総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「月部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 月部」 [部首索引


【月】月4+0=総画数4 U+6708 [ゲツ、ゴチ、ガツ/つき] [月]
◆地球の衛星の名
◆一年をほぼ十二等分した期間、新月(月が見えなくなる日)から次の新月までの期間
◆七曜の一つ
◆十二章紋の一つ{十二章紋}
◆つきへん、部首名、本来の「月」は二本の横画の右側が離れている字形、現在の字形のように横画が左右の縦画に付いているものは「にくづき」と呼び「肉」、横棒ではなく「⺀」となる字形は「ふなづき」と呼ぶ{漢字「月」}
漢字林(非部首部別)
【肊】月(肉)4+1=総画数5 U+808A [ヨク、オク/おく・する] 【臆】[月乙肊]
◆胸、胸の骨
◆胸の奥にある考えや気持ち、心の内を推し量る
◆気後(きおく)れする、怖がる
【𣍝】月(舟)4+1=総画数5 U+2335D [シュウ、シュ/ふね、ふな] 【舟】[ノ丿月𣍝]
◆川や沿岸を行き来するための船
注解:「舟」と「船」は同義だが、漢代では東方で「舟」・西方で「船」といい、後には一般に「舟」は小形のものを、「船」は大形のものを指すようになった、「【方言:第九】舟自關而西謂之船自關而東或謂之舟或謂之航」「【太平御覽:卷第七百七十:舟部三:舟下】周處風土記曰小曰舟大曰船」
◆酒壺など下に敷く盆、(人を乗せる舟のように)上に載せたものを下で受けるもの
◆帯(お)びる、身に着ける
【䏌】月(肉)4+2=総画数6 U+43CC [キツ、コチ/] [ハ八月䏌]
◆小刻みに動く、揺れ動く、振(ふ)れる、「【玉篇:卷七:肉部第八十一:䏌】呼乞切振眸也」
漢字林(非部首部別)
【䏍】月(肉)4+2=総画数6 U+43CD [エン/] 【肙】[ム厶月䏍]
◆小さな虫、ボウフラ(孑孓)
漢字林(非部首部別)
【刖】刀部
【有】月4+2=総画数6 U+6709 [ユウ、ウ/あ・る] [ナ𠂇月有]
◆存在する、居る
◆持っている
◆起こる、生じる
◆ある状態になってそれが引き続いている
◆或る、不特定の人や物事を指す
漢字林(非部首部別)
【肋】月(肉)4+2=総画数6 U+808B [ロク/あばら] [月カ力月カ力肋]
◆心臓や肺などの胸部の内臓を取り囲むように並んだ骨、「肋骨(ろっこつ、あばらぼね)」
◆「肋脦(ろくとく)」、(身なりが)だらしないさま、きちんとしていないさま、「【集韻:卷十:入聲下:徳第二十五:脦】肋脦不正容止也」
◆「雞肋(けいろく)」◇ニワトリ(鶏)の肋骨(ろっこつ、あばらぼね)◇あまり役には立たないが捨ててしまうには惜しいかと思うもの(「鶏の肋骨は食べるところはないが、かといって捨ててしまうのは何となくもったいない」の意)、「【三國志:魏志:武帝紀】二十四年春・・・夏侯淵與劉備戰於陽平・・・(九州春秋曰時王欲還出令曰雞肋官屬不知所謂主簿楊修便自嚴裝人驚問修何以知之修曰夫雞肋棄之如可惜食之無所得以比漢中知王欲還也)」
漢字林(非部首部別)
【肌】月(肉)4+2=総画数6 U+808C [キ/はだ] 【𩨒】[月几肌]
◆皮膚や肉や筋肉など人や動物の骨を除いた部分、「肌肉(きにく、筋肉)」「肌膚(きふ、肉と皮膚)」「肌骨(きこつ、肉と骨、骨身)」
◆肉の表面、皮膚
◆[日]はだ、ものの表面
漢字林(非部首部別)
【肍】月(肉)4+2=総画数6 U+808D [キュウ、グ/] [月ノ丿⺄九肍]
◆肉の塩漬けにして熟成させたもの
【肎】月(肉)4+2=総画数6 U+808E [コウ/がえん・ずる] 【肯肻𣍟𠕔𦙡𦘫】[ワ冖月肎]
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する
◆骨の間の肉、骨に付いている肉
◆漢字を構成する「月」は「肉」の意
【𣍞】月(舟)4+2=総画数6 U+2335E [フク、ブク/] 【服𦨕𦨋𦨈𦨊】[月人𣍞]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
【𦘭】月(肉)4+2=総画数6 U+2662D [テイ、チョウ/] 【飣饤】[月一亅丁𦘭]
◆「飣餖(ていとう)」、皿にいろいろと盛り飾られた見るだけで食べない食べ物、人の目を引くためにさまざまな言葉や文章を次々に引用するさま
【𦘰】月(肉)4+2=総画数6 U+26630 [ベン、メン/] 【眄䀎𥄝】[月一Lフ𠃌丂𦘰]
◆視線を合わさないよう顔を背(そむ)け横を見る、「【說文解字:目部:眄】目偏合也一曰衺視也」
◆視線を合わさずにちらっと見る
【𦘲】月(肉)4+2=総画数6 U+26632 [ヒツ、ヒチ/] [月入𦘲]
◆首筋(首の後ろ側)の肉
【肐】月(肉)4+3=総画数7 U+8090 [カク/] 【𦘸𦙊𩨘】[月ノ丿一𠂉乙乞肐]
◆腋(わき)の下、同”胳”
【肑】月(肉)4+3=総画数7 U+8091 [テキ、ジャク、ハク、ホク/] [月ノ𠃌勹、丶一勺肑]
◆両脇腹
◆下腹部、下腹部が膨らんでいるさま
◆手足の指の関節を鳴らす、またその音、同”𥭖”
漢字林(非部首部別)
【肒】月(肉)4+3=総画数7 U+8092 [カン、ガン/] [月ノ丿⺄九、丶丸肒]
◆手で掻きむしってできた瘡蓋(かさぶた)
【肓】月(肉)4+3=総画数7 U+8093 [コウ/] [亠L𠃊亡月肓]
◆心臓と横隔膜に挟まれた部分、体の内のよく見えない部分
◆病入膏肓、病や事態が手の施しようもなくなる
【肔】月(肉)4+3=総画数7 U+8094 [チ/] 【胣】[月せ也肔]
◆腹を裂く、裂いて開く
【肕】月(肉)4+3=総画数7 U+8095 [ジン、ニン/] [月刀、丶刃肕]
◆体が柔らかで強い
◆強靱な
【肖】月(肉)4+3=総画数7 U+8096 [ショウ/あやか・る] [ハソ小月肖]
◆小さい
◆元になるものに似せる、(子が親などに)似る
漢字林(非部首部別)
【肗】月(肉)4+3=総画数7 U+8097 [ジョ、ニョ/] [月女肗]
◆肉や魚が腐る
【肘】月(肉)4+3=総画数7 U+8098 [チュウ/ひじ] [月十、丶寸肘]
◆上臂(じょうひ、日本でいう「上腕、肩から肘までの部分」)と前臂(ぜんひ、日本でいう「前腕、肘から手首までの部分」)を繋ぐ関節の部分
漢字林(非部首部別)
【肙】月(肉)4+3=総画数7 U+8099 [エン/] 【䏍】[口月肙]
◆小さな虫、ボウフラ(孑孓)
漢字林(非部首部別)
【肚】月(肉)4+3=総画数7 U+809A [ト、ツ、ズ/はら] [月土肚]
◆(人や動物の)腹
◆腹のように円(まる)く膨れる、またそのような形
◆腹の中、腹の中にある考えや思い
◆食用や薬用に用いる動物の胃袋
【肛】月(肉)4+3=総画数7 U+809B [コウ/] [月エ工肛]
◆尻の穴
【肜】月(肉)4+3=総画数7 U+809C [ユウ、ユ、シン/] [月ノ丿3彡肜]
◆祭礼の次の日に引き続いて行われる祭礼
◆船が進み行くさま
漢字林(非部首部別)
【肝】月(肉)4+3=総画数7 U+809D [カン/きも] [月二十干肝]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、人の肉体を掌(つかさど)ると考えられた臓器
◆心、大切なもの
◆[日]きも、度胸、臆することない心
【肞】月(肉)4+3=総画数7 U+809E [サ/] [月メ乂、丶义肞]
◆干し肉
【肟】月(肉)4+3=総画数7 U+809F [アク/] [月二一Lフ𠃌丂亏肟]
◆オキシム(oxime)、有機化合物
【肠】月(肉)4+3=総画数7 U+80A0 [チョウ、ジョウ/はらわた] 【腸膓】[月フ𠃌ノ2勿𠃓肠]
◆胃から肛門までの管状の消化器官の総称、「小腸」「大腸」から成る
◆[日]はらわた、腹部にある臓器、動物の内臓
【𣍟】月(肉)4+3=総画数7 U+2335F [コウ/がえん・ずる] 【肯肻肎𠕔𦙡𦘫】[ワ冖一月𣍟]
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する
◆骨の間の肉、骨に付いている肉
◆漢字を構成する「月」は「肉」の意
【𣍡】月4+3=総画数7 U+23361 [キ、コ/] 【朞𣇳𣅆】[一ノ丿L乚儿兀月𣍡]
◆一年、年が一巡すること、同”稘””期”
◆一カ月、月日が一巡すること
【𣍢】月4+3=総画数7 U+23362 [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 【望𥩿朢𦣠𢾘】[人L乚𠃊亾月𣍢]
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
【𦘴】月(肉)4+3=総画数7 U+26634 [ト、ツ/] 【𦙅】[月ノ七モ乇𦘴]
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「胍𦘴(こと)」「𦘴胍(とこ)」
【𦘶】月(肉)4+3=総画数7 U+26636 [クン/] 【臐】[月川𦘶]
◆羊肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【𦘸】月(肉)4+3=総画数7 U+26638 [カク/] 【肐𦙊𩨘】[月ト卜⺊乙𠧒𦘸]
◆腋(わき)の下、同”胳”
【𦘺】月(肉)4+3=総画数7 U+2663A [ヒ、ビ/こ・える、こえ、こ・やす] 【肥】[月コ匚L乚己巳𦘺]
◆脂肪を多く含んだ肉が付いている、脂肪を多く含んだ肉が付いて太っている、肉付きが良い
◆土がたっぷりと養分を含んでいる、地味(ちみ)が良い
◆地味(ちみ)を良くするために与える養分
◆たっぷりと貯(たくわ)えがあるさま、豊(ゆた)かなさま、ゆとりがあるさま
【㱚】歹部
【䏔】月(肉)4+4=総画数8 U+43D4 [ジュウ、ニュウ/] [月三丑䏔]
◆肘(ひじ)
◆柔らかく良質な肉、よく肥えたおいしい肉、同”腬”
漢字林(非部首部別)
【䏕】月(肉)4+4=総画数8 U+43D5 [ジン、ニン/] 【𦜙】[月ノ丿土士壬䏕]
◆(肉を)柔らかくなるまでよく煮込む、同”飪”
◆よく煮込んだ肉のスープ
【䏖】月(肉)4+4=総画数8 U+43D6 [イン/] [月弓I|丨引䏖]
◆皮膚に残った傷痕
◆皮膚の腫れたところ
【䏙】月(肉)4+4=総画数8 U+43D9 [タン、ダン/] [月ワ冖ノ丿L乚冘䏙]
◆肉汁のどろどろとした澱(おり、沈殿物)
漢字林(非部首部別)
【䏚】月(肉)4+4=総画数8 U+43DA [ソウ、ショウ/] [月小ノ丿少䏚]
◆肋骨の下から腰骨の上の両脇腹の柔らかい部分
【䏛】月(肉)4+4=総画数8 U+43DB [ジュン、ニン/] 【𦚧】[月ノ𠃌勹二ン冫勻匀䏛]
◆「䏛䏰(しゅんじん)」◇県名、未詳、「【廣韻:上聲:準:蠢:𦚧】漢𦚧䏰縣名在巴東郡」「【通雅:卷四十七】𦚧䏰以名其縣江南北呼」「【康熙字典:未集下:肉部:𦚧】《註》洪氏云開州盛山郡義寧二年置後名𦚧䏰縣故城在今夔州雲安縣西」◇地中に住むという虫の名、ミミズ(蚯蚓、きゅういん)のことだという、「【通雅:卷四十七】𦚧䏰附引皆蚯蚓也」
【䏝】月(肉)4+4=総画数8 U+43DD [セン、ゼン、シュン、ジュン/] 【膞𦝏】[月二キマ专䏝]
◆肉の塊を小さく切り分けたもの
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側
◆鳥の胃袋
◆陶器を作るための轆轤台(ろくろだい)
【冐】冂部
【明】日部
【朊】月(肉)4+4=総画数8 U+670A [カン、ゲン/] [月二一ノ丿L乚儿兀元朊]
◆胃の内部の空間、同”脘”
◆人の陰部(いんぶ)、「【玉篇:卷七:肉部第八十一:朊】人陰異呼」
◆蛋白質(たんぱくしつ)
【朋】月4+4=総画数8 U+670B [ホウ、ボウ/とも] [月2朋]
◆同じ道を志(こころざ)す、同じ師に学ぶ、同じ目的を持って集まる、またそのような人、同門の人、「友」は同じ思いや考えを持つ人、「【論語注疏:卷一】正義曰鄭𤣥注大司徒云同師曰朋同志曰友」
漢字林(非部首部別)
【朌】月4+4=総画数8 U+670C [ハン、ヘン、フン、ブン/] [月ハ八刀分朌]
◆(多くの人に)分け与える、分配する、配布する、同”頒”
注解:本字(U+670C)は「つきへん」で「にくづき」の「肦(U+80A6)」とは別字{漢字「月」}
【服】月(舟)4+4=総画数8 U+670D [フク、ブク/] 【𣍞𦨕𦨋𦨈𦨊】[月I|丨フ𠃌卩ヌ又𠬝服]
◆命令や指示に沿い合わせる、命令や指示に従う
◆自分の考えにぴったりと収まる、納得する、納得して従う
◆仕事や道具などが手に合う、馴染む、慣れる
◆何時もと同じようにする、また用いる
◆体や用途に合わせて作った衣裳、衣裳を着る、ただ羽織るだけのものや体に巻き付けるものは「服」とはいわない
◆三頭立ての馬車の中央の一頭、四頭立ての馬車の中央の二頭、「両外側からぴったりと挟まれている」の意、両外側の二頭を「騑馬」という
◆いずれも「合う、嵌まる、収まるさま(𠬝)」の意
漢字林(非部首部別)
【股】月(肉)4+4=総画数8 U+80A1 [コ、ク/また、もも] 【𦙶】[月ク刀几ヌ又殳股]
◆大腿部、腰と二本の足が繋がる部分
◆二つ或いは幾つかに分かれたもの、役割毎に分けた係、幾つかに別れた集団、資金を小口に分けた株
◆糸状に長いもの・匂いや気体などの流れなどを数える語
◆「股肱(ここう)」、天子や君主の足となり腕となり尽くしてくれる人
漢字林(非部首部別)
【肢】月(肉)4+4=総画数8 U+80A2 [シ/] 【胑𨈛𨈙𨈪𩨵】[月十ヌ又支肢]
◆腕や足、「四肢(しし、両腕と両足)」
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”支””枝”
【肣】月(肉)4+4=総画数8 U+80A3 [キン、ギン、カン、ゴン/] [月人𠆢一亼ラ今肣]
◆牛の腹
◆肥えた牛の干し肉
◆縮む、収縮する
◆舌
◆鞴(ふいご、風を送り出して火を熾す革製の袋、またその装置)の柄
【肤】月(肉)4+4=総画数8 U+80A4 [フ/はだ] 【膚𦢚】[月二人大夫肤]
◆肌(はだ)、皮、ものの表面を覆(おお)う薄い膜状のもの、同”膚”
◆表面的な、深みがなく薄っぺらな
◆大きく広がる
◆(中身がぎっしりと詰まっていて)良い、優(すぐ)れている、美しい
◆薄切りの(豚)肉
◆古代の長さの単位、一膚=四本の指をぴったりと付けて平らにした時の幅、指一本の幅を一寸といった
【肥】月(肉)4+4=総画数8 U+80A5 [ヒ、ビ/こ・える、こえ、こ・やす] 【𦘺】[月L乚巴肥]
◆脂肪を多く含んだ肉が付いている、脂肪を多く含んだ肉が付いて太っている、肉付きが良い
◆土がたっぷりと養分を含んでいる、地味(ちみ)が良い
◆地味(ちみ)を良くするために与える養分
◆たっぷりと貯(たくわ)えがあるさま、豊(ゆた)かなさま、ゆとりがあるさま
漢字林(非部首部別)
【肦】月(肉)4+4=総画数8 U+80A6 [ハン、ヘン/] [月ハ八刀分肦]
◆大きな頭
注解:本字(U+80A6)は「にくづき」で「つきへん」の「朌(U+670C)」とは別字{漢字「月」}
【肧】月(肉)4+4=総画数8 U+80A7 [ハイ、ヘ/] 【胚㚰】[月不肧]
◆身籠って一カ月以内の子、まだ肌や肉の組織が出来上がっていない子、三カ月は「胎」
◆物事の始まり、まだ形が出来上がっていないもの
【肨】月(肉)4+4=総画数8 U+80A8 [ホウ、ボウ、ハン/] [月ノ三|十3丰肨]
◆腫れる、脹(ふく)れる
【肩】月(肉)4+4=総画数8 U+80A9 [ケン/かた] [、丶一コノ丿尸户戶戸月肩]
◆腕の付け根から首の付け根までの部分
漢字林(非部首部別)
【肪】月(肉)4+4=総画数8 U+80AA [ホウ、ボウ/] [月亠万方肪]
◆肉の脂、(特に)腹部の脂
【肫】月(肉)4+4=総画数8 U+80AB [シュン、ジュン/] [月ノ一凵山L乚𡳾屯肫]
◆誠実で手厚いさま
◆食用にする鶏(にわとり)などの鳥の胃袋、砂肝、同”胗”
◆「䐊肫(こんとん)」、小麦粉を練って作った皮に餡を包みスープなどに入れた食べ物、同「餛飩(ワンタン)」
漢字林(非部首部別)
【肬】月(肉)4+4=総画数8 U+80AC [ユウ、ウ/] [月一ノ丿ナL乚尢、丶尤肬]
◆疣(いぼ)、皮膚の表面にできる小さな肉の突起
【肭】月(肉)4+4=総画数8 U+80AD [ドツ、ノチ/] [月冂人内肭]
◆「膃肭(おつどつ)」、丸々と太っているさま
◆「膃肭臍(オットセイ)」、アシカ科の哺乳類
◆「縮肭」、月が細る、縮こまる、身が竦む、同”朒”
【肮】月(肉)4+4=総画数8 U+80AE [コウ、ゴウ/] [月亠几亢肮]
◆咽(いん、のど、口の奥から食道の入口までの部分)、また喉(こう、のど、咽の途中から分かれて気管に通じる部分)、また咽喉(いんこう、のど、咽と喉の総称)
◆「肮脏(こうそう)」、汚(けが)れているさま、、汚(きたな)いさま、同「骯髒」、繁"骯"
【肯】月(肉)4+4=総画数8 U+80AF [コウ/がえん・ずる] 【肻𣍟肎𠕔𦙡𦘫】[⺊上止月⺊上止月肯]
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する
◆骨の間の肉、骨に付いている肉
◆漢字を構成する「月」は「肉」の意
漢字林(非部首部別)
【肰】月(肉)4+4=総画数8 U+80B0 [ゼン、ネン/] 【𦛦𦛡𦝸】[月大犬肰]
◆犬の肉
【肱】月(肉)4+4=総画数8 U+80B1 [コウ/ひじ] 【厷𠫔𠃋】[月ナ𠂇ム厶厷肱]
◆肩から肘(ひじ)までの部分、肘を曲げた形、古同”厷”
◆天子や君主の傍にいて補佐する人
◆「股肱」、天子や君主の足となり手となり尽くしてくれる最も頼りとする人
【育】月(肉)4+4=総画数8 U+80B2 [イク/そだ・てる、はぐく・む] 【𦝑𩛭】[亠ム厶𠫓月育]
◆(生まれたばかりの子「𠫓」に)栄養や知識などを与えて成長させる、養分を与えて生長させる
◆古”毓”
漢字林(非部首部別)
【肳】月(肉)4+4=総画数8 U+80B3 [ブン、モン/] 【䐇脗𦝮】[月ノ𠃌勹23勿肳]
◆唇、同”吻”
◆「肳合」、同「吻合」、(上下の唇のように)ぴったりと合うさま、ぴったりと合わせる
【肴】月(肉)4+4=総画数8 U+80B4 [コウ、ギョウ/さかな] 【餚】[メ㐅ナ𠂇月有肴]
◆魚や肉などを調理した食べ物、主食(穀物を使った食べ物)以外の食べ物
◆[日]飲酒の時に供される食べ物
漢字林(非部首部別)
【肵】月(肉)4+4=総画数8 U+80B5 [キ、キン/] [月ノ丿2𠂆T斤肵]
◆「肵俎」、祭礼の際に供物を載せる台
【肶】月(肉)4+4=総画数8 U+80B6 [ヒ、ビ/] 【膍】[月ヒ七𠤎匕2比肶]
◆牛の胃袋、反芻動物の胃袋、鳥の胃袋は「胵」
◆厚い、手厚い
漢字林(非部首部別)
【肷】月(肉)4+4=総画数8 U+80B7 [クツ、コチ/] [月ノフ乛人欠肷]
◆牛肉
◆動物の肋骨と腰骨の間の軟らかく窪んだ部分、同”膁”、「【漢語大字典:月部:肷】身体两旁肋骨和胯骨之间的部分(多指兽类的)」
【肸】月(肉)4+4=総画数8 U+80B8 [キツ、コチ/] 【肹𦙝𦜱】[月ハ八十肸]
◆小刻みに揺れ動く、振動する
◆(振動が、声や音が)辺りに広がる、「肸蠁(きつきょう)」「胇肸(ひつきつ)」
【肹】月(肉)4+4=総画数8 U+80B9 [キツ、コチ/] 【肸𦙝𦜱】[月ハ八一Lフ𠃌丂兮肹]
◆小刻みに揺れ動く、振動する
◆(振動が、声や音が)辺りに広がる、「肸蠁(きつきょう)」「胇肸(ひつきつ)」
【肻】月(肉)4+4=総画数8 U+80BB [コウ/がえん・ずる] 【肯𣍟肎𠕔𦙡𦘫】[ト⺊卜ワ冖月肻]
◆がえん・ずる、同意する、承認する、承知する
◆骨の間の肉、骨に付いている肉
◆漢字を構成する「月」は「肉」の意
【肼】月(肉)4+4=総画数8 U+80BC [セイ、ジョウ/] [月二ノ丿I|丨井肼]
◆ヒドラジン(hydrazine)、有機化合物
【肽】月(肉)4+4=総画数8 U+80BD [タイ/] [月大、丶太肽]
◆ペプチド(peptide)、アミノ酸の化合物
【肾】月(肉)4+4=総画数8 U+80BE [シン、ジン/] 【腎】[リ刂ヌ又月肾]
◆尿を排泄する役目を担う臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「腰子(ようし)」ともいう
◆[日]「肝腎(かんじん)」、(「肝」も「腎」も体にとって大切な部分の意から)物事の大切な部分、重要で欠かせない部分
【肿】月(肉)4+4=総画数8 U+80BF [ショウ、シュ/は・れる] 【腫】[月口丨中肿]
◆体や皮膚の一部が膨(ふく)れる、大きく膨らむものや小さい瘤状の突起なども含む
【胀】月(肉)4+4=総画数8 U+80C0 [チョウ/ふく・れる、ふく・らむ] 【脹】[月ノレ长胀]
◆腹が膨(ふく)れる、腹が張る、内側から外に向かって張り出る
◆体積や程度などが膨(ふく)らむ、大きくなる
【胁】月(肉)4+4=総画数8 U+80C1 [キョウ、コウ/おど・す、おど・かす、おび・える、おびや・かす] 【脅脋】[月カ力、丶ハ办胁]
◆脇、両脇腹、同”脇”
◆力で押え付けて迫る、また恐れさせる威嚇する
◆(威嚇するように両肩を)聳やかす
【𣍤】月4+4=総画数8 U+23364 [イン、オン/] [水月𣍤]
