総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「火部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 火部」 [部首索引


【火】火4+0=総画数4 U+706B [カ/ひ、ほ] [火]
①物が燃えた時に発生する光や色や炎や熱など
②ものが赤々と燃える、また焼く
③(火が勢いよく燃えるように、また顔を紅潮させて)怒る、(火が弾けるように)突然怒り出す
④(火が激しい勢いで燃え広がるように)差し迫ったさま
⑤五行(木火土金水)の一つ{五行}
⑥十二章紋の一つ{十二章紋}
⑦七曜(日月火水木金土)の一つ
⑧軍隊で十人の兵で組織された隊、唐代ではで一火(兵十人)ごとに隊長を置き、五火を一団とした
⑨ひ、部首名
漢字林(非部首部別)
【灬】火4+0=総画数4 U+706C [カ/] [、丶4灬]
①火、烈(はげ)しい火
②れっか、れんが、部首名、「火」が脚(あし)にある時の字形
漢字林(非部首部別)
【灭】火4+1=総画数5 U+706D [ベツ、メツ、メチ/ほろ・びる] 【滅㓕𣹹𢦹𢛣】[一火灭]
①火や明かりが消える、消える、尽きる、なくなる、同”烕””𤇳”
②消す、なくする、退治する、同”烕”
漢字林(非部首部別)
【𤆂】火4+1=総画数5 U+24182 [キ、ギ、カイ、ケ/] 【蕢蒉䕚𧷩】[火一𤆂]
①草を編んで作った土を運ぶための籠
②ヒユ(莧、ヒユ科ヒユ属の草)の一種で茎が赤いもの、「【爾雅注疏:卷八:釋草第十三】蕢赤莧注赤莧一名蕢今莧菜之赤莖者也」{ヒユ}
【灮】火4+2=総画数6 U+706E [コウ/ひかり、ひか・る] 【光炗炛𠈑𤉭𤎫】[火ノ丿L乚儿灮]
①明かり
②輝く、煌めく
③照らし出す
④輝いて美しい
⑤栄誉
【灯】火4+2=総画数6 U+706F [テイ、チョウ、トウ/ともしび、あかし、あかり、ひ] [火丁灯]
①火、烈(はげ)しく燃える火
②高く掲げ暗闇を照らす明かり、据え置いて使う照明具、同”燈”
③本来”灯”には「明かり(燈)」の意はなく「火、烈火」の意だったが、古くから”燈”の俗用字として用いられ今に至っている
【灰】火4+2=総画数6 U+7070 [カイ、ケ/はい、あく] 【𤆆】[厂ナ𠂇火灰]
①ものが燃え尽(つ)きて再び燃やすことができない状態のもの、再び燃やすことができるものは「炭」
②ものを高温で燃やし尽くした後に残ったものの色、黒と白の中間の色
③(燃え尽きて)勢いや元気を失う
漢字林(非部首部別)
【灱】火4+2=総画数6 U+7071 [コウ/] 【灲】[火刀灱]
①火の勢いが激しいさま、焼けるように熱いさま、同”熇”
②乾く
【灲】火4+2=総画数6 U+7072 [コウ/] 【灱】[火リ刂灲]
①火の勢いが激しいさま、焼けるように熱いさま、同”熇”
②乾く
【灳】火4+2=総画数6 U+7073 [キ/] [ノ𠃌勹火灳]
①光り輝く
【𤆄】火4+2=総画数6 U+24184 [カ、サイ/] [ノ丿フ𠃌2𠄎乃火𤆄]
①火、激しく燃える火
②災い
【𤆅】火4+2=総画数6 U+24185 [シャ/ゆる・す] 【赦𢼜𢼗𢽀】[人火𤆅]
①過ちを許す、(罪を犯したことは認められるが情状・事情によって)罪を咎めない
漢字林(非部首部別)
【𤆆】火4+2=総画数6 U+24186 [カイ、ケ/はい、あく] 【灰】[又火𤆆]
①ものが燃え尽(つ)きて再び燃やすことができない状態のもの、再び燃やすことができるものは「炭」
②ものを高温で燃やし尽くした後に残ったものの色、黒と白の中間の色
③(燃え尽きて)勢いや元気を失う
【𤆈】火4+2=総画数6 U+24188 [音未詳/] [火ノ丿フ𠃌2𠄎乃𤆈]
①義未詳、「𤆄」の異体字か?
【𤆉】火4+2=総画数6 U+24189 [音未詳/] [一亅丁火𤆉]
①義未詳
【𤆊】火4+2=総画数6 U+2418A [ホウ、ヒョウ/] [火ト卜𤆊]
①”爆”の簡体字、但し現在は使われていない、「【中華字海:火部:𤆊】曾作”爆”的简化字、后停用。」
【𤆋】火4+2=総画数6 U+2418B [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[人入、丶4灬𤆋]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𤆌】火4+2=総画数6 U+2418C [エン/ほのお] 【炎𡗩】[火又𤆌]
①物が燃(も)えて明るく赤く立ち昇る部分、「火」は「物が燃えた時に発生する光や色や炎や熱など」を総じたもの
②火が激しく燃え上がる、(炎のように)勢いよく盛んなさま
③熱い、火で焼かれているかのように熱い
④熱や激しい痛みなどを伴う病気
【㶣】火4+3=総画数7 U+3DA3 [セン/] 【烎】[二十干火㶣]
①【說文解字】に「小熱也」とあり
漢字林(非部首部別)
【㶤】火4+3=総画数7 U+3DA4 [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 【炒𤊛𤈓𤑡𢐨】[火タ夕㶤]
①鍋などに油を引き食材を入れて掻き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと食材の芯まで火を通することではなく表面にさっと火を通すこと、「煎」を参照
【灴】火4+3=総画数7 U+7074 [コウ、ク/] [火エ工灴]
①火が赤々と燃えるさま、火が辺りを明るく照らすさま、同”烘””燎”
【灵】火4+3=総画数7 U+7075 [レイ、リョウ/たま、たましい] 【霊𩂳䨩靈𩆜𩇎𤫊𩄇𤴤霛𩃞𩅶𩃏𧈀𡀓𢩙𢩝㚑】[ヨ火灵]
①直接に見たり触れたりはできないが確かに存在していることを感じられるもの、またその働き、またその働きが人間にもたらすもの、神
②神秘的な現象、不思議なはたらきをするもの
③生(せい)あるものの内に宿りその生長・活動などの働きを司ると考えられたもの、魂、精神
④舞いながら祈祷し神や霊のお告げを聞き、また神や霊に人の願いを伝える女性、同”巫”
⑤繁”靈”
漢字林(非部首部別)
【灶】火4+3=総画数7 U+7076 [ソウ/かまど] 【竈竃𥩋𥧄𥨫䆴𥨈𥨠】[火土灶]
①粘土や煉瓦などで上・左・右・奥を囲い上に鍋釜を置く穴を設け下から火を焚(た)いて食物を煮炊きするところ
②調理場の中で火を扱うところ(竈、かまど)の神
【灷】火4+3=総画数7 U+7077 [サン、ゼン/] 【𤆽】[火一ノ丿ナ十2廾灷]
①火種
②残り火、また燃え残りや灰
漢字林(非部首部別)
【灸】火4+3=総画数7 U+7078 [キュウ、ク/やいと] 【𤆐㡱】[ク人久火灸]
①モグサ(艾)を乾燥させたものをつぼ(腧穴、ゆけつ、気血が出入・合流・分岐などするところで、そこに体の異常が現れるとされる)に据えて燃やす療法
【灹】火4+3=総画数7 U+7079 [タ、チャ/] [火ノ七モ乇灹]
①炎(ほのお)
②ものがぱちぱちと燃える音、またその音の形容
【灺】火4+3=総画数7 U+707A [シャ、ジャ/] 【炧炨】[火せ也灺]
①薪(たきぎ)などの灯火(とうか、ともしび)の残り火
②灯火を燃やした後に残るもの、燃え残りや灰
【灻】火4+3=総画数7 U+707B [セキ、シャク/あか、あか・い] 【赤烾𤆍】[土火灻]
①朱(しゅ)よりも濃く黄色味が少ない色
②(生まれたばかりの子が赤いことから)裸の、何も纏っていない、剥き出しの、何もない
③嘘偽りがない、誠を尽くす
【灼】火4+3=総画数7 U+707C [シャク/] [火ノ𠃌勹、丶一勺灼]
①炙(あぶ)る、焼く、燃やす
②灸を据える
③明々(あかあか)と燃え盛るさま、明るいさま
【災】火4+3=総画数7 U+707D [サイ/わざわ・い] 【灾𤆲𤆋𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[く𡿨3巛火災]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
漢字林(非部首部別)
【灾】火4+3=総画数7 U+707E [サイ/わざわ・い] 【災𤆲𤆋𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[ウ宀火灾]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
漢字林(非部首部別)
【灿】火4+3=総画数7 U+707F [サン/] 【燦𤍝】[火山灿]
①眩(まばゆ)いばかりに光り煌(きら)めくさま、明るく鮮やかなさま
【炀】火4+3=総画数7 U+7080 [ヨウ/] 【煬】[火フ𠃌ノ2勿𠃓炀]
①盛んに火を焚(た)く
②炙(あぶ)る、強い火で熱する
③火で金属などを溶かす、火で熱を加え固形のものを粘液状・液状にする、同”烊”
【𤆍】火4+3=総画数7 U+2418D [セキ、シャク/あか、あか・い] 【赤烾灻】[大火𤆍]
①朱(しゅ)よりも濃く黄色味が少ない色
②(生まれたばかりの子が赤いことから)裸の、何も纏っていない、剥き出しの、何もない
③嘘偽りがない、誠を尽くす
漢字林(非部首部別)
【𤆎】火4+3=総画数7 U+2418E [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𤆋𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𣏹】[オ才扌火𤆎]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𤆐】火4+3=総画数7 U+24190 [キュウ、ク/やいと] 【灸㡱】[ク人久、丶4灬𤆐]
①モグサ(艾)を乾燥させたものをつぼ(腧穴、ゆけつ、気血が出入・合流・分岐などするところで、そこに体の異常が現れるとされる)に据えて燃やす療法
【𤆚】火4+3=総画数7 U+2419A [トン、ドン/] 【炖】[火ノL乚七𤆚]
①(風を受けて)火が赤々と燃えるさま、同”燉”
②とろ火でじっくりと煮込む、同”燉”
③酒や茶などを入れた器を湯の中に入れて温める
【㶧】火4+4=総画数8 U+3DA7 [ダン、ナン/] [火冂人入内內㶧]
①熱い、温かい
【㶨】火4+4=総画数8 U+3DA8 [ヒ/] 【炋】[不、丶4灬㶨]
①【康熙字典】に「《篇海》火也」とあり
【杰】木部
【炁】火4+4=総画数8 U+7081 [キ、ケ/] [一二ノ丿L乚2旡、丶4灬炁]
①人の肉体的・精神的活動の元になる気(き)、”気”を参照、「【漢語大詞典】道教多以指人的元氣。」
【炂】火4+4=総画数8 U+7082 [ショウ/] [火ハ八ム厶公炂]
①熱くなる
②熱病で仆(たお)れる
③汁を煮る
【炃】火4+4=総画数8 U+7083 [フン、ブン、ホン、ボン/] [ハ八刀分火炃]
①焼く、燃やす、同”焚”
【炄】火4+4=総画数8 U+7084 [ジュウ、ニュウ/] [火三丑炄]
①「㶭炄」、乾き始めているさま、まだ乾き切らないさま
【炅】火4+4=総画数8 U+7085 [ケイ、キョウ/] [日火炅]
①火が赤々と光るさま
漢字林(非部首部別)
【炆】火4+4=総画数8 U+7086 [ブン、モン/] [火文炆]
①(炭火のような)炎の出ない火
【炇】火4+4=総画数8 U+7087 [ボク、ホク/] 【𤆝】[火ノ一𠂉メ又攵炇]
①火が激しく燃えるさま
【炈】火4+4=総画数8 U+7088 [エキ、ヤク/] [火ク刀几又殳炈]
①煉瓦や陶器などを焼く竈(かま)の煙突
【炉】火4+4=総画数8 U+7089 [ロ、ル/] 【爐】[火、丶一コノ丿尸户戶戸炉]
①火を焚き物を温めたり焼いたりする設(しつら)え、竈(かまど)や「焜炉(こんろ)」「暖炉(だんろ)」「囲炉裏(いろり)」
【炊】火4+4=総画数8 U+708A [スイ/た・く、かし・ぐ] 【𣣛】[火ノフ乛人欠炊]
①吹いて火を起こす、火を起こし食べ物に熱を加える、米を水に浸し熱を加えて柔らかくする
②食事の仕度をする
漢字林(非部首部別)
【炋】火4+4=総画数8 U+708B [ヒ/] 【㶨】[火不炋]
①【康熙字典】に「《篇海》火也」とあり
【炌】火4+4=総画数8 U+708C [カイ/] 【烗𤈪𤉫】[火人𠆢ノ丿I|丨介炌]
①火が明々(あかあか)と燃え盛るさま
【炍】火4+4=総画数8 U+708D [ハン、ホン/そむ・く] 【叛】[火厂又反炍]
①自分が属する集団の行動や意見に従えずに反対する、またそこを離れる、また離れて自分の意見に合う集団の所へ行く、背く
【炎】火4+4=総画数8 U+708E [エン/ほのお] 【𡗩𤆌】[火2炎]
①物が燃(も)えて明るく赤く立ち昇る部分、「火」は「物が燃えた時に発生する光や色や炎や熱など」を総じたもの
②火が激しく燃え上がる、(炎のように)勢いよく盛んなさま
③熱い、火で焼かれているかのように熱い
④熱や激しい痛みなどを伴う病気
漢字林(非部首部別)
【炏】火4+4=総画数8 U+708F [カイ、エン/] [火2炏]
①炎(ほのお)、物が燃(も)えて明るく赤く立ち昇る部分
②火が燃え盛るさま
③同”炎”
漢字林(非部首部別)
【炐】火4+4=総画数8 U+7090 [ホウ、ボウ/] [火ノ三|十3丰炐]
①火の燃える音
②義未詳、「【康熙字典:火部:四:炐】《六書故》完物遇火張起也。」
【炑】火4+4=総画数8 U+7091 [ボク、モク/] [火木炑]
①火が燃え盛るさま
【炒】火4+4=総画数8 U+7092 [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 【㶤𤊛𤈓𤑡𢐨】[火小ノ丿少炒]
①鍋などに油を引き食材を入れて掻き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと食材の芯まで火を通することではなく表面にさっと火を通すこと、「煎」を参照
【炓】火4+4=総画数8 U+7093 [リョウ/] [火、丶2⺀十斗炓]
①火が光るさま
【炔】火4+4=総画数8 U+7094 [ケイ、ケ/] [火ユ人大夬炔]
①火が赤々と光るさま
②火から煙が出るさま
【炕】火4+4=総画数8 U+7095 [コウ/] 【𤇛𤊚𤌁】[火亠几亢炕]
①火に当てる、また火に当てて水気を飛ばす、乾かす
②火に翳(かざ)して焼く、同”炙”
③「炕牀、炕床(こうしょう)」、下から暖気を送って温かくできるようにした寝床や座席、同”匟”
【炖】火4+4=総画数8 U+7096 [トン、ドン/] 【𤆚】[火ノ一凵山L乚𡳾屯炖]
①(風を受けて)火が赤々と燃えるさま、同繁”燉”
②とろ火でじっくりと煮込む、同”燉”
③酒や茶などを入れた器を湯の中に入れて温める
【炗】火4+4=総画数8 U+7097 [コウ/ひかり、ひか・る] 【光炛灮𠈑𤉭𤎫】[十2廿火炗]
①明かり
②輝く、煌めく
③照らし出す
④輝いて美しい
⑤栄誉
漢字林(非部首部別)
【炘】火4+4=総画数8 U+7098 [キン、コン/] 【焮】[火ノ丿2𠂆T斤炘]
①炙る
②焼く
③火が盛んに燃える
【炙】火4+4=総画数8 U+7099 [セキ、シャク/あぶ・る] 【䏑𦜡𦛧𤐬𤒗】[タ夕、丶2火炙]
①(肉を)火に翳(かざ)す、火に翳(かざ)して(表面を)焼く
漢字林(非部首部別)
【炚】火4+4=総画数8 U+709A [コウ/] [日火炚]
①太陽が明るく照っているさま
【炛】火4+4=総画数8 U+709B [コウ/ひかり、ひか・る] 【光炗灮𠈑𤉭𤎫】[火イ人亻ヒ七𠤎匕化炛]
①明かり
②輝く、煌めく
③照らし出す
④輝いて美しい
⑤栄誉
【炜】火4+4=総画数8 U+709C [イ/] 【煒】[火三フI|丨韦炜]
①火が赤々と燃えるさま、赤い
②明るく光り輝くさま、明るい
【炝】火4+4=総画数8 U+709D [ショウ/] 【熗】[火人フ𠃌卩L乚㔾仓熗炝]
①食材を熱湯にさっと通した後に調味料を加えて和(あ)える調理法
【炞】火4+4=総画数8 U+709E [ヘン、ベン/] [火、丶下卞炞]
①義未詳
【𤆝】火4+4=総画数8 U+2419D [ボク、ホク/] 【炇】[火ト卜⺊又攴𤆝]
①火が激しく燃えるさま
【𤆥】火4+4=総画数8 U+241A5 [音未詳/] [火ノ𠃌勹二ン勻匀𤆥]
①義未詳
【𤆯】火4+4=総画数8 U+241AF [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煮煑𤑜𤑨𢐼䰞𩱰】[土ノ耂火𤆯]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
