柀”{コウヨウザン}
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木{スギ}
漢字林(非部首部別)
【杊】木4+3=総画数7 U+674A [シュン、ジュン/] [木川杊]
◆鋤や鍬などの柄に利用する木
【杋】木4+3=総画数7 U+674B [ハン、ボン/] [木几、丶凡杋]
◆木名、未詳、樹皮を筏(いかだ)を組む材として用いるという、「【康熙字典:木部:三:杋】《玉篇》木名。俗呼此木皮曰水桴木。」
【杌】木4+3=総画数7 U+674C [ゴツ、ゴチ/] [木一ノ丿L乚儿兀杌]
◆枝がない木、枝を切り払った木
◆僅かに頭が突き出た木、切り株
◆「杌陧(ごつげつ)」、同「阢陧」、突き出ていて危ういさま、不安定で危険なさま
◆背凭れや肘掛のない低く小さい腰掛
【杍】木4+3=総画数7 U+674D [シ/] [木子杍]
◆キササゲ(木大角豆)、ノウゼンカズラ科の木、同”梓”{キササゲ}
◆木材を加工する、またその職人
【李】木4+3=総画数7 U+674E [リ/すもも] [木子李]
◆スモモ(李)、バラ科サクラ属の果樹{スモモ}
◆裁判官、牢獄を管理する役人
【杏】木4+3=総画数7 U+674F [コウ、ギョウ、アン、キョウ/あんず] [木口木口杏]
◆アンズ(杏、杏子)、バラ科サクラ属の果樹、食用や薬用に用いる
◆「銀杏(ぎんなん、イチョウ)」、イチョウ科の木、またその実
漢字林(非部首部別)
【材】木4+3=総画数7 U+6750 [サイ、ザイ/] [木オ才材]
◆切り出した木、立木は「樹」
◆さまざまな構築物や工作物などに用いられる木
◆ものを作り上げるための元となる物
◆有用なもの、有能な人
【村】木4+3=総画数7 U+6751 [ソン/むら] 【邨】[木十、丶寸村]
◆田舎(いなか)の集落
◆田舎染みた
【杒】木4+3=総画数7 U+6752 [ジン、ニン/] 【梕】[木刀、丶刃杒]
◆木名
◆車輪止め用の木
◆小さい車の轅(ながえ)に巻きつけて飾りとする革帯
【杓】木4+3=総画数7 U+6753 [ヒョウ、シャク、ジャク/] [木ノ𠃌勹、丶一勺杓]
◆液体などを汲む椀状の道具
◆北斗七星の柄の部分の星名
【杔】木4+3=総画数7 U+6754 [タク、チャク/] [木ノ七モ乇杔]
◆「杔櫨(たくろ)」、木名、酒を濾す道具
【杕】木4+3=総画数7 U+6755 [テイ、ダイ、タ、ダ/] 【枤】[木大杕]
◆木が(一本だけ)ひときわ高く聳えるさま
◆船の進む方向を操作するための舵(かじ)
【杖】木4+3=総画数7 U+6756 [チョウ、ジョウ/つえ] [木ナ乂丈杖]
◆歩く時に体を支えるための棒、棒を突いて体を支える
◆棍棒、木の棒、棒で打つ刑罰
【杗】木4+3=総画数7 U+6757 [ボウ、モウ/] [亠L𠃊亡ホ木杗]
◆屋根を支える太い梁(はり)
【杘】木4+3=総画数7 U+6758 [ジ、ニ/] 【𣐉】[コノ丿尸木杘]
◆糸車(機織で糸を巻き取る道具、「篗」という)を回転させるための取っ手
◆「嚜杘(ぼくじ)」、狡賢(ずるがしこ)い、嘘を言って騙す
漢字林(非部首部別)
【杙】木4+3=総画数7 U+6759 [ヨク、イキ/] [木一、丶弋杙]
◆垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同”樴””橛”
【杚】木4+3=総画数7 U+675A [コ、ク、カイ/] 【𣏙】[木ノ一𠂉乙乞杚]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物をり平らに削(そ)ぎ落す棒
【杛】木4+3=総画数7 U+675B [キュウ/] [木弓杛]
◆木名
【杜】木4+3=総画数7 U+675C [ト、ズ/もり] [木土杜]
◆ヤマナシ(山梨)、バラ科の果樹、野生のナシ(梨)
◆「杜仲(とちゅう)」、トチュウ科トチュウ属の木
◆塞ぐ、閉ざす
◆[日]もり、神社の森
漢字林(非部首部別)
【杝】木4+3=総画数7 U+675D [イ、チ、リ、タ、ダ/] [木せ也杝]
◆シナノキ(科木)、またシナノキ科シナノキ属の木の総称、棺材に使われるという、同”椴””柂”
◆竹や柴を編んで作った柵や垣根などの囲い、同”籬”
【杞】木4+3=総画数7 U+675E [キ、コ/] [木コ匚L乚己杞]
◆「枸杞(クコ)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
◆「杞柳(キリュウ)」、イヌコリヤナギ(犬行李柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木{イヌコリヤナギ}
◆周代(前11世紀~前221年)の国名、現河南省開封市杞県付近、同”㠱””𠶵”
【束】木4+3=総画数7 U+675F [ショク、ソク/たば、たば・ねる、つか、つか・ねる] [木口束]
◆一つに纏める、縛って一つにする
◆幾つかのものが一つに纏まる、またそれの数を表す語
◆縛ってばらばらにならないようにする、自由を制限する
◆[日]つか、指四本をくっつけた時の幅
漢字林(非部首部別)
【杠】木4+3=総画数7 U+6760 [コウ/] [木エ工杠]
◆長い棒、棹(さお)、同”槓”
◆丸太(まるた、角材や板に加工していない枝を切り払っただけの木)を渡した橋
【条】木4+3=総画数7 U+6761 [チョウ、ジョウ/] 【條】[ノヌ又夊夂木ノヌ又夊夂木条]
◆細長い小枝
◆細長いもの、筋(すじ)状のもの
◆道筋
◆細かく分けて(一行にして)記述した文章、項目
◆[日]~の事、~によって
漢字林(非部首部別)
【杢】木4+3=総画数7 U+6762 [/もく] [木エ工杢]
◆[日]木工(こだくみ、もっこう)、木材を加工する職人
【杣】木4+3=総画数7 U+6763 [/そま] [木山杣]
◆[日]木材を切り出す山
【杤】木4+3=総画数7 U+6764 [/とち、とちのき] 【栃】[木万杤]
◆[日]トチノキ(橡、栃、栃の木)、ムクロジ科トチノキ属の木、また同属の木の総称{トチノキ}
【来】木4+3=総画数7 U+6765 [ライ/く・る、きた・る、きた・す] 【來】[二ソ木未来]
◆向こうからこちらに近づく
◆これから先に
◆きた・す、(~のように)なる、する、生じる、起こる
漢字林(非部首部別)
【杦】木4+3=総画数7 U+6766 [/すぎ] [木ク人久杦]
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木、同”杉”{スギ}
【杧】木4+3=総画数7 U+6767 [ボウ、モウ/] 【𣙷】[木亠L𠃊亡杧]
◆「杧果(ぼうか)」、マンゴー(mango)、ウルシ科マンゴー属の果樹、また同属の木の総称、同「芒果」{マンゴー}
【杨】木4+3=総画数7 U+6768 [ヨウ/やなぎ] 【楊】[木フ𠃌ノ2勿𠃓杨]
◆ポプラ(poplar)、枝の垂れないヤナギ科ヤマナラシ属の木の総称、枝が垂れるものは「柳」{ポプラ}{ヤマナラシ}{ヤナギ}
【杩】木4+3=総画数7 U+6769 [バ、メ/] 【榪】[木フ𠃌L2𢎘一马杩]
◆「杩槎」、水を堰き止めるための三本の棒を三角錐状に組んだもの
◆「杩子」、飼葉桶
【𣏁】木4+3=総画数7 U+233C1 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅楳𣕱槑𤯏𣒫】[一凵𠙵木𣏁]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【𣏂】木4+3=総画数7 U+233C2 [サツ/] [メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂]
◆手に刃を持って人を打つ
◆同”殺”
漢字林(非部首部別)
【𣏃】木4+3=総画数7 U+233C3 [シ/] 【𢺶𠦙】[木ヨ𣏃]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”支”
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる、同”支”
◆支える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同”支”
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す、支出する、支払う、同”支”
【𣏆】木4+3=総画数7 U+233C6 [未詳/] [木ノ丿几凢𣏆]
◆未詳、”杋”の異体字か?
【𣏈】木4+3=総画数7 U+233C8 [未詳/] [木ノム厶么𣏈]
◆未詳、”㭃”の異体字か?
【𣏌】木4+3=総画数7 U+233CC [シ、ジ/] [木コ匚L乚己巳𣏌]
◆未詳、【漢語大字典】に「同”㭒(耜)”」、【方言・第五】に「𣏌、宋魏之間謂之渠挐、或謂之渠䟽。」とあり
◆【康熙字典・木部・五・枸】に「《註》今枸𣏌也。」とあり、「枸杞(クコ)」の誤りか?
【𣏏】木4+3=総画数7 U+233CF [未詳/] [一ム厶𠫔木𣏏]
◆未詳、”𣏋(枼)”の異体字か?
漢字林(非部首部別)
【𣏐】木4+3=総画数7 U+233D0 [シャク、ジャク/] [木タ夕𣏐]
◆木製の杓(しゃく)、水などを汲む椀状の道具
【𣏒】木4+3=総画数7 U+233D2 [/くるみ] [木九、丶丸𣏒]
◆[日]地名用字
【𣏓】木4+3=総画数7 U+233D3 [オ、ウ/] 【杇𣑀】[木二一Lフ𠃌丂亐𣏓]
◆木鏝(きごて)、壁土を塗る木製の鏝(こて)、同”槾””釫”、金属製のものは「鏝(こて)」
◆壁土を塗る、同”圬”
【㭉】木4+4=総画数8 U+3B49 [カ、ゲ/] [サ十2艹艹木㭉]
◆土を掘り起こす鍬や鋤の類、同”鏵”
【㭊】木4+4=総画数8 U+3B4A [セキ、シャク/] 【析𣂔】[木片㭊]
◆裂く、切り割(さ)く
◆分ける、別ける、切り分ける
漢字林(非部首部別)
【㭋】木4+4=総画数8 U+3B4B [ホウ、ボウ/] [木ノ三|十3丰㭋]
◆木の棒、同”棒”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【㭌】木4+4=総画数8 U+3B4C [ウ、ボウ、ム/] 【桙】[木牛㭌]
◆スープや飲み物を入れる比較的浅い皿状の器、同”杅”
【㭍】木4+4=総画数8 U+3B4D [/] [ン冫ヒ七𠤎匕木㭍]
◆「柒」の訛字か?
【來】木4+4=総画数8 U+4F86 [ライ/く・る、きた・る、きた・す] 【来】[木人2从來]
◆向こうからこちらに近づく
◆これから先に
◆きた・す、(~のように)なる、する、生じる、起こる
漢字林(非部首部別)
【杪】木4+4=総画数8 U+676A [ビョウ、ミョウ/] [木小ノ丿少杪]
◆木の先の細い部分、梢(こずえ)、細い枝
◆(「季節や一年が次第に細る」の意で)季節の終わり頃、歳末
【杫】木4+4=総画数8 U+676B [シ/] 【𣘩】[木⺊上止杫]
◆俎板(まないた)、肉を載せて切るための台
◆小さなテーブル
【杬】木4+4=総画数8 U+676C [ゲン、ゴン/] [木二一ノ丿L乚儿兀元杬]
◆木名、大木でその実は皮が硬く渋みがあるという
◆フジモドキ(藤擬)、ジンチョウゲ科の木
【杭】木4+4=総画数8 U+676D [コウ、ゴウ/くい] [木亠几亢杭]
◆船で川や海を渡る
◆渡し船、方舟(はこぶね)
◆「浙江省杭州」の略称
◆[日]くい、先を尖らせ地中に打ち込んで直立させる棒
漢字林(非部首部別)
【杮】木4+4=総画数8 U+676E [ハイ、ホ/こけら] 【𣏕】[木一十巾亠巾市巿杮]
◆木簡の表面を削り取る
◆木屑、木を削った時にできる屑
注解:旁は「一巾」の「市(U+U+5DFF、4画)」で「亠巾」の「市(U+5E02、5画)」とは別字
【杯】木4+4=総画数8 U+676F [ハイ、ヘ/さかずき] 【㮎盃桮𠤯𠥀𠥧】[木不杯]
◆酒や茶やスープなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのもの
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
【杰】木4+4=総画数8 U+6770 [ケツ、ゲチ/] [木、丶4灬杰]
◆突出している、抜きん出ている、群を抜いて秀(ひい)でている、またそのような人、同”繁”傑”
◆「䨲杰(どうけつ)」、「𦋅闖(けいちん)」「䴰䵎(しょくたん)」「仉䀾(しょうと)」と共に梁四公子の一人
漢字林(非部首部別)
【東】木4+4=総画数8 U+6771 [トウ、ツウ/ひがし、あずま] 【东】[木日田東]
◆太陽が昇る方角、木に太陽(日)が重なるの意、太陽が木の上に昇ることを「杲」、太陽が木の下に沈むことを「杳」
漢字林(非部首部別)
【杲】木4+4=総画数8 U+6772 [コウ/] [日木杲]
◆太陽が木の上に昇って明るい、木に太陽(”日”)が重なることを”東”、太陽が木の下に沈むことを「杳」
漢字林(非部首部別)
【杳】木4+4=総画数8 U+6773 [ヨウ/] 【㫐】[木日杳]
◆薄暗い、「太陽が木の下に沈む」の意、太陽(「日」)が木に重なる(昇り始める)ことを「東」、太陽が木の上に昇ることを「杲」
◆遥か遠いさま、奥深いさま、「はっきりと見えない」の意
漢字林(非部首部別)
【杴】木4+4=総画数8 U+6774 [ケン、コン/] 【𣞘】[木ノフ乛人欠杴]
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベル状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同簡”锨”{農具(鋤鍬類)}
◆水を汲み出す桶などの類、同”檶”
漢字林(非部首部別)
【杵】木4+4=総画数8 U+6775 [ショ/きね] [木ノ一𠂉十午杵]
◆臼に入れた穀物を搗く木の棒、洗濯物を叩(たた)く棒、一般に中央の手で握る部分が細く両端が太くなっている
【杶】木4+4=総画数8 U+6776 [チュン/] [木ノ一凵山L乚𡳾屯杶]
◆チャンチン(香椿)、センダン科の木
【杷】木4+4=総画数8 U+6777 [ハ、ヘ、ベ/] [木L乚巴杷]
◆穀物などを掻き集めたり土をほぐして平らにする農具
◆「枇杷(びわ)」、バラ科の果樹
【杸】木4+4=総画数8 U+6778 [シュ、ズ/] [木ク刀几ヌ又殳杸]
◆殳(しゅ、ほこ、棒の先に被せる筒状の金属製の武器)を装着した武器、近寄る敵を突いたり叩いたりする、同”殳”{刀剣槍}
◆木名、未詳
【杹】木4+4=総画数8 U+6779 [カ、ケ/] [木イ人亻ヒ七𠤎匕化杹]
◆モクフヨウ(木芙蓉)、アオイ科の木
【杺】木4+4=総画数8 U+677A [シン/] [木心杺]
◆木名、芯が黄色いという
【杻】木4+4=総画数8 U+677B [ジュウ、ニュウ、チュウ/] [木三丑杻]
◆手枷(てかせ)、両手に嵌(は)める刑具、同”杽”
◆モチノキ(黐の木)、モチノキ科の木、同”檍”
【杼】木4+4=総画数8 U+677C [チョ、ジョ、ショ、ジョ/ひ] [木マ龴フ乛亅𠄐予杼]
◆ひ、緯糸(よこいと)を巻き付け経糸(たていと)の間を通す舟形の道具、これを往復させることで布にする機織(はたお)り道具の一つ、同”䇡””梭”
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木、同”櫟””栩””杼””𣏗””芧”{コナラ}{クヌギ}
【杽】木4+4=総画数8 U+677D [チュウ/] [木手杽]
◆手枷(てかせ)、両手に嵌(は)める刑具、同”杻”
【松】木4+4=総画数8 U+677E [ショウ、シュ/まつ] 【枩枀柗梥㮤庺】[木ハ八ム厶公松]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
◆繁”鬆”
漢字林(非部首部別)
【板】木4+4=総画数8 U+677F [ハン、ヘン、バン/いた] [木厂ヌ又反板]
◆薄く平らに切った木、薄く平らなもの
◆(板のように四角くて)融通が利かない、柔軟性がない
◆堅い、強張(こわば)る
◆舞曲の間で取る拍子、拍子を取る平たく細長い木
◆繁”闆”
【枀】木4+4=総画数8 U+6780 [ショウ、シュ/まつ] 【松枩柗梥㮤庺】[ハ八ム厶公木枀]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
漢字林(非部首部別)
【极】木4+4=総画数8 U+6781 [キョウ、ギョウ/] [木ノフヌ又乃及极]
◆ロバ(驢馬)に荷物を背負わせるために背に置く木の板
◆繁”極”
【枂】木4+4=総画数8 U+6782 [ゲツ、ガチ、ゴツ/] [木月枂]
◆木の皮を剥ぐ
【枃】木4+4=総画数8 U+6783 [シン、イン/] [木ノ𠃌勹二ン勻匀枃]
◆機織の経糸(たていと)を絡まないように揃える道具
【构】木4+4=総画数8 U+6784 [コウ/] [木ノ𠃌勹ム厶勾构]
◆コウゾ(楮)、クワ科コウゾ属の木{コウゾ}
◆曲がる、曲がった木
◆繁”構”
【枅】木4+4=総画数8 U+6785 [ケイ、ケ/] 【𣓖】[木一ノ丿ナ十2廾二开枅]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、同”枓””欂”、”U”字形の木材「栱」と組み合わせた部材を「枓栱(斗栱、ときょう)」という{建物}
【枆】木4+4=総画数8 U+6786 [ボウ、モウ/] 【㮘】[木毛枆]
◆「冬桃」、果樹名、秋頃に成熟するモモ(桃)の一種
【枇】木4+4=総画数8 U+6787 [ヒ、ビ/] [木ヒ七𠤎匕2比枇]
◆鼎(かなえ、煮炊き用の器)から生贄を出すための大きな木製の匙(さじ)、同”朼”
◆歯の目が細かい櫛(くし)、同”篦”、目が粗いものは「梳」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆「枇杷(ビワ)」、バラ科ビワ属の果樹、実が楽器の「琵琶(びわ)」に似ていることから「玨」を「木」に変え「枇杷」としたもの{ビワ}
【枈】木4+4=総画数8 U+6788 [ヒ、ビ/] [ヒ七𠤎匕2比木枈]
◆古地名、【龍龕手鑑:卷四】に「枈音秘魯東郊地名也」とあり
◆木名、未詳
漢字林(非部首部別)
【枉】木4+4=総画数8 U+6789 [オウ/ま・げる] 【𣒈】[木王枉]
◆歪める、曲げる、歪曲する
◆ま・げて、(法理や考えを曲げてでも)何とかして
漢字林(非部首部別)
【枊】木4+4=総画数8 U+678A [ゴウ/] [木ノレI|丨フ𠃌卩卬枊]
◆馬の手綱(たづな)を繋(つな)ぐ杭(くい)
◆しっかりと抑(おさ)える、同”抑”
【枋】木4+4=総画数8 U+678B [ホウ、ヘイ、ヒョウ/] [木亠万方枋]
◆角材
◆「枋子」、角材、棺
◆物を掬(すく)う杓子(しゃくし)や匙などの柄
漢字林(非部首部別)
【枌】木4+4=総画数8 U+678C [フン、ブン/] [木ハ八刀分枌]
◆ニレ(楡、ニレ科ニレ属の木)の一種
漢字林(非部首部別)
【枍】木4+4=総画数8 U+678D [エイ、アイ/] [木ハ八一Lフ𠃌丂兮枍]
◆「枍栺」、モチノキ科の木の名、漢代(前202年~220年)の宮殿の名
【枎】木4+4=総画数8 U+678E [フ、ブ/] [木二人大夫枎]
◆木名
◆「枎疎」、枝葉が盛んに広がり茂るさま
◆花の萼(がく)、同”柎”
【枏】木4+4=総画数8 U+678F [ダン、ナン/くすのき] 【楠𣔎柟】[木冂二冄枏]
◆木名、学名Phoebe zhennan、クスノキ科Phoebe属の木
◆[日]クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木{クスノキ}
【析】木4+4=総画数8 U+6790 [セキ、シャク/] 【𣂔㭊】[木ノ丿2𠂆T斤析]
◆裂く、切り割(さ)く
◆分ける、別ける、切り分ける
漢字林(非部首部別)
【枑】木4+4=総画数8 U+6791 [コ、ゴ/] 【𣏛】[木二レLフ一彑互枑]
◆行馬(こうば)、役所の門前で人馬の通行を遮る木の柵
【枒】木4+4=総画数8 U+6792 [ガ、ゲ/] [木一ヰ𡕒ノオ牙枒]
◆ヤシ(椰子)、ヤシ科の木、同”㭨”
【枓】木4+4=総画数8 U+6793 [ハク/] 【𣙞𣏸】[木、丶2⺀十斗枓]
◆酒や水などを汲む柄杓(ひしゃく)、同”斗”
◆屋根を支える梁(はり)や桁(けた)を受ける柱の上の方形の木、斗形(ますがた){建物}
◆「枓栱(ときょう、とうきょう)」、同「斗栱」、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材
【枔】木4+4=総画数8 U+6794 [シン、ジン/] [木人𠆢一亼ラ今枔]
◆木の葉
【枕】木4+4=総画数8 U+6795 [チン、シン/まくら] 【𣏝】[木ワ冖ノ丿L乚冘木ワ冖ノ丿L乚冘枕]
◆身を横たえた時に頭の下に敷くもの、またそれを敷く
◆ものの下に敷く、またそのための木や台
漢字林(非部首部別)
【枖】木4+4=総画数8 U+6796 [ヨウ/] 【𣓎】[木ノ人大夭枖]
◆「枖枖」、若々しい木が盛んに伸びるさま
◆木名
【林】木4+4=総画数8 U+6797 [リン/はやし] [木2林]
◆木や竹が叢(むら)がって生えているところ
◆同様のものがたくさん集まっているさま
◆郊外(「野」という)の外側の地、都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地で都から百里以内の地を「郊」、その外を「野」、その外を「林」、その外を「冂」といった、「【說文解字: 卷六:冂部:冂】邑外謂之郊郊外謂之野野外謂之林林外謂之冂」
漢字林(非部首部別)
【枘】木4+4=総画数8 U+6798 [ゼイ、ナイ/ほぞ] [木冂人入内內枘]
◆二本の木材を繋ぐ時に一本の端は凹状に作り(「枘穴、ほぞあな」という)もう一本の端は凸状に作ってこれを繋ぎ合わせる、その凸状の部分
【枙】木4+4=総画数8 U+6799 [アク、ヤク/] [木厂フ𠃌卩L乚㔾厄枙]
◆木の節(ふし)、「科枙(かあく)」、同”厄”
◆軛(くびき)、牛馬の項(うなじ)に掛ける”へ”字状の馬具、同”軛”
【枚】木4+4=総画数8 U+679A [バイ、マイ、メ/] 【𣏽】[木ノ一𠂉メヌ又攵枚]
◆木の幹(みき)また棒
◆馬の鞭
◆馬の口に噛ませた木の棒
◆平たい物や小さい物を数える語
◆「枚挙(まいきょ)」、一つ一つと数える
漢字林(非部首部別)
【枛】木4+4=総画数8 U+679B [ソウ、ショウ/] [木爪枛]
◆木の棘(とげ)
【果】木4+4=総画数8 U+679C [カ/は・たす、は・てる、は・たして] [田甲木果]
◆木の実
◆物事の結末、「芽を出し生長し花を咲かせ最終的には実が成る」の意
◆は・たす、最後まで成し遂げる
◆は・てる、それ以上は何もなくなる
◆は・たして、当然そう成ることは分かっていたが案の定、(疑問の表現を伴って)一体~だろうか
◆思い切って
漢字林(非部首部別)
【枝】木4+4=総画数8 U+679D [シ、キ、ギ/えだ] [木十ヌ又支枝]
◆木の幹(みき)から分かれ出たもの、同”支””肢”
◆本(もと、根幹、基本、本体、主流)から分れ出たもの
漢字林(非部首部別)
【枞】木4+4=総画数8 U+679E [ショウ、シュ/もみ] 【樅】[木人2从枞]
◆モミ(樅)、マツ科モミ属の木、「冷杉(れいさん)」とも呼ばれる{モミ}
◆木が高く聳えるさま
【枟】木4+4=総画数8 U+679F [ウン/] [木二一ム厶𠫔云枟]
◆【康熙字典】に「《篇海類編》有所失」とあり
【枠】木4+4=総画数8 U+67A0 [/わく] [木九十卆枠]
◆[日]ものの縁(ふち)、また縁(ふち)を囲ったもの、縁取り
◆輪郭、範囲、またその内側
【枡】木4+4=総画数8 U+67A1 [/ます] 【桝】[木ノチ千一ノ丿ナ十2廾升枡]
◆[日]升(ます)、容積を量る四角い容器
◆[日]四角い、四角に区切った形
【枢】木4+4=総画数8 U+67A2 [スウ、シュ、ス/] 【樞】[木匚メ㐅区枢]
◆扉の開閉時に回転軸となる上下にある突起の部分
◆物事の動きの中心、重要な部分
【枣】木4+4=総画数8 U+67A3 [ソウ/なつめ] 【棗𡗭栆𠂲𠐇𢄀𣕿】[木冂巾朿人𠆢、丶2⺀仒枣]
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木、またナツメ属の木の総称、またその実{ナツメ}
◆[日]なつめ、抹茶を入れる容器、容器の形がナツメ(棗)の実に似ていることから
【枤】木4+4=総画数8 U+67A4 [テイ、ダイ、タ、ダ/] 【杕】[木大犬枤]
◆木が(一本だけ)ひときわ高く聳えるさま
◆船の進む方向を操作するための舵(かじ)
【枥】木4+4=総画数8 U+67A5 [レキ、リャク/くぬぎ] 【櫪𣙽】[木厂カ力历枥]
◆飼葉桶(かいばおけ)、牛馬の餌を入れる桶
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木、その実はドングリ(団栗)と呼ばれる{クヌギ}
◆「櫪㯕(れきせい)」、指の間に五本の木の棒(「拶子」という)を挟んで強く縛る拷問、特に女性に対して行われた、同「拶指(さつし)」
【枦】木4+4=総画数8 U+67A6 [ロ、ル/はぜ] 【櫨栌】[木、丶一コノ丿尸户戶戸枦]
◆枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(はくろ)」{建物}
◆「黄栌(こうろ)」、ケムリノキ(煙の木)、別名「ハグマノキ(白熊の木)」「スモーク・ツリー」、ウルシ科ハグマノキ属の木{ケムリノキ}
◆[日]はぜ、ハゼノキ(黄櫨の木, 櫨の木)、ウルシ科ウルシ属の木{ハゼノキ}
【枧】木4+4=総画数8 U+67A7 [カン、ケン/] 【梘】[木冂ノ丿L乚儿见枧]
◆筧(かけい)、水を通し導く木あるいは竹製の筒(つつ)
◆枧水(かんすい)、中華麺などを作る際に加える強いアルカリ性の水
【枨】木4+4=総画数8 U+67A8 [トウ、ジョウ/] 【棖】[木ノレ长枨]
◆開けた扉が閉まらないように突っ張り支えるための木の棒、突っ支い(つっかい)棒
◆門の両側に立てて開いた扉を閉まらないように止める柱
◆触(ふ)れる、軽く押さえる、「【禮記:玉藻】君入門介拂闑大夫中棖與闑之間」
【枩】木4+4=総画数8 U+67A9 [ショウ、シュ/まつ] 【松枀柗梥㮤庺】[木ハ八ム厶公枩]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
【枪】木4+4=総画数8 U+67AA [ショウ、ソウ/やり] 【槍】[木人フ𠃌卩L乚㔾仓枪]
◆両方また片方の先を尖らせた長い棒
◆長い棒の先に矛(ほこ、両刃の剣)を付け突き刺せるようにした武器{刀剣槍}
◆突く、突き進む
【枫】木4+4=総画数8 U+67AB [ホウ、フウ/かえで] 【楓】[木几𠘨メ风枫]
◆カエデ(楓)、ムクロジ科カエデ属の木の総称{カエデ}
◆「枫香(ほうこう)」、フウ(楓)、フウ科フウ属の木{フウ}
【枬】木4+4=総画数8 U+67AC [セン/] 【栴㮵】[木ノ冂⺆、丶一丹枬]
◆「枬檀(センダン)」、センダン科センダン属の木
【枭】木4+4=総画数8 U+67AD [キョウ/ふくろう] 【梟䲷】[ノフ𠃌、丶一鸟木枭]
◆フクロウ(梟)、フクロウ科の鳥、別名「貓頭鷹(みょうとうよう)」
◆勇ましくて強い
◆(罪人の首を)晒す、人目に触れる所に置いたままにしておく
【柉】木4+4=総画数8 U+67C9 [ハン、ボン/] [木ノフえ之乏柉]
◆縄などに編む木の皮
【𣏋】木4+4=総画数8 U+233CB [ヨウ/] 【枼枽𣐂】[亠ム厶𠫓ホ木𣏋]
◆薄い方形の木片、薄いもの
◆植物の葉
◆塀や壁に開けられた窓、同”楪”
漢字林(非部首部別)
【𣏔】木4+4=総画数8 U+233D4 [コン/こま・る] [⺊上止木𣏔]
◆門の敷居、門の扉を閉めた時にそれ以上外に開かないように門の下に設ける短い杭(くい)、また横木、同”困””梱””閫”
【𣏕】木4+4=総画数8 U+233D5 [ハイ、ホ/こけら] 【杮】[十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏕]
◆木簡の表面を削り取る
◆木屑、木を削った時にできる屑
【𣏗】木4+4=総画数8 U+233D7 [チョ、ジョ/] [マ龴フ乛亅𠄐予木𣏗]
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木、同”芧””杼””櫟””栩”{コナラ}{クヌギ}
【𣏘】木4+4=総画数8 U+233D8 [フ/] 【柎𣘧】[木イ人亻ヌ又仅𣏘]
◆花の萼(がく)
◆物の下に付く足、欄干などの足
◆木を組んで作った筏
【𣏙】木4+4=総画数8 U+233D9 [コ、ク、カイ/] 【杚】[木ノ一𠂉三乙気气𣏙]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物をり平らに削(そ)ぎ落す棒
【𣏚】木4+4=総画数8 U+233DA [シ、ジ/] [木ノレ氏𣏚]
◆唐臼(からうす)の棒
【𣏛】木4+4=総画数8 U+233DB [コ、ゴ/] 【枑】[木二L㸦𣏛]
◆行馬(こうば)、役所の門前で人馬の通行を遮る木の柵
【𣏜】木4+4=総画数8 U+233DC [ベン、メン/わた] 【棉】[木TL一上止正フ丏𣏜]
◆ワタ(綿、アオイ科ワタ属の草)やキワタ(木棉、もめん、パンヤ科の木)」の総称、またその種子を包む細い繊維状のもの
【𣏝】木4+4=総画数8 U+233DD [チン、シン/まくら] 【枕】[木ワ冖ハ八ノ丿L乚儿㓁𣏝]
◆身を横たえた時に頭の下に敷くもの、またそれを敷く
◆ものの下に敷く、またそのための木や台
【𣏟】木4+4=総画数8 U+233DF [ハイ、ヘ/] [十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟]
◆花
◆苧麻(ちょま)
漢字林(非部首部別)
【𣏢】木4+4=総画数8 U+233E2 [タン、ダン、セン、ゼン/] 【槫】[木二キマ专𣏢]
◆寄せ集めて纏(まと)まる、寄せ集まって丸く一塊(ひとかたまり)になる
◆丸太を輪切りにしたり板を円形に切って作った車輪の車、古く柩(ひつぎ)を載せるのに用いた車、同”輇””輲”
【𣏤】木4+4=総画数8 U+233E4 [/と] [木ハメ乂父𣏤]
◆[日]「𣏤栂木(とがのき)」、姓
【𣏷】木4+4=総画数8 U+233F7 [ボウ、ム/] [冂ヌ又𠕀木𣏷]
◆網
【𣏸】木4+4=総画数8 U+233F8 [トウ、ト、ツ/] 【枓𣙞】[木ノ丿2𠂆T斤十𣂑𣏸]
◆酒や水などを汲む柄杓(ひしゃく)、同”斗”
◆屋根を支える梁(はり)や桁(けた)を受ける柱の上の方形の木、斗形(ますがた){建物}
◆「𣏸栱(ときょう、とうきょう)」、同「斗栱」、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材
【𣏹】木4+4=総画数8 U+233F9 [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𤆋𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎】[木火𣏹]
◆大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𣏻】木4+4=総画数8 U+233FB [タ、ダ/] 【朶朵䒳𣎾𣎿】[ノ丿フ𠃌2𠄎乃人木𣏻]
◆樹木の枝・葉・花・実などが垂れ下がるさま
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
【𣏼】木4+4=総画数8 U+233FC [未詳/] [十2廿木𣏼]
◆未詳、「【漢語大字典:木部:𣏼】同”鏵”」
漢字林(非部首部別)
【𣏽】木4+4=総画数8 U+233FD [バイ、マイ、メ/] 【枚】[木ト卜⺊ヌ又攴𣏽]
◆木の幹(みき)また棒
◆馬の鞭
◆馬の口に噛ませた木の棒
◆平たい物や小さい物を数える語
漢字林(非部首部別)
【𣏾】木4+4=総画数8 U+233FE [/] [木一、丶弋ノ丿戈𣏾]
◆「𣏾」の訛字か?
【𣐀】木4+4=総画数8 U+23400 [未詳/] [木文𣐀]
◆未詳
【𣐂】木4+4=総画数8 U+23402 [ヨウ/] 【枼枽𣏋】[二一ム厶𠫔云木𣐂]
◆薄い方形の木片、薄いもの
◆植物の葉
◆塀や壁に開けられた窓、同”楪”
【㭒】木4+5=総画数9 U+3B52 [シ、ジ/] [木コ2㠯㭒]
◆耜(し、田畑の土を掘り起こす農具)、またその先の細長い台形状(シャベル状)をした土に刺し入れる部分、同”耜”{農具(鋤鍬類)}
◆水を汲み出す道具、同”𣐵”
【㭓】木4+5=総画数9 U+3B53 [ヘン、ベン/] [木ム厶一ノ丿ナ十2廾弁㭓]
◆枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材{建物}
【㭔】木4+5=総画数9 U+3B54 [ロ、ル/] [木ノソ乎㭔]
◆未詳、【康熙字典・木部・五・㭔】に「《唐韻》黃㭔木,可染也。」とあり
【㭕】木4+5=総画数9 U+3B55 [キョ、コ/] [木土ム厶去㭕]
◆ロバ(驢馬)に荷物を背負わせるために背に置く木の板、同”极”
【䂞】石部
【枮】木4+5=総画数9 U+67AE [セン/] [木ト卜⺊口占枮]
◆木名
◆木を切ったり割ったりするときに下に置く木製の台、同”椹”、石製は「砧」、金属製は「鍖」
【枯】木4+5=総画数9 U+67AF [コ、ク/か・れる] 【𤖲】[木十口古枯]
◆草木が水分を失って萎(しお)れる
◆涸れる、水分がなくなる
◆勢いがなくなる、衰える
◆趣がない、面白みがない
◆[日]年を重ねて落ち着き渋くなる
漢字林(非部首部別)
【枰】木4+5=総画数9 U+67B0 [ヘイ、ビョウ/] [木二十干ハソ平枰]
◆碁や将棋などで使う四角で表面が平らな盤(ばん)、平らな板
◆「枰仲(へいちゅう)」、木名、未詳
【枱】木4+5=総画数9 U+67B1 [タイ、シ、ジ/] [木ム厶口台枱]
◆土を掘り起こしたりするシャベル状の農具、またその刃の部分、同”耛””耜”
◆鎌などの柄
【枲】木4+5=総画数9 U+67B2 [シ/] 【䢄】[ム厶口台木枲]
◆アサ(麻)の雄株、雌株は「苴」{アサ}
漢字林(非部首部別)
【枳】木4+5=総画数9 U+67B3 [シ、キ/] [木口ハ只枳]
◆カラタチ(枳、枸橘)、ミカン科ミカン属の木{カラタチ}
◆「枳枸(しく)」「枳椇(しぐ)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}
【枴】木4+5=総画数9 U+67B4 [カイ、ゲ/] 【柺𣐶𣐷】[木叧枴]
◆突いて体を支える杖(つえ)
【枵】木4+5=総画数9 U+67B5 [キョウ/] [木口一Lフ𠃌丂号枵]
◆木の根元が空洞になっているさま
◆空(から)っぽ、空腹、空虚
【架】木4+5=総画数9 U+67B6 [カ、ケ/か・ける] 【榢𣕧】[カ力口加木架]
◆か・ける、二本の支柱などの支えとなるものの上に棒や板のような長い物を横に渡す
◆物を載せたり掛けたりするために横に渡したもの
漢字林(非部首部別)
【枷】木4+5=総画数9 U+67B7 [カ、ケ/かせ] [木カ力口加枷]
◆かせ、首・手・足に嵌(は)めて自由を奪う刑具
◆二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具、「連枷(れんが)」「唐棹(からさお)」「殻竿(からざお)」ともいう
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具
【枸】木4+5=総画数9 U+67B8 [ク、コウ/] 【𣕉𣙱】[木ノ𠃌勹口句枸]
◆木や枝が曲がる、まっすぐにならない
◆「枸杞(クコ)」、同「枸檵(くけい)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
◆「枸橘(くきつ、カラタチ)」、同「枳(し、カラタチ)」「臭橘(しゅうきつ)」、ミカン科ミカン属の木{カラタチ}
◆「枸櫞(くえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
◆「枸榾、枸骨(くこつ)」、ヤバネヒイラギモチ(矢羽根柊黐、矢羽柊黐)、モチノキ科モチノキ属の木{ヤバネヒイラギモチ}
◆「枳枸(しく)」、同「枳椇(しぐ)」「𣖌𣕌(しく)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}
【枹】木4+5=総画数9 U+67B9 [ホウ、ヒョウ、フ/ばち、なら] [木ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包枹]
◆ばち、鼓などを叩(たた)く棒、同”桴”
◆ナラ(楢、柞、枹)、コナラ(小楢)・ミズナラ(水楢)などのブナ科コナラ属の木の総称{ナラ}
【枺】木4+5=総画数9 U+67BA [バツ、マツ、マチ/] [二木末枺]
◆旗や標識などを掲げる棒また柱
◆ナンキンハゼ(南京黄櫨)、別名「烏臼樹(うきゅうじゅ)」、トウダイグサ科の木
【枻】木4+5=総画数9 U+67BB [エイ、エ、セツ、セチ/] [木十2廿L世枻]
◆舟を進める櫂(かい)
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
【枼】木4+5=総画数9 U+67BC [ヨウ/] 【枽𣏋𣐂】[十2廿L世木枼]
◆薄い方形の木片、薄いもの
◆植物の葉
◆塀や壁に開けられた窓、同”楪”
漢字林(非部首部別)
【枾】木4+5=総画数9 U+67BE [シ、ジ/かき] 【柿𣐈柹】[木亠H巾枾]
◆カキ(柿)、カキノキ科カキノキ属の木、またカキノキ属の木の総称、またその果樹{カキ}
【枿】木4+5=総画数9 U+67BF [ガツ、ガチ、ゲツ、ゲチ/] 【𣖂𣔏㮆𣕀】[木十一ノ丿ナ十2廾3卉枿]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”蘖”
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、同”蘖”
【柀】木4+5=総画数9 U+67C0 [ヒ/] [木フ乛ノ丿ヌ又皮柀]
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木{コウヨウザン}
【柁】木4+5=総画数9 U+67C1 [タ、ダ/] [木ウ宀ヒ七𠤎匕它柁]
◆舵(かじ)、船(や飛行機)の進む方向を操作するための(木製の)装置
【柂】木4+5=総画数9 U+67C2 [イ、タ、ダ/] [木ノ一𠂉せ也㐌柂]
◆シナノキ(科木)、またシナノキ科シナノキ属の木の総称、棺材に使われるという、同”椴””杝”{シナノキ}
◆船の進む方向を操作するための舵(かじ)、同”柁”
【柃】木4+5=総画数9 U+67C3 [レイ、リョウ/] [木人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令柃]
◆ヒサカキ(姫榊)、ツバキ科ヒサカキ属の木の名
◆欄干の横木
【柄】木4+5=総画数9 U+67C4 [ヘイ、ヒョウ/え、がら、つか] [木一冂人内丙柄]
◆茎や枝から伸びて花や葉を支えている枝状の部分、「花柄(かへい)」「葉柄(ようへい)」という
◆器物に取り付けて手で握るための棒{農具(鋤鍬類)}
◆手に握る、握って自由に操る、またその力、権力
◆[日]◇人の品格や性格◇布などの模様
【柅】木4+5=総画数9 U+67C5 [ジ、ニ/] [木コノ丿尸ヒ七𠤎匕尼柅]
◆木名、ナシ(梨)のような実が成るという
◆動きを抑(おさ)える、押し止(とど)める、同”抳”
◆車輪の下に当てて車が動き出さないようにするための木製の車止め
◆糸巻き(糸車、機織で糸を巻き取る道具、「篗」)を回転させるための取っ手、同”杘”
◆「柅柅(じじ)」、草木が盛んに生い茂るさま
【柆】木4+5=総画数9 U+67C6 [ロウ/] [木立柆]
◆木を折る、木が折れる
◆木の柵
【柇】木4+5=総画数9 U+67C7 [カ、ワ/] 【𤖱】[木2ノ木禾柇]
◆棺
◆【康熙字典】に「《類篇》棺頭」「《博雅》棺當謂之𤖱 𤖱或从木」とあり
【柈】木4+5=総画数9 U+67C8 [ハン、バン/] [木ソハ二十2半柈]
◆食べ物などを載せる盆、食べ物を盛る大きな皿状の器、大皿
【柊】木4+5=総画数9 U+67CA [シュウ、シュ/ひいらぎ] [木ノヌ又夊夂、丶2⺀冬柊]
◆「柊葉(しょうよう)」、学名Phrynium capitatum
◆「柊楑」、槌(つち)
◆[日]ヒイラギ(柊)、モクセイ科モクセイ属の木{ヒイラギ}
【柋】木4+5=総画数9 U+67CB [タイ、ダイ/] [イ人亻一弋、丶代ホ木柋]
◆蚕棚(カイコを飼うための竹籠を載せる棚)の柱、同”槌”
【柌】木4+5=総画数9 U+67CC [シ、ジ/] [木一口𠮛司柌]
◆鎌などの柄、同”枱”
【柍】木4+5=総画数9 U+67CD [ヨウ、オウ/] 【楧】[木大央柍]
◆木名
◆中央
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【柎】木4+5=総画数9 U+67CE [フ/] 【𣘧𣏘】[木イ人亻十、丶寸付柎]
◆花の萼(がく)
◆物の下に付く足、欄干などの足
◆木を組んで作った筏
【柏】木4+5=総画数9 U+67CF [ハク、ヒャク/かしわ] 【栢】[木白柏]
◆[日]カシワ(柏)、ブナ科の木
◆ヒノキ科の木、特に「コノテガシワ(児手柏)」を指す
漢字林(非部首部別)
【某】木4+5=総画数9 U+67D0 [ボウ、ム/それがし、なにがし] [十2廿甘木某]
◆なにがし、或る(人、こと、もの、ところ、とき)、そこにいる(そこにある)ことは確かだがはっきりと特定できない人や物事・場所・時などを指す語、また敢(あ)えてそれであることをはっきりさせたくないときに用いる語
◆それがし、私(わたくし)、自分を指す謙称、同”厶””私”
◆「梅(ウメ)」の本字
漢字林(非部首部別)
【柑】木4+5=総画数9 U+67D1 [カン/] [木十2廿甘柑]
◆「柑橘類」、ミカン科の主としてミカン属の木の総称、またその果実
漢字林(非部首部別)
【柒】木4+5=総画数9 U+67D2 [シツ、シチ/] [シ氵ヒ七𠤎匕木柒]
◆「七」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと){数字}
【染】木4+5=総画数9 U+67D3 [セン、ゼン、ネン/そ・める、し・みる] 【𣑱】[氿木シ氵九木染]
◆液体が小さな隙間に滲(し)み込む、布などを液体に浸(ひた)して着色する、色を滲み込ませる
◆色や匂いなどが付着する、またそれによってそれまでとは別のものになる、感化される
◆情報や病気などが次々に移って行く
漢字林(非部首部別)
【柔】木4+5=総画数9 U+67D4 [ジュウ、ニュウ/やわ・らか] 【𣐱】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛木柔]
◆曲げても折れないさま、しなやかなさま
◆穏やかなさま、温和なさま
漢字林(非部首部別)
【柕】木4+5=総画数9 U+67D5 [ボウ、モウ/] 【楙】[木マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛柕]
◆木が盛んに茂る
◆ボケ(木瓜)、バラ科の木
漢字林(非部首部別)
【柖】木4+5=総画数9 U+67D6 [ショウ、ジョウ/] [木刀口召柖]
◆樹木が揺れるさま
◆弓や銃の練習用の的
◆浴室の休息用の細長い台
【柗】木4+5=総画数9 U+67D7 [ショウ、シュ/まつ] 【松枩枀梥㮤庺】[木ハ八口㕣柗]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
【柘】木4+5=総画数9 U+67D8 [シャ/] [木石柘]
◆ヤマグワ(山桑)、クワ科クワ属の木{ヤマグワ}
【柙】木4+5=総画数9 U+67D9 [コウ、ギョウ、キョウ/] 【㘡𣘭】[木田甲柙]
◆獣を押し込める檻
◆ぎゅっと押さえ付ける
◆香木名
【柚】木4+5=総画数9 U+67DA [ユウ、ユ/ゆず] [木田由柚]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}、但し、今の中国では「柚」は「ザボン(朱欒、香欒、ミカン科ミカン属の木、その果実を「柚子」)を指し、「ユズ」は「香橙」という{ザボン}
◆「柚木(ゆうぼく)」、チーク(teak)、クマツヅラ科チーク属の木、また同属の木の総称
【柛】木4+5=総画数9 U+67DB [シン/] [木田申柛]
◆木が枯れて倒れる
【柜】木4+5=総画数9 U+67DC [キョ、コ/] [木匚コ巨柜]
◆「柜柳(きょりゅう)」、同「欅柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆物を収納するための蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)、同繁”櫃”
【柝】木4+5=総画数9 U+67DD [タク/] 【𣔳𣐼𣟄𣝔】[木ノ丿2𠂆T斤、丶斥柝]
◆夜警や見張りなどの際に打ち鳴らす拍子木
◆切り開く、同”拓”
【柞】木4+5=総画数9 U+67DE [サク、ザク/なら、ははそ、いすのき] [木ノ一𠂉F乍柞]
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称{コナラ}{クヌギ}
◆「柞木(さくぼく)」、クスドイゲ、ヤナギ科クスドイゲ属の木{クスドイゲ}
◆木を切る、伐採する
◆[日]ハハソ(柞)、別名「コナラ(小楢)」、ブナ科コナラ属の木
◆[日]イスノキ(柞, 蚊母樹)、マンサク科イスノキ属の木{イスノキ}
【柟】木4+5=総画数9 U+67DF [ダン、ナン/くすのき] 【楠𣔎枏】[木冂土冉柟]
◆木名、学名Phoebe zhennan、クスノキ科Phoebe属の木
◆[日]クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木{クスノキ}
【柠】木4+5=総画数9 U+67E0 [チョ、ノウ、ネイ、ニョウ/] [木ウ宀丁宁柠]
◆ヒメコウゾ(姫楮)、クワ科コウゾ属の木、樹皮を紙の原料とする{ヒメコウゾ}
◆「柠檬、檸檬(ねいもう、レモン)」、ミカン科ミカン属の木{レモン}、同繁”檸”
【柡】木4+5=総画数9 U+67E1 [エイ、ヨウ/] 【栐】[木、丶二水永柡]
◆木名、笏(しゃく)などを作る時に用いる
【柢】木4+5=総画数9 U+67E2 [テイ、タイ/] [木ノレ氏一氐柢]
◆木の根
◆物事の根底にあるもの
【柣】木4+5=総画数9 U+67E3 [チツ/] [木ノ二人大夫失柣]
◆扉が動かないようにするための敷居
【柤】木4+5=総画数9 U+67E4 [サ、ショ、シャ、ゾ/] [木目且柤]
◆柵・欄干・堰(せき)などの木を組んで他との間を遮(さえぎ)るもの、同”査”
◆遮る、拒(こば)む
◆「山柤子(サンザシ)」、バラ科サンザシ属の木、またその実、実を薬用とする、同「山樝子」{サンザシ}
【查】木4+5=総画数9 U+67E5 [サ、ジャ、シャ/] 【査】[木日杳一旦査查]
◆柵・欄干・堰(せき)などの木を組んで他との間を遮(さえぎ)るもの、同”柤”
◆木を組んで作った筏、同”槎”
◆調べる、「調査」
◆「山查(さんさ)」、サンザシ(山楂子)、バラ科サンザシ属の木、またその実{サンザシ}
【柦】木4+5=総画数9 U+67E6 [タン、ダン/] [木日一旦柦]
◆物を載せる箱形で足がない台
【柧】木4+5=総画数9 U+67E7 [コ、ク/] [木爪ム厶瓜柧]
◆角材の稜(りょう)
◆「柧棱」、建物の棟(むね)、建物の屋根の面が交わる最も高い所
【柨】木4+5=総画数9 U+67E8 [ホ、フ/] [木ナ𠂇巾布柨]
◆「蔽柨」、木名、未詳
【柩】木4+5=総画数9 U+67E9 [キュウ、グ/ひつぎ] 【匛匶𠥬】[木匚ク人久匛柩]
◆死者が納められた棺(ひつぎ)、また、棺に納められた死者、「永久に帰って来ることがない人を送るための箱(匚久)」の意、「【禮記:曲禮下】在床曰尸,在棺曰柩。」
【柪】木4+5=総画数9 U+67EA [オウ、ヨウ/] [木くム厶幺カ力幼柪]
◆【康熙字典】に「《類篇》曲木也」とあり
【柫】木4+5=総画数9 U+67EB [フツ、フチ/] [木弓ノ丿I|丨弗柫]
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具、またそれで脱穀する
【柬】木4+5=総画数9 U+67EC [カン、ケン/] [木口束ソ柬]
◆札(ふだ)、名札、名刺、カード
◆書簡、手紙、文書、同”𥳑”
◆選り分ける、仕分けて選び出す、同”揀”
漢字林(非部首部別)
【柭】木4+5=総画数9 U+67ED [ハツ、ハチ、バツ/] [木ナ大犬ノ丿メ友犮柭]
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【柮】木4+5=総画数9 U+67EE [トツ、トチ/] [木山2出柮]
◆ほた、火に焼(く)べる木の切れ端、木端(こっぱ)
◆「榾柮(こつとつ)」◇木の切り株◇榾(ほた)、火に焼(く)べる木の切れ端
◆「枸榾(くこつ)」、同「枸骨」、モチノキ科モチノキ属の木{ヤバネヒイラギモチ}
【柯】木4+5=総画数9 U+67EF [カ/] [木丁口可柯]
◆斧などの柄
◆木の枝
◆ブナ科マテバシイ属の木の総称
【柰】木4+5=総画数9 U+67F0 [ダイ、ナイ/] 【㮈】[木二小𡭕示柰]
◆リンゴ(林檎)、バラ科リンゴ属の果樹、またその実{リンゴ}
◆茉莉(マツリ)、「茉莉花(マツリカ)」、モクセイ科ソケイ属(別名「ジャスミン(jasmine)」)の木の総称{ジャスミン}
◆如何(いかん)、どうして、どのように、どのような、同”奈”
漢字林(非部首部別)
【柱】木4+5=総画数9 U+67F1 [チュウ、ジュウ/はしら、じ] [木、丶王主木、丶王主柱]
◆建物上部の構造物を支える直立した木材{建物}
◆上の者や物を下から支える、また支えとなるもの
◆じ、箏(こと、しょう)などの弦の途中を支える”M”字状の具、その位置を変えることで音程を調節する
漢字林(非部首部別)
【柲】木4+5=総画数9 U+67F2 [ヒツ、ヒ/] [木心ノ丿必柲]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)や斧などを取り付ける柄{刀剣槍}
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
【柳】木4+5=総画数9 U+67F3 [リュウ、ル/やなぎ] 【栁桞桺𣓠】[木ノ丿2レ𠂎I|丨フ𠃌卩卯柳]
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」{ヤナギ}
◆二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}
【柵】木4+5=総画数9 U+67F5 [サク、シャク、サン、セン/しがらみ] 【𣑭栅𨴕】[木冂十2卄冊柵]
◆木や竹を立て並べ”卌”状に組んだもの、隙間を設け通したいものだけを通るようにした仕切り
【柶】木4+5=総画数9 U+67F6 [シ/] [木四柶]
◆祭礼の際に食べ物を掬(すく)うための匙(さじ、スプーン)
【柷】木4+5=総画数9 U+67F7 [シュク/] 【拀】[木口ノ丿L乚儿兄柷]
◆蓋のない箱型に作り演奏の始まりに内側を叩いて鳴らす打楽器の名{打楽器}、演奏の最後に鳴らすのは「敔」
【柸】木4+5=総画数9 U+67F8 [ハイ、ヘ/] [木不一丕柸]
◆杯(さかずき)、酒や茶やスープなどの液状の飲み物を飲むための器、同”杯”
◆「柸治(はいち)」、快くないさま、不愉快なさま
【柹】木4+5=総画数9 U+67F9 [シ、ジ/かき] 【柿枾𣐈】[木ノ丿Lフ𠃌I|丨2𠂔柹]
◆カキ(柿)、カキノキ科カキノキ属の木、またカキノキ属の木の総称、またその果樹{カキ}
【柺】木4+5=総画数9 U+67FA [カイ、ゲ/] 【枴𣐶𣐷】[木口カ力另柺]
◆突いて体を支える杖(つえ)
【査】木4+5=総画数9 U+67FB [サ、ジャ、シャ/] 【查】[木目且木目且査]
◆柵・欄干・堰(せき)などの木を組んで他との間を遮(さえぎ)るもの、同”柤”
◆木を組んで作った筏、同”槎”
◆調べる、「調査」
◆「山査(さんさ)」、サンザシ(山楂子)、バラ科サンザシ属の木、またその実{サンザシ}
漢字林(非部首部別)
【柼】木4+5=総画数9 U+67FC [ヨウ/] [木ウ宀ハ八穴柼]
◆物を引っ張る
【柽】木4+5=総画数9 U+67FD [テイ、チョウ/] 【檉】[木ヌ又土圣柽]
◆「柽柳(ていりゅう)」、ギョリュウ(御柳)、ギョリュウ科ギョリュウ属の木{ギョリュウ}
漢字林(非部首部別)
【柾】木4+5=総画数9 U+67FE [キュウ、グ/まさ] [木一上止正柾]
◆柩(ひつぎ)、遺体が納められた棺
◆[日]まさ、木目(もくめ)がまっすぐに通っているさま、またそのような木材
【柿】木4+5=総画数9 U+67FF [シ、ジ/かき] 【枾𣐈柹】[木亠巾市柿]
◆カキ(柿)、カキノキ科カキノキ属の木、またカキノキ属の木の総称、またその果樹{カキ}
【栀】木4+5=総画数9 U+6800 [シ/] 【梔】[木ノL乚卮栀]
◆「栀子(しし、クチナシ)」、アカネ科クチナシ属の木、またその実、実は黄色の着色料として、また生薬として利用される{クチナシ}
【栁】木4+5=総画数9 U+6801 [リュウ、ル/やなぎ] 【柳桞桺𣓠】[木タ夕I|丨フ𠃌卩夘栁]
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」{ヤナギ}
◆二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}
【栂】木4+5=総画数9 U+6802 [バイ、マイ、メ/つが、とが] [木母栂]
◆未詳
◆[日]ツガ(栂)、トガ(栂)、マツ科ツガ属の木{ツガ}
【栃】木4+5=総画数9 U+6803 [/とち、とちのき] 【杤】[木ノ丿2万栃]
◆[日]トチノキ(橡、栃、栃の木)、ムクロジ科トチノキ属の木、また同属の木の総称{トチノキ}
【栄】木4+5=総画数9 U+6804 [エイ、ヨウ/さか・える、は・える] 【榮荣】[ツワ冖木栄]
◆草木が盛んに茂る、花が華やかに咲き盛る
◆繁盛する
◆華やかなさま、目立つさま
◆軒先(のきさき)の両端の反り上がった部分、「【說文解字・木部・榮】屋梠之兩頭起者為榮。」
◆キリ(桐){キリ}
【栅】木4+5=総画数9 U+6805 [サク、シャク、サン、セン/しがらみ] 【柵𣑭𨴕】[木冂一2冊册栅]
◆木や竹を立て並べ”卌”状に組んだもの、隙間を設け通したいものだけを通るようにした仕切り
【栆】木4+5=総画数9 U+6806 [ソウ/なつめ] 【棗枣𡗭𠂲𠐇𢄀𣕿】[木口人𠆢、丶2⺀仒栆]
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木、またナツメ属の木の総称、またその実{ナツメ}
◆[日]なつめ、抹茶を入れる容器、容器の形がナツメ(棗)の実に似ていることから
【标】木4+5=総画数9 U+6807 [ヒョウ/しるし、しるべ] 【標𣠙】[木二小𡭕示标]
◆木の高いところにある枝、木の枝の先、梢(こずえ)
◆(高い木が目印になることから)場所を特定するための目印、案内や識別のための印や記号
◆高く掲げる、目立つように示す、見本として示す
◆物事の先端、瑣末なさま
【栈】木4+5=総画数9 U+6808 [サン、セン/かけはし、さん、さ] 【桟棧】[木二、丶弋ノ戈戋栈]
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同”閣”、「桟道(さんどう)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
【栉】木4+5=総画数9 U+6809 [シツ、シチ/くし] 【櫛】[木サ十2艹艹I|丨フ𠃌卩节栉]
◆毛髪を梳(す)き整える、またその道具の総称{髪飾}、歯の目が細かいものを「篦」「枇」、目が粗いものを「梳」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆(櫛の歯のように)びっしりと並ぶ
【栊】木4+5=総画数9 U+680A [ロウ、ル/] 【櫳槞】[木ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙栊]
◆木や竹を格子状に組んだ檻
◆部屋の窓、同”㰍”
【栋】木4+5=総画数9 U+680B [トウ、ツウ/むね] 【棟】[木ナ小ホ东栋]
◆建物の屋根の面が交わる最も高い所
◆「棟木(むなぎ)」、建物正面に向かって左右方向に渡した横木(「桁」という)で建物の最も高い位置にある横木{建物}
◆建物の数を数える語
◆「栋梁(とうりょう)」◇屋根の棟木とそれを支える梁(はり)◇重要な人、主要な人◇[日]大工の頭(かしら)
【栌】木4+5=総画数9 U+680C [ロ、ル/はぜ] 【櫨枦】[木ト卜⺊、丶一コノ丿尸卢栌]
◆枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(はくろ)」{建物}
◆「黄栌(こうろ)」、ケムリノキ(煙の木)、別名「ハグマノキ(白熊の木)」「スモーク・ツリー」、ウルシ科ハグマノキ属の木{ケムリノキ}
◆[日]はぜ、ハゼノキ(黄櫨の木, 櫨の木)、ウルシ科ウルシ属の木{ハゼノキ}
【栍】木4+5=総画数9 U+680D [チ、セン/] [木生栍]
◆[韓]籤(くじ)
◆[韓]「長栍(チャンスン)」、人の顔を彫った木像
【栎】木4+5=総画数9 U+680E [レキ、リャク/くぬぎ、いちい] 【櫟檪】[木ノL乚小ホ乐栎]
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称{コナラ}{クヌギ}
◆「枹栎(ほうれき)」、コナラ(小楢)、ブナ科コナラ属の木{コナラ}
◆「麻栎(まれき)」、クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆「栎阳(れきよう)」、秦代・漢代の地名、現陕西省西安市
◆[日]イチイ(櫟)、同「イチイガシ(一位樫)」、ブナ科コナラ属の木{イチイ}
【栏】木4+5=総画数9 U+680F [ラン/] 【欄𣟬欄】[木ソ三兰栏]
◆橋の両側や廊下・窓・寝台などの縁に設ける手摺(てすり)
◆区切りを示す仕切り、また囲い、枠(わく)
◆新聞や雑誌などの枠などで仕切られた部分
【栐】木4+5=総画数9 U+6810 [エイ、ヨウ/] 【柡】[木、丶水永栐]
◆木名、笏(しゃく)などを作る時に用いる
【树】木4+5=総画数9 U+6811 [シュ、ジュ/き] 【樹𣗳𡬾𣕒𣚤𢒳】[木ヌ又十、丶寸对树]
◆木本(もくほん)の植物のうち地面から垂直に伸び立った木、立ち木、木本の植物の総称は「木」、切った木を「材」
◆木を植え大きく高く育てる
◆まっすぐに立てる、しっかりと立てる
【桒】木4+5=総画数9 U+6852 [ソウ/くわ] 【桑槡𠭨𠭌𣕐】[十3𠦄木桒]
◆クワ(桑)、クワ科の木の総称、実は食べられ葉は蚕の餌になり根は薬になる、更に枝は弓に利用されるという用途の広い木のために異体字が多い
漢字林(非部首部別)
【相】目部
【𣏲】木4+5=総画数9 U+233F2 [ヘイ、ヒョウ、ヒン/] 【秉𦱮𥝐𥟱】[十ヨ木𣏲]
◆穀物の束を数える単位、一(ひと)握り分を「一秉」
◆片手で手に握る、握り持つ、両手は「兼」
【𣐈】木4+5=総画数9 U+23408 [シ、ジ/かき] 【柿枾柹】[木一十巾亠巾市巿ノ丿𣐈]
◆カキ(柿)、カキノキ科カキノキ属の木、またカキノキ属の木の総称、またその果樹{カキ}
【𣐉】木4+5=総画数9 U+23409 [ジ、ニ/] 【杘】[コノ丿尸ヒ七𠤎匕尼木𣐉]
◆糸車(機織で糸を巻き取る道具、「篗」という)を回転させるための取っ手
◆「嚜𣐉(ぼくじ)」、狡賢(ずるがしこ)い、嘘を言って騙す
漢字林(非部首部別)
【𣐊】木4+5=総画数9 U+2340A [コウ/] [木コノ丿尸九尻𣐊]
◆サンシュユ(山茱萸)
◆【說文解字】に「山樗也」とあり、「ゴンズイ(権萃)」か?