◆「𣍤靈閣(すいれいかく)」、明代に建立されたとされる大高玄殿の入口にあった建物の名、「【荷牐叢談(テキスト版):卷之一】有閣二座,左曰炅明閣,右曰𣍤靈閣。」
【𦊌】网部
【𦙁】月(肉)4+4=総画数8 U+26641 [チ/] 【胝𦙘𦙠𦝔𦛪】[月二レLフ一彑互𦙁]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼𦙁(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【𦙃】月(肉)4+4=総画数8 U+26643 [ショ、ソ/] 【胥】[口L月𦙃]
◆古代の下級の役人
◆互いに、互いに並んで
◆皆(みな)、全て
◆蟹や肉の塩漬け
漢字林(非部首部別)
【𦙄】月(肉)4+4=総画数8 U+26644 [キョウ/] [メ㐅凵凶月𦙄]
◆胸
【𦙅】月(肉)4+4=総画数8 U+26645 [ト、ツ/] 【𦘴】[月、丶一コノ丿尸户戶戸𦙅]
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「胍𦘴(こと)」「𦘴胍(とこ)」
【𦙈】月(肉)4+4=総画数8 U+26648 [スイ/] [月ノ丿⺄九十卆𦙈]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:𦙈】則外切音醉篇韻拜失容也」
【𦙊】月(肉)4+4=総画数8 U+2664A [カク/] 【肐𦘸𩨘】[火月𦙊]
◆腋(わき)の下、同”胳”
【𦙍】月(肉)4+4=総画数8 U+2664D [イン/たね] 【胤𦞩】[ノ丿くム厶幺月𦙍]
◆血筋、血統
◆血筋を受け継ぐ跡継ぎ、また子孫
【𦙐】月(肉)4+4=総画数8 U+26650 [ソ、ゾ/ひもろぎ] 【胙】[月人𠆢一亼L乚𠃊𠆦𦙐]
◆ひもろぎ、祭祀の際に神に供(そな)える肉、また供物(くもつ)
◆恵みを授ける、受けた厚意や恵みに報いる
【𦙑】月(肉)4+4=総画数8 U+26651 [未詳/] [月ノ𠃌勹23勿𦙑]
◆未詳、「【中華字海:月部:𦙑】同”曶”」
【𦙖】月(肉)4+4=総画数8 U+26656 [トン、ドン/の・む] 【呑吞】[一二人大天月𦙖]
◆飲む、飲み込む
◆ものの内に入る、また取り込まれる、逆は「吐」
【𦙘】月(肉)4+4=総画数8 U+26658 [チ/] 【胝𦙁𦙠𦝔𦛪】[月一くム厶幺𢆰𦙘]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼𦙘(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【𦙙】月(肉)4+4=総画数8 U+26659 [スイ/] [月水𦙙]
◆未詳
【𦙚】月(肉)4+4=総画数8 U+2665A [サク/] 【朔𣍮𦚿】[手月𦙚]
◆新月が過ぎて月が見える最初の日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
漢字林(非部首部別)
【𦙝】月(肉)4+4=総画数8 U+2665D [キツ、コチ/] 【肸肹𦜱】[月ハ八一亅丁𦙝]
◆小刻みに揺れ動く、振動する
◆(振動が、声や音が)辺りに広がる、「肸蠁(きつきょう)」「胇肸(ひつきつ)」
【𦙟】月(肉)4+4=総画数8 U+2665F [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【臍𦜝𦜢脐𪗌𦠃䐡𦠕𠬐】[文月𦙟]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「𦙟帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
漢字林(非部首部別)
【𦙠】月(肉)4+4=総画数8 U+26660 [チ/] 【胝𦙁𦙘𦝔𦛪】[月弓一弖𦙠]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼𦙠(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【𦙤】月(肉)4+4=総画数8 U+26664 [未詳/] [月毛𦙤]
◆未詳、「【中華字海:月部:𦙤】同”肫”」「【廣韻(《四部叢刊初編》本):下平聲:豪第六:㯱:𦙤】毛起也」(但し【重修廣韻(《欽定四庫全書》本)】では”㲏”で「毛起皃出聲譜」)
【䏟】月(肉)4+5=総画数9 U+43DF [ヒツ/] [月心ノ丿必䏟]
◆肥える
【䏠】月(肉)4+5=総画数9 U+43E0 [キュウ、コウ/] [月立䏠]
◆肉を煮込んだ羹(あつもの、スープ)
【䏣】月(肉)4+5=総画数9 U+43E3 [ショ、ソ/] [月目且䏣]
◆腐った肉などに湧(わ)くウジ(蛆、ハエの幼虫)、同”蛆”
漢字林(非部首部別)
【䏤】月(肉)4+5=総画数9 U+43E4 [シ/] 【𠈀】[月一口𠮛司䏤]
◆頭蓋(とうがい、ずがい)、また胎児や新生児の頭蓋(とうがい、ずがい)の左右の骨の額から後頭部にかけての接合部分、この時期は隙間があるが生長するにつれて次第に接合していく、日本では「泉門(せんもん)」という、同”囟””𦛛”
【朎】月4+5=総画数9 U+670E [レイ、リュウ/] [月人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令朎]
◆「朎朧(れいろう)」、月の光、明るいさま
【朏】月4+5=総画数9 U+670F [ヒ/] 【𣍧】[月凵山2出朏]
◆新月を過ぎて初めて月の形が見える三日目の月、三日月
注解:本字(U+670F)は「つきへん」で「にくづき」の「胐(U+80D0)」とは別字{漢字「月」}
【朐】月4+5=総画数9 U+6710 [ク、グ/] [月ノ𠃌勹口句朐]
◆車の軛(くびき、牛馬の首に掛ける”へ”字状の馬具)
注解:本字(U+6710)は「つきへん」で「にくづき」の「胊(U+80CA)」とは別字{漢字「月」}
【朑】月4+5=総画数9 U+6711 [テイ、タイ/] 【屜屉𡲕】[月十2廿L世朑]
◆鞍の下に敷く布、履物の中敷き、敷物
◆箪笥などの引き出し
【肺】月(肉)4+5=総画数9 U+80BA [ハイ、ホ/] 【𦚃】[月鍋一十巾亠巾市巿肺]
◆呼吸を掌(つかさど)る臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ
◆盛んに生い茂るさま、「肺肺(はいはい)」
注解:本来の旁は「亠巾」の「市(U+5E02、5画)」ではなく「一巾」の「市(U+5DFF、4画)」
【胂】月(肉)4+5=総画数9 U+80C2 [シン/] [月田申胂]
◆背骨の両側の肉
◆アルシン(arsine)、砒素(ひそ)を含む化合物
【胃】月(肉)4+5=総画数9 U+80C3 [イ/] 【𦞅𦝩】[田月胃]
◆食道と腸の間にある消化器官の一つ
◆二十八宿西方白虎の一つ{二十八宿}
漢字林(非部首部別)
【胄】月(肉)4+5=総画数9 U+80C4 [チュウ、ジュウ/] 【伷】[田由月胄]
◆跡取り、跡継ぎ
◆血筋
◆別”冑”
漢字林(非部首部別)
【胅】月(肉)4+5=総画数9 U+80C5 [テツ、デチ/] 【𦝯𩨰】[月ノ二人大夫失胅]
◆(骨や肉が)凸状に出っ張る、突き出る
◆突き出た尻(しり)、臀部
【胆】月(肉)4+5=総画数9 U+80C6 [タン/きも、い] 【膽】[月日一旦胆]
◆肝臓で作られる脂肪の消化吸収を助ける液体(胆汁)を貯える器官
◆気力や勇気の源(みなもと)
◆ものの内部にあって、ものを入れることができもの
注解:本来「胆」は「脂、口に塗る脂」の意で「膽」とは別字だが古くから同じ意に用いられた
【胇】月(肉)4+5=総画数9 U+80C7 [ハイ、ホ、ヒツ、ヒチ/] [月弓ノ丿I|丨弗胇]
◆肺(はい)、呼吸を掌(つかさど)る臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、同”肺”
◆「胇肸(ひつきつ)」、(振動が、声や音が)辺りに広がる、同「肸蠁(きつきょう)」
【胈】月(肉)4+5=総画数9 U+80C8 [ハツ、バツ、バチ/] [月ナ𠂇大犬メ乂友犮胈]
◆体の表面に生える小さい毛、(産毛のことか?)
【胉】月(肉)4+5=総画数9 U+80C9 [ハク、ビャク/] [月日白胉]
◆脇腹
◆肩甲骨
【胊】月(肉)4+5=総画数9 U+80CA [ク、グ/] 【𠣪】[月ノ𠃌勹口句胊]
◆干し肉の曲ったもの、まっすぐなものは「脡」
◆「臨胊(りんく)」、県名、山東省濰坊市
注解:本字(U+80CA)は「にくづき」で「つきへん」の「朐(U+6710)」とは別字{漢字「月」}
漢字林(非部首部別)
【胋】月(肉)4+5=総画数9 U+80CB [テン、デン/] [月ト⺊卜口占胋]
◆肥える、脂肪が付いて太る
【背】月(肉)4+5=総画数9 U+80CC [ハイ、ヘ/そむ・く、せい、せ] [ヒ七𠤎匕北月背]
◆体の後ろ側の肩から腰までの部分、腹の反対側、裏側、「自分からは見えない部分」をいう
◆荷や仕事などを担(にな)う、負(お)う
◆相手が見えない方を向く、相手が見えなくなる方に行く、(相手に背を見せて)離れて行く、気持ちが離れる
◆指示や命令や期待・予想などに反する
◆(書かれたものを見ずに)暗唱する
◆(背骨や屋根の棟のように)高みが連なっている所
◆[日]せい、せ、身長、高さ
漢字林(非部首部別)
【胍】月(肉)4+5=総画数9 U+80CD [コ、ク、カ/] [月爪ム厶瓜胍]
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「胍𦘴(こと)」「𦘴胍(とこ)」
◆グアニジン(guanidine)、有機化合物
【胎】月(肉)4+5=総画数9 U+80CE [タイ/] 【孡囼】[月ム厶口台胎]
◆懐妊して三月(腹が膨らみ始め胎児が動き始める頃)が経った母の体内の子、一カ月以内は「胚」
◆身籠る
◆物事の始まり
【胏】月(肉)4+5=総画数9 U+80CF [シ、ハイ/] [月ノ丿Lフ𠃌I|丨2𠂔胏]
◆骨付きの細切り肉、同”𦚘”、「乾胏(かんし、骨付きの細切り肉を乾燥させたもの)」
◆食べた後に残るもの、食べ残し
◆肺(はい)、呼吸を掌(つかさど)る臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、同"肺"
【胐】月(肉)4+5=総画数9 U+80D0 [コツ、コチ/] [月凵山2出胐]
◆臀部、腰
◆腰骨、骨盤
注解:本字(U+80D0)は「にくづき」で「つきへん」の「朏(U+670F)」とは別字{漢字「月」}
【胑】月(肉)4+5=総画数9 U+80D1 [シ/] 【肢𨈛𨈙𨈪𩨵】[月口ハ只胑]
◆腕や足、「四肢(しし、両腕と両足)」
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同”支””枝”
【胒】月(肉)4+5=総画数9 U+80D2 [ジ、ニ/] [月コノ丿尸ヒ七𠤎匕尼胒]
◆骨付き肉の醤(しょう)、骨付き肉を塩など加えペースト状になるまで漬け込んだもの
◆脂(あぶら)、脂肪が多いさま
【胓】月(肉)4+5=総画数9 U+80D3 [ヘイ、ビョウ/] [月二十干ハソ平胓]
◆(牛や羊の)脂
◆肥える、腹が膨れる
【胕】月(肉)4+5=総画数9 U+80D5 [フ、ブ/] 【𦝗】[月イ亻十、丶寸付胕]
◆内臓、臓器、同”腑”
◆肌(はだ)、皮膚、同”膚”
◆「胕腫(ふしゅ)」、同「浮腫」、体や皮膚の一部が膨(ふく)れたもの
【胖】月(肉)4+5=総画数9 U+80D6 [ハン/] [月ソハ二十2半胖]
◆生贄の一頭を半分に切り分けた片方
◆丸々と太っている
◆ゆったりとしているさま
【胗】月(肉)4+5=総画数9 U+80D7 [シン/] 【𦙳】[月人𠆢ノ丿3彡㐱胗]
◆唇にできる腫物(はれもの)
◆吹出物(ふきでもの)、発疹(ほっしん、はっしん)や湿疹(しっしん)
◆食用にする鶏(にわとり)などの鳥の胃袋、砂肝、同”肫”
【胘】月(肉)4+5=総画数9 U+80D8 [ケン、ゲン/] [月亠くム厶幺玄胘]
◆牛の胃袋、反芻胃
【胙】月(肉)4+5=総画数9 U+80D9 [ソ、ゾ/ひもろぎ] 【𦙐】[月ノ丿一𠂉F乍胙]
◆ひもろぎ、祭祀の際に神に供(そな)える肉、また供物(くもつ)
◆恵みを授ける、受けた厚意や恵みに報いる
漢字林(非部首部別)
【胚】月(肉)4+5=総画数9 U+80DA [ハイ、ヘ/] 【肧㚰】[月不一丕胚]
◆身籠って一カ月以内の子、まだ肌や肉の組織が出来上がっていない子、三カ月は「胎」
◆物事の始まり、まだ形が出来上がっていないもの
【胛】月(肉)4+5=総画数9 U+80DB [コウ、キョウ/] 【𩨹】[月田甲胛]
◆肩から背中の部分にある三角形の平たい骨、貝殻骨(かいがらぼね)、「肩胛骨(けんこうこつ、肩甲骨)」
【胜】月(肉)4+5=総画数9 U+80DC [セイ、ショウ/] [月生胜]
◆生臭い匂い、動物の脂の臭い
◆繁”勝”
【胝】月(肉)4+5=総画数9 U+80DD [チ/] 【𦙁𦙘𦙠𦝔𦛪】[月ノレ氏一氐胝]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼胝(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【胞】月(肉)4+5=総画数9 U+80DE [ホウ、ヒョウ/] [月ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包胞]
◆胎児を包む薄い皮膜
◆薄い膜で包む、また包まれたもの
◆水や膿が溜まってできる吹き出物
◆同じ父母から生まれた子、同じ国で生まれた人、兄弟姉妹
漢字林(非部首部別)
【胟】月(肉)4+5=総画数9 U+80DF [ボ、ボウ、ム、モ/] 【拇】[月母胟]
◆親指、手足の親指、足は「𧿹」
【胠】月(肉)4+5=総画数9 U+80E0 [キョ、コ、キョウ、コウ/] 【𦚁𦚒】[月土ム厶去胠]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”脥””脅””𦛱””𦛕”
◆陣(じん、軍隊の配列また配置)の右翼、左翼は「啓」
◆敵陣を横(脇)から攻める、横から押し開(あ)ける
【胡】月(肉)4+5=総画数9 U+80E1 [コ、グ、ゴ/えびす] [十口古月胡]
◆戎(えびす)、北方や西方の異民族、外国の
◆頬や顎や咽(のど)の辺りから垂れ下がった肉、肉垂
◆顎や頬から伸びる髭(ひげ)、同繁”鬍”
◆うわべを塗ってごまかす、筋が通らない
◆何、何ぞ、どうして
◆路地、同繁”衚”
漢字林(非部首部別)
【胢】月(肉)4+5=総画数9 U+80E2 [カ/] 【䯊】[月一亅丁口可胢]
◆膝(ひざ)の骨
◆腸骨(ちょうこつ)、骨盤を成す骨(仙骨・腸骨・恥骨・坐骨)の一つ、腰の両側に張り出した大きな骨、同”髂”
【胣】月(肉)4+5=総画数9 U+80E3 [チ/] 【肔】[月ノ丿一𠂉せ也㐌胣]
◆腹を裂く、裂いて開く
【胤】月(肉)4+5=総画数9 U+80E4 [イン/たね] 【𦙍𦞩】[ノ丿L乚儿くム厶幺月胤]
◆血筋、血統
◆血筋を受け継ぐ跡継ぎ、また子孫
漢字林(非部首部別)
【胥】月(肉)4+5=総画数9 U+80E5 [ショ、ソ/] 【𦙃】[フ乛⺊上止龰正疋月胥]
◆古代の下級の役人
◆互いに、互いに並んで
◆皆(みな)、全て
◆蟹や肉の塩漬け
漢字林(非部首部別)
【胦】月(肉)4+5=総画数9 U+80E6 [ヨウ、オウ/] [月大央胦]
◆「脖胦」、臍(へそ)
【胧】月(肉)4+5=総画数9 U+80E7 [ロウ、ル/おぼろ] 【朧】[月ナ、丶ノヒ七𠤎匕尤龙朧胧]
◆「朦胧(もうろう)」、(月が)霞んでぼんやりしていているさま、ぼんやりしてはっきりしないさま
【胨】月(肉)4+5=総画数9 U+80E8 [トウ/] 【腖】[月ナ小ホ东胨]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:腖】都弄切音凍肉腖也」
◆「蛋白胨(たんはくとう、タンパイドン)」、ペプトン(peptone)、蛋白質が分解されたもの
【胩】月(肉)4+5=総画数9 U+80E9 [カ/] [月上下卡胩]
◆カルビラミン(carbylamine)、有機化合物
【胪】月(肉)4+5=総画数9 U+80EA [リョ、ロ/] 【臚】[月ト卜⺊、丶一コノ丿尸卢胪]
◆皮膚、肌(はだ)、皮、同”膚”
◆腹の前の部分の皮膚、同”㱺”
◆「臚脹(りょちょう)」、腹が膨れ前に突き出る、またそのような病気
◆述(の)べる、順々と述べる
◆口頭で伝える、上位者の言葉を下位者に口頭で伝える、同”𦢛””𨇖”、「【康熙字典:未集下:肉部:臚】《史記叔孫通傳》臚句傳《註》上傳語告下爲臚」
◆順に揃(そろ)えて並べる
【胫】月(肉)4+5=総画数9 U+80EB [ケイ、ギョウ/すね、はぎ] 【脛𦙾𨂈】[月スエ工𢀖胫]
◆膝から足首までの部分
【脉】月(肉)4+5=総画数9 U+8109 [バク、ミャク/] 【脈衇𧖴】[月、丶水永脉]
◆血管、血液が血管を流れる際の規則的な動き
◆血の繋がり、血統
◆細く長く連なっているさま
漢字林(非部首部別)
【𡋜】月(肉)4+5=総画数9 U+212DC [未詳/] [ノ𠃌勹月土𡋜]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:𦚘】說文長箋與胏同大臠也𡋜同上」
【𣍧】月4+5=総画数9 U+23367 [ヒ/] 【朏】[凵山2出月𣍧]
◆新月を過ぎて初めて月の形が見える三日目の月、三日月
【𣍨】月(肉)4+5=総画数9 U+23368 [ケン/] 【𦢣𦢈】[月ノフ乛亇小尔𣍨]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【𣍬】月(舟)4+5=総画数9 U+2336C [セン、ゼン/ふな、ふね] 【船舩】[月ハ八口㕣𣍬]
◆川や沿岸を行き来する舟、外洋に出られる大きな舟は「舶」
注解:「舟」と「船」は同義だが、漢代では東方で「舟」・西方で「船」といい、後には一般に「舟」は小形のものを、「船」は大形のものを指すようになった、「【方言:第九】舟自關而西謂之船自關而東或謂之舟或謂之航」「【太平御覽:卷第七百七十:舟部三:舟下】周處風土記曰小曰舟大曰船」
【𤯝】生部
【𦙫】月(肉)4+5=総画数9 U+2666B [セイ、ショウ/] 【𩜎】[月一上止正𦙫]
◆魚と焼いた肉を煮込んだ料理、同”鯖”
【𦙭】月(肉)4+5=総画数9 U+2666D [トウ、ドウ/うず・く] 【疼】[月ノヌ又夊夂、丶2⺀ン冫冬𦙭]
◆傷が「ずきずき」「ひりひり」と痛む、繰り返し続く軽い痛み
◆溺愛する
【𦙰】月(肉)4+5=総画数9 U+26670 [シ/] 【𦚘𦚮𦚙𦛎】[月イ亻土士仕𦙰]
◆骨付きの細切り肉、同”胏”、「【字彙補:未集:肉部:𦚘】說文長箋與胏同大臠也」
【𦙱】月(肉)4+5=総画数9 U+26671 [サン、ソン/] 【𦙽𦝓𦠐】[月冂十2卄冊𦙱]
◆ヒツジ(羊)や豕(いのこ)などの脂肪
【𦙳】月(肉)4+5=総画数9 U+26673 [シン/] 【胗】[月ノ丿一𠂉小尓𦙳]
◆唇にできる腫物(はれもの)
◆吹出物(ふきでもの)、発疹(ほっしん、はっしん)や湿疹(しっしん)
◆食用にする鶏(にわとり)などの鳥の胃袋、砂肝、同”肫”
【𦙶】月(肉)4+5=総画数9 U+26676 [コ、ク/また、もも] 【股】[月十口古𦙶]
◆大腿部、腰と二本の足が繋がる部分
◆二つ或いは幾つかに分かれたもの、役割毎に分けた係、幾つかに別れた集団、資金を小口に分けた株
◆糸状に長いもの・匂いや気体などの流れなどを数える語
◆「𦙶肱(ここう)」、天子や君主の足となり腕となり尽くしてくれる人
【𦙷】月(肉)4+5=総画数9 U+26677 [コウ/しり] 【尻𡱧𡰼】[月コノ丿尸ノ丿⺄九尻𦙷]
◆臀部(でんぶ)、胴体と足(四足歩行する動物の場合は後ろ足)の接合部分、またその部分の骨
◆肛門(こうもん、尻の穴)
◆ものの尽きる(果てる)ところ、最後尾(さいこうび)、器物などの底
【𦙺】月(肉)4+5=総画数9 U+2667A [カ/] 【𦙲】[カ力口加月𦙺]
◆瘡蓋(かさぶた)、同”痂”
◆「𦙺䐒(かしゃ)」、傷口から出る膿(うみ、どろっとした粘り気のある液体)
【𦙽】月(肉)4+5=総画数9 U+2667D [サン、ソン/] 【𦙱𦝓𦠐】[月冂一2冊册𦙽]
◆ヒツジ(羊)や豕(いのこ)などの脂肪
【𦙾】月(肉)4+5=総画数9 U+2667E [ケイ、ギョウ/すね、はぎ] 【脛胫𨂈】[月ヌ又土圣脛𦙾]
◆膝から足首までの部分
【𦚁】月(肉)4+5=総画数9 U+26681 [キョ、コ、キョウ、コウ/] 【胠𦚒】[月大ム厶厺𦚁]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”脥””脅””𦛱””𦛕”
◆陣(じん、軍隊の配列また配置)の右翼、左翼は「啓」
◆敵陣を横(脇)から攻める、横から押し開(あ)ける
【𦚃】月(肉)4+5=総画数9 U+26683 [ハイ、ホ/] 【肺】[月凵山I|丨屮屮ノ丿L乚儿ハ八小𦚃]
◆呼吸を掌(つかさど)る臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ
◆盛んに生い茂るさま、「肺肺(はいはい)」
【𦚈】月(肉)4+5=総画数9 U+26688 [ト、ツ、タク/] [月石𦚈]
◆腹が膨れるさま、腹が膨れているさま、「【類篇:卷十二:肉部:𦚈】都故切廣腹也又闥各切𦚈脪畜水腸一曰腹大皃」
◆「𦚈脪」、未詳、「【廣韻:上平聲:卷第一:脂第六:絺:脪】𦚈脪牛馬子腸」「【類篇:卷十二:肉部:𦚈】𦚈脪畜水腸」
【𦚉】月(肉)4+5=総画数9 U+26689 [シン、ジン/つつし・む] 【慎愼昚眘𡴜𡺊】[大ソ丷火𡗜月𦚉]
◆配慮すべきことに漏れがないよう心を配る、またそのように振る舞う
【𦚌】月(肉)4+5=総画数9 U+2668C [トン、ドン/ぶた] 【豚豘㹠𠭣𧱸𧱔𦜼】[、丶一コノ丿尸户戶戸月𦚌]
◆ブタ(豚)、イノシシ(猪)を家畜化した動物
【㬵】月(肉)4+6=総画数10 U+3B35 [コウ、ギョウ/] [月亠ハメ乂父交㬵]
◆脛(すね)の骨
◆足の甲、「【字彙:未集:肉部:㬵】足跗也」
注解:本字(U+3B35)は「にくづき」で「つきへん」の「"胶"(U+80F6)」とは別字{漢字「月」}
【䏦】月(肉)4+6=総画数10 U+43E6 [テン、デン/] [月ノ丿十千十口古舌䏦]
◆肥える、脂肪が付いて太る
【䏧】月(肉)4+6=総画数10 U+43E7 [ダ、ナ/] [月タ夕2多䏧]
◆脂身が多い肉、肥えていて旨(うま)い肉
◆「䐒䏧(しゃだ)」、同「䵙𪐀」、粘り気があるさま、粘り着くさま
【䏨】月(肉)4+6=総画数10 U+43E8 [タイ/] [月ノコ2㠯𠂤䏨]
◆「𦞙䏨」、大きく腫れるさま、大きく膨れるさま
【䏫】月(肉)4+6=総画数10 U+43EB [キュウ/] 【脙】[月イ亻木休䏫]
◆腹と背の間
◆背と腹の間が薄いさま、痩せているさま
【䏮】月(肉)4+6=総画数10 U+43EE [キョウ、コウ/わき] 【脇𦚰】[月カ力ンく脇䏮]
◆わき、胸の両側面の部分、左右の近い位置
【䑚】舌部
【朒】月4+6=総画数10 U+6712 [ジク、ニク/] [月内人2仌肉朒]
◆陰暦一日に東の空に見える細い三日月
◆縮む、細くなる
◆「縮朒(しゅくじく)」、月が細る、縮こまる、身が竦む
【朓】月4+6=総画数10 U+6713 [チョウ/] [月ンノ丿L乚く儿兆朓]
◆陰暦晦日に西の空に見える月
注解:本字(U+6713)は「つきへん」で「にくづき」の「脁(U+8101)」とは別字{漢字「月」}
【朔】月4+6=総画数10 U+6714 [サク/] 【𦙚𣍮𦚿】[ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰月朔]
◆新月が過ぎて月が見える最初の日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
漢字林(非部首部別)
【朕】月(舟)4+6=総画数10 U+6715 [チン、ジン/] 【𣍹𦨶𦩎𦩗𢀹】[月ソ丷一䒑二人大天关朕]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(しこうてい、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同”眹”
漢字林(非部首部別)
【朗】月4+6=総画数10 U+6717 [ロウ/ほが・らか] 【朖朗】[、丶ヨレム2月朗]
◆明るい、明るく晴れ渡っている
◆明るく元気がよい、声が明るく澄んでいる
漢字林(非部首部別)
【羘】羊部
【胭】月(肉)4+6=総画数10 U+80ED [エン/] [月口囗大因胭]
◆「胭脂(えんじ)」、同「臙脂」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料
◆咽喉(いんこう、のど)
【胮】月(肉)4+6=総画数10 U+80EE [ホウ/] [月ノヌ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅胮]
◆腫れる、脹(ふく)れる
【胯】月(肉)4+6=総画数10 U+80EF [コ、ク、カ、ケ/] 【𦜮𦚬】[月大二一Lフ𠃌丂亏夸胯]
◆股(また)の内側の部分、股間、同”跨”
【胰】月(肉)4+6=総画数10 U+80F0 [イ/] [月人大弓夷胰]
◆背骨の両側の肉
◆膵臓(すいぞう)、「膵」は日本の国字で中国では「胰臓」という
【胱】月(肉)4+6=総画数10 U+80F1 [コウ/] [月儿光胱]
◆「膀胱(ぼうこう)」、尿を一時溜めておく袋状の器官
【胲】月(肉)4+6=総画数10 U+80F2 [カイ/] [月亠くノ2、丶人亥胲]
◆頬(ほお)の肉、頬の下部
◆足の親指の毛が生えている辺りの肉、牛などの蹄(ひづめ)
◆軍中での約束事
◆ヒドロキシルアミン(hydroxylamine)、漢名「羥胺(きょうあつ)」、有機化合物
【胳】月(肉)4+6=総画数10 U+80F3 [カク、キャク/] 【𦛃】[月ノヌ又夊夂口各胳]
◆腋(わき)の下
◆家畜の後ろ足の脛骨
◆「胳膊(かくはく)」、肩先(腋)から手首までの部分、日本でいう「腕」
◆「胳肢(かくし)」、擽(くすぐ)る
【胴】月(肉)4+6=総画数10 U+80F4 [トウ、ズウ、ドウ/] [月冂一口同胴]
◆体の頭と手足を除いた部分
◆ものの太くまっすぐな筒状の部分、ものの主要な部分
【胵】月(肉)4+6=総画数10 U+80F5 [シ/] [月一ム厶𠫔土至胵]
◆鳥の胃袋、牛などの反芻動物の胃袋は「膍」
◆鳥獣の五臓(心・肝・脾・肺・腎)
【胶】月4+6=総画数10 U+80F6 [コウ、キョウ/] [月亠ハメ乂父交胶]
◆(太陽と月の軌道が)交差する、交(まじ)わる、「【字彙補:辰集:月部:㬵】與日月交道之交同韻會小補引方言云日運為躔月運為胶〇與从肉者不同」
◆繁"膠"
注解:本字(U+80F6)は「つきへん」で「にくづき」の「"㬵"(U+3B35)」とは別字
漢字林(非部首部別)
【胷】月(肉)4+6=総画数10 U+80F7 [キョウ、ク/むね、むな] 【胸】[ノ𠃌勹メ㐅凵凶匈月胷]
◆体の前の首の下から腹の上までの部分
◆内心(ないしん)
【胸】月(肉)4+6=総画数10 U+80F8 [キョウ、ク/むね、むな] 【胷】[月ノ𠃌勹メ㐅凵凶匈胸]
◆体の前の首の下から腹の上までの部分
◆内心(ないしん)
【胹】月(肉)4+6=総画数10 U+80F9 [ジ、ニ/] 【𦠌】[月一冂I|丨2𦉫𦓐而胹]
◆(肉を)柔らかくなるまでじっくりと煮込む
【胺】月(肉)4+6=総画数10 U+80FA [アツ、アチ/] 【𦛅】[月ウ宀女安胺]
◆肉が腐る、また腐って異臭がする
◆アミン(amine)、有機化合物
【胻】月(肉)4+6=総画数10 U+80FB [コウ、ギョウ/] [月ノ丿2イ彳二亅丁亍行胻]
◆脛(すね、膝から足首までの部分)の膝(ひざ)に近い部分、脛、同”䯒”
◆未詳、「【廣韻:下平聲:庚第十二:行:胻】牛勢胻也」「【類篇:骨部:䯒】何庚切牛脊後骨」
【胼】月(肉)4+6=総画数10 U+80FC [ヘン、ベン/] 【腁】[月ソ丷一䒑一ノ丿ナ十2廾二开并胼]
◆手足の表皮が厚く硬くなったもの
◆「胼胝(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【能】月(肉)4+6=総画数10 U+80FD [ドウ、ノウ、ノ、ダイ、ナイ/よ・くする、あた・う] 【䏻𦝕】[ム厶月ヒ七𠤎匕2能]
◆よ・くする、あた・う、できる、十分に或いは上手にできる、事や任を全(まっと)うする技量や力量がある、「能力」「才能」
◆他に働きかける、またその力やエネルギー、「能動」
漢字林(非部首部別)
【胿】月(肉)4+6=総画数10 U+80FF [ケイ、ケ/] [月土2圭胿]
◆出っ張った腹
◆「腣胿、䐭胿(ていけい)」、腹が突き出ているさま
◆未詳、「【康熙字典:未集下:肉部:胿】《五音集韻》睽桂切音䙆孔也」
【脀】月(肉)4+6=総画数10 U+8100 [ショウ/] 【𦞪】[フ乛亅了水氶一丞月脀]
◆生贄を台に載せる、生贄を煮炊き用の器に入れる
【脁】月(肉)4+6=総画数10 U+8101 [チョウ/] [月ンノ丿L乚く儿兆脁]
◆祭礼の名、その際に神前に供える肉
注解:本字(U+8101)は「にくづき」で「つきへん」の「朓(U+6713)」とは別字{漢字「月」}
【脂】月(肉)4+6=総画数10 U+8102 [シ/あぶら、やに] [月ヒ七𠤎匕日旨脂]
◆動物の油性成分
◆油を塗って滑らかにする
◆口紅や頬紅
【脃】月(肉)4+6=総画数10 U+8103 [セイ、サイ、ゼイ/もろ・い] 【脆】[月刀L乚巴色脃]
◆壊れやすい、崩れやすい、解(ほぐ)れやすい
◆「清脃(せいせい)」、澄んではっきりしている
【脄】月(肉)4+6=総画数10 U+8104 [バイ、マイ/] [月厂ナ𠂇火灰脄]
◆背中の肉、同”脢”
【脅】月(肉)4+6=総画数10 U+8105 [キョウ、コウ/おど・す、おど・かす、おび・える、おびや・かす] 【胁脋】[カ力3劦月脅]
◆脇、両脇腹、同”脇”
◆力で押え付けて迫る、また恐れさせる威嚇する
◆(威嚇するように両肩を)聳やかす
漢字林(非部首部別)
【脆】月(肉)4+6=総画数10 U+8106 [セイ、サイ、ゼイ/もろ・い] 【脃】[月ク𠂊厂厃フ𠃌卩L乚㔾危脆]
◆壊れやすい、崩れやすい、解(ほぐ)れやすい
◆「清脆(せいせい)」、澄んではっきりしている
【脇】月(肉)4+6=総画数10 U+8107 [キョウ、コウ/わき] 【𦚰䏮】[月カ力3劦脇]
◆わき、胸の両側面の部分、左右の近い位置
注解:本来は「脅」の異体字、日本では「脇」と「脅」を使い分ける
【脈】月(肉)4+6=総画数10 U+8108 [バク、ミャク/] 【脉衇𧖴】[月ノ丿2𠂆34イレ𠂢脈]
◆血管、血液が血管を流れる際の規則的な動き
◆血の繋がり、血統
◆細く長く連なっているさま
漢字林(非部首部別)
【脊】月(肉)4+6=総画数10 U+810A [セキ、シャク/せ] [二2ンく人月脊]
◆背骨、(ヒトの場合は
◆個の)椎骨(ついこつ)が連なって胴体部分を支えている骨格
◆背骨が小高く盛り上がっているところ、背骨や屋根の棟のように高みが連なっているところ
漢字林(非部首部別)
【脋】月(肉)4+6=総画数10 U+810B [キョウ、コウ/おど・す、おど・かす、おび・える、おびや・かす] 【脅胁】[刀2𠚪3刕月脋]
◆脇、両脇腹、同”脇”
◆力で押え付けて迫る、また恐れさせる威嚇する
◆(威嚇するように両肩を)聳やかす
【脌】月(肉)4+6=総画数10 U+810C [未詳/] [月ノ丿一𠂉十午年脌]
◆未詳
【脍】月(肉)4+6=総画数10 U+810D [カイ、ケ/なます] 【膾】[月人𠆢一亼二一ム厶𠫔云会脍]
◆なます、肉を刺身のように薄く切り揃えたもの、またそれを盛り合わせたご馳走、魚は「鱠」
◆「脍炙(かいしゃ)」◇薄切りにした肉と炙(あぶ)った肉◇(膾炙は多くの人が好んで口にすることから)多くの人に好まれ広く知られること、「膾炙人口(かいしゃくじんこう)」
◆[日]なます、大根・人参などの野菜を千切りにして酢で和(あ)えた食べ物
【脎】月(肉)4+6=総画数10 U+810E [サツ/] [月メ㐅ホ木杀脎]
◆オサゾン(osazone)、有機化合物
【脏】月(肉)4+6=総画数10 U+810F [ソウ、ゾウ/] [月广土庄脏]
◆汚(きたな)い、汚(けが、よご)れる、同繁"髒"
◆内臓、心・肝・脾・肺・腎の総称、同繁"臟"
◆「肮脏(こうそう)」、汚(けが)れているさま、汚(きたな)いさま、同「骯髒」
【脐】月(肉)4+6=総画数10 U+8110 [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【臍𦜝𦜢𪗌𦠃䐡𦠕𦙟𠬐】[月文ノ丿I|丨齐脐]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「脐帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
【脑】月(肉)4+6=総画数10 U+8111 [ドウ、ノウ/] 【脳腦𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月亠メ㐅凵凶㐫脑]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【脒】月(肉)4+6=総画数10 U+8112 [ベイ、マイ/] [月米脒]
◆アミジン(amidines)、有機化合物
【脓】月(肉)4+6=総画数10 U+8113 [ドウ、ノウ、ノ/うみ、う・む] 【膿】[月ワ冖ノ丿2レ𧘇农脓]
◆腫れ物や傷口にできる粘液
【𠡮】力部
【𣌴】曰部
【𣍭】月4+6=総画数10 U+2336D [コウ/] 【𦚹】[月二フクノ𠄣𣍭]
◆弓状の月の弦(端から端まで)、同”亙”
【𣍮】月4+6=総画数10 U+2336E [サク/] 【朔𦙚𦚿】[月ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰𣍮]
◆新月が過ぎて月が見える最初の日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
【𣍰】月(肉)4+6=総画数10 U+23370 [キョウ/] 【脥】[月二ソ丷人大夫夹𣍰]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”脅””胠”
◆頬(ほお、ほほ)、同”頬”
【𦊰】网部
【𦙼】月(肉)4+6=総画数10 U+2667C [シ、ジ/] 【胔𦚚】[⺊上止ヒ七𠤎匕此月𦙼]
◆腐った肉、腐った肉が残っている骨、また死骸
◆痩せ衰える、痩せ細る
【𦚚】月(肉)4+6=総画数10 U+2669A [シ、ジ/] 【胔𦙼】[月⺊上止ヒ七𠤎匕此𦚚]
◆腐った肉、腐った肉が残っている骨、また死骸
◆痩せ衰える、痩せ細る
【𦚢】月(肉)4+6=総画数10 U+266A2 [オツ/] [月日ヒ七𠤎匕㫐𦚢]
◆手足が曲がる病気
【𦚣】月(肉)4+6=総画数10 U+266A3 [コン/] [月ヨレノ艮𦚣]
◆踵(かかと)、同”跟”
【𦚤】月(肉)4+6=総画数10 U+266A4 [ユ/] 【腴𣧴𣨃】[月日曰田メ乂人㬰𦚤]
◆下腹(したばら)が丸々と肥えている、腹が出ている
◆肥えた、肥沃な
◆脂肪たっぷりのブタ(豚)やイヌ(犬)などの腸
【𦚧】月(肉)4+6=総画数10 U+266A7 [ジュン、ニン/] 【䏛】[月ノ𠃌勹日旬𦚧]
◆「𦚧䏰(しゅんじん)」◇県名、未詳、「【廣韻:上聲:準:蠢:𦚧】漢𦚧䏰縣名在巴東郡」「【通雅:卷四十七】𦚧䏰以名其縣江南北呼」「【康熙字典:未集下:肉部:𦚧】《註》洪氏云開州盛山郡義寧二年置後名𦚧䏰縣故城在今夔州雲安縣西」◇地中に住むという虫の名、ミミズ(蚯蚓、きゅういん)のことだという、「【通雅:卷四十七】𦚧䏰附引皆蚯蚓也」
【𦚩】月(肉)4+6=総画数10 U+266A9 [ダ/] [月几ホ木朵𦚩]
◆「𦚩𦛐」、肥えるさま
【𦚬】月(肉)4+6=総画数10 U+266AC [コ、ク、カ、ケ/] 【胯𦜮】[月木十𦚬]
◆股(また)の内側の部分、股間、同”跨”
【𦚭】月(肉)4+6=総画数10 U+266AD [ショ、ソ/] [月中虫𦚭]
◆腐った肉などに湧(わ)くウジ(蛆、ハエの幼虫)、同”蛆”
【𦚰】月(肉)4+6=総画数10 U+266B0 [キョウ、コウ/わき] 【脇䏮】[月刀2𠚪3刕𦚰]
◆わき、胸の両側面の部分、左右の近い位置
【𦚵】月(肉)4+6=総画数10 U+266B5 [未詳/] [月西𦚵]
◆未詳
【𦚹】月4+6=総画数10 U+266B9 [コウ/] 【𣍭】[月二フクタ夕、丶2⺀彑互亙𦚹]
◆弓状の月の弦(端から端まで)、同”亙”
【𦚼】月(肉)4+6=総画数10 U+266BC [未詳/] [月十2日曰曲𦚼]
◆未詳
【𦚿】月4+6=総画数10 U+266BF [サク/] 【朔𦙚𣍮】[月ソ一T巾帀𦚿]
◆新月が過ぎて月が見える最初の日、各月の最初の日、一日(ついたち)
◆物事の始まり
◆(方角の)北
【𦛁】月(肉)4+6=総画数10 U+266C1 [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月く𡿨3巛山𦛁]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦛎】月(肉)4+6=総画数10 U+266CE [シ/] 【𦚘𦚮𦚙𦙰】[月山巾𦛎]
◆骨付きの細切り肉、同”胏”、「【字彙補:未集:肉部:𦚘】說文長箋與胏同大臠也」
【𦛐】月(肉)4+6=総画数10 U+266D0 [ダ、ナ/] [月ノ丿2𠂆L乚巴𠂬𦛐]
◆「𦚩𦛐」、肥えるさま
【𦛒】月(肉)4+6=総画数10 U+266D2 [シン、ジン/] [月2ナ𠂇月有𦛒]
◆腎臓(じんぞう)、五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、同”腎””𦜜”、「【龍龕手鑑:卷四:肉部第四:𦛒𦚠】二俗𦜜」
【𧟩】襾部
【㬶】月4+7=総画数11 U+3B36 [コウ、ゴウ/] [月ノ丿一𠂉土𠂒牛口告㬶]
◆広大な、大きい、たくさんの、盛んな、同”浩”、「【字彙:月部:㬶】同浩」
注解:本字(U+3B36)は「つきへん」で、「にくづき」のの「𦛩(U+266E9)」とは別字{漢字「月」}
【䏯】月(肉)4+7=総画数11 U+43EF [シ/] [月土士心志䏯]
◆皮膚にできる斑点、黒子(ほくろ)、同”痣”
◆古”䏕”
【䏰】月(肉)4+7=総画数11 U+43F0 [ジン、ニン/] [月刀、丶刃心忍䏰]
◆「𦚧䏰(しゅんじん)」◇県名、未詳、「【廣韻:上聲:準第十七:蠢:𦚧】漢𦚧䏰縣名在巴東郡」「【通雅:卷四十七】𦚧䏰以名其縣江南北呼」「【康熙字典:未集下:肉部:𦚧】《註》洪氏云開州盛山郡義寧二年置後名𦚧䏰縣故城在今夔州雲安縣西」◇地中に住むという虫の名、ミミズ(蚯蚓、きゅういん)のことだという、「【通雅:卷四十七】𦚧䏰附引皆蚯蚓也」
【䏲】月(肉)4+7=総画数11 U+43F2 [テツ、デチ、タイ/] [月ソ弓弔ノ丿𢎨弟䏲]
◆(骨や肉が)凸状に出っ張る、突き出る、突き出た尻(しり)、臀部、同”胅”
◆「䐔䏲(へんたい)」、同「匾㔸」、物の薄いさま、扁平なさま
【䏳】月(肉)4+7=総画数11 U+43F3 [セキ、セチ/] 【𦠟】[月オ才扌ノ丿2𠂆T斤折䏳]
◆「胓䏳」、牛や羊の脂
【䏴】月(肉)4+7=総画数11 U+43F4 [ショウ/] [月ハソ小月肖䏴]
◆目がよく見えないさま
◆物が先端が尖っているさま、同”𦡱”
【䏵】月(肉)4+7=総画数11 U+43F5 [ボウ/] [月一ノ丿ナL乚尢、丶尤ノ丿3彡尨䏵]
◆体付きがふくよかな、肉づきがよい、背が高い
【䏶】月(肉)4+7=総画数11 U+43F6 [ヒ、ビ/] [月ヒ七𠤎匕2比土坒䏶]
◆「䏶胵(ひし)」、胃袋
◆腿(もも)、大腿部、腰から膝までの部分、同”髀”
【䏸】月(肉)3+7=総画数10 U+43F8 [ギョ、ゴ/] 【䁩𥆐䐳𩥭】[月五口吾䏸]
◆両目の白目の部分が環状に濁ったり透明感が失われた白色の馬、駄馬(だば)、魚の目のようであることから
【䏹】月(肉)4+7=総画数11 U+43F9 [ケン、ゲン/] [月目見䏹]
◆腹
【䏻】月(肉)4+7=総画数11 U+43FB [ドウ、ノウ、ノ、ダイ、ナイ/よ・くする、あた・う] 【能𦝕】[ム厶月䏍土ム厶去2䏻]
◆よ・くする、あた・う、できる、十分に或いは上手にできる、事や任を全(まっと)うする技量や力量がある、「能力」「才能」
◆他に働きかける、またその力やエネルギー、「能動」
漢字林(非部首部別)
【朖】月4+7=総画数11 U+6716 [ロウ/ほが・らか] 【朗朗】[月、丶ヨレノ艮良朖]
◆明るい、明るく晴れ渡っている
◆明るく元気がよい、声が明るく澄んでいる
【朘】月4+7=総画数11 U+6718 [セン、サイ/] [月ム厶ハ八ノ丿L乚儿ノ丿ヌ又夂夋朘]
◆(月が)細る、縮む
◆削り取る
◆男性の性器
【朙】月4+7=総画数11 U+6719 [メイ、ミョウ、ミン/あか・るい、あ・ける、あき・らか] 【明𣇱】[口囗ノ丿L乚儿ハ八㕣2囧月朙]
◆光が差す
◆光が当たってはっきりする、はっきりと見える、はっきりと分かる
◆隠されたところがない、穢れがない
◆新しく(次の)一日・一月・一年が始まる
◆王朝名{中国歴代王朝版図}
漢字林(非部首部別)
【朚】月4+7=総画数11 U+671A [コウ、ボウ、モウ/] 【𦟁】[亠L𠃊亡日月朚]
◆新しく(次の)一日・一月・一年が始まる
◆慌ただしい、忙(せわ)しい
【望】月4+7=総画数11 U+671B [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 【𥩿朢𦣠𢾘𣍢】[亠L𠃊亡月王望]
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
漢字林(非部首部別)
【脕】月(肉)4+7=総画数11 U+8115 [バン、モン/] [月ク口ノ丿L乚儿免脕]
◆ふっくらとして艶のあるさま
【脖】月(肉)4+7=総画数11 U+8116 [ボツ/] [月十ワ冖子孛脖]
◆首
◆「脖胦」、臍(へそ)