【𤆱】火4+4=総画数8 U+241B1 [ダン、ナン、ノン/あたた・かい、あたた・まる] 【暖㬉𣆝𣊵𤌢】[一T巾帀火𤆱]
①日差しが穏(おだ)やかで暑くもなく寒くもなく程良いさま、穏やかな陽気であるさま、「温」は液体などが程よい温度であること、「煖」は火に当てて程よい温度にすること
【𤆲】火4+4=総画数8 U+241B2 [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆋𡿧𤉣烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[水火𤆲]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𤆶】火4+4=総画数8 U+241B6 [フン、ブン/] 【燌】[火ハ八刀分𤆶]
①焼く、燃やす、同”焚”
【㶫】火4+5=総画数9 U+3DAB [リョウ/] 【尞𤊽𤋯𡼷𤎚𤉞】[大ソ丷火𡗜2㶫]
①柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”燎””祡”
【㶬】火4+5=総画数9 U+3DAC [バツ、マツ、マチ/] [火二木末㶬]
①【康熙字典】に「《五音集韻》火色」とあり
【㶭】火4+5=総画数9 U+3DAD [ユウ/] [火くム厶幺カ力幼㶭]
①「㶭炄」、乾き始めているさま、まだ乾き切らないさま
【㶮】火4+5=総画数9 U+3DAE [ショウ/] [一冂人内丙火㶮]
①焼く、燃やす、【康熙字典:火部:五:㶮】「《五音類聚》不燒柴薪、用自己身內水火、自燒𥒯去頑礦、要其靖正、㐤砂㶮𥒯、自身心性不能散失、得成大𤂼、便得長命石老之術也」
【㶱】火4+5=総画数9 U+3DB1 [音未詳/] [火木本㶱]
①義未詳
【炟】火4+5=総画数9 U+709F [タツ、タチ/] [火日一旦炟]
①火が弾(はじ)ける
【炠】火4+5=総画数9 U+70A0 [コウ/] [火田甲炠]
①火で乾かす
【炡】火4+5=総画数9 U+70A1 [セイ、ショウ/] [火一上止正炡]
①「炡爚」、煮る
【炢】火4+5=総画数9 U+70A2 [チュツ/] [火十ノ丿L乚儿ハ八小木ホ、丶朮炢]
①灰に埋(うず)めた火、またそこから立ち昇る煙、同”烼”
【炣】火4+5=総画数9 U+70A3 [カ/] [火丁口可炣]
①炎
【炤】火4+5=総画数9 U+70A4 [ショウ/] [火刀口召炤]
①明るい火がゆらゆらと揺れながら辺りを照らす
②物事の道理に明るい、同”昭”
【炥】火4+5=総画数9 U+70A5 [フツ/] [火弓弗炥]
①炎
②火の熱(ねつ)
【炦】火4+5=総画数9 U+70A6 [バツ/] [火ナ大犬ノ丿メ友犮炦]
①火から立ち昇る熱気
【炧】火4+5=総画数9 U+70A7 [シャ、ジャ/] 【灺炨】[火ノ一𠂉せ也㐌炧]
①薪(たきぎ)などの灯火(とうか、ともしび)の残り火
②灯火を燃やした後に残るもの、燃え残りや灰
【炨】火4+5=総画数9 U+70A8 [シャ、ジャ/] 【炧灺】[火ウ宀ヒ七𠤎匕它炨]
①薪(たきぎ)などの灯火(とうか、ともしび)の残り火
②灯火を燃やした後に残るもの、燃え残りや灰
【炩】火4+5=総画数9 U+70A9 [レイ、リョウ/] [火人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令炩]
①【康熙字典】に「《篇海》火也」とあり
【炪】火4+5=総画数9 U+70AA [セツ/] [火山2出炪]
①燃え上がらずに煙が立ち籠めるさま
【炫】火4+5=総画数9 U+70AB [ケン、ゲン/] [火亠くム厶幺玄炫]
①光が輝いて眩(まぶ)しい
【炬】火4+5=総画数9 U+70AC [キョ、ゴ、コ/] 【𤉝】[火匚コ巨炬]
①松明(たいまつ)、アシ(葦)などの茎を束ねてその先に火を点け明かりとするもの、同”苣””𥬙”
【炭】火4+5=総画数9 U+70AD [タン/すみ] 【𡵼】[山厂火炭]
①ものが燃えて黒化したもの、黒化した後も再び燃やすことができるもの、再び燃やすことができないものを「灰」
②木を高温で焼いて作った燃料、燃料とするもの、「石炭」「薪炭」
③「塗炭(とたん)」(1)泥と炭(2)泥や炭にまみれるさま、(泥や炭にまみれながら働かなければならない)苦しく厳しい境遇にあるさま
漢字林(非部首部別)
【炮】火4+5=総画数9 U+70AE [ホウ、ビョウ/] [火ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包炮]
①食材を葉などで包んで焼く、泥などで全体を覆って焼く、全体を覆い蒸し焼きにする、丸焼きする、同”炰”
②焼く、炙(あぶ)る、(調理法)炒(いた)める
③大砲(たいほう)、同”砲”
④火薬を用いて爆破する、炸裂する、同”炮”
⑤爆竹(ばくちく)、同”炮”
【炯】火4+5=総画数9 U+70AF [ケイ、キョウ、ギョウ/] 【𤈍】[火冂口冋炯]
①火が明々(あかあか)としているさま、同”烱”
②明らかなさま、明るくはっきりと見分けが付くさま、同”冏”
【炰】火4+5=総画数9 U+70B0 [ホウ、ビョウ/] 【𤈖】[ノ𠃌勹コ匚L乚己巳包、丶炰]
①食材を葉などで包んで焼く、泥などで全体を覆って焼く、全体を覆い蒸し焼きにする、丸焼きする、同”炮”
②「炰烋(ほうこう)」(1)獣が威嚇するように吼える、威嚇するように怒鳴る、同「咆哮」(2)好き勝手に振る舞うさま、横暴なさま、またそのような人
漢字林(非部首部別)
【炱】火4+5=総画数9 U+70B1 [タイ、ダイ/] 【炲】[ム厶口台火炱]
①煤(すす)
【炲】火4+5=総画数9 U+70B2 [タイ、ダイ/] 【炱】[火ム厶口台炲]
①煤(すす)
【炳】火4+5=総画数9 U+70B3 [ヘイ、ヒョウ/] [火一冂人内丙炳]
①火が明るい、明るく輝く
②明かり、照明
漢字林(非部首部別)
【炴】火4+5=総画数9 U+70B4 [オウ、ヨウ/] [火大央炴]
①火が光るさま
【炵】火4+5=総画数9 U+70B5 [トウ/] [火ノ又夊夂、丶2⺀冬炵]
①炎の勢いが凄(すさ)まじいさま
【炶】火4+5=総画数9 U+70B6 [セン、ゼン、サン/] 【煔𤊼】[火ト卜⺊口占炶]
①火がさっと閃く、火花が飛び散る
②湯で肉を煮る
漢字林(非部首部別)
【炷】火4+5=総画数9 U+70B7 [シュ、ス/] [火、丶王主炷]
①蝋燭やランプなどの灯心、同”主”
②火を灯(とも)す
【炸】火4+5=総画数9 U+70B8 [サク、シャク/] [火ノ一𠂉F乍炸]
①激しい勢いで破裂する、弾(はじ)ける
②食材を熱した油に通す、油で揚げる
【点】火4+5=総画数9 U+70B9 [テン/とも・す、つ・ける、さ・す] 【點㸃奌】[ト卜⺊口占、丶点]
①小さな染み・瑕(きず)・印(しるし)、またそのようなものを付ける
②小さいもの
③狭く限られた場所・範囲・位置・事柄
④程度、度合
⑤汚れる
⑥火をつける
⑦筆法の一つで”丶”(筆を下ろし押さえた後、動かさずに筆を上げる)
【為】火4+5=総画数9 U+70BA [イ/な・す、な・る、ため] 【爲𤔡𤓸为𨤒𦥮𢏽】[ノソユ、丶4灬為]
①~をする、~を行う、~に働きかける
②~をして~にする、~をすることで~にする、~をすることで~になる
漢字林(非部首部別)
【炻】火4+5=総画数9 U+70BB [セキ/] [火石炻]
①「炻器(せっき)」、水甕(みずがめ)などに用いる陶磁器の一種
【炼】火4+5=総画数9 U+70BC [レン/ね・る] 【煉𧹯】[火ナ小ホ炼]
①鉱石を火で熱し目的の金属を取り出す、高熱を加え不純物を取り除く、また質を高める、同”鍊”
②鍛(きた)える、鍛錬(たんれん)する、修練や訓練を重ねて精神や技術を研(みが)く、同”鍊”
【炽】火4+5=総画数9 U+70BD [シ/] 【熾𤎷𢧾𢨙𤐦𧹹𥏛】[火口ハ只炽]
①火の勢いが激しいさま、赤々と燃え盛るさま
【炾】火4+5=総画数9 U+70BE [コウ、オウ/] [火口ノ丿L乚儿兄炾]
①「爌炾」、火が四方に大きく広がって明るく輝くさま
【炿】火4+5=総画数9 U+70BF [シュウ/] 【烐】[火冂⺆、丶一丹炿]
①【康熙字典】に「《玉篇》火行也」とあり
【烀】火4+5=総画数9 U+70C0 [コ、ク/] [火ノソ乎烀]
①鍋などに少量の水を入れ蓋をして食材を煮込む調理法
【烁】火4+5=総画数9 U+70C1 [シャク/] 【爍】[火ノL乚小ホ乐烁]
①ぎらぎらと光り輝(かがや)く
②火で焼かれように熱いさま
③金属などを熱して溶(と)かす、同”鑠”
【烂】火4+5=総画数9 U+70C2 [ラン/ただ・れる] 【爛爤】[火ソ三兰烂]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同”燗”
②形が崩れる、柔らかくなって元の形がなくなる、ぐじゃぐじゃになる、ふにゃふにゃになる
③明るく光り輝くさま、同”𠓖”
【烃】火4+5=総画数9 U+70C3 [ケイ、キョウ、テイ/] 【烴】[火スエ工𢀖烃]
①焦(こ)げる、焼け焦げた臭い
②炭化水素
【畑】田部
【𤆽】火4+5=総画数9 U+241BD [サン、ゼン/] 【灷】[火Lノ丿I|丨」丱𤆽]
①火種
②残り火、また燃え残りや灰
【𤇀】火4+5=総画数9 U+241C0 [イン/よ・る、ちな・む] 【因𡆬囙】[口囗コ囙火𤇀]
①基(もと)づく、土台となるものの上に順々に積み重なっていく
②物事がそうなるに至った理由や事情、「全て物事は基となるものに様々な物事が繋がり積み重なった結果」の意
②繋がり、縁(えん)、引き継ぐ
③ちな・む、~に依る、~に繋がる、~に関連する
【𤇁】火4+5=総画数9 U+241C1 [ガイ、カイ、コウ、ゴウ/おお・う、ふた、けだ・し] 【蓋葢盖𤇙】[火日一旦𤇁]
①(草を編んで作った)上からの雨や日差しを遮(さえぎ)る覆(おお)い
②雨や日差しを遮るために頭の上に翳(かざ)す傘(かさ)
③全体を覆う
④(家を)造(つく)る、雨や日差しを遮るための屋根を設けることから
⑤ふた、容器の口を塞(ふさ)ぐもの
⑥けだ・し、多分、恐らく
【𤇆】火4+5=総画数9 U+241C6 [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤎆𤏯㷑𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火口囗コ囙𤇆]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【𤇍】火4+5=総画数9 U+241CD [音未詳/] [十ノ丿L乚儿ハ八小木ホ、丶朮、丶4灬𤇍]
①義未詳、【康熙字典・十四・䨲】に「《集韻》䨲𤇍、梁四公子名。」とあり、「䨲杰(どうけつ)」の”杰”を誤ったものか異体字とすべきか?
【𤇏】火4+5=総画数9 U+241CF [ショウ、ジョウ/] 【烝𤇶㷥】[フ乛亅了水氶、丶4灬𤇏]
①蒸気や熱気が立ち昇る、蒸(む)す、蒸(ふ)かす、同”蒸”
②たくさんの、多くの
③祖先を祀(まつ)るために冬に行われる祭礼の名、春は「礿(夏代、商代)」「祠(周代)」、夏は「禘(夏代、商代)」「礿(周代)」、秋は「嘗」
【𤇙】火4+5=総画数9 U+241D9 [ガイ、カイ、コウ、ゴウ/おお・う、ふた、けだ・し] 【蓋葢盖𤇁】[火目且𤇙]
①(草を編んで作った)上からの雨や日差しを遮(さえぎ)る覆(おお)い
②雨や日差しを遮るために頭の上に翳(かざ)す傘(かさ)
③全体を覆う
④(家を)造(つく)る、雨や日差しを遮るための屋根を設けることから
⑤ふた、容器の口を塞(ふさ)ぐもの
⑥けだ・し、多分、恐らく
【𤇚】火4+5=総画数9 U+241DA [チャク/] [火ノ丿2𠂆T斤、丶斥𤇚]
①割る、二つに裂く、同”坼”、「【字彙補:六】𤇚丑革切與坼同」
【𤇛】火4+5=総画数9 U+241DB [コウ/] 【炕𤊚𤌁】[火ワ冖几冗一𤇛]
①火に当てる、また火に当てて水気を飛ばす、乾かす
②火に翳(かざ)して焼く、同”炙”
③「𤇛牀、𤇛床(こうしょう)」、下から暖気を送って温かくできるようにした寝床や座席、同”匟”
【𤇣】火4+5=総画数9 U+241E3 [音未詳/] [火生𤇣]
①義未詳
【𤇫】火4+5=総画数9 U+241EB [シュウ、シュ/あき、とき] 【秋穐𥡄𥡌龝𥤛𥤚𪚼𪛁𪔁𥤠𥣨秌𥝛𥝚】[ノ木禾火𤇫]
①穀物の実が成熟して収穫する季節
②物事に取り掛かる時、機が熟す重要な時、大切な時期
漢字林(非部首部別)
【𤇷】火4+5=総画数9 U+241F7 [オン/] 【𤇯】[ネ衣衤火𤇷]
①(肉などに)弱火で火を通す、また炙(あぶ)る、同”煾”
②食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”爊”
【㶳】火4+6=総画数10 U+3DB3 [シン、ジン/] [ヨ二十聿火㶳]
①燃え残り、燃え切らずに残ったもの、同”燼”
【㶴】火4+6=総画数10 U+3DB4 [シ/] 【𤈕】[火タ夕2多㶴]
①火が盛んに燃え上がる
【㶵】火4+6=総画数10 U+3DB5 [ジン、ニン/] 【飪饪餁𤏼𤇲】[、丶4灬イ人亻ノ丿土士壬任㶵]
①柔らかくなるまでよく煮込む
【㶶】火4+6=総画数10 U+3DB6 [ドウ、ノウ、ノ/] 【燶】[火ワ冖ノ丿2レ衣𧘇农㶶]
①(飯などが)焦(こ)げる、焦がす
【倐】火4+6=総画数10 U+5010 [シュク/] 【倏】[イ人亻I|丨ノ又夊夂火倐]
①犬がさっと走り抜ける、あっという間に、突然に、同”儵”
【烄】火4+6=総画数10 U+70C4 [コウ、キョウ、ヨウ/] 【𤉧𤎦】[火亠ハメ乂父交烄]
①木を組み燃やして天や神を祭る儀式
【烅】火4+6=総画数10 U+70C5 [コク/] [火皿血烅]
①火が赤く光る
【烆】火4+6=総画数10 U+70C6 [コウ、ギョウ/] [火ノ丿2イ彳二丁亍行烆]
①松明(たいまつ)
【烇】火4+6=総画数10 U+70C7 [セン/] [火入人𠆢王全烇]
①【康熙字典】に「《玉篇》火貌」とあり
【烈】火4+6=総画数10 U+70C8 [レツ、レチ/はげ・しい] 【煭烮】[一タ夕歹リ刂列、丶4灬烈]
①火が激しく燃え盛るさま
②激しい、厳しい、甚だしい
③気性や精神がまっすくで強い
④目覚ましい武功
【烉】火4+6=総画数10 U+70C9 [カン/] 【煥焕𤎈】[ク冂ノ丿L乚儿ハ八火烉]
①火が明るく光る、鮮やかに光り輝く
【烊】火4+6=総画数10 U+70CA [ヨウ/] [火羊烊]
①火で金属などを溶かす、火で熱を加え固形のものを粘液状・液状にする、同”煬”
②「打烊(だよう)」、その日の営業を終え店を閉める
【烋】火4+6=総画数10 U+70CB [コウ、キョウ/] 【𤈢】[イ人亻木休、丶4灬烋]
①喜ばしい、めでたい、美しい
②「炰烋(ほうこう)」(1)獣が威嚇するように吼える、威嚇するように怒鳴る、同「咆哮」(2)好き勝手に振る舞うさま、横暴なさま、またそのような人
漢字林(非部首部別)
【烌】火4+6=総画数10 U+70CC [キュウ/] [火イ人亻木休烌]
①灰(はい)
【烍】火4+6=総画数10 U+70CD [セン/] [火ノ一𠂉土𠂒一ノ丿L乚儿兀先烍]
①野焼き(のやき)、野山の草を焼く、同”熂”
【烎】火4+6=総画数10 U+70CE [セン/] 【㶣】[ノ丿ナチ千二十干2幵火烎]
①【說文解字】に「小熱也」とあり
【烏】火4+6=総画数10 U+70CF [オ、ウ/からす] 【乌𠂶】[鳥烏]
①カラス(烏)、カラス科カラス属の鳥、また同属の鳥の総称
②黒い、また黒色
③「どうして」「なぜ」などの疑問を表す語
④「ああ」などの感嘆した時の声
漢字林(非部首部別)
【烐】火4+6=総画数10 U+70D0 [シュウ/] 【炿】[火舟烐]
①【康熙字典】に「《玉篇》火行也」とあり
【烑】火4+6=総画数10 U+70D1 [ヨウ/] [火ンノ丿L乚く儿兆烑]
①光る、明るい
【烒】火4+6=総画数10 U+70D2 [ショク、シキ/] [火一、丶弋エ工式烒]
①【廣韻】に「火貌」とあり
【烓】火4+6=総画数10 U+70D3 [エイ、エ/] [火土2圭烓]
①携帯用の焜炉(こんろ)
②明るい
漢字林(非部首部別)
【烔】火4+6=総画数10 U+70D4 [トウ、ズウ/] [火冂一口同烔]
①熱気が立ち籠(こ)めるさま、或いは立ち昇るさま、同”燑”
②「烔煬(とうよう)」、地名、安徽省巣湖市