【𣐌】木4+5=総画数9 U+2340C [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 【梳𣓜𤴜𣙳㧧】[木フ乛⺊上止龰正疋𣐌]
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆櫛で髪の毛を整える
漢字林(非部首部別)
【𣐍】木4+5=総画数9 U+2340D [キツ、コチ/] [木入土𣐍]
◆地面に突き刺した杭(くい)、同”橛”、「【龍龕手鑑:卷四:木部第一】𣐍古文其月反木入土也今作橛」
【𣐐】木4+5=総画数9 U+23410 [ジ、ニ、ビ、ミ/] 【檷】[木人𠆢小尒𣐐]
◆糸巻き、糸車、機織で糸を巻き取る道具、同”鑈””篗”
◆「𣐐枸」、山名、玉(ぎょく)を多く産するという
【𣐥】木4+5=総画数9 U+23425 [未詳/] [目木𣐥]
◆未詳、【康熙字典:辰集中:木部】に「𤮺木(梅の古字)」はあるが「目木」はないようである
漢字林(非部首部別)
【𣐩】木4+5=総画数9 U+23429 [未詳/] [白木𣐩]
◆未詳、【異体字字典】は「身」の異体字とする
漢字林(非部首部別)
【𣐪】木4+5=総画数9 U+2342A [未詳/] [木ノナ𠂇ヌ又友叐𣐪]
◆未詳
【𣐯】木4+5=総画数9 U+2342F [シュウ、ズウ/] [山2出木𣐯]
◆未詳
【𣐱】木4+5=総画数9 U+23431 [ジュウ、ニュウ/やわ・らか] 【柔】[マフハ八木𣐱]
◆曲げても折れないさま、しなやかなさま
◆穏やかなさま、温和なさま
【㭘】木4+6=総画数10 U+3B58 [コウ、ゴウ/] [木人𠆢一亼口𠮛合㭘]
◆剣をしまっておく箱、剣の鞘
◆「㭘棔(ごうこん)」、ネムノキ(合歓木)、マメ科ネムノキ属の木
【㭙】木4+6=総画数10 U+3B59 [タク、チャク/] [木土十、丶寸寺㭙]
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、同”棏”
【㭛】木4+6=総画数10 U+3B5B [ハイ、ヘ/] [木ノ丿2𠂆34イレ𠂢㭛]
◆千切(ちきり)、機織で経糸(たていと)を巻き付ける筒状の道具、同”榺”
【㭟】木4+6=総画数10 U+3B5F [キョウ、ク/] 【拲】[十2艹一龷ハ八共木㭟]
◆両手を組ませてそこに嵌(は)める手枷(てかせ)、一説に両手を一つの穴に嵌るものを指し、二つの穴に片方ずつ嵌るのは「梏」という、足枷(あしかせ)は「桎」、「【周禮註疏刪翼:卷二十四】鄭司農云拲者兩手共一木也𤣥謂在手曰梏在足曰桎中罪不拲手足各一木」
【㭠】木4+6=総画数10 U+3B60 [セン/] [木ノ一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先㭠]
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科の木、またその実{ナツメ}
◆「𣑮㭠(音未詳)」、木名、未詳、「【太平御覽:敘舟下】預章𣑮㭠音錢,棗木。」
【䅒】木5+6=総画数11 U+4152 [ボウ、モウ/のぎ、すすき] 【芒𦬆𥝕𪌁】[木サ十2艹艹亠L𠃊亡芒䅒]
◆イネ科の植物の小穂から伸びる細く刺状の毛
◆穂先
◆限りなく広がっているさま、ぼんやりしていてはっきりしないさま、同”茫”
◆[日]ススキ(薄、芒)、イネ科ススキ属の草{ススキ}
【枽】木4+6=総画数10 U+67BD [ヨウ/] 【枼𣏋𣐂】[十23十2廿卋木枽]
◆薄い方形の木片、薄いもの
◆植物の葉
◆塀や壁に開けられた窓、同”楪”
【柴】木4+6=総画数10 U+67F4 [サイ、ゼ/しば] [⺊上止ヒ七𠤎匕此木柴]
◆薪(たきぎ)に使う細い枝や草、木材としては使えない細い木や枝、またそれを束ねたもの
◆束ねた細い木や枝を使った垣(かき)、「柴垣(しばがき)」
◆束ねた細い枝や草を燃やして天神を祭る儀式、同”祡”
漢字林(非部首部別)
【栒】木4+6=総画数10 U+6812 [シュン/] 【𣕍】[木ノ𠃌勹日旬栒]
◆鐘(しょう)・磬(けい)などを掛けるための台の横木、左右の柱は「虡」
◆木名、バラ科の木
【栓】木4+6=総画数10 U+6813 [セン/] [木入人𠆢王全栓]
◆もののの口や穴をぴったりと塞ぐもの、また塞ぐように差し込むもの
◆[日]「栓の木(センノキ)」、ハリギリ(針桐)の別称、ウコギ科ハリギリ属の木{ハリギリ}
【栔】木4+6=総画数10 U+6814 [ケイ、ケ、ケツ、ケチ/] 【𣔘𣓇】[ノ三|十3丰刀㓞木栔]
◆刀で文字などを刻み込む、また彫る、また文字などを刻み込んだ札(ふだ)、同”㓞””契”
【栖】木4+6=総画数10 U+6816 [セイ、サイ/す・む、す] [木西栖]
◆鳥が休む所、鳥の巣、住処(すみか)、日暮れになると鳥は西に向かい木の上の巣に入って休むことから、同”棲”
◆休息する、またその場所、止まり木
【栗】木4+6=総画数10 U+6817 [リツ、リチ/くり] 【㮚𣗴𣡼𣡷】[西覀木栗]
◆クリ(栗)、ブナ科クリ属の果樹、またその実{クリ}
◆(栗の木は堅く腐りにくいことから)堅い
◆慄(おのの)く、恐れや寒さで体が震える、同繁”慄”
漢字林(非部首部別)
【栘】木4+6=総画数10 U+6818 [イ/] [木タ夕2多栘]
◆ニワウメ(庭梅)、バラ科スモモ属の木{ニワウメ}
【栙】木4+6=総画数10 U+6819 [コウ、ゴウ/] [木ノヌ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅栙]
◆「栙欆(こうそう)」、張っていた帆を降ろす
【栚】木4+6=総画数10 U+681A [チン、ジン/] 【𣒁㮳㯢】[木ソ丷一䒑二人大天关栚]
◆蔟(まぶし、蚕を飼うための平たい籠)を架ける横木
◆木名、別名「山礬」「山矾」、ハイノキ科の木
【栛】木4+6=総画数10 U+681B [レイ、ライ/] [木カ力3劦栛]
◆木名、実はビワ(枇杷)に似ているという
【栜】木4+6=総画数10 U+681C [ソク、サク、シャク/] [木2木冂巾朿栜]
◆「赤栜」「白栜」、いずれも木名、未詳、【康熙字典・梀】に「《唐韻》赤梀木名可爲車輞」、【康熙字典・栜】に「【爾雅・釋木註】赤栜皮理錯戾、叢生山中、中車輞、白栜爲大木。」とあり、「梀」「栜」の混同か或いは同一のものか?
【栝】木4+6=総画数10 U+681D [カツ、カチ/] [木千十口古舌栝]
◆火掻棒(ひかきぼう)、同”㮇”
◆矢筈(やはず)、矢の端の弦を掛けるための窪(くぼ)み、同”桰”{弓箭}
◆イブキ(伊吹)、ヒノキ科ビャクシン属の木、或いはその一種{イブキ}
◆「栝樓(かつろう)」、同「䒷蔞」、チョウセンカラスウリ(朝鮮烏瓜)、ウリ科カラスウリ属の蔓性の草{チョウセンカラスウリ}
【栞】木4+6=総画数10 U+681E [カン/しおり] 【𣓁】[ノ丿ナチ千二十干2幵木栞]
◆林の中を行く時に帰り道の目印とするために折ったり傷付けたりした枝
◆手引き、迷わないように案内してくれるもの
◆「日」しおり、読み掛けの本の読み進んだところに目印として挟む札や紐など
漢字林(非部首部別)
【栟】木4+6=総画数10 U+681F [ヘイ、ヒョウ/] [木ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并栟]
◆「栟櫚(へいろ)」、同「棕櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称{シュロ}
【栠】木4+6=総画数10 U+6820 [ジン、ニン/] [イ人亻ノ丿土士壬任木栠]
◆柔らかいさま、弱々しいさま、同”栣””荏”
【校】木4+6=総画数10 U+6821 [コウ、ギョウ、キョウ/] 【𨬛𤲽】[木亠ハメ乂父交校]
◆他のものと比べる、比べて間違いを正す
◆教え学(まな)ぶ所、夏代の称、殷代(約前17世紀~約前11世紀)では「序」、周代では「庠」
◆木製の枷(かせ)
◆(陣地の周囲に張り巡らせた)垣根や柵
◆軍の位階名
【栢】木4+6=総画数10 U+6822 [ハク、ヒャク/かしわ] 【柏】[木一白百栢]
◆[日]カシワ(柏)、ブナ科の木
◆ヒノキ科の木、特に「コノテガシワ(児手柏)」を指す
【栣】木4+6=総画数10 U+6823 [ジン、ニン/] [木イ人亻ノ丿土士壬任栣]
◆柔らかいさま、弱々しいさま、同”栠””荏”
◆抑(おさ)える、抑制する、控(ひか)える、「【春秋繁露:深察名號】衆惡於内弗使得發於外者心也故心之爲名栣也人之受氣苟無惡者心何栣哉」
【栤】木4+6=総画数10 U+6824 [ヘイ、ヒョウ/] [木ン冫水冰栤]
◆木や枝を引き裂く音
【栥】木4+6=総画数10 U+6825 [シ、ジ/] [ン冫ノフ乛人欠次木栥]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、或いは”U”字形の木材(「栱」)と組み合わせた枓栱(斗栱、ときょう)
【栦】木4+6=総画数10 U+6826 [シュウ、ジュ/] [木川、丶3州栦]
◆木名
【栧】木4+6=総画数10 U+6827 [エイ、エ/] [木日曰田ノ曳栧]
◆舟を進める櫂(かい)
◆船の舵
【栨】木4+6=総画数10 U+6828 [シ/] [木ン冫ノフ乛人欠次栨]
◆出入口や窓の上に渡した横木
【栩】木4+6=総画数10 U+6829 [ク/] [木羽羽栩]
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)やコナラ(小楢)などのドングリの成るブナ科コナラ属の木、同”櫟””杼””𣏗””芧”{コナラ}{クヌギ}
◆「栩栩(くく)」、生き生きとしているさま
【株】木4+6=総画数10 U+682A [チュウ/かぶ] [木ノ二木未朱株]
◆草木を切った後の地上に出ている部分
◆草木の根を単位とした数を数える語
◆[日]分相応な権利や役目、また身分や地位
【栫】木4+6=総画数10 U+682B [セン、ゼン、ソン、ゾン/] [木ナ𠂇I|丨子存栫]
◆囲い、柴(しば)を立て並べた垣根
◆水中に柴を並べて魚を捕る仕掛け
【栬】木4+6=総画数10 U+682C [セイ、サイ/] [木刀クL乚巴色栬]
◆小さな木の杭
【栭】木4+6=総画数10 U+682D [ジ、ニ/] [木一冂I|丨2𦉫𦓐而栭]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、同”枓””欂”
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”㮕””𣚊””檽””栮”
◆「栭栗(じりつ)」、ブナ科クリ属の木の一種、学名Castanea seguinii、別名「茅栗(ぼうりつ)」
【栮】木4+6=総画数10 U+682E [ジ、ニ/] [木耳栮]
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”檽”
【栯】木4+6=総画数10 U+682F [ユウ、イク/] [木ナ𠂇月有栯]
◆「栯李(いくり)」、同「郁李」、ニワウメ(庭梅)、バラ科スモモ属の木{ニワウメ}
【栰】木4+6=総画数10 U+6830 [ハツ、ボチ/] [木イ人亻一、丶弋ノ丿戈代伐栰]
◆木を組んだ大きい筏(いかだ)、小さいものは「桴」
【栱】木4+6=総画数10 U+6831 [キョウ、ク/] [木十2艹一龷ハ八共栱]
◆太い杙(くい)
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする”U”字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる{建物}
◆「枓栱(ときょう、とうきょう)」、同「斗栱」、斗形(ますがた)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材
【栲】木4+6=総画数10 U+6832 [コウ/たえ] 【𣑥】[木土ノ耂5考栲]
◆「栲栳(こうろう)」、柳の枝を編んで作った籠
◆ゴンズイ(権萃)、ミツバウツギ科の木
◆ブナ科シイ属の木の総称
◆[日]たえ、コウゾ(楮)などの繊維で織った布
【栳】木4+6=総画数10 U+6833 [ロウ/] [木土ノ耂ヒ七𠤎匕老栳]
◆「栲栳(こうろう)」、柳の枝を編んで作った籠、竹製のものは「𥬯䇭」
【栴】木4+6=総画数10 U+6834 [セン/] 【枬㮵】[木ノ一𠂉冂⺆、丶一丹栴]
◆「栴檀(センダン)」、センダン科センダン属の木
【栵】木4+6=総画数10 U+6835 [レツ、レチ/] 【𣖊】[木一タ夕歹リ刂列栵]
◆ブナ科クリ属の木の一種、学名Castanea seguinii、別名「栭栗(じりつ)」「茅栗(ぼうりつ)」
◆小さな木が並んで生えているさま
【栶】木4+6=総画数10 U+6836 [イン/] [木口囗大因栶]
◆木名
【样】木4+6=総画数10 U+6837 [ヨウ/] [木羊样]
◆蚕棚(カイコを飼うための竹籠を載せる棚)の柱や横木
◆杭などを打ちつける道具、ものを叩(たた)く柄の付いた道具、同”槌”
◆クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆繁”樣”
【核】木4+6=総画数10 U+6838 [カク、ギャク/] 【𣝗】[木亠くノ2、丶人亥核]
◆果実の中心の硬い部分、果実の種
◆物事の中心をなすもの
◆物事の本質まで突き詰めて調べる
【根】木4+6=総画数10 U+6839 [コン/ね] [木ヨレノ艮根]
◆主に土中や水中にあって茎や幹を通じて枝葉に養分を送る役割を担う部分
◆物事を支える最も下の部分、物事を支えて揺るがない部分、基本
◆伸び広がった物事の始まりの部分、起源
【栺】木4+6=総画数10 U+683A [シ、ギ、ゲ/] [木ヒ七𠤎匕日旨栺]
◆「枍栺」、モチノキ科の木の名、漢代(前202年~220年)の宮殿の名
【栻】木4+6=総画数10 U+683B [ショク、シキ、チョク、チキ/] [木一、丶弋エ工式栻]
◆滑り止めの突起を付けた履物
◆式盤(しきばん)、占いの時に使う円盤と方形の板を組み合わせた道具
【格】木4+6=総画数10 U+683C [カク、キャク、コウ/] [木ノヌ又夊夂口各格]
◆長く伸びた木の枝、その枝が交差するさま
◆四角い枠(わく)、四角く枠をはめる
◆ものの外枠、規則や基準
◆限界(外枠)まで至る、行き着く、窮(きわ)まる
◆品位、人や物の良し悪しの程度
◆殴り合う、取っ組み合って殴り合う、同”挌”
漢字林(非部首部別)
【栽】木4+6=総画数10 U+683D [サイ/] 【𣒭㘽】[十土一、丶弋ノ丿戈𢦏木栽]
◆植物の苗や木を植え育てる
◆板で塀を築く
漢字林(非部首部別)
【栾】木4+6=総画数10 U+683E [ラン/] 【欒𣡵】[亠ノ丿I|丨ハ亦木欒栾]
◆モクゲンジ、ムクロジ科モクゲンジ属の木、また同属の木の総称{モクゲンジ}
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする”U”字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる、同”栱”、方形の木材は「櫨」{建物}
◆双生児、同”孿”
漢字林(非部首部別)
【栿】木4+6=総画数10 U+683F [フク、ブク/] [木イ人亻大犬伏栿]
◆建物の水平に渡した木材、梁(はり)
【桀】木4+6=総画数10 U+6840 [ケツ、ゲチ/] 【㘶】[タ夕ヰ㐄舛木桀]
◆ニワトリ(鶏)の止まり木、木製の杭(くい)、同”榤”
◆高く掲げる
◆罪人を柱に縛り付けて殺す、磔(はりつけ)にする
◆突出している、抜きん出ている、古くは良し悪しいずれの意でも用いられたが、後に「群を抜いて悪い」の意では”桀”を、「群を抜いて良い」の意では”傑”が用いられるようになった
◆凶暴な、悪逆非道な、同”𩣏”
◆夏の王の名、暴虐の限りを尽くしたとされ殷の紂と併せ「悪逆非道の暴君」の意に用いられる
漢字林(非部首部別)
【桁】木4+6=総画数10 U+6841 [コウ、ギョウ、ゴウ/けた] [木ノ丿2イ彳二丁亍行桁]
◆建物正面に向かって左右方向に渡した横木、同”檁”、一般に建物は柱を立て、その上に梁(はり)を渡し、その上に直角方向に桁(けた)を渡す構造になる、、棟木(むなぎ)は建物の最も高い位置にある桁{建物}
◆支柱の上に架け渡す横木
◆「衣桁(いこう)」、衣服を架けるための家具
◆首枷(くびかせ)
◆[日]算盤(そろばん)の玉を貫く棒、数の位取(くらいど)り
【桂】木4+6=総画数10 U+6842 [ケイ、カイ/かつら] [木土2圭桂]
◆「肉桂(ニッケイ)」、シナモン(Cinnamon)、クスノキ科の木
◆「桂花(けいか)」、モクセイ(木犀)、モクセイ科モクセイ属の木
◆「月桂樹(ゲッケイジュ)」、クスノキ科ゲッケイジュ属の木
◆[日]カツラ(桂)、カツラ科カツラ属の木
漢字林(非部首部別)
【桃】木4+6=総画数10 U+6843 [トウ、ドウ/もも] 【𣑯】[木ンノ丿L乚く儿兆桃]
◆モモ(桃)、バラ科モモ属の木の総称、またその実
◆モモ(桃)の実に似た形のものを形容する語
【桄】木4+6=総画数10 U+6844 [コウ/] [木光桄]
◆舟・車・織機(おりき)・床(ゆか)・梯子(はしご)などの横に渡す木
◆「桄子」、綛(かせ)、紡いだ糸を巻き取る道具
◆「桄榔」、サトウヤシ(砂糖椰子、ヤシ科の木)、[日]「クロツグ」と読みヤシ科の木
【桅】木4+6=総画数10 U+6845 [キ、ガイ、ゲ/] [木ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危桅]
◆帆柱(ほばしら)、船の帆を張るための柱
◆短い矛
漢字林(非部首部別)
【框】木4+6=総画数10 U+6846 [キョウ、コウ/かまち] [木匚王匡框]
◆窓や戸などの上に架け渡した横木{建物}
◆窓や戸などの四方(上下左右)を囲む枠
◆周りを囲む、枠を嵌める
◆[日]かまち、板の間の端(はじ)などを隠すように横に渡した木
【桇】木4+6=総画数10 U+6847 [ジョ、ニョ/] [女口如ホ木桇]
◆木名
【案】木4+6=総画数10 U+6848 [アン/] [ウ宀女安木案]
◆机、テーブル、長方形で比較的小さなものや低いものを指す
◆座って使う机、座った時に肘(ひじ)などを載せて体を凭れ掛ける脇息(きょうそく)、同”几”
◆(机に向かって)よく考える、方策を練る
◆文書、記録、特に公文書
◆課題となっている事柄や事件
◆[日]考え、計画
◆[日]心配する、気にする
【桉】木4+6=総画数10 U+6849 [アン/] [木ウ宀女安桉]
◆机、テーブル、長方形で比較的小さなものや低いもの、同”案”
◆ユーカリ、フトモモ科ユーカリ属の木の総称
【桊】木4+6=総画数10 U+684A [ケン/] [ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹木桊]
◆牛の鼻に通す木製また鉄製の輪
◆木を曲げて作った円形の器
漢字林(非部首部別)
【桋】木4+6=総画数10 U+684B [イ、テイ、ダイ/] [木人大弓夷桋]
◆「桋桑(ていそう)」、同「女桑(にょそう)」、クワ(桑)の一種、「クワの小さい種」を指すのか「クワの幼木」を指すのかは未詳、「【爾雅・釋木】女桑、桋桑。」「【本草綱目・木部・桑】俗間呼桑之小而條長者、皆為女桑。」
◆木名、未詳、「【爾雅・釋木】桋、赤梀、白者梀。」「【爾雅・釋木註】赤栜 中車輞」、「梀」「栜」の混同か或いは同一のものか?
【桌】木4+6=総画数10 U+684C [タク/] 【槕】[ト卜⺊日十早卓木桌]
◆机、テーブル、用途や形状(大小・高低・方円など)を問わない
漢字林(非部首部別)
【桍】木4+6=総画数10 U+684D [コ、ク/] [木大二一Lフ𠃌丂亏夸桍]
◆木名(詳細未詳)
◆空(から)
【桎】木4+6=総画数10 U+684E [シツ、シチ/] [木一ム厶𠫔土至桎]
◆足枷(あしかせ)、罪人の両足に嵌(は)める刑具、手枷(てかせ)は「梏」
◆自由に動かないようにする、自由に動かなようにしっかりと嵌める
◆「桎木(しつぼく)」、トキワマンサク(常磐万作)、マンサク科マンサク属の木{トキワマンサク}
【桏】木4+6=総画数10 U+684F [キョウ/] [木エ工ろ3I|丨邑阝邛桏]
◆「柜桏(きょきょう)」、同「柜柳(きょりゅう)」、”柜”を参照
【桐】木4+6=総画数10 U+6850 [トウ、ズウ/きり] [木冂一口同桐]
◆キリ(桐)、ゴマノハグサ科キリ属の木の総称{キリ}
◆「梧桐(ごとう、アオギリ)」、アオギリ(青桐、梧桐)、アオギリ科アオギリ属の木{アオギリ}
【桑】木4+6=総画数10 U+6851 [ソウ/くわ] 【槡桒𠭨𠭌𣕐】[ヌ又2双3叒木桑]
◆クワ(桑)、クワ科の木の総称、実は食べられ葉は蚕の餌になり根は薬になる、更に枝は弓に利用されるという用途の広い木のために異体字が多い
漢字林(非部首部別)
【桓】木4+6=総画数10 U+6853 [カン、ガン/] [木一2日旦亘桓]
◆駅(手紙などを届ける際に乗り継ぎ用の人馬を置いておいた所)や役所などの前に目印として高く立てた柱、華表(かひょう)という
◆大きい
◆「桓桓」、勇ましいさま、力強いさま
【桔】木4+6=総画数10 U+6854 [ケツ、ケチ、キツ、キチ/] [木土士口𠮷吉桔]
◆「桔梗(キキョウ)」、キキョウ科キキョウ属の草{キキョウ}
◆「桔槹(けっこう)」、縄の両端にそれぞれ桶と石を結わえて滑車に通した井戸の水を汲み上げるための仕掛け
◆マンダリン・オレンジ(mandarin orange)、ミカン科ミカン属の木、別名「橘」「橘子」{マンダリン・オレンジ}
【桕】木4+6=総画数10 U+6855 [キュウ/] [木ノEヨ臼桕]
◆「烏桕(うきゅう)」、同「烏臼」、ナンキンハゼ(南京黄櫨)、トウダイグサ科の木
【桖】木4+6=総画数10 U+6856 [ケツ、ケチ/] [木皿血桖]
◆木名、血のように赤いという
【桗】木4+6=総画数10 U+6857 [タ、ダ/] [木ノ丿フ𠃌2𠄎乃木朶桗]
◆木の根
◆花や集まって一つに固まっているものを数える語
【桘】木4+6=総画数10 U+6858 [ツイ、ズイ/つち] 【槌】[木ノコ2㠯𠂤桘]
◆杭などを打ちつける道具、ものを叩(たた)く柄の付いた道具
◆蚕棚(カイコを飼うための竹籠を載せる棚)の柱や横木
【桙】木4+6=総画数10 U+6859 [ウ、ボウ、ム/] 【㭌】[木ム厶牛牟桙]
◆スープや飲み物を入れる比較的浅い皿状の器、同”杅”
【桚】木4+6=総画数10 U+685A [サツ、サチ/] 【㭮】[木く𡿨3巛タ夕𡿪桚]
◆指の間に木の棒を挟んで縛る刑、またその棒
◆俗”拶”
【桛】木4+6=総画数10 U+685B [/かせ] [木上下𠧗桛]
◆[日]「桛田(かせだ)」、地名、紀伊国
◆[日]紡いだ糸を巻き取る”H”字形またそれを”十”字形に組み合わせた道具、同”綛”
【桜】木4+6=総画数10 U+685C [オウ、ヨウ/さくら] 【櫻樱】[木ツ女桜]
◆サクラ(桜)、バラ科サクラ属の木の総称{サクラ}
◆「桜桃(おうとう)」、果実を食用とするサクラ類の植物を指し、中国では「カラミザクラ(唐実桜)、別名シナミザクラ(支那実桜)」をいう、バラ科サクラ属の木、またその実(「さくらんぼ、さくらんぼう(桜桃、桜ん坊)」という){カラミザクラ}
【桝】木4+6=総画数10 U+685D [/ます] 【枡】[木タ夕ヰ㐄舛桝]
◆[日]升(ます)、容積を量る四角い容器
◆[日]四角い、四角に区切った形
【桞】木4+6=総画数10 U+685E [リュウ、ル/やなぎ] 【柳栁桺𣓠】[木タ夕ろ3I|丨邑阝邜桞]
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」{ヤナギ}
◆二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}
【桟】木4+6=総画数10 U+685F [サン、セン/かけはし、さん、さ] 【棧栈】[木三一、丶弋ノ丿戈㦮桟]
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同”閣”、「桟道(さんどう)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
【桠】木4+6=総画数10 U+6860 [ア、エ/また] 【椏】[木二ソ业亚桠]
◆枝が”Y”字状に分岐した所
【桡】木4+6=総画数10 U+6861 [ジョウ、ニョウ、ドウ、トウ/] 【橈𣓤】[木イ人一、丶弋一ノ丿L乚儿兀2尧桡]
◆撓(たわ)む、柔らかく弾力があって折れることなく曲る、同”撓”
◆しなやかなさま、弱々しいさま
◆折り曲がる、屈(くっ)する
◆櫂(かい)、船の左右の舷(げん、ふなべり、船縁)に座った状態で漕(こ)ぐための棒状の道具、同”𦪛”、「【淮南子:主術訓】夫七尺之橈而制船之左右者,以水為資」
【桢】木4+6=総画数10 U+6862 [テイ、チョウ/] 【楨】[木ト卜⺊冂人贝贞桢]
◆壁や塀の角(すみ)や両端に立てる丈夫な柱、壁や塀に設けられた窓や門などの両脇に立てる柱を”𠏉”
◆丈夫でしっかりした柱
◆トウネズミモチ(唐鼠黐)、モクセイ科イボタノキ属の木{トウネズミモチ}
【档】木4+6=総画数10 U+6863 [トウ/] 【檔】[木ソ小ヨ当档]
◆横に渡す木や板
◆書類などを載せる棚
◆(棚に)分類・保管してある書類
◆等級、「同種のものを同じ棚に載せて分類する」の意から
【桤】木4+6=総画数10 U+6864 [キ/] 【榿】[木山コ匚L乚己岂榿桤]
◆「榿木」、ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【桥】木4+6=総画数10 U+6865 [キョウ、ギョウ/はし] 【橋𣘺槗】[木ノ人大夭ノ丿I|丨夰乔橋桥]
◆川や谷などの深く凹状になっている上を横切るように板・棒・綱などを架け渡したもの
◆高いさま
【桦】木4+6=総画数10 U+6866 [カ、ゲ/かば、かんば] 【樺𣛛】[木イ人亻ヒ七𠤎匕化十华桦]
◆カバ(樺)、カバノキ(樺の木)、カバノキ科カバノキ属の木、また同科同属の木の総称{カバノキ}
◆[日]かば、赤味を帯びた茶色
【桧】木4+6=総画数10 U+6867 [カイ、ケ/ひのき] 【檜】[木人𠆢一亼二一ム厶𠫔云会桧]
◆柩(ひつぎ)の蓋の飾り
◆イブキ(伊吹)、ヒノキ科ビャクシン属の木、或いはその一種{イブキ}
◆[日]ヒノキ(檜)、ヒノキ科ヒノキ属の木の総称{ヒノキ}
【桨】木4+6=総画数10 U+6868 [ショウ、ソウ/] 【槳㯍】[ン冫I|丨丬タ夕木桨]
◆舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同”楫”、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
【桩】木4+6=総画数10 U+6869 [ショウ、シュウ/] 【樁】[木广土庄桩]
◆木製の杭
◆事柄(ことがら)を数える語、同”件”
【桪】木4+6=総画数10 U+686A [シン、ジン/] 【樳】[木ヨ十、丶寸寻桪]
◆エンジュ(槐)に似た木の中で最も大きいとされる伝説上の木、「その木を遠方まで尋ね歩く」ことから「木尋」となった
【梅】木4+6=総画数10 U+6885 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅楳𣕱槑𤯏𣒫𣏁】[木ノ一𠂉母毋毎梅]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【𣐑】木4+6=総画数10 U+23411 [シ、ジ/] 【𣓄𣒽】[木⺊上止ヒ七𠤎匕此𣐑]
◆「無𣐑」、クロモジ(黒文字)、クスノキ科クロモジ属の木
【𣐶】木4+6=総画数10 U+23436 [カイ、ゲ/] 【枴柺𣐷】[木冂人𠔿2𣐶]
◆突いて体を支える杖(つえ)
【𣐷】木4+6=総画数10 U+23437 [カイ、ゲ/] 【枴柺𣐶】[冂人𠔿ワ冖木𣐷]
◆突いて体を支える杖(つえ)
【𣐸】木4+6=総画数10 U+23438 [未詳/] [木一口囗人㐁𣐸]
◆火掻棒(ひかきぼう)、同”栝”、「【集韻・卷八】栝𣐸㮇他念切說文炊竈木」
【𣐹】木4+6=総画数10 U+23439 [ショウ/はじかみ] 【椒𣒏𣓙】[木上小尗𣐹]
◆刺激の強い味のする実の成る植物の総称
◆はじかみ、サンショウ(山椒)の古名、ミカン科サンショウ属の木、またその実
◆「花椒(かしょう)」、カホクザンショウ(華北山椒)、ミカン科サンショウ属の木
◆「胡𣐹(コショウ)」、コショウ科コショウ属の植物
【𣐻】木4+6=総画数10 U+2343B [カン、ゲン/] [ヨレノ艮木𣐻]
◆門の地上部に渡した横木、門の扉をそれ以上外に開かないように止めるためのもの、内と外を区切る敷居(しきい)、同”䦘””限”
【𣐼】木4+6=総画数10 U+2343C [タク/] 【柝𣔳𣟄𣝔】[木广二十干𢇛𣐼]
◆夜警や見張りなどの際に打ち鳴らす拍子木
◆切り開く、同”拓”
【𣐽】木4+6=総画数10 U+2343D [シン/はしばみ] 【榛樼】[立二木未𣐽]
◆ハシバミ(榛)、カバノキ科ハシバミ属の木、英名を「ヘーゼル(hazel)」といい実は「ヘーゼル・ナッツ」として有名
◆木や草が乱雑に叢(むら)がり生える
◆[日]ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【𣑁】木4+6=総画数10 U+23441 [シュウ、シュ/] [木亠ム厶𠫓ノ丿L乚儿允充𣑁]
◆【康熙字典】に「《類篇》木㮔也」、「㮔」に「《類篇》木𣑁也」とあり
【𣑄】木4+6=総画数10 U+23444 [カン/ひつぎ] 【棺】[ウ宀一ナヒ七ノ丿L乚儿木𣑄]
◆遺体を納める箱、「棺」は箱やそれに付随するものを指し「柩」は「遺体が納められた棺」を指す
【𣑅】木4+6=総画数10 U+23445 [ギャク/しいた・げる] 【虐𧆱𧆩䖈𧆝】[ト⺊卜上フ木口木口杏𣑅]
◆残忍で冷酷な
◆厳しく要求して苦しめる
【𣑇】木4+6=総画数10 U+23447 [サク/] 【索𡩡】[木糸𣑇]
◆引っ張る、ものを引っ張るための太い縄や綱、またそのような用途また形状のもの
◆(縄を手繰るように)捜し求める、捜査する
◆(つてを頼って)人に請い求める
◆ばらばらに解(ほぐ)れる
【𣑊】木4+6=総画数10 U+2344A [/やまぶき] [木ナ𠂇I|丨土在𣑊]
◆[日]ヤマブキ(山吹)、バラ科ヤマブキ属の木
【𣑋】木4+6=総画数10 U+2344B [/くれ] [木ウ宀十、丶寸守𣑋]
◆[日]「𣑋林(くればやし)」、姓、確認できず
【𣑑】木4+6=総画数10 U+23451 [/する] [木字𣑑]
◆[日]「𣑑子(するこ)」、姓、確認できず
【𣑠】木4+6=総画数10 U+23460 [未詳/] [人𠆢一亼口𠮛合木𣑠]
◆未詳
【𣑥】木4+6=総画数10 U+23465 [コウ/たえ] 【栲】[木土ノ丁𣑥]
◆「𣑥栳(こうろう)」、柳の枝を編んで作った籠
◆ゴンズイ(権萃)、ミツバウツギ科の木
◆ブナ科シイ属の木の総称
◆[日]たえ、コウゾ(楮)などの繊維で織った布
【𣑦】木4+6=総画数10 U+23466 [未詳/] [エ工几、丶凡乙ナ十卂⺄乙ノ、丶𠁽巩木𣑦]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𣑧】土部
【𣑨】木4+6=総画数10 U+23468 [ブ、ム/な・い] 【無𤍍𣞣𣟒𡙻𣠮𣚨𠘩𤀢】[冂一2冊册3木𣑨]
◆ない、存在しない、有(ゆう)していない
◆~ではない、~であってはならない
【𣑭】木4+6=総画数10 U+2346D [サク、シャク、サン、セン/しがらみ] 【柵栅𨴕】[木冂十2卄冊二8𠕋𣑭]
◆木や竹を立て並べ”卌”状に組んだもの、隙間を設け通したいものだけを通るようにした仕切り
【𣑮】木4+6=総画数10 U+2346E [未詳/] [木舟𣑮]
◆「𣑮㭠(音未詳)」、木名、未詳、「【太平御覽:敘舟下】預章𣑮㭠音錢,棗木。」
【𣑯】木4+6=総画数10 U+2346F [トウ、ドウ/もも] 【桃】[木ンノ丿L乚く儿兆𣑯]
◆モモ(桃)、バラ科モモ属の木の総称、またその実
◆モモ(桃)の実に似た形のものを形容する語
【𣑱】木4+6=総画数10 U+23471 [セン、ゼン、ネン/そ・める、し・みる] 【染】[シ氵九、丶丸汍木𣑱]
◆液体が小さな隙間に滲(し)み込む、布などを液体に浸(ひた)して着色する、色を滲み込ませる
◆色や匂いなどが付着する、またそれによってそれまでとは別のものになる、感化される
◆情報や病気などが次々に移って行く
【𣑸】木4+6=総画数10 U+23478 [トウ、ズウ/] [冂一口同木𣑸]
◆林、木や竹が叢(むら)がって生えている所
【𣑼】木4+6=総画数10 U+2347C [未詳/] [山木𣎵ハ八2𣑼]
◆未詳
【𣑽】木4+6=総画数10 U+2347D [ハン、ボン/] 【梵】[木2林几𣑽]
◆仏教や古代インドと関わりがある事柄を表す漢字
【㭨】木4+7=総画数11 U+3B68 [ヤ/やし] 【椰】[木一ヰ𡕒ノオ牙ろ3I|丨邑阝邪㭨]
◆「㭨子(ヤシ)」、ヤシ科の木
【㭫】木4+7=総画数11 U+3B6B [サ、ザ、サン、ザン/] 【𣖵】[木人2土坐㭫]
◆「𣖵接(させつ)」、バラ科サクラ属(元スモモ属)の果樹の名、未詳、「櫖李」「麦李」とも呼ばれる
【㭭】木4+7=総画数11 U+3B6D [ハツ、ハチ/] [木口万𠮠リ刂別㭭]
◆木名
◆土の表面を均す農具
【㭮】木4+7=総画数11 U+3B6E [サツ、サチ/] 【桚】[木く𡿨3巛一タ夕歹𣧄㭮]
◆指の間に木の棒を挟んで縛る刑、またその棒
【㭰】木4+7=総画数11 U+3B70 [シ/] [⺊上止ヒ七𠤎匕此木冂巾朿㭰]
◆【說文解字】に「識也一曰藏也」とあり
◆【康熙字典】に「《玉篇》口也鳥喙也」とあり、「𠾋」との混同か省画字か?