【脗】月(肉)4+7=総画数11 U+8117 [ブン、モン/] 【肳䐇𦝮】[月ノ𠃌勹23勿口脗]
◆唇、同”吻”
◆「脗合」、同「吻合」、(上下の唇のように)ぴったりと合うさま、ぴったりと合わせる
【脘】月(肉)4+7=総画数11 U+8118 [カン/] [月ウ宀二一ノ丿L乚儿兀元完脘]
◆胃の内部の空間、「【正字通:未集下:肉部:脘】臍上五寸爲上脘臍上四寸卽胃之幕爲中脘臍上二寸當胃下口爲下脘」
◆牛や羊などの胃の干し肉
漢字林(非部首部別)
【脙】月(肉)4+7=総画数11 U+8119 [キュウ/] 【䏫】[月十ンく水氺、丶求脙]
◆腹と背の間
◆背と腹の間が薄いさま、痩せているさま
【脚】月(肉)4+7=総画数11 U+811A [キャク、キャ、カク/あし] 【腳踋】[月土ム厶去I|丨フ𠃌卩却脚]
◆足の膝から爪先までの部分、現代の中国では足首から爪先までの部分"足"参照
◆膝から足首までの部分、腰の下から膝までの部分は「腿」
◆体や物体の一部で柱状・棒状に伸び地に接して体や物体を支える役目をする部分
◆全体を支える部分、基(もと)となる部分
【脛】月(肉)4+7=総画数11 U+811B [ケイ、ギョウ/すね、はぎ] 【胫𦙾𨂈】[月一く𡿨3巛エ工巠脛]
◆膝から足首までの部分
【脜】月(肉)4+7=総画数11 U+811C [ジュウ、ニュウ/] 【䐓】[月一目自𦣻脜]
◆顔つきが穏和なさま
【脝】月(肉)4+7=総画数11 U+811D [コウ、キョウ/] [月亠口フ乛亅了亨脝]
◆「膨脝(ぼうこう)」、腹が膨れるさま
【脞】月(肉)4+7=総画数11 U+811E [サ/] [月人2土坐脞]
◆細かい、細々(こまごま)している、細かく砕く
【脟】月(肉)4+7=総画数11 U+811F [レツ、レチ、レン/] 【𦛷】[月ンノツ爪爫爫十、丶寸寽脟]
◆肋骨(ろっこつ、あばらぼね)付近の肉
◆肉の塊を切り分ける
◆肉の塊を小さく切り分けたもの、同”臠”
【脠】月(肉)4+7=総画数11 U+8120 [セン/] [月フヌ又廴ノ丿一上止正延脠]
◆肉や魚に麹や塩などを加えて発酵させたもの
【脡】月(肉)4+7=総画数11 U+8121 [テイ、チョウ/] [月ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼フヌ又廴廷脡]
◆干し肉のまっすぐに伸ばしたもの、曲がっているものは「胊」
【脢】月(肉)4+7=総画数11 U+8122 [バイ、マイ、メ/] [月ノ丿一𠂉母毋毎每脢]
◆背中の肉、背骨の周りの肉
【脣】月(肉)4+7=総画数11 U+8123 [シン、シュン、ジュン/] [厂二レノ辰月脣]
◆唇(くちびる)、同”唇”
漢字林(非部首部別)
【脤】月(肉)4+7=総画数11 U+8124 [シン、ジン/] 【祳𦚠】[月厂二レノ辰脤]
◆祭礼の際に神に供える生肉、焼いた肉は「膰」
【脥】月(肉)4+7=総画数11 U+8125 [キョウ/] 【𣍰】[月大人23夾脥]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”脅””胠”
◆頬(ほお、ほほ)、同”頬”
【脦】月(肉)4+7=総画数11 U+8126 [トク/] [月一、丶弋心忒脦]
◆「肋脦(ろくとく)」、(身なりが)だらしないさま、きちんとしていないさま、「【集韻:卷十:入聲下:徳第二十五:脦】肋脦不正容止也」
【脧】月(肉)4+7=総画数11 U+8127 [セン/] [月ム厶ハ八ノ丿L乚儿ノ丿ヌ又夂夋脧]
◆生れて間のない男子の性器、陰茎
【脨】月(肉)4+7=総画数11 U+8128 [ショク、ソク/] [月木口束脨]
◆肉を炙(あぶ)るために刺す串(くし)、金串(かなぐし)、同”𦠁”
◆痩せ衰える、痩せ細る
【脩】月(肉)4+7=総画数11 U+8129 [シュウ、ス、シュ/] [イ亻I|丨ノ丿一𠂉メヌ又攵攸月脩]
◆干し肉、細長く切った干し肉
◆先生への謝礼、「謝礼として干し肉を持参した」ことから
◆同”修”
漢字林(非部首部別)
【脪】月(肉)4+7=総画数11 U+812A [キン/] [月メ㐅ナ𠂇巾布希脪]
◆腫(は)れる、(傷口が塞がり)皮膚が盛り上がる、同”㾙”、「【說文解字:卷四下:肉部:脪】創肉反出也」
◆「㿎脪(ふんきん)」、赤く腫れた出来物(できもの)、吹き出物、腫物(はれもの)、同「㿎㾙」、「【集韻:卷七:去聲上:焮第二十四:脪𦜓𤷓㾙𤴾𦢯】㿎脪熱氣著膚中」
◆「𦚈脪」、未詳、「【廣韻:上平聲:卷第一:脂第六:絺:脪】𦚈脪牛馬子腸」「【類篇:卷十二:肉部:𦚈】𦚈脪畜水腸」
【脫】月(肉)4+7=総画数11 U+812B [ダチ、タツ、ダツ/ぬ・ぐ、ぬ・け、ぬ・げる] 【脱】[月ソ丷ハ八口㕣口ノ丿L乚儿兄兌脫]
◆肉から骨や皮を剥(は)ぎ取る、剥(む)き取る
◆覆っているものを取り去る、覆っているものから抜け出る
◆取り去る、外(はず)す
◆抜(ぬ)ける、抜け落ちる、抜け出る
◆もし、もしも、if
【脬】月(肉)4+7=総画数11 U+812C [ホウ、ヒョウ/] [月ノツ爪爫爫子孚脬]
◆膀胱(ぼうこう)、尿を一時溜めておく袋状の器官
【脭】月(肉)4+7=総画数11 U+812D [テイ/] [月口ノ丿ノ丿十千土士壬𡈼王呈脭]
◆おいしい肉
【脮】月(肉)4+7=総画数11 U+812E [ダイ、ナイ/] [月ノツ爪爫爫女妥脮]
◆肉や魚が腐る
◆「腲脮」、肥えているさま
【脯】月(肉)4+7=総画数11 U+812F [ホ、フ/] [月十用、丶甫脯]
◆薄く切って乾燥させた肉、干し肉
◆果実をシロップなどに漬けた後、乾燥させたもの
【脰】月(肉)4+7=総画数11 U+8130 [トウ、ズ/] [月一口ソ丷一䒑豆脰]
◆首、項(うなじ)、頸(くび)
【脱】月(肉)4+7=総画数11 U+8131 [ダチ、タツ、ダツ/ぬ・ぐ、ぬ・け、ぬ・げる] 【脫】[月ソ丷ハ八口𠮦㕣口ノ丿L乚儿兄兑兌脱]
◆肉から骨や皮を剥(は)ぎ取る、剥(む)き取る
◆覆っているものを取り去る、覆っているものから抜け出る
◆取り去る、外(はず)す
◆抜(ぬ)ける、抜け落ちる、抜け出る
◆もし、もしも、if
【脲】月(肉)4+7=総画数11 U+8132 [ニョウ/] [月コノ丿尸水尿脲]
◆尿素(urea)、有機化合物
【脳】月(肉)4+7=総画数11 U+8133 [ドウ、ノウ/] 【腦脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月ツメ㐅凵凶脳]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【脴】月(肉)4+7=総画数11 U+8134 [ヒ、ビ/つか・える] 【痞】[月不口否脴]
◆胸が閊(つか)えたり腹が張ったりするする症状
◆「痞棍(ひこん)」、ごろつき、あちこちうろついて悪さをする不良
【脵】月(肉)4+7=総画数11 U+8135 [/また] [月口一二人大天吴脵]
◆[日]股
【脶】月(肉)4+7=総画数11 U+8136 [ラ/] 【腡】[月口冂人内呙腡脶]
◆手の渦状の指紋
【脷】月(肉)4+7=総画数11 U+8137 [リ/] [月ノ木禾リ刂利脷]
◆牛・豚などの家畜の舌、タン
【脸】月(肉)4+7=総画数11 U+8138 [レン、セン、ケン/] 【臉】[月人𠆢一亼二ツ佥臉脸]
◆羹(あつもの)、肉と野菜をじっくり煮込んだスープ
◆頬(顔の両側)の上部で目尻の下
◆顔、顔面、前面、面する
【豚】豕部
【朗】月4+7=総画数11 U+F929 [ロウ/ほが・らか] 【朗朖】[、丶ヨレノ艮良月朗]
◆明るい、明るく晴れ渡っている
◆明るく元気がよい、声が明るく澄んでいる
漢字林(非部首部別)
【𣍲】月4+7=総画数11 U+23372 [/さおとめ] [月五女𣍲]
◆人名用字、「五月女(さおとめ)」の合字、【漢字源:月部:𣍲】
【𣍵】月4+7=総画数11 U+23375 [未詳/] [月文口吝𣍵]
◆未詳、「【康熙字典:辰集補遺:月部:𣍵】《字彙補》同磐《漢隸𥓓》利磨确𣍵」
【𣍶】月4+7=総画数11 U+23376 [ソウ、ス/] 【𦡙】[月メ㐅凵凶ノヌ又夊夂𣍶]
◆「三𣍶(さんそう)」、古国名、現山東省菏沢市定陶区の北部、同「三鬷」「三朡」「三㚇」
【𣍹】月(舟)4+7=総画数11 U+23379 [チン、ジン/] 【朕𦨶𦩎𦩗𢀹】[月火一ノ丿ナ十2廾灷𣍹]
◆我(われ)、自分を指す語、古くは貴賎問わずに用いたが、秦(紀元前221年~前206年)の始皇帝(しこうてい、紀元前259年~前210年)の定めによって以降は天子だけが用いるようになった
◆表に現れ出る兆(きざ)し、兆候、同”眹”
【𦚟】月(肉)4+7=総画数11 U+2669F [イ/] [月匚口臣𦣝𦣞𦚟]
◆豕(いのこ)の膵臓
【𦚠】月(肉)4+7=総画数11 U+266A0 [シン、ジン/] 【脤祳】[月匚コ巨臣𦚠]
◆祭礼の際に神に供える生肉、焼いた肉は「膰」
【𦛔】月(肉)4+7=総画数11 U+266D4 [セン、ゼン/] 【𣎓】[月ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋𦛔]
◆小さい、短い
◆ぐるぐると回る
【𦛕】月(肉)4+7=総画数11 U+266D5 [キョウ、コウ/] [月土ム厶去カ力劫𦛕]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”胠””脥””𦛱””脅”
【𦛚】月(肉)4+7=総画数11 U+266DA [ナン/] [月冂人内口𦛚]
◆「𦛚䐺」、太っているさま
【𦛛】月(肉)4+7=総画数11 U+266DB [シン/] [月立十干辛𦛛]
◆頭蓋(とうがい、ずがい)、また胎児や新生児の頭蓋の左右の骨の額から後頭部にかけての接合部分、この時期は隙間があるが生長するにつれて次第に接合していく、日本では「泉門(せんもん)」という、同”囟””𦞤””䏤”
【𦛜】月(肉)4+7=総画数11 U+266DC [キン、ギン、カン、ゴン/] [月人𠆢一亼ラ今口含𦛜]
◆頤(おとがい)、下顎(したあご)、口を開閉するために上下に動く部分、同”頷”
◆鞴(ふいご、風を送り出して火を熾す革製の袋、またその装置)の柄、同”肣”
◆肥えた牛の干し肉、同”肣”
【𦛞】月(肉)4+7=総画数11 U+266DE [エン、オン/] 【腌】[月口L乚巴邑𦛞]
◆肉や魚などの塩漬け
◆漬物
【𦛟】月(肉)4+7=総画数11 U+266DF [コウ、キョウ/] [月一日曰田メ乂更𦛟]
◆骨などの異物が咽喉に閊(つか)える、同”骾”
【𦛡】月(肉)4+7=総画数11 U+266E1 [ゼン、ネン/] 【肰𦛦𦝸】[月ノ2犭火狄𦛡]
◆犬の肉
【𦛤】月(肉)4+7=総画数11 U+266E4 [カン/] [月日白ハ八㒵𦛤]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:𦛤】居欵切音管肥𦛤也」
【𦛦】月(肉)4+7=総画数11 U+266E6 [ゼン、ネン/] 【肰𦛡𦝸】[月ノ2犭ノ𠃌勹23勿𦛦]
◆犬の肉
【𦛧】月(肉)4+7=総画数11 U+266E7 [セキ、シャク/あぶ・る] 【炙䏑𦜡𤐬𤒗】[月ノヌ又夊夂火𦛧]
◆(肉を)火に翳(かざ)す、火に翳(かざ)して(表面を)焼く
【𦛩】月(肉)4+7=総画数11 U+266E9 [コウ、ゴウ/] [月ノ丿一𠂉土𠂒牛口告𦛩]
◆未詳、「【漢語大字典:月部:𦛩】同”晧”」
注解:本字(U+266E9)は「にくづき」で「つきへん」の「㬶(U+3B36)」とは別字{漢字「月」}
【𦛪】月(肉)4+7=総画数11 U+266EA [チ/] 【胝𦙁𦙘𦙠𦝔】[月ノ大天矢I|丨フ卩𦛪]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼𦛪(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【𦛮】月(肉)4+7=総画数11 U+266EE [未詳/] [月日白ノ丿L乚儿皃𦛮]
◆未詳、「【中華字海:月部:𦛮】同”脘”」
【𦛱】月(肉)4+7=総画数11 U+266F1 [キョ、コ/] [月ハ八人𠆢口谷𦛱]
◆脇腹、腋(わき)から下の部分、同”胠””𦛕””脥””脅”
【𦛳】月(肉)4+7=総画数11 U+266F3 [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月ノ𠃌勹凵山2出𦛳]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦛴】月(肉)4+7=総画数11 U+266F4 [スウ、シュ/] 【䐢】[月ノ𠃌勹凵山ノ丿屮凵山2出𦛴]
◆縮んで皺の寄った干し肉
【𦛵】月(肉)4+7=総画数11 U+266F5 [未詳/] [月刀ヌ又口𦛵]
◆未詳
【𧦗】言部
【䏼】月(肉)4+8=総画数12 U+43FC [サン、ザン/] [月一、丶弋ノ丿戈2戔䏼]
◆鳥や獣の食べ残し
【䏽】月(肉)4+8=総画数12 U+43FD [ホウ、ブ/] [月立口咅䏽]
◆豚肉などに塩や麹・糟などを加えを熟成させペースト状にしたもの
◆ズボンの下に穿く下着
【䏿】月(肉)4+8=総画数12 U+43FF [ケイ、ケ/] 【𦜹𦜑】[、丶一コノ丿尸户戶戸ノ丿一𠂉メヌ又攵𢼄月䏿]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”腨””腓”
【䐁】月(肉)4+8=総画数12 U+4401 [タク/] 【𡰪㞘】[月一ノ34彡く𧰨豕、丶メ豖䐁]
◆尻(しり)
【䐃】月(肉)4+8=総画数12 U+4403 [ケイ、キョウ/] [月口囗ノ木禾囷䐃]
◆腹や腸内の突起状或いは膜状の膨らみ、脂肪の塊、脂肪腫
【䐄】月(肉)4+8=総画数12 U+4404 [カン、ゲン/] 【𤎡】[月ク𠂊ノEヨ臼臽䐄]
◆肉をじっくりと炙る
【䐇】月(肉)4+8=総画数12 U+4407 [ブン、モン/] 【肳脗𦝮】[月ノ𠃌勹23勿日曰曶䐇]
◆唇、同”吻”
◆「䐇合」、同「吻合」、(上下の唇のように)ぴったりと合うさま、ぴったりと合わせる
【䐈】月(肉)4+8=総画数12 U+4408 [ショク、シキ/] [月十目𥃭L乚直䐈]
◆脂(あぶら)、脂でべとべとする
◆長さが一尺二寸の干し肉
【䐊】月(肉)4+8=総画数12 U+440A [コン/] [月日ヒ七𠤎匕2比昆䐊]
◆「䐊肫(こんとん)」、同「餛飩(ワンタン)」、小麦粉を練って作った皮に餡を包みスープなどに入れた食べ物
◆昆虫の総称
【䐌】月(肉)4+8=総画数12 U+440C [テン/] 【腆𣇺】[曲ハ八典月䐌]
◆(酒食のもてなしが)手厚い、行き届いている
【勝】力部
【朜】月4+8=総画数12 U+671C [トン、ドン/] 【㬿】[月亠口了亨子享朜]
◆月の光
【朝】月(舟)4+8=総画数12 U+671D [チョウ、ジョウ/あさ、あした] 【𦩻𣎍】[十日早2𠦝月朝]
◆太陽が地平より上に出て日光が射し始める頃、日の出の頃、同”旦”
◆日の出から昼前までの時間、日の出から日の入りまでの時間
◆天子・君主に謁見する、春の謁見式、秋は「覲」
◆天子・君主が政を行う所
◆一人の或いは同系の天子・君主が継続して統治した期間
◆向く、向かう、~に向かって
漢字林(非部首部別)
【朞】月4+8=総画数12 U+671E [キ、コ/] 【𣇳𣅆𣍡】[甘目ハ八其月朞]
◆一年、年が一巡すること、同”稘””期”
◆一カ月、月日が一巡すること
【期】月4+8=総画数12 U+671F [キ、ゴ、コ/] 【𠔸】[甘目ハ八其月期]
◆予定されている(約束されている)時(とき、時期、時間)、「時期(じき)」「期間(きかん、二つの時の間、始めの時から終わりの時までの間)」
◆決められた時(時期、時間)に会う
◆時(時期、時間)が一巡すること、一年(例えば収穫から次の収穫まで)、また一カ月(朔日から次の朔日まで)、同”稘””朞”
漢字林(非部首部別)
【朠】月4+8=総画数12 U+6720 [エイ/] [月サ十2艹艹大央英朠]
◆月の色
【罥】网部
【脹】月(肉)4+8=総画数12 U+8139 [チョウ/ふく・れる、ふく・らむ] 【胀】[月長脹]
◆腹が膨(ふく)れる、腹が張る、内側から外に向かって張り出る
◆体積や程度などが膨(ふく)らむ、大きくなる
【脺】月(肉)4+8=総画数12 U+813A [セイ、サイ/] [月亠人2从𠅃十卒脺]
◆脆(もろ)い、柔らかく壊れやすい、崩れやすい、同”脆”
◆顔に艶(つや)があるさま
◆脳
【脻】月(肉)4+8=総画数12 U+813B [ショウ/] [月十ヨ⺊上止龰疌脻]
◆鎖骨
【脼】月(肉)4+8=総画数12 U+813C [リョウ/] [月T冂入2兩脼]
◆干し肉
◆背骨の両脇の肉
【脽】月(肉)4+8=総画数12 U+813D [スイ、ズイ/] [月ノ2隹脽]
◆尻、臀部
◆尻のように高く盛り上がった土地
【脾】月(肉)4+8=総画数12 U+813E [ヒ、ビ/] 【腗𦜉𦜠𠧃】[月ノ田甶十2卑卑脾]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ひぞう)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿部、腰から膝までの部分、同”髀””䏶”
漢字林(非部首部別)
【脿】月(肉)4+8=総画数12 U+813F [ヒョウ/] [月十二三土龶亠ノ丿2レ𧘇衣表脿]
◆でっぷりと太っているさま
【腀】月(肉)4+8=総画数12 U+8140 [リン/] [月人𠆢一亼冂十2卄冊𠕁侖腀]
◆皮
【腁】月(肉)4+8=総画数12 U+8141 [ヘン、ベン/] 【胼】[月ノ丿2一ナ二十干3并幷腁]
◆手足の表皮が厚く硬くなったもの
◆「腁胝(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【腂】月(肉)4+8=総画数12 U+8142 [カ/] [月田甲木果腂]
◆赤く腫(は)れる、赤い腫れ
◆薬草名、未詳
【腃】月(肉)4+8=総画数12 U+8143 [ケン/] 【𦝘】[月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹フ𠃌卩L乚㔾コ匚L乚己巳卷巻腃]
◆体が曲がり縮こまるさま、(筋や関節が)ぴったりと折り曲がるさま、唇(くちびる)をぴたりと閉じるさま
【腄】月(肉)4+8=総画数12 U+8144 [ツイ、スイ/] [月ノ丿十千十2土垂腄]
◆胼胝(へんち、たこ)、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
【腅】月(肉)4+8=総画数12 U+8145 [タン、ダン/] [月火2炎腅]
◆食事や宴会などに供される調理された魚や肉
◆いっしょに飲食する
【腆】月(肉)4+8=総画数12 U+8146 [テン/] 【䐌𣇺】[月曲ハ八典腆]
◆(酒食のもてなしが)手厚い、行き届いている
【腇】月(肉)4+8=総画数12 U+8147 [ダイ、ナイ/] [月ノ木禾女委腇]
◆「萎腇(いだい)」、弱々しいさま
◆「腲腇(わいだい)」、ゆったりしているさま
◆肉や魚が腐る、同”脮”
【腈】月(肉)4+8=総画数12 U+8148 [セイ、ショウ/] [月十二三土龶月青腈]
◆上質な肉、精肉(せいにく)
◆ニトリル(nitrile)、有機化合物
【腉】月(肉)4+8=総画数12 U+8149 [ゲイ、ゲ/] [月ノEヨ臼ノ丿L乚儿兒腉]
◆乳
【腊】月(肉)4+8=総画数12 U+814A [セキ、シャク/] [月十2艹一龷日昔腊]
◆干し肉、或いは肉を薄く切った後に残る肉(切り落とし肉)を干したもの、薄く切った肉を干したものは「脯」
◆冬至を過ぎて行われるその年最後の祭礼、陰暦の十二月、この時期に作った肉や魚の干物また燻製、同繁”臘”
【腋】月(肉)4+8=総画数12 U+814B [エキ、ヤク/わき] [月亠イ亻ノヌ又夊夂タ夕夜腋]
◆腕の付け根の窪んだ所
◆枝分かれしてV状に凹んだ部分
【腌】月(肉)4+8=総画数12 U+814C [エン、オン/] 【𦛞】[月大日田L乚电奄腌]
◆肉や魚などの塩漬け
◆漬物
◆「腌臢」、汚い、不愉快な
【腍】月(肉)4+8=総画数12 U+814D [ジン、ニン/] [月人𠆢一亼ラ今心念腍]
◆おいしい、おいしく煮たり焼いたりする
【腏】月(肉)4+8=総画数12 U+814F [テツ、テチ/] [月ヌ又2双4叕腏]
◆骨の間の肉を抉(えぐ)り取る
◆祀る神々の数だけ祭壇を設け次々に祭りを執(と)り行うこと、「叕」は「繋ぐ、連ねる」の意、同”餟””醊”
【腑】月(肉)4+8=総画数12 U+8151 [フ/] [月广イ亻十、丶寸付府腑]
◆人間や動物の内臓、臓器
◆「六腑(ろっぷ)」、胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦(食べ物を消化し排泄する通路)の総称
【腒】月(肉)4+8=総画数12 U+8152 [キョ、コ/] [月コノ丿尸十口古居腒]
◆干し肉、キジ(雉)などの鳥の干し肉
【腓】月(肉)4+8=総画数12 U+8153 [ヒ、ビ/] [月一6三2非腓]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側
◆病む、(草木などが)萎れる