【烕】火4+6=総画数10 U+70D5 [ベツ、メチ、ケツ、ケチ/] [厂一、丶弋ノ丿戈戊戌一火灭烕]
①火や明かりが消える、消える、尽きる、なくなる、同”滅”
②滅ぼす、消す、退治する、同”滅”
漢字林(非部首部別)
【烖】火4+6=総画数10 U+70D6 [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𤆋𡿧𤉣𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[火十土一、丶弋ノ丿戈𢦏烖]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【烗】火4+6=総画数10 U+70D7 [カイ/] 【炌𤈪𤉫】[火亠くノ2、丶亥烗]
①火が明々(あかあか)と燃え盛るさま
【烘】火4+6=総画数10 U+70D8 [コウ、ク/] [火十2艹一龷ハ八共烘]
①焼く、燃やす
②火が明るい、明るく照らす、同”燎”
③火に当てる、火に当てて乾かす
④「烘托(こうたく)」、同「渲染(せんぜん)」「襯托(しんたく)」、絵柄の輪郭をぼかして絵柄を際立たせる、周りに置いて主(しゅ)とするものを引き立たせる
【烙】火4+6=総画数10 U+70D9 [ラク/ろく] [火ノ又夊夂口各烙]
①鍋などを熱しその上で焼く
②焼いた鏝(こて)などを押し当てる
③「烙印(らくいん)」(1)自分の所有物であることの印として家畜に付けた焼印(2)[日]刑罰として罪人の体に付けた焼印
④「炮烙(ほうらく)」(1)火炙(ひあぶ)りの刑(2)[日]ほうらく、ほうろく、火に掛け物を炒(い)るための素焼きの土鍋
【烚】火4+6=総画数10 U+70DA [コウ、キョウ/] [火人𠆢一亼口𠮛合烚]
①【康熙字典】に「《集韻》火貌」とあり
【烛】火4+6=総画数10 U+70DB [チュウ、ジュウ、ショク、ソク/] [火中虫烛]
①熱気が立ち籠(こ)めるさま、同”爞”
②火を点(つ)け明(あ)かりとするもの、明かり、同繁”燭”
【烜】火4+6=総画数10 U+70DC [ケン、コン/] [火一2日旦亘烜]
①火が盛んに燃えるさま
②明るく輝くさま
③火や日光に晒す、乾かす
漢字林(非部首部別)
【烝】火4+6=総画数10 U+70DD [ショウ、ジョウ/] 【𤇏𤇶㷥】[フ乛亅了水氶一丞、丶4灬烝]
①蒸気や熱気が立ち昇る、蒸(む)す、蒸(ふ)かす、同”蒸”
②たくさんの、多くの
③祖先を祀(まつ)るために冬に行われる祭礼の名、春は「礿(夏代、商代)」「祠(周代)」、夏は「禘(夏代、商代)」「礿(周代)」、秋は「嘗」
漢字林(非部首部別)
【烞】火4+6=総画数10 U+70DE [ハク、ホク/] [火木ト卜朴烞]
①「烞熚」、竹が燃えて破裂する音
【烟】火4+6=総画数10 U+70DF [エン/けむり、けむ・る] 【煙𤇆𤎆𤏯㷑𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火口囗大因烟]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【烠】火4+6=総画数10 U+70E0 [カイ/] [火ナ𠂇月有烠]
①火が発する色
②炎の色
【烡】火4+6=総画数10 U+70E1 [コウ/] [火十2艹一龷ハ八共烡]
①照(てら)らす
【烢】火4+6=総画数10 U+70E2 [タク/] [火ウ宀ノ七モ乇宅烢]
①裂ける
【烣】火4+6=総画数10 U+70E3 [カイ、ケ/] [火厂ナ𠂇火灰烣]
①大きい、大きく広がる、同”恢”
【烤】火4+6=総画数10 U+70E4 [コウ/] [火土ノ耂5考烤]
①炙(あぶ)る、火に当てる、火に当てて焼く
②火に当たる、暖を取る
【烦】火4+6=総画数10 U+70E6 [ハン、ボン/わずら・う、わずら・わしい、うるさ・い] 【煩】[火一ノ冂人贝页烦]
①あれこれ多くの物や事が入り乱れるさま
②あれこれ多くの物や事が身に降りかかって思い悩む、また苛々(いらいら)する、また嫌(いや)になる
③鬱陶(うっとう)しい、面倒な
【烧】火4+6=総画数10 U+70E7 [ショウ/や・く、や・き、く・べる] 【燒焼𤌸𧄣】[火イ人亻一、丶弋一ノ丿L乚儿兀2尧侥烧]
①火をつける、火つけて燃やす、火の中にものを入れて燃やす、ものが熱せられて炎や煙が立ち昇る
②[日]あれこれと進んで人に尽くす
【烨】火4+6=総画数10 U+70E8 [ヨウ/] 【燁㷸爗𤑼𤑻𤍞㒯】[火イ人亻ヒ七𠤎匕化十华燁烨]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【烩】火4+6=総画数10 U+70E9 [カイ、ケ/] 【燴】[火人𠆢一亼二一ム厶𠫔云会烩]
①食材を油で炒(いた)めてから水溶き片栗粉などを加えとろみを付ける調理法
②米飯に肉や野菜などを混ぜ合わせ水を加えて煮る調理法
【烪】火4+6=総画数10 U+70EA [音未詳/] [火ソ丷一䒑二人大天关烪]
①義未詳
【烫】火4+6=総画数10 U+70EB [トウ/] 【燙】[シ氵フ𠃌ノ2勿𠃓汤火烫]
①火傷(やけど)をする、火傷しそうなほど熱い
②熱(あつ)くする、熱(ねっ)する
③道具を熱しアイロンやパーマを掛ける
【烬】火4+6=総画数10 U+70EC [シン、ジン/] 【燼】[火コノ丿尸、丶2⺀尽烬]
①燃え残り、燃え切らずに残ったもの
②多くの人が犠牲になるような災害や戦争などの後に生き残った人
【热】火4+6=総画数10 U+70ED [ゼツ、ネツ、ネチ/あつ・い] 【熱𤍠𤎮𤍽】[オ才扌九、丶丸执、丶4灬热]
①火に当たって温度が高くなる、太陽の熱によって気温が上がるのは「暑」
②火が発する温かい気、ものを温める気
③火照(ほて)る
④盛んになる、夢中になる
漢字林(非部首部別)
【烮】火4+6=総画数10 U+70EE [レツ、レチ/はげ・しい] 【烈煭】[一タ夕歹リ刂列火烮]
①火が激しく燃え盛るさま
②激しい、厳しい、甚だしい
③気性や精神がまっすくで強い
④目覚ましい武功
【羔】羊部
【𤇬】火4+6=総画数10 U+241EC [シ/] 【貲赀】[⺊上止ヒ七𠤎匕此火/、丶4灬𤇬]
①財貨、資産、同”資”
②罰金、(軽微な)罪を財貨で償(つぐな)う、贖(あがな)う
③価(あたい)、費用、資金、「罪を償うためにどの程度の財貨が必要か」の意
④(どの程度の資金が必要か)計算する
【𤇯】火4+6=総画数10 U+241EF [オン/] 【𤇷】[亠ノ丿2レ𧘇衣火𤇯]
①(肉などに)弱火で火を通す、また炙(あぶ)る、同”煾”
②食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”爊”
【𤇲】火4+6=総画数10 U+241F2 [ジン、ニン/] 【飪饪餁𤏼㶵】[イ人亻ノ丿土士壬任火𤇲]
①柔らかくなるまでよく煮込む
【𤇳】火4+6=総画数10 U+241F3 [キツ、ケツ、ベツ、メツ/] [火厂一、丶弋ノ丿戈戊戌𤇳]
①火や明かりが消える、同”滅”
【𤇵】火4+6=総画数10 U+241F5 [カイ、ガイ/そこな・う] 【害𡧱】[ウ宀タ夕火𤇵]
①状態を悪くする、損(そこ)なう、傷付ける、妨(さまた)げる、「良好な状態とは逆の状態になる」の意
②なぜ、どうして、どうして~しないのか、同”盍”
【𤇶】火4+6=総画数10 U+241F6 [ショウ、ジョウ/] 【烝𤇏㷥】[火フ乛亅了水氶一丞𤇶]
①蒸気や熱気が立ち昇る、蒸(む)す、蒸(ふ)かす、同”蒸”
②たくさんの、多くの
③祖先を祀(まつ)るために冬に行われる祭礼の名、春は「礿(夏代、商代)」「祠(周代)」、夏は「禘(夏代、商代)」「礿(周代)」、秋は「嘗」
【𤇾】火4+6=総画数10 U+241FE [/] [火2炏ワ冖𤇾]
①漢字の構成部分
漢字林(非部首部別)
【𤈇】火4+6=総画数10 U+24207 [音未詳/] [火西𤈇]
①義未詳
【𤈍】火4+6=総画数10 U+2420D [ケイ、キョウ、ギョウ/] 【炯】[火ノ冂口冋向𤈍]
①火が明々(あかあか)としているさま、同”烱”
②明らかなさま、明るくはっきりと見分けが付くさま、同”冏”
【𤈒】火4+6=総画数10 U+24212 [ホウ、フ/] 【缹】[火ノ一𠂉二十干山缶𤈒]
①食材を入れた器を火にかけて柔らかくなるまで火を通す
【𤈓】火4+6=総画数10 U+24213 [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 【炒㶤𤊛𤑡𢐨】[火コ三丑𤈓]
①鍋などに油を引き食材を入れて掻き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと食材の芯まで火を通することではなく表面にさっと火を通すこと、「煎」を参照
【𤈕】火4+6=総画数10 U+24215 [シ/] 【㶴】[タ夕2多、丶4灬𤈕]
①火が盛んに燃え上がる
漢字林(非部首部別)
【𤈖】火4+6=総画数10 U+24216 [ホウ、ビョウ/] 【炰】[刀クL乚巴色、丶4灬𤈖]
①食材を葉などで包んで焼く、泥などで全体を覆って焼く、全体を覆い蒸し焼きにする、丸焼きする、同”炮”
②「𤈖烋(ほうこう)」(1)獣が威嚇するように吼える、威嚇するように怒鳴る、同「咆哮」(2)好き勝手に振る舞うさま、横暴なさま、またそのような人
【𤈗】火4+6=総画数10 U+24217 [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤊝𤌝𤌽𤌖𤑵】[ヨ彐2𢑑、丶4灬𤈗]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤈢】火4+6=総画数10 U+24222 [コウ、キョウ/] 【烋】[イ人亻木休火𤈢]
①喜ばしい、めでたい、美しい
②「炰𤈢(ほうこう)」(1)獣が威嚇するように吼える、威嚇するように怒鳴る、同「咆哮」(2)好き勝手に振る舞うさま、横暴なさま、またそのような人
【𦓒】火4+6=総画数10 U+264D2 [ジ、ニ/] [火一冂I|丨2𦉫𦓐而𦓒]
①柔らかくなるまでじっくりと煮込む、同”胹”
【㶻】火4+7=総画数11 U+3DBB [ホウ、フ、フウ/] 【烽㷭】[ノ又夊夂ノ三|十3丰夆、丶4灬㶻]
①国境での急(きゅう)を知らせるためにオオカミ(狼)などの糞や薪などを燃やして上げる煙、昼間に上げる狼煙(のろし、烽火)、夜間の合図は赤々とした火を立ち昇らせる「燧」、「【康熙字典:火部:七:烽】《註》索隱曰:纂要云:烽見敵則舉,燧有難則焚。烽主晝,燧主夜。」
【㶽】火4+7=総画数11 U+3DBD [カ/] 【煱】[火口冂人内呙㶽]
①義未詳
【㶾】火4+7=総画数11 U+3DBE [ヒョウ/] 【熛𤒾𤐫𤌑】[西覀襾一火灭㶾]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ
②風が舞い上がる、旋風(せんぷう、つむじかぜ)、同”飄””飆”
③「㶾矢(ひょうし)」、火矢(ひや)、鏃(やじり、矢の先端の部分)に火をつけ飛ばす矢
【㶿】火4+7=総画数11 U+3DBF [ホツ、ボチ/] 【𤊹𤍗𤏮𤊀】[火十ワ冖子孛㶿]
①煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【㷀】火4+7=総画数11 U+3DC0 [ケイ、ギョウ/] 【煢茕焭𠌻𠎽㒌𦬮】[火2炏乙ナ十卂㷀]
①鳥が一羽(泊まるところを探しているかのように)ぐるぐると同じ所を回りながら飛ぶさま
②頼るところがないさま
③兄弟姉妹が或いは身寄りがいない一人ぼっち、同”惸”
漢字林(非部首部別)
【烥】火4+7=総画数11 U+70E5 [音未詳/] [火匚コ巨臣烥]
①義未詳、一説では”炬”の訛字とする
【烯】火4+7=総画数11 U+70EF [キ、ケ/] [火メ㐅ナ𠂇巾布希烯]
①炎の色
②乾く、同”晞”
③アルケン(alkene)、有機化合物
【烰】火4+7=総画数11 U+70F0 [フウ、ブ/] [火ノツ爪爫爫子孚烰]
①蒸気や熱気が立ち昇る、また立ち昇って漂う
【烱】火4+7=総画数11 U+70F1 [ケイ、キョウ/] [火冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏烱]
①炎が立ち昇るさま
②火が明々(あかあか)としているさま、同”炯”
【烲】火4+7=総画数11 U+70F2 [セツ、ケツ、ケチ/] 【焎𤈱】[オ才扌ノ丿2𠂆T斤折火烲]
①ものが燃えている時の熱気、また蒸気
【烳】火4+7=総画数11 U+70F3 [ホ、フ/] [火十用、丶甫烳]
①行灯(あんどん)や松明(たいまつ)などの明かりを持って歩く
【烴】火4+7=総画数11 U+70F4 [ケイ、キョウ、テイ/] 【烃】[火一く𡿨3巛エ工巠烴]
①焦(こ)げる、焼け焦げた臭い
②炭化水素
【烵】火4+7=総画数11 U+70F5 [シャク/] [火サ十2艹艹ノ𠃌勹、丶勺芍烵]
①「烵爍」、色とりどりの花が盛んに咲いているさま
【烶】火4+7=総画数11 U+70F6 [テイ/] [火ノ丿千土士壬𡈼フ又廴廷烶]
①【康熙字典】に「《類篇》火貌」とあり
【烷】火4+7=総画数11 U+70F7 [カン、ガン/] [火ウ宀二一ノ丿L乚儿兀元完烷]
①火
②アルカン(alkane)、飽和炭化水素の一つ
【烸】火4+7=総画数11 U+70F8 [カイ/] [火ノ一𠂉母毋毎每烸]
①乾く、火で熱し乾かす
【烹】火4+7=総画数11 U+70F9 [ホウ、ヒョウ/] [亠口フ乛亅了亨、丶4灬烹]
①(食材を)煮る、(茶などを)煮出す
②油で炒めた後に味を調えさっと掻き混ぜる調理法
③俗”亨””亯”
【烺】火4+7=総画数11 U+70FA [ロウ/] [火、丶ヨレノ艮良烺]
①明るい、明るく晴れ渡っている、同”朗”
②「爣烺(とうろう)」、明るい光が四方に広がるさま
【烼】火4+7=総画数11 U+70FC [コツ/] 【𤊺】[火一ノ34彡く𧰨豕烼]
①灰に埋(うず)めた火、またそこから立ち昇る煙、同”炢”
【烽】火4+7=総画数11 U+70FD [ホウ、フ、フウ/] 【㷭㶻】[火ノ又夊夂ノ三|十3丰夆烽]
①国境での急(きゅう)を知らせるためにオオカミ(狼)などの糞や薪などを燃やして上げる煙、昼間に上げる狼煙(のろし、烽火)、夜間の合図は赤々とした火を立ち昇らせる「燧」、「【康熙字典:火部:七:烽】《註》索隱曰:纂要云:烽見敵則舉,燧有難則焚。烽主晝,燧主夜。」
【烾】火4+7=総画数11 U+70FE [セキ、シャク/あか、あか・い] 【赤灻𤆍】[火2炎土烾]
①朱(しゅ)よりも濃く黄色味が少ない色
②(生まれたばかりの子が赤いことから)裸の、何も纏っていない、剥き出しの、何もない
③嘘偽りがない、誠を尽くす
漢字林(非部首部別)
【烿】火4+7=総画数11 U+70FF [ユウ/] [火ノ冂⺆、丶一丹ノ丿3彡彤烿]
①火が赤いさま
【焀】火4+7=総画数11 U+7100 [コク、ゴク/] [火ハ八人𠆢口谷焀]
①【康熙字典】に「《玉篇》火貌」とあり
【焁】火4+7=総画数11 U+7101 [キ/] [口ノフ乛人欠吹火焁]
①「焁欨」、腹を空かした人が食べ物を欲しがるさま、また物欲しそうに見るさま
【焂】火4+7=総画数11 U+7102 [シュク/] [イ人亻I|丨ノ一𠂉メ又攵攸火焂]
①火が揺れ動くさま
【焃】火4+7=総画数11 U+7103 [カク、キャク/] [火土亠ノ丿I|丨ハ亦赤焃]
①火が赤く燃えるさま
【焄】火4+7=総画数11 U+7104 [クン/] [ヨノ丿尹口君、丶4灬焄]
①熱した時に立ち昇る匂い
漢字林(非部首部別)
【焅】火4+7=総画数11 U+7105 [コク/] [火ノ一𠂉土𠂒牛口告焅]
①火の勢いが激しいさま、焼けるように熱いさま、同”熇”
【焆】火4+7=総画数11 U+7106 [ケン、ケツ/] [火口月肙焆]
①光が明るく鮮やかなさま
②煙(けむ)るさま
③燃え始めるさま
【焇】火4+7=総画数11 U+7107 [ショウ/] [火ハソ小月肖焇]
①火に当てて乾(かわ)かす
②金属を溶(と)かす、溶ける、同”銷”
【焈】火4+7=総画数11 U+7108 [キ/] 【熙熈凞煕凞𤌇】[、丶一コノ丿尸户戶戸コ匚L乚己巳戺火焈]
①明るい光が隅々まで行き渡る
②大きく広がるさま、広く行き渡るさま
③和(なご)やかなさま、満ち足り喜ぶさま
【焉】火4+7=総画数11 U+7109 [エン/いずく・んぞ] [一一上止正ト卜Lヒフ、丶4灬焉]
①疑問や反語を表す助字、どうして~か?