◆【康熙字典】に「《博雅》石鍼謂之㭰」とあり、「治療用の石針」か?
漢字林(非部首部別)
【㭱】木4+7=総画数11 U+3B71 [コウ、キョウ/] [木匚田甲匣㭱]
◆物を収納するための蓋付きの木製の小箱、同”匣”
【㭴】木4+7=総画数11 U+3B74 [ケン/かし] 【樫】[木リ刂ヌ又土坚㭴]
◆「㭴鸟(カシドリ)」、カケス(懸巣)の別名、カラス科カケス属の鳥
◆[日]カシ(樫)、ブナ科のアラカシ(粗樫)・シラカシ(白樫、白橿)などを指す{カシ}
【㭷】木4+7=総画数11 U+3B77 [/おおこ] [木田カ力男㭷]
◆[日]「㭷島(おおこじま)」、長崎県、確認できず
【栕】木4+7=総画数11 U+6815 [シン/] 【桭】[木匚コ巨臣栕]
◆軒先
◆二本の主柱(おもばしら)の間
◆整う
【桫】木4+7=総画数11 U+686B [サ/] [木シ氵小ノ丿少沙桫]
◆「桫欏(さら)」、ヘゴ科の木生シダ
◆「桫欏(さら)」、同「沙羅」、フタバガキ科の木
【桬】木4+7=総画数11 U+686C [サ、シャ/] [シ氵小ノ丿少沙木桬]
◆「桬棠」、木名、花は赤く実はスモモ(李)に似る
【桭】木4+7=総画数11 U+686D [シン/] 【栕】[木厂二レノ辰桭]
◆軒先
◆二本の主柱(おもばしら)の間
◆整う
【桮】木4+7=総画数11 U+686E [ハイ、ヘ/さかずき] 【杯㮎盃𠤯𠥀𠥧】[木不口否桮]
◆酒や茶やスープなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのもの
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
【桯】木4+7=総画数11 U+686F [テイ、チョウ、エイ、ヨウ/] [木口ノ丿千土士壬𡈼王呈桯]
◆寝台の近くに置く小さな長方形のテーブル
◆車軸、横に渡した棒
◆正面入り口の両側にある太い柱、同”楹”
【桰】木4+7=総画数11 U+6870 [カツ、カチ/] [木ノレ氏口𠯑桰]
◆矯木(ためぎ)、(弓などを)所定の形にしたり歪みや狂いをもとの形に戻すための木型
◆矢筈(やはず)、矢の端の弦を掛けるための窪(くぼ)み、同”栝”{弓箭}
【桱】木4+7=総画数11 U+6871 [ケイ、キョウ/] [木一く𡿨3巛エ工巠桱]
◆寝台の近くに置く小さな長方形のテーブル
◆木名、スギ(杉)に似るという
【桲】木4+7=総画数11 U+6872 [ホツ、ボチ/] [木十ワ冖子孛桲]
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
◆「榲桲(マルメロ)」 、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}
【桳】木4+7=総画数11 U+6873 [ホン、ハン、ボン/] [木ム厶大十桳]
◆船や車の雨風を防ぐための竹製や布製の覆い
【桴】木4+7=総画数11 U+6874 [フウ、ブ、フ/ばち] [木ノツ爪爫爫子孚桴]
◆棟(むね)、建物の屋根の面が交わる最も高い所
◆ばち、太鼓などを叩(たた)く棒、同”枹”
◆木や竹を組んだ小さな筏(いかだ)、大きいものは「栰」「筏」
【桵】木4+7=総画数11 U+6875 [ズイ、ヌイ/] [木ノツ爪爫爫女妥桵]
◆「白桵(はくずい)」、同「白㮃」、バラ科Prinsepia属(中国では扁核木属)の木、低木で刺があり、葉は細長く、花は白の五弁花、小さな実は食べることができる、別名「蕤核(ずいかく)」「扁核木(へんかくぼく)」
【桶】木4+7=総画数11 U+6876 [トウ、ツウ/おけ] [木マ龴用甬桶]
◆水などを入れる円筒形の容器
◆容量を量る方形の升
【桷】木4+7=総画数11 U+6877 [カク/] [木ク用角桷]
◆垂木(たるき)、棟(むね)から軒(のき)に渡し屋根を支える木材、紀元前10世紀から紀元前3世紀頃の齊国・魯国で用いられた字、周国では「榱」、同”椽”、一説に丸材を「椽」、角材を「桷」、「【康熙字典】《註》圓曰椽、方曰桷。」{建物}
◆[日]ズミ(酸実、桷)、バラ科リンゴ属の木{ズミ}
【桸】木4+7=総画数11 U+6878 [キ/] [木メ㐅ナ𠂇巾布希桸]
◆水などを汲む杓子(しゃくし)
◆木名、未詳
【桹】木4+7=総画数11 U+6879 [ロウ/] [木、丶ヨレノ艮良桹]
◆船縁(ふなべり)を叩いて魚を網に追い込む時に使う長い棒
◆「桄桹」、同「桄榔」、サトウヤシ(砂糖椰子)、ヤシ科の木
【桺】木4+7=総画数11 U+687A [リュウ、ル/やなぎ] 【柳栁桞𣓠】[木一匚ノ丿I|丨コ丣桺]
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」{ヤナギ}
◆二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}
【桻】木4+7=総画数11 U+687B [ホウ、フウ/] [木ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆桻]
◆梢(こずえ)、木の枝の先の細い部分
【桼】木4+7=総画数11 U+687C [シツ、シチ/] 【㯃𢒡】[木人𠆢ンく水氺桼]
◆漆、漆黒
◆数字の七
漢字林(非部首部別)
【桽】木4+7=総画数11 U+687D [オン/] [木人2土坐桽]
◆【康熙字典】に「《字彙》木也」とあり
◆”穏”の訛字
【桾】木4+7=総画数11 U+687E [クン/] [木ヨノ丿尹口君桾]
◆「桾櫏(くんせん)」、カキノキ科のカキ(柿)、実は小さく細長い
【桿】木4+7=総画数11 U+687F [カン/] 【杆】[木日二十干旱桿]
◆長い木の棒、棹(さお)
【梀】木4+7=総画数11 U+6880 [ショク、ソク、チョク/] [木木口束梀]
◆屋根の四隅の短い垂木
◆木を束ねる
◆木名、未詳、【康熙字典・梀】に「《唐韻》赤梀木名可爲車輞」、【康熙字典・栜】に「【爾雅・釋木註】赤栜皮理錯戾、叢生山中、中車輞、白栜爲大木。」とあり、「梀」「栜」の混同か或いは同一のものか?
【梁】木4+7=総画数11 U+6881 [リョウ、ロウ/はり、やな] 【𣹷】[シ氵刀、丶ハ刅木梁]
◆二本或いは複数の支柱の上に架け渡す木、川などに架け渡した橋
◆建物の柱の上部に水平に渡す横木、一般に建物は柱を立て、その上に梁(はり)を渡し、その上に直角方向に桁(けた)を渡す構造になる、棟木(むなぎ)は建物の最も高い位置にある桁{建物}
◆体や物の中ほどで高く張り出した部分
◆木を柵状に組んで魚を捕る仕掛け、同”簗”
◆南北朝時代の王朝名{中国歴代王朝版図}
漢字林(非部首部別)
【梂】木4+7=総画数11 U+6882 [キュウ、グ/] [木十ンく水氺、丶求梂]
◆ドングリ(団栗)、クヌギ(櫟、ブナ科の木)などの実{クヌギ}
◆鑿(のみ)の柄
【梃】木4+7=総画数11 U+6883 [テイ、チョウ、ジョウ/てこ] [木ノ丿千土士壬𡈼フヌ又廴廷梃]
◆まっすぐな木の棒、杖
◆戸や窓の枠のうち縦の枠
◆長い物を数える時の単位
◆[日]重い物を動かす時に使う棒
【梄】木4+7=総画数11 U+6884 [ユウ、ユ/] 【槱𣜃𤍕𥙫禉】[木西酉梄]
◆積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
漢字林(非部首部別)
【梆】木4+7=総画数11 U+6886 [ホウ、ボウ/] [木ノ二三ノ丿23丰ろ3I|丨邑阝邦梆]
◆号令をかける時などに叩いて音を出す筒状の道具、竹筒の両端を節(ふし)を残すように切り節に穴をあけ叩いて音を出すという
【梇】木4+7=総画数11 U+6887 [ロウ/] [木王一ノ丿ナ十2廾弄梇]
◆「梇棟(ろうとう)」、漢代(前202年~220年)の益州(えきしゅう)にあった県名
◆木名、未詳
【梈】木4+7=総画数11 U+6888 [ホウ、ヒョウ/] [木亠口フ乛亅了亨梈]
◆木製の弩(ど、機械仕掛けの大型の弓)
【梉】木4+7=総画数11 U+6889 [ソウ、ショウ/] [木Lノ「爿土士壮壯梉]
◆木名、クスノキ科の木の一種
【梊】木4+7=総画数11 U+688A [テイ、タイ/] 【摕𢰂】[オ才扌ノ丿2𠂆T斤折ホ木梊]
◆さっと取る、掠(かす)め取る
【梋】木4+7=総画数11 U+688B [ケン、エン/] [木口月肙梋]
◆木製の丸い小さな器、椀(わん)
◆車輪
【梌】木4+7=総画数11 U+688C [ト、ズ/] [木人𠆢一亼二小余梌]
◆トウキササゲ、ノウゼンカズラ科の木
◆棘のある木
【梍】木4+7=総画数11 U+688D [ソウ、ゾウ/] 【𣓛】[木白ヒ七𠤎匕皂梍]
◆サイカチ(梍、皂莢)、マメ科サイカチ属の木{サイカチ}
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同”皂””橡”{コナラ}{クヌギ}
【梎】木4+7=総画数11 U+688E [オウ、ヨウ/] [木白ヒ七𠤎匕皂梎]
◆「梎柌」、鎌の柄
【梏】木4+7=総画数11 U+688F [コク/] [木ノ一𠂉土𠂒牛口告梏]
◆手枷(てかせ)、両手に嵌(は)める刑具、足枷(あしかせ)は「桎」
◆自由に動けないようにする、拘束する
漢字林(非部首部別)
【梐】木4+7=総画数11 U+6890 [ヘイ、バイ/] 【㯇】[木ヒ七𠤎匕2比土坒梐]
◆行馬(こうば)、役所の門前で人馬の通行を遮る木の柵、同”枑”
◆牢獄
【梑】木4+7=総画数11 U+6891 [テキ/] [木ノ2犭火狄梑]
◆木名、未詳
【梒】木4+7=総画数11 U+6892 [ガン、ゴン/] [木人𠆢一亼ラ今口含梒]
◆桜桃(おうとう)、果実を食用とするサクラ類の植物を指し、中国では「カラミザクラ(唐実桜)、別名シナミザクラ(支那実桜)」をいう、バラ科サクラ属の木、またその実(「さくらんぼ、さくらんぼう(桜桃、桜ん坊)」という){カラミザクラ}
【梓】木4+7=総画数11 U+6893 [シ/あずさ] 【榟】[木立十干辛梓]
◆キササゲ(木大角豆)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{キササゲ}
◆[日]アズサ(梓)、カバノキ科カバノキ属の木、別名「ヨグソミネバリ(夜糞峰榛)」「ミズメ(水目)」
◆木材を加工する、またその職人
◆印刷用の版木、また版木を彫る
【梔】木4+7=総画数11 U+6894 [シ/] 【栀】[木ノ丿2𠂆一𠂋L乚巴巵梔]
◆「梔子(しし、クチナシ)」、アカネ科クチナシ属の木、またその実、実は黄色の着色料として、また生薬として利用される{クチナシ}
【梕】木4+7=総画数11 U+6895 [ジン、ニン/] 【杒】[木刀、丶刃心忍梕]
◆木名
◆車輪止め用の木
◆小さい車の轅(ながえ)に巻きつけて飾りとする革帯
【梖】木4+7=総画数11 U+6896 [ハイ、バイ/] [木目ハ貝梖]
◆「梖多羅(ばいたら)」、同「貝多羅」「貝葉」、コウリバヤシ、ヤシ科コウリバヤシ属のヤシ(椰子)
【梗】木4+7=総画数11 U+6897 [コウ、キョウ/] [木一日曰田メ乂更梗]
◆まっすぐな枝や茎や棘、軸
◆まっすぐなさま
◆遮り止める、妨げるる
◆「梗概(こうがい)」、あらまし、大略、骨子
◆「梗塞(こうそく)」、塞がって滞る
◆「桔梗(キキョウ)」、キキョウ科キキョウ属の草{キキョウ}
【梘】木4+7=総画数11 U+6898 [カン、ケン/] 【枧】[木目見梘]
◆筧(かけい)、水を通し導く木あるいは竹製の筒(つつ)
◆梘水(かんすい)、中華麺などを作る際に加える強いアルカリ性の水
【梙】木4+7=総画数11 U+6899 [カン、ゲン/] 【槵】[木口中2串梙]
◆ムクロジ(無患子)、ムクロジ科の木、また同科の植物の総称
【梚】木4+7=総画数11 U+689A [ベン、モン/] [木ク口日ノ丿L乚儿免梚]
◆木名
【梛】木4+7=総画数11 U+689B [ダ、ナ/なぎ] [木刀二ろ3I|丨邑阝那梛]
◆[日]ナギ(梛)、マキ科ナギ属の木
◆「枸梛」、木名、ヤナギ(柳)に似て葉は細長く夏に薄紅色の花が咲くという
【梜】木4+7=総画数11 U+689C [キョウ/] [木大人23夾梜]
◆物を両側から挟んで押さえる板
◆食べ物を挟み取る箸
【條】木4+7=総画数11 U+689D [チョウ、ジョウ/] 【条】[イ人亻I|丨ノ一𠂉メヌ又攵攸木ノヌ又夊夂木条條]
◆細長い小枝
◆細長いもの、筋(すじ)状のもの
◆道筋
◆細かく分けて(一行にして)記述した文章、項目
漢字林(非部首部別)
【梞】木4+7=総画数11 U+689E [キ/] [木コ匚L乚己心忌梞]
◆「梞柎(きふ)」、花柄(かへい)、茎や枝から伸びて花を支える柄
【梟】木4+7=総画数11 U+689F [キョウ/ふくろう] 【枭䲷】[鳥木梟]
◆フクロウ(梟)、フクロウ科の鳥、別名「貓頭鷹(みょうとうよう)」
◆勇ましくて強い
◆(罪人の首を)晒す、人目に触れる所に置いたままにしておく
漢字林(非部首部別)
【梠】木4+7=総画数11 U+68A0 [リョ、ロ/] [木口2ノ呂梠]
◆軒(のき、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分)、またそれ支える木、「垂木(たるき、屋根を支える角材)」と「呂(ろ、四角い断面が横に等間隔で並ぶさま)」から成る字、同”檐””櫺”{建物}
【梡】木4+7=総画数11 U+68A1 [カン/] 【㯘】[木ウ宀二一ノ丿L乚儿兀元完梡]
◆(祭礼の際に供物を載せる)足付きの台、同”俎”
◆切り出した時のままで全く手を加えていない(切ったり削ったり割ったりしていない)木
【梢】木4+7=総画数11 U+68A2 [ソウ、ショウ/こずえ] [木ハソ小月肖梢]
◆細い枝、枝の先の細い部分
◆物事の先端の細い部分、物事や時間などの末端、先端に向かって次第に細り尖(とが)る形
◆船の舵(かじ)、舵棒
◆手に持ち舞い踊るための竹竿(たけざお)状の舞具、同”箾”
漢字林(非部首部別)
【梣】木4+7=総画数11 U+68A3 [シン、ジン/] 【𣘕𣠟】[木山人𠆢一亼ラ今岑梣]
◆トネリコ(梣)、モクセイ科トネリコ属の木、皮は「秦皮(しんぴ)」と呼ばれ薬用として用いる、また木は堅く建材やバットなどに用いられる
【梤】木4+7=総画数11 U+68A4 [フン、ブン/] 【棻㯣】[木山ハ八刀分梤]
◆香木、良い香りがする木
【梥】木4+7=総画数11 U+68A5 [ショウ、シュ/まつ] 【松枩枀柗㮤庺】[ウ宀ハ八穴ム厶公㝐木枀梥]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
【梦】木4+7=総画数11 U+68A6 [ボウ、ム/ゆめ] 【夢夣】[木2林タ夕梦]
◆睡眠中に見る幻覚
◆儚(はかな)い、ぼんやりとしてる
◆[日]実現することは難しい或いは実現できるかどうか分からないが実現させたいという思い
漢字林(非部首部別)
【梧】木4+7=総画数11 U+68A7 [ゴ、グ/] [木五口吾梧]
◆上部のものを支える柱、支柱
◆”\””/”字状に斜めに渡した柱、「【營造法式:營造法式卷第二十八】斜柱 其名有五一斜柱二梧三迕四枝柱五义(叉)手」
◆「梧桐(ごとう、アオギリ)」、アオギリ科アオギリ属の木、また同科同属の木の総称{アオギリ}
【梨】木4+7=総画数11 U+68A8 [リ/なし] 【棃梸】[ノ木禾リ刂利木梨]
◆ナシ(梨)、バラ科ナシ属の木の総称、またその実
漢字林(非部首部別)
【梩】木4+7=総画数11 U+68A9 [リ、シ、ジ/] [木田甲土里梩]
◆土を運ぶ籠や畚(もっこ)の類、「【說文解字注】救、盛土於梩中也。是則籠卽梩也。」
◆田畑の土を掘り起こす農具、鋤(すき)、同”耜”
【梪】木4+7=総画数11 U+68AA [トウ、ズ/] [木一口ソ丷一䒑豆梪]
◆食物を盛る木製の高坏(たかつき、足付きの皿状また盆状の器)
【梫】木4+7=総画数11 U+68AB [シン/] [木ヨワ冖ヌ又𠬶梫]
◆ニッケイ(肉桂)、クスノキ科の木の一種
【梬】木4+7=総画数11 U+68AC [エイ、ヨウ/] [木田由一Lフ𠃌丂甹梬]
◆「梬棗(えいそう)」、同「軟棗、㮕棗(ぜんそう)」「黒棗(こくそう)」、マメガキ(豆柿)、カキノキ科カキノキ属の木{マメガキ}
【梭】木4+7=総画数11 U+68AD [サ/ひ] 【𣜤】[木ム厶ハ八圥ノ丿ヌ又夂夋梭]
◆緯糸(よこいと)を巻き付け経糸(たていと)の間を通す舟形の道具、これを往復させることで布にする機織(はたお)り道具の一つ、同”䇡””杼”
◆(「梭」のように)繰り返す、行き来する、「日月如梭(月日は梭の如し)」
◆木名、未詳
【梮】木4+7=総画数11 U+68AE [キョク/] [木コノ丿尸ノ𠃌勹口句局梮]
◆滑り止めの金属や木製の突起を付けた山道や雪道用の履物
【梯】木4+7=総画数11 U+68AF [テイ、タイ/はしご] [木ソ弓弔ノ丿𢎨弟梯]
◆長い二本の木に短い横木を階段状に組んだ高い場所に登るための器具
◆階段状のもの
【械】木4+7=総画数11 U+68B0 [カイ、ゲ/] [木一、丶弋ノ丿戈一ノ丿ナ十2廾戒械]
◆枷(かせ)、手枷(てかせ)や足枷(あしかせ)
◆ある仕事をさせるために作られた道具、仕掛け、装置、器具、武器
【梱】木4+7=総画数11 U+68B1 [コン/こり、こう・る] [木口囗木困梱]
◆門や入り口の扉がそれ以上外に開かないようにするための杭(くい)、また門や入り口の地上部に渡した敷居(しきい)、同”困””閫”
◆束ねる、(紐や縄で)縛る
◆[日]荷を包んだり縛ったりなどして運べる状態にする、またその荷物
【梲】木4+7=総画数11 U+68B2 [セツ、セチ/うだつ] 【棁】[木ソ丷ハ八口㕣口ノ丿L乚儿兄兌梲]
◆うだつ、梁(はり)の上に立てて棟木を支える短い柱{建物}
◆護身用の先を尖らせた短い木の棒
【梳】木4+7=総画数11 U+68B3 [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 【𣐌𣓜𤴜𣙳㧧】[木亠ム厶𠫓ム厶ノ丿I|丨L乚𠫝㐬梳]
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆櫛で髪の毛を整える
【梴】木4+7=総画数11 U+68B4 [テン、エン/] [木フヌ又廴ノ一上止正延梴]
◆木がまっすぐで長いさま
【梵】木4+7=総画数11 U+68B5 [ハン、ボン/] 【𣑽】[木2林几、丶凡梵]
◆仏教や古代インドと関わりがある事柄を表す漢字
漢字林(非部首部別)
【梶】木4+7=総画数11 U+68B6 [ビ、ミ/かじ] [木コノ丿尸毛尾梶]
◆木の梢(こずえ)
◆[日]船を進めるための櫂(かい)や櫓(ろ)などの棒状の道具、舵(かじ、船尾の水中に取り付け船の進む方向を操作する道具)
◆[日]車を牽(ひ)くための車台の前に長く伸びた棒
◆[日]「梶の木(カジノキ)」、クワ科コウゾ属の木、梢
【梷】木4+7=総画数11 U+68B7 [ケイ、キョウ/] [ト卜⺊口占ヌ又木梷]
◆穢れがなく清らかなさま
【梸】木4+7=総画数11 U+68B8 [リ/なし] 【梨棃】[木ノ木禾リ刂利梸]
◆ナシ(梨)、バラ科ナシ属の木の総称、またその実
【梹】木4+7=総画数11 U+68B9 [ビン、ヒン/] 【檳槟㯽】[木丘ハ八兵梹]
◆「梹榔(ビンロウ)」、ヤシ科ビンロウ属の植物
◆「梹子」、リンゴ(林檎)に似た実の成る木
【梺】木4+7=総画数11 U+68BA [/ふもと] [木2林下梺]
◆[日]麓(ふもと)
【梻】木4+7=総画数11 U+68BB [/しきみ] [木イ人亻弓ノ丿I|丨弗佛梻]
◆[日]シキミ(樒)、シキミ科シキミ属の木
◆[日]「谷地梻(ヤチダモ)」、モクセイ科トネリコ属の木
【梼】木4+7=総画数11 U+68BC [トウ、ドウ/] 【檮𣚑】[木三ノ十、丶寸、丶寿梼]
◆木の切株(きりかぶ)
◆堅い木
◆「梼昧(とうまい)」、無知で愚かなさま
【梽】木4+7=総画数11 U+68BD [シ/] [木土士心志梽]
◆「梽木(しき)」、トキワマンサク(常磐満作)、マンサク科マンサク属の木{トキワマンサク}
◆「梽木山(しきさん)」、湖南省邵陽市を流れる資江(しこう、長江の支流の一つ)河畔の山の名
【梾】木4+7=総画数11 U+68BE [ライ/] 【棶】[木二ソ木未来梾]
◆クマノミズキ(熊野水木)、ミズキ科ミズキ属の木
【梿】木4+7=総画数11 U+68BF [レン/] 【槤櫣】[木ナ二十キ车え辶辶连槤梿]
◆木名、実はビワ(枇杷)に似ているという、同”栛”
◆主殿(しゅでん)に連なる小さな建物、同”簃”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【检】木4+7=総画数11 U+68C0 [ケン/] 【検檢】[木人𠆢一亼二ツ佥检]
◆文書を入れた箱の蓋や紐がしっかりしてあるか表書は間違いないかなどを確認してから封印する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる
【棁】木4+7=総画数11 U+68C1 [セツ、セチ/うだつ] 【梲】[木ソ丷ハ八口𠮦㕣口ノ丿L乚儿兄兑兌棁]
◆うだつ、梁(はり)の上に立てて棟木を支える短い柱{建物}
◆護身用の先を尖らせた短い木の棒
【棂】木4+7=総画数11 U+68C2 [レイ、リョウ、レン/] 【欞櫺𢸲㯪】[木ヨ火灵櫺欞棂]
◆窓や手摺(てすり)などに嵌(は)め込む細い木を組んだ格子、「欞子(れんじ)」
◆軒(のき)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、同”檐””梠”{建物}
【椛】木4+7=総画数11 U+691B [/もみじ、かば] [木サ十2艹艹イ人亻ヒ七𠤎匕化花椛]
◆[日]紅葉(もみじ)、紅葉(こうよう)したカエデ(楓、ムクロジ科カエデ属の木){カエデ}
◆[日]カバ(樺)、カバノキ(樺の木)、カバノキ科カバノキ属の木、また同科同属の木の総称{カバノキ}
◆[日]地名用字、姓用字
【楖】木4+7=総画数11 U+6956 [シツ、シチ、ショク、ソク/] [木ヨレム厶I|丨フ𠃌卩即楖]
◆「楖栗(しつりつ)」◇木名、未詳、杖(つえ)に用いられるという◇杖
◆毛髪を梳(す)き整える櫛(くし)
【梅】木4+7=総画数11 U+FA44 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅楳𣕱槑𤯏𣒫𣏁】[木ノ一𠂉母毋毎每梅]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【𣐵】木4+7=総画数11 U+23435 [イ/] [木匚I|丨コ臣𦣝𣐵]
◆船に溜まった水を汲み出す道具
【𣑀】木4+7=総画数11 U+23440 [オ、ウ/] 【杇𣏓】[木口L乚𠃊大夨呉吳𣑀]
◆木鏝(きごて)、壁土を塗る木製の鏝(こて)、同”槾””釫”、金属製のものは「鏝(こて)」
◆壁土を塗る、同”圬”
【𣑿】木4+7=総画数11 U+2347F [ホウ、ヒョウ/] [木ノツ爪爫爫コ匚L乚己巳𣑿]
◆ばち、鼓などを叩(たた)く棒、同”枹”
【𣒁】木4+7=総画数11 U+23481 [チン、ジン/] 【栚㮳㯢】[木火一ノ丿ナ十2廾灷𣒁]
◆蔟(まぶし、蚕を飼うための平たい籠)を架ける横木
◆木名、別名「山礬」「山矾」、ハイノキ科の木
【𣒃】木4+7=総画数11 U+23483 [ケキ、ギャク/] [木ノ丿2イ彳ク刀几ヌ又殳役𣒃]
◆種を蒔く
【𣒅】木4+7=総画数11 U+23485 [シン/] [木メ㐅ナ𠂇口右𠯌𣒅]
◆木名、未詳、汁は酒になるという、同”榐”
【𣒈】木4+7=総画数11 U+23488 [オウ/ま・げる] 【枉】[木山I|丨屮屮、丶一土王主㞷𣒈]
◆歪める、曲げる、歪曲する
◆ま・げて、(法理や考えを曲げてでも)何とかして
【𣒉】木4+7=総画数11 U+23489 [カイ、ケ/] 【楷𣗀】[木⺊上止レノ丿𠂈ヌ又𠬞𣒉]
◆「𣒉樹(カイノキ)」、ランシンボク(爛心木)、ウルシ科カイノキ属の木{ランシンボク}
◆世代・時代を越えて基準となるもの、倣(なら)うべきもの、手本
◆「𣒉書(かいしょ)」、漢字の書体の一つ、崩したり画(かく)を続けたりしない書体、文字(漢字)の標準的な書体
【𣒌】木4+7=総画数11 U+2348C [カ/] 【楇】[木口冂人内呙𣒌]
◆轂(こしき、車輪の中心にあって車輪と車軸を固定するための部品)に注(さ)す潤滑油を入れる容器、同”𨍋””錁”
◆紡(つむ)いだ糸を回転させながら巻き取る道具
【𣒏】木4+7=総画数11 U+2348F [ショウ/はじかみ] 【椒𣐹𣓙】[木一ノ丿ナ十2廾、丶4𠦑𣒏]
◆刺激の強い味のする実の成る植物の総称
◆はじかみ、サンショウ(山椒)の古名、ミカン科サンショウ属の木、またその実
◆「花椒(かしょう)」、カホクザンショウ(華北山椒)、ミカン科サンショウ属の木
◆「胡𣒏(コショウ)」、コショウ科コショウ属の植物
【𣒞】木4+7=総画数11 U+2349E [未詳/] [木車𣒞]
◆未詳
【𣒪】木4+7=総画数11 U+234AA [コツ、コチ/] 【𣓗】[木口囗コ匚L乚己巳一𡇆𣒪]
◆忽然と高く聳えるさま
【𣒫】木4+7=総画数11 U+234AB [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅楳𣕱槑𤯏𣏁】[ノ一𠂉母毋毎每木𣒫]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【𣒭】木4+7=総画数11 U+234AD [サイ/] 【栽㘽】[二十2キ、丶弋ノ戈𢦏木栽𣒭]
◆植物の苗や木を植え育てる
◆穴に差す、差して立てる
◆倒れる
【𣒸】木4+7=総画数11 U+234B8 [キョウ、コウ/] [木一ノ丿L乚儿兀王尫𣒸]
◆門の四方(上下左右)を囲む枠、同”𨴑”
【𣒺】木4+7=総画数11 U+234BA [チ/] [木コノ丿尸木杘𣒺]
◆機織に使う糸を巻き取る器具(篗)を回転させるための取っ手、同”杘”
【𣒽】木4+7=総画数11 U+234BD [シ、ジ/] 【𣐑𣓄】[木厂木⺊上止ヒ七𠤎匕此𣒽]
◆「無𣒽」、クロモジ(黒文字)、クスノキ科クロモジ属の木
【𣓀】木4+7=総画数11 U+234C0 [シン/] [立十干辛ホ木𣓀]
◆ハシバミ(榛)の実
漢字林(非部首部別)
【𣓒】木4+7=総画数11 U+234D2 [サン、セン/] [木サ十2艹艹ク刀几ヌ又殳芟𣓒]
◆建物の角(かど)の軒(のき、屋根の建物から外に張り出した部分)、梁方向と桁方向が軒が接するところ
【㭺】木4+8=総画数12 U+3B7A [エン/] [木大日田L乚电奄㭺]
◆立ち枯れした木、「【康熙字典:木部:八:㭺】《博雅》㭺、藲,柰也。」
◆木名、未詳、同”𣚖”、「【集韻:卷四】𣚖㭺木名或省」
◆「㭺𣟺(えんれん)」、木名、未詳、「【康熙字典:木部:十七:𣟺】《集韻》《類篇》𠀤力驗切,音殮。㭺𣟺,木也。葉可爲飮。」
【㭻】木4+8=総画数12 U+3B7B [トウ、ドウ/] 【棠】[木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚㭻]
◆「㭻梨(とうり)」、マメナシ(豆梨、バラ科ナシ属)の類、或いは野生のナシ(梨)
◆「海㭻(カイドウ)」、バラ科リンゴ属の木{カイドウ}
【㭼】木4+8=総画数12 U+3B7C [トウ/] [木水日沓㭼]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、同”枓””枅””欂”、”U”字形の木材「栱」と組み合わせた部材を「枓栱(斗栱、ときょう)」という{建物}
【㭽】木4+8=総画数12 U+3B7D [テイ、タイ/] [木广ノレ氏一氐底㭽]
◆軒(のき)、廂(ひさし)、屋根の建物の外に張り出した部分、同”樀”
◆木の根、同”柢”
【㮀】木4+8=総画数12 U+3B80 [カン、ゴン/] 【㮭】[木一Lフ𠃌丂了ンく水氺凵函㮀]
◆物を入れる箱、収納箱、同”函””椷”
◆箱に物を入れる、入れて蓋をする、また封をする、同”函””椷”
【㮁】木4+8=総画数12 U+3B81 [コウ、ギョウ/] [木メ㐅ナ𠂇月有肴㮁]
◆「㮁桃(こうとう)」、クチナシ(梔子)、アカネ科クチナシ属の木、またその実、また実を乾燥させた生薬の名{クチナシ}
【㮂】木4+8=総画数12 U+3B82 [グ、ク、キョク、コク/] [目一ハ八具木㮂]
◆生贄や供物を載せる足付きの台の名、同”椇”
【㮃】木4+8=総画数12 U+3B83 [ズイ、ヌイ/] [木ノ木禾女委㮃]
◆「白㮃(はくずい)」、同「白桵」、バラ科Prinsepia属(中国では扁核木属)の木、低木で刺があり、葉は細長く、花は白の五弁花、小さな実は食べることができる、別名「蕤核(ずいかく)」「扁核木(へんかくぼく)」
◆農具の一種、未詳
【㮄】木4+8=総画数12 U+3B84 [ホウ、ヒョウ/] 【榜】[木二ノ𠃌勹亠万方㫄㮄]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”牓”
◆衆人(しゅうじん、多くの一般の人)に告示・告知するための立て札
◆弓や弩(ど、大形の弓)の狂いや歪みを整えるための当て木、弓矯(ゆだめ)
◆舟を漕(こ)ぐための櫓(ろ)や櫂(かい)、これを使って舟を漕ぐことを「搒」
◆罪人を打ち叩く棒、これを使って叩くことを「搒」
【㮆】木4+8=総画数12 U+3B86 [ガツ、ガチ、ゲツ、ゲチ/] 【枿𣖂𣔏𣕀】[木人羊𦍐㮆]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”蘖”
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、同”蘖”
【㮇】木4+8=総画数12 U+3B87 [テン/] 【𣕊】[木ノ人大夭小、丶2㣺忝㮇]
◆火掻棒(ひかきぼう)、同”栝”
【㮈】木4+8=総画数12 U+3B88 [ダイ、ナイ/] 【柰】[木大二小𡭕示奈㮈]
◆リンゴ(林檎)、バラ科リンゴ属の果樹、またその実{リンゴ}
◆茉莉(マツリ)、「茉莉花(マツリカ)」、モクセイ科ソケイ属(別名「ジャスミン(jasmine)」)の木の総称{ジャスミン}
◆如何(いかん)、どうして、どのように、どのような、同”奈”
【棃】木4+8=総画数12 U+68C3 [リ/なし] 【梨梸】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢木棃]
◆ナシ(梨)、バラ科ナシ属の木の総称、またその実
漢字林(非部首部別)
【棅】木4+8=総画数12 U+68C5 [ヘイ、ヒョウ/え、がら] [木ノ木禾ヨ秉棅]
◆手に握る、握って自由に操る、またその力、権力、同”柄”
◆柄(え)、器物に取り付けて手で握るための棒、同”柄”
【棆】木4+8=総画数12 U+68C6 [リン/] [木人𠆢一亼冂十2卄冊𠕁侖棆]
◆クロモジ(黒文字)、クスノキ科クロモジ属の木
【棇】木4+8=総画数12 U+68C7 [ソウ、ス/] 【樬】[木ハ八ム厶公心忩棇]
◆小さな(蓋付の四角い)籠、同”𣚜”、「【正字通】同𣚜俗省」
◆タラノキ(楤木)、ウコギ科タラノキ属の木、同”楤”{タラノキ}
【棈】木4+8=総画数12 U+68C8 [セン/] [木十二三土龶月円青靑棈]
◆木名、未詳
◆[日]アベマキ(棈、阿部槙)、ブナ科コナラ属の落葉高木
【棉】木4+8=総画数12 U+68C9 [ベン、メン/わた] 【𣏜】[木白巾帛棉]
◆ワタ(綿、アオイ科ワタ属の草)やキワタ(木棉、もめん、パンヤ科の木)」の総称、またその種子を包む細い繊維状のもの
【棊】木4+8=総画数12 U+68CA [キ、ゴ、ギ/] 【棋檱櫀】[甘目ハ八其木棊]
◆将棋や囲碁などの方形の盤(ボード)を使うゲームの総称
◆将棋を指す、囲碁を打つ
漢字林(非部首部別)
【棋】木4+8=総画数12 U+68CB [キ、ゴ、ギ/] 【棊檱櫀】[木甘目ハ八其棋]
◆将棋や囲碁などの方形の盤(ボード)を使うゲームの総称
◆将棋を指す、囲碁を打つ
漢字林(非部首部別)
【棌】木4+8=総画数12 U+68CC [サイ/] [木ノツ爪爫爫木采棌]
◆カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【棍】木4+8=総画数12 U+68CD [コン、ゴン/] [木日ヒ七𠤎匕2比昆棍]
◆丸い木の棒
◆同じところに集まる、群がる、同”昆”
◆「棍徒(こんと)」、無頼(ぶらい)の徒、ならず者
【棎】木4+8=総画数12 U+68CE [セン、ゼン/] [木ワ冖ハ八木罙棎]
◆木名、実はナシ(梨)やリンゴ(林檎)に似て酸っぱいという
【棏】木4+8=総画数12 U+68CF [トク、ドク、タク、チャク/] [木日一旦十、丶寸㝵棏]
◆木名、未詳
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、同”㭙””㯖”
【棐】木4+8=総画数12 U+68D0 [ヒ/] [一6三2非木棐]
◆弓矯(ゆだめ)、両側から木などを当てて弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆両側から支え助ける
◆楕円形や円形の容器
漢字林(非部首部別)
【棑】木4+8=総画数12 U+68D1 [ハイ、ベ/] [木一6三2非棑]
◆木や竹を組んで作った筏
◆盾
【棒】木4+8=総画数12 U+68D2 [ホウ、ボウ/] [木三人大夫𡗗二十2キ奉棒]
◆(手で握れる程度の太さの)まっすぐで丸い木、木の杖
◆(棒で)打つ
◆強く堅い
◆[日]ある程度の太さのあるまっすぐな線
【棓】木4+8=総画数12 U+68D3 [ホウ、ボウ、ハイ、バイ、ベ/] 【𣘙㯁】[木立口咅棓]
◆木の棒、棒で打つ、同”棒”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
◆踏板(ふみいた)、堀や溝などに架ける渡り板、同”𤗏”
【棔】木4+8=総画数12 U+68D4 [コン/] [木ノレ氏日昏棔]
◆「㭘棔(ごうこん)」、ネムノキ(合歓木)、マメ科ネムノキ属の木
【棕】木4+8=総画数12 U+68D5 [シュ、ソウ、ス/] 【椶㯶𣞡𣞛】[木ウ宀二小𡭕示宗棕]
◆「棕櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【棖】木4+8=総画数12 U+68D6 [トウ、ジョウ/] 【枨】[木長棖]
◆開けた扉が閉まらないように突っ張り支えるための木の棒、突っ支い(つっかい)棒
◆門の両側に立てて開いた扉を閉まらないように止める柱
◆触(ふ)れる、軽く押さえる、「【禮記:玉藻】君入門介拂闑大夫中棖與闑之間」
【棗】木4+8=総画数12 U+68D7 [ソウ/なつめ] 【枣𡗭栆𠂲𠐇𢄀𣕿】[木冂巾朿2棗]
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木、またナツメ属の木の総称、またその実{ナツメ}
◆[日]なつめ、抹茶を入れる容器、容器の形がナツメ(棗)の実に似ていることから
【棘】木4+8=総画数12 U+68D8 [キョク、コク/とげ、いばら] 【𣡍𣘐】[木冂巾朿2棘]
◆とげ、先端が細く尖った形のもの、刺(とげ)
◆いばら、刺(とげ)のある木
◆突き刺さる、刺さって痛む
◆「九棘(きゅうきょく)」、卿(きょう、重臣、要職の長)の爵位、九人が任じられその並ぶ位置に棘(いばら)が植えられたことから
漢字林(非部首部別)
【棙】木4+8=総画数12 U+68D9 [レイ、ライ/] [木、丶一コノ丿尸户戶戸大犬戻戾棙]
◆琵琶(びわ)の弦を弾(はじ)くもの、撥(ばち)
◆捩(よじ)る
【棚】木4+8=総画数12 U+68DA [ホウ、ビョウ/たな] [木月2朋棚]
◆竹や木を組んで莚(むしろ)や布などで覆った粗末な小屋
◆棒や板を横に並べて架け渡した橋
◆[日]物を載せるために横に渡した板、またそのような形のもの
【棛】木4+8=総画数12 U+68DB [イク/] 【𣚥】[木亠ム厶𠫓月育棛]
◆【廣韻】に「車覆欄也」とあり、「車に掛ける簾(すだれ)」の意か?