【腔】月(肉)4+8=総画数12 U+8154 [コウ、クウ/] [月ウ宀ハ八穴エ工空腔]
◆体内の空洞になっている袋状・管状の部分、「口腔(こうこう、口の中の空洞部分)」「満腔(まんこう、体全体・胸一杯に満ちるさま)」
◆音楽の調子、言葉のアクセント、「腔調(こうちょう、話言葉のアクセント、歌や劇中語の言い回し)」
【腕】月(肉)4+8=総画数12 U+8155 [ワン/うで] [月ウ宀タ夕フ𠃌卩L乚㔾夗宛腕]
◆手首、「膊」と「手」を繋ぐ関節部分
◆技量
◆[日]肩口から手首までの部分(膊)
【腖】月(肉)4+8=総画数12 U+8156 [トウ/] 【胨】[月日田木東腖]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:腖】都弄切音凍肉腖也」
◆「蛋白腖(たんはくとう、タンパイドン)」、ペプトン(peptone)、蛋白質が分解されたもの
【腗】月(肉)4+8=総画数12 U+8157 [ヒ、ビ/] 【脾𦜉𦜠𠧃】[月田由一ノ丿I|丨丌畁腗]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ひぞう)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿部、腰から膝までの部分、同”髀””䏶”
【腘】月(肉)4+8=総画数12 U+8158 [カク、コク/ひかがみ] 【膕𩪐】[月口囗王玉国腘]
◆膝窩(しっか)、膝の後ろの曲げた時にできる窪み、またその部分
【腙】月(肉)4+8=総画数12 U+8159 [シュウ、ソウ/] [月ウ宀二小𡭕示宗腙]
◆ヒドラゾン(hydrazone)、有機化合物
【腚】月(肉)4+8=総画数12 U+815A [テイ、ジョウ/] [月ウ宀一⺊上止龰𤴓定腚]
◆尻、臀部
【𠗲】冫部
【𣂤】斤部
【𣍸】月4+8=総画数12 U+23378 [ハク、ヒャク/] [冂米月𣍸]
◆細い月の仄かな光、同”魄”
【𣍿】月(肉)4+8=総画数12 U+2337F [未詳/] [月木人2从來𣍿]
◆未詳、「【太平御覽:服用部一:帳】卞便開帳𧙂褥羊逕上卞大床枕入被下乃廻坐傾𣍿」
【𦜆】月(肉)4+8=総画数12 U+26706 [カン、ガン/] 【𦞞】[月一Lフ𠃌丂了ンく水氺凵函𦜆]
◆下唇の下の中央の窪み、上唇の上は「臄」
【𦜈】月(肉)4+8=総画数12 U+26708 [チョウ/] 【䐑𦜫𦜪】[月亠ム厶𠫓ホ木𠫡𣏋𦜈]
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同”𦣀”
◆肉を細く切る、細切り肉
【𦜉】月(肉)4+8=総画数12 U+26709 [ヒ、ビ/] 【脾腗𦜠𠧃】[月田ノ十𤰞𦜉]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ひぞう)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿部、腰から膝までの部分、同”髀””䏶”
【𦜏】月(肉)4+8=総画数12 U+2670F [レイ、ライ/] [月、丶一コノ丿尸户戶戸大犬戻戾𦜏]
◆足が不自由で体を揺らしながらが歩く
【𦜐】月(肉)4+8=総画数12 U+26710 [カン/] [月ウ宀コ2㠯官𦜐]
◆胃袋、胃の内部の空間、同”脘”
【𦜒】月(肉)4+8=総画数12 U+26712 [ホウ/] [月一火灭ノヌ又夊夂𡕢𦜒]
◆浮腫(ふしゅ)、浮腫(むく)む
【𦜓】月(肉)4+8=総画数12 U+26713 [キン/] 【𤴾】[月ノ丿2𠂆T斤ノフ乛人欠欣𦜓]
◆赤く腫れた出来物(できもの)、吹き出物、腫物(はれもの)、同「㿎㾙、㿎脪(ふんきん)」、「【集韻:卷七:去聲上:焮第二十四:脪𦜓𤷓㾙𤴾𦢯】㿎脪熱氣著膚中」
◆腫(は)れが引く、「【龍龕手鑑:卷四:疒部第十三:𤴾㾙】香勒反瘡中冷也二同」「【太平御覽:卷第九百一十一:獸部二十三:鼠】𤴾瘠偏多■計衆中無敵」
【𦜕】月(肉)4+8=総画数12 U+26715 [キ、ギ/] [月フ乛亅了水氶一丞フ𠃌卩L乚㔾卺𦜕]
◆両膝と爪先を地に着け踵(かかと)を浮かせ、膝から上は直立させる姿勢、同”跽””跪”
【𦜖】月(肉)4+8=総画数12 U+26716 [ア、エ/] [月二匚コ亜亞𦜖]
◆「𦜖膪」「𦜖䐱」、肥えるさま
【𦜙】月(肉)4+8=総画数12 U+26719 [ジン、ニン/] 【䏕】[月ノ丿土士壬心𦜙]
◆(肉を)柔らかくなるまでよく煮込む、同”飪”
◆よく煮込んだ肉のスープ
【𦜝】月(肉)4+8=総画数12 U+2671D [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【臍𦜢脐𪗌𦠃䐡𦠕𦙟𠬐】[月文ノ丿二I|丨斉𦜝]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「𦜝帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
【𦜠】月(肉)4+8=総画数12 U+26720 [ヒ、ビ/] 【脾腗𦜉𠧃】[月田一ノ丿I|丨丌畀𦜠]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ひぞう)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿部、腰から膝までの部分、同”髀””䏶”
【𦜡】月(肉)4+8=総画数12 U+26721 [セキ、シャク/あぶ・る] 【炙䏑𦛧𤐬𤒗】[月タ夕、丶2火炙𦜡]
◆(肉を)火に翳(かざ)す、火に翳(かざ)して(表面を)焼く
【𦜢】月(肉)4+8=総画数12 U+26722 [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【臍𦜝脐𪗌𦠃䐡𦠕𦙟𠬐】[月文月𦙟𦜢]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「𦜢帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
【𦜣】月(肉)4+8=総画数12 U+26723 [未詳/] [月土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴𦜣]
◆未詳、「【字彙補:丑集:大部:𡗟】古介字漢祝𦜣碑𡗟然清皓」
【𦜪】月(肉)4+8=総画数12 U+2672A [チョウ/] 【䐑𦜫𦜈】[月十2廿木𣏼𦜪]
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同”𦣀”
◆肉を細く切る、細切り肉
【𦜮】月(肉)4+8=総画数12 U+2672E [コ、ク、カ、ケ/] 【胯𦚬】[月大ソ丷火𡗜二一Lフ𠃌丂亏夸𡘆𦜮]
◆股(また)の内側の部分、股間、同”跨”
【𦜯】月(肉)4+8=総画数12 U+2672F [トン、ドン/] 【𤊯】[月ノ一凵山L乚𡳾屯、丶4灬𦜯]
◆肉を煮る、肉を調理する、「【集韻:卷五:上聲上:混第二十一:𤊯】烹肉也」
【𦜱】月(肉)4+8=総画数12 U+26731 [キツ、コチ/] 【肸肹𦙝】[月ハ八穴中虫𦜱]
◆小刻みに揺れ動く、振動する
◆(振動が、声や音が)辺りに広がる、「肸蠁(きつきょう)」「胇肸(ひつきつ)」
【𦜳】月4+8=総画数12 U+26733 [セイ、ショウ/あきら・か] 【晶𣇵】[月2朋3𦜳]
◆きらきらと光る
◆汚(けが)れがなく澄み切った光、またそうした光を放つもの
◆「水晶」の略称
漢字林(非部首部別)
【𦜴】月(肉)4+8=総画数12 U+26734 [トン、ドン/] 【𦟓】[月ク刀几ヌ又殳股月𦜴]
◆「勝𦜴」、人名
【𦜶】月(肉)4+8=総画数12 U+26736 [ホウ、ボウ/] 【膀】[月ノ𠃌勹亠万方2𦜶]
◆左右の肩、肩の腕に近い部分
◆体の中心から左右対称に伸びる骨、翼(つばさ)
◆「膀胱(ぼうこう)」、尿を一時溜めておく袋状の器官
【𦜹】月(肉)4+8=総画数12 U+26739 [ケイ、ケ/] 【䏿𦜑】[ノ丿、丶一コノ丿尸户戶戸ト卜⺊ヌ又攴𢻻月𦜹]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”腨””腓”
【𦜼】月(肉)4+8=総画数12 U+2673C [トン、ドン/ぶた] 【豚豘㹠𠭣𧱸𧱔𦚌】[月レLフ一彑ノ2巾𦜼]
◆ブタ(豚)、イノシシ(猪)を家畜化した動物
【𦝀】月(肉)4+8=総画数12 U+26740 [未詳/] [月大二小𡭕示奈𦝀]
◆「𦟈𦝀(音未詳)」、未詳、「【紫簫記(テキスト版):第二十三齣 話別】𦟈𦝀的做了管家爺」
【𦝏】月(肉)4+8=総画数12 U+2674F [セン、ゼン、シュン、ジュン/] 【膞䏝】[月一十由田𤰔ム厶叀𦝏]
◆肉の塊を小さく切り分けたもの
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側
◆鳥の胃袋
◆陶器を作るための轆轤台(ろくろだい)
【𦝐】月(肉)4+8=総画数12 U+26750 [ホウ、ヒョウ/] 【皰𦫗𤿔】[月大ノ丿2レ𠂎I|丨フ𠃌卩卯奅𦝐]
◆吹き出物、顔にできる吹き出物は「靤」
【𦝑】月(肉)4+8=総画数12 U+26751 [イク/そだ・てる、はぐく・む] 【育𩛭】[月亠ム厶𠫓月育𦝑]
◆(生まれたばかりの子「𠫓」に)栄養や知識などを与えて成長させる、養分を与えて生長させる
◆古”毓”
【𦝓】月(肉)4+8=総画数12 U+26753 [サン、ソン/] 【𦙱𦙽𦠐】[月冂米𦝓]
◆ヒツジ(羊)や豕(いのこ)などの脂肪
【𦝔】月(肉)4+8=総画数12 U+26754 [チ/] 【胝𦙁𦙘𦙠𦛪】[月ノ大天矢口知𦝔]
◆摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもの
◆「胼𦝔(へんち、たこ)」、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が硬くなったもので膨らみがないもの
【𦝕】月(肉)4+8=総画数12 U+26755 [ドウ、ノウ、ノ、ダイ、ナイ/よ・くする、あた・う] 【能䏻】[ム厶月䏍口2吕𦝕]
◆よ・くする、あた・う、できる、十分に或いは上手にできる、事や任を全(まっと)うする技量や力量がある、「能力」「才能」
◆他に働きかける、またその力やエネルギー、「能動」
【𦝗】月(肉)4+8=総画数12 U+26757 [フ、ブ/] 【胕】[月ろ3I|丨阜阝イ亻十、丶寸付附𦝗]
◆内臓、臓器、同”腑”
◆肌(はだ)、皮膚、同”膚”
◆「𦝗腫(ふしゅ)」、同「浮腫」、体や皮膚の一部が膨(ふく)れたもの
【𦝤】月(肉)4+8=総画数12 U+26764 [デイ/] [月ソ丷一䒑二ソ业亚並𦝤]
◆皮膚の肌理(きめ)が粗いさま
【䐍】月(肉)4+9=総画数13 U+440D [スウ、シュ/] [月士一口ソ丷一䒑豆壴䐍]
◆食事、同”膳”
【䐏】月(肉)4+9=総画数13 U+440F [シュン/] [月三人大夫𡗗日春䐏]
◆肥える
【䐑】月(肉)4+9=総画数13 U+4411 [チョウ/] 【𦜫𦜪𦜈】[月十2廿L世木枼䐑]
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同”𦣀”
◆肉を細く切る、細切り肉
漢字林(非部首部別)
【䐒】月(肉)4+9=総画数13 U+4412 [シャ/] [月大タ夕2多奓䐒]
◆粘り気があるさま、べとべとするさま、同”䵙”
◆「𦙲䐒(かしゃ)」、傷口から出る膿(うみ、どろっとした粘り気のある液体)
【䐓】月(肉)4+9=総画数13 U+4413 [ジュウ、ニュウ/] 【脜】[月百目自𦣻貝頁䐓]
◆顔つきが穏和なさま
【䐔】月(肉)4+9=総画数13 U+4414 [ヒン、ビン/] [月、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁䐔]
◆膝下から足首までの肉
【䐖】月(肉)4+9=総画数13 U+4416 [イ/] [月コノ丿尸米屎䐖]
◆唸(うな)る、呻(うめ)く
◆大きな声で笑う
【䐗】月(肉)4+9=総画数13 U+4417 [ト、チョ/] [月土ノ耂日者、丶者䐗]
◆(人や動物の)腹、動物の胃袋、同”肚”
◆イノシシ(猪)またブタ(豚、家畜化されたイノシシ)、同”猪”
【䐙】月(肉)4+9=総画数13 U+4419 [カク、キャク/] [月十2廿口3革䐙]
◆横膈膜(横隔膜、おうかくまく)、胸と腹を仕切る膜、同”膈”
【塍】土部
【媵】女部
【幐】巾部
【朡】月4+9=総画数13 U+6721 [ソウ、ス/] [月メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ノ丿ヌ又夂㚇朡]
◆気が狂う、突然狂ったような行動をする、またそのような病
◆船底が川底や海底に届いてしまって動けなくなる、同”艐”
◆「三朡(さんそう)」、古国名、現山東省菏沢市定陶区の北部、同「三鬷」「三𦡙」「三㚇」
【腎】月(肉)4+9=総画数13 U+814E [シン、ジン/] 【肾】[匚コ巨臣ヌ又臤月腎]
◆尿を排泄する役目を担う臓器で五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「腰子(ようし)」ともいう
◆[日]「肝腎(かんじん)」、(「肝」も「腎」も体にとって大切な部分の意から)物事の大切な部分、重要で欠かせない部分
【腛】月(肉)4+9=総画数13 U+815B [アク/] [月コノ丿尸一ム厶𠫔土至屋腛]
◆脂身(あぶらみ)が厚い、また多い
【腜】月(肉)4+9=総画数13 U+815C [バイ、マイ、メ/] [月十2廿甘木某腜]
◆身籠る、妊娠の兆候
◆「腜腜」、肥えて豊かなさま、作物が美しく生い茂るさま
【腝】月(肉)4+9=総画数13 U+815D [ゼン、ネン/] [月一冂I|丨2𦉫𦓐而大耎腝]
◆骨付き肉の塩漬け
◆(肉を)柔らかくなるまでじっくりと煮込む、同”胹”
◆軟弱な、弱々しい
【腞】月(肉)4+9=総画数13 U+815E [テン、デン、トツ、ドチ、トン/] [月レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖腞]
◆彫(ほ)り込む、刻(きざ)む、同”篆”
◆「腞楯(てんじゅん)」、柩(ひつぎ、死者が納められた棺)を載せる絵や模様が描かれた霊柩車
【腟】月(肉)4+9=総画数13 U+815F [チツ/] 【膣】[月ウ宀一ム厶𠫔土至室腟]
◆女性の生殖器の一部で陰門から子宮頸部までの間
【腠】月(肉)4+9=総画数13 U+8160 [ソウ、ス/] [月三人大夫𡗗ノ丿人大夭奏腠]
◆「腠理(そうり)」、皮膚や体内の臓器・筋肉などの肌理(きめ)や空間
【腡】月(肉)4+9=総画数13 U+8161 [ラ/] 【脶】[月冂口冋咼腡]
◆手の渦状の指紋
【腢】月(肉)4+9=総画数13 U+8162 [ゴウ、グ/] [月田甲冂ム厶禸禺腢]
◆鎖骨、同”髃”
【腣】月(肉)4+9=総画数13 U+8163 [テイ、タイ/] [月亠立ワ冖巾帝腣]
◆「腣胿(ていけい)」、同「䐭胿」、腹が突き出ているさま
【腤】月(肉)4+9=総画数13 U+8164 [アン、オン/] 【𦝡】[月日立音腤]
◆肉や魚を塩・味噌・葱などと一緒に煮る調理法
【腥】月(肉)4+9=総画数13 U+8165 [セイ、ショウ/] [月日生星腥]
◆生(なま)、生臭い匂い、同”胜”
◆繁”勝”
【腦】月(肉)4+9=総画数13 U+8166 [ドウ、ノウ/] 【脳脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月く𡿨3巛丿ノ口囗メ㐅龱囟𡿺腦]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【腧】月(肉)4+9=総画数13 U+8167 [ユ、シュ/] [人𠆢一亼入月く2リ刂兪俞腧]
◆人体内の臓器を繋ぐ経路の中で気血が出入・合流・分岐などするところ、そこに体の異常が現れるとされ、鍼灸(しんきゅう)などで「つぼ」「腧穴(ゆけつ)」「穴位(けつい)」と呼ばれる
【腨】月(肉)4+9=総画数13 U+8168 [セン、ゼン/] [月山一冂I|丨2𦉫𦓐而耑腨]
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側、同”𨄔”
【腩】月(肉)4+9=総画数13 U+8169 [ダン、ナン/] 【𦝧】[月十冂ソ丷一䒑二十干𢆉南腩]
◆塩や香辛料などを加えて漬け込んだ肉
◆煮込んだ肉
◆干し肉
◆「牛腩(にゅうなん)」、牛の腰肉、サーロイン(sirloin)
【腪】月(肉)4+9=総画数13 U+816A [ウン/] [月ワ冖車軍腪]
◆「腪䐏」、肥えているさま
【腫】月(肉)4+9=総画数13 U+816B [ショウ、シュ/は・れる] 【肿】[月ノ丿十千田甲土里重腫]
◆体や皮膚の一部が膨(ふく)れる、大きく膨らむものや小さい瘤状の突起なども含む
【腬】月(肉)4+9=総画数13 U+816C [ジュウ、ニュウ/] [月マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛木柔腬]
◆柔らかく良質な肉、よく肥えたおいしい肉
◆素晴らしい食膳
◆顔付きが穏和なさま、同”䐓”
【腭】月(肉)4+9=総画数13 U+816D [ガク/] 【齶㗁𦠍】[月口2吅二一Lフ𠃌丂亏咢腭]
◆口蓋、口腔の上の部分
◆歯の内側の上下の肉、歯茎
【腮】月(肉)4+9=総画数13 U+816E [サイ/] [月田心思腮]
◆顎(あご)、下顎(したあご)、同”顋””頷”
◆頬(ほお、ほほ)
◆「痄腮(ささい)」「流行性腮腺炎(りゅうこうせいさいせんえん)」、流行性耳下腺、おたふく風邪(かぜ)
【腯】月(肉)4+9=総画数13 U+816F [トツ、ドチ、トン/] 【𦝬】[月ノ2十目𥃭盾腯]
◆豕(いのこ、イノシシ)が肥(こ)える、牛や羊の場合は「肥」
◆丸々と太っている
【腰】月(肉)4+9=総画数13 U+8170 [ヨウ/こし] 【𦝫】[月西覀襾女要腰]
◆腹の下から股までの部分
◆ものの中ほど、また中ほどの細く括(くび)れた部分
◆「腰子」、腎臓
【腱】月(肉)4+9=総画数13 U+8171 [ケン、コン/] 【䇟】[月フヌ又廴ヨ二十聿建腱]
◆随意筋(ずいいきん、自分の意志で動かすことができる筋肉、骨格筋など)の両端にあり筋肉が骨に繋がる部分の組織、「【集韻:卷二:平聲二:元第二十二:腱𦞬䇟】博雅膂腱肉也一曰{⿰𥭊力}之大者或作𦞬䇟」
漢字林(非部首部別)
【腲】月(肉)4+9=総画数13 U+8172 [ワイ/] [月田レノ畏腲]
◆「腲腇(わいだい)」、ゆったりしているさま
◆「腲脮」、肥えているさま
【腳】月(肉)4+9=総画数13 U+8173 [キャク、キャ、カク/あし] 【脚踋】[月ハ八人𠆢口谷2𧮫I|丨フ𠃌卩卻腳]
◆足の膝から爪先までの部分、現代の中国では足首から爪先までの部分"足"参照
◆膝から足首までの部分、腰の下から膝までの部分は「腿」
◆体や物体の一部で柱状・棒状に伸び地に接して体や物体を支える役目をする部分
◆全体を支える部分、基(もと)となる部分
【腴】月(肉)4+9=総画数13 U+8174 [ユ/] 【𦚤𣧴𣨃】[月ノEヨ臼𦥑人臾腴]
◆下腹(したばら)が丸々と肥えている、腹が出ている
◆肥えた、肥沃な
◆脂肪たっぷりのブタ(豚)やイヌ(犬)などの腸
【腵】月(肉)4+9=総画数13 U+8175 [カ、ケ/] [月コ口二コヌ又叚腵]
◆腸の病気
【腶】月(肉)4+9=総画数13 U+8176 [タン、ダン/] [月ノEFク刀几ヌ又殳段腶]
◆干し肉
◆「腶脩」、生姜や肉桂(ニッケイ)を加えて叩いた干し肉
【腷】月(肉)4+9=総画数13 U+8177 [フク、ヒョク、ビキ/] [月一口田畐腷]
◆「腷臆」、思いが心の中に鬱積するさま
【腸】月(肉)4+9=総画数13 U+8178 [チョウ、ジョウ/はらわた] 【肠膓】[月日一旦万ノ𠃌勹23勿昜腸]
◆胃から肛門までの管状の消化器官の総称、「小腸」「大腸」から成る
◆[日]はらわた、腹部にある臓器、動物の内臓
【腹】月(肉)4+9=総画数13 U+8179 [フク、ブク/はら] 【𦞶】[月ノ丿一𠂉日ノヌ又夊夂复腹]
◆胸の下から腰までの胃や腸のある部分
◆ものの前面、背の反対側
◆胎内、ものの内部、心の内、心の内にある考えや思い
◆ものの中(なか)ほど、中ほどの膨らんだ部分
◆抱く、包み込む
【腺】月(肉)4+9=総画数13 U+817A [/せん] [月日白水泉腺]
◆[日]体内で各種の液汁を分泌する器官、(現在では漢字圏でほぼ同意で使われる)
【腻】月(肉)4+9=総画数13 U+817B [ジ、ニ/] 【膩𦡸】[月一二冂人贝、丶弋贰腻]
◆脂っこいさま、ねっとりとしたさま、べたべたするさま
◆くどい、うんざりする
◆細かいさま、繊細なさま
【腼】月4+9=総画数13 U+817C [ベン、メン、テン/] 【靦䩄𩈍𩉊𡆎】[月一ノ口囗目面腼]
◆顔付き
◆恥じる様子もない顔付き、厚かましい顔付き
◆恥ずかしがる、恥じている面持(おもも)ち
【腽】月(肉)4+9=総画数13 U+817D [オツ、オチ/] 【膃】[月日皿昷腽]
◆丸々と太って柔らかいさま
◆「腽肭臍(オットセイ)」、アシカ科の哺乳類