②これ(it)
漢字林(非部首部別)
【焊】火4+7=総画数11 U+710A [カン/] [火日二十干旱焊]
①火に当てて乾かす、水分が蒸発する、同”熯”
②溶接する、半田(はんだ、金属を接合する金属)付けする、同”釬(銲)”
漢字林(非部首部別)
【焋】火4+7=総画数11 U+710B [ソウ、ショウ/] 【𣴣】[Lノ「爿土士壮壯火焋]
①米などを蒸し器に入れて蒸す
【焌】火4+7=総画数11 U+710C [シュン/] [火ム厶ハ八ノ又夊夂夋焌]
①燃やす
②火を消す
【焍】火4+7=総画数11 U+710D [テイ、ダイ/] [火ソ弓弔ノ丿𢎨弟焍]
①亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う大きなカメ(亀)用の火を点けるための刺のある木
【焎】火4+7=総画数11 U+710E [セツ、ケツ、ケチ/] 【烲𤈱】[オ才扌ノ丿2𠂆T斤折、丶4灬焎]
①ものが燃えている時の熱気、また蒸気
【焏】火4+7=総画数11 U+710F [キョク、コク、キ、コ/] 【亟𠄹】[フ乛亅了ン冫、丶口ヌ又、丶4灬焏]
①急いで、すみやかに
②間をおかずに、しばしば
【焐】火4+7=総画数11 U+7110 [ゴ/] [火五口吾焐]
①冷たいものに熱いものを当てて温める
漢字林(非部首部別)
【焑】火4+7=総画数11 U+7111 [音未詳/] [火口囗木困焑]
①義未詳、一説では”烟”の訛字とする
【焒】火4+7=総画数11 U+7112 [音未詳/] [火口2ノ呂焒]
①義未詳
【焓】火4+7=総画数11 U+7113 [カン、ゴン/] [火人𠆢一亼ラ今口含焓]
①エンタルピー(enthalpy)
【焔】火4+7=総画数11 U+7114 [エン/ほのお] 【焰熖㷔𤒰𤑑𦥿】[火クI|丨日旧焔]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
【焕】火4+7=総画数11 U+7115 [カン/] 【煥𤎈烉】[火ク冂大央奂焕]
①火が明るく光る、鮮やかに光り輝く
【焖】火4+7=総画数11 U+7116 [モン/] 【燜】[火I|丨、丶门心悶闷燜焖]
①食材を入れた容器を密封してとろ火で煮込む
【焗】火4+7=総画数11 U+7117 [キョク/] [火コノ丿尸ノ𠃌勹口句局焗]
①容器に食材を入れて密閉し蒸気を当てて煮る調理法
【焘】火4+7=総画数11 U+7118 [トウ、ドウ/] 【燾】[三ノ十、丶寸、丶寿、丶4灬焘]
①隅々まで覆う、また覆い照らす
【𤈦】火4+7=総画数11 U+24226 [キ/] 【燬㷐𤐘𤌋】[火コノ丿尸毛尾𤈦]
①火、激しく燃える火
②燃やす、焼く
【𤈨】火4+7=総画数11 U+24228 [ソウ、ショウ/] 【㷅焣】[耳L乚耴𦔮火𤈨]
①(穀物などを釜や鍋などに入れ)熱を加えて水分を飛ばす、水分がなくなるまで熱する、同”𩱦”
【𤈪】火4+7=総画数11 U+2422A [カイ/] 【烗炌𤉫】[火一、丶弋ノ丿戈一ノ丿ナ十2廾戒𤈪]
①火が明々(あかあか)と燃え盛るさま
【𤈫】火4+7=総画数11 U+2422B [イ/じょう] 【尉㷉叞】[コノ丿尸二𡰥一火灭又𤈫]
①軍事や警察を担当する役人、またその官職名
②軍隊で最下級の階級、一般兵卒の上の階級
③火熨斗(ひのし)、衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン、同”熨”
漢字林(非部首部別)
【𤈬】火4+7=総画数11 U+2422C [バン、マン、モン/よろず] 【万萬𥝄𥝅㸘𤍚𢁭𠂍𠃡】[火四罒又𤈬]
①千の十倍{数字}
②数え切れないほど多いさま
③あらゆる、どんなものも、全て
④「萬」はサソリ(蠍)を象ったもの、後にサソリは「虫」を加え「蠆」となった
【𤈭】火4+7=総画数11 U+2422D [音未詳/] [ト卜ワ冖タ夕火𤈭]
①【康熙字典】に「《正字通》亢倉子古衝字。按害作𤇵、衝作𤈭、義無所取、必後人臆造、宜削之。」とあり
【𤈮】火4+7=総画数11 U+2422E [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𤆋𡿧𤉣烖𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[二十2キ三一、丶弋ノ丿戈𢦒火𤈮]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𤈯】火4+7=総画数11 U+2422F [イク、オウ/おき] 【燠𤈰】[火ノ七モ乇人2𤈯]
①温かい、熱い
②[日]おき、炭火、炎も煙も出ない赤々とした火、熾火(おきび)
【𤈰】火4+7=総画数11 U+24230 [イク、オウ/おき] 【燠𤈯】[火ノイ人2一Lフ𠃌丂𤈰]
①温かい、熱い
②[日]おき、炭火、炎も煙も出ない赤々とした火、熾火(おきび)
【𤈱】火4+7=総画数11 U+24231 [セツ、ケツ、ケチ/] 【烲焎】[ト卜目火𤈱]
①ものが燃えている時の熱気、また蒸気
【𤈲】火4+7=総画数11 U+24232 [ショ/] 【庶庻𢉙𠪌𠪛𠪤𠩽𠪜】[厂十2廿一火灭𤈲]
①多い、多くの、大勢の、さまざまな
②官位や爵位などがない一般の人
③妾(めかけ)の産んだ子、正妻の産んだ子は「嫡」
④~に近い、ほぼ~
⑤「庶幾(しょき、こいねが・う)」(1)希(こいねが)う、強く望む(2)希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
【𤈷】火4+7=総画数11 U+24237 [ケン、コン/] 【㷿】[火人𠆢一亼二ツ佥𤈷]
①火が煌々と燃え盛るさま、焼けるように熱いさま、同”熇”
【𤉝】火4+7=総画数11 U+2425D [キョ、ゴ、コ/] 【炬】[火弓ノ丿口𤉝]
①松明(たいまつ)、アシ(葦)などの茎を束ねてその先に火を点け明かりとするもの、同”苣””𥬙”
【𤉞】火4+7=総画数11 U+2425E [リョウ/] 【尞𤊽𤋯㶫𡼷𤎚】[凵山ノ丿屮火2炎𤉞]
①柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”燎””祡”
【𤉡】火4+7=総画数11 U+24261 [ジ、シ/] 【兕𠒅𠒃𠒊𠙃𧰽𧱃】[凵2凹ノ𠃌勹、丶4灬𤉡]
①姿はウシ(牛)に似て一本の角(つの)がある大形の獸の名、「兕牛(じぎゅう)」、「【廣韻:上聲:旨:兕】《爾雅》云:兕似牛郭璞曰一角靑色重千斤。」「【爾雅:釋獸】兕似牛」
②「兕觥(じこう)」、兕牛を象(かたど)った酒器{酒器}
【㷅】火4+8=総画数12 U+3DC5 [ソウ、ショウ/] 【焣𤈨】[耳又取火㷅]
①(穀物などを釜や鍋などに入れ)熱を加えて水分を飛ばす、水分がなくなるまで熱する、同”𩱦”
【㷇】火4+8=総画数12 U+3DC7 [カイ、ケ/] 【𡌪𡖨】[タ夕2多厂ナ𠂇火灰㷇]
①大きい、多い
【㷉】火4+8=総画数12 U+3DC9 [イ/じょう] 【尉叞𤈫】[コノ丿尸二𡰥一火灭十、丶寸㷉]
①軍事や警察を担当する役人、またその官職名
②軍隊で最下級の階級、一般兵卒の上の階級
③火熨斗(ひのし)、衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン、同”熨”
【㷊】火4+8=総画数12 U+3DCA [フン、ブン/た・く] 【焚燓】[木2林、丶4灬㷊]
①焼く、燃やす
②山や田畑の雑草や雑木を焼く
【㷋】火4+8=総画数12 U+3DCB [タン、ダン/] [火2炎3㷋]
①残り火、燃え止(さ)し
【烻】火4+8=総画数12 U+70FB [エン/] [火フ又廴ノ一上止正延烻]
①強い光が烈しく光るさま
【焙】火4+8=総画数12 U+7119 [ハイ、バイ、ホウ/あぶ・る、ほう・じる、ほう・ずる] [火立口咅焙]
①食材(肉や魚など)を鍋・釜などに入れて火で熱する、食材を器に入れて焼く、(パンやグラタンなどのように)直接火に当てない焼き方をいう
【焚】火4+8=総画数12 U+711A [フン、ブン/た・く] 【㷊燓】[木2林火焚]
①焼く、燃やす
②山や田畑の雑草や雑木を焼く
【焛】火4+8=総画数12 U+711B [リン/] [門火焛]
①火の燃えるさま
【焜】火4+8=総画数12 U+711C [コン、ゴン/] 【熴】[火日ヒ七𠤎匕2比昆焜]
①明々と光り輝く
②[日]「焜炉(こんろ)」、土製や金属製で持ち運びができる煮炊きするための小形の炉
【焝】火4+8=総画数12 U+711D [コン/] [火ノレ氏日昏焝]
①火が燃えるさま
【焞】火4+8=総画数12 U+711E [トン、シュン、ジュン/] 【𤑴】[火亠口了亨子享焞]
①明るい、火が赤々と燃えるさま
②吉凶を占うために亀の甲を焼く(亀卜、きぼく)ための火
③「焞焞」、弱い光が輝くさま、盛大なさま
【焟】火4+8=総画数12 U+711F [セキ、シャク/] [火十2艹一龷日昔焟]
①乾かす
②火に当てる
【焠】火4+8=総画数12 U+7120 [サイ/] [火亠人2从𠅃十卒焠]
①焼く
②焼いた金属を水などに浸けて一挙に冷やす
【無】火4+8=総画数12 U+7121 [ブ、ム/な・い] 【𤍍𣞣𣟒𡙻𣠮𣑨𣚨𠘩𤀢】[ノ一𠂉三十4、丶4灬無]
①ない、存在しない、有(ゆう)していない
②~ではない、~であってはならない
③簡”无”
漢字林(非部首部別)
【焢】火4+8=総画数12 U+7122 [コウ、ク/] [火ウ宀ハ八穴エ工空焢]
①義未詳、「【集韻:卷一】火氣貌」
【焣】火4+8=総画数12 U+7123 [ソウ、ショウ/] 【㷅𤈨】[耳又取、丶焣]
①(穀物などを釜や鍋などに入れ)熱を加えて水分を飛ばす、水分がなくなるまで熱する、同”𩱦”
【焤】火4+8=総画数12 U+7124 [フ、ブ/くさ・る] 【腐𢉶𢋲𣩇𤸗】[广イ人亻十、丶寸付府火焤]
①(肉が)柔らかくなったり形が崩れたりする、また元の形でなくなる、朽(く)ちる
②食べられなくなる、用をなさなくなる
③古臭い
④男性の性器を切り落とす刑罰、「宮刑(きゅうけい)」
⑤[日]思うようにならず嫌になる
【焥】火4+8=総画数12 U+7125 [ワツ、ワチ/] [火ウ宀タ夕フ𠃌卩L乚㔾夗宛焥]
①煙が立ち昇るさま
【焦】火4+8=総画数12 U+7126 [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【𤒏𤓬𤊙㸈𤓪】[ノ2隹、丶4灬焦]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
漢字林(非部首部別)
【焧】火4+8=総画数12 U+7127 [ソウ/] 【熜㷓燪】[火ハ八ム厶公心忩焧]
①煙、煙が立ち籠める
②排気孔、煙突、同”囪”
③麻の茎を束ねて作った燈(あかり)
【焨】火4+8=総画数12 U+7128 [ホウ、フ/] [火冂二冃日曰月冐焨]
①火の発する熱気
【焩】火4+8=総画数12 U+7129 [ヒョウ、ビョウ/] [火月2朋焩]
①【康熙字典】に「《篇海》火貌」とあり
【焪】火4+8=総画数12 U+712A [キュウ、ク/] 【熍】[火ウ宀ハ八穴弓穹焪]
①燃やす、燃え尽きる
②火に当てる、乾かす
【焫】火4+8=総画数12 U+712B [ゼツ、ネチ/] 【𤋲𦳼】[火サ十2艹艹冂人入内內芮焫]
①焼く、燃やす、同”爇”
【焬】火4+8=総画数12 U+712C [セキ、シャク/] [火日ノ𠃌勹23勿易焬]
①火に当てて乾かす
②火が明るく光るさま
【焭】火4+8=総画数12 U+712D [ケイ、ギョウ/] 【煢茕㷀𠌻𠎽㒌𦬮】[火2炏ワ冖𤇾几冗焭]
①鳥が一羽(泊まるところを探しているかのように)ぐるぐると同じ所を回りながら飛ぶさま
②頼るところがないさま
③兄弟姉妹が或いは身寄りがいない一人ぼっち、同”惸”
漢字林(非部首部別)
【焮】火4+8=総画数12 U+712E [キン、コン/] 【炘】[火ノ丿2𠂆T斤ノフ乛人欠欣焮]
①炙る
②焼く
③火が盛んに燃える
【焯】火4+8=総画数12 U+712F [シャク/] [火ト卜⺊日十早卓焯]
①明るくはっきりしている
②焼く
③食材を熱湯にさっと通す
【焰】火4+8=総画数12 U+7130 [エン/ほのお] 【焔熖㷔𤒰𤑑𦥿】[火ク𠂊ノEヨ臼臽焰]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
漢字林(非部首部別)
【焱】火4+8=総画数12 U+7131 [エン/] [火2炎3焱]
①明々と燃(も)え輝(かがや)く炎、「【說文解字:焱部:焱】火華也」
②炎が高く立ち昇るさま、「【水經注:濟水】火出焱四五丈」
漢字林(非部首部別)
【焲】火4+8=総画数12 U+7132 [エキ、ヤク/] [火亠イ人亻ノ又夊夂タ夕夜焲]
①火が明るく光るさま
【焳】火4+8=総画数12 U+7133 [ショウ、シャク、サク/] 【燋爑熦】[火ノ2隹焳]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”爝”
②焦(こ)がす
③亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う木
④「焳𤎋(しょうすい)」、同「憔悴」、苦労や心痛などで痩(や)せ衰える
【焴】火4+8=総画数12 U+7134 [イク、ユウ、オウ/] 【煜𣈫】[火亠ム厶𠫓月育焴]
①きらきらと光り輝く
【焵】火4+8=総画数12 U+7135 [コウ/] 【焹】[火冂ソ丷一䒑𦉰山岡焵]
①焼(やき)を入れて堅く強く鍛えた刀
【然】火4+8=総画数12 U+7136 [ゼン、ネン/しか、しか・も、しか・らば、しか・るに、しか・れども] 【𤉷𤟙】[タ夕、丶2大犬、丶4灬然]
①燃やす、火で焼く、「イヌ(犬、狗)の肉(月)を燃やす(灬)」の意、同”燃”
②~のような、~のように
③しか・も、その上に、それでも
④しか・り、その通り(yes)
⑤しか・らば、そうであるならば、そうだとしたら
⑥しか・るに、そうであるのに、それなのに
⑦しか・れども、そうではあるけれども、しかし
漢字林(非部首部別)
【焷】火4+8=総画数12 U+7137 [ヒ、ビ/] [火ノ田甶十2卑卑焷]
①火にかけて柔らかくなるまで火を通す
【焸】火4+8=総画数12 U+7138 [ケイ、キョウ/] 【焽】[日2昍火焸]
①火が明るく光るさま
②炎
【焹】火4+8=総画数12 U+7139 [コウ/] 【焵】[火冂ソ丷一䒑亠L𠃊亡罔焹]
①焼(やき)を入れて堅く強く鍛えた刀
【焺】火4+8=総画数12 U+713A [ショウ/] [火日ノチ千一ノ丿ナ十2廾升昇焺]
①「焺㸃」、鞴(ふいご)で風を送り金属を溶かし型に流し入れ貨幣や器物を造る
【焻】火4+8=総画数12 U+713B [ショウ/] [火日曰2昌焻]
①【康熙字典】に「《字彙補》氣也」とあり、「火の熱気」の意か?
【焼】火4+8=総画数12 U+713C [ショウ/や・く、や・き、く・べる] 【燒烧𤌸𧄣】[火十3土サ十2艹艹ノ丿L乚兀尭焼]
①火をつける、火つけて燃やす、火の中にものを入れて燃やす、ものが熱せられて炎や煙が立ち昇る
②[日]あれこれと進んで人に尽くす
【焽】火4+8=総画数12 U+713D [ケイ、キョウ/] 【焸】[日月明火焽]
①火が明るく光るさま
②炎
【焾】火4+8=総画数12 U+713E [音未詳/] [火人𠆢一亼ラ今心念焾]
①義未詳
【焿】火4+8=総画数12 U+713F [コウ、キョウ/] [火广ヨ人大庚焿]
①「焿子寮」、現「海浜」、地名、台湾
【煀】火4+8=総画数12 U+7140 [ク/] [火コノ丿尸山2出屈煀]
①煙で燻す
【煐】火4+8=総画数12 U+7150 [エイ、ヨウ/] [火サ十2艹艹大央英煐]
①「張煐」、人名
【煮】火4+8=総画数12 U+716E [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煑𤆯𤑜𤑨𢐼䰞𩱰】[土ノ耂日者4火灬煮]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
漢字林(非部首部別)
【𤉢】火4+8=総画数12 U+24262 [ショウ、ゾウ/かたど・る] 【象𧰼】[ク日ノ𠃌勹、丶4灬𤉢]
①ゾウ(象)、ゾウ科の哺乳類
②目の前に表れた姿や形や様子
③かたど・る、形を似せる
漢字林(非部首部別)
【𤉣】火4+8=総画数12 U+24263 [サイ/わざわ・い] 【災灾𤆲𤆋𡿧烖𤈮𢎇𨉇𨓌𤆎𣏹】[火く𡿨3巛田甾𤉣]
①大雨・洪水・旱(ひでり)・大風や地震・火事・疫病など人に困難や不幸を齎(もたら)す出来事、天が齎す禍(わざわい)
【𤉧】火4+8=総画数12 U+24267 [コウ、キョウ、ヨウ/] 【烄𤎦】[メ㐅乂2爻火ノ一𠂉メ又攵𤉧]
①木を組み燃やして天や神を祭る儀式
【𤉨】火4+8=総画数12 U+24268 [フツ/] 【𤊸】[一、丶弋ノ丿戈口或一火灭𤉨]
①火が盛んに燃え上がるさま
【𤉫】火4+8=総画数12 U+2426B [カイ/] 【烗炌𤈪】[火一人大天一、丶弋ノ丿戈𤉫]
①火が明々(あかあか)と燃え盛るさま
【𤉬】火4+8=総画数12 U+2426C [ヨウ、ソウ、ジョウ/] 【煠】[火亠ム厶𠫓ホ木𣏋𤉬]
①焼く
②湯で茹でる
【𤉭】火4+8=総画数12 U+2426D [コウ/ひかり、ひか・る] 【光炗炛灮𠈑𤎫】[⺊上止日火炅𤉭]
①明かり
②輝く、煌めく
③照らし出す
④輝いて美しい
⑤栄誉
【𤉮】火4+8=総画数12 U+2426E [ハイ、バイ/] 【𤊷】[火、丶不口否㕻𤉮]
①焙(あぶ)る、火に当てて水分を飛ばす、同”焙””煏”
【𤉯】火4+8=総画数12 U+2426F [ギョ、ゴ/さかな、うお] 【魚𩵋鱼𤋳】[ク冂人2仌火𤉯]
①水中に棲息し鱗(うろこ)で覆われ鰓(えら)呼吸する変温動物の総称
【𤉲】火4+8=総画数12 U+24272 [音未詳/] [木日杳火𤉲]
①義未詳、【中華字海】に「同”燎”」とあり
【𤉵】火4+8=総画数12 U+24275 [ク/] 【喣𤋗】[口ノ𠃌勹口句呴火𤉵]
①はあはあと温めるように息を吹き掛ける、同”呴”
②諂(へつら)い笑う
【𤉷】火4+8=総画数12 U+24277 [ゼン、ネン/しか、しか・も、しか・らば、しか・るに、しか・れども] 【然𤟙】[タ夕、丶2大犬火𤉷]
①燃やす、火で焼く、「イヌ(犬、狗)の肉(月)を燃やす(灬)」の意、同”燃”
②~のような、~のように
③しか・も、その上に、それでも
④しか・り、その通り(yes)
⑤しか・らば、そうであるならば、そうだとしたら
⑥しか・るに、そうであるのに、それなのに
⑦しか・れども、そうではあるけれども、しかし
漢字林(非部首部別)
【𤉻】火4+8=総画数12 U+2427B [音未詳/] [火十2廿一ノ丿ナ十2廾𤉻]
①義未詳
【𤊀】火4+8=総画数12 U+24280 [ホツ、ボチ/] 【㶿𤊹𤍗𤏮】[火ツワ冖子学𤊀]
①煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𤊆】火4+8=総画数12 U+24286 [ヒョウ/] [西覀亠火𤊆]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ、同”㶾(熛)”、「【玉篇:火部第三百二十三】𤐫匹姚切火飛也㶾同上今亦作票」
【𤊗】火4+8=総画数12 U+24297 [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤇆𤎆𤏯㷑𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[二匚コ亜亞火𤊗]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【𤊙】火4+8=総画数12 U+24299 [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【焦𤒏𤓬㸈𤓪】[ノ2隹火𤊙]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
漢字林(非部首部別)
【𤊚】火4+8=総画数12 U+2429A [コウ/] 【炕𤇛𤌁】[火ノツ爪爫爫几二𤊚]
①火に当てる、また火に当てて水気を飛ばす、乾かす
②火に翳(かざ)して焼く、同”炙”
③「𤊚牀、𤊚床(こうしょう)」、下から暖気を送って温かくできるようにした寝床や座席、同”匟”
【𤊛】火4+8=総画数12 U+2429B [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 【炒㶤𤈓𤑡𢐨】[火三丑2𤊛]