【棜】木4+8=総画数12 U+68DC [オ、ヨ/] [木亠万方人𠆢、丶2⺀仒於棜]
◆祭祀用の供物を載せる長方形の箱形の台
【棝】木4+8=総画数12 U+68DD [コ、ク/] [木口囗十口古固棝]
◆「棝斗(こと)」、鼠を射る器具
【棞】木4+8=総画数12 U+68DE [コン/] [木口囗ノ木禾囷棞]
◆木名、未詳
◆同”梱”
【棟】木4+8=総画数12 U+68DF [トウ、ツウ/むね] 【栋】[木日田東棟]
◆建物の屋根の面が交わる最も高い所
◆「棟木(むなぎ)」、建物正面に向かって左右方向に渡した横木(「桁」という)で建物の最も高い位置にある横木{建物}
◆建物の数を数える語
◆「棟梁(とうりょう)」◇屋根の棟木とそれを支える梁(はり)◇重要な人、主要な人◇[日]大工の頭(かしら)
【棠】木4+8=総画数12 U+68E0 [トウ、ドウ/] 【㭻】[ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚木呆棠]
◆「棠梨(とうり)」、マメナシ(豆梨、バラ科ナシ属)の類、或いは野生のナシ(梨)
◆「海棠(カイドウ)」、バラ科リンゴ属の木{カイドウ}
漢字林(非部首部別)
【棡】木4+8=総画数12 U+68E1 [コウ/ゆずり] [木冂ソ丷一䒑𦉰山岡棡]
◆「青棡」、ナラガシワ(楢柏)、ブナ科コナラ属の木
◆[日]ゆずり、地名用字、姓用字
【棢】木4+8=総画数12 U+68E2 [ボウ、モウ/] [木冂ソ丷一䒑亠L𠃊亡罔棢]
◆車の輪の外周を覆う枠、直接地に接する輪状の枠、同”輞”
【棣】木4+8=総画数12 U+68E3 [テイ、ダイ、タイ/] [木ヨンく水氺隶棣]
◆ニワウメ(庭梅)、バラ科スモモ属の木、「唐棣(とうてい)」ともいう{ニワウメ}
【棤】木4+8=総画数12 U+68E4 [シャク、サク/] [木十2艹一龷日昔棤]
◆樹皮が罅(ひび)割れてざらざらしているさま
【棥】木4+8=総画数12 U+68E5 [ハン、ボン/] [木2林メ㐅乂2爻棥]
◆木を組んだ垣根(かきね)や柵(さく)、多く敷地などの境界に設ける
漢字林(非部首部別)
【棦】木4+8=総画数12 U+68E6 [ソウ、ショウ/] [木ノツ爪爫爫ヨ亅争爭棦]
◆「木棦」、古代の機織の部品の一つ、未詳
【棧】木4+8=総画数12 U+68E7 [サン、セン/かけはし、さん、さ] 【桟栈】[木一、丶弋ノ丿戈2戔桟棧]
◆木や板を横に並べて架け渡した道、また橋、同”閣”、「桟道(さんどう)」「桟橋(さんばし)」
◆板を並べて作ったもの、板張りの床や簀子(すのこ)
◆倉庫、宿屋、いずれも床が板敷であったことから
◆(家畜を飼育するための)木や板を渡した囲い
◆[日]屋根や床の下に張り渡す木、障子戸などの骨木、梯子の踏板、下支えしたり補強したりするための木
◆[日]「桟敷(さじき)」、板敷の見物席
漢字林(非部首部別)
【棨】木4+8=総画数12 U+68E8 [ケイ、カイ/] [、丶一コノ丿尸户戶戸ノ一𠂉メヌ又攵𢼄木棨]
◆木製の通行手形
◆王公が通行する際に道を空けるために先に進む兵が持つ儀仗用の戟(げき、長い柄の先に刃を付けた武器)
【棪】木4+8=総画数12 U+68EA [エン/] [木火2炎棪]
◆木名、実はリンゴ(林檎)に似て赤く食べられるという
【棫】木4+8=総画数12 U+68EB [ヨク、イキ/] [木一、丶弋ノ丿戈口或棫]
◆バラ科Prinsepia属(中国では扁核木属)の木、低木で刺があり、葉は細長く、花は白の五弁花、小さな実は食べることができる、別名「蕤核(ずいかく)」「扁核木(へんかくぼく)」「白㮃、白桵(はくずい)」
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称{コナラ}{クヌギ}
【棬】木4+8=総画数12 U+68EC [ケン/] 【椦】[木ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹フ𠃌卩L乚㔾コ匚L乚己巳卷巻棬]
◆木を曲げて作った円形の器
◆牛の鼻に通す輪
【棭】木4+8=総画数12 U+68ED [エキ、ヤク/] [木亠イ人亻ノヌ又夊夂タ夕夜棭]
◆木名、未詳
【森】木4+8=総画数12 U+68EE [シン/もり] [木2林3森]
◆高い木がびっしりと生えているさま、またそのような所
◆奥深く薄暗いさま
漢字林(非部首部別)
【棯】木4+8=総画数12 U+68EF [ジン、ニン/] [木人𠆢一亼ラ今心念棯]
◆「棯棗(じんそう)」、ナツメ(棗)の一種
【棰】木4+8=総画数12 U+68F0 [スイ/たるき] [木千十2土垂棰]
◆短い木の棒
◆棒で打つ、鞭打つ
【棱】木4+8=総画数12 U+68F1 [リョウ、ロウ/] [木土ハ八圥ノ丿ヌ又夂夌棱]
◆角材の角(かど)、線状の出っ張り、盛り上がった筋、稜(りょう)
◆威圧するような態度や言葉
【棲】木4+8=総画数12 U+68F2 [セイ、サイ/す・む、す] 【捿】[木十ヨ女妻棲]
◆鳥が休む所、鳥の巣、住み家、同”栖”
◆休息する
【棳】木4+8=総画数12 U+68F3 [セツ、セチ/] [木ヌ又2双4叕棳]
◆梲(うだつ)、梁(はり)の上に立てて棟木を支える短い柱
◆「毋棳」、古代の県名
【棴】木4+8=総画数12 U+68F4 [フク、ブク/] [木月I|丨フ𠃌卩ヌ又𠬝服棴]
◆木名、崑崙(こんろん、中国西方域にあったという山)に産するという
【棵】木4+8=総画数12 U+68F5 [カ/] [木田甲木果棵]
◆切り落とした木、切り落とした枝の束、薪(たきぎ)の束
◆草木の株数を数える語、「一棵」は「一株の木、一株の草」
◆犠牲(ぎせい、いけにえ)や供物(くもつ)を載せる足付きの台、同”俎”
【棶】木4+8=総画数12 U+68F6 [ライ/] 【梾】[木木人2从來棶]
◆クマノミズキ(熊野水木)、ミズキ科ミズキ属の木
【棷】木4+8=総画数12 U+68F7 [スウ、シュ/] [木耳ヌ又取棷]
◆薪(たきぎ)用の柴(しば)
◆藪(やぶ)
【棸】木4+8=総画数12 U+68F8 [シュウ、シュ/] [耳ヌ又取ホ木棸]
◆木名、未詳
◆姓用字
漢字林(非部首部別)
【棹】木4+8=総画数12 U+68F9 [トウ、ジョウ、タク/さお、さお・さす] [木ト卜⺊日十早卓棹]
◆船を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める、同”䑲”
◆船を漕ぐ櫂(かい、オール、oar)や槳(しょう、パドル、paddle)のような道具、同”䑲”
◆机、テーブル(table)、同”槕(桌)”
◆[日]長い棒、水底を突いて舟を動かす長い棒、三味線の柄(え)
◆[日]箪笥(たんす)や三味線などを数える語
【棺】木4+8=総画数12 U+68FA [カン/ひつぎ] 【𣑄】[木ウ宀コ2㠯官棺]
◆遺体を納める箱、「棺」は箱やそれに付随するものを指し「柩」は「遺体が納められた棺」を指す
【棻】木4+8=総画数12 U+68FB [フン、ブン/] 【㯣梤】[サ十2艹艹ハ八刀分芬木棻]
◆香木、良い香りがする木
漢字林(非部首部別)
【棼】木4+8=総画数12 U+68FC [フン、ブン/] [木2林ハ八刀分棼]
◆複数階がある建物の梁(はり、横に渡す木)、或いは棟木(むなぎ、屋根の最も高い部分に渡す木)
◆麻布
◆乱れる、縺れる
【棽】木4+8=総画数12 U+68FD [チン、シン/] [木2林人𠆢一亼ラ今棽]
◆木の枝が覆い被さるように伸びるさま、また覆い被さるように垂れるさま
【棾】木4+8=総画数12 U+68FE [ケイ、ギョウ/] [木2林ワ冖几冗棾]
◆木名、未詳
【棿】木4+8=総画数12 U+68FF [ジ、ニ/] [木ノEヨ臼ノ丿L乚儿兒棿]
◆「杌棿」、不安定で崩れ落ちそうなさま
◆轅の先端に衡(こう)を取り付けるための部品、同”輗”
【椀】木4+8=総画数12 U+6900 [ワン/] [木ウ宀タ夕フ𠃌卩L乚㔾夗宛椀]
◆食べ物や飲み物を盛るための半球形をした木製の食器{器}(陶製や石製は「碗」、金属製は「鋺」)
【椁】木4+8=総画数12 U+6901 [カク/] 【槨𣠐】[木亠口了亨子享椁]
◆棺(ひつぎ)を納めるための木製の外箱、外棺、石製は「𥕖」
【椂】木4+8=総画数12 U+6902 [ロク/] [木ヨ彐ンく水氺彔录椂]
◆木名、未詳
【椃】木4+8=総画数12 U+6903 [コウ、ゴウ/] 【𣘫】[木⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿L乚儿2虎椃]
◆木名、未詳
【椄】木4+8=総画数12 U+6904 [ショウ、セツ/] [木立女妾椄]
◆繋ぎ合せて一本にした木材
【椅】木4+8=総画数12 U+6905 [イ/] [木大丁口可奇椅]
◆イイギリ(飯桐)、イイギリ科イイギリ属の木
◆背凭(せもた)れがある腰掛
【椆】木4+8=総画数12 U+6906 [チュウ、ジュウ/] [木冂土口吉周椆]
◆木名、未詳
◆「椆水」、古川名、河南省
◆「木椆」、船を進める長い棹
【椇】木4+8=総画数12 U+6907 [グ、ク/] [木目一ハ八具椇]
◆生贄や供物を載せる足付きの台の名、足が曲がっているという
◆「枳椇(しぐ)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}
【椈】木4+8=総画数12 U+6908 [キク/ぶな] [木ノ𠃌勹米匊椈]
◆コノテガシワ(児手柏)、ヒノキ科コノテガシワ属の木
◆[日]ブナ(橅、椈、山毛欅)、ブナ科ブナ属の木{ブナ}
【椉】木4+8=総画数12 U+6909 [ショウ、ジョウ/の・せる、の・る] 【乗乘𠅞𠅟𠓸𠓲𣔕𠓽𠨇】[亠タ夕ヰ㐄舛木桀椉]
◆車や馬などの上に上がる、車や馬などで行く
◆車や馬などの乗物、兵車(へいしゃ)
◆機会などをうまく利用する
◆計算する、掛け算する
◆四、四つで一組になるもの
◆史書
◆仏教の教えの一つ
漢字林(非部首部別)
【椊】木4+8=総画数12 U+690A [ソク、ゾチ、スイ、ズイ/] [木亠人2从𠅃十卒椊]
◆柄を穴に差し込む
◆柱の枘(ほぞ)、”枘”参照
◆切り株から小さな枝が生えるさま
◆木が朽(く)ちる
◆折れやすい、壊れやすい、同”脆”
【椋】木4+8=総画数12 U+690B [リョウ、ロウ/むく] [木亠口小京椋]
◆ミズキ(水木)、ミズキ科ミズキ属の木
◆[日]ムク(椋)、ムクノキ(椋木)、ニレ科ムクノキ属の木
◆「椋鳥(ムクドリ)」、スズメ目ムクドリ科の鳥
【椌】木4+8=総画数12 U+690C [コウ、ク/] [木ウ宀ハ八穴エ工空椌]
◆箱型に作り演奏の始まりに叩いて鳴らす打楽器の名、同”柷”{打楽器}
【植】木4+8=総画数12 U+690D [ショク、ジキ/う・える] 【㯰】[木十目𥃭L乚直植]
◆草木の根を土に埋めて茎や幹の部分をまっすぐに立たせる
◆まっすぐに立てる
◆地に根を張らせる、同じ場所に根付かせる、定住する
【椎】木4+8=総画数12 U+690E [ツイ、スイ、ズイ/つち、しい] [木ノ2隹椎]
◆槌(つち)
◆打つ、叩(たた)く
◆背骨を構成する短い骨
◆[日]シイ(椎)、ブナ科シイ属の木の総称
【椏】木4+8=総画数12 U+690F [ア、エ/また] 【桠】[木二匚コ亜亞椏]
◆枝が”Y”字状に分岐した所
【椐】木4+8=総画数12 U+6910 [キョ、コ/] [木コノ丿尸十口古居椐]
◆木名、別名「靈壽木」、未詳、竹のような節(ふし)があり堅く強いため杖などに用いられるという、同”樻”
◆竹や柴を編んで作った柵や垣根などの囲い
【椑】木4+8=総画数12 U+6911 [ヒ、ヘイ、バイ/] [木ノ田甶十2卑卑椑]
◆木名、カキ(柿)の一種
◆酒などを飲むための円形の杯
◆「椑指」、同「拶指」、指の間に木を挟んで強く縛る拷問、特に女性に対して行われた
漢字林(非部首部別)
【椒】木4+8=総画数12 U+6912 [ショウ/はじかみ] 【𣐹𣒏𣓙】[木上小尗ヌ又叔椒]
◆刺激の強い味のする実の成る植物の総称
◆はじかみ、サンショウ(山椒)の古名、ミカン科サンショウ属の木、またその実
◆「花椒(かしょう)」、カホクザンショウ(華北山椒)、ミカン科サンショウ属の木
◆「胡椒(コショウ)」、コショウ科コショウ属の植物
【椓】木4+8=総画数12 U+6913 [タク/] [木一ノ34彡く𧰨豕、丶メ豖椓]
◆トントンと叩(たた)く
◆攻め撃つ
◆姦通などの刑罰として陰部を叩き潰す
【椔】木4+8=総画数12 U+6914 [シ、ジ/] [木く𡿨3巛田甾椔]
◆立ち枯れした木
【椕】木4+8=総画数12 U+6915 [ヒン/] [木2木ハ八刀分枌椕]
◆【康熙字典】に「《集韻》木分也」とあり
【椖】木4+8=総画数12 U+6916 [ホウ、ボウ/] [木、丶一コノ丿尸户戶戸亠万方房椖]
◆未詳
【椗】木4+8=総画数12 U+6917 [テイ/] [木ウ宀⺊上止龰正定椗]
◆「椗花」、別名「山礬」、ハイノキ科の木
◆碇(いかり)
【椘】木4+8=総画数12 U+6918 [ソ、ショ/] 【楚䠂𣕪】[木2林フえ之椘]
◆イバラ(荊)、刺のある植物の総称
◆杖刑(じょうけい、棒で打つ刑罰)に使う棘のある木の棒
◆(棘に刺されたような)痛み、苦しみ
◆派手でも地味でもなく落ち着きがあるさま
◆五代十国時代の十国の一つ{中国歴代王朝版図}
◆湖北省・湖南省一帯(特に湖北省)の略称
【椙】木4+8=総画数12 U+6919 [/すぎ] [木日曰2昌椙]
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木{スギ}
【椚】木4+8=総画数12 U+691A [/くぬぎ] [木門椚]
◆[日]クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木、その実はドングリ(団栗)と呼ばれる{クヌギ}
【検】木4+8=総画数12 U+691C [ケン/] 【檢检】[木人𠆢一亼口2㑒検]
◆文書を入れた箱の蓋や紐がしっかりしてあるか表書は間違いないかなどを確認してから封印する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる
【椝】木4+8=総画数12 U+691D [キ/のり] 【規规䂓槼】[二人大夫冂ノ丿L乚儿见规木椝]
◆ぶんまわし(規)、コンパス(compass)、正しく円を描く道具、直線や角度を描く道具は「矩」
◆基準・標準となるもの、基準・標準とすべき決まりごと
◆基準・標準となるものに従って長さや程度など測る
【椞】木4+8=総画数12 U+691E [未詳/] [木ノ丿2𠂆T斤析木椞]
◆未詳、【類篇・木部】に「”椞、持止。”」とあり
【椟】木4+8=総画数12 U+691F [トク、ドク/] 【櫝】[木十土フ乛、丶2⺀ノ斗大头买卖椟]
◆函(はこ)、(蓋付きの)小箱
◆棺(ひつぎ)
【椠】木4+8=総画数12 U+6920 [セン、ザン/] 【槧】[ナ二十キ车ノ丿2𠂆T斤斩木椠]
◆文字を書くための木の板
◆書籍の版木(はんぎ)
◆木簡、手紙
【椡】木4+8=総画数12 U+6921 [/くぬぎ] [木一ム厶𠫔土至リ刂到椡]
◆[日]「三ツ椡(みつくぬぎ)」、地名、新潟県新発田市
【椢】木4+8=総画数12 U+6922 [カイ、ケ/くぬぎ] 【槶】[木口囗王玉国椢]
◆竹製の四角い箱状の容器、籠(かご)、またその底箱(そこばこ)
◆婦人が頭を包む頭巾、その上に冠などを被(かぶ)り簪(かんざし)などで留めるという、同”幗”
◆[日]クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
【椣】木4+8=総画数12 U+6923 [/しで] [木曲ハ八典椣]
◆[日]シデ(四手、椣)、カバノキ科シデ属の木の総称
◆[日]「椣原(しではら)」、地名、奈良県生駒郡
【椤】木4+8=総画数12 U+6924 [ラ/] 【欏】[木四罒タ夕罗椤]
◆「桫椤(さら)」、ヘゴ科の木生シダ
◆「桫椤树(さらじゅ)」、同「娑罗树」、フタバガキ科の木
【椥】木4+8=総画数12 U+6925 [チ/なぎ] [木ノ大天矢口知椥]
◆「檳椥(ベンチェ)」、ベトナムの省名また市名
◆[日]なぎ、地名用字、姓用字
【椦】木4+8=総画数12 U+6926 [ケン/] 【棬】[木ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹カ力劵椦]
◆木を曲げて作った円形の器
◆牛の鼻に通す輪
【椧】木4+8=総画数12 U+6927 [ミョン/はば] [木人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令口I|丨フ𠃌卩叩命椧]
◆[日]「椧田(はばた)」、地名、秋田県大仙市
◆[韓]樋(とい)、筧(かけい)
◆[韓]「椧洞(ミョンドン)」、地名、慶尚南道梁山市
【椨】木4+8=総画数12 U+6928 [/たぶのき] [木广イ人亻十、丶寸付府椨]
◆[日]タブノキ(椨、椨木)、クスノキ科タブノキ属の木
【椩】木4+8=総画数12 U+6929 [コウ、キョウ/] [木广ヨ人大庚椩]
◆未詳
【椪】木4+8=総画数12 U+692A [ポン/はえ] [木ソ丷一䒑二ソ业亚並椪]
◆椪柑(ポンカン)、ミカン科ミカン属の木、またその実
◆[日]「三椪(みはえ)」、地名、宮崎県延岡市
【椫】木4+8=総画数12 U+692B [セン/] 【樿】[木ソ日田甲十单樿椫]
◆木名、櫛などに用いられる白く木目の通った木
【椬】木4+8=総画数12 U+692C [ギ/] [木ウ宀目且宜椬]
◆「椬梧」、グミ科グミ属の木の一種
【椮】木4+8=総画数12 U+692E [シン/] 【槮𣚈𣟹】[木ム厶大ノ丿3彡参椮]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま
◆「櫹椮(しょうしん)」◇草木が盛んに茂るさま◇花や葉が散って枝や幹だけになるさま
◆水中に柴などを積んで魚を捕る仕掛け、同”罧”
【楉】木4+8=総画数12 U+6949 [ジャク、ニャク/] [木サ十2艹艹ナ𠂇口右若楉]
◆「楉榴(じゃくりゅう)」、ザクロ(石榴)、ザクロ科ザクロ属の木、またその実
【楧】木4+8=総画数12 U+6967 [ヨウ、オウ/] 【柍】[木サ十2艹艹大央英楧]
◆木名
◆中央
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【極】木4+8=総画数12 U+6975 [キョク、ゴク/きわ・み、きわ・まる、きわ・める、きわ・めて] [木一Lフ𠃌丂口ヌ又亟極]
◆屋根の棟(むね)、最も高いところ、またそこに渡した木、棟木(むなぎ)
◆頂点、先端
◆これ以上はない、それより先はない、またそこに達する、究める
◆非常に
◆10の48乗{数字}
◆簡”极”
【焚】火部
【𣈅】日部
【𣓁】木4+8=総画数12 U+234C1 [カン/しおり] 【栞】[一人大天2木𣓁]
◆林の中を行く時に帰り道の目印とするために折ったり傷付けたりした枝
◆手引き、迷わないように案内してくれるもの
◆「日」しおり、読み掛けの本の読み進んだところに目印として挟む札や紐など
【𣓅】木4+8=総画数12 U+234C5 [ケン/] [木、丶一コノ丿尸户戶戸ホ木㦿𣓅]
◆(壁や塀の一部を成す)扉・戸・窓・門などの両脇の柱、同”槏”
【𣓇】木4+8=総画数12 U+234C7 [ケイ、ケ、ケツ、ケチ/] 【栔𣔘】[土2圭リ刂刲木𣓇]
◆刀で文字などを刻み込む、また彫る、また文字などを刻み込んだ札(ふだ)、同”㓞””契”
【𣓈】木4+8=総画数12 U+234C8 [リョウ/] [木T冂入2兩𣓈]
◆松脂(まつやに)
【𣓌】木4+8=総画数12 U+234CC [コウ/] [木クタ夕ヌ又夂ト⺊卜人处口咎𣓌]
◆「烏𣓌(うきゅう)」、同「烏桕」「烏臼」、ナンキンハゼ(南京黄櫨)、トウダイグサ科の木
◆「桔𣓌(けっこう)」、縄の端に桶を片方に石を結わえて井戸の水を汲み上げる仕掛け
【𣓍】木4+8=総画数12 U+234CD [ボウ、モウ/] 【𣔺】[木冂二冃日曰月冐𣓍]
◆門や扉の上の横木
【𣓎】木4+8=総画数12 U+234CE [ヨウ/] 【枖】[木サ十2艹艹ノ人大夭芺𣓎]
◆「𣓎𣓎」、若々しい木が盛んに伸びるさま
◆木名
【𣓏】木4+8=総画数12 U+234CF [/] [木2林3𣓏]
◆【康熙字典】に「《類篇》承樽桉」とあり
【𣓐】木4+8=総画数12 U+234D0 [ユウ、ユ/] [木シ氵田由油𣓐]
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、「由蘖(ゆうげつ)」
【𣓑】木4+8=総画数12 U+234D1 [イ/] 【𢍚𤱿】[十土士ワ冖田甲木果𣓑]
◆草木が叢(むら)がり生い茂るさま
【𣓖】木4+8=総画数12 U+234D6 [ケイ、ケ/] 【枅】[木、丶一コノ丿尸户戶戸月肩𣓖]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材、同”枓””欂”、”U”字形の木材「栱」と組み合わせた部材を「枓栱(斗栱、ときょう)」という{建物}
【𣓗】木4+8=総画数12 U+234D7 [コツ、コチ/] 【𣒪】[木ノ𠃌勹23勿日曰曶𣓗]
◆忽然と高く聳えるさま
【𣓙】木4+8=総画数12 U+234D9 [ショウ/はじかみ] 【椒𣐹𣒏】[木一ノ丿ナ十2廾、丶4𠦑5𣓙]
◆刺激の強い味のする実の成る植物の総称
◆はじかみ、サンショウ(山椒)の古名、ミカン科サンショウ属の木、またその実
◆「花𣓙(かしょう)」、カホクザンショウ(華北山椒)、ミカン科サンショウ属の木
◆「胡𣓙(コショウ)」、コショウ科コショウ属の植物
【𣓛】木4+8=総画数12 U+234DB [ソウ、ゾウ/] 【梍】[木目自ヒ七𠤎匕𣓛]
◆サイカチ(梍、皂莢)、マメ科サイカチ属の木{サイカチ}
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同”皂””橡”{コナラ}{クヌギ}
【𣓜】木4+8=総画数12 U+234DC [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 【梳𣐌𤴜𣙳㧧】[木2フ乛⺊上止龰正疋𣓜]
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆櫛で髪の毛を整える
【𣓞】木4+8=総画数12 U+234DE [サク/] 【槊𣔒】[手月𦙚木𣓞]
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同”㮶””鎙””矟”{刀剣槍}
◆「棊𣓞(きさく)」、盤(ボード)を使うゲームの一種、バックギャモン(backgammon)、或いはそれに似たボードゲーム、「棋」はその駒、「槊」はその盤
【𣓟】木4+8=総画数12 U+234DF [チョク、ジキ/ただ、ただ・ちに、じか、じき、す・ぐ、なお、なお・す、なお・る、ひた] 【直𥄂𣖇𣖴𠅺𣖈𡇛】[十田曲木𣓟]
◆ものの正面に視線を向ける
◆横に食(は)み出たり曲がったりしていないさま、凹凸ががないさま、間に余分なものや無用なものが挟まっていないさま
◆曲がりや歪みなどを正す、本来あるべき姿形や状態に戻す
◆すっくと立つ、曲がらずに伸びる
◆当番、持ち回りでする仕事の番に当たる
◆価値
【𣓠】木4+8=総画数12 U+234E0 [リュウ、ル/やなぎ] 【柳栁桞桺】[木ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸2𢨯𣓠]
◆ヤナギ(柳)、ヤナギ科ヤナギ属の木、一般に枝が垂れるもの、垂れないものは「ヤナギ(楊)」{ヤナギ}
◆二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}
【𣓡】木4+8=総画数12 U+234E1 [コウ/] [木口2ノ呂𣓡]
◆綱(つな)、太く強い縄(なわ)
【𣓣】木4+8=総画数12 U+234E3 [未詳/] [木厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰𣓣]
◆【康熙字典】「梆」に「《正字通》似古之用𣓣」とあり
【𣓤】木4+8=総画数12 U+234E4 [ジョウ、ニョウ、ドウ、トウ/] 【橈桡】[木十3土サ十2艹艹ノ丿L乚兀尭𣓤]
◆撓(たわ)む、柔らかく弾力があって折れることなく曲る、同”撓”
◆しなやかなさま、弱々しいさま
◆折り曲がる、屈(くっ)する
◆櫂(かい)、船の左右の舷(げん、ふなべり、船縁)に座った状態で漕(こ)ぐための棒状の道具、同”𦪛”、「【淮南子:主術訓】夫七尺之橈而制船之左右者,以水為資」
【𣓸】木4+8=総画数12 U+234F8 [未詳/] [木二一、丶弋⺊上止武𣓸]
◆未詳
【𣔈】木4+8=総画数12 U+23508 [未詳/] [木ノEヨ臼𦥑十𣔈]
◆未詳
【𣔎】木4+8=総画数12 U+2350E [ダン、ナン/くすのき] 【楠柟枏】[木十冂十2卄冊二8𠕋𣔎]
◆木名、学名Phoebe zhennan、クスノキ科Phoebe属の木
◆[日]クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木{クスノキ}
【𣔏】木4+8=総画数12 U+2350F [ガツ、ガチ、ゲツ、ゲチ/] 【枿𣖂㮆𣕀】[木大ソ丷一䒑二十干𢆉㚔𣔏]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”蘖”
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、同”蘖”
【𣔒】木4+8=総画数12 U+23512 [サク/] 【槊𣓞】[木手月𦙚𣔒]
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同”㮶””鎙””矟”{刀剣槍}
◆「棋𣔒(きさく)」、盤(ボード)を使うゲームの一種、バックギャモン(backgammon)、或いはそれに似たボードゲーム、「棋」はその駒、「槊」はその盤
注解:「扌」になるフォントがありますが、本来は「木」です
【𣔓】木4+8=総画数12 U+23513 [ヒ/] [木ノ丿2イ彳フ乛ノ丿ヌ又皮彼𣔓]
◆木
【𣔕】木4+8=総画数12 U+23515 [ショウ、ジョウ/の・せる、の・る] 【乗乘椉𠅞𠅟𠓸𠓲𠓽𠨇】[入タ夕ヰ㐄舛木桀𣔕]
◆車や馬などの上に上がる、車や馬などで行く
◆車や馬などの乗物、兵車(へいしゃ)
◆機会などをうまく利用する
◆計算する、掛け算する
◆四、四つで一組になるもの
◆史書
◆仏教の教えの一つ
【𣔘】木4+8=総画数12 U+23518 [ケイ、ケ、ケツ、ケチ/] 【栔𣓇】[土2圭刀木𣔘]
◆刀で文字などを刻み込む、また彫る、また文字などを刻み込んだ札(ふだ)、同”㓞””契”
【𣔬】木4+8=総画数12 U+2352C [ヒ、ビ/] [木ノ丿冂メ㐅冈一ノ丿ナ十2廾𣔬]
◆「𣔬輗」、車の名
【𣔴】木4+8=総画数12 U+23534 [ユウ、ユ/] 【㽕㕀】[木田由え辶辶迪𣔴]
◆生え出たばかりの枝
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た枝、同”蘖”
【𣔶】木4+8=総画数12 U+23536 [ハン、ボン/] [木サ十2艹艹シ氵フ𠃌卩L乚㔾氾范𣔶]
◆舷(げん)、船縁(ふなべり)、船の側面、同”𦨲”
◆型枠(かたわく)、手本、同”範”
【𣕈】木4+8=総画数12 U+23548 [サ、シャ/] 【樝𣙁】[木サ十2艹艹目且苴𣕈]
◆「山𣕈子(サンザシ)」、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
◆「榠樝(めいさ)」◇マルメロ(榲桲)、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}◇カリン(花梨)、バラ科カリン属の木、またその実{カリン}
【𣕉】木4+8=総画数12 U+23549 [ク、コウ/] 【枸𣙱】[木サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟𣕉]
◆木や枝が曲がる、まっすぐにならない
◆「𣕉杞(クコ)」、同「枸檵(くけい)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
◆「𣕉橘(くきつ、カラタチ)」、同「枳(し、カラタチ)」「臭橘(しゅうきつ)」、ミカン科ミカン属の木{カラタチ}
◆「𣕉櫞(くえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
◆「𣕉榾、𣕉骨(くこつ)」、ヤバネヒイラギモチ(矢羽根柊黐、矢羽柊黐)、モチノキ科モチノキ属の木{ヤバネヒイラギモチ}
◆「枳𣕉(しく)」、同「枳椇(しぐ)」「𣖌𣕌(しく)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}
【𤴜】木5+8=総画数13 U+24D1C [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 【梳𣐌𣓜𣙳㧧】[木2林木フ乛⺊上止龰正疋𣐌𤴜]
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆櫛で髪の毛を整える
【㮍】木4+9=総画数13 U+3B8D [サン、セン/] 【椾】[丷一䒑月リ刂刖前木㮍]
◆木や板を横に並べて架け渡した道、桟道(さんどう)、同”桟”
◆書物の表題や注記・覚書(おぼえがき、メモ)などを記すために使う細長い札や用紙、同”牋”
【㮎】木4+9=総画数13 U+3B8E [ハイ、ヘ/さかずき] 【杯盃桮𠤯𠥀𠥧】[木不皿盃㮎]
◆酒や茶やスープなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのもの
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
【㮏】木4+9=総画数13 U+3B8F [ダイ、ナイ/] [木2木二小𡭕示柰㮏]
◆立ち枯れした木
◆切り株からまっすぐ伸びた枝
【㮐】木4+9=総画数13 U+3B90 [セイ、ショウ/] [木小ノ丿少目省㮐]
◆研いだ米の水を切るための三本の木を組んだ笊を載せる台
【㮒】木4+9=総画数13 U+3B92 [エン/] [木西覀土垔㮒]
◆煙を立ち昇らせて天上帝(天の神)を祭る、またその祭礼、同”禋”
◆「㮒支(えんし)」、同「橪支」、香草名、また木名、未詳
【㮓】木4+9=総画数13 U+3B93 [コウ/] 【𣘰𣕲】[木ハI|丨忄二フクタ夕、丶2⺀彑互亙恆恒㮓]
◆【說文解字注】に「竟也」とあり
【㮔】木4+9=総画数13 U+3B94 [ショウ/] [木千田甲土里重㮔]
◆【康熙字典】に「《類篇》木𣑁也」、「𣑁」に「《類篇》木㮔也」とあり
【㮕】木4+9=総画数13 U+3B95 [ジ、ニ、ゼン、ネン/] [木一冂I|丨2𦉫𦓐而大耎㮕]
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”𣚊””栭””栮”
◆「㮕棗(ぜんそう)」、同「檽棗、軟棗」、マメガキ(豆柿)、カキノキ科カキノキ属の木、「梬棗(えいそう)」「黒棗(こくそう)」{マメガキ}
【㮗】木4+9=総画数13 U+3B97 [キン、ゴン/] [マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛人𠆢一亼ラ今矜木㮗]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄、同”矜”
【㮘】木4+9=総画数13 U+3B98 [ボウ、モウ/] 【枆】[木マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄㮘]
◆「冬桃」、果樹名、秋頃に成熟するモモ(桃)の一種
【㮚】木4+9=総画数13 U+3B9A [リツ、リチ/くり] 【栗𣗴𣡼𣡷】[ト卜⺊口囗占人2仌𠧪木㮚]
◆クリ(栗)、ブナ科クリ属の果樹、またその実{クリ}
◆(栗の木は堅く腐りにくいことから)堅い
◆慄(おのの)く、恐れや寒さで体が震える、同”慄”
漢字林(非部首部別)
【㮛】木4+9=総画数13 U+3B9B [シ、ジ/] [木日⺊上止龰是㮛]
◆木製の匙
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具
【㮝】木4+9=総画数13 U+3B9D [カク、キャク/] [木ハ八人𠆢口谷ろ3I|丨邑阝郤㮝]
◆木名、未詳
◆机の足
【㮞】木4+9=総画数13 U+3B9E [セツ、セチ/] 【楶】[木ン冫ノフ乛人欠次口咨㮞]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材
◆枓栱(斗栱、ときょう)、方形(「枓」)と”U”字形(「栱」)の木材を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支えるもの
【棄】木4+9=総画数13 U+68C4 [キ/す・てる] 【𣓪弃𠔚𠬇𢍞𨓋】[亠ム厶𠫓十3丗木棄]
◆捨て去る、放り捨てる
【棩】木4+9=総画数13 U+68E9 [エン/] [木」片Lノ「爿𣶒棩]
◆曲がった木
【椭】木4+9=総画数13 U+692D [ダ、タ/] 【橢楕】[木ろ3I|丨阜阝ナ𠂇月有陏椭]
◆楕円、楕円形
【椯】木4+9=総画数13 U+692F [タ、セン、ゼン/] [木山一冂I|丨2𦉫𦓐而耑椯]
◆馬を打つ鞭
◆木を丸く曲げる
◆文字などを刻むために木を平らに削る、誤りや不要な部分を削り取る
【椰】木4+9=総画数13 U+6930 [ヤ/やし] 【㭨】[木耳ろ3I|丨邑阝耶椰]
◆椰子(ヤシ)、ヤシ科の木
【椱】木4+9=総画数13 U+6931 [フク、ブク/] [木ノ一𠂉日ノヌ又夊夂复椱]
◆機織で織り上がった布を巻き取る丸い棒
【椲】木4+9=総画数13 U+6932 [イ、キ/] [木ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋椲]
◆木名、しなやかで鞣革(なめしがわ、「韋」)のように曲げやすいという
◆壁などに取り付けた衣服を掛けるフック
【椳】木4+9=総画数13 U+6933 [ワイ、エ/] [木田レノ畏椳]
◆扉の回転軸となる突起(枢)を差し込む凹状の部分
【椴】木4+9=総画数13 U+6934 [タン、ダン/] [木ノEFク刀几ヌ又殳段椴]
◆シナノキ(科木)、またシナノキ科シナノキ属の木の総称、棺材に使われるという、同「杝」「柂」
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木、同”葮”
◆[日]「椴松(トドマツ)」、マツ科モミ属の木
【椵】木4+9=総画数13 U+6935 [カ、ケ/] [木コ口二コヌ又叚椵]
◆木名、ユズ(柚子)の一種でその実は大きく皮が厚く味がないという、同”櫠”
◆首に填(は)める刑具、首枷(くびかせ)
【椶】木4+9=総画数13 U+6936 [シュ、ソウ、ス/] 【棕㯶𣞡𣞛】[木メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ハ八圥ノ丿ヌ又夂㚇椶]
◆「椶櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【椷】木4+9=総画数13 U+6937 [カン、ゲン、ゴン/] [木厂一、丶弋ノ丿戈戊戌口咸椷]
◆物を収納するための(蓋付きの)箱、収納箱、同”㮭”
◆箱に物を入れる、入れて蓋をする、また封をする、同”㮭”
【椸】木4+9=総画数13 U+6938 [イ/] 【𥠥】[木亠万方ノ一𠂉せ也㐌施椸]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具
◆寝台の傍に置く小さく低い机
【椹】木4+9=総画数13 U+6939 [チン、シン、ジン/さわら] [木甘目匚ノL乚兀匹甚椹]
◆[日]サワラ(椹)、ヒノキ科ヒノキ属の木
◆クワ(桑)の実、同”葚”
◆木を切ったり割ったりするときに下に置く木製の台、薪割り台、切ったり砕いたりする際に下に敷く砧(きぬた)などの台
【椺】木4+9=総画数13 U+693A [ケキ、ギャク/] [木イ人亻口木呆保椺]
◆未詳
【椻】木4+9=総画数13 U+693B [エン、オン/] [木匚日女妟匽椻]
◆木を積み上げて作った堰(せき)
【椼】木4+9=総画数13 U+693C [エン/] [木ノ丿2イ彳二丁亍行シ氵衍椼]
◆木名、未詳
【椽】木4+9=総画数13 U+693D [テン、デン/] [木レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖椽]
◆垂木(たるき)、棟から軒先に向かって渡し屋根を支える木材、紀元前10世紀から紀元前3世紀頃の周国では「榱」、齊国・魯国では「桷」、一説に丸材を「椽」、角材を「桷」、「【康熙字典】《註》圓曰椽、方曰桷。」{建物}
【椾】木4+9=総画数13 U+693E [サン、セン/] 【㮍】[木丷一䒑月リ刂刖前椾]
◆木や板を横に並べて架け渡した道、桟道(さんどう)、同”桟”
◆書物の表題や注記・覚書(おぼえがき、メモ)などを記すために使う細長い札や用紙、同”牋”
【椿】木4+9=総画数13 U+693F [チン、チュン/つばき] [木三人大夫𡗗日春椿]
◆伝説上の長寿の木
◆長寿、(長寿であることから)父
◆「香椿(チャンチン)」、センダン科の木
◆ツバキ(椿)、ツバキ科ツバキ属の木
漢字林(非部首部別)
【楀】木4+9=総画数13 U+6940 [ウ、ク/] [木ノイ口中虫冂ム厶禸禹楀]
◆木名、未詳
【楁】木4+9=総画数13 U+6941 [カク、ガク/] [木ウ宀ノヌ又夊夂口各客楁]
◆衣桁(いこう)、衣服を架けるための家具
【楂】木4+9=総画数13 U+6942 [サ、ジャ/] [木木目且査楂]
◆木製の筏
◆「山楂子(サンザシ)」、バラ科サンザシ属の木、またその実、実を薬用とする、同「山樝子」」「山査子」{サンザシ}
【楃】木4+9=総画数13 U+6943 [アク/] [木コノ丿尸一ム厶𠫔土至屋楃]
◆周りを囲むように垂らした木の帳(とばり)、「簾(すだれ)」のようなものか?
【楄】木4+9=総画数13 U+6944 [ヘン/] [木、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁楄]
◆短い角材の垂木(たるき)
◆建物の入口や門の上部に掲げる額(がく)、同”匾”
【楅】木4+9=総画数13 U+6945 [フク、ヒョク、ヒキ/] [木一口田畐楅]
◆牛の角で人が怪我をしないように角の先に結(ゆ)わえた横木
◆矢を入れる容器
【楆】木4+9=総画数13 U+6946 [ヨウ/] [木西覀襾女要楆]
◆「楆棗」、木名、未詳
【楇】木4+9=総画数13 U+6947 [カ/] 【𣒌】[木冂口冋咼楇]
◆轂(こしき、車輪の中心にあって車輪と車軸を固定するための部品)に注(さ)す潤滑油を入れる容器、同”𨍋””錁”
◆紡(つむ)いだ糸を回転させながら巻き取る道具
【楈】木4+9=総画数13 U+6948 [ショ、ソ/] [木フ乛⺊上止龰正疋月胥楈]
◆「楈枒(しょや)」、ヤシ(椰子)、ヤシ科の木
【楊】木4+9=総画数13 U+694A [ヨウ/やなぎ] 【杨】[木日一旦万ノ𠃌勹23勿昜楊]
◆ポプラ(poplar)、枝の垂れないヤナギ科ヤマナラシ属の木の総称、枝が垂れるものは「柳」{ポプラ}{ヤマナラシ}{ヤナギ}
漢字林(非部首部別)
【楋】木4+9=総画数13 U+694B [ラツ、ラチ/] [木2木口束リ刂剌楋]
◆木名、マメ科フジ属の木の一種、シナフジ(支那藤)か?
【楌】木4+9=総画数13 U+694C [ガン、ゲン/] [木亠メ文立厂产ノ丿3彡彦楌]
◆木名、未詳
【楍】木4+9=総画数13 U+694D [ホン/もと] 【本㮺𡴩𡴡】[木口2吅3𠱠楍]
◆植物の根元
◆物事の根源また起源、基(もと)となるもの
◆元来の
◆底本(ていほん)、翻訳や写本などの際にその基となる書物
◆元手
◆この(this)
【楎】木4+9=総画数13 U+694E [キ、ケ/] [木ワ冖車軍楎]
◆犂(すき)の上部の二頭の牛に牽かせるための横木
◆壁などに取り付けた衣服を掛けるフック
【楏】木4+9=総画数13 U+694F [ケイ/] [木大土2圭奎楏]
◆鋤の柄
【楐】木4+9=総画数13 U+6950 [カイ、ケ/] [木田人𠆢ノ丿I|丨介界楐]
◆食器や食べ物を置く棚、また戸棚
【楑】木4+9=総画数13 U+6951 [キ、ギ/] [木フ、丶ノ2癶一人大天癸楑]
◆木名
◆「柊楑」、槌(つち)
【楒】木4+9=総画数13 U+6952 [シ/] [木田心思楒]
◆相楒樹(ソウシジュ)、同「相思樹」、マメ科の木、「二本のソウシジュが絡み合うように根を張り枝を伸ばしている」ことから「相思」と名付けられた
【楓】木4+9=総画数13 U+6953 [ホウ、フウ/かえで] 【枫】[木几𠘨ノ中虫風楓]
◆カエデ(楓)、ムクロジ科カエデ属の木の総称{カエデ}
◆「楓香(ほうこう)」、フウ(楓)、フウ科フウ属の木{フウ}
【楔】木4+9=総画数13 U+6954 [セツ、セチ/くさび] [木ノ三|十3丰刀㓞大契楔]
◆くさび、狭いところに刺し入れるために角材の先を削って尖らせたもの(マイナスドライバーの先端のような形)、差し込んで固定したり抉(こ)じ開けたりするために使う、同”揳”
◆開けた扉が閉まらないように固定するための木の棒
◆「櫗楔(ばいせつ)」、(杭の先端や楔のように)材木の形が四角(直方体)になっていないさま、「【通雅:卷四十九】木不方正曰櫗楔作事不方正曰㩢揳人不方正曰㒝偰」
◆カラミザクラ(唐実桜)、バラ科サクラ属の木、別名「シナミザクラ(支那実桜)」、またその実(「さくらんぼ、さくらんぼう(桜桃、桜ん坊)」という){カラミザクラ}
【楕】木4+9=総画数13 U+6955 [ダ、タ/] 【橢椭】[木ナ𠂇エ工左月楕]
◆楕円、楕円形
【楗】木4+9=総画数13 U+6957 [ケン、ゴン/] [木フヌ又廴ヨ二十聿建楗]
◆門が開かないようにするための立て棒、横向きのものは「閂」
◆堤が決壊しないように立てるまた植える木や竹、また柵
◆塞ぎ止める
【楘】木4+9=総画数13 U+6958 [ボク、モク/] 【𣖶𨎸𨍎𥠪】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄木楘]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする帯、同”鞪”
漢字林(非部首部別)
【楙】木4+9=総画数13 U+6959 [ボウ、モウ/] 【柕】[木2林マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛柕楙]
◆木が盛んに茂る
◆ボケ(木瓜)、バラ科の木
漢字林(非部首部別)
【楚】木4+9=総画数13 U+695A [ソ、ショ/] 【椘䠂𣕪】[木2林フ乛⺊上止龰正疋楚]
◆イバラ(荊)、刺のある植物の総称
◆杖刑(じょうけい、棒で打つ刑罰)に使う棘のある木の棒
◆(棘に刺されたような)痛み、苦しみ
◆派手でも地味でもなく落ち着きがあるさま
◆五代十国時代の十国の一つ{中国歴代王朝版図}
◆湖北省・湖南省一帯(特に湖北省)の略称
漢字林(非部首部別)
【楛】木4+9=総画数13 U+695B [コ、グ、ゴ/] [木サ十2艹艹十口古苦楛]
◆茎を矢柄(やがら、矢の棒)に用いる棘(とげ)のある草{弓箭}
◆(矢柄に用いるにはあまりに)粗末なさま、しっかりしていないさま、はっきりしていないさま
【楜】木4+9=総画数13 U+695C [コ、ゴ/くるみ] [木十口古月胡楜]
◆「楜椒(コショウ)」、同「胡椒」、コショウ科コショウ属の植物、またその実
◆[日]クルミ(胡桃)、クルミ科クルミ属の木、またその実
【楝】木4+9=総画数13 U+695D [レン/おうち、あふち] [木木口束ソ柬楝]
◆センダン(栴檀)、センダン科センダン属の木、また同科同属の木の総称、「おうち、あふち」はセンダンの古名{センダン}
【楞】木4+9=総画数13 U+695E [ロウ/] [木四罒亠万方楞]
◆角材の角(かど)、線状の出っ張り、盛り上がった筋、稜(りょう)
【楟】木4+9=総画数13 U+695F [テイ、ジョウ/] [木亠口ワ冖丁亭楟]
◆マメナシ(豆梨、バラ科ナシ属)の類、或いは野生のナシ(梨)
【楠】木4+9=総画数13 U+6960 [ダン、ナン/くすのき] 【𣔎柟枏】[木十冂ソ丷一䒑二十干𢆉南楠]
◆木名、学名Phoebe zhennan、クスノキ科Phoebe属の木
◆[日]クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木{クスノキ}
【楡】木4+9=総画数13 U+6961 [ユ/にれ] 【榆】[木人入一月リ刂く𡿨2巜兪楡]
◆ニレ(楡)、ニレ科ニレ属の木の称{ニレ}
◆「刺榆(しゆ)」、ハリゲヤキ(針欅)、ニレ科ハリゲヤキ属の木{ハリゲヤキ}
【楢】木4+9=総画数13 U+6962 [ユウ、ユ/なら] [木ハ八ソ西酉酋楢]
◆車輪の輪に用いる柔らかい木、車輪の直接地に接する環状の部分を「牙」といい、その内側の環状の部分を「輪」という{車輪}
◆薪(たきぎ)や柴(しば)を積み上げこれを燃やす、また燃やして天神を祭る、またその儀式、同”槱”
◆[日]ナラ(楢、柞、枹)、コナラ(小楢)・ミズナラ(水楢)などのブナ科コナラ属の木の総称{ナラ}
【楣】木4+9=総画数13 U+6963 [ビ、ミ/] [木エ工コ]ノ丿𠃜目眉楣]
◆戸や扉の上の横木
◆庇(ひさし)、窓や扉の上に設けた雨や日差しを遮るための小さな屋根
【楤】木4+9=総画数13 U+6964 [ショウ、シュ/] [木ノ𠃌勹23勿、丶匆心忽怱楤]
◆「楤木(タラノキ)」、ウコギ科タラノキ属の木、若芽を「タラノメ(楤芽)」と呼び古くから食用にされた、「【物理小識:卷九】楤丈餘莖有刺山人取頭茹食謂之吻頭」{タラノキ}
【楥】木4+9=総画数13 U+6965 [ケン、コン、エン、オン/] [木ノツ爪爫爫一二ナ𠂇ヌ又友爰楥]
◆木製の靴型、同”楦”
◆シナサワグルミ(支那沢胡桃)、同「柜柳、欅柳(きょりゅう)」、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
【楦】木4+9=総画数13 U+6966 [ケン、コン/] [木ウ宀一2日旦亘宣楦]
◆木製の靴型、同”楥”
◆中が空(から)の所に物を詰めて膨らます
【楨】木4+9=総画数13 U+6968 [テイ、チョウ/] 【桢】[木ト卜⺊目ハ貝貞楨]
◆壁や塀の角(すみ)や両端に立てる丈夫な柱、壁や塀に設けられた窓や門などの両脇に立てる柱を”𠏉”
◆丈夫でしっかりした柱
◆トウネズミモチ(唐鼠黐)、モクセイ科イボタノキ属の木{トウネズミモチ}
【楩】木4+9=総画数13 U+6969 [ヘン、ベン/] [木イ人亻一日曰田メ乂更便楩]
◆木名、未詳、クスノキ(樟)に似た大木という
【楪】木4+9=総画数13 U+696A [チョウ、ジョウ、ヨウ/] [木十2廿L世木枼楪]
◆寝台や長椅子などの下の細長い床板(ゆかいた)、簀子(すのこ)
◆食べ物を盛る浅く小さい皿、同「碟」
◆塀や壁に開けられた窓、同”牖”
◆[日]ユズリハ(譲葉、楪)、ユズリハ科ユズリハ属の木
【楫】木4+9=総画数13 U+696B [シュウ、ジュウ、ショウ/かじ] 【檝】[木口耳咠楫]
◆舟を進めるために水を搔(か)く、舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に舟が進む、同”槳”、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
◆いろいろな材料を集める、同”輯”
◆[日]舵(かじ)、船尾の水中に取り付け船の進む方向を操作する道具
【楬】木4+9=総画数13 U+696C [ケツ、ゲチ/] [木日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷楬]
◆立札、標識
◆木の杭
◆虎が伏せた形に作り演奏の最後に鳴らす楽器の名、同”敔”、始まりに鳴らす楽器は「椌」「柷」{打楽器}
漢字林(非部首部別)
【業】木4+9=総画数13 U+696D [ギョウ、ゴウ/わざ] 【业𤎸𤑽】[ソ业ソ三王羊𦍌2丵羊木𦍎業]
◆鍾(しょう)や磬(けい)などの打楽器を吊るすための横木(筍)の上の横板、吊るした楽器の位置が演奏中にずれないように凹みや突起がついていたという、「业」はそれを象ったもの、同”㸣””𢄁”