【腾】月(舟)4+9=総画数13 U+817E [トウ、ドウ/あ・がる] 【騰駦𦫀】[月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹フ𠃌L2𢎘一马腾]
◆(馬が)疾走する
◆勢いよく跳(は)ね上がる、高く飛び上がる
◆空ける、空(から)にする
【膇】月(肉)4+9=総画数13 U+8187 [ツイ、ズイ/] [月ノコ2㠯𠂤え辶辶追膇]
◆足が腫れる、浮腫(むく)む
【𣎅】月4+9=総画数13 U+23385 [カン/] [月日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷𣎅]
◆「𣎅兜(かんとう)」、同「驩兜」「鴅兜」「鴅吺」、三苗(さんびょう)族の首領で「共工(きょうこう)」「鯀(こん)」「三苗(さんびょう)」と共に四罪(しざい、四人の悪神)と呼ばれ舜帝がこれを平定したとされる
注解:本字(U+23385)は「つきへん」で「にくづき」の「𦝲(U+26772)」とは別字{漢字「月」}
【𣎆】月4+9=総画数13 U+23386 [ラ/] 【𦝠𦟀】[亠L𠃊亡口吂月几、丶凡⺄乙ノ、丶𠁽⺄乙ナ十卂𦝠𣎆]
◆毛が細く短い獣、一説に同”騾”とし「ラバ(騾馬)」、「【康熙字典:未集下:肉部:九:𦝠】《正譌》象形獸之淺毛者若虎豹貔象之屬」「【漢語大字典:月部:𦝠】同”驘(騾)”」
【𣎇】月4+9=総画数13 U+23387 [未詳/] [月日曰2昌𣎇]
◆未詳
【𣎋】月4+9=総画数13 U+2338B [キョウ/] 【暞】[日白木𣐩月𣎋]
◆月や星などの光が白く澄み切っているさま
【𦜌】月(肉)4+9=総画数13 U+2670C [キン/] 【𤷌】[月匚コ巨臣ヌ又臤𦜌]
◆唇にできる腫物(はれもの)、同”胗”
【𦜫】月(肉)4+9=総画数13 U+2672B [チョウ/] 【䐑𦜪𦜈】[月十2廿3丗木𦜫]
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同”𦣀”
◆肉を細く切る、細切り肉
【𦝜】月(肉)4+9=総画数13 U+2675C [ケイ/] [月ノ三|十3丰刀㓞大契𦝜]
◆薄い膜
【𦝠】月4+9=総画数13 U+26760 [ラ/] 【𦟀𣎆】[亠L𠃊亡口吂月几、丶凡⺄乙ノ、丶𠁽⺄乙ナ十卂𦝠]
◆毛が細く短い獣、一説に同”騾”とし「ラバ(騾馬)」、「【康熙字典:未集下:肉部:九:𦝠】《正譌》象形獸之淺毛者若虎豹貔象之屬」「【漢語大字典:月部:𦝠】同”驘(騾)”」
漢字林(非部首部別)
【𦝡】月(肉)4+9=総画数13 U+26761 [アン、オン/] 【腤】[月人𠆢一亼口𠮛合一ノ丿ナ十2廾弇𦝡]
◆肉や魚を塩・味噌・葱などと一緒に煮る調理法
【𦝢】月(肉)4+9=総画数13 U+26762 [キ、ギ/] [月フ、丶ノ2癶一二人大天癸𦝢]
◆「啳𦝢、䑏𦝢(けんき)」、顔の形が醜いさま、「【淮南鴻烈解:卷第十九:脩務訓】啳𦝢哆噅籧蒢戚施雖粉白黛黑弗能爲美者嫫母仳倠也(啳讀權衡之權急氣言之𦝢讀𧅄哆讀大口之哆噅讀楚𨘏氏之𨘏蒢戚施僂皆醜嫫母仳倠吉之醜女・・・)」
【𦝣】月(肉)4+9=総画数13 U+26763 [カ、ケ/] 【髂𩩱𨂥】[月ウ宀ノヌ又夊夂口各客𦝣]
◆腸骨(ちょうこつ)、骨盤を成す骨(仙骨・腸骨・恥骨・坐骨)の一つ、腰の両側に張り出した大きな骨、同”䯊”
【𦝥】月(肉)4+9=総画数13 U+26765 [ソウ/] [月二十干ノ丿十千ノEヨ臼臿𦝥]
◆肉を調理する
◆肉を煮る
【𦝧】月(肉)4+9=総画数13 U+26767 [ダン、ナン/] 【腩】[月甘目匚一ノ丿L乚儿兀匹甚𦝧]
◆塩や香辛料などを加えて漬け込んだ肉
◆煮込んだ肉
◆干し肉
◆「牛腩(にゅうなん)」、牛の腰肉、サーロイン(sirloin)
【𦝩】月(肉)4+9=総画数13 U+26769 [イ/] 【胃𦞅】[田月胃2𦝩]
◆食道と腸の間にある消化器官の一つ
◆二十八宿西方白虎の一つ{二十八宿}
【𦝪】月(肉)4+9=総画数13 U+2676A [エン/] [月西覀土垔𦝪]
◆咽喉(いんこう、のど)
◆項(うなじ)、首筋
【𦝫】月(肉)4+9=総画数13 U+2676B [ヨウ/こし] 【腰】[西覀襾女要月𦝫]
◆腹の下から股までの部分
◆ものの中ほど、また中ほどの細く括(くび)れた部分
◆「𦝫子」、腎臓
【𦝬】月(肉)4+9=総画数13 U+2676C [トツ、ドチ、トン/] 【腯】[月ウ宀ハ八穴大犬突突𦝬]
◆豕(いのこ、イノシシ)が肥(こ)える、牛や羊の場合は「肥」
◆丸々と太っている
【𦝭】月(肉)4+9=総画数13 U+2676D [リツ、リチ/] [ノコ2㠯𠂤巾帥月𦝭]
◆軍隊が出陣する際の祭祀・祈祷の儀式
◆祭礼に用いる生贄の血
【𦝮】月(肉)4+9=総画数13 U+2676E [ブン、モン/] 【肳䐇脗】[月コレ民日昬𦝮]
◆唇、同”吻”
◆「𦝮合」、同「吻合」、(上下の唇のように)ぴったりと合うさま、ぴったりと合わせる
【𦝯】月(肉)4+9=総画数13 U+2676F [テツ、デチ/] 【胅𩨰】[月大羊羍𦝯]
◆(骨や肉が)凸状に出っ張る、突き出る
◆突き出た尻(しり)、臀部
【𦝲】月(肉)4+9=総画数13 U+26772 [エイ、アイ/] [月日曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷𦝲]
◆胸、或いは胸の骨、「【淮南子:精神訓】子求行年五十有四而病傴僂脊管髙于頂𦝲下迫頤兩𩩚在上(子求楚人也僂脊管下竅也髙於頂上也𦝲肝胷也迫薄至於頤也兩𦜉下在上軀正貟也𦝲讀精神越旡之歇也)」
注解:本字(U+26772)は「にくづき」で「つきへん」の「𣎅(U+23385)」とは別字{漢字「月」}
【𦝴】月(肉)4+9=総画数13 U+26774 [オン/] [月人「Eム厶長镸𦝴]
◆心臓の病気、同”癊”
【𦝵】月(肉)4+9=総画数13 U+26775 [カン、ガン/] [月入一小𡭕口𦝵]
◆鞴(ふいご、風を送り出して火を熾す革製の袋、またその装置)の柄、同”肣”、「【康熙字典:未集下:肉部:𦝵】《篇海》胡南切音丸䪄囊柄也」
【𦝶】月(肉)4+9=総画数13 U+26776 [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦛁𦠤𦠊𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月山2屾3𡷈𦝶]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦝸】月(肉)4+9=総画数13 U+26778 [ゼン、ネン/] 【肰𦛦𦛡】[月十ノ丿3彡ノ𠃌勹23勿𦝸]
◆犬の肉
【𦞄】月(肉)4+9=総画数13 U+26784 [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦛁𦠤𦠊𦝶𦛳𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[山2屾3𡷈月𦞄]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦞅】月(肉)4+9=総画数13 U+26785 [イ/] 【胃𦝩】[口囗ノ丿メ、丶4𠂭月𦞅]
◆食道と腸の間にある消化器官の一つ
◆二十八宿西方白虎の一つ{二十八宿}
漢字林(非部首部別)
【𦞕】月(肉)4+9=総画数13 U+26795 [コウ、グ/のど] 【喉㗋】[月ク𠂊厂厃ノ大天矢矦𦞕]
◆のど、咽(いん、口の奥から食道の入口までの部分)の途中から分かれて気管に通じる部分、総称して「咽喉(いんこう)」
【𦟓】月(肉)4+9=総画数13 U+267D3 [トン、ドン/] 【𦜴】[月コノ丿尸ヌ又㞋月2𦟓]
◆「勝𦟓」、人名
【䐜】月(肉)4+10=総画数14 U+441C [シン/] [月ヒ七𠤎匕目L𠃊乚ハ眞䐜]
◆膨れる、脹(は)れる、盛り上がる
【䐝】月(肉)4+10=総画数14 U+441D [サ/] [月ハソ小目ハ貝𧴪䐝]
◆脂肪
◆動物の角(つの)
◆細かい
【䐞】月(肉)4+10=総画数14 U+441E [ジャク、ニャク/] [月弓ン冫2弱䐞]
◆軟弱な、弱々しい
◆薄い膜
【䐢】月(肉)4+10=総画数14 U+4422 [スウ、シュ/] 【𦛴】[月ノ𠃌勹凵山ノ丿屮2芻䐢]
◆縮んで皺の寄った干し肉
【䐣】月(肉)4+10=総画数14 U+4423 [ソン/] [月口目ハ貝員䐣]
◆未詳、「【說文解字:肉部:䐣】切孰肉內於血中和也」(注.「【齊民要術:卷八:羹臛法第七十六】肺𦠆(蘇本反)法羊肺一具煑令熟細切別作羊肉臛以粳米二合生煑之」を根拠に「【集韻:卷五:上聲上:混第二十一:䐣𦠆】或作𦠆」)
◆未詳、「【廣韻:上聲:混第二十一:損:䐣】臏屬」
【䐧】月(肉)4+10=総画数14 U+4427 [コウ、カク/] [月亠口冂口冋2高䐧]
◆酒食で(兵士を)労(ねぎら)う、同「犒」
◆肉を或いは肉を主として野菜を加え煮込んだスープ、同”臛”
【䐨】月(肉)4+10=総画数14 U+4428 [コク/] [土士ワ冖ク刀几ヌ又殳𣪊月䐨]
◆足の甲(こう)
【朢】月4+10=総画数14 U+6722 [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 【望𥩿𦣠𢾘𣍢】[匚コ巨臣月ノ土士王壬朢]
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
漢字林(非部首部別)
【榺】木部
【甧】生部
【腿】月(肉)4+10=総画数14 U+817F [タイ/もも] 【骽】[月ヨレノ艮え辶辶退腿]
◆腰の下から膝までの部分、膝から爪先までの部分は「脚」
◆腰の下から足首までの部分、またその後ろ側の肉、膝までを「大腿」、膝から足首までを「下腿」
【膀】月(肉)4+10=総画数14 U+8180 [ホウ、ボウ/] 【𦜶】[月立ワ冖亠万方2旁膀]
◆左右の肩、肩の腕に近い部分
◆体の中心から左右対称に伸びる骨、翼(つばさ)
◆「膀胱(ぼうこう)」、尿を一時溜めておく袋状の器官
【膁】月(肉)4+10=総画数14 U+8181 [ケン、カン、ゲン/] [月ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼膁]
◆動物の肋骨と腰骨の間の軟らかく窪んだ部分、同”肷”、「【正字通:未集下:肉部:膁】苦檢切音遣腰左右虛肉處凡畜腰後窊處曰膁窩」
◆肉の餡(あん、米粉や小麦粉などで作り丸く平らにした皮(「餅」という)に包み入れる具材)、同”𦡶””𤑃”
【膂】月(肉)4+10=総画数14 U+8182 [リョ、ロ/] 【膐】[亠万方ノ丿一𠂉ノ丿2レ𧘇イ旅月膂]
◆背骨
◆「膂力」、体力や腕力があるさま
【膃】月(肉)4+10=総画数14 U+8183 [オツ、オチ/] 【腽】[月口囗人囚皿𥁕膃]
◆丸々と太って柔らかいさま
◆「膃肭臍(オットセイ)」、アシカ科の哺乳類
【膄】月(肉)4+10=総画数14 U+8184 [ソウ、シュ/] [月ノEヨ臼𦥑I|丨𦥔ヌ又叟膄]
◆痩せる、痩せ細る
【膅】月(肉)4+10=総画数14 U+8185 [トウ、ドウ/] [月广ヨ口唐膅]
◆肥える
【膆】月(肉)4+10=総画数14 U+8186 [ソ、ス/] [月十二三土龶糸素膆]
◆喉袋(のどぶくろ)、鳥類の喉(のど)の部分にある袋、同”嗉”
【膈】月(肉)4+10=総画数14 U+8188 [カク、キャク/] [月一口冂ソハ八儿一I|丨T丅鬲膈]
◆「横膈膜(おうかくまく)」、同「横隔膜」、胸と腹を仕切る膜
◆未詳、「拊膈(ふかく)」と読み楽器名とする他、「鐘を吊るす枠木」とするものがある、同”鞷”、「【史記:書:禮書】清廟之歌・・・一倡而三嘆・・・縣一鐘尚拊膈・・・朱絃而通越一也」「【史記索隱:卷八】縣一鐘尚拊隔(隔懸鍾格拊音撫隔不擊其鍾而拊其格不取其聲亦質也)」「【康熙字典:未集下:肉部:膈】又縣鍾格也」「【荀子:樂論】鞉柷拊鞷椌楬似萬物曷以知舞之意」、「鞉」「柷」「椌」「楬」はいずれも打楽器名{打楽器}
【膉】月(肉)4+10=総画数14 U+8189 [イツ、イチ/] [月ソ一ハ八2皿益益膉]
◆頸(くび)の肉
◆肥える
【膊】月(肉)4+10=総画数14 U+818A [ハク/] 【𦡰𦢸𦣈】[月十田由用、丶甫十、丶寸専尃膊]
◆肩甲骨(肩胛骨、けんこうこつ)、同”髆”
◆肩から手首までの部分、日本でいう「腕」
◆薄切り肉
◆磔(はりつけ)にする、殺して晒す
【膋】月(肉)4+10=総画数14 U+818B [リョウ/] [火2炏ワ冖𤇾月膋]
◆脂肪、腸の間の脂肪
【膌】月(肉)4+10=総画数14 U+818C [セキ、ジャク/] 【𦢕】[月二2ンく人月脊膌]
◆体が痩せ細る、痩せ衰える
【膍】月(肉)4+10=総画数14 U+818D [ヒ、ビ/] 【肶】[月丿ノ口囗メ㐅龱囟ヒ七𠤎匕2比𣬉膍]
◆牛の胃袋、反芻動物の胃袋、鳥の胃袋は「胵」
◆厚い、手厚い
【膎】月(肉)4+10=総画数14 U+818E [ケイ、カイ、ゲ/] [月ノツ爪爫爫くム厶幺大𡗞奚膎]
◆保存食用に干した肉
◆よく調理されたおいしい肉料理の総称
【膏】月(肉)4+10=総画数14 U+818F [コウ/あぶら] [亠口冂口冋2高月肙膏]
◆肉の脂、脂肪の付いた肉
◆肥えている
◆脂状の、ねっとりとした、またそのような状態の薬
◆潤う、潤いのある
【膑】月(肉)4+10=総画数14 U+8191 [ヒン、ビン/] 【臏】[月ウ宀丘ハ八兵宾臏膑]
◆膝蓋骨(しつがいこつ)、膝関節の前部にある皿状の骨、通称「膝小僧(ひざこぞう)」
◆膝を抉(えぐ)り取る刑
【膜】月(肉)4+10=総画数14 U+819C [ボ、モ、バク、マク/] [月サ十2艹艹日䒤大旲莫膜]
◆体内の器官を包んだり隔てたりしている薄い皮状の組織、薄い皮状のもの
◆跪(ひざまづ)いて拝む
【𣎍】月(舟)4+10=総画数14 U+2338D [チョウ、ジョウ/あさ、あした] 【朝𦩻】[十日早2𠦝ノ丿一𠂉月𣎍]
◆太陽が地平より上に出て日光が射し始める頃、日の出の頃、同”旦”
◆日の出から昼前までの時間、日の出から日の入りまでの時間
◆天子・君主に謁見する、春の謁見式、秋は「覲」
◆天子・君主が政を行う所
◆一人の或いは同系の天子・君主が継続して統治した期間
◆向く、向かう、~に向かって
【𣎎】月4+10=総画数14 U+2338E [リョウ/] 【𠗲】[月ソ二人大夫龹人2仌𣎎]
◆氷、同”凌”
◆乗り越えて高みに登る、同”凌”
【𦞙】月(肉)4+10=総画数14 U+26799 [コ/] [月田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼𦞙]
◆「𦞙䏨」、大きく腫れるさま、大きく膨れるさま
【𦞛】月(肉)4+10=総画数14 U+2679B [ソウ、ショウ/] [月人𠆢一亼ヨノ口倉𦞛]
◆皮膚の傷
【𦞜】月(肉)4+10=総画数14 U+2679C [ショク、ソク/] [月目自心息𦞜]
◆ポリープ(polyp)、粘膜にできる腫物、同”瘜”
【𦞝】月(肉)4+10=総画数14 U+2679D [キ、ケ/] [月ノ丿一𠂉三乙气米氣𦞝]
◆腫れ物、出来物(できもの)、「【康熙字典:未集下:肉部:𦞝】《篇海》許意切音戲塊病也」
◆未詳、「【字彙:未集:肉部:𦞝】同餼」
【𦞞】月(肉)4+10=総画数14 U+2679E [カン、ガン/] 【𦜆】[月マ口囗ソ丷一䒑二十干𢆉圅𦞞]
◆下唇の下の中央の窪み、上唇の上は「臄」
【𦞠】月(肉)4+10=総画数14 U+267A0 [トン、ドン/] [月ノ2隹十隼𦞠]
◆尻、臀部、同”臀”
【𦞤】月(肉)4+10=総画数14 U+267A4 [シ、シン/] [月ウ宀立十干辛宰𦞤]
◆頭蓋(とうがい、ずがい)、また胎児や新生児の頭蓋の左右の骨の額から後頭部にかけての接合部分、この時期は隙間があるが生長するにつれて次第に接合していく、日本では「泉門(せんもん)」という、同”囟””𦛛”
◆肉醤(にくしょう)の一種、小さく切った肉と骨に塩や麹を加え発酵させたもの、「【齊民要術:作𦞤奧糟苞第八十一:作𦞤肉法】驢馬豬肉皆得・・・麤臠肉有骨者合骨麤剉鹽麵麴麥䴷合和多少量意斟裁然須鹽麴二物等分麥䴷倍少於麴和訖內甕中密泥封頭日曝之二七日便熟煑供朝夕食可以當醬」
【𦞦】月(肉)4+10=総画数14 U+267A6 [コク、カク/] 【𦢽】[月ワ冖ノ2隹隺𦞦]
◆肉を或いは肉を主として野菜を加え煮込んだスープ、野菜を或いは野菜を主としたものものは「羹」、同”臛”
【𦞨】月(肉)4+10=総画数14 U+267A8 [キュウ、ク/] [月ウ宀口2ノ呂宮𦞨]
◆(特に男性を)去勢する刑罰、死刑に次いで重い刑、「宮刑」「腐刑(ふけい)」
【𦞩】月(肉)4+10=総画数14 U+267A9 [イン/たね] 【胤𦙍】[くム厶幺ノEヨ臼𦥑月𦞩]
◆血筋、血統
◆血筋を受け継ぐ跡継ぎ、また子孫
【𦞪】月(肉)4+10=総画数14 U+267AA [ショウ/] 【脀】[月フ乛亅了水氶一丞、丶4灬烝𦞪]
◆生贄を台に載せる、生贄を煮炊き用の器に入れる
【𦞬】月(肉)4+10=総画数14 U+267AC [キン、ケン、コン/] [月⺊フ乛ノ丿七虍ノ丿一𠂉メヌ又攵䖍𦞬]
◆筋肉、動物の肉(皮膚と骨を繋いで一定の形や位置を保つ役割を担う組織、筋肉と脂肪とからなる)を構成する伸縮性のある強靱な線状の組織、同”筋”、「【集韻:卷二:平聲二:欣第二十一:筋竻腱𦞬肋】說文肉之力也从竹竹物之多筋者又姓古作竻或作腱𦞬亦省俗作䈥非是」
◆腱(けん)、随意筋(ずいいきん、自分の意志で動かすことができる筋肉、骨格筋など)の両端にあり筋肉が骨に繋がる部分の組織、同”腱”、「【集韻:卷二:平聲二:元第二十二:腱𦞬䇟】博雅膂腱肉也一曰{⿰𥭊力}之大者或作𦞬䇟」
【𦞯】月(肉)4+10=総画数14 U+267AF [シ、ジ/たしな・む] 【嗜呩𩝙𨢍】[月土ノ耂ヒ七𠤎匕老日耆𦞯]
◆特に気に入っている好み、好み楽しむ、好み親しむ
◆(強制や義務を伴わない)趣味や余技を楽しむ、日常の生活に必要な心得がある
【𦞶】月(肉)4+10=総画数14 U+267B6 [フク、ブク/はら] 【腹】[月一口2吕ノヌ又夊夂𦞶]
◆胸の下から腰までの胃や腸のある部分
◆ものの前面、背の反対側
◆胎内、ものの内部、心の内、心の内にある考えや思い
◆ものの中(なか)ほど、中ほどの膨らんだ部分
◆抱く、包み込む
【𦟀】月4+10=総画数14 U+267C0 [ラ/] 【𦝠𣎆】[亠L𠃊亡口吂月乙⺄二ノ丿ナ十2キ丮𦟀]
◆毛が細く短い獣、一説に同”騾”とし「ラバ(騾馬)」、「【康熙字典:未集下:肉部:九:𦝠】《正譌》象形獸之淺毛者若虎豹貔象之屬」「【漢語大字典:月部:𦝠】同”驘(騾)”」
漢字林(非部首部別)
【𦟁】月4+10=総画数14 U+267C1 [コウ、ボウ、モウ/] 【朚】[亠L𠃊亡口囗ノ丿L乚儿ハ八㕣2囧月𦟁]
◆新しく(次の)一日・一月・一年が始まる
◆慌ただしい、忙(せわ)しい
【𦟈】月4+10=総画数14 U+267C8 [未詳/] [月ウ宀ノ三|十3丰土口害𦟈]
◆「𦟈𦝀(音未詳)」、未詳、「【紫簫記(テキスト版):第二十三齣 話別】𦟈𦝀的做了管家爺」
【𦟔】月(肉)4+10=総画数14 U+267D4 [チ/] [月一ム厶𠫔土至ノ丿一𠂉メヌ又攵致𦟔]
◆肥える
【𦟥】月(肉)4+10=総画数14 U+267E5 [トン、ドン/] 【遯𨙆𨘹𨘭】[一ノ34彡く𧰨豕え辶辶逐月𦟥]
◆逃げ隠れる、避けるようにその場を離れて身を隠す、同”遁”
【𦟪】月(肉)4+10=総画数14 U+267EA [レン/] 【臠脔𦣐】[月車え辶辶連𦟪]
◆肉の塊を小さく切り分けたもの、細切り肉、こま切れ肉
【𧠿】見部
【𧱔】豕部
【䐭】月(肉)4+11=総画数15 U+442D [テイ、タイ/] [月ノ十2廿L乚ワ冖巾帯帶䐭]
◆女性の生殖器から分泌される膿状(のうじょう)の粘液、同"㿃"
◆「䐭胿(ていけい)」、同「腣胿」、腹が突き出ているさま
【䐯】月(肉)4+11=総画数15 U+442F [ルイ/] [月田糸累䐯]
◆「䐯膗」、容姿が醜いさま、見掛けが悪いさま
【䐱】月(肉)4+11=総画数15 U+4431 [タク、チャク/] [月亠ソ立冂十口古啇䐱]
◆骨の間の肉を抉り取る
【䐲】月(肉)4+11=総画数15 U+4432 [シュウ、ショウ/] [月羽羽日白習䐲]
◆薄く切った肉
◆生煮えの肉
◆お湯で煮た祭礼用の肉
【䐳】月(肉)4+11=総画数15 U+4433 [ギョ、ゴ/] 【䁩𥆐䏸𩥭】[月ク𠂊田、丶4灬魚䐳]
◆両目の白目の部分が環状に濁ったり透明感が失われた白色の馬、駄馬(だば)、魚の目のようであることから
【滕】水部
【膒】月(肉)4+11=総画数15 U+8192 [オウ/] [月匚口2吅3品區膒]
◆脂に漬け込む、脂に漬けて浸み込ませた皮
【膓】月(肉)4+11=総画数15 U+8193 [チョウ、ジョウ/はらわた] 【腸肠】[月ノ丿一𠂉日一旦万ノ𠃌勹23勿昜腸膓]
◆胃から肛門までの管状の消化器官の総称、「小腸」「大腸」から成る
◆[日]はらわた、腹部にある臓器、動物の内臓
【膔】月(肉)4+11=総画数15 U+8194 [ロク/] [月广コヒ七𠤎匕2比鹿膔]
◆家畜などの脂肪の多い肉
◆腹が鳴る
【膕】月(肉)4+11=総画数15 U+8195 [カク、コク/ひかがみ] 【腘𩪐】[月口囗一、丶弋ノ丿戈或國膕]