①鍋などに油を引き食材を入れて掻き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと食材の芯まで火を通することではなく表面にさっと火を通すこと、「煎」を参照
【𤊝】火4+8=総画数12 U+2429D [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤌝𤈗𤌽𤌖𤑵】[ノ𠃌勹冂ノ丿2、丶4灬𤊝]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤊯】火4+8=総画数12 U+242AF [/] 【𦜯】[月ノ一凵山L乚𡳾屯肫、丶4灬𤊯]
①【廣韻】に「𤊯肉」とあり
【㷐】火4+9=総画数13 U+3DD0 [キ/] 【燬𤐘𤌋𤈦】[火ノEヨ臼土㷐]
①火、激しく燃える火
②燃やす、焼く
【㷑】火4+9=総画数13 U+3DD1 [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤇆𤎆𤏯𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火西覀土垔㷑]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【㷓】火4+9=総画数13 U+3DD3 [ソウ/] 【熜焧燪】[火ノ𠃌勹23勿、丶匆心忽怱㷓]
①煙、煙が立ち籠める
②排気孔、煙突、同”囪”
③麻の茎を束ねて作った燈(あかり)
【㷔】火4+9=総画数13 U+3DD4 [エン/ほのお] 【焔焰熖𤒰𤑑𦥿】[火ノツ爪爫爫I|丨日旧㷔]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
【㷖】火4+9=総画数13 U+3DD6 [ショウ/て・る] 【照】[日火刀口召昭㷖]
①光が当たる、光を当てる、また当てて明るくする
②光を当てて像を映し出す、撮影する
③他のものと見比べる、また見比べて確かめる
【㷙】火4+9=総画数13 U+3DD9 [セン/い・る] 【煎𤋎𤌺𤎵𤎴】[火ソ丷一䒑月リ刂刖前㷙]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
【㷛】火4+9=総画数13 U+3DDB [ホウ、ビョウ/] 【煲𤭭】[イ人亻口木呆保、丶4灬㷛]
①底の深い鍋(なべ)、円筒形の寸胴鍋(ずんどうなべ)
【煁】火4+9=総画数13 U+7141 [シン、ジン/] [火甘目匚ノL乚兀匹甚煁]
①携帯用の焜炉(こんろ)
【煂】火4+9=総画数13 U+7142 [カク/] [火十2廿口3革煂]
①焼く
②燃やす
【煃】火4+9=総画数13 U+7143 [ケイ/] [火大土2圭奎煃]
①火の燃えるさま
【煄】火4+9=総画数13 U+7144 [ショウ/] [火千田甲土里重煄]
①炎が立ち昇るさま
【煅】火4+9=総画数13 U+7145 [タン/] [火ノEFク刀几又殳段煅]
①刀などを鍛(きた)える、同”鍛”
【煆】火4+9=総画数13 U+7146 [カ、ケ/] [火コ口二コ又叚煆]
①熱い、乾く、焼く
【煇】火4+9=総画数13 U+7147 [キ、ケ/] 【𤑱】[火ワ冖車軍煇]
①明々と光り輝く
②火が赤々と燃えるさま、赤い、赤色
【煈】火4+9=総画数13 U+7148 [フウ/] [火几𠘨ノ中虫風煈]
①木を燃やす
【煉】火4+9=総画数13 U+7149 [レン/ね・る] 【炼𧹯】[火木口束ソ柬煉]
①鉱石を火で熱し目的の金属を取り出す、高熱を加え不純物を取り除く、また質を高める、同”鍊”
②鍛(きた)える、鍛錬(たんれん)する、修練や訓練を重ねて精神や技術を研(みが)く、同”鍊”
【煊】火4+9=総画数13 U+714A [ケン、コン/] [火ウ宀一2日旦亘宣煊]
①暖かい、ぽかぽかしている、丁度良い暖かさ、同”暄”
【煋】火4+9=総画数13 U+714B [セイ、ショウ/] [火日生星煋]
①火の勢いが烈しい
【煌】火4+9=総画数13 U+714C [コウ、オウ/きら・めく] 【𤌼】[火白王皇煌]
①きらきらと光り輝く、明々とした光が四方に広がる
②「敦煌(とんこう)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【煍】火4+9=総画数13 U+714D [ショウ、シュウ/] [火ノ木禾火秋煍]
①色が変わる
【煎】火4+9=総画数13 U+714E [セン/い・る] 【𤋎㷙𤌺𤎵𤎴】[丷一䒑月リ刂刖前、丶煎]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
漢字林(非部首部別)
【煏】火4+9=総画数13 U+714F [ヒョク、ビキ/] 【𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[火一口田畐煏]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【煑】火4+9=総画数13 U+7151 [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煮𤆯𤑜𤑨𢐼䰞𩱰】[土ノ耂日者、丶者火煑]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
【煒】火4+9=総画数13 U+7152 [イ/] 【炜】[火ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋煒]
①火が赤々と燃えるさま、赤い
②明るく光り輝くさま、明るい
【煓】火4+9=総画数13 U+7153 [タン/] [火山一冂I|丨2𦉫𦓐而耑煓]
①火が赤々(あかあか)と燃え盛るさま、火が燃え盛るように明るいさま
【煔】火4+9=総画数13 U+7154 [セン、ゼン、サン/] 【炶𤊼】[火2炎ト卜⺊口占炶煔]
①火がさっと閃く、火花が飛び散る
②湯で肉を煮る
漢字林(非部首部別)
【煖】火4+9=総画数13 U+7156 [ダン、ナン/] 【煗𤏙】[火ノツ爪爫爫一二ナ𠂇又友爰煖]
①火で程良く温(あたた)める、温かい、日差しで程良い気温になることを「暖」、液体などの温度が程良いことを「温」
漢字林(非部首部別)
【煗】火4+9=総画数13 U+7157 [ダン、ナン/] 【煖𤏙】[火一冂I|丨2𦉫𦓐而大耎煗]
①火で程良く温(あたた)める、温かい、日差しで程良い気温になることを「暖」、液体などの温度が程良いことを「温」
【煘】火4+9=総画数13 U+7158 [サン、ゼン/] [火厂一、丶弋ノ丿戈戊戌口咸煘]
①首枷(くびかせ)
【煙】火4+9=総画数13 U+7159 [エン/けむり、けむ・る] 【烟𤇆𤎆𤏯㷑𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火西覀土垔煙]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【煚】火4+9=総画数13 U+715A [ケイ、キョウ/] [日匚コ巨昛火煚]
①火
②日光
【煜】火4+9=総画数13 U+715C [イク、ユウ、オウ/] 【焴𣈫】[火日立昱煜]
①きらきらと光り輝く
【煝】火4+9=総画数13 U+715D [ビ、ミ/] [火エ工コ]ノ丿𠃜目眉煝]
①炎が赤いさま
【煞】火4+9=総画数13 U+715E [サツ、セツ/] [クヨ刍ノ一𠂉メ又攵、丶4灬煞]
①止める
②殺す、俗”殺”
漢字林(非部首部別)
【煟】火4+9=総画数13 U+715F [イ/] [火田月胃煟]
①明るく光るさま
【煠】火4+9=総画数13 U+7160 [ヨウ、ソウ、ジョウ/] 【𤉬】[火十2廿L世木枼煠]
①焼く
②沸騰した湯に通す、茹でる
【煡】火4+9=総画数13 U+7161 [キン/] [火フ又廴ヨ二十聿建煡]
①燃え残り、燃え切らずに残ったもの
【煢】火4+9=総画数13 U+7162 [ケイ、ギョウ/] 【茕焭㷀𠌻𠎽㒌𦬮】[火2炏ワ冖𤇾乙ナ十卂煢]
①鳥が一羽(泊まるところを探しているかのように)ぐるぐると同じ所を回りながら飛ぶさま
②頼るところがないさま
③兄弟姉妹が或いは身寄りがいない一人ぼっち、同”惸”
漢字林(非部首部別)
【煣】火4+9=総画数13 U+7163 [ジュウ、ニュウ/] [火マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ホ木柔煣]
①火に当てて木を曲げる
②火に当てて木を柔らかくする
【煤】火4+9=総画数13 U+7164 [バイ、マイ、メ/すす] [火十2廿甘木某煤]
①石炭、コークス
②すす、石炭や炭を燃やした時に出る黒い煙また微粒子
【煥】火4+9=総画数13 U+7165 [カン/] 【焕𤎈烉】[火ク冂ノ丿L乚儿ハ八大奐煥]
①火が明るく光る、鮮やかに光り輝く
【煦】火4+9=総画数13 U+7166 [ク/] [日ノ𠃌勹口句昫、丶4灬煦]
①陽の光が暖かい、火を熾(おこ)して温める
②温情、温かい思い遣り
【照】火4+9=総画数13 U+7167 [ショウ/て・る] 【㷖】[日刀口召昭、丶4灬照]
①光が当たる、光を当てる、また当てて明るくする
②光を当てて像を映し出す、撮影する
③他のものと見比べる、また見比べて確かめる
漢字林(非部首部別)
【煨】火4+9=総画数13 U+7168 [ワイ、エ/] [火田レノ畏煨]
①灰を被せた火、同”燰”
②食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す調理法、同”爊”
③とろ火で煮る
【煩】火4+9=総画数13 U+7169 [ハン、ボン/わずら・う、わずら・わしい、うるさ・い] 【烦】[火一目自𦣻貝頁煩]
①あれこれ多くの物や事が入り乱れるさま
②あれこれ多くの物や事が身に降りかかって思い悩む、また苛々(いらいら)する、また嫌(いや)になる
③鬱陶(うっとう)しい、面倒な
漢字林(非部首部別)
【煪】火4+9=総画数13 U+716A [シュウ/] 【𤋃】[火ハ八ソ西酉酋煪]
①焼く、火を通して柔らかくする
【煫】火4+9=総画数13 U+716B [スイ、ズイ/ひうち] 【燧㸂】[火ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸煫]
①太陽の光を集めて火を起こす金属製の大きい盆(ぼん、鉢やボウルに似た器)状の道具、同”鐩”
②赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”𤎩”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【煬】火4+9=総画数13 U+716C [ヨウ/] 【炀】[火日一旦万ノ𠃌勹23勿昜煬]
①盛んに火を焚(た)く
②炙(あぶ)る、強い火で熱する
③火で金属などを溶かす、火で熱を加え固形のものを粘液状・液状にする、同”烊”
【煭】火4+9=総画数13 U+716D [レツ、レチ/はげ・しい] 【烈烮】[く𡿨3巛一タ夕歹𣧄リ刂列、丶4灬煭]
①火が激しく燃え盛るさま
②激しい、厳しい、甚だしい
③気性や精神がまっすくで強い
④目覚ましい武功
【煯】火4+9=総画数13 U+716F [カイ、ケ/] [火ヒ七𠤎匕2比白皆煯]
①火に当てて乾かす
【煰】火4+9=総画数13 U+7170 [ソウ/] 【燥】[火口2吅3品煰]
①火で熱し乾(かわ)かす、乾く、水分が少なくなる
【煱】火4+9=総画数13 U+7171 [カ/] 【㶽】[火冂口冋咼煱]
①義未詳
【煲】火4+9=総画数13 U+7172 [ホウ、ビョウ/] 【㷛𤭭】[イ人亻口木呆保ホ火煲]
①底の深い鍋(なべ)、円筒形の寸胴鍋(ずんどうなべ)
【煳】火4+9=総画数13 U+7173 [コ、ゴ/] [火十口古月胡煳]
①焦(こ)げる
【煴】火4+9=総画数13 U+7174 [ウン/] 【熅】[火日皿昷煴]
①炎が上がらずに煙だけが立ち昇る、煙が立ち込める、同”煾”
②ほんのりと温かい
③火熨斗(ひのし)、衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン(iron)
【煵】火4+9=総画数13 U+7175 [ナン/] [火十冂ソ丷一䒑二十干𢆉南煵]
①さっと炒(いた)める
【煶】火4+9=総画数13 U+7176 [シ、ゼ/] [火日⺊上止龰是煶]
①義未詳
【煷】火4+9=総画数13 U+7177 [カ、リョウ/] [火亠口ワ冖ハ八ノ丿L乚儿㓁亮煷]
①同”火”、太平天国(1851-1864)が定めた漢字の一つ
【煸】火4+9=総画数13 U+7178 [ヘン/] [火、丶一コノ丿尸户戶戸冂十2卄冊𠕁扁煸]
①軽く炒(いた)めた後に水などを加えて煮込む料理法
【煺】火4+9=総画数13 U+717A [タイ/] [火ヨレノ艮え辶辶退煺]
①熱湯をかけて動物の毛や鳥の羽を抜く
【煮】火4+9=総画数13 U+FA48 [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煑𤆯𤑜𤑨𢐼䰞𩱰】[土ノ耂日者、丶者、丶4灬煮煮]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
【𤊵】火4+9=総画数13 U+242B5 [ショク、ソク/] [火白ヒ七𠤎匕皀I|丨フ𠃌卩卽𤊵]
①燃え残り、余燼
②灰を被せた火
【𤊷】火4+9=総画数13 U+242B7 [ハイ、バイ/] 【𤉮】[火ヒ七𠤎匕北月背𤊷]
①焙(あぶ)る、火に当てて水分を飛ばす、同”焙””煏”
【𤊸】火4+9=総画数13 U+242B8 [フツ/] 【𤉨】[厂一、丶弋ノ丿戈戊戌口咸火𤊸]
①火が盛んに燃え上がるさま
【𤊹】火4+9=総画数13 U+242B9 [ホツ、ボチ/] 【㶿𤍗𤏮𤊀】[火十ワ冖子孛カ力勃𤊹]
①煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𤊺】火4+9=総画数13 U+242BA [コツ/] 【烼】[火レLフ一彑一ノ34彡く𧰨豕彖𤊺]
①灰に埋(うず)めた火、またそこから立ち昇る煙、同”炢”
【𤊼】火4+9=総画数13 U+242BC [セン、ゼン、サン/] 【炶煔】[火2炎十2廿甘𤊼]
①火がさっと閃く、火花が飛び散る
②湯で肉を煮る
【𤊽】火4+9=総画数13 U+242BD [リョウ/] 【尞𤋯㶫𡼷𤎚𤉞】[大ソ丷火𡗜日昚火𤊽]
①柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”燎””祡”
漢字林(非部首部別)
【𤋁】火4+9=総画数13 U+242C1 [ヨウ/] [日一旦万ノ𠃌勹23勿昜、丶4灬𤋁]
①強い火で焼く、また熱する、同”煬”
【𤋃】火4+9=総画数13 U+242C3 [シュウ/] 【煪】[ハ八ソ西酉酋、丶4灬𤋃]
①焼く、火を通して柔らかくする
漢字林(非部首部別)
【𤋄】火4+9=総画数13 U+242C4 [ブ、ム/] 【熃】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ一𠂉メ又攵敄火𤋄]
①【康熙字典】に「《篇海》主火也」とあり
【𤋆】火4+9=総画数13 U+242C6 [トウ、ドウ/ぬす・む] 【盗盜𠪁𨹇𠉭】[厂一、丶弋ノ丿戈戊火2炎𤋆]
①欲しいものを不法な或いは不当な方法で他人から取る
【𤋇】火4+9=総画数13 U+242C7 [シ、ジ/み・る] 【視视視眎𥅭𥄙𥄚𥉙】[目ノレ氏眂、丶4灬𤋇]
①自然に目に入ったものではなく見ようとするものを見る、見ようとするものに視線を向けてよく見る
②見守る、見守り世話する
③~と見做(みな)す
【𤋎】火4+9=総画数13 U+242CE [セン/い・る] 【煎㷙𤌺𤎵𤎴】[ソ丷一䒑月リ刂刖前火𤋎]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
漢字林(非部首部別)
【𤋒】火4+9=総画数13 U+242D2 [音未詳/] [ノ三|十3丰ト卜⺊口占、丶4灬𤋒]
①義未詳
【𤋗】火4+9=総画数13 U+242D7 [ク/] 【喣𤉵】[日ノ𠃌勹口句昫火𤋗]
①はあはあと温めるように息を吹き掛ける、同”呴”
②諂(へつら)い笑う
【𤋪】火4+9=総画数13 U+242EA [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【爆𤒁𤒺𤑥𤓊】[火日山2出𣅽𤋪]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【𤋯】火4+9=総画数13 U+242EF [リョウ/] 【尞𤊽㶫𡼷𤎚𤉞】[大ソ丷火𡗜日昚、丶4灬𤋯]
①柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”燎””祡”
【𤋰】火4+9=総画数13 U+242F0 [ジョ、ソ/たす・ける、すけ] 【助】[田甲土里カ力、丶4灬𤋰]
①力や手を貸す、他人の力になる、互いに支え合う
②田畑の土を掘り起こす、また掘り起こして雑草を取り除く、同”鋤”
③「助法(じょほう)」、殷(いん) 代の税法で、土地を縦横それぞれ三分して九区画に分け、八戸に一区画ずつ与え、中央の一区画を八戸で共同耕作し、そこからの収穫を税とした、”徹”参照
④[日]官位名、「頭(かみ、官位名)」の一等下の官位
【𤋱】火4+9=総画数13 U+242F1 [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 【熏燻𤑕】[千田甲土里重、丶4灬𤋱]
①物を燃やして煙を出す、(虫などを寄せ付けないように)煙を焚き込める
②煙で食材を炙る、薫製にする
③温暖なさま、心地よいさま
【𤋲】火4+9=総画数13 U+242F2 [ゼツ、ネチ/] 【焫𦳼】[火サ十2艹艹一冂人内丙苪𤋲]
①焼く、燃やす、同”爇”
【𤋳】火4+9=総画数13 U+242F3 [ギョ、ゴ/さかな、うお] 【魚𩵋鱼𤉯】[ク口囗人2仌火𤋳]
①水中に棲息し鱗(うろこ)で覆われ鰓(えら)呼吸する変温動物の総称
漢字林(非部首部別)
【𤌁】火4+9=総画数13 U+24301 [コウ/] 【炕𤇛𤊚】[火ノツ爪爫爫冂土冉爯𤌁]
①火に当てる、また火に当てて水気を飛ばす、乾かす
②火に翳(かざ)して焼く、同”炙”
③「𤌁牀、𤌁床(こうしょう)」、下から暖気を送って温かくできるようにした寝床や座席、同”匟”
【𤌅】火4+9=総画数13 U+24305 [音未詳/] [火ろ3I|丨阜阝ノ又夊夂一二LI|丨ヰ㐄夅降𤌅]
①義未詳
【𤌸】火4+9=総画数13 U+24338 [ショウ/や・く、や・き、く・べる] 【燒焼烧𧄣】[火サ十2艹艹日䒤十早草𤌸]
①火をつける、火つけて燃やす、火の中にものを入れて燃やす、ものが熱せられて炎や煙が立ち昇る
②[日]あれこれと進んで人に尽くす
【㷠】火4+10=総画数14 U+3DE0 [リン/] 【粦】[火2炎タ夕ヰ㐄舛㷠]
①(黄燐などのように)自然発火し空中を動き回る青白い火、鬼火(おにび、空中を動き回る青白い火、古く原因が分からず鬼が点けた火と考えられた)、螢火(ほたるび、ホタルが放つような光)、人魂(ひとだま、空中を動き回る青白い火、古く死者の体から離れ出た魂と考えられた)、同”燐”
漢字林(非部首部別)
【㷤】火4+10=総画数14 U+3DE4 [コク/] 【𧹲】[土士ワ冖一几又殳𣪊一火灭㷤]
①真っ赤な太陽が昇るさま
②燃える音
【㷥】火4+10=総画数14 U+3DE5 [ショウ、ジョウ/] 【烝𤇏𤇶】[火2炎フ乛亅了水氶一丞㷥]
①蒸気や熱気が立ち昇る、蒸(む)す、蒸(ふ)かす、同”蒸”
②たくさんの、多くの
③祖先を祀(まつ)るために冬に行われる祭礼の名、春は「礿(夏代、商代)」「祠(周代)」、夏は「禘(夏代、商代)」「礿(周代)」、秋は「嘗」
【榮】木部
【煕】火4+10=総画数14 U+7155 [キ/] 【熙熈凞凞𤌇焈】[匚I|丨コ臣𦣝コ匚L乚己巳巸、丶4灬煕]
①明るい光が隅々まで行き渡る
②大きく広がるさま、広く行き渡るさま
③和(なご)やかなさま、満ち足り喜ぶさま
【煛】火4+10=総画数14 U+715B [ケイ、キョウ/] [目2䀠火煛]
①大きく目を見開く
②驚いた時の目の様子
【煹】火4+10=総画数14 U+7179 [コウ、ク/] [火三十4土2井𠀎冂土冉再冓煹]
①義未詳、【廣韻】に「舉火也」とあり、「松明などの火を高く掲げる」の意か?