◆(特に生活するための)仕事、仕事をする、それによって得た財産、「産業」は中国では「資産・私有財産」のこと
◆学問、技芸
◆行い、行為、それによって受ける報い
◆既に
漢字林(非部首部別)
【楮】木4+9=総画数13 U+696E [チョ/こうぞ] [木土ノ耂日者、丶者楮]
◆カジノキ(梶の木)、クワ科コウゾ属の木、樹皮を紙の原料とする、別名「構樹(こうじゅ)」{カジノキ}
◆コウゾ(楮)、ヒメコウゾ(姫楮)とカジノキ(梶の木)の交雑種、また同属の木の総称、また樹皮を紙の原料とするカジノキ・コウゾ・ヒメコウゾなどの総称{コウゾ}
◆紙
◆紙幣
【楯】木4+9=総画数13 U+696F [シュン、ジュン/たて] 【𣛝】[木ノ2十目𥃭盾楯]
◆相手の攻撃から身を守る盾(たて)
◆欄干や手摺(てすり)、またその横木
◆引き抜く、抜き出す、抜擢する
【楰】木4+9=総画数13 U+6970 [ユ/] [木ノEヨ臼𦥑人臾楰]
◆木名、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木の一種、或いはキササゲ(木大角豆)に似た木
【楱】木4+9=総画数13 U+6971 [ソウ、ス、ズ/] [木三人大夫𡗗ノ人大夭奏楱]
◆木名、柑橘類の果樹
◆「𨫒楱」、鉄製の歯の付いた農具の一種
【楲】木4+9=総画数13 U+6972 [イ/] [木厂一、丶弋ノ丿戈戊戌女威楲]
◆「楲窬(いとう)」、便器
【楳】木4+9=総画数13 U+6973 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅𣕱槑𤯏𣒫𣏁】[木十2廿甘木某楳]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【楴】木4+9=総画数13 U+6974 [テイ、タイ、ダイ/] [木立ワ冖巾帝楴]
◆髪を梳いたり飾ったりする櫛(くし)、同”揥”
◆木の根、同”柢”
【楶】木4+9=総画数13 U+6976 [セツ、セチ/] 【㮞】[ン冫ノフ乛人欠次口木呆咨楶]
◆斗形(ますがた)、建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える方形の木材
◆枓栱(斗栱、ときょう)、柱の上端に方形(枓)と”U”字形(栱)の木材を組み合わせてそれより上部の構造物を支えるもの
【楷】木4+9=総画数13 U+6977 [カイ、ケ/] 【𣗀𣒉】[木ヒ七𠤎匕2比白皆楷]
◆「楷樹(カイノキ)」、ランシンボク(爛心木)、ウルシ科カイノキ属の木{ランシンボク}
◆世代・時代を越えて基準となるもの、倣(なら)うべきもの、手本
◆「楷書(かいしょ)」、漢字の書体の一つ、崩したり画(かく)を続けたりしない書体、文字(漢字)の標準的な書体
【楸】木4+9=総画数13 U+6978 [シュウ、シュ/] [木ノ木禾火秋楸]
◆トウキササゲ(唐楸)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{トウキササゲ}
◆「楸枰(しゅうへい)」、碁や将棋などで使う四角で表面が平らな盤(ばん)
【楹】木4+9=総画数13 U+6979 [エイ、ヨウ/] 【𣟅】[木ノ丿フ𠃌2𠄎乃ヌ又夃皿盈楹]
◆正面入り口の両側にある太い柱
◆建物の数を表す語
【楺】木4+9=総画数13 U+697A [ジュウ、ニュウ/] [木マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛木柔楺]
◆木を目的の形に曲げる、同”煣”
漢字林(非部首部別)
【楻】木4+9=総画数13 U+697B [コウ/] [木白王皇楻]
◆大きな船、同”艎”
【楼】木4+9=総画数13 U+697C [ロウ、ル/] 【樓𩫰】[木米女娄楼]
◆二階建て以上の高い建物、何層にも重なっているような高い建物、階数(建物内部の床の層数)と層数(建物外観の層数)は別で、ここでは二層以上になっているものを指す
◆構築物の上に建てた建物、城壁など上に建てた櫓(やぐら)
【楽】木4+9=総画数13 U+697D [ラク、ガク/たの・しい、たの・しむ] 【樂𣠋乐】[白ンく木楽]
◆音を奏(かな)でる、「音楽(おんがく)」
◆調和が取れて心地よい、心や体を煩(わずら)わせるものが何もなく安らかで快(こころよ)い、悦(よろこ)ばしい
漢字林(非部首部別)
【楾】木4+9=総画数13 U+697E [/はんぞう] [木白水泉楾]
◆[日]中空の柄を通して湯や水などを注(つ)ぐ道具
◆[日]手や足を洗う小さな盥(たらい)
【楿】木4+9=総画数13 U+697F [/かつら、むろのき] [木ノ木禾日香楿]
◆[日]カツラ(桂)、カツラ科カツラ属の木
◆[日]ムロノキ(室の木)、別名「ネズ(杜松)」、ヒノキ科ビャクシン属の木
【榀】木4+9=総画数13 U+6980 [ヒン/] [木口2吅3品榀]
◆建物の骨組みを数える語
【榁】木4+9=総画数13 U+6981 [/むろ] [木ウ宀一ム厶𠫔土至室榁]
◆[日]ムロノキ(室の木)、別名「ネズ(杜松)」、ヒノキ科ビャクシン属の木
◆「榁木(むろき、むろのき)」、姓、地名
【榃】木4+9=総画数13 U+6983 [タン/] [木2林田榃]
◆池、水溜り
【榄】木4+9=総画数13 U+6984 [ラン/] 【欖㰖】[木リ刂ノ、丶冂ノ丿L乚儿见览榄]
◆「橄榄(カンラン)」、カンラン科カンラン属の木の総称{カンラン}
【榅】木4+9=総画数13 U+6985 [オン/] 【榲】[木日皿昷榅]
◆「榅桲(マルメロ)」 、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}
◆スギ(杉)、スギ科の木
【榆】木4+9=総画数13 U+6986 [ユ/にれ] 【楡】[木人𠆢一亼入月リ刂兪俞榆]
◆ニレ(楡)、ニレ科ニレ属の木の称{ニレ}
◆「刺榆(しゆ)」、ハリゲヤキ(針欅)、ニレ科ハリゲヤキ属の木{ハリゲヤキ}
漢字林(非部首部別)
【榇】木4+9=総画数13 U+6987 [シン/] 【櫬】[木立十干辛ホ木亲櫬榇]
◆遺体の納められていない棺、棺用の木材
◆アオギリ(梧桐)、アオギリ科の木
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木
【榈】木4+9=総画数13 U+6988 [リョ、ロ/] 【櫚】[木I|丨、丶门口2吕闾榈]
◆「棕榈(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【榉】木4+9=総画数13 U+6989 [キョ、コ/けやき] 【欅櫸𣟱﨔】[木ツ一ハ八兴二十2キ举榉]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称{ケヤキ}
◆「欅柳(きょりゅう)」、同「柜柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆「山毛﨔(さんもうきょ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(かくと)」{ブナ}
【榋】木4+9=総画数13 U+698B [未詳/] [木ヨ3榋]
◆未詳
【榌】木4+9=総画数13 U+698C [ピ/] [木乙く2ノ十升飛榌]
◆[韓]梯子(はしご)
【榔】木4+9=総画数13 U+6994 [ロウ/] [木、丶ヨレノ艮良ろ3I|丨邑阝郎郎榔]
◆「檳榔(ビンロウ)」、ヤシ科の植物
◆「桄榔」、サトウヤシ(砂糖椰子)、ヤシ科の木
◆「榔楡(ろうゆ)」、アキニレ(秋楡)、ニレ科ニレ属の木
【榵】木4+9=総画数13 U+69B5 [ジュウ、ニョウ/] [木サ十2艹艹耳茸榵]
◆木名、【廣韻】に「似檀」とあり
【﨓】木4+9=総画数13 U+FA13 [/たぶ] [木サ十2艹艹イ人亻十、丶寸付苻﨓]
◆[日]タブノキ(椨、椨木)、クスノキ科タブノキ属の木
【𣓄】木4+9=総画数13 U+234C4 [シ、ジ/] 【𣐑𣒽】[木广⺊上止ヒ七𠤎匕此庛𣓄]
◆「無𣓄」、クロモジ(黒文字)、クスノキ科クロモジ属の木
【𣓪】木4+9=総画数13 U+234EA [キ/す・てる] 【棄弃𠔚𠬇𢍞𨓋】[亠ム厶𠫓十2廿L世木枼𣓪]
◆捨て去る、放り捨てる
【𣔳】木4+9=総画数13 U+23533 [タク/] 【柝𣐼𣟄𣝔】[木广ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰㡿𣔳]
◆夜警や見張りなどの際に打ち鳴らす拍子木
◆切り開く、同”拓”
【𣔸】木4+9=総画数13 U+23538 [イン/] [木一口囗人㐁2仌𠀬𣔸]
◆古地名、未詳、【康熙字典】に「《集韻》《類篇》鄕名、在濟北。」とあり
【𣔺】木4+9=総画数13 U+2353A [ボウ、モウ/] 【𣓍】[木冂二冃日曰目冒𣔺]
◆門や扉の上の横木
【𣔻】木4+9=総画数13 U+2353B [トツ/] [木ウ宀ハ八穴大犬突突𣔻]
◆扉の開閉時に回転軸となる上下にある突起の部分、同”枢”
◆【廣韻】に「植也」「傅也」、【康熙字典】に「《韻會》同棎」とあり
【𣔾】木4+9=総画数13 U+2353E [スイ、ズイ/] 【檖】[木ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸𣔾]
◆マメナシ(豆梨)、ナシ(梨)よりも実が小さく食べられるが酸っぱい
【𣕀】木4+9=総画数13 U+23540 [ガツ、ガチ、ゲツ、ゲチ/] 【枿𣖂𣔏㮆】[木ム厶2厸3厽二十2キ𣕀]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”蘖”
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、同”蘖”
【𣕃】木4+9=総画数13 U+23543 [グ/] [木田甲冂ム厶禸禺𣕃]
◆人の形に似せた人形、木偶(でく、もくぐう)、同”偶”
【𣕇】木4+9=総画数13 U+23547 [ショウ/] [ハソ小月肖リ刂削木𣕇]
◆梢(こずえ)、枝の先の細い部分、同”梢”
◆削って先を尖(とが)らせる
【𣕊】木4+9=総画数13 U+2354A [テン/] 【㮇】[木一人大天ンく水氺沗𣕊]
◆火掻棒(ひかきぼう)、同”栝”
【𣕋】木4+9=総画数13 U+2354B [セツ、セチ/] 【榍】[木コノ丿尸ハ八月䏌㞕𣕋]
◆門や入り口の扉を止める杭(くい)や楔(くさび)、また敷居(しきい、門や入り口の地上部に渡す横木)
【𣕌】木4+9=総画数13 U+2354C [ク/] 【䅓】[木ノ𠃌勹口句ノ一𠂉メヌ又攵敂𣕌]
◆「䅩𣕌(しく)」◇シナケンポナシ(支那玄圃梨)、同「枳枸(しく)」「枳椇(しぐ)」、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}◇曲がる、まっすぐにならない、シナケンポナシは、【廣韻】に「曲枝果也」とある通り実は豆形で”く””コ””𠃑”字形のように屈曲している、【說文解字】の「䅩䅓、不伸之意」は、この実の有様を指したものと思われる
【𣕍】木4+9=総画数13 U+2354D [シュン/] 【栒】[木ノ𠃌勹日旬大𣕍]
◆鐘(しょう)・磬(けい)などを掛けるための台の横木、左右の柱は「虡」
◆木名、バラ科の木
【𣕐】木4+9=総画数13 U+23550 [ソウ/くわ] 【桑槡桒𠭨𠭌】[凵山ノ丿屮2艸3芔木𣕐]
◆クワ(桑)、クワ科の木の総称、実は食べられ葉は蚕の餌になり根は薬になる、更に枝は弓に利用されるという用途の広い木のために異体字が多い
【𣕒】木4+9=総画数13 U+23552 [シュ、ジュ/き] 【樹𣗳树𡬾𣚤𢒳】[木一口ソ丷一䒑豆ヌ又𣕒]
◆木本(もくほん)の植物のうち地面から垂直に伸び立った木、立ち木、木本の植物の総称は「木」、切った木を「材」
◆木を植え大きく高く育てる
◆まっすぐに立てる、しっかりと立てる
【𣕓】木4+9=総画数13 U+23553 [シ/こ、ね] 【子㜽𢀈𢀉𡐫】[、丶二水永二亅丁于木𣕓]
◆産まれたもの、産まれて間もないもの
◆小さいもの、幼いもの
◆男また人、~している人
◆産まれるまた生まれるものの元となるもの、種・実・卵など
◆十二支の一番目、動物では鼠を当てる{十二支}
【𣕗】木4+9=総画数13 U+23557 [未詳/] [木ソ丷一䒑土ノ耂ヒ七𠤎匕老𣕗]
◆未詳、「𣗩」の異体字かと思われるが未詳
【𣕚】木4+9=総画数13 U+2355A [/もて、たも] [木サ十2艹艹厂一、丶弋ノ丿戈戊茂𣕚]
◆[日][𣕚木(もてぎ)]、姓
◆[日][𣕚の木(たものぎ)]、地名、岩手県久慈市、現「たもの木」
【𣕛】木4+9=総画数13 U+2355B [コウ、ク/かま・える、かま・う] 【構】[木亠ム厶𠫓冂土冉𣕛]
◆材木をしっかりと組んで建物を作る、また出来上がった建物
◆(建物・作品・組織など)幾つかの素材や要素を組み合わせて作り上げる、また組み立て上がったもの
◆組み立てる、成り立たせる
【𣕧】木4+9=総画数13 U+23567 [カ、ケ/か・ける] 【架榢】[木カ力口加木架𣕧]
◆か・ける、二本の支柱などの支えとなるものの上に棒や板のような長い物を横に渡す
◆物を載せたり掛けたりするために横に渡したもの
【𣕪】木4+9=総画数13 U+2356A [ソ、ショ/] 【楚椘䠂】[木ヌ又土圣柽木2𣕪]
◆イバラ(荊)、刺のある植物の総称
◆杖刑(じょうけい、棒で打つ刑罰)に使う棘のある木の棒
◆(棘に刺されたような)痛み、苦しみ
◆派手でも地味でもなく落ち着きがあるさま
◆五代十国時代の十国の一つ{中国歴代王朝版図}
◆湖北省・湖南省一帯(特に湖北省)の略称
【𣕱】木4+9=総画数13 U+23571 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅楳槑𤯏𣒫𣏁】[木2目木𣐥𣕱]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【𣕲】木4+9=総画数13 U+23572 [コウ/] 【㮓𣘰】[木ハI|丨忄一2日旦亘恒𣕲]
◆【說文解字注】に「竟也」とあり
【𣕿】木4+9=総画数13 U+2357F [ソウ/なつめ] 【棗枣𡗭栆𠂲𠐇𢄀】[十ワ冖山2出木𣕿]
◆ナツメ(棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木、またナツメ属の木の総称、またその実{ナツメ}
◆[日]なつめ、抹茶を入れる容器、容器の形がナツメ(棗)の実に似ていることから
【𣖁】木4+9=総画数13 U+23581 [コウ/] 【榼】[木大、丶太皿盇𣖁]
◆酒或いは水を貯めておく樽
◆蓋付きの酒杯
【𣖂】木4+9=総画数13 U+23582 [ガツ、ガチ、ゲツ、ゲチ/] 【枿𣔏㮆𣕀】[木大羊羍𣖂]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”蘖”
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽、同”蘖”
【𣖇】木4+9=総画数13 U+23587 [チョク、ジキ/ただ、ただ・ちに、じか、じき、す・ぐ、なお、なお・す、なお・る、ひた] 【直𥄂𣓟𣖴𠅺𣖈𡇛】[亠口囗ノ丿L乚儿ハ八㕣2囧木𣖇]
◆ものの正面に視線を向ける
◆横に食(は)み出たり曲がったりしていないさま、凹凸ががないさま、間に余分なものや無用なものが挟まっていないさま
◆曲がりや歪みなどを正す、本来あるべき姿形や状態に戻す
◆すっくと立つ、曲がらずに伸びる
◆当番、持ち回りでする仕事の番に当たる
◆価値
【𣖈】木4+9=総画数13 U+23588 [チョク、ジキ/ただ、ただ・ちに、じか、じき、す・ぐ、なお、なお・す、なお・る、ひた] 【直𥄂𣓟𣖇𣖴𠅺𡇛】[亠口囗ク人久L乚木𣖈]
◆ものの正面に視線を向ける
◆横に食(は)み出たり曲がったりしていないさま、凹凸ががないさま、間に余分なものや無用なものが挟まっていないさま
◆曲がりや歪みなどを正す、本来あるべき姿形や状態に戻す
◆すっくと立つ、曲がらずに伸びる
◆当番、持ち回りでする仕事の番に当たる
◆価値
【𣖊】木4+9=総画数13 U+2358A [レツ、レチ/] 【栵】[木く𡿨3巛一タ夕歹𣧄リ刂列𣖊]
◆シバグリ(栭栗)、ブナ科クリ属の木の名)
◆小さな木が並んで生えているさま
【𣖌】木4+9=総画数13 U+2358C [シ/] 【䅩】[木十ヌ又支口ハ只𣖌]
◆「𣖌䅓(しく)」◇シナケンポナシ(支那玄圃梨)、同「枳枸(しく)」「枳椇(しぐ)」、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}◇曲がる、まっすぐにならない、シナケンポナシは、【廣韻】に「曲枝果也」とある通り実は豆形で”く””コ””𠃑”字形のように屈曲している、【說文解字】の「䅩䅓、不伸之意」は、この実の有様を指したものと思われる
【𣖔】木4+9=総画数13 U+23594 [/ほう] [木厂日子㫗厚𣖔]
◆[日]「𣖔木作(ほうのきざく)」、地名、現「朴迫」、福島県双葉郡
【𣖥】木4+9=総画数13 U+235A5 [コ、ク/] 【橭】[木十口古手𢪿𣖥]
◆木名、ニレ科の木の一種
【𣗩】木4+9=総画数13 U+235E9 [未詳/] [木サ十2艹艹土ノ耂ヒ七𠤎匕老荖𣗩]
◆未詳、【中華字海】に「同”槎”」とあり
【㮣】木4+10=総画数14 U+3BA3 [ガイ、カイ/おおむ・ね] 【概槪槩】[ヨレム厶一二ノ丿L乚2旡既木㮣]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物を平らに削(そ)ぎ落す棒
◆同じに、一様に
◆おおむ・ね、凡そ、全体を均(なら)してみると、あらまし
◆様子、有様(ありさま)
【㮤】木4+10=総画数14 U+3BA4 [ショウ、シュ/まつ] 【松枩枀柗梥庺】[ウ宀ハ八穴人口谷木呆㮤]
◆マツ(松)、マツ科の木の総称
【㮦】木4+10=総画数14 U+3BA6 [サク、シャク/] [木十ワ冖糸索㮦]
◆「赤㮦」「白㮦」、いずれも木名、未詳
◆木の梢
【㮧】木4+10=総画数14 U+3BA7 [オ、ウ/] [木鳥烏㮧]
◆「㮧椑」、カキ(柿)の一種
◆「㮧槦」、木名、矢柄(やがら)に用いられるという{弓箭}
【㮪】木4+10=総画数14 U+3BAA [キョウ/] [木エ工几、丶凡乙ナ十卂⺄乙ノ、丶𠁽巩木𣑦2㮪]
◆小型で底の深い舟
【㮫】木4+10=総画数14 U+3BAB [カツ/] [木ウ宀ノ三|十3丰土口害㮫]
◆弓矯(ゆだめ)、両側から木を当てて弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆虎が伏せた形に作り演奏の最後に背中を叩き擦ることで音を出す楽器の名、同”敔”
【㮭】木4+10=総画数14 U+3BAD [カン、ゴン/] 【㮀】[木マ口囗ソ丷一䒑二十干𢆉圅㮭]
◆物を入れる箱、収納箱、同”函””椷”
◆箱に物を入れる、入れて蓋をする、また封をする、同”函””椷”
【㮮】木4+10=総画数14 U+3BAE [ケツ、ケチ/] 【𣚃】[木ノ三|十3丰刀㓞手挈㮮]
◆「㮮槹(けっこう)」、同「桔槹」、縄の両端にそれぞれ桶と石を結わえて滑車に通した井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【㮯】木4+10=総画数14 U+3BAF [コン、ゴン、カン/] [木口囗一ノ34彡く𧰨豕圂㮯]
◆切り出した時のままで全く手を加えていない(切ったり削ったり割ったりしていない)木、同”梡”
【㮰】木4+10=総画数14 U+3BB0 [ヒ、ビ/] 【𣗽】[木丿ノ口囗メ㐅龱囟ヒ七𠤎匕2比𣬉㮰]
◆軒(のき)、屋根の建物から先に張り出した部分
◆軒を支える木、またその木の先端が等間隔で並ぶさま
【㮱】木4+10=総画数14 U+3BB1 [ショウ/] [木サ十2艹艹ノ一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先㮱]
◆草木が盛んに茂るさま
◆俗”森”
【㮳】木4+10=総画数14 U+3BB3 [チン、ジン/] 【栚𣒁㯢】[木月ソ丷一䒑二人大天关朕㮳]
◆蔟(まぶし、蚕を飼うための平たい籠)を架ける横木
◆木名、別名「山礬」「山矾」、ハイノキ科の木
【㮵】木4+10=総画数14 U+3BB5 [セン/] 【栴枬】[木亠万方ノ一𠂉冂⺆、丶一丹旃㮵]
◆「㮵檀(センダン)」、センダン科センダン属の木
【㮶】木4+10=総画数14 U+3BB6 [サク/] [木ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰月朔㮶]
◆柵(さく)、同”柵”
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同”槊””矟”{刀剣槍}
【㮹】木4+10=総画数14 U+3BB9 [チ/] [木一ム厶𠫔土至ノ一𠂉メヌ又攵致㮹]
◆棘(とげ)、刺さる、尖る
【㮺】木4+10=総画数14 U+3BBA [ホン/もと] 【本楍𡴩𡴡】[木本口2吅3𠱠㮺]
◆植物の根元
◆物事の根源また起源、基(もと)となるもの
◆元来の
◆底本(ていほん)、翻訳や写本などの際にその基となる書物
◆元手
◆この(this)
【概】木4+10=総画数14 U+6982 [ガイ、カイ/おおむ・ね] 【槪槩㮣】[木ヨレム厶一二ノ丿L乚2旡既概]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物を平らに削(そ)ぎ落す棒
◆同じに、一様に
◆おおむ・ね、凡そ、全体を均(なら)してみると、あらまし
◆様子、有様(ありさま)
【榊】木4+10=総画数14 U+698A [/さかき] [木二小𡭕示田申神神榊]
◆[日]サカキ(榊)、ツバキ科サカキ属の木
【榍】木4+10=総画数14 U+698D [セツ、セチ/] 【𣕋】[木コノ丿尸ハソ小月肖屑榍]
◆門や入り口の扉を止める杭(くい)や楔(くさび)、また敷居(しきい、門や入り口の地上部に渡す横木)
【榎】木4+10=総画数14 U+698E [カ、ケ/えのき] [木一目自𦣻目ノヌ又夊夂𡕥夏榎]
◆トウキササゲ、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木
◆[日]エノキ(榎)、ニレ科エノキ属の木
【榏】木4+10=総画数14 U+698F [ゲキ、ギャク/] [木ソ一ハ八2皿益益榏]
◆船首に鷁(サギに似た大形の水鳥)を象った飾りを付けた船、富貴(ふうき)の人が乗る船に飾られていたことから「益(益)」を用いる、同”艗”
【榐】木4+10=総画数14 U+6990 [テン、デン、ネン/] 【𣡃】[木コノ丿尸十2艹一龷ノ丿2レ展榐]
◆小さな酒杯(しゅはい)、同”盞”
◆木名、未詳、汁は酒になるという、同”𣒅”
◆木臼(きうす)、穀物などを平らに押し展(の)ばし磨り潰(すりつぶ)す道具、同”碾”
◆「橏榐(せんてん)」、木が長く伸びているさま
【榑】木4+10=総画数14 U+6991 [フ、ブ/くれ] [木十田由用、丶甫十、丶寸専尃榑]
◆「榑桑(ふそう)」、同「扶桑」、東方の太陽が出る所にあるという神木
◆[日]切り出して枝を払っただけの(皮が残ったままの)丸太
◆[日]「節榑(ふしくれ)」、節(ふし)が多いさま
漢字林(非部首部別)
【榒】木4+10=総画数14 U+6992 [ジャク、ニャク/] [木弓ノ24弱榒]
◆木名、未詳
【榓】木4+10=総画数14 U+6993 [ビツ、ミツ、ミチ/しきみ] 【樒櫁】[木心ノ丿必柲心ノ丿必皿𥁑榓]
◆ジンコウ(沈香)、ジンチョウゲ科ジンコウ属の木
◆[日]シキミ(樒)、シキミ科シキミ属の木
【榕】木4+10=総画数14 U+6995 [ヨウ、ユウ/] [木ウ宀ハ八人𠆢口谷容榕]
◆「榕樹(ようじゅ)」、ガジュマル、クワ科イチジク属の木{ガジュマル}
◆「孟加拉榕(もうからよう、ベンガルよう)」、ベンガルボダイジュ(ベンガル菩提樹)、別名「バンヤン、バンヤンツリー」、クワ科イチジク属の木{ベンガルボダイジュ}
【榖】木4+10=総画数14 U+6996 [コク/] [土士ワ冖一几ヌ又殳𣪊木榖]
◆コウゾ(楮)、カジノキ(梶の木)、いずれもクワ科コウゾ属の木で樹皮を紙の原料とする
【榗】木4+10=総画数14 U+6997 [セン、シン/] [木二ム厶2日晉榗]
◆木名、未詳
◆鼓の名
【榘】木4+10=総画数14 U+6998 [ク/のり、かね] 【矩】[ノ大天矢匚コ巨矩木榘]
◆直線や直角を正しく描くまた測るための定規、「指矩(さしがね)」、正円を描く道具は「規」
◆尺度、規準となるもの
【榙】木4+10=総画数14 U+6999 [トウ/] [木サ十2艹艹人𠆢一亼口𠮛合荅榙]
◆「榙𣝋」、スモモ(李)に似た実の成る果樹
【榚】木4+10=総画数14 U+699A [ヨウ/] [木羊、丶4灬羔榚]
◆木が長く伸びているさま
【榛】木4+10=総画数14 U+699B [シン/はしばみ] 【樼𣐽】[木三人大夫𡗗ノ木禾秦榛]
◆ハシバミ(榛)、カバノキ科ハシバミ属の木、英名を「ヘーゼル(hazel)」といい実は「ヘーゼル・ナッツ」として有名
◆木や草が乱雑に叢(むら)がり生える
◆[日]ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【榜】木4+10=総画数14 U+699C [ホウ、ヒョウ/] 【㮄】[木立ワ冖亠万方2旁榜]
◆(建物の正面入口上部や門の上部中央に掲げる)建物名や題目などを記した横長の額(がく)、同”牓”
◆衆人(しゅうじん、多くの一般の人)に告示・告知するための立て札
◆弓や弩(ど、大形の弓)の狂いや歪みを整えるための当て木、弓矯(ゆだめ)
◆舟を漕(こ)ぐための櫓(ろ)や櫂(かい)、これを使って舟を漕ぐことを「搒」
◆罪人を打ち叩く棒、これを使って叩くことを「搒」
【榝】木4+10=総画数14 U+699D [サツ、セツ、セチ/] 【樧】[木メ㐅ホ木杀ク刀几ヌ又殳殺榝]
◆木名、サンショウ(山椒)に似た赤い実の成るという、一説にカラスザンショウ(烏山椒)とする
【榞】木4+10=総画数14 U+699E [ゲン、ゴン/] [木厂白日小𣌢原榞]
◆果樹名、バナナ(甘蕉)に似た実が成り皮も食べられるという
【榟】木4+10=総画数14 U+699F [シ/あずさ] 【梓】[木ウ宀立十干辛宰榟]
◆キササゲ(木大角豆)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{キササゲ}
◆[日]アズサ(梓)、カバノキ科カバノキ属の木、別名「ヨグソミネバリ(夜糞峰榛)」「ミズメ(水目)」
◆木材を加工する、またその職人
◆印刷用の版木、また版木を彫る
【榠】木4+10=総画数14 U+69A0 [メイ、ミョウ/] [木ワ冖日𠕾六昗冥榠]
◆「榠楂(めいさ)」、カリン(花梨)、バラ科カリン属の木、またその実{カリン}
【榡】木4+10=総画数14 U+69A1 [ソ、ス/] [木十二三土龶糸素榡]
◆最後の仕上げがされていないさま、形はできているが飾りが施されていない器
【榢】木4+10=総画数14 U+69A2 [カ、ケ/か・ける] 【架𣕧】[木ウ宀一ノ34彡く𧰨豕家榢]
◆か・ける、二本の支柱などの支えとなるものの上に棒や板のような長い物を横に渡す
◆物を載せたり掛けたりするために横に渡したもの
【榣】木4+10=総画数14 U+69A3 [ヨウ/] [木タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃榣]
◆木が揺れ動く
【榤】木4+10=総画数14 U+69A4 [ケツ、ゲチ/] 【𡏝】[木タ夕ヰ㐄舛木桀榤]
◆ニワトリ(鶏)の止まり木、木製の杭(くい)、同”桀”
【榥】木4+10=総画数14 U+69A5 [コウ、オウ/] [木日光晃榥]
◆読書用の机
◆日除け用の覆い、カーテン
【榦】木4+10=総画数14 U+69A6 [カン、ケン/] 【𠏉𣘒】[十日早2𠦝人倝木榦]
◆(壁や塀の一部を成す)扉・戸・窓・門などの両脇の柱、壁や塀の角(すみ)や両端に立てる丈夫な柱は「楨」
◆木の幹(みき)
漢字林(非部首部別)
【榧】木4+10=総画数14 U+69A7 [ヒ/かや] [木匚一6三2非匪榧]
◆カヤ(榧)、イチイ科カヤ属の木
【榨】木4+10=総画数14 U+69A8 [サク、サ、シャ/] 【搾】[木ウ宀ハ八穴ノ一𠂉F乍窄榨]
◆強く締め付けたり圧(お)し付けたりすることで液体だけを(細かい穴を通して)外に出す、絞(しぼ)り出す、滲(にじ)み出させる、液体を取り除く
◆日本では「搾(扌窄)」を用いる
【榩】木4+10=総画数14 U+69A9 [ケン/] [木⺊フ乛ノ丿七虍文虔榩]
◆木を切ったり割ったりするときに下に置く台
◆穀物を保管する円形の倉庫、同”廪”
【榪】木4+10=総画数14 U+69AA [バ、メ/] 【杩】[木馬榪]
◆「榪槎」、水を堰き止めるための三本の棒を三角錐状に組んだもの
◆「榪子」、飼葉桶
【榫】木4+10=総画数14 U+69AB [シュン/] [木ノ2隹十隼榫]
◆枘(ほぞ)、二本の木材を繋ぐ時に一本の端は凹状に作り(「枘穴、ほぞあな」という)もう一本の端は凸状に作ってこれを繋ぎ合わせる、その凸状の部分
【榬】木4+10=総画数14 U+69AC [エン、オン/] [木土士口𠮷吉ノ丿2レ𧘇衣袁榬]
◆糸を巻きつける器具
◆鍾磬(打楽器の一種)を吊るす架台
【榭】木4+10=総画数14 U+69AD [シャ、ジャ/] 【𣛘】[木身十、丶寸射榭]
◆高台に設けた屋根のある見晴らし台、「臺榭(たいしゃ)」
◆倉庫や講堂のような小部屋に分かれていない大きな建物
◆楽器などの収蔵庫
【榮】木4+10=総画数14 U+69AE [エイ、ヨウ/さか・える、は・える] 【栄荣】[火2炏ワ冖𤇾木栄榮]
◆草木が盛んに茂る、花が華やかに咲き盛る
◆繁盛する
◆華やかなさま、目立つさま
◆軒先(のきさき)の両端の反り上がった部分、「【說文解字・木部・榮】屋梠之兩頭起者為榮。」
◆キリ(桐){キリ}
漢字林(非部首部別)
【榯】木4+10=総画数14 U+69AF [シ、ジ/] [木日土十、丶寸寺時榯]
◆樹木がまっすぐに立っているさま
【榰】木4+10=総画数14 U+69B0 [シ/] [木土ノ耂ヒ七𠤎匕老日耆榰]
◆柱の下に置く木製の土台
◆支える、物をしっかりと支える
【榱】木4+10=総画数14 U+69B1 [スイ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣口一衰榱]
◆垂木(たるき)、棟(むね)から軒(のき)に渡し屋根を支える木材、紀元前10世紀から紀元前3世紀頃の周国で用いられた字、齊国・魯国では「桷」、同”椽”
【榲】木4+10=総画数14 U+69B2 [オン/] 【榅】[木口囗人囚皿𥁕榲]
◆「榲桲(マルメロ)」 、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}
◆スギ(杉)、スギ科の木
【榳】木4+10=総画数14 U+69B3 [テイ/] [木广ノ丿千土士壬𡈼フヌ又廴廷庭榳]
◆棒状の木、木や木材が(細く)長いさま
【榴】木4+10=総画数14 U+69B4 [リュウ、ル/] 【橊】[木ノ丿2レ𠂎刀田留榴]
◆「石榴(ザクロ)」、ザクロ科ザクロ属の木、またその実
漢字林(非部首部別)
【榶】木4+10=総画数14 U+69B6 [トウ、ドウ/] [木广ヨ口唐榶]
◆ニワウメ(庭梅)、バラ科スモモ属の木{ニワウメ}
◆お椀
【榷】木4+10=総画数14 U+69B7 [カク/] 【𣙜】[木ワ冖ノ2隹隺榷]
◆一本の木を渡しただけの橋
◆(その橋を渡る際に手数料を)徴収する
◆商売や利益を独占する
【榸】木4+10=総画数14 U+69B8 [タイ、テ/] [木埋榸]
◆枯れ木の根
◆木製の杭、同”樁”
【榹】木4+10=総画数14 U+69B9 [シ/] [木ノ丿2𠂆⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿L乚儿2虎34虒榹]
◆ノモモ、バラ科サクラ属の木、実はモモ(桃)よりも小さい
◆木製の浅く大きい皿、盆
【榺】木4+10=総画数14 U+69BA [ショウ/] 【𣚗】[月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹木桊榺]
◆千切(ちきり)、機織で経糸(たていと)を巻き付ける筒状の道具
【榻】木4+10=総画数14 U+69BB [トウ/しじ] [木冂二冃日曰羽羽𦐇榻]
◆一時(いっとき)体を横たえたり座ったりするための細長い台、寝台のように幅広くはなく椅子のような背凭(せもた)れもない
◆糸が太く厚手の布
◆[日]しじ、牛馬を繋いでいないときに軛(くびき、牛馬の首に掛ける”へ”字状の馬具)を支る台、車に乗り降りする際の踏み台としても使う
【榼】木4+10=総画数14 U+69BC [コウ/] 【𣖁】[木土ム厶去皿盍榼]
◆酒或いは水を貯めておく樽
◆蓋付きの酒杯
【榽】木4+10=総画数14 U+69BD [ケイ/] [木ノツ爪爫爫くム厶幺大𡗞奚榽]
◆「榽橀(けいけい)」、センダン(栴檀)・コクタン(黒檀)などに似た木
【榾】木4+10=総画数14 U+69BE [コツ、コチ/ほた] [木冂2「冎ワ冖月骨榾]
◆ほた、火に焼(く)べる木の切れ端
◆「榾柮(こつとつ)」、木の切れ端、木端(こっぱ)
◆「枸榾」、ヒイラギ科の木の一種
【榿】木4+10=総画数14 U+69BF [キ/] 【桤】[木山一口ソ丷一䒑豆豈榿]
◆「榿木」、ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【槀】木4+10=総画数14 U+69C0 [コウ/] 【槁】[亠口冂口冋2高木槀]
◆水分を失って木が枯れる、枯木
◆乾涸(ひから)びる
漢字林(非部首部別)
【槁】木4+10=総画数14 U+69C1 [コウ/] 【槀】[木亠口冂口冋2高槁]
◆水分を失って木が枯れる、枯木
◆乾涸(ひから)びる
【槂】木4+10=総画数14 U+69C2 [ソン/] [木子ノ糸系孫槂]
◆「公槂樹」、イチョウ(銀杏)、イチョウ科イチョウ属の木{イチョウ}
【槃】木4+10=総画数14 U+69C3 [ハン、バン/] [舟ク刀几ヌ又殳般木槃]
◆浅い皿状の器、木製のお盆、木製の盥(たらい)、木製の「盤」
◆ゆったりと曲がっているさま
◆ゆったりと楽にする
漢字林(非部首部別)
【槄】木4+10=総画数14 U+69C4 [トウ、ドウ/] [木ノツ爪爫爫ノEヨ臼舀槄]
◆トウキササゲ、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木
【槅】木4+10=総画数14 U+69C5 [カク、キャク/] [木一口冂ソハ八儿T丅鬲槅]
◆軛(くびき)、牛馬の項(うなじ)に掛ける”へ”字状の馬具、同”軛”
◆細い木を組んだもの、扉や窓の格子(こうし)、木を格子状に組んだ棚
◆果実の中心の硬い部分、果実の種、同”核”
【槆】木4+10=総画数14 U+69C6 [シュン、ジュン/] 【橁】[木サ十2艹艹ノ𠃌勹日旬荀槆]
◆チャンチン(香椿)、センダン科の木、同”杶”
【槇】木4+10=総画数14 U+69C7 [テン、シン/まき] 【槙】[木ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞槇]
◆木の先の細い部分、梢(こずえ)
◆倒れた木
◆木目(もくめ)がびっしりと詰まっているさま、「【類篇:類篇卷十八】木理堅密」
◆イヌマキ(犬槇)、マキ科マキ属の常緑針葉高木、同「羅漢松(らかんしょう)」{イヌマキ}
◆[日]マキ(槇)、マキ科の木の総称、コウヤマキ科などの木{マキ}
【槈】木4+10=総画数14 U+69C8 [ドウ、ヌ/] 【耨】[木厂二レノ辰十、丶寸辱槈]
◆田畑の土を掘り起こす、また掘り起こして雑草を取り除く、またその道具、鋤(すき)
【槉】木4+10=総画数14 U+69C9 [シツ、ジチ/] [木病疒ノ大天矢疾槉]
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする”U”字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる、同”栱”{建物}
【槊】木4+10=総画数14 U+69CA [サク/] 【𣓞𣔒】[ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰月朔木槊]
◆長い柄の先に矛(ほこ、両刃の剣に長柄を差し込めるように筒状の鞘を付けたもの)を取り付けた武器、同”㮶””鎙””矟”{刀剣槍}
◆「棊槊(きさく)」、盤(ボード)を使うゲームの一種、バックギャモン(backgammon)、或いはそれに似たボードゲーム、「棋」はその駒、「槊」はその盤
【構】木4+10=総画数14 U+69CB [コウ、ク/かま・える、かま・う] 【𣕛】[木三十4土2井𠀎冂土冉再冓構]
◆材木をしっかりと組んで建物を作る、また出来上がった建物
◆(建物・作品・組織など)幾つかの素材や要素を組み合わせて作り上げる、また組み立て上がったもの
◆組み立てる、成り立たせる
◆[日]かま・える、身や心の形を整える
◆[日]かま・う、人にあれこれと関わる
◆簡”构”
漢字林(非部首部別)
【槌】木4+10=総画数14 U+69CC [ツイ、ズイ/つち] 【桘】[木ノコ2㠯𠂤え辶辶追槌]
◆杭などを打ちつける道具、ものを叩(たた)く柄の付いた道具
◆蚕棚(カイコを飼うための竹籠を載せる棚)の柱や横木
【槍】木4+10=総画数14 U+69CD [ショウ、ソウ/やり] 【枪】[木人𠆢一亼ヨノ口倉槍]
◆両方また片方の先を尖らせた長い棒
◆長い棒の先に矛(ほこ、両刃の剣)を付け突き刺せるようにした武器{刀剣槍}
◆突く、突き進む
【槎】木4+10=総画数14 U+69CE [サ、ジャ/] 【𣞚】[木ソ三王羊𦍌ノエ工差槎]
◆木を組んで作った筏
◆枝を大雑把(おおざっぱ)に払い落としただけの丸太(まるた)、製材する前のごつごつした木材
【槏】木4+10=総画数14 U+69CF [カン、ケン/] [木ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼槏]
◆(壁や塀の一部を成す)扉・戸・窓・門などの両脇の柱、同”榦”
【槐】木4+10=総画数14 U+69D0 [カイ、エ/えんじゅ] [木ノ丿田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼槐]
◆エンジュ(槐)、マメ科エンジュ属の木、また同属の木の総称{エンジュ}
◆「三槐(さんかい)」、別称「三公(さんこう)」、最高位の官位で、三人が任じられ、その並ぶ位置にエンジュが植えられたことから
【槑】木4+10=総画数14 U+69D1 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅楳𣕱𤯏𣒫𣏁】[口木呆2槑]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実{ウメ}
【槒】木4+10=総画数14 U+69D2 [キク、チク/] 【慉】[木亠くム厶幺玄田畜槒]
◆蓄える、養う、同”畜”
【槓】木4+10=総画数14 U+69D3 [コウ/] [木エ工目ハ貝貢槓]
◆長い棒、棹(さお)、同”杠”
◆文章の一部分に引く傍線、「注意」「重要」などの意を示すための線
【槔】木4+10=総画数14 U+69D4 [コウ/] 【槹橰】[木白大十本夲皋槔]
◆「桔槔(けっこう)」、縄の端に桶を片方に石を結わえて滑車に通し井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【槕】木4+10=総画数14 U+69D5 [タク/] 【桌】[木ト卜⺊日十早卓木桌槕]
◆机、テーブル、用途や形状(大小・高低・方円など)を問わない
【槖】木4+10=総画数14 U+69D6 [タク/] 【橐𢅍𢄿】[土士ワ冖石𥑟木䂞槖]
◆口が二つある筒状の袋、中に物を入れ両端を縛る、口が片方のものは「囊」、「橐」は「囊」よりもやや小さめのものを指すという
◆鞴(ふいご)、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置
◆「槖駝(たくだ)」、ラクダ(駱駝)
◆古”𡇈”
漢字林(非部首部別)
【槗】木4+10=総画数14 U+69D7 [キョウ、ギョウ/はし] 【橋桥𣘺】[木ナ𠂇口右冂口冋𠳮槗]
◆川や谷などの深く凹状になっている上を横切るように板・棒・綱などを架け渡したもの
◆高いさま
【様】木4+10=総画数14 U+69D8 [ヨウ/さま] 【樣】[木ソ三王羊𦍌水𣴎様]
◆物事の性格や状態、また姿や形、あり方また見掛け
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式
◆種類などを数える語
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆[日]人に対して敬意を表す接尾語
【槙】木4+10=総画数14 U+69D9 [テン、シン/まき] 【槇】[木十目𥃭一ハ八具真槙]
◆木の先の細い部分、梢(こずえ)
◆倒れた木
◆木目(もくめ)がびっしりと詰まっているさま、「【類篇:類篇卷十八】木理堅密」
◆イヌマキ(犬槇)、マキ科マキ属の常緑針葉高木、同「羅漢松(らかんしょう)」{イヌマキ}
◆[日]マキ(槇)、マキ科の木の総称、コウヤマキ科などの木{マキ}
【槚】木4+10=総画数14 U+69DA [カ、ケ/ひさぎ] 【檟】[木西覀襾冂人贝贾槚]
◆キササゲ(木大角豆)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{キササゲ}
◆チャノキ(茶の木)の一種
【槛】木4+10=総画数14 U+69DB [カン、ゲン/おり] 【檻】[木リ刂ノ一𠂉、丶皿监槛]
◆猛獣や罪人などを閉じ込めておく囲い
◆仕切ったり囲ったりするための横木、手摺(てすり)、同”欄””楯”
◆【康熙字典:木部:十四:檻】に「《註》縱曰檻,橫曰楯。」とあり、「柵状の囲いを檻、横木を組んだ囲いを楯」の意か?
【槜】木4+10=総画数14 U+69DC [スイ/] 【檇㰎】[木ノ2隹ノ丿フ𠃌2𠄎乃隽槜]
◆「槜李(すいり)」、スモモ(李)の一種、現浙江省付近あった古地名
【槝】木4+10=総画数14 U+69DD [/かし] [木島槝]
◆[日]「槝之浦(かしのうら)」、地名、鹿児島県阿久根市
【槞】木4+10=総画数14 U+69DE [ロウ、ル/] 【櫳栊】[木立田L乚甩竜槞]
◆木や竹を格子状に組んだ檻
◆部屋の窓、同”㰍”
【槟】木4+10=総画数14 U+69DF [ビン、ヒン/] 【檳㯽梹】[木ウ宀丘ハ八兵宾檳槟]
◆「槟榔(ビンロウ)」、ヤシ科ビンロウ属の植物
◆「槟子」、リンゴ(林檎)に似た実の成る木
【槠】木4+10=総画数14 U+69E0 [ショ/かし] 【櫧】[木、丶レ讠土ノ耂日者诸槠]
◆「苦槠(くしょ)」、ブナ科シイ属の木、学名はCastanopsis sclerophylla、堅く腐りにくいことから建物の柱などに用いるという
◆「米槠(べいしょ)」、タカサゴジイ(高砂椎)、ブナ科シイ属の木{タカサゴジイ}
◆[日]カシ(樫)、ブナ科コナラ属の木{カシ}
【槡】木4+10=総画数14 U+69E1 [ソウ/くわ] 【桑桒𠭨𠭌𣕐】[木ヌ又3木桑槡]
◆クワ(桑)、クワ科の木の総称、実は食べられ葉は蚕の餌になり根は薬になる、更に枝は弓に利用されるという用途の広い木のために異体字が多い
【槤】木4+10=総画数14 U+69E4 [レン/] 【梿櫣】[木車え辶辶連槤]
◆木名、実はビワ(枇杷)に似ているという、同”栛”
◆主殿(しゅでん)に連なる小さな建物、同”簃”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【槰】木4+10=総画数14 U+69F0 [ホウ/] 【𣟀𣝘】[木ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢槰]
◆草木が盛んに繁るさま
【模】木4+10=総画数14 U+6A21 [ボ、モ/] [木サ十2艹艹日䒤大旲莫模]
◆目的の形に造るための木製の型(かた)、土製は「型」、竹製は「範」
◆手本、基本や標準となるもの
◆ものの形や大きさ
◆手本や基準となるものの形や大きさに似(に)せる、手本とするものに倣(なら)う
◆よく見えないものを手で触れて確かめる、同”摸”
◆「模糊(もこ)」、同「糢糊」、輪郭がぼやけてはっきりしないさま
【樮】木4+10=総画数14 U+6A2E [/ほくそ] [木西覀襾火䙳樮]
◆[日]「樮川(ほくそがわ)」、地名、和歌山県日高郡印南町
【樺】木4+10=総画数14 U+6A3A [カ、ゲ/かば、かんば] 【桦𣛛】[木サ十2艹艹三十23華樺]
◆カバ(樺)、カバノキ(樺の木)、カバノキ科カバノキ属の木、また同科同属の木の総称{カバノキ}
◆[日]かば、赤味を帯びた茶色
【﨔】木4+10=総画数14 U+FA14 [キョ、コ/けやき] 【欅櫸𣟱榉】[木ツ一ハ八兴手挙欅﨔]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称{ケヤキ}
◆「欅柳(きょりゅう)」、同「柜柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆「山毛﨔(さんもうきょ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(かくと)」{ブナ}
【𣔿】木4+10=総画数14 U+2353F [カン、ゲン/] 【㯺𣠿】[匚コ巨臣ノ一𠂉二木𣔿]
◆書物や衣類を収納するための大きな蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)
◆田畑の土が堅いさま、同”𡒓”
【𣕤】木4+10=総画数14 U+23564 [未詳/] [一口ノ木口束𣕤]
◆未詳
【𣖱】木4+10=総画数14 U+235B1 [サイ、セ/] [木山ム厶ハ八圥ノ丿ヌ又夂夋𣖱]
◆木の節(ふし)
【𣖴】木4+10=総画数14 U+235B4 [チョク、ジキ/ただ、ただ・ちに、じか、じき、す・ぐ、なお、なお・す、なお・る、ひた] 【直𥄂𣓟𣖇𠅺𣖈𡇛】[ト卜⺊口囗占メ卤卥L木𣖴]
◆ものの正面に視線を向ける
◆横に食(は)み出たり曲がったりしていないさま、凹凸ががないさま、間に余分なものや無用なものが挟まっていないさま
◆曲がりや歪みなどを正す、本来あるべき姿形や状態に戻す
◆すっくと立つ、曲がらずに伸びる
◆当番、持ち回りでする仕事の番に当たる
◆価値
【𣖵】木4+10=総画数14 U+235B5 [サ、ザ、サン、ザン/] 【㭫】[木广人2土坐座𣖵]
◆「𣖵接(させつ)」、バラ科サクラ属(元スモモ属)の果樹の名、未詳、「櫖李」「麦李」とも呼ばれる
【𣖸】木4+10=総画数14 U+235B8 [テイ、ダイ/] [木广立十干辛𣖸]
◆米を磨(と)ぐための棒
【𣖹】木4+10=総画数14 U+235B9 [ジョ、ニョ/] [木女口如手挐𣖹]
◆「淭𣖹」、土を細かくするための櫛の歯状の刃の付いた農具
【𣖿】木4+10=総画数14 U+235BF [シ/] [木一、丶弋目ハ貝貣𣖿]
◆垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同”杙”
【𣗀】木4+10=総画数14 U+235C0 [カイ、ケ/] 【楷】[木⺊上止レノ丿𠂈ヌ又𠬞𣗀]
◆「楷樹(カイノキ)」、ウルシ科カイノキ属の木)
◆基準となるもの、倣うべきもの、手本
◆「楷書(かいしょ)」、漢字の書体の一つ、崩したり画(かく)を続けたりしない書体
【𣗁】木4+10=総画数14 U+235C1 [トン、ドン、サツ、サチ/] [木石柘2𣗁]
◆耕して種を蒔いたり肥料を施すための溝を作るための農具
◆隙間がない程に近づく、ぴったりとくっつく、同”拶”
【𣗄】木4+10=総画数14 U+235C4 [/たらのき] [木サ十2艹艹亠L𠃊亡芒ノ丿I|丨L乚川巟荒𣗄]
◆[日]「𣗄代(たらのきだい)」、地名、現「たらのき代」、山形県鶴岡市
【𣗊】木4+10=総画数14 U+235CA [バン、マン/] 【樠】[木サ十2艹艹冂人2从内丙両兩两𣗊]
◆樹液や脂(やに)が木から滲み出る
◆松脂(まつやに)
【𣗔】木4+10=総画数14 U+235D4 [未詳/] [木ヨレノ艮え辶辶退𣗔]
◆未詳
【𣗜】木4+10=総画数14 U+235DC [未詳/] [王2玨人珡木𣗜]
◆未詳、「珡琹(琴)」の訛字か?