◆膝窩(しっか)、膝の後ろの曲げた時にできる窪み、またその部分
【膖】月(肉)4+11=総画数15 U+8196 [ホウ/] [月ノヌ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢膖]
◆腫れる、脹(ふく)れる、同”胮”
【膗】月(肉)4+11=総画数15 U+8197 [ツイ/] [月山ノ2隹崔膗]
◆太り過ぎて肉が弛(たる)んでいるさま
【膘】月(肉)4+11=総画数15 U+8198 [ヒョウ/] [月西覀二小𡭕示票膘]
◆(家畜などの)脇腹から尻にかけてのよく肥えた肉
【膙】月(肉)4+11=総画数15 U+8199 [キョウ、コウ/] [月弓ム厶中虫𧈧強强膙]
◆胼胝(たこ)、摩擦や刺激が繰り返されて皮膚が固くなった所
【膚】月(肉)4+11=総画数15 U+819A [フ/はだ] 【𦢚肤】[⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨月胃膚]
◆肌(はだ)、皮、ものの表面を覆(おお)う薄い膜状のもの、同”膚”
◆表面的な、深みがなく薄っぺらな
◆大きく広がる
◆(中身がぎっしりと詰まっていて)良い、優(すぐ)れている、美しい
◆薄切りの(豚)肉
◆古代の長さの単位、一膚=四本の指をぴったりと付けて平らにした時の幅、指一本の幅を一寸といった
漢字林(非部首部別)
【膛】月(肉)4+11=総画数15 U+819B [トウ/] [月ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚土堂膛]
◆ものの内部の空間
◆体内の空洞になっている部分、同”腔”
【膝】月(肉)4+11=総画数15 U+819D [シツ、シチ/ひざ] 【厀𦡩】[月木人𠆢ンく水氺桼膝]
◆足の腿と脛を繋ぐ関節の部分
【膞】月(肉)4+11=総画数15 U+819E [セン、ゼン、シュン、ジュン/] 【𦝏䏝】[月一十由田𤰔ム厶叀十、丶寸専專膞]
◆肉の塊を小さく切り分けたもの
◆脹脛(ふくらはぎ)、脛(すね、膝から足首までの部分)の後ろ側
◆鳥の胃袋
◆陶器を作るための轆轤台(ろくろだい)
【膟】月(肉)4+11=総画数15 U+819F [リツ、リチ/] [月亠ハ2くム厶幺ンく十率膟]
◆祭礼に用いる生贄の血
◆腸の間の脂肪
【膠】月(肉)4+11=総画数15 U+81A0 [コウ、キョウ/にかわ] 【𦠧】[月羽羽人𠆢ノ丿3彡㐱7翏膠]
◆動物の皮や角をよく煮詰めて作った接着剤
◆樹液などで粘りのあるもの
◆くっつける、くっつけて固める、くっついて動かない
◆簡"胶"
漢字林(非部首部別)
【膡】月(肉)4+11=総画数15 U+81A1 [エイ、ヨウ/] [月ハ八ソ丷二人大夫𠔉龹目眷膡]
◆目が大きく美しい
◆物を贈る、互いに贈り合う
【膢】月(肉)4+11=総画数15 U+81A2 [ロウ、ル/] [月口2十口丨中女婁膢]
◆古代の祭祀の名
【膣】月(肉)4+11=総画数15 U+81A3 [チツ/] 【腟】[月ウ宀ハ八一ム厶𠫔土至窒膣]
◆女性の生殖器の一部で陰門から子宮頸部までの間
【膤】月4+11=総画数15 U+81A4 [/たら、ゆき] [月雨ヨ雪膤]
◆[日]タラ(鱈、膤)、タラ科の魚、また同科の魚の総称
◆[日]「膤割(ゆきわり)」、地名、熊本県水俣市(確認できず)
【𣎓】月4+11=総画数15 U+23393 [セン、ゼン/] 【𦛔】[月亠万方ノ丿一𠂉フ乛⺊上止龰正疋旋𣎓]
◆小さい、短い
◆ぐるぐると回る
【𣎕】月4+11=総画数15 U+23395 [未詳/] [ク𠂊月四罒ンく水氺ハ小2眔𣎕]
◆「鰥𩖿」、人名、未詳、「【穆天子傳:卷第四】天子觴重𢀄之人𣎕𩖿」
【𦟛】月(肉)4+11=総画数15 U+267DB [ショウ/] [月广ヨ用庸𦟛]
◆他と或いは何時もと何ら変わらない、均(ひと)しい、公平な、同”傭”
【𦟝】月(肉)4+11=総画数15 U+267DD [セキ/] [ノ丿イ人2从仌4𠈌𠂹一月𦟝]
◆垂れる、同”𠂹”
◆背骨、同”脊”
漢字林(非部首部別)
【𦟨】月(肉)4+11=総画数15 U+267E8 [未詳/] [月亠メ㐅凵凶ノ丿L乚儿兇ノ丿ヌ又夂㚇𦟨]
◆未詳、「【中華字海:月部:𦟨】同”艐”」
【𦟯】月(肉)4+11=総画数15 U+267EF [ロク/] [月十2廿口3革カ力勒𦟯]
◆心臓や肺などの胸部の内臓を取り囲むように並んだ骨、「肋骨(ろっこつ、あばらぼね)」、同”肋”
【𦠁】月(肉)4+11=総画数15 U+26801 [ショク、ソク/] [タ夕、丶2火炙木口束𦠁]
◆肉を炙(あぶ)るために刺す串(くし)、金串(かなぐし)、、同”脨”
【𩿊】鳥部
【𪚲】月(肉)4+11=総画数15 U+2A6B2 [/わき] [月ク日田2L乚甩亀𪚲]
◆[日]「𠍱𪚲(しゅうわき)」、姓
【㬿】月4+12=総画数16 U+3B3F [トン、ドン/] 【朜】[月亠口了亨子享ノ丿一𠂉メヌ又攵敦㬿]
◆月の光
【䐶】月(肉)4+12=総画数16 U+4436 [シン/] [月二ノ丿L乚旡兂2兓日朁䐶]
◆煮る
◆調理する
◆肉の塊
◆唇の病気
【䐷】月(肉)4+12=総画数16 U+4437 [タン/] [月口2吅田甲十單䐷]
◆腹が膨れるさま
【䐺】月(肉)4+12=総画数16 U+443A [タン、ドン/] [月西覀襾日十早覃䐺]
◆おいしい
◆味が濃く厚みがある
【䐼】月(肉)4+12=総画数16 U+443C [ケツ/] [月ノ三|十3丰刀㓞糸絜䐼]
◆「䐼䐞」、薄い膜
【䐿】月(肉)4+12=総画数16 U+443F [オウ、イク/] [月ノ冂米大奥䐿]
◆鳥の胃、また臓物
【朣】月4+12=総画数16 U+6723 [ドウ、トウ、ズウ/] [月立田甲土里童朣]
◆昇り始めようとしている月、昇り始めたばかりで光が弱いさま
注解:本字(U+6723)は「つきへん」で「にくづき」の"膧"(U+81A7)とは別字{漢字「月」}
【朤】月4+12=総画数16 U+6724 [ロウ/] 【𣊧】[月2朋3𦜳4朤]
◆明るい、明るく晴れ渡っている、同”朗”
【朥】月(肉)4+12=総画数16 U+6725 [ロウ/] [月火2炏ワ冖𤇾カ力労勞朥]
◆過労が原因の病気、同”癆”
【縢】糸部
【膦】月(肉)4+12=総画数16 U+81A6 [リン/] [月米タ夕ヰ㐄舛粦膦]
◆「膦腝」、力がなくか弱いさま
◆ホスフィン(phosphine)、有機化合物
【膧】月(肉)4+12=総画数16 U+81A7 [トウ、ドウ/] [月立田甲土里童膧]
◆「膧腔」、尻の骨、同「𩪘𩩝」
◆肥えているさま
注解:本字(U+81A7)は「にくづき」で「つきへん」の"朣"(U+6723)とは別字{漢字「月」}
【膨】月(肉)4+12=総画数16 U+81A8 [ボウ、ホウ、ビョウ/ふく・れる、ふく・らむ] [月士一口ソ丷一䒑豆壴ノ丿3彡彭膨]
◆腹が大きく突き出る、内側から外に向かって張り出す
◆体積や程度が大きくなる
【膩】月(肉)4+12=総画数16 U+81A9 [ジ、ニ/] 【腻𦡸】[月一、丶弋二弍目ハ貝貳膩]
◆脂っこいさま、ねっとりとしたさま、べたべたするさま
◆くどい、うんざりする
◆細かいさま、繊細なさま
【膪】月(肉)4+12=総画数16 U+81AA [サイ/] [月亠立ワ冖巾帝口啻膪]
◆骨の間から抉り取った肉
◆「囊膪」、脂身の多い豚のばら肉(肋骨付近の肉)
【膫】月(肉)4+12=総画数16 U+81AB [リョウ/] [月大ソ丷火𡗜昚日小𣌢尞膫]
◆腸を覆っている脂肪
◆炙る
◆男性また雄の生殖器
【膬】月(肉)4+12=総画数16 U+81AC [セイ、サイ/] [月毛2㲎3毳膬]
◆柔らかい、柔らかく容易に解(ほぐ)れる、「【說文解字:肉部:膬】耎易破也」
【膭】月(肉)4+12=総画数16 U+81AD [カイ/] [月口丨中一𠀐目ハ貝貴膭]
◆丸々と太っているさま
【膮】月(肉)4+12=総画数16 U+81AE [キョウ/] [月土3垚一ノ丿L乚儿兀堯膮]
◆豚肉を煮込んだ羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【膯】月(肉)4+12=総画数16 U+81AF [トウ/] 【𦡪】[月フノ一口ソ丷一䒑豆登膯]
◆飽(あ)く、腹がいっぱいになる、満ち足りる
【膰】月(肉)4+12=総画数16 U+81B0 [ハン、ボン、バン/] 【𥛮㸋】[ノ木禾ソ米釆田番月膰]
◆祭礼の際に供える焼いた肉、生肉は「脤」、同”燔”
【膱】月(肉)4+12=総画数16 U+81B1 [ショク、シキ/] [月立日音一、丶弋ノ丿戈戠膱]
◆長く伸ばした干し肉
◆腐った肉、またその臭い
【膲】月(肉)4+12=総画数16 U+81B2 [ショウ/] [月ノ2隹、丶4灬焦膲]
◆「三膲(さんしょう)」、同「三焦」、上膲・中膲・下膲の総称、六腑の一つ
【膳】月(肉)4+12=総画数16 U+81B3 [セン、ゼン/] 【𦢃】[月羊口2善膳]
◆よく吟味された食材で調理された美味(おい)しい食事、また美味(おい)しい食事を調(ととの)える、また食事を勧める
◆[日]用意した料理を載せる台
◆[日]飯を盛った茶碗の数、おかわりした回数を数える語
◆[日]箸の一対(二本で一組)を数える語
【膴】月(肉)4+12=総画数16 U+81B4 [コ、ク/] [月ノ丿一𠂉三十4、丶4灬無膴]
◆骨なし肉を干したもの
◆魚や肉の大きな切り身
◆「膴膴」、よく脂が乗っておいしいさま
【膵】月(肉)4+12=総画数16 U+81B5 [スイ/] [月サ十2艹艹亠人2从𠅃十卒萃膵]
◆[日]「膵臓(すいぞう)」、消化器官の一つ、中国では「胰臓」という
【膶】月(肉)4+12=総画数16 U+81B6 [ジュン/] [月門王閏膶]
◆「干」「肝」などの代わりに用いる字
【膷】月(肉)4+12=総画数16 U+81B7 [キョウ、コウ/] [月くム厶幺ノ丿乡、丶ヨレム2ろ3I|丨邑阝郎郷鄉膷]
◆牛肉を煮込んだ羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【膹】月(肉)4+12=総画数16 U+81B9 [フン、ブン/] 【𦡛】[月十3土サ十2艹艹目ハ貝賁膹]
◆火を通して切り分けた肉
◆捌(さば)かれた生肉
◆肉だけを或いは肉を主として煮込んだとろみのあるスープ、同”𦞦””臛”
【臈】月(肉)4+12=総画数16 U+81C8 [ロウ/] [月サ十2艹艹日䒤曰ノ𠃌勹ヒ七𠤎匕人L乚𠃊亾匃曷葛臈]
◆冬至を過ぎて行われるその年最後の祭礼、その年に収穫・収獲したものを供え八百万(やおろず)の神に感謝する祭り、同”臘”
◆陰暦の十二月、同”臘”
◆「臈胆(ろうたん)」、丸々と太っているさま
【螣】虫部
【𣎡】月4+12=総画数16 U+233A1 [ショウ/] 【曌瞾𥋫𥊐】[月2朋ウ宀一⺊上止龰𤴓定𣎡]
◆同"照"、唐の則天武后(そくてんぶこう)が定めた則天文字の一つ、”瞾””𣎡””𥋫””𥊐”はいずれも訛字
【𦟞】月(肉)4+12=総画数16 U+267DE [ショウ/] [月目自ンく水氺二2十臯𦟞]
◆腫(は)れ物
◆「𦠎𦟞(ひょうしょう)」、腫れ物が化膿する
【𦠃】月(肉)4+12=総画数16 U+26803 [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【臍𦜝𦜢脐𪗌䐡𦠕𦙟𠬐】[亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊月𦠃]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「臍帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
【𦠄】月(肉)4+12=総画数16 U+26804 [キ、ケ/] 【𦢍】[月くム厶幺2一、丶弋ノ丿戈人幾𦠄]
◆頬の肉
【𦠆】月(肉)4+12=総画数16 U+26806 [ソン、セン、ゼン/] [月コ匚L乚己巳2十2艹一龷ハ八共巽𦠆]
◆火を通した肉を冷まし細切りにして再び煮込む
◆「肺𦠆(はいそん)」、火を通した肉を冷まして細切りにし、別に用意しておいたスープに米と共に入れて、とろみがでるまで煮込んだ粥、同”䐣”、「【齊民要術:卷八:羹臛法第七十六】肺𦠆(蘇本反)法羊肺一具煑令熟細切別作羊肉臛以粳米二合生煑之」「【釋名:釋飲食】肺𦠆𦠆饡也以米糝之如膏饡也」
【𦠉】月(肉)4+12=総画数16 U+26809 [イ/] [月土士ワ冖一口ソ丷一䒑豆壹𦠉]
◆痩せる
◆饐(す)える、飯などの食物が傷む、同”饐”
【𦠊】月(肉)4+12=総画数16 U+2680A [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦛁𦠤𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月⺊上止2𣥖3歮𦠊]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦠋】月(肉)4+12=総画数16 U+2680B [チ、ジ/] [ム厶口台立十干辛辝月𦠋]
◆治(おさ)める、乱れがないようにする、秩序ある状態にする、同”治”
【𦠌】月(肉)4+12=総画数16 U+2680C [ジ、ニ/] 【胹】[月一冂I|丨2𦉫𦓐而𦓔𦠌]
◆(肉を)柔らかくなるまでじっくりと煮込む
【𦠍】月(肉)4+12=総画数16 U+2680D [ガク/] 【齶㗁腭】[月口2吅ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰㖾𦠍]
◆口蓋、口腔の上の部分
◆歯の内側の上下の肉、歯茎
【𦠎】月(肉)4+12=総画数16 U+2680E [ヒョウ/] [月大犬2㹜3猋𦠎]
◆腫(は)れる、腫れ物
◆「𦠎𦟞(ひょうしょう)」、腫れ物が化膿する
【𦠏】月(肉)4+12=総画数16 U+2680F [シャ/] [月大土ノ耂日者、丶者奢𦠏]
◆傷の跡(あと)、傷痕(きずあと)、同”𤶠”
【𦠐】月(肉)4+12=総画数16 U+26810 [サン、ソン/] 【𦙱𦙽𦝓】[月十2艹一龷月ノ丿一𠂉メヌ又攵散𦠐]
◆ヒツジ(羊)や豕(いのこ)などの脂肪
【𦠑】月(肉)4+12=総画数16 U+26811 [ケツ、コチ/] 【𦠒】[月厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰ノフ乛人欠欮厥𦠑]
◆尻、臀部
◆尻の骨、同”𩪗”
【𦠒】月(肉)4+12=総画数16 U+26812 [ケツ、コチ/] 【𦠑】[厂ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰ノフ乛人欠欮厥月𦠒]
◆尻、臀部
◆尻の骨、同”𩪗”
【𦠖】月(肉)4+12=総画数16 U+26816 [ホウ/] 【𦢭】[月十口丨中ワ冖ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包𦠖]
◆体にできる腫物
【𦠝】月(肉)4+12=総画数16 U+2681D [リュウ、ル/こぶ] 【瘤癅𥏵】[月一匚ノ丿I|丨コ丣田畱𦠝]
◆病気が原因で肉が丸く盛り上がったもの、腫れ物、凝(しこ)り
◆腫れ物のように丸く盛り上がったもの
【𦠟】月(肉)4+12=総画数16 U+2681F [セキ、セチ/] 【䏳】[月山二巾帀ノ丿2𠂆T斤𦠟]
◆「胓𦠟」、牛や羊の脂
【𦠡】月4+12=総画数16 U+26821 [セキ、シャク/むかし] 【昔㫺𣊦𦠪𦝙】[人2从仌4𠈌日㫺月𦠡]
◆現在よりも前、以前、日を重ねているさま、久しく時が経っているさま
◆日暮れ、夜
◆干し肉、同”腊”
【𦠤】月(肉)4+12=総画数16 U+26824 [ドウ、ノウ/] 【脳腦脑𦛁𦠊𦝶𦛳𦞄𠟞𠜶匘𡍗𦭣𩩀】[月心2𢗰3惢𦠤]
◆頭蓋骨に覆われた動物の活動全般を司る中枢器官、またその機能
◆ものの全体を制御・維持するために欠かせない主要なもの、またそのような人
【𦠧】月4+12=総画数16 U+26827 [コウ、キョウ/にかわ] 【膠】[月羽羽人小、丶2㣺𠇍𦠧]
◆動物の皮や角をよく煮詰めて作った接着剤
◆樹液などで粘りのあるもの
◆くっつける、くっつけて固める、くっついて動かない
【𦠭】月(肉)4+12=総画数16 U+2682D [未詳/] [月甘目ハ八其ノ丿2𠂆T斤斯𦠭]
◆未詳、「【漢語大字典:言部:𦠭】【中華字海:言部:𦠭】”嘶”的讹字」
【𦠹】月(肉)4+12=総画数16 U+26839 [エン、シン、ジン/] 【燅𤍙𤏝𤎢𥪷】[タ夕、丶2火炙2𦠹]
◆温める
◆肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂”
【䑁】月(肉)4+13=総画数17 U+4441 [オク/] [ノEヨ臼𦥑メ㐅乂2爻ワ冖𦥯月䑁]
◆脂肪の膜
◆太っているさま
【朦】月4+13=総画数17 U+6726 [モウ、ボウ、ム/] [月サ十2艹艹ワ冖𫇦二一ノ34彡く𧰨豕冡蒙朦]
◆「朦朧(もうろう)」、(月が)霞んでぼんやりしていているさま、ぼんやりしてはっきりしないさま
【膸】月(肉)4+13=総画数17 U+81B8 [スイ/] 【𦢪】[月ナ𠂇エ工左月え辶辶遀膸]
◆骨の髄(ずい)、骨の芯(しん)の柔らかい部分、同”髓”
◆孔(あな)
【膺】月(肉)4+13=総画数17 U+81BA [ヨウ、オウ/] 【𦢻𦢖】[广イ亻ノ2隹倠䧹月膺]
◆胸、大きな胸
◆受け止める、引き受ける
◆馬の胸当(むねあて、むなあて)
【膻】月(肉)4+13=総画数17 U+81BB [セン、タン、ダン/] [月亠口囗2回㐭日一旦亶膻]
◆生臭い、(羊などの)体臭や肉・脂の臭い、同”羶”
◆肌を露わにする
【膼】月(肉)4+13=総画数17 U+81BC [タ/] [月冂2「冎口咼え辶辶過膼]
◆腿(もも)
◆膨れる
【膽】月(肉)4+13=総画数17 U+81BD [タン/きも、い] 【胆】[月ク𠂊厂厃ハ八言詹膽]
◆肝臓で作られる脂肪の消化吸収を助ける液体(胆汁)を貯える器官
◆気力や勇気の源(みなもと)
◆ものの内部にあって、ものを入れることができもの
注解:本来「胆」は「脂、口に塗る脂」の意で「膽」とは別字だが古くから同じ意に用いられた
【膾】月(肉)4+13=総画数17 U+81BE [カイ、ケ/なます] 【脍】[月人𠆢一亼口ソ日會膾]
◆なます、肉を刺身のように薄く切り揃えたもの、またそれを盛り合わせたご馳走、魚は「鱠」
◆「膾炙(かいしゃ)」◇薄切りにした肉と炙(あぶ)った肉◇(膾炙は多くの人が好んで口にすることから)多くの人に好まれ広く知られること、「膾炙人口(かいしゃくじんこう)」
◆[日]なます、大根・人参などの野菜を千切りにして酢で和(あ)えた食べ物
【膿】月(肉)4+13=総画数17 U+81BF [ドウ、ノウ、ノ/うみ、う・む] 【脓】[月十2日曰曲厂二レノ辰農膿]
◆腫れ物や傷口にできる粘液
【臀】月(肉)4+13=総画数17 U+81C0 [トン、ドン、デン/しり] 【臋𩪔】[コノ丿尸十2艹一龷ハ八共𡱒ク刀几ヌ又殳殿月臀]
◆尻
◆器物などの下部・底部
【臁】月(肉)4+13=総画数17 U+81C1 [レン/] [月广ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼廉臁]
◆脛、脛の両側
【臂】月(肉)4+13=総画数17 U+81C2 [ヒ/] 【𦡍】[コノ丿尸口𡰪立十干辛辟月臂]
◆肩の先から手首まで部分、日本でいう「腕」
◆動物の前足
【臃】月(肉)4+13=総画数17 U+81C3 [ヨウ、ユ/] 【𦡈𦡚】[月亠くム厶幺ノ丿乡ノ2隹雍臃]
◆腫れ物
◆「臃腫(ようしゅ)」、腫瘍、ぶくぶくと太っているさま、(体や組織などが)大きくなり過ぎて思うように動けないさま
【臄】月(肉)4+13=総画数17 U+81C4 [キャク、ガク/] [月⺊フ乛ノ丿七虍一ノ34彡く𧰨豕豦臄]
◆上唇の上(鼻の下)の中央の窪(くぼ)み、下唇の下は「𦞞」
◆牛の舌
◆内臓を取って乾燥させた干し肉
◆喉(のど)を鳴らしながら大笑いする、またその声、同”𠶸”
【臅】月(肉)4+13=総画数17 U+81C5 [ショク、ソク/] [月四罒ノ𠃌勹中虫蜀臅]
◆胸腔(きょうこう)内の脂肪
【臆】月(肉)4+13=総画数17 U+81C6 [ヨク、オク/おく・する] 【肊】[月立日音心意臆]
◆胸、胸の骨
◆胸の奥にある考えや気持ち、心の内を推し量る
◆気後(きおく)れする、怖がる
【臇】月(肉)4+13=総画数17 U+81C7 [セン/] [月ノ2隹凵凹雋臇]
◆汁が少ない肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【臉】月(肉)4+13=総画数17 U+81C9 [レン、セン、ケン/] 【脸】[月人𠆢一亼口2吅人2从3僉臉]
◆羹(あつもの)、肉と野菜をじっくり煮込んだスープ
◆頬(顔の両側)の上部で目尻の下
◆顔、顔面、前面、面する
【臊】月(肉)4+13=総画数17 U+81CA [ソウ/] [月口2吅3品木喿臊]
◆動物などの生臭い匂い
◆尿の嫌な臭い
◆恥ずかしがる
【臌】月(肉)4+13=総画数17 U+81CC [コ/] [月士一口ソ丷一䒑豆壴十ヌ又支鼓臌]
◆体の一部が膨れる、またそのような病気
【謄】言部
【賸】貝部