【煻】火4+10=総画数14 U+717B [トウ、ドウ/] [火广ヨ口唐煻]
①灰の中のまだ熱い火
【煼】火4+10=総画数14 U+717C [ソウ、ショウ/] 【𤌉𤊝𤌝𤈗𤌽𤌖𤑵】[火ノ𠃌勹凵山ノ丿屮2芻煼]
①炙(あぶ)る、焼く
【煽】火4+10=総画数14 U+717D [セン/あお・る] [、丶一コノ丿尸户戶戸羽羽扇火煽]
①火に風を送って燃え立たせる
②人を嗾(けしか)ける、唆(そそのか)す
【煾】火4+10=総画数14 U+717E [オン/] [火口大因心恩煾]
①(肉などに)弱火で火を通す、また炙(あぶ)る、同”𤇯”
②炎が上がらずに煙だけが立ち昇る、煙が立ち込める、同”熅”
【煿】火4+10=総画数14 U+717F [ハク/] 【𤍿】[火十田由用、丶甫十、丶寸専尃煿]
①火で熱する、焼く、「【齊民要術:卷八:作酢法第七十一】燒餅作酢法(中略)有薄餅緣諸麵餅但是燒煿者皆得投之」
【熀】火4+10=総画数14 U+7180 [コウ/] [火日光晃熀]
①炎が明るく光るさま
②光が広く明るく照らしているさま
【熁】火4+10=総画数14 U+7181 [キョウ、コウ/] [火カ力3劦月脅熁]
①火で炙る
【熂】火4+10=総画数14 U+7182 [キ、ケ/] [火ノ一𠂉三乙気气米氣熂]
①野焼き(のやき)、野山の草を焼く
【熄】火4+10=総画数14 U+7184 [ショク、ソク/] [火目自心息熄]
①火や明かりが消える
②止(や)む、鎮(しず)まる、落ち着く、同”息”
【熅】火4+10=総画数14 U+7185 [ウン/] 【煴】[火口囗人囚皿𥁕熅]
①炎が上がらずに煙だけが立ち昇る、煙が立ち込める、同”煾”
②ほんのりと温かい
③火熨斗(ひのし)、衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン(iron)
【熆】火4+10=総画数14 U+7186 [コウ、ゴウ/] [火土ム厶去皿盍熆]
①火を吹く
【熇】火4+10=総画数14 U+7187 [カク、コウ/] 【燺𤐟】[火亠口冂口冋2高熇]
①火の勢いが激しいさま、火が煌々と燃え盛るさま
②焼ける、焼けるように熱いさま
【熈】火4+10=総画数14 U+7188 [キ/] 【熙凞煕凞𤌇焈】[ノ丿匚I|丨コ臣𦣝コ匚L乚己巳巸、丶4灬煕熈]
①明るい光が隅々まで行き渡る
②大きく広がるさま、広く行き渡るさま
③和(なご)やかなさま、満ち足り喜ぶさま
漢字林(非部首部別)
【熉】火4+10=総画数14 U+7189 [イン、ウン/] [火口目ハ貝員熉]
①黄色、黄色いさま
【熊】火4+10=総画数14 U+718A [ユウ、ウ/くま] 【㷱𪏛𤠗】[ム厶月ヒ七𠤎匕2能、丶4灬熊]
①クマ(熊)、クマ科の哺乳類
漢字林(非部首部別)
【熋】火4+10=総画数14 U+718B [ダイ、ナイ/] [ム厶月ヒ七𠤎匕2能火熋]
①火が盛んに燃えるさま、熱い、「【漢字源・熊】」
②クマ(熊)、同”熊”
【熌】火4+10=総画数14 U+718C [セン、ゼン/] [火門人閃熌]
①光が閃く
②稲妻が走る
【熍】火4+10=総画数14 U+718D [キュウ、ク/] 【焪】[火ウ宀ウ宀口2吕宮宫熍]
①燃やす、燃え尽きる
②火に当てる、乾かす
【熎】火4+10=総画数14 U+718E [ヨウ/] [火タ夕、丶ノツ爪爫爫ノ一𠂉二十干山缶䍃熎]
①燃やした後に残る燃え残りや灰、同”燼”
【熏】火4+10=総画数14 U+718F [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 【𤋱燻𤑕】[ノ千口ソ土、丶4灬黒黑熏]
①物を燃やして煙を出す、(虫などを寄せ付けないように)煙を焚き込める
②煙で食材を炙る、薫製にする
③温暖なさま、心地よいさま
漢字林(非部首部別)
【熐】火4+10=総画数14 U+7190 [ベキ、ミャク/] [火ワ冖日亠ハ八六昗冥熐]
①「熐蠡」、匈奴(きょうど、古代の遊牧騎馬民族の名)の集落
【熑】火4+10=総画数14 U+7191 [レン/] 【燫】[火ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼熑]
①「熑熪」、火が消えないさま
【熒】火4+10=総画数14 U+7192 [ケイ、ギョウ/] 【荧】[火2炏ワ冖𤇾3熒]
①室内の燈火の細々とした光
②小さな光が揺れながらちらちらと光る
③蛍(ホタル)、蛍の微かな光
漢字林(非部首部別)
【熓】火4+10=総画数14 U+7193 [オ、ウ/] [火鳥烏熓]
①火や明かりが消える
【熔】火4+10=総画数14 U+7194 [ヨウ、ユウ/と・かす、と・ける] [火ウ宀ハ八人𠆢口谷容熔]
①火で熱して個体を液状にする、同”鎔”
【熕】火4+10=総画数14 U+7195 [コウ/] [火エ工目ハ貝貢熕]
①「熕船(こうせん)」、大砲を備えた大型の軍船の名、【船舶数字博物館(上海交通大学)】
②[日]「砲熕(ほうこう)」、大砲
【熖】火4+10=総画数14 U+7196 [エン/ほのお] 【焔焰㷔𤒰𤑑𦥿】[火ノツ爪爫爫ノEヨ臼舀熖]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
【熗】火4+10=総画数14 U+7197 [ショウ/] 【炝】[火人𠆢一亼ヨノ口倉熗]
①食材を熱湯にさっと通した後に調味料を加えて和(あ)える調理法
【熘】火4+10=総画数14 U+7198 [リュウ、ル/] [火ノ丿2レ𠂎刀田留熘]
①とろみのついた餡を掛けた料理また調理法
【熙】火4+10=総画数14 U+7199 [キ/] 【熈凞煕凞𤌇焈】[匚I|丨コ臣𦣝コ匚L乚己巳巸、丶4灬熙]
①明るい光が隅々まで行き渡る
②大きく広がるさま、広く行き渡るさま
③和(なご)やかなさま、満ち足り喜ぶさま
漢字林(非部首部別)
【熥】火4+10=総画数14 U+71A5 [トウ、ツウ/] [火マ龴用甬え辶辶通熥]
①冷めた料理を再び蒸すまた火を通す
【燁】火4+10=総画数14 U+71C1 [ヨウ/] 【烨㷸爗𤑼𤑻𤍞㒯】[火サ十2艹艹三十23華燁]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【犖】牛部
【𤌇】火4+10=総画数14 U+24307 [キ/] 【熙熈凞煕凞焈】[匚I|丨コ臣𦣝コ匚L乚己巳巸火𤌇]
①明るい光が隅々まで行き渡る
②大きく広がるさま、広く行き渡るさま
③和(なご)やかなさま、満ち足り喜ぶさま
【𤌈】火4+10=総画数14 U+24308 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𥻅】[イ人亻ノ又夊夂田备俻、丶4灬𤌈]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤌉】火4+10=総画数14 U+24309 [ソウ、ショウ/] 【煼𤊝𤌝𤈗𤌽𤌖𤑵】[ノ𠃌勹凵山ノ丿屮2芻、丶4灬𤌉]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤌋】火4+10=総画数14 U+2430B [キ/] 【燬㷐𤐘𤈦】[火ノ丿田甶ノ丿L乚儿ム厶鬼𤌋]
①火、激しく燃える火
②燃やす、焼く
【𤌍】火4+10=総画数14 U+2430D [カク/] [火ワ冖ノ2隹隺𤌍]
①焼く、炙る
【𤌎】火4+10=総画数14 U+2430E [リン/] [一二𠄟門𨳌火𤌎]
①火の燃えるさま
②省”焛”
【𤌐】火4+10=総画数14 U+24310 [カン、ゴン/] [火マ口囗ソ丷一䒑二十干𢆉圅𤌐]
①柔らかくなるまで焼く
【𤌖】火4+10=総画数14 U+24316 [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤊝𤌝𤈗𤌽𤑵】[火田母𤌖]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤌗】火4+10=総画数14 U+24317 [音未詳/] [火四罒一上止正罡𤌗]
①義未詳、【康熙字典】に「《字彙補》典奧略云:蔡邕祖餞祝文、神龜吉兆、休氣𤌗𤌗。」とあり
【𤌜】火4+10=総画数14 U+2431C [音未詳/] [火2炎一口囗人㐁𤌜]
①義未詳
【𤌝】火4+10=総画数14 U+2431D [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤊝𤈗𤌽𤌖𤑵】[ノ𠃌勹巾2、丶4灬𤌝]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤌠】火4+10=総画数14 U+24320 [音未詳/] [火2炏タ夕ヰ㐄舛𤌠]
①義未詳、「㷠(粦)」の異体字か?
【𤌢】火4+10=総画数14 U+24322 [ダン、ナン、ノン/あたた・かい、あたた・まる] 【暖㬉𣆝𣊵𤆱】[一冂I|丨2𦉫𦓐而火䎡2𤌢]
①日差しが穏(おだ)やかで暑くもなく寒くもなく程良いさま、穏やかな陽気であるさま、「温」は液体などが程よい温度であること、「煖」は火に当てて程よい温度にすること
【𤌶】火4+10=総画数14 U+24336 [音未詳/] [火ム厶月ヒ七𠤎匕2能𤌶]
①義未詳、”熊”或いは”熋”の異体字か?
【𤌹】火4+10=総画数14 U+24339 [カン/] 【𣉙】[十日早2𠦝人倝火𤌹]
①乾く
【𤌺】火4+10=総画数14 U+2433A [セン/い・る] 【煎𤋎㷙𤎵𤎴】[⺊上止舟歬火𤌺]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
【𤌼】火4+10=総画数14 U+2433C [コウ、オウ/きら・めく] 【煌】[火目自王𦤃𤌼]
①きらきらと光り輝く、明々とした光が四方に広がる
②「敦𤌼(とんこう)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【𤌽】火4+10=総画数14 U+2433D [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤊝𤌝𤈗𤌖𤑵】[ノ𠃌勹凵山ノ丿屮2芻火𤌽]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤌾】火4+10=総画数14 U+2433E [カク/] [亠口冂口冋2高火𤌾]
①義未詳、【集韻·卷十】に「火也」とあり
【𤍍】火4+10=総画数14 U+2434D [ブ、ム/な・い] 【無𣞣𣟒𡙻𣠮𣑨𣚨𠘩𤀢】[亠十2廿4𠦜、丶4灬𤍍]
①ない、存在しない、有(ゆう)していない
②~ではない、~であってはならない
【㷭】火3+11=総画数14 U+3DED [ホウ、フ、フウ/] 【烽㶻】[ノ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢火㷭]
①国境での急(きゅう)を知らせるためにオオカミ(狼)などの糞や薪などを燃やして上げる煙、昼間に上げる狼煙(のろし、烽火)、夜間の合図は赤々とした火を立ち昇らせる「燧」、「【康熙字典:火部:七:烽】《註》索隱曰:纂要云:烽見敵則舉,燧有難則焚。烽主晝,燧主夜。」
【㷱】火4+11=総画数15 U+3DF1 [ユウ、ウ/くま] 【熊𪏛𤠗】[ム厶月䏍土ム厶去2䏻、丶4灬㷱]
①クマ(熊)、クマ科の哺乳類
【熃】火4+11=総画数15 U+7183 [ブ、ム/] 【𤋄】[マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛ノ又夊夂カ力務火熃]
①【康熙字典】に「《篇海》主火也」とあり
【熚】火4+11=総画数15 U+719A [ヒツ、ヒチ/] [火田サ十2艹艹二三3畢熚]
①火が盛んに燃え上がるさま
【熛】火4+11=総画数15 U+719B [ヒョウ/] 【𤒾𤐫𤌑㶾】[火西覀二小𡭕示票熛]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ
②風が舞い上がる、旋風(せんぷう、つむじかぜ)、同”飄””飆”
③「熛矢(ひょうし)」、火矢(ひや)、鏃(やじり、矢の先端の部分)に火をつけ飛ばす矢
【熜】火4+11=総画数15 U+719C [ソウ/] 【焧㷓燪】[火ノ口囗メタ夕囱心悤熜]
①煙、煙が立ち籠める
②排気孔、煙突、同”囪”
③麻の茎を束ねて作った燈(あかり)
【熝】火4+11=総画数15 U+719D [ロク/] [火广コヒ七𠤎匕2比鹿熝]
①煉(ね)る、火で熱し鍛(きた)える、強火で熱を加える
【熟】火4+11=総画数15 U+719F [シュク、ジュク、ズク/う・れる、こな・す] 【𦏧】[亠口了亨子享九、丶丸孰、丶4灬熟]
①食べ頃になるまで十分に火を通す、また煮る、また焼く
②十分に食べ頃になる、十分に良い状態になる
③十分なさま
④古”𡒒”
【熠】火4+11=総画数15 U+71A0 [イク、シュウ/] [火羽羽白習熠]
①きらきらと光るさま、(蛍火のように)光を放ちながら空中を舞うさま
【熡】火4+11=総画数15 U+71A1 [ロウ/] [火口2十中女婁熡]
①炎
【熢】火4+11=総画数15 U+71A2 [ホウ、ブ/] [火ノ又夊夂ノ三|十3丰夆え辶辶逢熢]
①煙が立ち昇るさま
②「熢㶿(ほうほつ)」、煙が立ち籠(こ)めるさま
【熣】火4+11=総画数15 U+71A3 [スイ、サイ/] [火山ノ2隹崔熣]
①煤(すす)
【熤】火4+11=総画数15 U+71A4 [ヨク、イキ/] [火羽羽立翌熤]
①「張熤」、人名、後魏(こうぎ)代の人
【熦】火4+11=総画数15 U+71A6 [ショウ、シャク、サク/] 【燋爑焳】[火小ノ丿少ノ2隹雀熦]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”爝”
②焦(こ)がす
③亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う木
④「熦𤎋(しょうすい)」、同「憔悴」、苦労や心痛などで痩(や)せ衰える
【熧】火4+11=総画数15 U+71A7 [ショウ/] [ノ丿2イ彳人2从⺊上止從火熧]
①【廣韻】に「火行穴中」とあり
【熨】火4+11=総画数15 U+71A8 [ウツ、ウチ、イ/の・す] 【𣂊𤓮】[コノ丿尸二𡰥二小𡭕示十、丶寸尉火熨]
①ぴったりと押し当てる、押し当てて平らにする
②衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン(iron)、「火熨斗(ひのし)」「熨斗(のし)」
【熩】火4+11=総画数15 U+71A9 [コ、ゴ/] [火、丶一コノ丿尸户戶戸口口L乚巴邑扈熩]
①光
【熪】火4+11=総画数15 U+71AA [イ/] [火ノ木禾タ夕2多移熪]
①「燫熪」、火が消えないさま
【熫】火4+11=総画数15 U+71AB [ショ/] [火广十2廿、丶4灬庶熫]
①炙(あぶ)る、火に翳(かざ)して(表面を)焼く、同”炙”、「庶」は「~に近い」の意で「火に近づける」の意
【熬】火4+11=総画数15 U+71AC [ゴウ/い・る] 【𤎅𤏺】[士土亠万方ノ一𠂉メ又攵敖、丶4灬熬]
①強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
②じっくりと煮込む
②焦(こが)れるような苦しみに耐える
【熭】火4+11=総画数15 U+71AD [エイ/] 【𤑒𣊄】[ノ三|十3丰2ヨ彗火熭]
①火や太陽の光に当てて乾かす
【熮】火4+11=総画数15 U+71AE [リュウ、ル/] [火羽羽人𠆢ノ丿3彡㐱7翏熮]
①焼く、火を通して柔らかくする
②舌がひりひりと痛む、味がきつい
【熯】火4+11=総画数15 U+71AF [カン、ゼン、ネン/] 【𤑆㸁】[火十2廿口二人大夫𦰩熯]
①火に当たって乾く、水分が蒸発する、同”焊”
②火に当てて焼く
③畏(かしこ)まり恐れ入るさま
【熰】火4+11=総画数15 U+71B0 [オウ、ウ/] [火匚口2吅3品區熰]
①非常に熱いさま
【熱】火4+11=総画数15 U+71B1 [ゼツ、ネツ、ネチ/あつ・い] 【热𤍠𤎮𤍽】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶、丶4灬熱]
①火に当たって温度が高くなる、太陽の熱によって気温が上がるのは「暑」
②火が発する温かい気、ものを温める気
③火照(ほて)る
④盛んになる、夢中になる
【熲】火4+11=総画数15 U+71B2 [ケイ、キョウ/] 【颎】[ヒ七𠤎匕一目自𦣻貝頁頃火熲]
①輝く、きらきらと光る
【熳】火4+11=総画数15 U+71B3 [マン/] [火日曰四罒又曼熳]
①「爛熳(らんまん)、色鮮やかで華やかなさま、屈託(くったく)がなく朗らかなさま
【熴】火4+11=総画数15 U+71B4 [コン、ゴン/] 【焜】[火山日㞱ヒ七𠤎匕2比昆崑熴]
①明々と光り輝く
②[日]「焜炉(こんろ)」、土製や金属製で持ち運びができる煮炊きするための小形の炉
【熵】火4+11=総画数15 U+71B5 [ショウ/] [火亠ソ冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏商熵]
①エントロピー(entropy)
【熼】火4+11=総画数15 U+71BC [イ/] [火田十2艹一龷ハ八共異熼]
①炎
【瑩】玉部
【𤌑】火4+11=総画数15 U+24311 [ヒョウ/] 【熛𤒾𤐫㶾】[くム厶幺ノEヨ臼𦥑一火灭𤌑]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ
②風が舞い上がる、旋風(せんぷう、つむじかぜ)、同”飄””飆”
③「𤌑矢(ひょうし)」、火矢(ひや)、鏃(やじり、矢の先端の部分)に火をつけ飛ばす矢
漢字林(非部首部別)
【𤍒】火4+11=総画数15 U+24352 [ソウ、ショウ/] [火く𡿨3巛田甲木果巣巢𤍒]
①炙(あぶ)る、焼く、同”𤑗”
【𤍔】火4+11=総画数15 U+24354 [ケイ、キョウ/] 【檾𣘑】[火2炏ワ冖𤇾冂口冋𤍔]
①イチビ(苘麻)、アオイ科イチビ属の草、また同属の草の総称、茎の皮から麻に似た白っぽい繊維を作る、同”苘”{イチビ}
【𤍕】火4+11=総画数15 U+24355 [ユウ、ユ/] 【槱𣜃梄𥙫禉】[木西酉梄火𤍕]
①積み上げて燃やすための薪(たきぎ)、またそれを燃やして天神を祭る、またその儀式
【𤍗】火4+11=総画数15 U+24357 [ホツ、ボチ/] 【㶿𤊹𤏮𤊀】[火十ワ冖子孛ノ一𠂉メ又攵㪍𤍗]
①煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𤍙】火4+11=総画数15 U+24359 [エン、シン、ジン/] 【燅𤏝𤎢𦠹𥪷】[タ夕、丶2火炙二十干火㶣2𤍙]
①温める
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂”
【𤍚】火4+11=総画数15 U+2435A [バン、マン、モン/よろず] 【万萬𥝄𥝅㸘𤈬𢁭𠂍𠃡】[火四罒凵山ノ丿屮2艸𤍚]
①千の十倍{数字}
②数え切れないほど多いさま
③あらゆる、どんなものも、全て
④「萬」はサソリ(蠍)を象ったもの、後にサソリは「虫」を加え「蠆」となった
【𤍛】火4+11=総画数15 U+2435B [ショウ/] 【𤏻𤎬】[火2ソ丷一䒑二十干𢆉又𤍛]
①じっくりと火を通す、”燮”を参照、「【康熙字典:火部:十三:𤏻】按燮字本訓和據說文玉篇云籀作𤍛則亦可訓作大熟至𤏻𤍛二字但有大熟一義不可訓作和也」
【𤍜】火4+11=総画数15 U+2435C [ソウ/] 【𤏟】[火ム厶2厸3厽人𠆢ノ丿3彡㐱參𤍜]
①乾(かわ)く、乾かす
【𤍝】火4+11=総画数15 U+2435D [サン/] 【燦灿】[火フ、丶ノ2癶米𤍝]
①眩(まばゆ)いばかりに光り煌(きら)めくさま、明るく鮮やかなさま
【𤍞】火4+11=総画数15 U+2435E [ヨウ/] 【燁烨㷸爗𤑼𤑻㒯】[火十2廿4一𤍞]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【𤍠】火4+11=総画数15 U+24360 [ゼツ、ネツ、ネチ/あつ・い] 【熱热𤎮𤍽】[土ソ丷一䒑二十干𢆉幸九、丶丸執、丶4灬𤍠]