【𣗥】木4+10=総画数14 U+235E5 [未詳/] [木口束2𣗥]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
【𣗪】木4+10=総画数14 U+235EA [タ、ジャ/] [木サ十2艹艹人十ハホ木茶𣗪]
◆チャ(茶)、チャノキ(茶の木)、ツバキ科ツバキ属の木、同”茶”{チャノキ}
【𣗳】木4+10=総画数14 U+235F3 [シュ、ジュ/き] 【樹树𡬾𣕒𣚤𢒳】[木一口ソ丷一䒑豆十、丶寸𣗳]
◆木本(もくほん)の植物のうち地面から垂直に伸び立った木、立ち木、木本の植物の総称は「木」、切った木を「材」
◆木を植え大きく高く育てる
◆まっすぐに立てる、しっかりと立てる
【𣗴】木4+10=総画数14 U+235F4 [リツ、リチ/くり] 【栗㮚𣡼𣡷】[ト⺊卜ト卜⺊口占口囗心ノ丿必㘠𠧸木𣗴]
◆クリ(栗)、ブナ科クリ属の果樹、またその実{クリ}
◆(栗の木は堅く腐りにくいことから)堅い
◆慄(おのの)く、恐れや寒さで体が震える、同”慄”
【𣗽】木4+10=総画数14 U+235FD [ヒ、ビ/] 【㮰】[木ク𠂊冂人𠔿ヒ七𠤎匕2比𣗽]
◆軒(のき)、屋根の建物から先に張り出した部分
◆軒を支える木、またその木の先端が等間隔で並ぶさま
【𣘐】木4+10=総画数14 U+23610 [キョク、コク/とげ、いばら] 【棘𣡍】[二ソ木未来2𣘐]
◆とげ、先端が細く尖った形のもの、刺(とげ)
◆いばら、刺(とげ)のある木
◆突き刺さる、刺さって痛む
◆「九𣘐(きゅうきょく)」、卿(きょう、重臣、要職の長)の爵位、九人が任じられその並ぶ位置に棘(いばら)が植えられたことから
漢字林(非部首部別)
【𣘑】木4+10=総画数14 U+23611 [ケイ、キョウ/] 【檾𤍔】[九ワ冖木2林𣘑]
◆イチビ(苘麻)、アオイ科イチビ属の草、また同属の草の総称、茎の皮から麻に似た白っぽい繊維を作る、同”苘”{イチビ}
【𣘒】木4+10=総画数14 U+23612 [カン、ケン/] 【榦𠏉】[十日一Lフ𠃌丂号人木𣘒]
◆(壁や塀の一部を成す)扉・戸・窓・門などの両脇の柱、壁や塀の角(すみ)や両端に立てる丈夫な柱は「楨」
◆木の幹(みき)
【𣘻】木4+10=総画数14 U+2363B [タ、ジャ/] [木サ十2艹艹人𠆢一亼二小余荼𣘻]
◆チャ(茶)、チャノキ(茶の木)、ツバキ科ツバキ属の木{チャノキ}
◆トウキササゲ(唐楸)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{トウキササゲ}
【𣙷】木4+10=総画数14 U+23677 [ボウ、モウ/] 【杧】[木サ十2艹艹大犬一ノ丿ナ十2廾莽𣙷]
◆「𣙷果(ぼうか)」、マンゴー(mango)、ウルシ科マンゴー属の果樹、また同属の木の総称、同「芒果」{マンゴー}
【㯁】木4+11=総画数15 U+3BC1 [ホウ、ボウ、ハイ、バイ、ベ/] 【棓𣘙】[木ろ3I|丨阜阝立口咅陪㯁]
◆木の棒、棒で打つ、同”棒”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
◆踏板(ふみいた)、堀や溝などに架ける渡り板、同”𤗏”
【㯂】木4+11=総画数15 U+3BC2 [タイ/] [木ノ十2廿L乚ワ冖巾帯帶㯂]
◆蚕棚を作るための木材
【㯃】木4+11=総画数15 U+3BC3 [シツ、シチ/] 【桼𢒡】[木木人𠆢ンく水氺桼㯃]
◆漆、漆黒
◆数字の七
【㯅】木4+11=総画数15 U+3BC5 [ヒ、ビ/] [木广ノ田甶十2卑卑庳㯅]
◆「㯅㯕(ひせい)」、木の細い枝が垂れ下がって絡み合うさま、「【康熙字典・木部・十一・㯅】《玉篇》㯅㯕,木下枝也。」「【蠛蠓集・卷三】糾枝龓房㯅㯕」
【㯇】木4+11=総画数15 U+3BC7 [ヘイ、バイ/] 【梐】[木一6三2非土𡌦㯇]
◆行馬(こうば)、役所の門前で人馬の通行を遮る木の柵、同”枑”
◆牢獄
【㯈】木4+11=総画数15 U+3BC8 [ソク/] 【樕𣙙】[木木口束え辶辶速㯈]
◆「樸㯈(ぼくそく)」、カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【㯉】木4+11=総画数15 U+3BC9 [カク、ワク/] 【𣛲】[木ト⺊卜フノ丿2七虎虍ソ乎虖㯉]
◆木名、未詳、「【 廣韻:上平聲:魚:攄:㯉】惡木」
【㯋】木4+11=総画数15 U+3BCB [エイ、ヨウ/] [ヒ七𠤎匕百目自𦣻貝頁頃木㯋]
◆椅子に座った時に足を載せる台
◆長方形の小箱
【㯌】木4+11=総画数15 U+3BCC [未詳/] [木一ノ34彡く𧰨豕え辶辶逐㯌]
◆「樄㯌」、【康熙字典・樄】に「《字彙》經營馳逐也」とあり
【㯍】木4+11=総画数15 U+3BCD [ショウ、ソウ/] 【槳桨】[木Lノ「爿タ夕十、丶寸将將㯍]
◆舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同”楫”、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
【㯏】木4+11=総画数15 U+3BCF [ケイ、キョウ、コク/] 【䅽】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸木㯏]
◆馨(かお)る、よい香りが遠くまで漂い広がる、同”馨”
◆穀物、同”穀”
【䲷】鳥部
【槢】木4+11=総画数15 U+69E2 [シュウ、ジュウ/] [木羽羽白習槢]
◆木材を繋いで一本にする時の繋ぎ合わせの部分の楔(くさび)などを使った工夫
【槣】木4+11=総画数15 U+69E3 [キ/] [木ウ宀大丁口可奇寄槣]
◆箸で物を挟み取る
◆載せる
【槥】木4+11=総画数15 U+69E5 [エイ、エ/] [木ノ三|十3丰2ヨ彗槥]
◆小さな棺、(戦死者の遺体を郷里に送り届けるための)簡単な造りの棺
【槦】木4+11=総画数15 U+69E6 [ヨウ、ユウ/] [木广ヨ用庸槦]
◆「㮧槦」、木名、矢柄(やがら)に用いられるという{弓箭}
【槧】木4+11=総画数15 U+69E7 [セン、ザン/] 【椠】[車ノ丿2𠂆T斤斬木槧]
◆文字を書くための木の板
◆書籍の版木(はんぎ)
◆木簡、手紙
漢字林(非部首部別)
【槨】木4+11=総画数15 U+69E8 [カク/] 【椁𣠐】[木亠口了亨子享ろ3I|丨邑阝郭槨]
◆棺(ひつぎ)を納めるための木製の外箱、外棺、石製は「𥕖」
【槫】木4+11=総画数15 U+69EB [タン、ダン、セン、ゼン/] 【𣏢】[木一十由田𤰔ム厶叀十、丶寸専專槫]
◆寄せ集めて纏(まと)まる、寄せ集まって丸く一塊(ひとかたまり)になる
◆丸太を輪切りにしたり板を円形に切って作った車輪の車、古く柩(ひつぎ)を載せるのに用いた車、同”輇””輲”
【槬】木4+11=総画数15 U+69EC [カ/] 【摦𢶎】[木大二一Lフ𠃌丂亏夸爪ム厶瓜瓠槬]
◆横に広いさま
【槭】木4+11=総画数15 U+69ED [シュク、スク、サク、シャク/] [木厂一、丶弋ノ丿戈上小尗戚槭]
◆カエデ(楓)、ムクロジ科カエデ属の木の総称{カエデ}
◆木の葉が散り落ちて枝だけになるさま
【槮】木4+11=総画数15 U+69EE [シン/] 【椮𣚈𣟹】[木ム厶2厸3厽人𠆢ノ丿3彡㐱參槮]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま
◆「櫹槮(しょうしん)」◇草木が盛んに茂るさま◇花や葉が散って枝や幹だけになるさま
◆水中に柴などを積んで魚を捕る仕掛け、同”罧”
【槯】木4+11=総画数15 U+69EF [サイ/] [木山ノ2隹崔槯]
◆木名、未詳、杖などに用いるという
【槱】木4+11=総画数15 U+69F1 [ユウ、ユ/] 【𣜃𤍕梄𥙫禉】[木西酉、丶4灬槱]
◆積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【槲】木4+11=総画数15 U+69F2 [コク、ゴク/] [木ク用ク用角、丶2⺀十斗斛槲]
◆カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【槳】木4+11=総画数15 U+69F3 [ショウ、ソウ/] 【桨㯍】[Lノ「爿タ夕十、丶寸将將木槳]
◆舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に船が進む、同”楫”、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
漢字林(非部首部別)
【槴】木4+11=総画数15 U+69F4 [コ、ゴ/] [木、丶一コノ丿尸户戶戸口口L乚巴邑扈槴]
◆書物を入れる箱または包み
◆魚を獲(と)る道具
【槵】木4+11=総画数15 U+69F5 [カン、ゲン/] 【梙】[木口中2串心患槵]
◆ムクロジ(無患子)、ムクロジ科の木、また同科の植物の総称
【槶】木4+11=総画数15 U+69F6 [カイ、ケ/くぬぎ] 【椢】[木口囗一、丶弋ノ丿戈或國槶]
◆竹製の四角い箱状の容器、籠(かご)、またその底箱(そこばこ)
◆婦人が頭を包む頭巾、その上に冠などを被(かぶ)り簪(かんざし)などで留めるという、同”幗”
◆[日]クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
【槷】木4+11=総画数15 U+69F7 [ゲツ、ゲチ/] [土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶木槷]
◆木製の楔(くさび)
◆門の中央の地面に打ち込む短い杭(くい)、同”臬””闑”
◆練習用の矢の的(まと)の中心、同”臬”
【槸】木4+11=総画数15 U+69F8 [ゲイ、ゲ/] 【𣞕】[木土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶槸]
◆枝が揺れて互いに擦(こす)れ合う
【槹】木4+11=総画数15 U+69F9 [コウ/] 【槔橰】[木白二2ンく十皐槹]
◆「桔槹(けっこう)」、縄の端に桶を片方に石を結わえて滑車に通し井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【槺】木4+11=総画数15 U+69FA [コウ/] [木广ヨンく水氺隶康槺]
◆「槺梁」、建物の内部
【槻】木4+11=総画数15 U+69FB [キ/つき] [木二人大夫目見規槻]
◆木名、弓などに用いるという
◆[日]ツキ(槻)、「ケヤキ(欅)」の別称、ニレ科ケヤキ属の木
【槼】木4+11=総画数15 U+69FC [キ/のり] 【規规䂓椝】[二人大夫目見規木槼]
◆ぶんまわし(規)、コンパス(compass)、正しく円を描く道具、直線や角度を描く道具は「矩」
◆基準・標準となるもの、基準・標準とすべき決まりごと
◆基準・標準となるものに従って長さや程度など測る
【槽】木4+11=総画数15 U+69FD [ソウ、ゾウ/] [木一十2日曰曲日曹槽]
◆飼葉桶(かいばおけ)、牛馬の食料を入れる桶
◆水や酒を入れる比較的大きな容器
◆溝、窪み
【槾】木4+11=総画数15 U+69FE [バン、マン、モン/] [木日曰四罒ヌ又曼槾]
◆木鏝(きごて)、壁土を塗る木製の鏝(こて)、同”杇”
◆軒(のき)、屋根の建物から先に張り出した部分
【槿】木4+11=総画数15 U+69FF [キン、コン/むくげ] [木十2廿口三土堇槿]
◆ムクゲ(槿、木槿)、アオイ科フヨウ属の木
【樀】木4+11=総画数15 U+6A00 [テキ、チャク/] 【𣚌㰅】[木亠ソ立冂十口古啇樀]
◆軒(のき)、屋根の建物の外に張り出した部分
◆紡いだ糸を巻き取る道具
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、「【康熙字典】《類篇》槌也。」
【樁】木4+11=総画数15 U+6A01 [ショウ、シュウ/] 【桩】[木三人大夫𡗗ノEヨ臼舂樁]
◆木製の杭
◆事柄(ことがら)を数える語、同”件”
【樂】木4+11=総画数15 U+6A02 [ラク、ガク/たの・しい、たの・しむ] 【楽𣠋乐】[白くム厶幺2楽樂]
◆音を奏(かな)でる、「音楽(おんがく)」
◆調和が取れて心地よい、心や体を煩(わずら)わせるものが何もなく安らかで快(こころよ)い、悦(よろこ)ばしい
漢字林(非部首部別)
【樃】木4+11=総画数15 U+6A03 [ロウ/] [木、丶ヨレノ艮良月朗樃]
◆木名、未詳
【樄】木4+11=総画数15 U+6A04 [チン、ジン/] [木ろ3I|丨阜阝日田木東陳樄]
◆「樄㯌」、【康熙字典】に「《字彙》經營馳逐也」とあり
【樅】木4+11=総画数15 U+6A05 [ショウ、シュ/もみ] 【枞】[木ノ丿2イ彳人2从⺊上止從樅]
◆モミ(樅)、マツ科モミ属の木、「冷杉(れいさん)」とも呼ばれる{モミ}
◆木が高く聳えるさま
【樆】木4+11=総画数15 U+6A06 [リ、チ/] [木亠メ㐅凵凶㐫冂ム厶禸离樆]
◆ナシ(梨)、或いはナシ(梨)の一種
◆自生のナシ(梨)、栽培しているものは「梨」
【樇】木4+11=総画数15 U+6A07 [シュウ/] [木イ人亻I|丨ノ一𠂉メヌ又攵攸月脩樇]
◆木名、未詳
【樈】木4+11=総画数15 U+6A08 [キョウ/] [木立日ノ丿L乚儿竟樈]
◆鑿(のみ、木に穴を掘る道具)の柄
【樉】木4+11=総画数15 U+6A09 [ソウ、ショウ/] [木人大メ4爽樉]
◆木名、未詳
◆木が生い茂るさま
【樊】木4+11=総画数15 U+6A0A [ハン、ボン/] 【𤕩】[木2林メ㐅乂2爻棥大樊]
◆家畜などが逃げ出さないように木などを組んだ垣根(かきね)や柵(さく)
◆鳥などが逃げ出さないように被(かぶ)せる籠
◆囲い込む、取り囲む
◆入り乱れる
漢字林(非部首部別)
【樋】木4+11=総画数15 U+6A0B [トウ、ツウ/とい、ひ] [木マ龴用甬え辶辶通樋]
◆木名、一説にアケビ(木通)という、「木通」の合字
◆[日]とい、ひ、水を引くための筒状また筒を半分に割ったような形状のもの
漢字林(非部首部別)
【樌】木4+11=総画数15 U+6A0C [カン/] [木母毋目ハ貝貫樌]
◆枝が(根元から)こんもりと茂る、またそのような木、同”灌”
【樍】木4+11=総画数15 U+6A0D [サク/] [木十二三土龶目ハ貝責樍]
◆ギョリュウ(檉柳)、ギョリュウ科ギョリュウ属の木
【樎】木4+11=総画数15 U+6A0E [シュク、スク/] [木ウ宀イ人亻一白百佰宿樎]
◆飼葉桶、牛馬の餌を入れる桶
【樏】木4+11=総画数15 U+6A0F [ルイ/わりご] [木田糸累樏]
◆山道を行く時に乗る駕籠、或いは輿(こし)、同”欙”
◆わりご(破子、破籠、樏)、(仕切皿や絵具皿のような)仕切りが付いた皿状の器
◆木名、実は殻がなく皮があるという、未詳
【樐】木4+11=総画数15 U+6A10 [ロ/やぐら] 【櫓橹㯭】[木ト⺊卜口囗占ノ丿メ、丶4𠂭鹵樐]
◆城壁などの上に高く建てた見張り台、望楼(ぼうろう)
◆壁のように木や板を組んだ大きな盾(たて)
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”艪”
◆[日]木を高く組んだ構築物、四本足の台状のものや工事用の足場など
【樑】木4+11=総画数15 U+6A11 [リョウ、ロウ/] [木シ氵刀、丶ハ刅木梁樑]
◆二本或いは複数の支柱の上に架け渡す木、建物の梁(はり)、同”梁”
【樒】木4+11=総画数15 U+6A12 [ビツ、ミツ、ミチ/しきみ] 【櫁榓】[木ウ宀心ノ丿必宓心ノ丿必山𡶇密樒]
◆ジンコウ(沈香)、ジンチョウゲ科ジンコウ属の木
◆[日]シキミ(樒)、シキミ科シキミ属の木
【樓】木4+11=総画数15 U+6A13 [ロウ、ル/] 【楼𩫰】[木口2十中女婁樓]
◆二階建て以上の高い建物、何層にも重なっているような高い建物、階数(建物内部の床の層数)と層数(建物外観の層数)は別で、ここでは二層以上になっているものを指す
◆構築物の上に建てた建物、城壁など上に建てた櫓(やぐら)
【樔】木4+11=総画数15 U+6A14 [ソウ、ジョウ/] [木く𡿨3巛田甲木果巣巢樔]
◆木や高く組んだ櫓の上に作った粗末な見張り小屋
◆掬(すく)うようにして魚を捕る笊のような形の漁具、同”罺”
【樕】木4+11=総画数15 U+6A15 [ソク/] 【㯈𣙙】[木木口束ノフ乛人欠欶樕]
◆「樸樕(ぼくそく)」、カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【樖】木4+11=総画数15 U+6A16 [コウ/] [人𠆢一亼口𠮛合木丁口可柯樖]
◆木の枝が揺れて擦れ合う
【樗】木4+11=総画数15 U+6A17 [チョ/おうち、あふち] [木雨二一Lフ𠃌丂亏雩樗]
◆ニワウルシ(庭漆)、ニガキ科ニワウルシ属の木{ニワウルシ}
◆「樗櫟(ちょれき)」、(「樗」も「櫟」も用途がない木であることから)役に立たない人、自分を謙遜して言う場合に用いる
◆[日]おうち、あふち、センダン(栴檀)の古名、センダン科センダン属の木{センダン}
【樘】木4+11=総画数15 U+6A18 [トウ、ドウ/] [木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚土堂樘]
◆上部のものを支える柱、支柱、同”橖”
◆門や戸などの框(かまち、枠組み)
◆”□”字状の枠組みに”/””\””×”字状に斜めに渡し支える柱、斜交い(はすかい)、筋交い(すじかい)、同”橕”
【標】木4+11=総画数15 U+6A19 [ヒョウ/しるし、しるべ] 【标𣠙】[木西覀二小𡭕示票標]
◆木の高いところにある枝、木の枝の先、梢(こずえ)
◆(高い木が目印になることから)場所を特定するための目印、案内や識別のための印や記号
◆高く掲げる、目立つように示す、見本として示す
◆物事の先端、瑣末なさま
【樚】木4+11=総画数15 U+6A1A [ロク/] [木广コヒ七𠤎匕2比鹿樚]
◆「樚櫨(ろくろ)」、同「轆轤」、井戸の釣瓶(つるべ)を上げ下げするための回転する円形の部品、滑車
◆「樚木(ろくぼく)」、別名「醉魚草(すいぎょそう)」、トウフジウツギ (唐藤空木)、ゴマノハグサ科フジウツギ属の木{トウフジウツギ}
【樛】木4+11=総画数15 U+6A1B [キュウ、リョウ/] [木羽羽人𠆢ノ丿3彡㐱7翏樛]
◆木の枝が垂れる、垂れて絡み合う、絡み合う
【樜】木4+11=総画数15 U+6A1C [シャ/] [木广十2廿、丶4灬庶樜]
◆ヤマグワ(山桑)、クワ科クワ属の木、同”柘”
◆「藷樜」、同「甘蔗」、サトウキビ(砂糖黍)、イネ科サトウキビ属の草
【樝】木4+11=総画数15 U+6A1D [サ、シャ/] 【𣙁𣕈】[木⺊フ乛ノ丿七虍目且虘樝]
◆「山樝子(サンザシ)」、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
◆「榠樝(めいさ)」◇マルメロ(榲桲)、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}◇カリン(花梨)、バラ科カリン属の木、またその実{カリン}
【樞】木4+11=総画数15 U+6A1E [スウ、シュ、ス/] 【枢】[木匚口2吅3品區樞]
◆扉の開閉時に回転軸となる上下にある突起の部分
◆物事の動きの中心、重要な部分
漢字林(非部首部別)
【樟】木4+11=総画数15 U+6A1F [ショウ/くす、くすのき] [木立日十早章樟]
◆クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木、別名「櫲樟、豫樟、豫章(よしょう)」{クスノキ}
◆「樟脳(しょうのう)」、古くクスノキの枝や葉などを蒸留することで得らた結晶、薬用・防虫・防腐などとして利用される
【樠】木4+11=総画数15 U+6A20 [バン、マン/] 【𣗊】[木十2廿冂巾入2兩㒼樠]
◆樹液や脂(やに)が木から滲み出る
◆松脂(まつやに)
【樢】木4+11=総画数15 U+6A22 [チョウ、ボク、モク/] [木鳥樢]
◆ツタ(蔦)、ブドウ科ツタ属などの蔓性植物の総称
◆シャコ(鷓鴣)、キジ科シャコ属の鳥
【樣】木4+11=総画数15 U+6A23 [ヨウ/さま] 【様】[木ソ三王羊𦍌、丶水永羕様樣]
◆物事の性格や状態、また姿や形、あり方また見掛け
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式
◆種類などを数える語
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆[日]人に対して敬意を表す接尾語
◆簡”样”
【樤】木4+11=総画数15 U+6A24 [チョウ、ジョウ/] [木イ人亻I|丨ノヌ又夊夂木条條樤]
◆木の細長い枝
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実
【樥】木4+11=総画数15 U+6A25 [ホウ/] [木サ十2艹艹ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆莑樥]
◆【康熙字典】に「《類篇》梁上槅也」とあり
【樦】木4+11=総画数15 U+6A26 [チュウ/] [木竹、丶王主樦]
◆楽器、弦楽器、楽器を演奏する
【樧】木4+11=総画数15 U+6A27 [サツ、セツ、セチ/] 【榝】[木メ㐅十ノ丿L乚儿ハ八木ホ𣎳、丶朮杀𣏂ク刀几ヌ又殳殺殺樧]
◆木名、サンショウ(山椒)に似た赤い実の成るという、一説にカラスザンショウ(烏山椒)とする
【権】木4+11=総画数15 U+6A29 [ケン、ゴン/] 【權权】[木ノ一𠂉二ナノ2隹権]
◆秤に使う分銅(ふんどう)
◆重さを計る、状況を量(はか)りそれに応じて対応する
◆釣り合いを左右することができる重みまた力また立場、力や立場を利用して支配・指揮する
◆仮の、一時的な
【横】木4+11=総画数15 U+6A2A [コウ、オウ/よこ] 【橫】[木十2艹一龷田由ハ八黃黄横]
◆(垂直に立つ柱に対して)水平に渡した木
◆(前後に対して)左右の方向、(南北に対して)東西
◆中心線や基準線が伸びる方向から外れ出ている方向、はみ出している方向
◆枠や筋道からはみ出る
◆道理から外れ出ている、不当な、乱暴な、めちゃくちゃな、普通でない
【樬】木4+11=総画数15 U+6A2C [ソウ、ス/] 【棇】[木ノ口囗メタ夕囱心悤樬]
◆小さな(蓋付の四角い)籠、同”𣚜”、「【正字通】同𣚜俗省」
◆タラノキ(楤木)、ウコギ科タラノキ属の木、同”楤”{タラノキ}
【樭】木4+11=総画数15 U+6A2D [未詳/] [木土甘目ハ八其基樭]
◆未詳
【樯】木4+11=総画数15 U+6A2F [ショウ、ゾウ/] 【檣】[木土ソ口囗2回啬樯]
◆帆柱(ほばしら)、船の帆を張るための柱、同”艢”
【樰】木4+11=総画数15 U+6A30 [/たら] [木雨ヨ雪樰]
◆[日]樰沢(たらさわ)、姓
【樱】木4+11=総画数15 U+6A31 [オウ、ヨウ/さくら] 【桜櫻】[木冂人贝2女婴桜櫻樱]
◆サクラ(桜)、バラ科サクラ属の木の総称{サクラ}
◆「桜桃(おうとう)」、果実を食用とするサクラ類の植物を指し、中国では「カラミザクラ(唐実桜)、別名シナミザクラ(支那実桜)」をいう、バラ科サクラ属の木、またその実(「さくらんぼ、さくらんぼう(桜桃、桜ん坊)」という){カラミザクラ}
【橥】木4+11=総画数15 U+6A65 [チョ/] 【櫫】[ノ2犭土ノ耂日者猪木橥]
◆木の杭、家畜などを繋ぐ杭
◆「楬橥」、標識や立て札、またそれを掲げる
【𡑀】土部
【𣖶】木4+11=総画数15 U+235B6 [ボク、モク/] 【楘𨎸𨍎𥠪】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メヌ又攵敄ノヌ又夊夂カ力务務木𣖶]
◆轅(ながえ)に巻きつけ補強すると同時に飾りとする帯、同”鞪”
【𣘕】木4+11=総画数15 U+23615 [シン、ジン/] 【梣𣠟】[木ウ宀ヨワ冖巾帚𣘕]
◆トネリコ(梣)、モクセイ科トネリコ属の木、皮は「秦皮(しんぴ)」と呼ばれ薬用として用いる、また木は堅く建材やバットなどに用いられる
【𣘖】木4+11=総画数15 U+23616 [ケン/] 【𢳚】[木鳥木梟2𣘖]
◆摴蒱(ちょほ、五枚の棒状の板を使う古代のボードゲーム)の組み合わせの一つ、「黒黒犢雉白」或いは「黒犢犢白白」の組み合わせ、「摴」「蒱」を参照、「【五木經】田云採六開塞塔禿撅搗(𢳚)、田云賤也,其採未詳。」
【𣘘】木4+11=総画数15 U+23618 [シン/] [木サ十2艹艹立十干辛莘𣘘]
◆寝台の前の横木
◆ハシバミ(榛)、カバノキ科ハシバミ属の木
【𣘙】木4+11=総画数15 U+23619 [ホウ、ボウ、ハイ、バイ、ベ/] 【棓㯁】[木立口咅ろ3I|丨邑阝部𣘙]
◆木の棒、棒で打つ、同”棒”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
◆踏板(ふみいた)、堀や溝などに架ける渡り板、同”𤗏”
【𣘝】木4+11=総画数15 U+2361D [セン/] 【櫏】[木西覀大䙲フ𠃌卩L乚㔾コ匚L乚己巳䙴𣘝]
◆「桾𣘝(くんせん)」、カキノキ科のカキ(柿)、実は小さく細長い
【𣘤】木4+11=総画数15 U+23624 [サツ、セチ/] 【櫒】[木タ夕フ二小𡭕示祭𣘤]
◆木名、未詳
◆草木が揺れて擦れ合う音
【𣘥】木4+11=総画数15 U+23625 [ヘイ/] [木門オ才閉𣘥]
◆木名
【𣘦】木4+11=総画数15 U+23626 [エイ、アイ/] [匚ノ大天矢医ク刀几ヌ又殳殹木𣘦]
◆木名、木は黒く紋があるという、別名を「烏木」「陰沈木」
【𣘧】木4+11=総画数15 U+23627 [フ/] 【柎𣏘】[木竹イ人亻十、丶寸付符𣘧]
◆花の萼(がく)
◆物の下に付く足、欄干などの足
◆木を組んで作った筏
【𣘨】木4+11=総画数15 U+23628 [カ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣丁口可𧙃𣘨]
◆「𣘨橠」、木の枝がしなやかに長く伸びているさま
【𣘩】木4+11=総画数15 U+23629 [シ/] 【杫】[木ノ丿2イ彳⺊上止龰2歨徙𣘩]
◆俎板(まないた)、肉を載せて切るための台
◆小さなテーブル
【𣘫】木4+11=総画数15 U+2362B [コウ、ゴウ/] 【椃】[口木呆口⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿L乚儿2虎唬𣘫]
◆木名、未詳
【𣘭】木4+11=総画数15 U+2362D [コウ、ギョウ、キョウ/] 【柙㘡】[木⺊フ乛ノ丿七虍田甲𣘭]
◆獣を押し込める檻
◆ぎゅっと押さえ付ける
◆香木名
【𣘯】木4+11=総画数15 U+2362F [コウ/] [十口ワ冖ナ𠂇ム厶厷木𣘯]
◆未詳、【康熙字典・木部・十一・𣘯】に「《集韻》網滿也。」とあり、【漢語大字典】は【康熙字典・网部・·六・𦊫】に「《玉篇》罔滿也。」とあることから「同”𦊫”」とする
【𣘰】木4+11=総画数15 U+23630 [コウ/] 【㮓𣕲】[木ハI|丨忄一2二舟𠄭𢛢𣘰]
◆【說文解字注】に「竟也」とあり
【𣘸】木4+11=総画数15 U+23638 [/べんと、べんど、べんどう] [木田甲土里、丶4灬黒𣘸]
◆[日]姓用字
【𣘹】木4+11=総画数15 U+23639 [/たら] [木ウ宀田由ハ寅𣘹]
◆「𣘹原(たらら)」、地名、長野県長野市、現在は「たら原」
【𣘺】木4+11=総画数15 U+2363A [キョウ、ギョウ/はし] 【橋桥槗】[木ノ一𠂉目冂口冋𣘺]
◆川や谷などの深く凹状になっている上を横切るように板・棒・綱などを架け渡したもの
◆高いさま
【𣙁】木4+11=総画数15 U+23641 [サ、シャ/] 【樝𣕈】[木⺊フ乛ノ丿七虍日一旦𣙁]
◆「山𣙁子(サンザシ)」、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
◆「榠樝(めいさ)」◇マルメロ(榲桲)、バラ科マルメロ属の木、またその実{マルメロ}◇カリン(花梨)、バラ科カリン属の木、またその実{カリン}
【𣙇】木4+11=総画数15 U+23647 [/] [土ノ2隹堆ノ2隹木集𣙇]
◆【中華字海】に「同㙫」とあり
【𣙗】木4+11=総画数15 U+23657 [/] [土ソ丷一䒑二十干𢆉幸九、丶丸執木𣙗]
◆「𣙗𦤙」、ぐらぐらして不安定なさま
【𣙙】木4+11=総画数15 U+23659 [ソク/] 【樕㯈】[木2木口束ノ一𠂉メヌ又攵敕𣙙]
◆「樸𣙙(ぼくそく)」、カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【𣙚】木4+11=総画数15 U+2365A [ヨウ/] [木ハ八ム厶公田甲土里𣙚]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:木部第一】𣙚枀二或作榕今通切韻音松梓玉篇音容木名也」
【𣙛】木4+11=総画数15 U+2365B [イ/] [木文口吝月𣙛]
◆「委𣙛(いい)」、曲がりくねっているさま、同「逶迤」
【𣙜】木4+11=総画数15 U+2365C [カク/] 【榷】[木ウ宀ノ2隹寉𣙜]
◆一本の木を渡しただけの橋
◆(その橋を渡る際に手数料を)徴収する
◆商売や利益を独占する
【𣙞】木4+11=総画数15 U+2365E [トウ、ト、ツ/] 【枓𣏸】[木一口ソ丷一䒑豆、丶2⺀十斗㪷𣙞]
◆酒や水などを汲む柄杓(ひしゃく)、同”斗”
◆屋根を支える梁(はり)や桁(けた)を受ける柱の上の方形の木、斗形(ますがた){建物}
◆「𣙞栱(ときょう、とうきょう)」、同「斗栱」、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材
【𣙡】木4+11=総画数15 U+23661 [ジ、ニ/なんじ、しか・り、しか・る] 【爾𤕨𠑂尔尓尒𡭗𠇍】[木冂メ㐅乂2爻4𣙡]
◆汝(なんじ)、あなた、君
◆然(しか)り、正(まさ)しく、その通り、同意・肯定の意を表す
◆然(しか)る、そのように、そのような
◆(時間を指して)それ、この、「爾来(じらい、それ以来)」
【𣙤】木4+11=総画数15 U+23664 [ギ/] 【𣚘】[ン冫厂一、丶弋ノ丿戈戊戌口咸减木𣙤]
◆「白𣙤(はくぎ)」、同「白𠌾」「白儀」「白義」、馬名、周の穆王の所有する八駿の内の一頭、「【穆天子傳:卷一】天子之駿:赤驥、盜驪、白義、踰輪、山子、渠黃、華騮、綠耳」
【𣙱】木4+11=総画数15 U+23671 [ク、コウ/] 【枸𣕉】[木竹ノ𠃌勹口句笱𣙱]
◆木や枝が曲がる、まっすぐにならない
◆「𣙱杞(クコ)」、同「枸檵(くけい)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
◆「𣙱橘(くきつ、カラタチ)」、同「枳(し、カラタチ)」「臭橘(しゅうきつ)」、ミカン科ミカン属の木{カラタチ}
◆「𣙱櫞(くえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
◆「𣙱榾、𣙱骨(くこつ)」、ヤバネヒイラギモチ(矢羽根柊黐、矢羽柊黐)、モチノキ科モチノキ属の木{ヤバネヒイラギモチ}
◆「枳𣙱(しく)」、同「枳椇(しぐ)」「𣖌𣕌(しく)」、シナケンポナシ(支那玄圃梨)、クロウメモドキ科ケンポナシ属の木{シナケンポナシ}
【𣙳】木4+11=総画数15 U+23673 [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 【梳𣐌𣓜𤴜㧧】[木2林口⺊上止龰足𣙳]
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆櫛で髪の毛を整える
【𣚖】木4+11=総画数15 U+23696 [アン、オン/] [木サ十2艹艹大日田L乚电奄菴𣚖]
◆木名、未詳、同”㭺”、「【集韻:卷四】𣚖㭺木名或省」
【𣚜】木4+11=総画数15 U+2369C [ソウ、ス/] 【𣞷】[木サ十2艹艹ハ八ム厶公心忩䓗𣚜]
◆小さな(蓋付の四角い)籠、同”棇”、「【方言:第五】箸筩,陳楚宋魏之間謂之筲,或謂之籝;自關而西謂之桶檧。」
【𣛎】木4+11=総画数15 U+236CE [未詳/] [木ノ2隹え辶辶進𣛎]
◆未詳
【𤍾】火部
【㯓】木4+12=総画数16 U+3BD3 [トウ/] [木人𠆢一亼口𠮛合羽羽翕㯓]
◆一時(いっとき)体を横たえたり座ったりするための細長い台、寝台のように幅広くはなく椅子のような背凭(せもた)れもない、同”榻”
【㯔】木4+12=総画数16 U+3BD4 [セイ、サイ/] [毛2㲎3毳木㯔]
◆【康熙字典】に「《唐韻》重擣」「《博雅》謝也」とあり、「䄟」の異体字で、「収穫した麦を搗く、また搗いたものを供えて収穫を感謝する祭礼」の意か?
【㯕】木4+12=総画数16 U+3BD5 [セイ、サイ/] [木甘目ハ八其ノ丿2𠂆T斤斯㯕]
◆「㯅㯕(ひせい)」、木の細い枝が垂れ下がって絡み合うさま
◆「櫪㯕(れきせい)」、同「拶指(さつし)」、指の間に五本の木の棒(「拶子」という)を挟んで強く縛る拷問、特に女性に対して行われた
【㯖】木4+12=総画数16 U+3BD6 [トク、ドク/] 【𣚅】[木十四罒一心𢛳㯖]
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、「【康熙字典・木部・樀】《類篇》槌也。㭙棏𣚅㰅𠀤同。」
【㯘】木4+12=総画数16 U+3BD8 [カン/] 【梡】[木土士二小𡭕示ノフ乛人欠款㯘]
◆(祭礼の際に供物を載せる)足付きの台、同”俎”
◆切り出した時のままで全く手を加えていない(切ったり削ったり割ったりしていない)木
【㯟】木4+12=総画数16 U+3BDF [ロク/ふもと] 【麓】[木2林レLフ一彑ンく水氺录彔㯟]
◆(木が生えている)山裾
◆山林を管理する役人
【㯡】木4+12=総画数16 U+3BE1 [ホウ、ヒョウ/] [木人𠆢ンく水氺桼ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包㯡]
◆下地に垸(灰汁を加えた漆)を塗りその上から漆を重ね塗りする
【㯢】木4+12=総画数16 U+3BE2 [チン、ジン/] 【栚𣒁㮳】[木コ匚L乚己巳2十2艹一龷ハ八共巽㯢]
◆蔟(まぶし、蚕を飼うための平たい籠)を架ける横木
◆木名、別名「山礬」「山矾」、ハイノキ科の木
【㯣】木4+12=総画数16 U+3BE3 [フン、ブン/] 【棻梤】[木サ十2艹艹ハ八刀分芬木棻㯣]
◆香木、良い香りがする木
【㯤】木4+12=総画数16 U+3BE4 [リキ、リョク/] [木人2从來4㯤]
◆木名、ナツメ(棗)の一種
漢字林(非部首部別)
【㯥】木4+12=総画数16 U+3BE5 [ソウ、ゾウ/] [日田木東2㯥]
◆太陽或いは天体が一周する
漢字林(非部首部別)
【㯳】木4+12=総画数16 U+3BF3 [ケイ、ギョウ/] 【檠】[木サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ一𠂉メヌ又攵敬㯳]
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆燭台(しょくだい)
【槩】木4+12=総画数16 U+69E9 [ガイ、カイ/おおむ・ね] 【概槪㮣】[ノヨ一二ノ丿L乚2旡既既木槩]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物を平らに削(そ)ぎ落す棒
◆同じに、一様に
◆おおむ・ね、凡そ、全体を均(なら)してみると、あらまし
◆様子、有様(ありさま)
【槪】木4+12=総画数16 U+69EA [ガイ、カイ/おおむ・ね] 【概槩㮣】[木ノヨ一二ノ丿L乚2旡既既槪]
◆斗掻(とかき)、升から盛り上がった穀物を平らに削(そ)ぎ落す棒
◆同じに、一様に
◆おおむ・ね、凡そ、全体を均(なら)してみると、あらまし
◆様子、有様(ありさま)
【樨】木4+12=総画数16 U+6A28 [サイ、セイ/] [木コノ丿尸ニ二2ンくI|丨牛犀樨]
◆「木樨(モクセイ)」、同「木犀」、モクセイ科モクセイ属の木{モクセイ}
【樫】木4+12=総画数16 U+6A2B [ケン/かし] 【㭴】[木匚コ巨臣ヌ又臤土堅樫]
◆「樫鳥(カシドリ)」、カケス(懸巣)の別名、カラス科カケス属の鳥
◆[日]カシ(樫)、ブナ科のアラカシ(粗樫)・シラカシ(白樫、白橿)などを指す{カシ}
【樲】木4+12=総画数16 U+6A32 [ジ、ニ/] [木一、丶弋二弍目ハ貝貳樲]
◆サネブトナツメ(酸棗)、クロウメモドキ科ナツメ属の木
【樳】木4+12=総画数16 U+6A33 [シン、ジン/] 【桪】[木ヨエ工口十、丶寸尋樳]
◆エンジュ(槐)に似た木の中で最も大きいとされる伝説上の木、「その木を遠方まで尋ね歩く」ことから「木尋」となった
【樴】木4+12=総画数16 U+6A34 [ショク、シキ/] [木立日音一、丶弋ノ丿戈戠樴]
◆垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同”杙”
【樵】木4+12=総画数16 U+6A35 [ショウ、ジョウ/きこり] 【𣛑藮櫵𣟶𦿕𧄡】[木ノ2隹、丶4灬焦樵]
◆薪(たきぎ)
◆薪にする細い木や枝を切ったり落ちているものを拾い集めたりする人、柴刈りをする人
◆門に設けた物見櫓、同”譙”
漢字林(非部首部別)
【樶】木4+12=総画数16 U+6A36 [サイ、セ/] [木日耳ヌ又取最樶]
◆木の節(ふし)
◆泥の上を移動するための乗り物、同”橇”
【樷】木4+12=総画数16 U+6A37 [ソウ、ズ/くさむら] 【叢丛】[木2林耳ヌ又取樷]
◆草木が群がり生えるさま
◆多くの人やものが一か所に集まる、また集める、同”聚”
【樸】木4+12=総画数16 U+6A38 [ボク、ホク、ハク/] 【檏】[木ソ业三人大夫𡗗2菐樸]
◆切り出されたままの手が加えられていない木
◆本来の姿のままで手が加えられていないさま、自然で飾り気がないさま
◆小さな木が叢(むら)がり生えているさま、同”㯷”
【樹】木4+12=総画数16 U+6A39 [シュ、ジュ/き] 【𣗳树𡬾𣕒𣚤𢒳】[木土士一口ソ丷一䒑豆壴十、丶寸尌樹]
◆木本(もくほん)の植物のうち地面から垂直に伸び立った木、立ち木、木本の植物の総称は「木」、切った木を「材」
◆木を植え大きく高く育てる
◆まっすぐに立てる、しっかりと立てる
【樻】木4+12=総画数16 U+6A3B [キ、ギ/] 【𣟨】[木中一𠀐目ハ貝貴樻]
◆木名、別名「靈壽木」、未詳、竹のような節(ふし)があり堅く強いため杖などに用いられるという、同”椐”
◆物を収納するための蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)、同”櫃”
【樼】木4+12=総画数16 U+6A3C [シン/はしばみ] 【榛𣐽】[木コノ丿尸子2孖3孨孱樼]
◆ハシバミ(榛)、カバノキ科ハシバミ属の木、英名を「ヘーゼル(hazel)」といい実は「ヘーゼル・ナッツ」として有名
◆木や草が乱雑に叢(むら)がり生える
◆[日]ハンノキ(榛の木)、カバノキ科ハンノキ属の木{ハンノキ}
【樽】木4+12=総画数16 U+6A3D [ソン/たる] [木ハ八ソ西酉酋十、丶寸尊樽]
◆(足付きの)大きめの酒杯
◆徳利(とっくり)などのような卓上に置ける程度の大きさの容器
◆[日]熟成や貯蔵用の大型の容器
【樾】木4+12=総画数16 U+6A3E [エツ、オチ/] [木土⺊上止龰走レ一、丶弋ノ丿戈戉越樾]
◆木が道の上に覆い被さる
◆木陰(こかげ)、木に覆われて日陰になった所
【樿】木4+12=総画数16 U+6A3F [セン/] 【椫】[木口2吅田甲十單樿]
◆木名、櫛などに用いられる白く木目の通った木
【橀】木4+12=総画数16 U+6A40 [ケイ、ケ/] [木亠ム厶𠫓ム厶ノ丿I|丨L乚𠫝㐬皿橀]
◆「榽橀(けいけい)」、センダン(栴檀)・コクタン(黒檀)などに似た木
【橁】木4+12=総画数16 U+6A41 [シュン、ジュン/] 【槆】[木竹ノ𠃌勹日旬筍橁]
◆チャンチン(香椿)、センダン科の木、同”杶”
【橂】木4+12=総画数16 U+6A42 [テン、デン/] [木ハ八ソ西酉酋大奠橂]
◆木目(もくめ)がびっしりと詰まっているさま
【橃】木4+12=総画数16 U+6A43 [ハツ、ボチ/] [木フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發橃]
◆外洋を航行できる大型の船、同”𦪑”
◆木名、未詳、ユズ(柚子)に似ているという
【橄】木4+12=総画数16 U+6A44 [カン/] [木エ工耳ノ一𠂉メヌ又攵敢橄]
◆「橄欖(カンラン)」、カンラン科カンラン属の木の総称
【橅】木4+12=総画数16 U+6A45 [ボ、モ/ぶな] [木ノ一𠂉三十4、丶4灬無橅]
◆手本に倣(なら)って書く・描く、手本をなぞって書く・描く、同”模””摸”
◆[日]ブナ(橅、椈、山毛欅)、ブナ科ブナ属の木{ブナ}
【橆】木4+12=総画数16 U+6A46 [ブ、ム/] 【𣞤】[ノ三十4無木2林橆]
◆木が乱雑に生い茂るさま、同”蕪”
◆無(な)い、存在しない、~ではない、同”無”
漢字林(非部首部別)
【橇】木4+12=総画数16 U+6A47 [キョウ、セイ、サイ/そり、かんじき] [木毛2㲎3毳橇]
◆泥濘(でいねい、ぬかるみ)を行くための乗り物、また板状の履物、同”毳”
◆雪の上を移動するための乗り物
【橈】木4+12=総画数16 U+6A48 [ジョウ、ニョウ、ドウ、トウ/] 【𣓤桡】[木土3垚一ノ丿L乚儿兀堯橈]
◆撓(たわ)む、柔らかく弾力があって折れることなく曲る、同”撓”
◆しなやかなさま、弱々しいさま
◆折り曲がる、屈(くっ)する
◆櫂(かい)、船の左右の舷(げん、ふなべり、船縁)に座った状態で漕(こ)ぐための棒状の道具、同”𦪛”、「【淮南子:主術訓】夫七尺之橈而制船之左右者,以水為資」
【橉】木4+12=総画数16 U+6A49 [リン/] [木米タ夕ヰ㐄舛粦橉]
◆「橉木(リンボク)」、バラ科サクラ属の木、同”橝”
◆門の敷居
【橊】木4+12=総画数16 U+6A4A [リュウ、ル/] 【榴】[木一匚ノ丿I|丨コ丣田畱橊]
◆「石橊(ザクロ)」、ザクロ科ザクロ属の木、またその実
【橋】木4+12=総画数16 U+6A4B [キョウ、ギョウ/はし] 【桥𣘺槗】[木ノ人大夭口呑冂口冋2喬橋]
◆川や谷などの深く凹状になっている上を横切るように板・棒・綱などを架け渡したもの
◆高いさま
【橌】木4+12=総画数16 U+6A4C [カン、ゲン/] 【橺】[木門月閒橌]
◆大木(たいぼく)、木が大きいさま
【橍】木4+12=総画数16 U+6A4D [ジュン/] [木門王閏橍]
◆木名、未詳
【橎】木4+12=総画数16 U+6A4E [ハン、ホン/] [木ノ木禾ソ米釆田番橎]
◆木名、未詳
【橏】木4+12=総画数16 U+6A4F [セン/] [木羊口2善橏]
◆木の瘤(こぶ)
◆「橏榐(せんてん)」、木が長く伸びているさま
【橐】木4+12=総画数16 U+6A50 [タク/] 【槖𢅍𢄿】[十口中ワ冖石木䂞橐]
◆口が二つある筒状の袋、中に物を入れ両端を縛る、口が片方のものは「囊」、「橐」は「囊」よりもやや小さめのものを指すという
◆鞴(ふいご)、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置
◆「橐駝(たくだ)」、ラクダ(駱駝)
◆古”𡇈”
漢字林(非部首部別)
【橑】木4+12=総画数16 U+6A51 [リョウ/] [木大ソ丷火𡗜昚日小𣌢尞橑]
◆垂木(たるき)、棟から軒に渡し建物や車の屋根を支える木材
漢字林(非部首部別)
【橒】木4+12=総画数16 U+6A52 [ウン/] [木雨二一ム厶𠫔云雲橒]
◆木名、未詳
◆木目(もくめ)
【橓】木4+12=総画数16 U+6A53 [シュン/] 【蕣𧂌】[木ノツ爪爫爫ワ冖タ夕ヰ㐄舛舜橓]
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木、同”舜”{ムクゲ}
◆[日]アサガオ(朝顔)、ヒルガオ科サツマイモ属の蔓性一年草{アサガオ}
【橔】木4+12=総画数16 U+6A54 [タイ、トン/] [木亠口了亨子享ノ一𠂉メヌ又攵敦橔]
◆棺の上を覆うもの
◆枯れる
【橕】木4+12=総画数16 U+6A55 [トウ、チョウ/] 【𣛟】[木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚一ヰ𡕒ノオ牙牚橕]
◆”□”字状の枠組みに”/””\””×”字状に斜めに渡し支える柱、斜交い(はすかい)、筋交い(すじかい)、同”牚”
◆柱や棒などを当て突っ張らせて支える、突っ支い(つっかい)棒
【橖】木4+12=総画数16 U+6A56 [トウ、ドウ、トウ、チョウ/] [木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚木呆棠橖]
◆車用の木材
◆上部のものを支える柱、支柱、同”樘”
【橗】木4+12=総画数16 U+6A57 [モウ、ミョウ/] [木サ十2艹艹日月明萌橗]
◆木名、未詳
◆未詳、【康熙字典:木部:十二:橗】《玉篇》木心也。」
【橘】木4+12=総画数16 U+6A58 [キツ、キチ/たちばな] [木マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏矞橘]
◆マンダリン・オレンジ(mandarin orange)、ミカン科ミカン属の木、別名「桔」「橘子」{マンダリン・オレンジ}
◆「柑橘(かんきつ)」、ミカン科の主としてミカン属の木の総称、またその果実
◆[日]タチバナ(橘)、ミカン科ミカン属の木、学名Citrus tachibana{タチバナ}
【橙】木4+12=総画数16 U+6A59 [トウ、ジョウ/だいだい] [木フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登橙]
◆キンクネンボ、ミカン科ミカン属の木、またその果実、別名「アマダイダイ(甘橙)」「オレンジ(orange)」「スイート・オレンジ(sweet orange)」{キンクネンボ}
◆「苦橙(くとう)」、ダイダイ(橙)、ミカン科ミカン属の木、またその果実、別名「ビター・オレンジ(bitter orange)」{ダイダイ}
◆オレンジ色
◆背凭(せもた)れや肘掛(ひじかけ)のない腰掛け、同”櫈(凳)”
【橛】木4+12=総画数16 U+6A5B [ケツ、ゴチ/] 【橜】[木厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰ノフ乛人欠欮厥橛]
◆地面などに垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同”杙””樴”
◆木の切り株、草の刈り株
◆木製の馬銜(はみ、馬車を牽かせるために馬の口に咥えさせる道具)
【橜】木4+12=総画数16 U+6A5C [ケツ、ゴチ/] 【橛】[厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰ノフ乛人欠欮厥木橜]
◆地面などに垂直に立てた(木製の)短い柱や棒、杭(くい)、同”杙””樴”
◆木の切り株、草の刈り株
◆木製の馬銜(はみ、馬車を牽かせるために馬の口に咥えさせる道具)
【橝】木4+12=総画数16 U+6A5D [タン、ドン/] [木西覀襾日十早覃橝]
◆蚕棚(カイコを飼うための竹籠を載せる棚)の柱や横木
◆リンボク(橉木)、バラ科サクラ属の木
◆《說文解字注(段玉裁)》に「梠與𩅸之閒曰橝」とあり
【橞】木4+12=総画数16 U+6A5E [ケイ、エ/] [木一十由田𤰔ム厶叀心惠橞]
◆木名、未詳
【機】木4+12=総画数16 U+6A5F [キ、ケ/はた] [木くム厶幺2一、丶弋ノ丿戈人幾機]
◆布を織る装置
◆ある仕事をさせるために多くの人や部品を集めて組み上げた仕組みや仕掛け、また組織や装置
◆ある特定の役割や働きがある仕組みや仕掛け
◆物事が起こったり変化したりする際の要(かなめ)となる部分やタイミング、またそれを敏感に感じ取る
◆簡”机”
【橠】木4+12=総画数16 U+6A60 [ダ、ナ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣タ夕2多袲橠]
◆「𣘨橠」、木の枝がしなやかに長く伸びているさま
【橡】木4+12=総画数16 U+6A61 [ショウ、ゾウ/くぬぎ、とち、とちのき] [木ク口日一ノ34彡く𧰨豕象橡]
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、「橡子(しょうし)」{コナラ}{クヌギ}
◆「橡膠、橡胶(しょうこう)」、ゴム(gom)、ゴムノキ(ゴムの木、アラビアゴムノキ・インドゴムノキなどの総称)などから採取される柔らかく復元力が高い物資、また天然ゴム・合成ゴムの総称{ゴム}
◆[日]トチノキ(橡、栃、栃の木)、ムクロジ科トチノキ属の木、また同属の木の総称{トチノキ}
【橢】木4+12=総画数16 U+6A62 [ダ、タ/] 【椭楕】[木ろ3I|丨阜阝ナ𠂇エ工左月隋橢]
◆楕円、楕円形
【橣】木4+12=総画数16 U+6A63 [ネイ/] 【𣜏】[木ウ宀心用甯橣]
◆木名、未詳、「【中華字海:木部:橣】同”柠(檸)”」
【橤】木4+12=総画数16 U+6A64 [ズイ、ヌイ/] [心2𢗰3惢木橤]
◆同”蘂”
◆花が垂れ下がるさま
漢字林(非部首部別)
【橦】木4+12=総画数16 U+6A66 [トウ、ズウ、ドウ/] [木立田甲土里童橦]
◆キワタ(木棉、アオイ科キワタ属の木)、或いはパンヤノキ(パンヤの木、アオイ科セイバ属の木)、或いはそれらの一種、古くから綿(わた)として利用された
◆長い木の棒、棹(さお)
【橧】木4+12=総画数16 U+6A67 [ソウ、ゾウ/] [木ハ八口ソ日2曽曾橧]
◆木の上に小枝などを組んで作った住居
◆豚の藁などを敷いた寝床、豚小屋
【橨】木4+12=総画数16 U+6A68 [フン、ブン/] [木十3土サ十2艹艹目ハ貝賁橨]
◆木名、「枰仲木」の別名とあるが未詳
【橩】木4+12=総画数16 U+6A69 [ケイ、ギョウ/] [木火2炏ワ冖𤇾几冗焭橩]
◆木の名
◆賭けごとに使う骰子(さいころ)
【橪】木4+12=総画数16 U+6A6A [ゼン、ネン、エン/] [木タ夕、丶2大犬、丶4灬然橪]
◆サネブトナツメ(核太棗、クロウメモドキ科ナツメ属の木)の種子、生薬として用いられ「酸棗仁(さんそうにん)」と呼ばれる{サネブトナツメ}
◆「橪支(えんし)」、香草名、また木名、未詳
【橫】木4+12=総画数16 U+6A6B [コウ、オウ/よこ] 【横】[木十2廿一田由ハ八黃橫]
◆(垂直に立つ柱に対して)水平に渡した木
◆(前後に対して)左右の方向、(南北に対して)東西
◆中心線や基準線が伸びる方向から外れ出ている方向、はみ出している方向
◆枠や筋道からはみ出る
◆道理から外れ出ている、不当な、乱暴な、めちゃくちゃな、普通でない
【橬】木4+12=総画数16 U+6A6C [シン、ジン/] [木二ノ丿L乚旡兂2兓日朁橬]
◆水中に柴を並べて魚を捕る仕掛け
【橭】木4+12=総画数16 U+6A6D [コ、ク/] 【𣖥】[木十口古立十干辛辜橭]
◆木名、ニレ科の木の一種
【橮】木4+12=総画数16 U+6A6E [リュウ、ル/] [木ノ丿2レ𠂎I|丨フ𠃌卩卯刀目ハ貝貿橮]
◆「接橮」、同「翣柳」、棺を覆う飾り
【橯】木4+12=総画数16 U+6A6F [ロウ/] [木火2炏ワ冖𤇾カ力労勞橯]
◆農具の一種、【康熙字典】に「《集韻》摩田器」とあり、「耕した田畑の土を均す農具」の意か?