【赢】貝部
【𣎜】月(肉)4+13=総画数17 U+2339C [ヨウ/はら・む] 【孕𡥗𡢘】[月匚コL乚Eヨ黽𣎜]
◆胎内に子を宿す、懐妊する
◆含む、中にものが入っている
【𣎤】月(肉)4+13=総画数17 U+233A4 [ハン、バン/] 【鞶】[月ワ冖ヌ又十2廿口3革𣎤]
◆幅広の帯、(男性用は革で女性用は織物で作るという)
◆携帯用の小さな革袋
【𦠿】月(肉)4+13=総画数17 U+2683F [ソウ/] [月一二人大天一6三2非7韭䪞𦠿]
◆肉入りの羹(あつもの、スープ)
【𦡅】月(肉)4+13=総画数17 U+26845 [セイ、ショウ/] 【𨢹𨡶𨢏𤏾】[月ノ丿ナ十2廾二十干开リ刂刑西酉𦡅]
◆魚を煮込んだ料理
【𦡍】月(肉)4+13=総画数17 U+2684D [ヒ/] 【臂】[月コノ丿尸口𡰪立十干辛辟𦡍]
◆肩の先から手首まで部分、日本でいう「腕」
◆動物の前足
【𦡓】月(肉)4+13=総画数17 U+26853 [未詳/] [月く𡿨3巛四罒用𦡓]
◆未詳
【𦡕】月(肉)4+13=総画数17 U+26855 [ホウ、ヒョウ/] [月雨ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包雹𦡕]
◆未詳
【𦡙】月(肉)4+13=総画数17 U+26859 [ソウ、ス/] 【𣍶】[月ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ハ八ノ丿L乚儿ノヌ又夊夂𡕰𦡙]
◆「三𦡙(さんそう)」、古国名、現山東省菏沢市定陶区の北部、同「三鬷」「三朡」「三㚇」
【𦡚】月(肉)4+13=総画数17 U+2685A [ヨウ、ユ/] 【臃𦡈】[亠くム厶幺ノ丿乡ノ2隹雍月𦡚]
◆腫れ物
◆「𦡚腫(ようしゅ)」、腫瘍、ぶくぶくと太っているさま、(体や組織などが)大きくなり過ぎて思うように動けないさま
【𦡩】月(肉)4+13=総画数17 U+26869 [シツ、シチ/ひざ] 【膝厀】[月木人𠆢ンく水氺桼I|丨フ𠃌卩膝厀𦡩]
◆足の腿と脛を繋ぐ関節の部分
【𦡪】月(肉)4+13=総画数17 U+2686A [トウ/] 【膯】[月タ夕フ一口ソ丷一䒑豆豋𦡪]
◆飽(あ)く、腹がいっぱいになる、満ち足りる
【𦡰】月(肉)4+13=総画数17 U+26870 [ハク/] 【膊𦢸𦣈】[月サ十2艹艹十田由用、丶甫十、丶寸専尃蒪𦡰]
◆肩甲骨(肩胛骨、けんこうこつ)、同”髆”
◆肩から手首までの部分、日本でいう「腕」
◆薄切り肉
◆磔(はりつけ)にする、殺して晒す
【𨃗】足部
【䑄】月(肉)4+14=総画数18 U+4444 [ヒ、ビ/] [月目自田一ノ丿I|丨丌ナ十2廾鼻鼻䑄]
◆肥って逞しいさま
◆ポリープ(polyp)、粘膜にできる腫物
【䑅】月(肉)4+14=総画数18 U+4445 [モウ、ミョウ/] 【𦢧】[月サ十2艹艹四罒ワ冖タ夕夢䑅]
◆朦朧(もうろう)としているさま、頭がぼんやりしているさま
【臍】月(肉)4+14=総画数18 U+81CD [セイ、ザイ/へそ、ほぞ] 【𦜝𦜢脐𪗌𦠃䐡𦠕𦙟𠬐】[月亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊臍]
◆へそ、ほぞ、腹の真ん中の窪(くぼ)んでいる所
◆ものの真ん中にあって窪んでいるもの
◆「臍帯(さいたい)」、へその緒(お)、胎児と胎盤とを繋(つな)ぐ管状の器官
【臎】月(肉)4+14=総画数18 U+81CE [スイ/] [月羽羽亠人2从𠅃十卒翠羽羽臎]
◆鳥の尾の部分の肉
◆尻の部分の骨、尾骶骨(びていこつ)
【臏】月(肉)4+14=総画数18 U+81CF [ヒン、ビン/] 【膑】[月ウ宀小ノ丿少𣥂目ハ貝賓賓臏]
◆膝蓋骨(しつがいこつ)、膝関節の前部にある皿状の骨、通称「膝小僧(ひざこぞう)」
◆膝を抉(えぐ)り取る刑
【臐】月(肉)4+14=総画数18 U+81D0 [クン/] 【𦘶】[月ノ丿十千口ソ土、丶4灬黑熏臐]
◆羊肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【臑】月(肉)4+14=総画数18 U+81D1 [ジュ、ニュウ、ドウ、ノウ/すね] [月雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需臑]
◆上膊(じょうはく)、上腕(じょうわん)、人間の腕の肩の先から肘(ひじ)まで部分、動物の前足の足の付け根から膝までの部分
◆じっくりと煮込んで柔らかくなった肉
◆[日]すね(臑、脛)、人間の足の膝から足首までの部分
【臒】月(肉)4+14=総画数18 U+81D2 [ワク/] [月サ十2艹艹ノ2隹ヌ又隻蒦臒]
◆上質な肉
【臗】月(肉)4+14=総画数18 U+81D7 [カン/] [月ウ宀サ十2艹艹目見莧寛、丶寬臗]
◆体
◆臀部
◆寛骨、同”髖”
【𥢵】禾部
【𦡱】月(肉)4+14=総画数18 U+26871 [ヨウ、ソウ、ショウ/] [月ンヨ2羽羽ノ2隹翟𦡱]
◆痩(や)せる、痩せ細る、痩せ衰(おとろ)える、同”臞”
◆物が先端が尖っているさま、同”䏴”
【𦡳】月(肉)4+14=総画数18 U+26873 [ロウ/] 【臘】[月く𡿨3巛冂人几、丶4𦡳]
◆冬至を過ぎて行われるその年最後の祭礼、その年に収穫・収獲したものを供え八百万(やおろず)の神に感謝する祭り、同”蜡””䄍”
◆陰暦の十二月、同”臈”
◆この時期に作った肉や魚の干物また燻製
◆仏門に入ってからの年数、修練を積んだ年数
【𦡴】月(肉)4+14=総画数18 U+26874 [チュウ/] [月土士フエ工一口十、丶寸吋寿壽𦡴]
◆下腹部の病気
【𦡸】月(肉)4+14=総画数18 U+26878 [ジ、ニ/] 【膩腻】[月ヒ七𠤎匕ノ大天矢𠤕マフ乛⺊上止龰正疋疑𦡸]
◆脂っこいさま、ねっとりとしたさま、べたべたするさま
◆くどい、うんざりする
◆細かいさま、繊細なさま
【𦡺】月(肉)4+14=総画数18 U+2687A [エイ、ヨウ/] 【癭瘿𩖍𦢆】[目ハ貝2賏月𦡺]
◆首にできる瘤状の腫物(はれもの)
◆瘤状に突起したもの
【𦢃】月(肉)4+14=総画数18 U+26883 [セン、ゼン/] 【膳】[月サ十2艹艹土言𧨅𦢃]
◆よく吟味された食材で調理された美味(おい)しい食事、また美味(おい)しい食事を調(ととの)える、また食事を勧める
◆[日]用意した料理を載せる台
◆[日]飯を盛った茶碗の数、おかわりした回数を数える語
◆[日]箸の一対(二本で一組)を数える語
【𦢅】月(舟)4+14=総画数18 U+26885 [トウ、ドウ、トク、ドク/] 【螣𧑥𧔶𧑞𧔟𧖍】[月火レノ丿𠂈ヌ又𠬞中虫𦢅]
◆穀物の葉を食い荒らすバッタ(飛蝗)やイナゴ(蝗)の類、別名「螟螣(めいとく)」、同”蟘”、「【禮記主疏:卷十五:月令】行春令則五穀晚熟・・・百螣時起其國乃饑」
◆「𦢅蛇(とうだ)」、姿はヘビ(蛇)に似て龍のように雲や霧の乗って空に昇るという、「神蛇(しんだ、しんじゃ)」とも呼ばれる、「【淮南鴻烈解:卷第九:主術訓】夫螣蛇{⿰冫斿}霧而動應龍乗雲而舉」
【𦢈】月(肉)4+14=総画数18 U+26888 [ケン/] 【𦢣𣍨】[月Tハ冂メ㐅乂2爻4爾𦢈]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【羸】羊部
【臓】月(肉)4+15=総画数19 U+81D3 [ソウ、ゾウ/] 【臟】[月サ十2艹艹匚コ巨臣一、丶弋ノ丿戈戊蔵臓]
◆心・肝・脾・肺・腎の総称、「月(肉)の中に大切にしまわれている(蔵)もの」の意
【臕】月(肉)4+15=総画数19 U+81D5 [ヒョウ/] [月广コヒ七𠤎匕2比鹿、丶4灬麃臕]
◆でっぷりと太っているさま
【臘】月(肉)4+15=総画数19 U+81D8 [ロウ/] 【𦡳】[月く𡿨3巛口メレ2、丶4巤臘]
◆冬至を過ぎて行われるその年最後の祭礼、その年に収穫・収獲したものを供え八百万(やおろず)の神に感謝する祭り、同”蜡””䄍”
◆陰暦の十二月、同”臈”
◆この時期に作った肉や魚の干物また燻製
◆仏門に入ってからの年数、修練を積んだ年数
◆簡”腊”
【鵩】鳥部
【鵬】鳥部
【𦡶】月(肉)4+15=総画数19 U+26876 [カン、ゲン/] [月匚コ巨臣ノ丿一𠂉二皿監𦡶]
◆肉の餡(あん、米粉や小麦粉などで作り丸く平らにした皮(「餅」という)に包み入れる具材)、同”𤑃”
【𦢊】月(肉)4+15=総画数19 U+2688A [ホウ/] 【𤿈】[月日十2艹一龷ハ八共ンく水氺㳟暴𦢊]
◆皮膚が腫れ上がる、皮膚が腫れ上がって破れる
【𦢋】月(肉)4+15=総画数19 U+2688B [コウ、キョウ/] [月ソ三王羊𦍌、丶4灬羔三人二人大夫羮𦢋]
◆よく煮込んだ肉の羹(あつもの、スープ)
【𦢌】月(肉)4+15=総画数19 U+2688C [トク、ドク/] 【殰㱩】[月士土四罒目ハ貝賣𦢌]
◆胎児が死亡する、流産或いは死産する
【𦢍】月(肉)4+15=総画数19 U+2688D [キ、ケ/] 【𦠄】[月くム厶幺2一、丶弋ノ丿戈田畿𦢍]
◆頬の肉
【𦢏】月(肉)4+15=総画数19 U+2688F [ライ/] [月田2畕3畾𦢏]
◆「𦢏𦞙」、大きく腫れるさま、大きく膨れるさま
【𦢒】月(肉)4+15=総画数19 U+26892 [未詳/] [月十土人2ワ冖目ハ貝賫𦢒]
◆肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)の一種、未詳、「【酉陽雜俎:卷七:酒食】臇𦢒(一曰饋)䐣臛也」
【𦢕】月(肉)4+15=総画数19 U+26895 [セキ、ジャク/] 【膌】[ノ丿イ人2从仌4𠈌𠂹一月𦟝𦢕]
◆体が痩せ細る、痩せ衰える
【𦢖】月(肉)4+15=総画数19 U+26896 [ヨウ、オウ/] 【膺𦢻】[Lノ「爿厂𤕫イ亻ノ2隹倠𨿳月𦢖]
◆胸、大きな胸
◆受け止める、引き受ける
◆馬の胸当(むねあて、むなあて)
【𦢚】月(肉)4+15=総画数19 U+2689A [フ/はだ] 【膚肤】[月⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨月胃膚𦢚]
◆肌(はだ)、皮、ものの表面を覆(おお)う薄い膜状のもの、同”膚”
◆表面的な、深みがなく薄っぺらな
◆大きく広がる
◆(中身がぎっしりと詰まっていて)良い、優(すぐ)れている、美しい
◆薄切りの(豚)肉
◆古代の長さの単位、一膚=四本の指をぴったりと付けて平らにした時の幅、指一本の幅を一寸といった
【𦢛】月(肉)4+15=総画数19 U+2689B [リョ、ロ/] [月⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨心思慮𦢛]
◆上位者の言葉を下位者に口頭で伝える、同”臚”
【𦢝】月(肉)4+15=総画数19 U+2689D [ソウ、シュ/] [月ン冫广疒ノEヨ臼𦥑I|丨𦥔ヌ又叟瘦𦢝]
◆痩せる、同”瘦”
【𦢣】月(肉)4+15=総画数19 U+268A3 [ケン/] 【𦢈𣍨】[月ノツ爪爫爫冂メ㐅24𦢣]
◆胼胝(たこ)また肉刺(まめ)、同”繭”
【𦢤】月(肉)4+15=総画数19 U+268A4 [サン/] 【臢臜】[月二人大夫2㚘目ハ貝賛𦢤]
◆「腌𦢤」、汚い、不愉快な
【𦢧】月(肉)4+15=総画数19 U+268A7 [モウ、ミョウ/] 【䑅】[月サ十2艹艹四罒ワ冖目瞢𦢧]
◆朦朧(もうろう)としているさま、頭がぼんやりしているさま
【朧】月(肉)4+16=総画数20 U+6727 [ロウ、ル/おぼろ] 【胧】[月立月ヒコL乚三龍朧]
◆「朦朧(もうろう)」、(月が)霞んでぼんやりしていているさま、ぼんやりしてはっきりしないさま
【臔】月(肉)4+16=総画数20 U+81D4 [ケン、ゲン/] [月匚コ巨臣ヌ又臤目ハ貝賢臔]
◆「臔臔(けんけん)」、肥えているさま、肉付きがよいさま
◆未詳、「【廣韻:上聲:銑:峴:臔】肉急」
【臖】月(肉)4+16=総画数20 U+81D6 [キョウ、コウ/] 【𦢰】[ノEヨ臼𦥑冂一口同ハ興月臖]
◆赤く腫れた出来物(できもの)、吹き出物、腫物(はれもの)、同”𦢯”
◆腫れて痛む、また痒(かゆ)い
【臙】月(肉)4+16=総画数20 U+81D9 [エン/] [月十2廿ヒ七𠤎匕北口、丶4灬燕臙]
◆「臙脂(えんじ)」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料
◆咽喉(いんこう、口の奥から食道の入口までの部分)の内の口の奥から喉頭蓋までの部分、同”咽”
【臚】月(肉)4+16=総画数20 U+81DA [リョ、ロ/] 【胪】[月⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨皿盧臚]
◆皮膚、肌(はだ)、皮、同”膚”
◆腹の前の部分の皮膚、同”㱺”
◆「臚脹(りょちょう)」、腹が膨れ前に突き出る、またそのような病気
◆述(の)べる、順々と述べる
◆口頭で伝える、上位者の言葉を下位者に口頭で伝える、同”𦢛””𨇖”、「【康熙字典:未集下:肉部:臚】《史記叔孫通傳》臚句傳《註》上傳語告下爲臚」
◆順に揃(そろ)えて並べる
【臛】月(肉)4+16=総画数20 U+81DB [コク/] 【𩟯𩟸𩟨𩞺】[月雨ノ2隹霍臛]
◆肉を或いは肉を主として野菜を加え煮込んだスープ、野菜を或いは野菜を主としたものものは「羹」
【臜】月(肉)4+16=総画数20 U+81DC [サン/] 【臢𦢤】[月ノ丿一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先2兟冂人贝赞臜]
◆「腌臜」、汚い、不愉快な
【贏】貝部
【騰】馬部
【𣎮】月4+16=総画数20 U+233AE [キ/] [月羊ソ三王羊𦍌ノ木禾一Lフ𠃌丂一、丶弋ノ丿戈羲𣎮]
◆月の光
◆赤々とした(太陽の)光、同”曦”
【𦏝】羊部
【𦏞】羊部
【𦢦】月(肉)4+16=総画数20 U+268A6 [ソ、ス/] 【酥𨣺𨢭𦣑】[月ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌𦢦]
◆牛や羊などの乳に熱を加え攪拌し冷ますと表面に浮いてくるもの、またそれを更に煮詰め濃くしたもの、バターやチーズなどの類
◆ぽろぽろとした、かりかりとした、ぱりぱりとした、さくさくとした、多く高温の油で揚げた食べ物の名に使われる
【𦢨】月(肉)4+16=総画数20 U+268A8 [エン/] [月門ク𠂊ノEヨ臼臽閻𦢨]
◆肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”爓”
【𦢪】月(肉)4+16=総画数20 U+268AA [スイ/] 【膸】[月ろ3I|丨阜阝ナ𠂇エ工左月え辶辶遀隨𦢪]
◆骨の髄(ずい)、骨の芯(しん)の柔らかい部分、同”髓”
◆孔(あな)
【𦢭】月(肉)4+16=総画数20 U+268AD [ホウ/] 【𦠖】[月十口丨中ワ冖ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包木𦢭]
◆体にできる腫物
【𦢯】月(肉)4+16=総画数20 U+268AF [キョウ、コウ、キン/] [月ノEヨ臼冂一口同ハ興𦢯]
◆赤く腫れた出来物(できもの)、吹き出物、腫物(はれもの)、同”臖”、「【集韻:卷七:去聲上:焮第二十四:脪𦜓𤷓㾙𤴾𦢯】㿎脪熱氣著膚中」
【𦢸】月(肉)4+16=総画数20 U+268B8 [ハク/] 【膊𦡰𦣈】[月サ十2艹艹シ氵十田由用、丶甫十、丶寸専尃溥薄𦢸]
◆肩甲骨(肩胛骨、けんこうこつ)、同”髆”
◆肩から手首までの部分、日本でいう「腕」
◆薄切り肉
◆磔(はりつけ)にする、殺して晒す
【𨼕】阜部
【㔮】月(肉)4+17=総画数21 U+352E [ダ、ナ/] [十2廿口二人大夫𦰩ム厶月ヒ七𠤎匕2能㔮]
◆獣名、未詳、「【廣韻:下平聲:歌:那:㔮】獸名似鼠班頭食之明目」「【山海經:卷五】𤟩鼠所未詳音虺字亦或作虺其名曰㔮音那或作熊也」
【䑋】月(肉)4+17=総画数21 U+444B [ジョウ、ニョウ/] [月亠ノ丿2レ𧘇衣口2吅三襄䑋]
◆肥える
【䑌】月(肉)4+17=総画数21 U+444C [ラン/] [月門木口束ソ柬闌䑌]
◆肉が(腐って)柔らかくなる
◆鳥や獣の食べ残し
【䑍】月(肉)4+17=総画数21 U+444D [エイ、ヨウ/] [月目ハ貝2賏女嬰䑍]
◆咽喉(いんこう、のど)
【䑎】月(肉)4+17=総画数21 U+444E [サン、セン/] [月人2从一、丶弋ノ丿戈㦰一6三2非7韭韱䑎]
◆肉を煮込んだとろみのあるスープ
【臝】月(肉)4+17=総画数21 U+81DD [ラ/] [亠L𠃊亡口吂月几、丶凡⺄乙ノ、丶𠁽⺄乙ナ十卂𦝠田甲木果臝]
◆裸、身に着けているものを脱いで裸になる
◆「果臝(から)」、別名「栝樓(かつろう)」、チョウセンカラスウリ(朝鮮烏瓜)、ウリ科カラスウリ属の蔓性の草{チョウセンカラスウリ}
◆「蜾臝(から)」、同「蜾蠃」、ジガバチ(似我蜂)、 ハチ亜目(細腰亜目)スズメバチ上科ツチバチ科(別名ジガバチ科)のハチ(蜂)の総称、腰の部分が細く地中に巣を作る、別名「細腰蜂(さいようほう)」
【鰧】魚部
【𦢹】月(肉)4+17=総画数21 U+268B9 [コウ、キョウ/] 【𦣍】[月ソ三王羊𦍌、丶4灬羔三人大夫2𦢹]
◆肉と野菜をじっくりと煮込んだスープ、同”羹”
【𦢻】月(肉)4+17=総画数21 U+268BB [ヨウ、オウ/] 【膺𦢖】[人2广イ亻ノ2隹倠䧹内人2仌肉𦢻]
◆胸、大きな胸
◆受け止める、引き受ける
◆馬の胸当(むねあて、むなあて)
【𦣅】月(肉)4+17=総画数21 U+268C5 [未詳/] [月ノツ爪爫爫四罒ヨレム厶十、丶寸𡬠爵𦣅]
◆未詳
【𨭞】金部
【䑏】月(肉)4+18=総画数22 U+444F [ケン、ゴン/] [月サ十2艹艹口2吅ノ2隹雚䑏]
◆「䑏𦝢(けんき)」、顔が(化粧でごまかせない程に)醜いさま、同「啳𦝢」、「【淮南鴻烈解:卷第十九:脩務訓】啳𦝢哆噅籧蒢戚施雖粉白黛黑弗能爲美者嫫母仳倠也(啳讀權衡之權急氣言之𦝢讀𧅄哆讀大口之哆噅讀楚𨘏氏之𨘏蒢戚施僂皆醜嫫母仳倠吉之醜女・・・)」
◆「䑏疏(けんそ)」、獣名、姿は馬に似て一本の角があるという、「【山海經:北山經】又北三百里曰帶山・・・有獸焉其狀如馬一角有錯(言角有甲錯也或作暦)其名曰䑏䟽(音歡)可以辟火・・・」
【臞】月(肉)4+18=総画数22 U+81DE [ク、グ/] [月目2䀠ノ2隹瞿臞]
◆痩(や)せる、痩せ細る、痩せ衰(おとろ)える、同”癯”
【臟】月(肉)4+18=総画数22 U+81DF [ソウ、ゾウ/] 【臓】[月サ十2艹艹Lノ「爿厂𤕫一、丶弋ノ丿戈戊匚コ巨臣臧蔵藏臓臟]
◆心・肝・脾・肺・腎の総称、「月(肉)の中に大切にしまわれている(蔵)もの」の意、同簡"脏"
【黱】黑部
【𦣀】月(肉)4+18=総画数22 U+268C0 [ショウ、ジョウ、チョウ、ドウ、ノウ/] [月耳2聑3聶𦣀]
◆《宋本廣韻》《集韻》共に「肉動也」とあり
◆肉を薄く切る、薄切り肉、同”䐑”
◆動物の前足の肩から肘までの部分、同”臑”
【𦣄】月(肉)4+18=総画数22 U+268C4 [ルイ/] 【羸𦏞𦣉𦏝𤼘】[亠L𠃊亡口吂月十2廿口3革几、丶凡⺄乙ナ十卂𦣄]
◆痩(や)せ衰える、弱る
◆疲れる
【𦣉】月(肉)4+18=総画数22 U+268C9 [ルイ/] 【羸𦏞𦣄𦏝𤼘】[亠L𠃊亡口吂ノEヨ臼𦥑I|丨𦥔ヌ又叟月几、丶凡⺄乙ノ、丶𠁽⺄乙ナ十卂𦣉]
◆痩(や)せ衰える、弱る
◆疲れる
【臢】月(肉)4+19=総画数23 U+81E2 [サン/] 【臜𦢤】[月ノ丿一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先2兟目ハ貝贊臢]
◆「腌臢」、汚い、不愉快な
【驘】馬部
【𦣈】月(肉)4+19=総画数23 U+268C8 [ハク/] 【膊𦡰𦢸】[月竹シ氵十田由十、丶寸専、丶簿𦣈]
◆肩甲骨(肩胛骨、けんこうこつ)、同”髆”
◆肩から手首までの部分、日本でいう「腕」
◆薄切り肉
◆磔(はりつけ)にする、殺して晒す
【𦣊】月(肉)4+19=総画数23 U+268CA [デイ、ナイ/] 【臡】[十2廿口二人大夫𦰩ノ2隹難難月𦣊]
◆骨付き肉の塩漬け
【𦣍】月(肉)4+19=総画数23 U+268CD [コウ、キョウ/] 【𦢹】[月ソ三王羊𦍌2、丶4灬羔ソ三王羊𦍌大㺯美羹𦣍]
◆肉と野菜をじっくりと煮込んだスープ、同”羹”
【𦣐】月(肉)4+19=総画数23 U+268D0 [レン/] 【臠脔𦟪】[タ夕、丶糸2絲言䜌𦣐]
◆肉の塊を小さく切り分けたもの、細切り肉、こま切れ肉
【𦣑】月(肉)4+19=総画数23 U+268D1 [ソ、ス/] 【酥𨣺𨢭𦢦】[月サ十2艹艹ク𠂊田、丶4灬魚ノ木禾穌蘇𦣑]
◆牛や羊などの乳に熱を加え攪拌し冷ますと表面に浮いてくるもの、またそれを更に煮詰め濃くしたもの、バターやチーズなどの類
◆ぽろぽろとした、かりかりとした、ぱりぱりとした、さくさくとした、多く高温の油で揚げた食べ物の名に使われる
【鸁】鳥部
【𩦻】馬部
【𦣛】月(肉)4+23=総画数27 U+268DB [ロウ/] [月糸2絲言䜌心戀𦣛]
◆驢馬の胃腸


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 月部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です