①火に当たって温度が高くなる、太陽の熱によって気温が上がるのは「暑」
②火が発する温かい気、ものを温める気
③火照(ほて)る
④盛んになる、夢中になる
【𤍼】火4+11=総画数15 U+2437C [ヤク/] 【爚𤓀𤐯】[火人𠆢一亼口𠮛合冂十2卄冊𠕁𤍼]
①火が明々(あかあか)と光る、火が辺りを明るく照らす
②湯で煮(に)て柔らかくする、同”瀹”
【𤍽】火4+11=総画数15 U+2437D [ゼツ、ネツ、ネチ/あつ・い] 【熱热𤍠𤎮】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶火𤍽]
①火に当たって温度が高くなる、太陽の熱によって気温が上がるのは「暑」
②火が発する温かい気、ものを温める気
③火照(ほて)る
④盛んになる、夢中になる
【𤍾】火4+11=総画数15 U+2437E [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤏷𤑖𤓥𠆡𤑇熶】[木2林大火𤆍𤍾]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【𤍿】火4+11=総画数15 U+2437F [ハク/] 【煿】[火一十由田𤰔ム厶叀十、丶寸専專𤍿]
①火で熱する、焼く、「【齊民要術:卷八:作酢法第七十一】燒餅作酢法(中略)有薄餅緣諸麵餅但是燒煿者皆得投之」
【𤎅】火4+11=総画数15 U+24385 [ゴウ/い・る] 【熬𤏺】[士土亠万方ノ一𠂉メ又攵敖火𤎅]
①強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
②じっくりと煮込む
②焦(こが)れるような苦しみに耐える
【𤎆】火4+11=総画数15 U+24386 [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤇆𤏯㷑𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火ト卜⺊口囗占メ卤卥土𤎆]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【𤎈】火4+11=総画数15 U+24388 [カン/] 【煥焕烉】[火ク𠂊冂人𠔿ナ大犬ノ丿メ友犮𤎈]
①火が明るく光る、鮮やかに光り輝く
【𤎉】火4+11=総画数15 U+24389 [レン/かど] 【廉㢘𠪊亷𠔳𠪕𢋯】[亠ソ立厂产ヨ、丶4灬𤎉]
①建物の外と内を区切る境目、外(あちら、向こう側)と内(こちら、手前側)との区切り・境目
②建物や部屋の角(かど)また隅(すみ)、「向こう側と手前側の区切り・境目となるところ」の意
③けじめ、「守るべきことかどうかの区切り・境目」の意
④自らをしっかりと戒(いまし)めけじめを守る
⑤無闇(むやみ)に利益を追い求めない、度を越した欲がない
⑥[日]かど、限定的な或いは特定の事柄・理由
【𤎋】火4+11=総画数15 U+2438B [スイ、ズイ/] [火羽羽大十本夲𤎋]
①「燋𤎋(しょうすい)」、同「憔悴」、苦労や心痛などで痩(や)せ衰える
【𤎚】火4+11=総画数15 U+2439A [リョウ/] 【尞𤊽𤋯㶫𡼷𤉞】[山日火炅2𤎚]
①柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”燎””祡”
【𤎻】火4+11=総画数15 U+243BB [ショウ/] 【𤑳】[火サ十2艹艹ヨ小肃萧𤎻]
①焼く、燃やす
【㷴】火4+12=総画数16 U+3DF4 [レキ/] 【爏】[厂ノ木禾2秝厤火㷴]
①【康熙字典】に「《集韻》火貌」とあり
【㷶】火4+12=総画数16 U+3DF6 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪𤏛𤏹𤌈𥻅】[イ人亻サ十2艹艹厂用𤰇備、丶4灬㷶]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【㷷】火4+12=総画数16 U+3DF7 [セン/] 【𤎱】[火コ匚L乚己巳2十2艹一龷ハ八共巽㷷]
①汁が少ない肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【㷸】火4+12=総画数16 U+3DF8 [ヨウ/] 【燁烨爗𤑼𤑻𤍞㒯】[火日三十23㷸]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【㷻】火4+12=総画数16 U+3DFB [音未詳/] [ノ一𠂉三十4、丶4灬無㷻]
①義未詳、【康熙字典】は「《搜眞玉鏡》同無」、【漢語大字典】は「同”模”」、【中華字海】【中華大字典】は「同”無”」とする
【㷼】火4+12=総画数16 U+3DFC [エン/つばめ] 【燕鷰𪈏䴏】[十2廿ヒ七𠤎匕北口火㷼]
①ツバメ(燕)、ツバメ科の鳥、また同科の鳥の総称
②飲食して大いに楽しむ、心置きなく楽しむさま、ゆっくりと寛(くつろ)ぐさま、同”宴”
③周代(前11世紀~前221年)の国名、またその中心地河北省の別称
④五胡十六国時代の国名、「前燕」「後燕」「北燕」「南燕」があった{中国歴代王朝版図}
【熞】火4+12=総画数16 U+719E [ケン/] [火匚コ巨臣又臤土堅熞]
①刀の刃を鍛えるために焼入(やきい)れする
【熶】火4+12=総画数16 U+71B6 [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤏷𤑖𤓥𠆡𤑇𤍾】[火日耳又取最熶]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【熷】火4+12=総画数16 U+71B7 [ソウ、ゾウ/] 【𤎯𤎰】[火ハ八口ソ日2曽曾熷]
①肉や魚を竹筒に入れて焼く
【熸】火4+12=総画数16 U+71B8 [セン/] [火二ノ丿L乚旡兂2兓日朁熸]
①火が消える
【熹】火4+12=総画数16 U+71B9 [キ/] 【𤏴】[十土士口𠮷吉ソ豆2喜、丶4灬熹]
①激しい勢いで燃え盛るさま
②盛んに立ち昇る蒸気や熱気、またその蒸気や熱気で煮炊きする
③微かに光る、同”熺”
【熺】火4+12=総画数16 U+71BA [キ/] [火十土士口𠮷吉ソ豆2喜熺]
①(星が)微かに光る
②盛んに立ち昇る蒸気や熱気、同”熹”
【熻】火4+12=総画数16 U+71BB [キュウ、コウ/] [火人𠆢一亼口𠮛合羽羽翕熻]
①熱する
②焼く
【熾】火4+12=総画数16 U+71BE [シ/] 【炽𤎷𢧾𢨙𤐦𧹹𥏛】[火立日音一、丶弋ノ丿戈戠熾]
①火の勢いが激しいさま、赤々と燃え盛るさま
【熿】火4+12=総画数16 U+71BF [コウ、オウ/] [火十2廿一田由ハ八黄黃熿]
①煌(きら)く、きらきらと明るく輝く、同”煌””晄”
【燀】火4+12=総画数16 U+71C0 [セン、タン/] [火口2吅田甲十單燀]
①炎が盛んに立ち昇るさま
②煮炊きする
【燂】火4+12=総画数16 U+71C2 [セン、ゼン、タン、ドン/] 【𤓠𤑶】[火西覀襾日十早覃燂]
①肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燅”
【燃】火4+12=総画数16 U+71C3 [ゼン、ネン/も・やす、も・える] [火タ夕、丶2大犬、丶4灬然燃]
①火で熱せられて炎が立ち昇る、単に火で熱するのは「焼」、同”然”
②元「イヌ(犬、狗)の肉(月)を燃やす(灬)」の意の”然”であったが、”然”が専ら「しか、しか・も」などの意に用いられるようになったため、「燃やす」の意で用いるために”火”を加えた
【燄】火4+12=総画数16 U+71C4 [エン/] [ク𠂊ノEヨ臼臽火2炎燄]
①炎(ほのお)、物が燃(も)えて明るく赤く立ち昇る部分、同”炎””爓”
②炎がゆらゆらと揺れ動くさま
【燅】火4+12=総画数16 U+71C5 [エン、シン、ジン/] 【𤍙𤏝𤎢𦠹𥪷】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴火2炎燅]
①温める
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂”
漢字林(非部首部別)
【燆】火4+12=総画数16 U+71C6 [コウ、キョウ/] [火ノ人大夭口呑冂口冋2喬燆]
①火が激しく燃え盛るさま
【燇】火4+12=総画数16 U+71C7 [ソン/] [火ハ八ソ西酉酋十、丶寸尊燇]
①火を点ける
【燈】火4+12=総画数16 U+71C8 [トウ/ともしび、あかし、あかり、ひ] 【𧺄】[火フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登燈]
①高く掲げ暗闇を照らす明かり、据え置いて使う照明具
②簡”灯”、本来”灯”には「明かり(燈)」の意はなく「火、烈火」の意だったが古くから”燈”の俗用字として用いられ今に至っている
漢字林(非部首部別)
【燉】火4+12=総画数16 U+71C9 [トン、ドン/] [火亠口了亨子享ノ一𠂉メ又攵敦燉]
①とろ火でじっくりと煮込む、同簡”炖”
②火が赤々と燃えるさま、同”炖”
③「燉煌(とんこう)」、同「敦煌」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【燊】火4+12=総画数16 U+71CA [シン/] [火2炎3焱ホ木燊]
①盛んに燃え上がる
【燋】火4+12=総画数16 U+71CB [ショウ、シャク、サク/] 【爑熦焳】[火ノ2隹、丶4灬焦燋]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”爝”
②焦(こ)がす
③亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う木
④「燋𤎋(しょうすい)」、同「憔悴」、苦労や心痛などで痩(や)せ衰える
漢字林(非部首部別)
【燌】火4+12=総画数16 U+71CC [フン、ブン/] 【𤆶】[火十3土サ十2艹艹目ハ貝賁燌]
①焼く、燃やす、同”焚”
【燍】火4+12=総画数16 U+71CD [シ/] [火甘目ハ八其ノ丿2𠂆T斤斯燍]
①焦(こ)げる
②焼け焦げた臭い
【燎】火4+12=総画数16 U+71CE [リョウ/] 【爎𤐗】[火大ソ丷火𡗜昚日小𣌢尞燎]
①野原などに火を放って焼く
②燃え広がる
③火が赤々と燃えるさま、火が辺りを明るく照らすさま
④松明(たいまつ)、篝火(かがりび)
⑤火に当てて熱する、温める
⑥柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”尞””祡”
【燏】火4+12=総画数16 U+71CF [オツ、オチ/] [火マ龴フ乛亅𠄐予ノ矛冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏矞燏]
①炎が立ち昇るさま
【燐】火4+12=総画数16 U+71D0 [リン/] 【𤐪𤒑】[火米タ夕ヰ㐄舛粦燐]
①(黄燐などのように)自然発火し空中を動き回る青白い火、鬼火(おにび、空中を動き回る青白い火、古く原因が分からず鬼が点けた火と考えられた)、螢火(ほたるび、ホタルが放つような光)、人魂(ひとだま、空中を動き回る青白い火、古く死者の体から離れ出た魂と考えられた)、同”粦”
②[日]リン(燐、P、Phosphorus)、元素名、同”磷”{リン}
漢字林(非部首部別)
【燑】火4+12=総画数16 U+71D1 [トウ、ズウ/] [火立田甲土里童燑]
①熱気が立ち籠(こ)めるさま、或いは立ち昇るさま、同”烔”
【燒】火4+12=総画数16 U+71D2 [ショウ/や・く、や・き、く・べる] 【焼烧𤌸𧄣】[火土3垚一ノ丿L乚儿兀堯燒]
①火をつける、火つけて燃やす、火の中にものを入れて燃やす、ものが熱せられて炎や煙が立ち昇る
②[日]あれこれと進んで人に尽くす
【燓】火4+12=総画数16 U+71D3 [フン、ブン/た・く] 【焚㷊】[木2林メ㐅乂2爻棥火燓]
①焼く、燃やす
②山や田畑の雑草や雑木を焼く
【燔】火4+12=総画数16 U+71D4 [ハン、ボン/] [火ノ木禾ソ米釆田番燔]
①焼く、炙(あぶ)る
②祭礼の際に供える焼いた肉、同”膰”
【燕】火4+12=総画数16 U+71D5 [エン/つばめ] 【㷼鷰𪈏䴏】[十2廿ヒ七𠤎匕北口、丶4灬燕]
①ツバメ(燕)、ツバメ科の鳥、また同科の鳥の総称
②飲食して大いに楽しむ、心置きなく楽しむさま、ゆっくりと寛(くつろ)ぐさま、同”宴”
③周代(前11世紀~前221年)の国名、またその中心地河北省の別称
④五胡十六国時代の国名、「前燕」「後燕」「北燕」「南燕」があった{中国歴代王朝版図}
漢字林(非部首部別)
【燖】火4+12=総画数16 U+71D6 [シン、ジン/] 【𤑩】[火ヨエ工口十、丶寸尋燖]
①温める、同”燅”
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂””爓”
【燗】火4+12=総画数16 U+71D7 [ラン、カン/] 【𤏐】[火門月閒燗]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同”爛”
②[日]酒を温める
【燘】火4+12=総画数16 U+71D8 [バイ、マイ/] [火門文閔燘]
①食べ頃になるまでよく火を通す
②じっくり煮込む
【燙】火4+12=総画数16 U+71D9 [トウ/] 【烫】[シ氵日一旦万ノ𠃌勹23勿昜湯火燙]
①火傷(やけど)をする、火傷しそうなほど熱い
②熱(あつ)くする、熱(ねっ)する
③道具を熱しアイロンやパーマを掛ける
【燚】火4+12=総画数16 U+71DA [イツ/] [火2炎3焱4燚]
①火が燃え盛るさま
【燜】火4+12=総画数16 U+71DC [モン/] 【焖】[火門心悶燜]
①食材を入れた容器を密封してとろ火で煮込む
【燝】火4+12=総画数16 U+71DD [ケイ/] [火日亠口小京景燝]
①「萬燝」、人名、明代の政治家
②「劉一燝」、人名、明代の政治家
【燞】火4+12=総画数16 U+71DE [ショウ/] [ノ2隹ノフ乛人欠、丶燞]
①松明(たいまつ)
【縈】糸部
【螢】虫部
【𤎞】火4+12=総画数16 U+2439E [ロウ、リョウ/] 【爉】[火く𡿨3巛冂人𠔿几用𤎞]
①火が燃えるさま
②火の燃える音
【𤎟】火4+12=総画数16 U+2439F [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤇆𤎆𤏯㷑𤊗𡨾𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[ウ宀西覀土垔𡨾火𤎟]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【𤎡】火4+12=総画数16 U+243A1 [カン、ゲン/] 【䐄】[タ夕、丶2火炙ク𠂊ノEヨ臼臽𤎡]
①肉をじっくりと炙る
【𤎢】火4+12=総画数16 U+243A2 [エン、シン、ジン/] 【燅𤍙𤏝𦠹𥪷】[タ夕、丶2火炙火2炎3𤎢]
①温める
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂”
【𤎥】火4+12=総画数16 U+243A5 [タン、セン/] [白巾帛火2炎𤎥]
①白地の布に色鮮やかな斑(まだら)模様を織り込んだ(また染めた)布また衣服、同”緂”、「【康熙字典:火部:十二:𤎥】《說文》帛騅色。」
②青味を帯びた薄い緑色、またその色の(厚手の)布また衣服、「【康熙字典:火部:十二:𤎥】《玉篇》靑黑繒。」
【𤎦】火4+12=総画数16 U+243A6 [コウ、キョウ、ヨウ/] 【烄𤉧】[メ㐅ナ𠂇月有肴ノ一𠂉メ又攵、丶4灬𤎦]
①木を組み燃やして天や神を祭る儀式
【𤎧】火4+12=総画数16 U+243A7 [チュウ、シュ、ス/い・る] 【鋳鑄铸】[コフ弓エ工2𢏚口句𠷎火𤎧]
①金属を溶かし型に流し入れて目的の形に造る
②目的の形に作り上げる
【𤎩】火4+12=総画数16 U+243A9 [スイ、ズイ/ひうち] 【𤑾𤒮𤓫𨽵】[ろ3I|丨阜阝ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸隊火𤎩]
①赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”燧”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【𤎪】火4+12=総画数16 U+243AA [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[土一口田畐堛火𤎪]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤎫】火4+12=総画数16 U+243AB [コウ/ひかり、ひか・る] 【光炗炛灮𠈑𤉭】[火2炎二十2火3𤎫]
①明かり
②輝く、煌めく
③照らし出す
④輝いて美しい
⑤栄誉
【𤎬】火4+12=総画数16 U+243AC [ショウ/] 【𤏻𤍛】[火2ソ丷一䒑凵山ノ丿屮屰又𤎬]
①じっくりと火を通す、”燮”を参照、「【康熙字典:火部:十三:𤏻】按燮字本訓和據說文玉篇云籀作𤍛則亦可訓作大熟至𤏻𤍛二字但有大熟一義不可訓作和也」
【𤎮】火4+12=総画数16 U+243AE [ゼツ、ネツ、ネチ/あつ・い] 【熱热𤍠𤍽】[土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴乙⺄二ノ丿ナ十2キ丮𡎐火𤎮]
①火に当たって温度が高くなる、太陽の熱によって気温が上がるのは「暑」
②火が発する温かい気、ものを温める気
③火照(ほて)る
④盛んになる、夢中になる
【𤎯】火4+12=総画数16 U+243AF [ソウ、ゾウ/] 【熷𤎰】[ハ八口ソ日2曽曾火𤎯]
①肉や魚を竹筒に入れて焼く
【𤎰】火4+12=総画数16 U+243B0 [ソウ、ゾウ/] 【熷𤎯】[ハ八口ソ日2曽曾、丶4灬𤎰]
①肉や魚を竹筒に入れて焼く
【𤎲】火4+12=総画数16 U+243B2 [コツ、コチ/] [火日一旦田甲土里量𤎲]
①灰を被せた火、同”煨”
【𤎴】火4+12=総画数16 U+243B4 [セン/い・る] 【煎𤋎㷙𤌺𤎵】[⺊上止舟刀舠𣦃、丶4灬𤎴]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
【𤎵】火4+12=総画数16 U+243B5 [セン/い・る] 【煎𤋎㷙𤌺𤎴】[⺊上止舟歬リ刂𦨉火𤎵]
①全体に熱を加え(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、一般に油は焦げ付かない程度の少量を引き掻き混ぜない、「炒」を参照
②水に食材や薬を入れて熱し(殆ど)水がなくなるまで煮詰める、煮出す
【𤎷】火4+12=総画数16 U+243B7 [シ/] 【熾炽𢧾𢨙𤐦𧹹𥏛】[立日音日火炅一、丶弋ノ丿戈戠火𤎷]
①火の勢いが激しいさま、赤々と燃え盛るさま
【𤎸】火4+12=総画数16 U+243B8 [ギョウ、ゴウ/わざ] 【業业𤑽】[山I|丨火2𤎸]
①鍾(しょう)や磬(けい)などの打楽器を吊るすための横木(筍)の上の横板、吊るした楽器の位置が演奏中にずれないように凹みや突起がついていたという、「业」はそれを象ったもの、同”㸣””𢄁”
②(特に生活するための)仕事、仕事をする、それによって得た財産、「産業」は中国では「資産・私有財産」のこと
③学問、技芸
④行い、行為、それによって受ける報い
⑤既に
【𤎼】火4+12=総画数16 U+243BC [音未詳/] [亠口小京一ノ丿ナL乚尢、丶尤火𤎼]
①義未詳
【𤎿】火4+12=総画数16 U+243BF [/] [土士口𠮷吉2𡔯、丶4灬𤎿]
①「熹」の異体字か
【𤏅】火4+12=総画数16 U+243C5 [音未詳/] [亠口小京一ノ丿ナL乚尢、丶尤就、丶4灬𤏅]
①義未詳、「𤎼」の異体字か?