【橰】木4+12=総画数16 U+6A70 [コウ/] 【槹槔】[木目自ンく水氺二2十臯橰]
◆「桔橰(けっこう)」、縄の端に桶を片方に石を結わえて滑車に通し井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【橱】木4+12=総画数16 U+6A71 [チュウ/] 【櫥櫉】[木厂一口ソ丷一䒑豆十、丶寸厨橱]
◆戸棚や箪笥の類、収納用の家具
【橲】木4+12=総画数16 U+6A72 [/じさ、ずさ] [木十土士口𠮷吉ソ豆2喜橲]
◆[日]橲原(じさばら)、地名、福島県南相馬市
【橳】木4+12=総画数16 U+6A73 [/ぬで] [木月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹カ力劵勝橳]
◆[日]「橳島(ぬでしま)」、姓
【橴】木4+12=総画数16 U+6A74 [チャ/] [木⺊上止ヒ七𠤎匕此糸紫橴]
◆[韓]地名用字
【橵】木4+12=総画数16 U+6A75 [サン/] [木十2艹一龷月ノ一𠂉メヌ又攵散橵]
◆[韓]屋根の瓦や土を受けるために垂木の上に敷く板、野地板(のじいた)
【橶】木4+12=総画数16 U+6A76 [ケキ、キャク/] [木十日早2𠦝一、丶弋ノ丿戈戟橶]
◆「舟を漕ぐ楫(かじ)」か?
【橷】木4+12=総画数16 U+6A77 [トウ/] [木ヒ七𠤎匕北白ノ丿L乚儿几兠橷]
◆未詳
【橸】木4+12=総画数16 U+6A78 [/たる] [木日2昍3晶橸]
◆[日]「石橸(いしだる)」、地名、静岡県静岡市、確認できず
【橹】木4+12=総画数16 U+6A79 [ロ/やぐら] 【櫓㯭樐】[木ノフク𠂊田一鱼日鲁橹]
◆城壁などの上に高く建てた見張り台、望楼(ぼうろう)
◆壁のように木や板を組んだ大きな盾(たて)
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”艪”
◆[日]木を高く組んだ構築物、四本足の台状のものや工事用の足場など
【橺】木4+12=総画数16 U+6A7A [カン、ゲン/] 【橌】[木門日間橺]
◆大木(たいぼく)、木が大きいさま
【橻】木4+12=総画数16 U+6A7B [チュ/] [木三丑3橻]
◆[韓]地名
【橼】木4+12=総画数16 U+6A7C [エン/] 【櫞】[木くレ幺一纟レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖缘櫞橼]
◆「枸橼(くえん)」、同「香橼(こうえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
【橽】木4+12=総画数16 U+6A7D [タツ、タチ/] [木土羊幸え辶辶達橽]
◆【康熙字典】に「《類篇》所以洩水」とあり
【檠】木4+12=総画数16 U+6AA0 [ケイ、ギョウ/] 【㯳】[サ十2艹艹ノ𠃌勹口句苟ノ一𠂉メヌ又攵敬木檠]
◆弓矯(ゆだめ)、弓の形を整えたり歪みを直す道具
◆燭台(しょくだい)
【檤】木4+12=総画数16 U+6AA4 [トウ、ドウ/] 【𣜦】[木ソ丷一䒑目自𦣻首え辶辶道檤]
◆木名、未詳
【𣘮】木4+12=総画数16 U+2362E [ヘツ、ベチ/] [木ソハ小2冂㡀ノ一𠂉メヌ又攵敝𣘮]
◆印(しるし)、目印(めじるし)、標識、同”標””摽”、「【集韻:卷七】𣘮摽也」「【康熙字典:木部:十一:𣘮】《集韻》匹曳切音𠢪標也」
【𣙼】木4+12=総画数16 U+2367C [シ、ジ/] 【𨐠】[ム厶口台立十干辛辝木𣙼]
◆土を掘り起こしたりするシャベル状の農具の刃の部分、同”枱””耜”
【𣙽】木4+12=総画数16 U+2367D [レキ、リャク/くぬぎ] 【櫪枥】[木厂ノ木禾2秝厤𣙽]
◆飼葉桶(かいばおけ)、牛馬の餌を入れる桶
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木、その実はドングリ(団栗)と呼ばれる{クヌギ}
◆「櫪㯕(れきせい)」、指の間に五本の木の棒(「拶子」という)を挟んで強く縛る拷問、特に女性に対して行われた、同「拶指(さつし)」
【𣚂】木4+12=総画数16 U+23682 [イ/] 【檹】[木亠万方大丁口可奇旑𣚂]
◆「𣚂椸(いい)」、木の枝が長く伸びているさま、また伸びて揺らめくさま
【𣚃】木4+12=総画数16 U+23683 [ケツ、ケチ/] 【㮮】[木ノ三|十3丰刀㓞糸絜𣚃]
◆「㮮槹(けっこう)」、同「桔槹」、縄の両端にそれぞれ桶と石を結わえて滑車に通した井戸の水を汲み上げるための仕掛け
【𣚅】木4+12=総画数16 U+23685 [トク、ドク/] 【㯖】[木十目𥃭L乚直心悳𣚅]
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、「【康熙字典・木部・樀】《類篇》槌也。㭙棏𣚅㰅𠀤同。」
【𣚆】木4+12=総画数16 U+23686 [チュン/] [木ノ一凵山L乚𡳾屯𣚆]
◆泥濘(でいねい、ぬかるみ)を行くための道具
【𣚈】木4+12=総画数16 U+23688 [シン/] 【槮椮𣟹】[木ム厶2厸3厽人小、丶2㣺𠇍叅𣚈]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま
◆「櫹𣚈(しょうしん)」◇草木が盛んに茂るさま◇花や葉が散って枝や幹だけになるさま
◆水中に柴などを積んで魚を捕る仕掛け、同”罧”
【𣚊】木4+12=総画数16 U+2368A [ジ、ニ/] [木一冂I|丨2𦉫𦓐而𦓔𣚊]
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”㮕””檽””栭””栮”
【𣚌】木4+12=総画数16 U+2368C [テキ、チャク/] 【樀㰅】[木立ワ冖巾帝口啻𣚌]
◆軒(のき)、屋根の建物の外に張り出した部分
◆紡いだ糸を巻き取る道具
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、「【康熙字典】《類篇》槌也。」
【𣚍】木4+12=総画数16 U+2368D [ヨク、オク/もちのき、あおき] 【檍𣟥𣟻𣟻】[木立中口𠶷𣚍]
◆モチノキ(黐の木)、モチノキ科の木、材質は堅く棺や弓などに用いられる、同”杻”{モチノキ}
【𣚐】木4+12=総画数16 U+23690 [ジ、ニ、ゼン、ネン、ジュ、ニュウ/] 【檽】[木十田由申ノ𠃌勹、丶4灬𣚐]
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”栭””㮕””𣚊””栮”
◆「𣚐棗(ぜんそう)」、同「㮕棗、軟棗」、マメガキ(豆柿)、カキノキ科カキノキ属の木、別名「梬棗(えいそう)」「黒棗(こくそう)」、{マメガキ}
【𣚑】木4+12=総画数16 U+23691 [トウ、ドウ/] 【檮梼】[木コフ弓エ工2𢏚口句𠷎𣚑]
◆木の切株(きりかぶ)
◆堅い木
◆「𣚑昧(とうまい)」、無知で愚かなさま
【𣚗】木4+12=総画数16 U+23697 [ショウ/] 【榺】[舟ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹木桊𣚗]
◆千切(ちきり)、機織で経糸(たていと)を巻き付ける筒状の道具
【𣚘】木4+12=総画数16 U+23698 [ギ/] 【𣙤】[シ氵厂一、丶弋ノ丿戈戊戌口咸減木𣚘]
◆「白𣚘(はくぎ)」、同「白𠌾」「白儀」「白義」、馬名、周の穆王の所有する八駿の内の一頭、「【穆天子傳:卷一】天子之駿:赤驥、盜驪、白義、踰輪、山子、渠黃、華騮、綠耳」
【𣚚】木4+12=総画数16 U+2369A [チョク、トク/] 【欘】[木コノ丿尸ノイ口中虫冂ム厶禸禹属𣚚]
◆土を掘り起こして石や根などを取り除くための鍬や鋤などの類で斧のような重く大きなもの、同”劚”
◆重く大きな斧や鍬・鋤などの柄で「/ ̄」のように曲がったもの
◆枝が上向き「_/」に曲がるさま
【𣚞】木4+12=総画数16 U+2369E [未詳/] [木ソ丷一䒑ハ八言𣚞]
◆未詳、【漢語大字典】に「”檐”的訛字」とあり
【𣚤】木4+12=総画数16 U+236A4 [シュ、ジュ/き] 【樹𣗳树𡬾𣕒𢒳】[日口木ノ丿3彡ヌ又𣚤]
◆木本(もくほん)の植物のうち地面から垂直に伸び立った木、立ち木、木本の植物の総称は「木」、切った木を「材」
◆木を植え大きく高く育てる
◆まっすぐに立てる、しっかりと立てる
【𣚥】木4+12=総画数16 U+236A5 [イク/] 【棛】[木サ十2艹艹亠ム厶𠫓月育𦱀𣚥]
◆【廣韻】に「車覆欄也」とあり、「車に掛ける簾(すだれ)」の意か?
【𣚦】木4+12=総画数16 U+236A6 [キョウ、ゴウ/] 【弶摾】[木弓口中虫虽強强𣚦]
◆鳥獣を捕える網、またその仕掛け
◆弓や網で鳥獣を捕える
【𣚨】木4+12=総画数16 U+236A8 [ブ、ム/な・い] 【無𤍍𣞣𣟒𡙻𣠮𣑨𠘩𤀢】[十2廿木𣏼十2廿4𠦜木2林𣚨]
◆ない、存在しない、有(ゆう)していない
◆~ではない、~であってはならない
【𣛑】木4+12=総画数16 U+236D1 [ショウ、ジョウ/きこり] 【樵藮櫵𣟶𦿕𧄡】[木ノ2隹火𤊙𣛑]
◆薪(たきぎ)
◆薪にする細い木や枝を切ったり落ちているものを拾い集めたりする人、柴刈りをする人
◆門に設けた物見櫓、同”譙”
【𣛒】木4+12=総画数16 U+236D2 [レイ、ライ/] 【𥉆𥊨】[木ヌ又权木二小𡭕示柰目𣛒]
◆ものを捜(さが)したり調べたりするように注意深く見るさま、同”䚕”
【𣛕】木4+12=総画数16 U+236D5 [未詳/] [田甲木果2𣛕]
◆未詳
【𣛗】木4+12=総画数16 U+236D7 [ラク/] [木竹ノヌ又夊夂口各笿𣛗]
◆「㰚𣛗(りらく)」、柴垣(しばがき)、垣根
【𣛘】木4+12=総画数16 U+236D8 [シャ、ジャ/] 【榭】[木身ノ大天矢䠶𣛘]
◆高台に設けた屋根のある見晴らし台、「臺榭(たいしゃ)」
◆倉庫や講堂のような小部屋に分かれていない大きな建物
◆楽器などの収蔵庫
【𣛙】木4+12=総画数16 U+236D9 [ヤク/くすり] 【藥薬】[ソ丷一䒑白ンく木楽𣛙]
◆病(やまい)や傷を治(なお)したり癒(いや)したりする効果のある物質
◆病や傷を治す、癒す
◆他に化学作用を及ぼす物質
◆「芍𣛙(シャクヤク)」、ボタン科ボタン属 の草、根は生薬として利用される{シャクヤク}
【𣛛】木4+12=総画数16 U+236DB [カ、ゲ/かば、かんば] 【樺桦】[木ヨ二十聿土田一畫𣛛]
◆カバ(樺)、カバノキ(樺の木)、カバノキ科カバノキ属の木、また同科同属の木の総称{カバノキ}
【𣛜】木4+12=総画数16 U+236DC [/あいおい] [木ノ2隹木集𣛜]
◆[日]「初緑𣛜曾我(はつみどりあいおいそが)」、歌舞伎の外題、【和製漢字の辞典】参照
【𣛝】木4+12=総画数16 U+236DD [シュン、ジュン/たて] 【楯】[木ノ丿2イ彳ノ2十目𥃭盾循𣛝]
◆相手の攻撃から身を守る盾(たて)
◆欄干や手摺(てすり)、またその横木
◆引き抜く、抜き出す、抜擢する
【𣛟】木4+12=総画数16 U+236DF [トウ、チョウ/] 【橕】[木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚手掌𣛟]
◆”□”字状の枠組みに”/””\””×”字状に斜めに渡し支える柱、斜交い(はすかい)、筋交い(すじかい)、同”牚”
◆柱や棒などを当て突っ張らせて支える、突っ支い(つっかい)棒
【𣛣】木4+12=総画数16 U+236E3 [未詳/] [木門一ノ丿ナ十2廾二开開𣛣]
◆未詳
【𣛧】木4+12=総画数16 U+236E7 [未詳/] [木2林3森4𣛧]
◆未詳
【𣛨】木4+12=総画数16 U+236E8 [未詳/] [木十日早2𠦝月朝𣛨]
◆未詳
【𣜎】木4+12=総画数16 U+2370E [未詳/] [木サ十2艹艹ハソ小月肖リ刂削萷𣜎]
◆未詳、「【中華字海:木部:𣜎】同”萷”」
【𣜜】木4+12=総画数16 U+2371C [/とち] [木サ十2艹艹田甲冂ム厶禸禺萬𣜜]
◆[日]トチノキ(橡、トチノキ科の木)とするが確認できず
◆[日]「𣜜原(とちはら)」、姓
【𣜦】木4+12=総画数16 U+23726 [トウ、ドウ/] 【檤】[ソ丷一䒑目自𦣻首え辶辶道木𣜦]
◆木名、未詳
【𣜿】木4+12=総画数16 U+2373F [/ゆずりは] [木十2廿L世木枼葉𣜿]
◆[日]ユズリハ(譲葉、楪)、ユズリハ科ユズリハ属の木
【𣝘】木4+12=総画数16 U+23758 [ホウ/] 【𣟀槰】[木サ十2艹艹ノヌ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅え辶辶逄𣝘]
◆草木が盛んに繁るさま
【㯪】木4+13=総画数17 U+3BEA [レイ、リョウ、レン/] 【欞櫺𢸲棂】[木雨人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令零㯪]
◆窓や手摺(てすり)などに嵌(は)め込む細い木を組んだ格子、「欞子(れんじ)」
◆軒(のき)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、同”檐””梠”{建物}
【㯭】木4+13=総画数17 U+3BED [ロ/やぐら] 【櫓橹樐】[木⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨カ力男虜虜㯭]
◆城壁などの上に高く建てた見張り台、望楼(ぼうろう)
◆壁のように木や板を組んだ大きな盾(たて)
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”艪”
◆[日]木を高く組んだ構築物、四本足の台状のものや工事用の足場など
【㯮】木4+13=総画数17 U+3BEE [ショク/] [木四罒ノ𠃌勹中虫蜀㯮]
◆ヤナギ(柳)に似て葉が大きく赤い木の名
【㯯】木4+13=総画数17 U+3BEF [カン、コン/] [木ノヌ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅目ハ貝㯯]
◆小さな杯
◆小箱
【㯰】木4+13=総画数17 U+3BF0 [ショク、ジキ/う・える] 【植】[木四罒十目𥃭L乚直2置㯰]
◆草木の根を土に埋めて茎や幹の部分をまっすぐに立たせる
◆まっすぐに立てる
◆地に根を張らせる、同じ場所に根付かせる、定住する
【㯱】木4+13=総画数17 U+3BF1 [ヒョウ、ビョウ/] [十口ワ冖ノ一𠂉二十干山缶木㯱]
◆嚢(ふくろ)が大きく膨らんでいるさま
【㯶】木4+13=総画数17 U+3BF6 [シュ、ソウ、ス/] 【棕椶𣞡𣞛】[木ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ハ八ノ丿L乚儿ノヌ又夊夂𡕰㯶]
◆「㯶櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【懋】心部
【橚】木4+13=総画数17 U+6A5A [シュク、スク、シュウ、シュ/] [木ヨ」片Lノ「爿𣶒肅橚]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま
◆「キハダ(黄檗)」、ミカン科キハダ属の木、同”楸”{キハダ}
【橾】木4+13=総画数17 U+6A7E [シュ、ス、ショウ/] [木口2吅3品木喿橾]
◆轂(こしき、車輪の中心にある部品)の中心の車軸を通す穴
◆土に差し込んで掘り起こしたり掬(すく)い取ったりするシャベル状の農具、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同”鍬”
【橿】木4+13=総画数17 U+6A7F [キョウ、コウ/かし] [木一3田2畺橿]
◆鋤の柄
◆「[日]カシ(樫)、ブナ科コナラ属の木
【檀】木4+13=総画数17 U+6A80 [タン、ダン/まゆみ] [木亠口囗2回㐭日一旦亶檀]
◆マユミ(檀)、ニシキギ科の木
◆「コクタン(黒檀)」・「シタン(紫檀)」など木質が堅く香りがあるとされる木
【檁】木4+13=総画数17 U+6A81 [リン/] 【檩】[木亠口囗2回㐭ノ木禾稟檁]
◆建物正面に向かって左右方向に渡した横木、桁(けた)
【檂】木4+13=総画数17 U+6A82 [ドウ、ノウ/] [木十2日曰曲厂二レノ辰農檂]
◆木名、未詳
漢字林(非部首部別)
【檃】木4+13=総画数17 U+6A83 [イン、オン/] 【櫽】[ろ3I|丨阜阝ノツ爪爫爫エ工ヨ𤔌木檃]
◆矯木(ためぎ)、歪みや狂いを正しい形にする道具
【檄】木4+13=総画数17 U+6A84 [ケキ、ギャク、ゲキ/] [木白亠万方ノ一𠂉メヌ又攵敫檄]
◆兵を招集するための文書
◆敵の罪科を訴え味方を鼓舞する文書
【檅】木4+13=総画数17 U+6A85 [サイ、セイ/] [木⺊上止厂一、丶弋ノ丿戈戊戌小ノ丿少𣥂歲檅]
◆小さな棺、簡単な造りの棺
【檆】木4+13=総画数17 U+6A86 [サン、セン/すぎ] 【杉】[木火2炎ト卜⺊口占炶煔檆]
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木、同”柀”{コウヨウザン}
◆[日]スギ(杉)、スギ科スギ属の木{スギ}
【檇】木4+13=総画数17 U+6A87 [スイ/] 【槜㰎】[木ノ2隹凵凹雋檇]
◆「檇李(すいり)」、スモモ(李)の一種、現浙江省付近あった古地名
【檈】木4+13=総画数17 U+6A88 [セン、ゼン/] [木四罒一口ノ丿2レ衣𧘇睘檈]
◆食物を盛る足付きの丸い盆
【檉】木4+13=総画数17 U+6A89 [テイ、チョウ/] 【柽】[木耳口𦔻ノ丿千土士壬𡈼王呈聖檉]
◆「檉柳(ていりゅう)」、ギョリュウ(御柳)、ギョリュウ科ギョリュウ属の木{ギョリュウ}
【檊】木4+13=総画数17 U+6A8A [カン/] [木十日早2𠦝人倝二十干幹檊]
◆クワ科の木
【檋】木4+13=総画数17 U+6A8B [キョク、コク/] [貝類]
◆滑り止めの突起を付けた山道用の履物、同”梮”
【檌】木4+13=総画数17 U+6A8C [サイ、ザイ/] [木目一6三2非罪檌]
◆倒れて壊れる、また傷付く
【檍】木4+13=総画数17 U+6A8D [ヨク、オク/もちのき、あおき] 【𣟥𣟻𣟻𣚍】[木立日音心意檍]
◆モチノキ(黐の木)、モチノキ科の木、材質は堅く棺や弓などに用いられる、同”杻”{モチノキ}
◆[日]あおき、地名、宮崎県宮崎市
【檎】木4+13=総画数17 U+6A8E [ゴ、ゴン、キン/] [木人亠メ凵冂ム厶禸离禽檎]
◆「林檎(リンゴ)」、バラ科の果樹
【檏】木4+13=総画数17 U+6A8F [ボク、ホク、ハク/] 【樸】[木ソ业ソ三王羊𦍌2丵羊木𦍎業檏]
◆切り出されたままの手が加えられていない木
◆本来の姿のままで手が加えられていないさま、自然で飾り気がないさま
◆小さな木が叢(むら)がり生えているさま、同”㯷”
【檐】木4+13=総画数17 U+6A90 [エン/のき] 【𤗻𤖝】[木ク𠂊厂厃ハ八言詹檐]
◆軒(のき)、庇(ひさし)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、建物に直接雨や日差しなどが当たらないようにするための屋根、同”簷””梠””櫺”{建物}
◆廊下などの屋根
◆帽子の鍔(つば)などの物を覆うものの周りに張り出した部分
【檑】木4+13=総画数17 U+6A91 [ライ/] [木雨田雷檑]
◆城壁の上から攻撃してくる敵を突き落とすための丸太(まるた)、両端を綱で吊るし上下させて城壁を攀(よ)じ登ろうとする敵を突き落すためのもの、「檑木(らいぼく)」、投げ下ろす石は「礌」
【檒】木4+13=総画数17 U+6A92 [ホウ、フウ/] [木2林几𠘨ノ中虫風檒]
◆風、古”風”
◆風が木の上を渡って行くさま
◆フウ(楓)、フウ科フウ属の木{フウ}
【檓】木4+13=総画数17 U+6A93 [キ/] [木ノEヨ臼土ク刀几ヌ又殳毀檓]
◆カホクザンショウ(華北山椒)、別名「花椒(かしょう)」、ミカン科サンショウ属の木
【檔】木4+13=総画数17 U+6A94 [トウ/] 【档】[木ソツワ冖口田當檔]
◆横に渡す木や板
◆書類などを載せる棚
◆(棚に)分類・保管してある書類
◆等級、「同種のものを同じ棚に載せて分類する」の意から
【檕】木4+13=総画数17 U+6A95 [ケイ、ケ/] [車山ク刀几ヌ又殳𣪠木檕]
◆撥釣瓶(はねつるべ)の横木
◆「檕梅(けいばい)」、サンザシ(山査子)、バラ科サンザシ属の木、実を薬用とする、同「山楂子」{サンザシ}
【檖】木4+13=総画数17 U+6A96 [スイ、ズイ/] 【𣔾】[木ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸え辶辶遂檖]
◆マメナシ(豆梨)、ナシ(梨)よりも実が小さく食べられるが酸っぱい
【檗】木4+13=総画数17 U+6A97 [ハク、ヒャク/] 【檘蘗】[コノ丿尸口𡰪立十干辛辟木檗]
◆「キハダ(黄檗)」、ミカン科キハダ属の木{キハダ}
漢字林(非部首部別)
【檘】木4+13=総画数17 U+6A98 [ハク、ヒャク/] 【檗蘗】[木コノ丿尸口𡰪立十干辛辟檘]
◆「キハダ(黄檘)」、ミカン科キハダ属の木{キハダ}
【檙】木4+13=総画数17 U+6A99 [テイ、チョウ/] [木目Lノ「爿」片鼎檙]
◆叩(たた)く
【檚】木4+13=総画数17 U+6A9A [ソ、ショ/] [木木2林フ乛⺊上止龰正疋楚檚]
◆木名
【檛】木4+13=総画数17 U+6A9B [タ/] [木冂2「冎口咼え辶辶過檛]
◆馬を打つ鞭
◆鞭で叩(たた)く
【檜】木4+13=総画数17 U+6A9C [カイ、ケ/ひのき] 【桧】[木人𠆢一亼口ソ日会會檜]
◆柩(ひつぎ)の蓋の飾り
◆イブキ(伊吹)、ヒノキ科ビャクシン属の木、或いはその一種{イブキ}
◆[日]ヒノキ(檜)、ヒノキ科ヒノキ属の木の総称{ヒノキ}
【檝】木4+13=総画数17 U+6A9D [シュウ、ジュウ、ショウ/かじ] 【楫】[木口耳咠一、丶弋ノ丿戈戢檝]
◆舟を進めるために水を搔(か)く、舟を漕(こ)ぐ、漕いで舟を進める
◆舟を漕ぐカヌーのパドル(paddle)のような先端(或いは両端)が篦(へら)状になった道具、通常船首に向かって座り、前から後ろに向かって水を搔(か)く、体の向きと同じ方向に舟が進む、同”槳”、船尾に向かって座り後ろから前に向かって水を搔くものは「櫂」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
◆いろいろな材料を集める、同”輯”
◆[日]舵(かじ)、船尾の水中に取り付け船の進む方向を操作する道具
【檞】木4+13=総画数17 U+6A9E [カイ、ケ/] [木ク用角刀牛解檞]
◆松脂(まつやに)
◆[日]カシワ(柏)、ブナ科コナラ属の木
【檟】木4+13=総画数17 U+6A9F [カ、ケ/ひさぎ] 【槚】[木西覀目ハ貝賈檟]
◆キササゲ(木大角豆)、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木{キササゲ}
◆チャノキ(茶の木)の一種
【檡】木4+13=総画数17 U+6AA1 [タク、ジャク、セキ、シャク、タク、ジャク、セキ、シャク、ト、ズ/] [木四罒土ソ丷一䒑二十干𢆉幸睪檡]
◆「檡棘(たくきょく)」、木名、未詳、堅く強靭であることから矢柄(やがら、矢の棒状の部分)の一部などに用いられるという
◆「於檡(おと)」、同「於菟」、トラ(虎)の別称
【檢】木4+13=総画数17 U+6AA2 [ケン/] 【検检】[木人𠆢一亼口2吅人2从3僉檢]
◆文書を入れた箱の蓋や紐がしっかりしてあるか表書は間違いないかなどを確認してから封印する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる
【檣】木4+13=総画数17 U+6AA3 [ショウ、ゾウ/] 【樯】[木土人口囗2回嗇檣]
◆帆柱(ほばしら)、船の帆を張るための柱、同”艢”
【檥】木4+13=総画数17 U+6AA5 [ギ/] [木ソ三王羊𦍌ノオ才、丶弋ノ戈我義檥]
◆船を岸に着ける、同”艤”
【檦】木4+13=総画数17 U+6AA6 [ヒョウ/] 【㯹】[木西覀二小𡭕示票リ刂剽檦]
◆標識や目印(めじるし)などを掲(かか)げる棒、また支柱(しちゅう)
【檧】木4+13=総画数17 U+6AA7 [シュウ、ソウ/] [木サ十2艹艹ノ𠃌勹23勿、丶匆心忽怱葱檧]
◆小さな籠
◆「桶檧」、箸箱、箸を入れる竹筒また竹を編んで作った箱
【檨】木4+13=総画数17 U+6AA8 [シャ/] [木羊シ氵ノフ乛人欠次㳄羨檨]
◆マンゴー(mango)、ウルシ科マンゴー属の果樹、また同属の木の総称、「芒果、杧果(ぼうか)」{マンゴー}
【檩】木4+13=総画数17 U+6AA9 [リン/] 【檁】[木亠口囗2回㐭二小𡭕示禀檩]
◆建物正面に向かって左右方向に渡した横木、桁(けた)
【檪】木4+13=総画数17 U+6AAA [レキ、リャク/くぬぎ、いちい] 【櫟栎】[木白ンく木楽檪]
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称{コナラ}{クヌギ}
◆「枹檪(ほうれき)」、コナラ(小楢)、ブナ科コナラ属の木{コナラ}
◆「麻檪(まれき)」、クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆「檪陽(れきよう)」、秦代・漢代の地名、現陕西省西安市
◆[日]イチイ(櫟)、同「イチイガシ(一位樫)」、ブナ科コナラ属の木{イチイ}
【檬】木4+13=総画数17 U+6AAC [ボウ、ム、モウ/] [木サ十2艹艹ワ冖𫇦二一ノ34彡く𧰨豕冡蒙檬]
◆「檸檬(ねいもう、レモン)」、ミカン科ミカン属の木、またその果実{レモン}
【檴】木4+13=総画数17 U+6AB4 [カ、ワ、カク、ワク/] [木サ十2艹艹ノ2隹ヌ又隻蒦檴]
◆木名、未詳、皮は強く剥(は)いで綱などに用い、木は杯(さかずき)などに加工されるという
【櫣】木4+13=総画数17 U+6AE3 [レン/] 【槤梿】[木サ十2艹艹車え辶辶連蓮櫣]
◆木名、実はビワ(枇杷)に似ているという、同”栛”
◆主殿(しゅでん)に連なる小さな建物、同”簃”
◆連枷(れんが)、二本の棒を紐などで繋ぎ一方の棒を持って振り下ろし脱穀する農具
【𣚀】木4+13=総画数17 U+23680 [シ、ジ/] [木⺊上止ヒ七𠤎匕此ク用角觜𣚀]
◆「𣚀欈」、木名、実は食べられるという
【𣛱】木4+13=総画数17 U+236F1 [タン、ドン、ラン/] [木ウ宀ハ八穴ク𠂊ノEヨ臼臽窞𣛱]
◆「カンラン(橄欖)」、カンラン科カンラン属の木の総称、同”欖”{カンラン}
【𣛲】木4+13=総画数17 U+236F2 [カク、ワク/] 【㯉】[木雨ノソ乎雽𣛲]
◆木名、未詳、「【 廣韻:上平聲:魚:攄:㯉】惡木」
【𣛵】木4+13=総画数17 U+236F5 [シャク、サク/] 【皵𥀟】[木十2艹一龷日昔フ乛ノ丿ヌ又皮皵𣛵]
◆樹皮の小さな罅割(ひびわ)れ
【𣛼】木4+13=総画数17 U+236FC [キ/] 【𣟵㰕】[木⺊フ乛ノ丿七虍一口ソ丷一䒑豆䖒𣛼]
◆ヒョウタン(瓢箪)などの実の内部を刳(く)り貫いて作った杓子(しゃくし)
【𣜃】木4+13=総画数17 U+23703 [ユウ、ユ/] 【槱𤍕梄𥙫禉】[木ハ八ソ西酉酋、丶4灬𤋃𣜃]
◆積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【𣜈】木4+13=総画数17 U+23708 [シン、ジン/はた] 【秦𥘿𥠼𥢮𥣠】[人士土ヌ又2双木2林𣜈]
◆周代後期の戦国時代(前475年~前221年)に諸国を統一して建った王朝{中国歴代王朝版図}
◆五胡十六国時代の国名、同名の国が三つあり、区別するために前秦・後秦・西秦と呼ばれる{中国歴代王朝版図}
◆中国陕西省の別称
【𣜌】木4+13=総画数17 U+2370C [/くろべ] [木ノEヨ臼レ2、丶4鼠𣜌]
◆[日]クロベ(黒檜、𣜌)、ヒノキ科の木、別名「ネズコ(鼠子)」
【𣜏】木4+13=総画数17 U+2370F [ネイ/] 【橣】[木ウ宀心ノ丿必宓冂土冉寗𣜏]
◆木名、未詳、「【中華字海:木部:橣】同”柠(檸)”」
【𣜣】木4+13=総画数17 U+23723 [チン、ジン/] 【鈂】[口2吅3品木喿ワ冖ノ丿L乚冘𣜣]
◆田畑を耕すための鍬や鋤の類
【𣜤】木4+13=総画数17 U+23724 [サ/ひ] 【梭】[木竹シ氵小ノ丿少沙𣜤]
◆緯糸(よこいと)を巻き付け経糸(たていと)の間を通す舟形の道具、これを往復させることで布にする機織(はたお)り道具の一つ、同”䇡””杼”
◆(「梭」のように)繰り返す、行き来する、「日月如梭(月日は梭の如し)」
◆木名、未詳
【𣜩】木4+13=総画数17 U+23729 [レイ、ライ/] 【隷隸𨾀𨽾𥛬𥛓𥻳𨾁】[木二小𡭕示柰ヌ又米𣜩]
◆ぴったりと付く、付き従う
◆従う、属する、「隷属(れいぞく)」
◆僕(しもべ)、身分の低い人、同”𨽹”
◆漢字の書体の一つ、「隷書(れいしょ)」
【𣜫】木4+13=総画数17 U+2372B [ソウ、ゾウ、ザツ/ま・じる] 【雑雜杂襍𣠛𨿼】[ノ大天矢ノ2隹雉木𣜫]
◆ま・じる、それぞれの性質は保ったままいろいろな物が寄せ集まる、また入り交る、入り交って元の性質が失われるのは「混」
◆纏まりがない
◆重要ではない細々した物事
◆[日]いい加減な
【𣜰】木4+13=総画数17 U+23730 [/] [木广ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼廉𣜰]
◆「窓」の意の「槏」の異体字か?
【㯷】木4+14=総画数18 U+3BF7 [ホク、ボク/] [木イ人亻ソ业三人大夫𡗗2菐僕㯷]
◆小さな木が叢(むら)がり生えているさま
◆ナツメ(棗、クロウメモドキ科の木)の一種
【㯸】木4+14=総画数18 U+3BF8 [シン、ジン/] [木ヨ十一、丶4灬皿盡㯸]
◆飯や水を盛る円形の器
【㯹】木4+14=総画数18 U+3BF9 [ヒョウ/] 【檦】[木西覀二小𡭕示票十、丶寸𡬽㯹]
◆標識や目印(めじるし)などを掲(かか)げる棒、また支柱(しちゅう)
【㯻】木4+14=総画数18 U+3BFB [コン、ゴン/] [十口ワ冖一ノ34彡く𧰨豕木㯻]
◆両側に口がある筒状の袋、同”橐”
【㯽】木4+14=総画数18 U+3BFD [ビン、ヒン/] 【檳槟梹】[木ウ宀エ工コ]ノ丿𠃜目眉目ハ貝賔㯽]
◆「㯽榔(ビンロウ)」、ヤシ科ビンロウ属の植物
◆「㯽子」、リンゴ(林檎)に似た実の成る木
【㰅】木4+14=総画数18 U+3C05 [テキ、チャク/] 【樀𣚌】[木亠ソ立冂十口古啇え辶辶適㰅]
◆軒(のき)、屋根の建物の外に張り出した部分
◆紡いだ糸を巻き取る道具
◆蚕箔(さんぱく)を載せる棚の横木、「【康熙字典】《類篇》槌也。」
【檫】木4+14=総画数18 U+6AAB [サツ、セチ/] [木ウ宀タ夕フ二小𡭕示祭察檫]
◆サッサフラス(sassafras)、クスノキ科サッサフラス属の木
【檭】木4+14=総画数18 U+6AAD [ギン、ゴン/] [木金ヨレノ艮銀檭]
◆イチョウ(銀杏)、イチョウ科の木
【檮】木4+14=総画数18 U+6AAE [トウ、ドウ/] 【梼𣚑】[木土士フエ工一口十、丶寸吋寿壽檮]
◆木の切株(きりかぶ)
◆堅い木
◆「檮昧(とうまい)」、無知で愚かなさま
【檯】木4+14=総画数18 U+6AAF [タイ、ダイ/] [木土士口𠮷吉ワ冖一ム厶𠫔土至台臺檯]
◆食事や作業などができる机
◆木名、未詳
◆簡”台”
【檰】木4+14=総画数18 U+6AB0 [メン/] [木糸白巾帛綿檰]
◆トチュウ(杜仲)、トチュウ科トチュウ属の木
【檱】木4+14=総画数18 U+6AB1 [キ、ゴ、ギ/] 【棋棊櫀】[木竹甘目ハ八其箕檱]
◆将棋や囲碁などの方形の盤(ボード)を使うゲームの総称
◆将棋を指す、囲碁を打つ
【檲】木4+14=総画数18 U+6AB2 [タン、ダン/] [木口囗一十由田𤰔ム厶叀十、丶寸専專團檲]
◆大きな木
【檳】木4+14=総画数18 U+6AB3 [ビン、ヒン/] 【槟㯽梹】[木ウ宀小ノ丿少𣥂目ハ貝賓賓檳]
◆「檳榔(ビンロウ)」、ヤシ科ビンロウ属の植物
◆「檳子」、リンゴ(林檎)に似た実の成る木
【檵】木4+14=総画数18 U+6AB5 [ケイ、ケ/] 【𣠭】[木くム厶幺2𢆶4L乚㡭檵]
◆トキワマンサク(常磐万作)、マンサク科マンサク属の木{トキワマンサク}
◆「枸檵(くけい)」、同「枸杞(クコ)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
【檶】木4+14=総画数18 U+6AB6 [ケン、レン/] [木大匚口2吅3品區奩檶]
◆水を汲み出す桶などの類、同”杴”
◆鏡などの化粧道具など身の回りの小物を入れる小さな箱、同”匳(籢)”
【檷】木4+14=総画数18 U+6AB7 [ジ、ニ、ビ、ミ/] 【𣐐】[木Tハ冂メ㐅乂2爻4爾檷]
◆糸巻き、糸車、機織で糸を巻き取る道具、同”鑈””篗”
◆「檷枸」、山名、玉(ぎょく)を多く産するという
【檸】木4+14=総画数18 U+6AB8 [ノウ、ネイ、ニョウ/] [木ウ宀心四罒丁寧檸]
◆「檸檬(ねいもう、レモン)」、ミカン科ミカン属の木、またその果実{レモン}、同簡”柠””
【檹】木4+14=総画数18 U+6AB9 [イ/] 【𣚂】[木亠万方ノ一𠂉大丁口可奇旖檹]
◆「檹椸(いい)」、木の枝が長く伸びているさま、また伸びて揺らめくさま
【檺】木4+14=総画数18 U+6ABA [コウ/] [木亠口ワ冖一ノ34彡く𧰨豕豪檺]
◆木名
【檼】木4+14=総画数18 U+6ABC [イン、オン/] [木ノツ爪爫爫エ工ヨ𤔌心㥯檼]
◆棟(むね)、建物の屋根の面が交わる最も高い所、またそこに渡す木材
◆同”檃”
【檽】木4+14=総画数18 U+6ABD [ジ、ニ、ゼン、ネン、ジュ、ニュウ/] 【𣚐】[木雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需檽]
◆キクラゲ(木耳)、キクラゲ科キクラゲ属のキノコ(茸)、同”栭””㮕””𣚊””栮”
◆「檽棗(ぜんそう)」、同「㮕棗、軟棗」、マメガキ(豆柿)、カキノキ科カキノキ属の木、別名「梬棗(えいそう)」「黒棗(こくそう)」、{マメガキ}
【檾】木4+14=総画数18 U+6ABE [ケイ、キョウ/] 【𤍔𣘑】[火2炏ワ冖𤇾十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟檾]
◆イチビ(苘麻)、アオイ科イチビ属の草、また同属の草の総称、茎の皮から麻に似た白っぽい繊維を作る、同”苘”{イチビ}
【檿】木4+14=総画数18 U+6ABF [エン/] [厂冂二冃日曰月冐月大犬肰猒厭木檿]
◆ヤマグワ(山桑)、クワ科クワ属の木、木は堅く車の轅(ながえ)などに利用され、その葉で育った蚕から採れる糸は強靭で琴瑟の弦に利用されるという{ヤマグワ}
【櫀】木4+14=総画数18 U+6AC0 [キ、ゴ、ギ/] 【棋棊檱】[木甘目ハ八其糸綦櫀]
◆将棋や囲碁などの方形の盤(ボード)を使うゲームの総称
◆将棋を指す、囲碁を打つ
【櫁】木4+14=総画数18 U+6AC1 [ビツ、ミツ、ミチ/しきみ] 【樒榓】[木蜜櫁]
◆ジンコウ(沈香)、ジンチョウゲ科ジンコウ属の木
◆[日]シキミ(樒)、シキミ科シキミ属の木
【櫂】木4+14=総画数18 U+6AC2 [トウ、ジョウ/かい] [木羽羽ノ2隹翟櫂]
◆船を漕(こ)ぐ、漕いで船を進める
◆船を漕(こ)ぐオール(oar)のような先端が篦(へら)状になった道具、通常船尾に向かって座り、体の後ろから前に向かって水を搔(か)く、体の向きとは反対方向に船が進む、船首に向かって座り前から後ろに向かって水を搔くものは「楫」「槳」、船尾で立って漕ぐものは「櫓」
◆木がまっすぐ上に向かって伸びているさま
【櫃】木4+14=総画数18 U+6AC3 [キ、ギ/ひつ] [木匚中一𠀐目ハ貝貴匱櫃]
◆物を収納するための蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)、「書櫃(しょき)、書籍・書類を収納する箱や書棚」「衣櫃(いき)、衣類を収納する箱や箪笥」、同簡”柜”
【櫄】木4+14=総画数18 U+6AC4 [チュン/] 【𣠍】[木千口ソ土、丶4灬黑熏櫄]
◆チャンチン(香椿)、センダン科の木、同”杶”
【櫅】木4+14=総画数18 U+6AC5 [セイ、ザイ/] [木亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊櫅]
◆大きな車輪を作るのに用いるという木
◆折れて切れた木
【櫆】木4+14=総画数18 U+6AC6 [カイ、ケ/] [木ノ丿田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼、丶2⺀十斗魁櫆]
◆羹(あつもの、とろみのあるスープ)を汲む柄杓
【櫇】木4+14=総画数18 U+6AC7 [バ/] [木フ乛ノ丿ヌ又皮一目自𦣻貝頁頗櫇]
◆「㰋櫇果」、同「頻婆果(ひんばか)」、微かに香気を発する紅色の果実
【櫈】木4+14=総画数18 U+6AC8 [トウ、トン/] 【凳】[木フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登几凳櫈]
◆背凭(せもた)れや肘掛(ひじかけ)のない腰掛け、同”橙”
【櫉】木4+14=総画数18 U+6AC9 [チュウ/] 【橱櫥】[木厂土士一口ソ丷一䒑豆壴十、丶寸尌㕑櫉]
◆戸棚や箪笥の類、収納用の家具
【櫊】木4+14=総画数18 U+6ACA [カク/] [木門ノヌ又夊夂口各閣櫊]
◆同”閣”
【櫔】木4+14=総画数18 U+6AD4 [レイ、ライ/] [木厂サ十2艹艹田甲冂ム厶禸禺萬厲櫔]
◆木名、茎は角ばってい葉は丸く黄色の花が咲くという
【櫭】木4+14=総画数18 U+6AED [ケツ、ケチ/] [上木ヨレム厶一二ノ丿L乚2旡既日一旦暨櫭]
◆木製の釘(くぎ)また楔(くさび)
【𣝅】木4+14=総画数18 U+23745 [ガイ、ゲ/] 【𣝆】[木ヒ七𠤎匕ノ大天矢𠤕マフ乛⺊上止龰正疋疑𣝅]
◆門や扉を閉ざす、同”閡”
◆妨(さまた)げる、遮(さえぎ)る、同”礙”
【𣝆】木4+14=総画数18 U+23746 [ガイ、ゲ/] 【𣝅】[ヒ七𠤎匕ノ大天矢𠤕マフ乛⺊上止龰正疋疑木𣝆]
◆門や扉を閉ざす、同”閡”
◆妨(さまた)げる、遮(さえぎ)る、同”礙”
【𣝋】木4+14=総画数18 U+2374B [トウ、ドウ/] [木四罒ンく水氺ハ小2眔え辶辶遝𣝋]
◆「榙𣝋」、スモモ(李)に似た実の成る果樹
【𣝍】木4+14=総画数18 U+2374D [ヘキ/] [木サ十2艹艹十田由用、丶甫十、丶寸専尃蒪𣝍]
◆壁を支える小さな柱
【𣝎】木4+14=総画数18 U+2374E [エン/] [木竹火2炎𣝎]
◆「篕𣝎」、同「籧篨」、竹製の粗末な莚、背骨が曲がる病気
【𣝔】木4+14=総画数18 U+23754 [タク/] 【柝𣔳𣐼𣟄】[土士ワ冖石𥑟木䂞槖𣝔]
◆夜警や見張りなどの際に打ち鳴らす拍子木
◆切り開く、同”拓”
【𣝖】木4+14=総画数18 U+23756 [バイ、マイ、バツ、マツ/] 【韎】[ク五日「二大夫二木末𣝖]
◆赤黄色に染めた鞣し革、またその革で作った(正装用の)前垂れ
【𣝗】木4+14=総画数18 U+23757 [カク、ギャク/] 【核】[木月2冂2「冎ワ冖月骨𣝗]
◆果実の中心の硬い部分、果実の種
◆物事の中心をなすもの
◆物事の本質まで突き詰めて調べる
【𣝜】木4+14=総画数18 U+2375C [ヘン、ベン/] 【𪓎】[ム厶口台木枲、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁𣝜]
◆履物の底の縫取り
【𣝢】木4+14=総画数18 U+23762 [未詳/] [木ソ业ソ三王羊𦍌大㺯美2𣝢]
◆未詳、「樸」の訛字か?
【𣝣】木4+14=総画数18 U+23763 [シャク、サク/] 【爵𩰥𤔴𩰨𩰣𣡫𩰦𩰧𡭌𢋺𥥼𥧀𠕢𠙘𡬠】[木四罒ヨ二十、丶寸𣝣]
◆三本の足と注ぎ口が付いた祭礼用の酒器{酒器}
◆「公・侯・伯・子・男」の五階級からなる貴族の位階
◆雀(すずめ)
漢字林(非部首部別)
【𣝤】木4+14=総画数18 U+23764 [/さい] [木山ノ2隹え辶辶進𣝤]
◆[日]「𣝤賀(さいが)」、姓
【𣝯】木4+14=総画数18 U+2376F [/] [木冂巾朿2棘3𣝯]
◆「棘」「𣡍」の異体字か?
【𣝶】木4+14=総画数18 U+23776 [未詳/] [木竹目一ノ丿ナ十2廾𥃲算𣝶]
◆未詳、【中華字海】に「”模”的訛字。」とあり
【𣝻】木4+14=総画数18 U+2377B [ショウ/] 【觴觞𨢩𤔰】[木四罒日一旦万ノ𠃌勹23勿昜𣝻]
◆酒が満たされた酒器(しゅき、酒を入れる容器)の総称、「【說文解字:角部:觴】觶實曰觴,虚曰觶。」
◆酒を注(つ)ぎ進める、酒を振る舞う
◆「濫𣝻(らんしょう)」、同「𨣨𨢩」◇杯から溢れた出た酒◇物事の始まり、発端、「大河も杯から溢れ出た程の僅かな量の水から始まる」の意
【𣝼】木4+14=総画数18 U+2377C [ベン、メン/] 【櫋】[木目自冖ハ八冂2𣝼]
◆軒先(のきさき)、屋根の建物の外に張り出した先端部分、垂木(たるき)の先端
◆「絲櫋」、紡いだ糸を巻き取る道具
【𣞆】木4+14=総画数18 U+23786 [ジャク、ニャク、ジャ、ニャ/わか・い、も・し、も・しくは] 【若𠰥𠭀𦱡𦱢𦱶𧁇𡻦𡧻𥉧】[凵山ノ丿屮2艸十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟𦲬木𣞆]
◆わか・い、生え出たばかりのように柔らかくしなやかなさま、生まれて間もないさま、未熟なさま
◆順(したが)う、逆らわずに従う、同”順”
◆も・し、仮に、或いは、もし~なら
◆も・しくは、~か或いは~
◆~のような、~の如く
◆汝(なんじ)、君、おまえ
【𣞈】木4+14=総画数18 U+23788 [ドウ、ノウ/ふくろ] 【囊嚢𢑿𡄜𣡦𣡪𣡏𧛦】[十口中口囗ノ一𠂉二十干山缶2木𣞈]
◆口が一つで多く背負うなどする比較的大きい袋、筒状(口が二つある)の袋は「橐」
◆袋状のもの
【𣞷】木4+14=総画数18 U+237B7 [ソウ、ス/] 【𣚜】[木サ十2艹艹ノ口囗メタ夕囱心悤蔥𣞷]
◆小さな(蓋付の四角い)籠、同”棇”、「【方言:第五】箸筩,陳楚宋魏之間謂之筲,或謂之籝;自關而西謂之桶檧。」
【㯺】木4+15=総画数19 U+3BFA [カン、ゲン/] 【𣔿𣠿】[匚コ巨臣ノ一𠂉二四罒木㯺]
◆書物や衣類を収納するための大きな蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)
◆田畑の土が堅いさま、同”𡒓”
【㯿】木4+15=総画数19 U+3BFF [リョウ/] [木く𡿨3巛口メレ2、丶4巤㯿]
◆「㯿欇」、シナフジ(支那藤)、マメ科フジ属の蔓性の木
【㰁】木4+15=総画数19 U+3C01 [ラ/] [木石2砳3磊㰁]
◆「㰁椏」、木の枝がY字に枝分かれしているさま
【㰂】木4+15=総画数19 U+3C02 [シン/] [木ウ宀ノ木禾ソ米釆田番審㰂]
◆木名、未詳
【㰃】木4+15=総画数19 U+3C03 [メン/] [木白巾帛ノ糸系緜㰃]
◆屋根の下地(したじ)に使う板
◆同”檰”
【㰆】木4+15=総画数19 U+3C06 [ハイ、バイ/] 【𣡖𣠻】[十口ワ冖一6三2非木棐㰆]
◆鞴(ふいご)、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置、同”韛”
漢字林(非部首部別)
【㰇】木4+15=総画数19 U+3C07 [セン/] 【櫼】[木十土一、丶弋ノ丿戈𢦏一6三2非7韭韯㰇]
◆楔(くさび)、角材の先を削って尖らせたもの、「【齊民要術:卷四:插梨第三十七】斜攕竹為籤刺皮木之際令深一寸許」
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木、同”檆(杉)”{コウヨウザン}
◆「櫼櫨(せんろ)」、枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(はくろ)」{建物}、「【漢語大字典:木部:櫼】《文選・何晏<景福殿賦>》:櫼櫨各落以相承,欒栱夭蟜而交結。」
【檻】木4+15=総画数19 U+6ABB [カン、ゲン/おり] 【槛】[木匚コ巨臣ノ一𠂉二皿監檻]
◆猛獣や罪人などを閉じ込めておく囲い
◆仕切ったり囲ったりするための横木、手摺(てすり)、同”欄””楯”
◆【康熙字典:木部:十四:檻】に「《註》縱曰檻,橫曰楯。」とあり、「柵状の囲いを檻、横木を組んだ囲いを楯」の意か?
【櫋】木4+15=総画数19 U+6ACB [ベン、メン/] 【𣝼】[木目自ウ宀ハ八穴亠万方臱櫋]
◆軒先(のきさき)、屋根の建物の外に張り出した先端部分、垂木(たるき)の先端
◆「絲櫋」、紡いだ糸を巻き取る道具
【櫌】木4+15=総画数19 U+6ACC [ユウ、ウ/] [木一目自𦣻ワ冖心ノヌ又夊夂𢖻憂櫌]
◆田畑の土を平らに均す農具
◆固い土を砕く鋤のような農具、同”耰”
【櫍】木4+15=総画数19 U+6ACD [シツ、シチ/] [木ノ丿2𠂆T斤2斦目ハ貝質櫍]
◆鐘(かね)や太鼓を架ける台の足、器物の足
◆砧(きぬた)や鉄床(かなとこ)などの作業する際に下に置く台
【櫎】木4+15=総画数19 U+6ACE [コウ、オウ/] [木广十2廿一田由ハ八黃廣櫎]
◆物を置く台
【櫏】木4+15=総画数19 U+6ACF [セン/] 【𣘝】[木西覀大䙲フ𠃌卩L乚㔾コ匚L乚己巳䙴え辶辶遷櫏]
◆「桾櫏(くんせん)」、カキノキ科のカキ(柿)、実は小さく細長い
【櫐】木4+15=総画数19 U+6AD0 [ルイ/] [田2畕3畾木櫐]
◆「虎櫐(こるい)」、シナフジ(支那藤)、マメ科フジ属の蔓性の木
◆蔓が絡み付く
漢字林(非部首部別)
【櫑】木4+15=総画数19 U+6AD1 [ライ/] [田2畕3畾木櫑]
◆雷雲を象った幾何学模様(雷紋、らいもん)を施した木製の酒樽、「雷樽(らいそん)」、同”鑘”
◆剣の柄(つか)の先端(「首」という)に取り付ける(玉製の)飾り、またその飾りを付けた剣、「櫑具(らいぐ)」「櫑具剣(らいぐけん)」
【櫒】木4+15=総画数19 U+6AD2 [サツ、セチ/] 【𣘤】[木タ夕フ二小𡭕示祭蔡櫒]
◆木名、未詳
◆草木が揺れて擦れ合う音
【櫓】木4+15=総画数19 U+6AD3 [ロ/やぐら] 【橹㯭樐】[木ク𠂊田、丶4灬魚日魯櫓]
◆城壁などの上に高く建てた見張り台、望楼(ぼうろう)
◆壁のように木や板を組んだ大きな盾(たて)
◆(通常船尾で立った状態で)舟を漕(こ)ぐ棒状の道具、同”艪”
◆[日]木を高く組んだ構築物、四本足の台状のものや工事用の足場など
【櫕】木4+15=総画数19 U+6AD5 [サン、ザン/] 【欑】[木二人大夫2㚘目ハ貝賛櫕]
◆木や竹を寄せ集める
◆木や竹を棒状に束ねる、束ねて作った棒
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などの柄
【櫖】木4+15=総画数19 U+6AD6 [リョ、ロ、チョ/] [木⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨心思慮櫖]
◆「諸櫖(しょりょ)」、木名、蔓性でクズ(葛)に似ているが荒々しく太いという
◆ニワウルシ(庭漆)、ニガキ科ニワウルシ属の木
【櫗】木4+15=総画数19 U+6AD7 [ベツ、メチ、バイ、マイ/] [木サ十2艹艹四罒厂一、丶弋ノ丿戈戊戍戌蔑櫗]
◆木製の杭(くい)、「【康熙字典:木部:十五:櫗】《玉篇》茫結切音篾木索也」
◆「櫗楔(ばいせつ)」、(杭の先端や楔のように)材木の形が四角(直方体)になっていないさま、「【通雅:卷四十九】木不方正曰櫗楔作事不方正曰㩢揳人不方正曰㒝偰」
【櫘】木4+15=総画数19 U+6AD8 [エイ、エ/] [木ノ三|十3丰2ヨ彗心慧櫘]
◆小さな棺、(戦死者の遺体を郷里に送り届けるための)簡単な造りの棺、同”槥”
【櫙】木4+15=総画数19 U+6AD9 [オウ、ウ/] 【藲】[木サ十2艹艹匚口2吅3品區蓲櫙]
◆「藲荎(おうち)」、同「刺榆(しゆ)」、ハリゲヤキ(針欅)、ニレ科ハリゲヤキ属の木{ハリゲヤキ}
◆立ち枯れした木
【櫚】木4+15=総画数19 U+6ADA [リョ、ロ/] 【榈】[木門口2ノ呂閭櫚]
◆「棕櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【櫛】木4+15=総画数19 U+6ADB [シツ、シチ/くし] 【栉】[木竹ノヨ二I|丨フ𠃌卩即節節櫛]
◆毛髪を梳(す)き整える、またその道具の総称{髪飾}、歯の目が細かいものを「篦」「枇」、目が粗いものを「梳」、「【說文解字注:櫛】梳比之總名也。比讀若毗。疏者為梳,密者為比。」
◆(櫛の歯のように)びっしりと並ぶ
【櫜】木4+15=総画数19 U+6ADC [コウ/] [木十口ワ冖ノヌ又夊夂ト⺊卜上櫜]
◆武器や武具を入れて車に積む大きな袋
◆弓矢を入れる袋
【櫝】木4+15=総画数19 U+6ADD [トク、ドク/] 【椟】[木士土四罒目ハ貝賣櫝]
◆函(はこ)、(蓋付きの)小箱
◆棺(ひつぎ)
【櫞】木4+15=総画数19 U+6ADE [エン/] 【橼】[木糸レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖緣櫞]
◆「枸櫞(くえん)」、同「香櫞(こうえん)」、シトロン(citron)、ミカン科ミカン属の木{シトロン}
【櫟】木4+15=総画数19 U+6ADF [レキ、リャク/くぬぎ、いちい] 【檪栎】[木白くム厶幺2楽樂櫟]
◆コナラ(小楢)やクヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのドングリ(団栗)の成るブナ科コナラ属の木の総称{コナラ}{クヌギ}
◆「枹櫟(ほうれき)」、コナラ(小楢)、ブナ科コナラ属の木{コナラ}
◆「麻櫟(まれき)」、クヌギ(櫟)、ブナ科コナラ属の木{クヌギ}
◆「櫟陽(れきよう)」、秦代・漢代の地名、現陕西省西安市
◆[日]イチイ(櫟)、同「イチイガシ(一位樫)」、ブナ科コナラ属の木{イチイ}
【櫠】木4+15=総画数19 U+6AE0 [ハイ、ホ/] [木广フ、丶ノ2癶弓ク刀几ヌ又殳發廢櫠]
◆木名、ユズ(柚子)の一種でその実は大きく皮が厚く味がないという、同”椵”
【櫡】木4+15=総画数19 U+6AE1 [チャク、チョ/] [木竹土ノ耂日者箸櫡]
◆大きな鍬(くわ)や鶴嘴(つるはし)の類
◆箸
【櫢】木4+15=総画数19 U+6AE2 [ソウ、ス/] [木口2十中女婁ノ一𠂉メヌ又攵數櫢]
◆「櫢檽」、木が盛んに茂るさま
【櫤】木4+15=総画数19 U+6AE4 [/たも] [木竹丷一䒑月リ刂刖前箭櫤]
◆[日]「櫤山(たもやま)」、山形県村山市
【櫥】木4+15=総画数19 U+6AE5 [チュウ/] 【橱櫉】[木广土士一口ソ丷一䒑豆壴十、丶寸尌廚櫥]
◆戸棚や箪笥の類、収納用の家具
【櫦】木4+15=総画数19 U+6AE6 [未詳/] [木广コ心ノヌ又夊夂𢖻慶櫦]
◆未詳
【櫵】木4+15=総画数19 U+6AF5 [ショウ、ジョウ/きこり] 【樵𣛑藮𣟶𦿕𧄡】[木サ十2艹艹ノ2隹、丶4灬焦蕉櫵]
◆薪(たきぎ)
◆薪にする細い木や枝を切ったり落ちているものを拾い集めたりする人、柴刈りをする人
◆門に設けた物見櫓、同”譙”
【麓】鹿部
【𣞕】木4+15=総画数19 U+23795 [ゲイ、ゲ/] 【槸】[木サ十2艹艹土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶蓺𣞕]
◆枝が揺れて互いに擦(こす)れ合う
【𣞖】木4+15=総画数19 U+23796 [サイ/] 【蔡】[木木2林口囗火2炎𣞖]
◆雑草
◆周代(前11世紀~前221年)の国名、現河南省付近
◆亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う大きなカメ(亀)、「蔡国」に産したことから
【𣞘】木4+15=総画数19 U+23798 [ケン、コン/] 【杴】[木匚人𠆢一亼口2吅人2从3僉匳𣞘]
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベル状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同”鍁”{農具(鋤鍬類)}
◆水を汲み出す桶などの類、同”檶”
【𣞚】木4+15=総画数19 U+2379A [サ、ジャ/] 【槎】[木ノイ人2从仌4𠈌𠂹エ工左𢀩𣞚]
◆木を組んで作った筏
◆枝を大雑把(おおざっぱ)に払い落としただけの丸太(まるた)、製材する前のごつごつした木材
【𣞛】木4+15=総画数19 U+2379B [シュ、ソウ、ス/] 【棕椶㯶𣞡】[木目自メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ハ八圥ノ丿ヌ又夂㚇𣞛]
◆「𣞛櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【𣞟】木4+15=総画数19 U+2379F [シン/] [ム厶口台木枲十目𥃭一ハ八具真𣞟]
◆麻糸
【𣞡】木4+15=総画数19 U+237A1 [シュ、ソウ、ス/] 【棕椶㯶𣞛】[木舟メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ハ八圥ノ丿ヌ又夂㚇艐𣞡]
◆「𣞡櫚(シュロ)」、ヤシ科シュロ属の木の総称、樹皮は縄や敷物などに使われる他、葉や実などは漢方薬としても利用される{シュロ}
【𣞣】木4+15=総画数19 U+237A3 [ブ、ム/な・い] 【無𤍍𣟒𡙻𣠮𣑨𣚨𠘩𤀢】[ノ三十4無木2林亠L𠃊亡𣞣]
◆ない、存在しない、有(ゆう)していない
◆~ではない、~であってはならない
【𣞤】木4+15=総画数19 U+237A4 [ブ、ム/] 【橆】[大十2廿4𠦜𡘲木2林𣞤]
◆木が乱雑に生い茂るさま、同”蕪”
◆無(な)い、存在しない、~ではない、同”無”
【𣞧】木4+15=総画数19 U+237A7 [未詳/] [木ソ业ソ三王羊𦍌水2𣴎𣞧]
◆未詳、”樸”の訛字か?
【𣞶】木4+15=総画数19 U+237B6 [未詳/] [木二人大夫2㚘車輦𣞶]
◆未詳、”檋”の異体字という
【𣞺】木4+15=総画数19 U+237BA [未詳/] [木日十2艹一龷ハ八共ンく水氺㳟暴𣞺]
◆地名用字
【𣞿】木4+15=総画数19 U+237BF [ユウ、ユ/] 【櫾𣠡𣟾】[木タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃糸𣞿]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【𣟀】木4+15=総画数19 U+237C0 [ホウ/] 【槰𣝘】[木サ十2艹艹ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢蓬𣟀]
◆草木が盛んに繁るさま
【㰊】木4+16=総画数20 U+3C0A [シュン、ジュン/] [木土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴火2炎燅㰊]
◆木名、未詳、葉は細長いという
【㰋】木4+16=総画数20 U+3C0B [ヒン、ビン/] [木⺊上止小ノ丿少𣥂歩步一目自𦣻貝頁頻頻㰋]
◆「㰋櫇果」、同「頻婆果(ひんばか)」、微かに香気を発する紅色の果実
【㰌】木4+16=総画数20 U+3C0C [カク/] [木雨ノ2隹霍㰌]
◆カラタチ(枳、枳殻)、ミカン科カラタチ属の木
【㰍】木4+16=総画数20 U+3C0D [ロウ/] [立月ヒコL乚三龍木㰍]
◆部屋の窓
◆檻、同”櫳”
◆古”龍”
【㰎】木4+16=総画数20 U+3C0E [スイ/] 【檇槜】[木山ノ2隹凵凹雋嶲㰎]
◆「㰎李(すいり)」、スモモ(李)の一種、現浙江省付近あった古地名
【㰏】木4+16=総画数20 U+3C0F [コウ/] 【篙】[木竹亠口冂口冋2高篙㰏]
◆舟を進める長い棹
【㰕】木4+16=総画数20 U+3C15 [キ/] 【𣟵𣛼】[木ソ三王羊𦍌ノ木禾一Lフ𠃌丂一、丶弋ノ丿戈羲㰕]
◆ヒョウタン(瓢箪)などの実の内部を刳(く)り貫いて作った杓子(しゃくし)
【㰖】木4+16=総画数20 U+3C16 [ラン/] 【欖榄】[木匚コ巨臣ノ一𠂉二目見覧㰖]
◆「橄㰖(カンラン)」、カンラン科カンラン属の木の総称{カンラン}
【櫧】木4+16=総画数20 U+6AE7 [ショ/かし] 【槠】[木言土ノ耂日者、丶者諸諸櫧]
◆「苦櫧(くしょ)」、ブナ科シイ属の木、学名はCastanopsis sclerophylla、堅く腐りにくいことから建物の柱などに用いるという
◆「米櫧(べいしょ)」、タカサゴジイ(高砂椎)、ブナ科シイ属の木{タカサゴジイ}
◆[日]カシ(樫)、ブナ科コナラ属の木{カシ}
【櫨】木4+16=総画数20 U+6AE8 [ロ、ル/はぜ] 【栌枦】[木⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨皿盧櫨]
◆枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(はくろ)」{建物}
◆「黄櫨(こうろ)」、ケムリノキ(煙の木)、別名「ハグマノキ(白熊の木)」「スモーク・ツリー」、ウルシ科ハグマノキ属の木{ケムリノキ}
◆[日]はぜ、ハゼノキ(黄櫨の木, 櫨の木)、ウルシ科ウルシ属の木{ハゼノキ}
【櫩】木4+16=総画数20 U+6AE9 [エン/] 【𣡞】[木門ク𠂊ノEヨ臼臽閻櫩]
◆軒(のき)、庇(ひさし)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、建物に直接雨や日差しなどが当たらないようにするための屋根、同”檐”
◆建物の間を繋ぐ屋根付きの廊下、屋根付きの回廊(かいろう、建物や中庭を囲うように作る廊下)
【櫪】木4+16=総画数20 U+6AEA [レキ、リャク/くぬぎ] 【𣙽枥】[木厂ノ木禾2秝厤⺊上止歴歷櫪]
◆飼葉桶(かいばおけ)、牛馬の餌を入れる桶
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木、その実はドングリ(団栗)と呼ばれる{クヌギ}
◆「櫪㯕(れきせい)」、指の間に五本の木の棒(「拶子」という)を挟んで強く縛る拷問、特に女性に対して行われた、同「拶指(さつし)」
【櫫】木4+16=総画数20 U+6AEB [チョ/] 【橥】[一ノ34彡く𧰨豕土ノ耂日者豬木櫫]
◆木の杭、家畜などを繋ぐ杭
◆「楬櫫」、標識や立て札、またそれを掲げる
【櫬】木4+16=総画数20 U+6AEC [シン/] 【榇】[木立木目見親櫬]
◆遺体の納められていない棺、棺用の木材
◆アオギリ(梧桐)、アオギリ科の木
◆ムクゲ(木槿)、アオイ科フヨウ属の木
【櫮】木4+16=総画数20 U+6AEE [ガク/] [木王口4噩櫮]
◆花が盛んに咲いているさま
【櫯】木4+16=総画数20 U+6AEF [ソ、ス/] [木ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌櫯]
◆緋色の染料になるという木
【櫰】木4+16=総画数20 U+6AF0 [カイ、エ/] [木亠四罒二2ノ2レ衣褱櫰]
◆エンジュ(槐、マメ科の木)の別名
◆木名、葉は丸く実はボケ(木瓜)程の大きさで赤いという
◆「櫰香」、香木名、葉は長く鋸歯があり根を燻すと良い香りがするという
【櫱】木4+16=総画数20 U+6AF1 [ゲツ、ゲチ/ひこばえ] 【蘖𣡌𣠌】[凵山ノ丿屮ノコ2㠯𠂤𡴎立十干辛辥木櫱]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”枿”
◆ひこばえ、切り株から生え出た新芽、同”枿”
【櫲】木4+16=総画数20 U+6AF2 [ヨ/] [木マ龴フ乛亅𠄐予ク口日一ノ34彡く𧰨豕象豫櫲]
◆「櫲樟(よしょう)」、クスノキ(樟)、クスノキ科ニッケイ属の木、別名「豫樟、豫章」{クスノキ}
【櫳】木4+16=総画数20 U+6AF3 [ロウ、ル/] 【栊槞】[木立月ヒコL乚三龍櫳]
◆木や竹を格子状に組んだ檻
◆部屋の窓、同”㰍”
【櫴】木4+16=総画数20 U+6AF4 [ライ/] [木木口束刀目ハ貝頼賴櫴]
◆大きく傾くさま
◆「骯櫴」、大きく傾いて危ういさま
【櫶】木4+16=総画数20 U+6AF6 [ケン/] [木ウ宀ノ三|十3丰土龶四罒𡩜心憲櫶]
◆「櫶木」、シナノキ科の木
【欂】木4+16=総画数20 U+6B02 [ハク/] 【𦼭】[木サ十2艹艹シ氵十田由用、丶甫十、丶寸専尃溥薄欂]
◆斗形(ますがた)、屋根を支える桁や梁などを受ける柱の上の方形の木、同”枓”
◆「欂櫨(はくろ)」、枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材{建物}
◆垂木(たるき)、棟(むね、屋根の頭頂部)から軒(のき、屋根の先端部)に渡し屋根を支える木材
【欄】木4+16=総画数20 U+6B04 [ラン/] 【𣟬欄栏】[木門木日田東䦨欄]
◆橋の両側や廊下・窓・寝台などの縁に設ける手摺(てすり)
◆区切りを示す仕切り、また囲い、枠(わく)
◆新聞や雑誌などの枠などで仕切られた部分
【𣟄】木4+16=総画数20 U+237C4 [タク/] 【柝𣔳𣐼𣝔】[木十口中ワ冖石木䂞橐𣟄]
◆夜警や見張りなどの際に打ち鳴らす拍子木
◆切り開く、同”拓”
【𣟅】木4+16=総画数20 U+237C5 [エイ、ヨウ/] 【楹】[木亠L𠃊亡口吂月几、丶凡⺄乙ノ、丶𠁽乙ナ十卂𦝠女嬴𣟅]
◆正面入り口の両側にある太い柱
◆建物の数を表す語
【𣟎】木4+16=総画数20 U+237CE [未詳/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣目2䀠𣟎]
◆未詳、「【字彙補:五:木部】𣟎諾何切與那同見《集韻》」
【𣟒】木4+16=総画数20 U+237D2 [ブ、ム/な・い] 【無𤍍𣞣𡙻𣠮𣑨𣚨𠘩𤀢】[木2林3森十2廿𣟒]
◆ない、存在しない、有(ゆう)していない
◆~ではない、~であってはならない
【𣟥】木4+16=総画数20 U+237E5 [ヨク、オク/もちのき、あおき] 【檍𣟻𣟻𣚍】[木立口中2串心患𣟥]
◆モチノキ(黐の木)、モチノキ科の木、材質は堅く棺や弓などに用いられる、同”杻”{モチノキ}
【𣟧】木4+16=総画数20 U+237E7 [/ひし] [木中一𠀐目ハ貝貴え辶辶遺𣟧]
◆[日]「𣟧輪田(ひしわだ)」、地名、岩手県一関市、現在は「ひし輪田」
【𣟨】木4+16=総画数20 U+237E8 [キ、ギ/] 【樻】[木ノEヨ臼𦥑人臾目ハ貝䝿𣟨]
◆木名、別名「靈壽木」、未詳、竹のような節(ふし)があり堅く強いため杖などに用いられるという、同”椐”
◆物を収納するための蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)、同”櫃”
【𣟬】木4+16=総画数20 U+237EC [ラン/] 【欄欄栏】[木門木日田東䦨𣟬]
◆橋の両側や廊下・窓・寝台などの縁に設ける手摺(てすり)
◆区切りを示す仕切り、また囲い、枠(わく)
◆新聞や雑誌などの枠などで仕切られた部分
【𣟿】木4+16=総画数20 U+237FF [/なぎ] [木サ十2艹艹白ンく木楽薬𣟿]
◆[日]「𣟿良(なぎら)」、姓
【櫸】木4+17=総画数21 U+6AF8 [キョ、コ/けやき] 【欅𣟱﨔榉】[木ノEヨ臼𦥑5与ハ八與二十2キ舉櫸]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称{ケヤキ}
◆「欅柳(きょりゅう)」、同「柜柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆「山毛﨔(さんもうきょ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(かくと)」{ブナ}
【櫹】木4+17=総画数21 U+6AF9 [ショウ/] [木サ十2艹艹ヨ」片Lノ「爿𣶒肅蕭櫹]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま、同”橚”
◆「櫹槮(しょうしん)」◇草木が盛んに茂るさま◇花や葉が散って枝や幹だけになるさま
【櫺】木4+17=総画数21 U+6AFA [レイ、リョウ、レン/] 【欞𢸲㯪棂】[木雨口2吅3𠱠霝櫺]
◆窓や手摺(てすり)などに嵌(は)め込む細い木を組んだ格子、「欞子(れんじ)」
◆軒(のき)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、同”檐””梠”{建物}
【櫻】木4+17=総画数21 U+6AFB [オウ、ヨウ/さくら] 【桜樱】[木目ハ貝2賏女嬰櫻]
◆サクラ(桜)、バラ科サクラ属の木の総称{サクラ}
◆「桜桃(おうとう)」、果実を食用とするサクラ類の植物を指し、中国では「カラミザクラ(唐実桜)、別名シナミザクラ(支那実桜)」をいう、バラ科サクラ属の木、またその実(「さくらんぼ、さくらんぼう(桜桃、桜ん坊)」という){カラミザクラ}
【櫼】木4+17=総画数21 U+6AFC [セン/] 【㰇】[木人2从一、丶弋ノ丿戈㦰一6三2非7韭韱櫼]
◆楔(くさび)、角材の先を削って尖らせたもの、「【齊民要術:卷四:插梨第三十七】斜攕竹為籤刺皮木之際令深一寸許」
◆コウヨウザン(広葉杉)、スギ科スギ属の木、同”檆(杉)”{コウヨウザン}
◆「櫼櫨(せんろ)」、枓栱(斗栱、ときょう)、方形の木材「枓」と”U”字形の木材「栱」を組み合わせ建物の柱の上端に置いてそれより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材、別名「欂櫨(はくろ)」{建物}、「【漢語大字典:木部:櫼】《文選・何晏<景福殿賦>》:櫼櫨各落以相承,欒栱夭蟜而交結。」
【櫽】木4+17=総画数21 U+6AFD [イン、オン/] 【檃】[ろ3I|丨阜阝ノツ爪爫爫エ工ヨ𤔌心㥯隱木櫽]
◆矯木(ためぎ)、歪みや狂いを正しい形にする道具
【櫾】木4+17=総画数21 U+6AFE [ユウ、ユ/] 【𣠡𣞿𣟾】[木タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇櫾]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【櫿】木4+17=総画数21 U+6AFF [エイ、ヨウ/] [木火2炏ワ冖𤇾口2ノ呂營櫿]
◆木名、未詳
【欀】木4+17=総画数21 U+6B00 [ショウ/] [木亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄欀]
◆木名
【欁】木4+17=総画数21 U+6B01 [ドウ、ノウ、ノ/] [木2林十2日曰曲厂二レノ辰農檂欁]
◆同”農”
【欃】木4+17=総画数21 U+6B03 [サン、ゼン/] [木ク口ヒ七𠤎匕2比㲋ク口日ノ丿L乚儿免、丶兔毚欃]
◆ニシキギ科の木の一種
◆水門
◆星の名
【欅】木4+17=総画数21 U+6B05 [キョ、コ/けやき] 【櫸𣟱﨔榉】[木ハ八手挙ノEヨ臼𦥑5与ハ八與手挙擧欅]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称{ケヤキ}
◆「欅柳(きょりゅう)」、同「柜柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆「山毛﨔(さんもうきょ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(かくと)」{ブナ}
【欍】木4+17=総画数21 U+6B0D [キュウ、グ/] [木サ十2艹艹ノ2隹ノEヨ臼萑舊欍]
◆柩(ひつぎ)、遺体が納められた棺、同”柩”
【欄】木4+17=総画数21 U+F91D [ラン/] 【欄𣟬栏】[木門木口束ソ柬闌欄]
◆橋の両側や廊下・窓・寝台などの縁に設ける手摺(てすり)
◆区切りを示す仕切り、また囲い、枠(わく)
◆新聞や雑誌などの枠などで仕切られた部分
【𣟱】木4+17=総画数21 U+237F1 [キョ、コ/けやき] 【欅櫸﨔榉】[木ノEヨ臼5ハ八ノ三|十3丰𦦙𣟱]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科ケヤキ属の木、また同属の木の総称{ケヤキ}
◆「欅柳(きょりゅう)」、同「柜柳」、シナサワグルミ(支那沢胡桃)、クルミ科サワグルミ属の木{シナサワグルミ}
◆「山毛﨔(さんもうきょ)」、ブナ(橅)、ブナ科ブナ属の木、同「殼斗(かくと)」{ブナ}
【𣟴】木4+17=総画数21 U+237F4 [セン/] 【𣠯𣡬𢩠】[木、丶一コノ丿尸户戶戸四罒一口ノ丿2レ衣𧘇睘𣟴]
◆閂
【𣟵】木4+17=総画数21 U+237F5 [キ/] 【𣛼㰕】[木⺊フ乛ノ丿七虍一口ソ丷一䒑豆䖒一、丶弋ノ丿戈戲𣟵]
◆ヒョウタン(瓢箪)などの実の内部を刳(く)り貫いて作った杓子(しゃくし)
【𣟶】木4+17=総画数21 U+237F6 [ショウ、ジョウ/きこり] 【樵𣛑藮櫵𦿕𧄡】[サ十2艹艹ノ木禾ノ2隹稚木𣟶]
◆薪(たきぎ)
◆薪にする細い木や枝を切ったり落ちているものを拾い集めたりする人、柴刈りをする人
◆門に設けた物見櫓、同”譙”
【𣟷】木4+17=総画数21 U+237F7 [未詳/] [木⺊上止冂人2从仌4𠈌ノ一𠂉メヌ又攵𣟷]
◆未詳、「【康熙字典:木部:十七:𣟷】字彙見揚雄蜀都賦音未詳○按賦杪作㯳曳鄭璞刻本作𣟷曳」
【𣟹】木4+17=総画数21 U+237F9 [シン/] 【槮椮𣚈】[木竹ム厶2厸3厽人𠆢ノ丿3彡㐱參篸𣟹]
◆木がまっすぐに高く伸びるさま
◆「櫹𣟹(しょうしん)」◇草木が盛んに茂るさま◇花や葉が散って枝や幹だけになるさま
◆水中に柴などを積んで魚を捕る仕掛け、同”罧”
【𣟺】木4+17=総画数21 U+237FA [レン/] [木人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ一𠂉メヌ又攵斂𣟺]
◆「㭺𣟺(えんれん)」、木名、未詳、「【康熙字典:木部:十七:𣟺】《集韻》《類篇》𠀤力驗切,音殮。㭺𣟺,木也。葉可爲飮。」
【𣟻】木4+17=総画数21 U+237FB [ヨク、オク/もちのき、あおき] 【檍𣟥𣚍】[木立ワ冖口中2串心患𣟻]
◆モチノキ(黐の木)、モチノキ科の木、材質は堅く棺や弓などに用いられる、同”杻”{モチノキ}
【𣟼】木4+17=総画数21 U+237FC [ショウ/] [ム厶口台木枲ノ2隹、丶4灬焦𣟼]
◆晒(さら)して白くする前のアサ(麻)、生麻(きあさ)
【𣟾】木4+17=総画数21 U+237FE [ユウ、ユ/] 【櫾𣠡𣞿】[タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃ノ糸系繇木𣟾]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【𣠄】木4+17=総画数21 U+23804 [未詳/] [木雨口2吅3品𣠄]
◆未詳
【𣠆】木4+17=総画数21 U+23806 [未詳/] [木口束2𣗥3𣠆]
◆未詳
【𣠈】木4+17=総画数21 U+23808 [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欝欎𣡡𣡱𣡇𦉠𦉚】[木2林メ㐅乂2爻棥ワ冖日十、丶寸时𣠈]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【𣠋】木4+17=総画数21 U+2380B [ラク、ガク/たの・しい、たの・しむ] 【楽樂乐】[糸白絈木2𣠋]
◆音を奏(かな)でる、「音楽(おんがく)」
◆調和が取れて心地よい、心や体を煩(わずら)わせるものが何もなく安らかで快(こころよ)い、悦(よろこ)ばしい
【𣠌】木4+17=総画数21 U+2380C [ゲツ、ゲチ/ひこばえ] 【蘖櫱𣡌】[木雨口冂ハ八儿T丅𣠌]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”枿”
◆ひこばえ、切り株から生え出た新芽、同”枿”
【𣠍】木4+17=総画数21 U+2380D [チュン/] 【櫄】[木山ノ千口ソ土、丶4灬黑熏𣠍]
◆チャンチン(香椿)、センダン科の木、同”杶”
【𣠐】木4+17=総画数21 U+23810 [カク/] 【椁槨】[木亠口囗2回高凵I|丨丁3𩫖𣠐]
◆棺(ひつぎ)を納めるための木製の外箱、外棺、石製は「𥕖」
【㰗】木4+18=総画数22 U+3C17 [シュク、スク/] [木口⺊上止龰足厂一、丶弋ノ丿戈上小尗戚蹙㰗]
◆カエデ(楓)、ムクロジ科カエデ属の木の総称、同”槭”{カエデ}
【㰛】木4+18=総画数22 U+3C1B [ヤク/] [木サ十2艹艹白くム厶幺2楽樂藥㰛]
◆「㰛陽(やくよう)」、同「櫟陽(れきよう)」秦代・漢代の地名、現陕西省西安市
【櫷】木4+18=総画数22 U+6AF7 [ケイ、ケ/] [木ノL乚ヨ2メコ櫷]
◆ケヤキ(欅)、ニレ科の木
【欆】木4+18=総画数22 U+6B06 [ソウ/] [木ノ2隹2雔ヌ又雙欆]
◆船の帆
【欇】木4+18=総画数22 U+6B07 [ショウ/] [木耳3聶欇]
◆シナフジ(支那藤)、マメ科フジ属の蔓性の木、或いは同属の別種
◆フウ(楓)、マンサク科フウ属の木
【欈】木4+18=総画数22 U+6B08 [ケイ/] [木山ノ2隹冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏雟欈]
◆「𣚀欈」、木名、実は食べられるという
【欉】木4+18=総画数22 U+6B09 [ソウ/] [木ソ业ソ三王羊𦍌2丵耳ヌ又取叢欉]
◆草木が叢(むら)がり生える、同”叢”
【權】木4+18=総画数22 U+6B0A [ケン、ゴン/] 【権权】[木サ十2艹艹口2吅ノ2隹雚權]
◆秤に使う分銅(ふんどう)
◆重さを計る、状況を量(はか)りそれに応じて対応する
◆釣り合いを左右することができる重みまた力また立場、力や立場を利用して支配・指揮する
◆仮の、一時的な
漢字林(非部首部別)
【欋】木4+18=総画数22 U+6B0B [ク、グ/] [木目2䀠ノ2隹瞿欋]
◆木の根が絡まり合っているさま、四本の歯の付いた熊手(くまで)
【欎】木4+18=総画数22 U+6B0E [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欝𣡡𣠈𣡱𣡇𦉠𦉚】[木2林メ㐅乂2爻棥ワ冖十、丶寸欎]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【𣠙】木4+18=総画数22 U+23819 [ヒョウ/しるし、しるべ] 【標标】[木ノEヨ臼𦥑丿ノ口囗メ㐅龱囟一火灭𤐫𣠙]
◆木の高いところにある枝、木の枝の先、梢(こずえ)
◆(高い木が目印になることから)場所を特定するための目印、案内や識別のための印や記号
◆高く掲げる、目立つように示す、見本として示す
◆物事の先端、瑣末なさま
【𣠛】木4+18=総画数22 U+2381B [ソウ、ゾウ、ザツ/ま・じる] 【雑雜杂襍𣜫𨿼】[亠人2从𠅃木ノ2隹雜木𣠛]
◆ま・じる、それぞれの性質は保ったままいろいろな物が寄せ集まる、また入り交る、入り交って元の性質が失われるのは「混」
◆纏まりがない
◆重要ではない細々した物事
◆[日]いい加減な
【𣠞】木4+18=総画数22 U+2381E [ショウ/] [耳2聑3聶木𣠞]
◆同”欇”
◆木の葉が揺れ動くさま
【𣠟】木4+18=総画数22 U+2381F [シン、ジン/] 【梣𣘕】[木二ノ丿L乚旡兂2兓一口冂ソハ八儿T丅鬲鬵𣠟]
◆トネリコ(梣)、モクセイ科トネリコ属の木、皮は「秦皮(しんぴ)」と呼ばれ薬用として用いる、また木は堅く建材やバットなどに用いられる
【𣠠】木4+18=総画数22 U+23820 [ライ/] [木田2畕3畾土壘𣠠]
◆「魁𣠠(かいらい)」、操人形(あやつりにんぎょう)、同「傀儡」
【𣠡】木4+18=総画数22 U+23821 [ユウ、ユ/] 【櫾𣞿𣟾】[木タ夕、丶言䚻ノ糸系䌛𣠡]
◆ユズ(柚、柚子)、ミカン科ミカン属の木、またその果実{ユズ}
【𣠤】木4+18=総画数22 U+23824 [カン/] [木ノ一𠂉二ナノ2隹目見観欟𣠤]
◆木名
【𣠬】木4+18=総画数22 U+2382C [未詳/] [木人𠆢ンく水氺桼2𣠬]
◆未詳
【𣠭】木4+18=総画数22 U+2382D [ケイ、ケ/] 【檵】[木くム厶幺2山幽2𢇕𣠭]
◆トキワマンサク(常磐万作)、マンサク科マンサク属の木{トキワマンサク}
◆「枸檵(くけい)」、同「枸杞(クコ)」、ナス科クコ属の木、食用や薬用に用いられる{クコ}
【𣠮】木4+18=総画数22 U+2382E [ブ、ム/な・い] 【無𤍍𣞣𣟒𡙻𣑨𣚨𠘩𤀢】[大十2廿4𠦜𡘲亠L𠃊亡木2林𣠮]
◆ない、存在しない、有(ゆう)していない
◆~ではない、~であってはならない
【𣠯】木4+18=総画数22 U+2382F [セン/] 【𣟴𣡬𢩠】[木、丶一コノ丿尸户戶戸四罒一ムノ2レ衣𦊷𣠯]
◆閂
【𣠴】木4+18=総画数22 U+23834 [未詳/] [木人𠆢ンく水氺桼山冂ヌ又𠕀文𣠴]
◆「𣠴𤧱河」、川名
【𣠷】木4+18=総画数22 U+23837 [ケン/] [木サ十2艹艹冂糸中虫繭𣠷]
◆棚
【㰚】木4+19=総画数23 U+3C1A [リ/] [木亠メ㐅凵凶㐫冂ム厶禸离ノ2隹離㰚]
◆柴垣(しばがき)、柴を編んで作った柵や垣根などの囲い、同”籬”
【欌】木4+19=総画数23 U+6B0C [チャン/] [木サ十2艹艹Lノ「爿厂𤕫一、丶弋ノ丿戈戊匚コ巨臣臧蔵藏欌]
◆[韓]箪笥(たんす)
【欏】木4+19=総画数23 U+6B0F [ラ/] 【椤】[木四罒糸ノ2隹維羅欏]
◆「桫欏(さら)」、ヘゴ科の木生シダ
◆「桫欏樹(さらじゅ)」、同「沙羅樹」、フタバガキ科の木
【欐】木4+19=総画数23 U+6B10 [レイ、ライ/] [木一冂、丶广コヒ七𠤎匕2比鹿麗欐]
◆棟木や梁
◆小さな船
【欑】木4+19=総画数23 U+6B11 [サン、ザン/] 【櫕】[木ノ一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先2兟目ハ貝贊欑]
◆木や竹を寄せ集める
◆木や竹を棒状に束ねる、束ねて作った棒
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などの柄
【欒】木4+19=総画数23 U+6B12 [ラン/] 【栾𣡵】[糸2絲言䜌木欒]
◆モクゲンジ、ムクロジ科モクゲンジ属の木、また同属の木の総称{モクゲンジ}
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする”U”字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる、同”栱”、方形の木材は「櫨」{建物}
◆双生児、同”孿”
漢字林(非部首部別)
【𣠺】木4+19=総画数23 U+2383A [ショウ/] [木竹人𠆢一亼口2吅人2从3僉簽𣠺]
◆未詳、「【廣韻:入聲:葉:妾:𣠺】飯臿」「【集韻:卷十:葉:妾:𣠺】𣠺飯喿也」
【𣠻】木4+19=総画数23 U+2383B [ハイ、バイ/] 【𣡖㰆】[木十口ワ冖一6三2非木棐㰆2𣠻]
◆鞴(ふいご)、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置、同”韛”
【𣠽】木4+19=総画数23 U+2383D [ハ、ヘ/] 【欛】[木西覀襾十2廿口3革月䩗覇欛𣠽]
◆柄(つか)、刀の手で握る部分
◆柄(え)、容器や道具の握り持つ部分
【𣠿】木4+19=総画数23 U+2383F [カン、ゲン/] 【㯺𣔿】[匚コ巨臣ノ一𠂉ト⺊卜口囗占ノ丿メ、丶4𠂭鹵木𣠿]
◆書物や衣類を収納するための大きな蓋付きの箱、また扉の付いた戸棚や箪笥(たんす)
◆田畑の土が堅いさま、同”𡒓”
【𣡃】木4+19=総画数23 U+23843 [テン、デン、ネン/] 【榐】[木コノ丿尸エ工4㠭ノ2レ衣㞡𣡃]
◆小さな酒杯(しゅはい)、同”盞”
◆木名、未詳、汁は酒になるという、同”𣒅”
◆木臼(きうす)、穀物などを平らに押し展(の)ばし磨り潰(すりつぶ)す道具、同”碾”
◆「橏榐(せんてん)」、木が長く伸びているさま
【𣡇】木4+19=総画数23 U+23847 [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欝欎𣡡𣠈𣡱𦉠𦉚】[木2林メ㐅乂2爻棥コノ丿尸二𡰥二小𡭕示十、丶寸尉𣡇]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【欓】木4+20=総画数24 U+6B13 [トウ/] [木ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚口ソ土、丶4灬黑黨欓]
◆グミ科の木の一種
◆木製の桶(おけ)
【欔】木4+20=総画数24 U+6B14 [カク/] [木目2䀠ノ2隹瞿ノ2隹ヌ又隻矍欔]
◆鍬(くわ、農具)の一種
◆木名
【欕】木4+20=総画数24 U+6B15 [/] [木口2吅厂エ工耳ノ一𠂉メヌ又攵敢嚴欕]
◆ハリギリ(針桐)、ウコギ科の木
【𣡌】木4+20=総画数24 U+2384C [ゲツ、ゲチ/ひこばえ] 【蘖櫱𣠌】[木⺊フ乛ノ丿七虍一口冂ソハ八儿T丅鬲鬳大犬獻𣡌]
◆木を切り倒した後に残る切り株、同”枿”
◆ひこばえ、切り株から生え出た新芽、同”枿”
【𣡍】木4+20=総画数24 U+2384D [キョク、コク/とげ、いばら] 【棘𣘐】[木冂巾朿2棘3𣝯4𣡍]
◆とげ、先端が細く尖った形のもの、刺(とげ)
◆いばら、刺(とげ)のある木
◆突き刺さる、刺さって痛む
◆「九𣡍(きゅうきょく)」、卿(きょう、重臣、要職の長)の爵位、九人が任じられその並ぶ位置に棘(いばら)が植えられたことから
漢字林(非部首部別)
【𣡏】木4+20=総画数24 U+2384F [ドウ、ノウ/ふくろ] 【囊嚢𢑿𡄜𣞈𣡦𣡪𧛦】[十口中口囗コ2㠯3タ夕木𣡏]
◆口が一つで多く背負うなどする比較的大きい袋、筒状(口が二つある)の袋は「橐」
◆袋状のもの
【𣡕】木4+20=総画数24 U+23855 [未詳/] [木2林3森6𣡕]
◆未詳
【𣡖】木4+20=総画数24 U+23856 [ハイ、バイ/] 【㰆𣠻】[十口ワ冖石一6三2非木棐𣡖]
◆鞴(ふいご)、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置、同”韛”
【𣡗】木4+20=総画数24 U+23857 [ゼン、ネン/] [田甲木果2𣛕3𣡗]
◆未詳
【欗】木4+21=総画数25 U+6B17 [ラン/] [木サ十2艹艹門木口束ソ柬闌蘭欗]
◆木名、「【康熙字典:木部:二十一:欗】《類篇》木名。桂類。本作木蘭。」、「木蘭」は「モクレン(木蓮)」をいうが未詳
【欘】木4+21=総画数25 U+6B18 [チョク、トク/] 【𣚚】[木コノ丿尸ニ二2ンくI|丨四罒ノ𠃌勹中虫蜀屬欘]
◆土を掘り起こして石や根などを取り除くための鍬や鋤などの類で斧のような重く大きなもの、同”劚”
◆重く大きな斧や鍬・鋤などの柄で「/ ̄」のように曲がったもの
◆枝が上向き「_/」に曲がるさま
【欙】木4+21=総画数25 U+6B19 [ルイ/かんじき] [木田2畕3畾糸纍欙]
◆山道を行く時に乗る駕籠、或いは輿(こし)、同”樏”
◆かんじき、滑り止めの金属や木製の突起を付けた山道用の履物、同”樏””梮”
◆木名、実は殻がなく皮があるという、未詳、同”樏”
【欚】木4+21=総画数25 U+6B1A [リ/] [木レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖中虫䗍中虫2䖵蠡欚]
◆川を行く大きな船の名
◆鳥獣を捕える網
【欛】木4+21=総画数25 U+6B1B [ハ、ヘ/] 【𣠽】[木雨十2廿口3革月䩗霸欛]
◆柄(つか)、刀の手で握る部分
◆柄(え)、容器や道具の握り持つ部分
【欝】木4+21=総画数25 U+6B1D [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欎𣡡𣠈𣡱𣡇𦉠𦉚】[木2林メ㐅乂2爻棥四罒ヨレム厶十、丶寸𡬠欝]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【𣡞】木4+21=総画数25 U+2385E [エン/] 【櫩】[木門ク𠂊厂厃ハ八言詹䦲𣡞]
◆軒(のき)、庇(ひさし)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、建物に直接雨や日差しなどが当たらないようにするための屋根、同”檐”
◆建物の間を繋ぐ屋根付きの廊下、屋根付きの回廊(かいろう、建物や中庭を囲うように作る廊下)
【𣡡】木4+21=総画数25 U+23861 [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欝欎𣠈𣡱𣡇𦉠𦉚】[木2林ノ一𠂉二十干山缶ワ冖ヨレム厶十、丶寸𡬠𣡡]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【𣡥】木4+21=総画数25 U+23865 [未詳/] [亠ノEヨ臼𦥑冂口同ワ冖木2林𣡥]
◆水星の別名、「【字彙補·五:木部】𣡥史天官書註引天官占辰星一名𣡥星」
【𣡦】木4+21=総画数25 U+23866 [ドウ、ノウ/ふくろ] 【囊嚢𢑿𡄜𣞈𣡪𣡏𧛦】[十口中口囗口2吅3コ匚L乚己巳メ㐅乂2爻木𣡦]
◆口が一つで多く背負うなどする比較的大きい袋、筒状(口が二つある)の袋は「橐」
◆袋状のもの
【欖】木4+22=総画数26 U+6B16 [ラン/] 【㰖榄】[木匚コ巨臣ノ一𠂉二四罒目見覽欖]
◆「橄欖(カンラン)」、カンラン科カンラン属の木の総称{カンラン}
【欜】木4+22=総画数26 U+6B1C [ノウ/] [木十口中ワ冖口2吅3三ノ丿2レ衣𧘇囊欜]
◆木の名
◆物を盛る器
【𣡪】木4+22=総画数26 U+2386A [ドウ、ノウ/ふくろ] 【囊嚢𢑿𡄜𣞈𣡦𣡏𧛦】[十口中口囗口2吅3コ匚L乚己2メ㐅乂2爻木𣡪]
◆口が一つで多く背負うなどする比較的大きい袋、筒状(口が二つある)の袋は「橐」
◆袋状のもの
【𣡫】木4+22=総画数26 U+2386B [シャク、サク/] 【爵𩰥𤔴𩰨𩰣𣝣𩰦𩰧𡭌𢋺𥥼𥧀𠕢𠙘𡬠】[木口目2イノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ヒ七𠤎匕鬯十、丶寸𣡫]
◆三本の足と注ぎ口が付いた祭礼用の酒器{酒器}
◆「公・侯・伯・子・男」の五階級からなる貴族の位階
◆雀(すずめ)
【𣡬】木4+22=総画数26 U+2386C [セン/] 【𣟴𣠯𢩠】[木、丶一コノ丿尸户戶戸ンく水氺四罒一口ノ丿2レ衣𧘇睘𣡬]
◆閂
【𣡱】木4+22=総画数26 U+23871 [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰𣡸欝欎𣡡𣠈𣡇𦉠𦉚】[木2林タ夕ワ冖四罒ヨレム厶十、丶寸𡬠𣡱]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【𣡵】木4+23=総画数27 U+23875 [ラン/] 【欒栾】[木糸2絲言䜌木欒𣡵]
◆モクゲンジ、ムクロジ科モクゲンジ属の木、また同属の木の総称{モクゲンジ}
◆柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える役目をする”U”字形の木材、日本では「肘木(ひじき)」とも呼ばれる、同”栱”、方形の木材は「櫨」{建物}
◆双生児、同”孿”
【𣡸】木4+23=総画数27 U+23878 [ウツ、ウチ/] 【鬱鬰欝欎𣡡𣠈𣡱𣡇𦉠𦉚】[木2林ノ一𠂉二十干山缶四罒日ヒ七𠤎匕㫐十、丶寸𣡸]
◆木が辺りを塞(ふさ)ぐように生い茂る
◆樹木の香りが行き所なく立ち籠(こ)める
◆籠(こも)る、周りを塞がれて行き所がなくなる
【欞】木4+24=総画数28 U+6B1E [レイ、リョウ、レン/] 【櫺𢸲㯪棂】[木雨口2吅3𠱠霝エ工人2巫靈欞]
◆窓や手摺(てすり)などに嵌(は)め込む細い木を組んだ格子、「欞子(れんじ)」
◆軒(のき)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、同”檐””梠”{建物}
【𣡷】木4+24=総画数28 U+23877 [リツ、リチ/くり] 【栗㮚𣗴𣡼】[西覀襾ト卜⺊口囗占人2仌𠧪𣡷]
◆クリ(栗)、ブナ科クリ属の果樹、またその実{クリ}
◆(栗の木は堅く腐りにくいことから)堅い
◆慄(おのの)く、恐れや寒さで体が震える、同”慄”
【欟】木4+25=総画数29 U+6B1F [カン/] [木サ十2艹艹口2吅ノ2隹雚目見観觀欟]
◆水や酒などを入れる胴が膨らみ口が比較的大きい器、同”罐”
【𣡺】木4+26=総画数30 U+2387A [ルイ/] 【蘽】[田4木口囗2回𣡺]
◆蔓性の木の総称、草は「藟」
◆「虎𣡺(こるい)」、シナフジ(支那藤)、マメ科フジ属の蔓性の木
【𣡼】木4+27=総画数31 U+2387C [リツ、リチ/くり] 【栗㮚𣗴𣡷】[ト卜⺊口囗占人2仌𠧪36𠨋木𣡼]
◆クリ(栗)、ブナ科クリ属の果樹、またその実{クリ}
◆(栗の木は堅く腐りにくいことから)堅い
◆慄(おのの)く、恐れや寒さで体が震える、同”慄”
【𣡽】木4+28=総画数32 U+2387D [サツ、セツ/] [木2林48𣡽]
◆未詳
【𣡾】木4+28=総画数32 U+2387E [コ/] [田甲木果2𣛕3𣡗4𣡾]
◆未詳


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 木部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です