【𤏐】火4+12=総画数16 U+243D0 [ラン、カン/] 【燗】[火門日間𤏐]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同”爛”
②[日]酒を温める
【𤏒】火4+12=総画数16 U+243D2 [音未詳/] [日曰2昌火2炎日火炚𤏒]
①義未詳
【𤏙】火4+12=総画数16 U+243D9 [ダン、ナン/] 【煖煗】[火一冂I|丨2𦉫𦓐而2𦓔𤏙]
①火で程良く温(あたた)める、温かい、日差しで程良い気温になることを「暖」、液体などの温度が程良いことを「温」
【𤏛】火4+12=総画数16 U+243DB [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏹𤌈𥻅】[イ人亻サ十2艹艹厂用𤰇備火𤏛]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤏝】火4+12=総画数16 U+243DD [エン、シン、ジン/] 【燅𤍙𤎢𦠹𥪷】[タ夕、丶2火炙土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴𤏝]
①温める
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂”
【𤏞】火4+12=総画数16 U+243DE [リン/] 【粼𦧿】[火2炎タ夕ヰ㐄舛㷠く𡿨2巜𤏞]
①山間の川の石の間を清らかな水が流れるさま、またその音
②「涒𤏞(いんりん)」、水が勢いよく渦巻くさま
【𤏟】火4+12=総画数16 U+243DF [ソウ/] 【𤍜】[火ム厶2厸3厽人小、丶2㣺𠇍叅𤏟]
①乾(かわ)く、乾かす
【𤏡】火4+12=総画数16 U+243E1 [/] [木冂巾朿2棘火𤏡]
①「僰」の訛字か?
【𤏭】火4+12=総画数16 U+243ED [音未詳/] [火2炎火ク𠂊ノEヨ臼臽焰𤏭]
①義未詳、【康熙字典】に「《山海經》留水多父之魚、其狀如鮒而彘身。◎按《山海經》作鮒。」、【康熙字典】”䱤”に《山海經》留水南流、注于河中、其中有䱤父之魚、其狀如鮒魚而彘身、食之已嘔。」あることから、【漢語大字典】の通り”䱤”の訛字とすべきか?
【𤏮】火4+12=総画数16 U+243EE [ホツ、ボチ/] 【㶿𤊹𤍗𤊀】[火ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚ノ一𠂉メ又攵敞𤏮]
①煙や蒸気が立ち昇るさま、また立ち籠(こ)めるさま
【𤏯】火4+12=総画数16 U+243EF [エン/けむり、けむ・る] 【煙烟𤇆𤎆㷑𤊗𡨾𤎟𠖜𠖣𡍯𡇽𤰓】[火弓口囗ノ2メ㢴土𡍯𤏯]
①ものが燃える時に発生する気体や微粒子
②煤(すす、煙の微粒子が付着したもの)
③空中を大量の微粒子が浮遊することによって霞(かす)むさま、またぼんやりするさま
④アヘン(阿片、鴉片、大煙)、ケシ(芥子、罌粟)の実から作られるモルヒネなどを含む薬物(麻薬)
【𤏴】火4+12=総画数16 U+243F4 [キ/] 【熹】[十土士口𠮷吉ソ豆2喜火𤏴]
①激しい勢いで燃え盛るさま
②盛んに立ち昇る蒸気や熱気、またその蒸気や熱気で煮炊きする
③微かに光る、同”熺”
【𤏹】火4+12=総画数16 U+243F9 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤌈𥻅】[イ人亻サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈僃、丶4灬𤏹]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤐞】火4+12=総画数16 U+2441E [エン/] [火2炎サ十2艹艹十口古苦𤐞]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔”
【𨼾】邑部
【㷿】火4+13=総画数17 U+3DFF [ケン、コン/] 【𤈷】[火人𠆢一亼口2吅人2从3僉㷿]
①火が煌々と燃え盛るさま、焼けるように熱いさま、同”熇”
【㸁】火3+13=総画数16 U+3E01 [カン、ゼン、ネン/] 【熯𤑆】[火ソ业ソ三王羊𦍌2丵羊木𦍎業㸁]
①火に当たって乾く、水分が蒸発する、同”焊”
②火に当てて焼く
③畏(かしこ)まり恐れ入るさま
【㸂】火4+13=総画数17 U+3E02 [スイ、ズイ/ひうち] 【燧煫】[ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸え辶辶遂火㸂]
①太陽の光を集めて火を起こす金属製の大きい盆(ぼん、鉢やボウルに似た器)状の道具、同”鐩”
②赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”𤎩”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【㸃】火4+13=総画数17 U+3E03 [テン/とも・す、つ・ける、さ・す] 【点點奌】[口ソ土、丶4灬黒黑ト卜⺊口占㸃]
①小さな染み・瑕(きず)・印(しるし)、またそのようなものを付ける
②小さいもの
③狭く限られた場所・範囲・位置・事柄
④程度、度合
⑤汚れる
⑥火をつける
⑦筆法の一つで”丶”(筆を下ろし押さえた後、動かさずに筆を上げる)
【熽】火4+13=総画数17 U+71BD [ショウ/] [火ヨ」片Lノ「爿𣶒肅熽]
①激しい勢いで燃えるさま
【燛】火4+13=総画数17 U+71DB [ケイ、キョウ/] [匚コ巨臣2臦火燛]
①火
②日の光
③古”煛”
【營】火4+13=総画数17 U+71DF [エイ、ヨウ/いとな・む] 【営营】[火2炏ワ冖𤇾口2ノ呂營]
①住居(生活するところ)の周りに壁や塀などを巡らす
②軍隊が駐留するために周りに土塁などを巡らす、また土塁などを巡らせた場所
③周りを囲って外敵から守る
④生活する(守る)ために必要な大きさや程度を測る、また測ってそれを造る、「【廣韻・下平聲・清・營】營:造也、度也。」
⑤作る、建造する
漢字林(非部首部別)
【燠】火4+13=総画数17 U+71E0 [イク、オウ/おき] 【𤈰𤈯】[火ノ2冂ノ木禾ソ米釆大奧燠]
①温かい、熱い
②[日]おき、炭火、炎も煙も出ない赤々とした火、熾火(おきび)
【燡】火4+13=総画数17 U+71E1 [エキ、ヤク/] [火四罒土ソ丷一䒑二十干𢆉幸睪燡]
①火が明るく光り輝くさま
【燢】火4+13=総画数17 U+71E2 [カク/] [ノEヨ臼𦥑メ㐅乂2爻ワ冖𦥯火燢]
①乾燥する
【燣】火4+13=総画数17 U+71E3 [ラン/] 【燷】[火亠口囗2回㐭ノ木禾稟燣]
①黄色、焦(こ)げたような黄色
【燤】火4+13=総画数17 U+71E4 [タイ/] [火サ十2艹艹田甲冂ム厶禸禺萬燤]
①「燤焥」、煙が立ち籠めるさま
【燥】火4+13=総画数17 U+71E5 [ソウ/] 【煰】[火口2吅3品木喿燥]
①火で熱し乾(かわ)かす、乾く、水分が少なくなる
【燦】火4+13=総画数17 U+71E6 [サン/] 【𤍝灿】[火ト卜⺊タ夕歺又𣦼米粲燦]
①眩(まばゆ)いばかりに光り煌(きら)めくさま、明るく鮮やかなさま
【燧】火4+13=総画数17 U+71E7 [スイ、ズイ/ひうち] 【煫㸂】[火ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸え辶辶遂燧]
①太陽の光を集めて火を起こす金属製の大きい盆(ぼん、鉢やボウルに似た器)状の道具、同”鐩”
②赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”𤎩”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【燨】火4+13=総画数17 U+71E8 [キ/] 【爔𤓚】[火ソ三王羊𦍌ノオ才、丶弋ノ戈我義燨]
①赤々とした火、またその色
【燩】火4+13=総画数17 U+71E9 [カク/] [火白亠万方ノ一𠂉メ又攵敫燩]
①火に当てて乾かす
②乾燥する
【燪】火4+13=総画数17 U+71EA [ソウ/] 【熜焧㷓】[火サ十2艹艹ノ𠃌勹23勿、丶匆心忽怱葱燪]
①煙、煙が立ち籠める
②排気孔、煙突、同”囪”
③麻の茎を束ねて作った燈(あかり)
【燫】火4+13=総画数17 U+71EB [レン/] 【熑】[火广ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼廉燫]
①「燫熪」、火が消えないさま
【燬】火4+13=総画数17 U+71EC [キ/] 【㷐𤐘𤌋𤈦】[火ノEヨ臼土ク刀几又殳毀燬]
①火、激しく燃える火
②燃やす、焼く
【燭】火4+13=総画数17 U+71ED [ショク、ソク/ともしび] 【爥】[火四罒ノ𠃌勹中虫蜀燭]
①火で辺りを照(て)らす、明かりを灯(とも)す、同”曯”
②火を点(つ)け明(あ)かりとするもの、明かり、同簡”烛”
【燮】火4+13=総画数17 U+71EE [ショウ/] 【爕㸉𣀢夑】[火2言又燮]
①幾つかのもの(多くのもの)の釣り合いを取る、程好(ほどよ)くする
注解:「”𤍛(じっくりと火を通)”して程好い味にする」の意
漢字林(非部首部別)
【燯】火4+13=総画数17 U+71EF [レイ、リョウ/] 【爧】[火雨人𠆢一亼I|丨フ𠃌卩令零燯]
①炎が明るく光るさま
【燰】火4+13=総画数17 U+71F0 [ワイ/] [火ノツ爪爫爫ワ冖心ノ又夊夂𢖻愛燰]
①灰を被せた火、同”煨”
【燱】火4+13=総画数17 U+71F1 [イ/] [火立日音心意燱]
①「惟燱」、人名、明代恭和王の六子
【燲】火4+13=総画数17 U+71F2 [キョウ/] [火カ力3劦目ハ貝䝱燲]
①火から立ち昇る熱気
【燳】火4+13=総画数17 U+71F3 [ショウ/] [火日刀口召昭、丶4灬照燳]
①火の光が辺(あた)りを照らす
【燴】火4+13=総画数17 U+71F4 [カイ、ケ/] 【烩】[火人𠆢一亼口ソ日会會燴]
①食材を油で炒(いた)めてから水溶き片栗粉などを加えとろみを付ける調理法
②米飯に肉や野菜などを混ぜ合わせ水を加えて煮る調理法
【燵】火4+13=総画数17 U+71F5 [/たつ] [火土羊幸え辶辶達燵]
①[日]「炬燵(こたつ)」、同「火燵」、櫓(やぐら)を組み中に火種を入れ布団などをかぶせた暖房具
【燶】火4+13=総画数17 U+71F6 [ドウ、ノウ、ノ/] 【㶶】[火十2日曰曲厂二レノ辰農燶]
①(飯などが)焦(こ)げる、焦がす
【燷】火4+13=総画数17 U+71F7 [ラン/] 【燣】[火亠口囗2回㐭二小𡭕示禀燷]
①黄色、焦(こ)げたような黄色
【𤎱】火4+13=総画数17 U+243B1 [セン/] 【㷷】[火ノ2隹凵凹雋𤎱]
①汁が少ない肉の羹(あつもの、とろみのあるスープ)
【𤏶】火4+13=総画数17 U+243F6 [オウ/] 【爊𤓏𤒣】[火广コヒ七𠤎匕3比鹿麀𤏶]
①食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”煨”
【𤏷】火4+13=総画数17 U+243F7 [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤑖𤓥𠆡𤑇𤍾熶】[ワ冖木2林大火𤏷]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【𤏺】火4+13=総画数17 U+243FA [ゴウ/い・る] 【熬𤎅】[山2出亠万方ノ一𠂉メ又攵𢾕、丶4灬𤏺]
①強火で熱し(食材の)水分を飛ばす、(食材の)水分がなくなるまで熱する、同”煎”
②じっくりと煮込む
②焦(こが)れるような苦しみに耐える
【𤏻】火4+13=総画数17 U+243FB [ショウ/] 【𤍛𤎬】[火2立十干辛又𤏻]
①じっくりと火を通す、”燮”を参照、「【康熙字典:火部:十三:𤏻】按燮字本訓和據說文玉篇云籀作𤍛則亦可訓作大熟至𤏻𤍛二字但有大熟一義不可訓作和也」
【𤏼】火4+13=総画数17 U+243FC [ジン、ニン/] 【飪饪餁𤇲㶵】[人一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ノ丿土士壬飪火𤏼]
①柔らかくなるまでよく煮込む
【𤏾】火4+13=総画数17 U+243FE [セイ、ショウ/] 【𨢹𨡶𦡅𨢏】[火ノ丿ナ十2廾二十干开リ刂刑西酉𤏾]
①魚を煮込んだ料理
【𤐒】火4+13=総画数17 U+24412 [音未詳/] [火一、丶弋ノ丿戈2戔皿盞𤐒]
①義未詳、【字彙補:六】に「𤐒與盞同」とあり
【𤐗】火4+13=総画数17 U+24417 [リョウ/] 【燎爎】[火大ソ丷火𡗜日昚火𤊽2𤐗]
①野原などに火を放って焼く
②燃え広がる
③火が赤々と燃えるさま、火が辺りを明るく照らすさま
④松明(たいまつ)、篝火(かがりび)
⑤火に当てて熱する、温める
⑥柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”尞””祡”
【𤐘】火4+13=総画数17 U+24418 [キ/] 【燬㷐𤌋𤈦】[火目L乚小県ク刀几又殳𤐘]
①火、激しく燃える火
②燃やす、焼く
【𤐟】火4+13=総画数17 U+2441F [カク、コウ/] 【熇燺】[火ナ𠂇月有冂ノ丿L乚儿ハ八口㕣冏𤐟]
①火の勢いが激しいさま、火が煌々と燃え盛るさま
②焼ける、焼けるように熱いさま
【𤑏】火4+13=総画数17 U+2444F [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ネ示礻一口田畐福、丶4灬𤑏]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤑐】火4+13=総画数17 U+24450 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤓜𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ネ示礻一口田畐福火𤑐]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𩗹】風部
【燸】火4+14=総画数18 U+71F8 [ジュ/] [火雨一冂I|丨2𦉫𦓐而需燸]
①温める
②焼く
【燹】火4+14=総画数18 U+71F9 [セン/] 【𤐨】[一ノ34彡く𧰨豕2豩火燹]
①野火(のび)、野山の草木を焼く火、戦争などの際に起こる家火事
【燺】火4+14=総画数18 U+71FA [カク、コウ/] 【熇𤐟】[火亠口冂口冋2高木槀燺]
①火の勢いが激しいさま、火が煌々と燃え盛るさま
②焼ける、焼けるように熱いさま
【燻】火4+14=総画数18 U+71FB [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 【熏𤋱𤑕】[火千口ソ土、丶4灬黒黑熏燻]
①物を燃やして煙を出す、(虫などを寄せ付けないように)煙を焚き込める
②煙で食材を炙る、薫製にする
③温暖なさま、心地よいさま
【燼】火4+14=総画数18 U+71FC [シン、ジン/] 【烬】[火ヨ十一、丶4灬皿盡燼]
①燃え残り、燃え切らずに残ったもの
②多くの人が犠牲になるような災害や戦争などの後に生き残った人
【燽】火4+14=総画数18 U+71FD [チュウ/] [火土士フエ工一口十、丶寸吋寿壽燽]
①著(いちじる)しい
②同”燾”
【燾】火4+14=総画数18 U+71FE [トウ、ドウ/] 【焘】[土士フエ工一口十、丶寸吋寿壽、丶4灬燾]
①隅々まで覆う、また覆い照らす
漢字林(非部首部別)
【燿】火4+14=総画数18 U+71FF [ヨウ/] [火ンヨ2羽羽ノ2隹翟燿]
①火が明るく輝(かがや)く
【爀】火4+14=総画数18 U+7200 [カク、キャク/] [火土亠ノ丿I|丨ハ亦赤2赫爀]
①赤々とした火、火のように赤々としたさま
【爂】火4+14=総画数18 U+7202 [ヒョウ/] [亍冂一口亍同ノEヨ臼ワ冖火爂]
①脆(もろ)い、崩れやすい、解(ほぐ)れやすい
漢字林(非部首部別)
【爃】火4+14=総画数18 U+7203 [エイ/] [火火2炏ワ冖𤇾木栄榮爃]
①「朱日爃」、人名
【爄】火4+14=総画数18 U+7204 [レツ、レチ/] [火厂サ十2艹艹田甲冂ム厶禸禺萬厲爄]
①火を消す
②火で焼き切る
【𤐦】火4+14=総画数18 U+24426 [シ/] 【熾炽𤎷𢧾𢨙𧹹𥏛】[二ム厶2日晉一、丶弋ノ丿戈戩火𤐦]
①火の勢いが激しいさま、赤々と燃え盛るさま
【𤐧】火4+14=総画数18 U+24427 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐸𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾一口田畐稫火𤐧]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤐨】火4+14=総画数18 U+24428 [セン/] 【燹】[火Tハ冂メ㐅乂2爻4爾𤐨]
①野火(のび)、野山の草木を焼く火、戦争などの際に起こる家火事
【𤐪】火4+14=総画数18 U+2442A [リン/] 【燐𤒑】[火2炎タ夕ヰ㐄舛㷠3𤐪]
①(黄燐などのように)自然発火し空中を動き回る青白い火、鬼火(おにび、空中を動き回る青白い火、古く原因が分からず鬼が点けた火と考えられた)、螢火(ほたるび、ホタルが放つような光)、人魂(ひとだま、空中を動き回る青白い火、古く死者の体から離れ出た魂と考えられた)、同”粦”
②[日]リン(燐、P、Phosphorus)、元素名、同”磷”{リン}
【𤐫】火4+14=総画数18 U+2442B [ヒョウ/] 【熛𤒾𤌑㶾】[ノEヨ臼𦥑丿ノ口囗メ㐅龱囟一火灭𤐫]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ
②風が舞い上がる、旋風(せんぷう、つむじかぜ)、同”飄””飆”
③「𤐫矢(ひょうし)」、火矢(ひや)、鏃(やじり、矢の先端の部分)に火をつけ飛ばす矢
漢字林(非部首部別)
【𤐬】火4+14=総画数18 U+2442C [セキ、シャク/あぶ・る] 【炙䏑𦜡𦛧𤒗】[タ夕、丶2火炙木口束2𤐬]
①(肉を)火に翳(かざ)す、火に翳(かざ)して(表面を)焼く
【𤐯】火4+14=総画数18 U+2442F [ヤク/] 【爚𤓀𤍼】[火人𠆢一亼口2吅冂十2卄冊𠕁𠎤𤐯]
①火が明々(あかあか)と光る、火が辺りを明るく照らす
②湯で煮(に)て柔らかくする、同”瀹”
【𤐷】火4+14=総画数18 U+24437 [音未詳/] [火广コヒ七𠤎匕2比鹿土塵𤐷]
①弱火で火を通す、同”𤇯”
【𤐸】火4+14=総画数18 U+24438 [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𥣇𤓞𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾一口田畐稫、丶4灬𤐸]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤑃】火4+14=総画数18 U+24443 [カン、ケン/] [タ夕、丶2火炙ハ八ノ丿2ソ丷一䒑ヨ小木兼𤑃]
①小麦粉などで作った皮に包み込む肉の餡
【𤑅】火4+14=総画数18 U+24445 [エン、オン/] 【偃𠍾】[イ人亻匚日ウ宀女安晏𠍾、丶4灬𤑅]
①仰向(あおむ)けに倒れる、顔を上に向けて体を横たえる、前向きは「仆」
②体を横にする、伏せる、横たわって休む
③動きを止(と)める、止(や)める
④堰(せき)、堰き止める、同”堰”
【𤑆】火4+14=総画数18 U+24446 [カン、ゼン、ネン/] 【熯㸁】[火十2廿口人ソ土𡏳𤑆]
①火に当たって乾く、水分が蒸発する、同”焊”
②火に当てて焼く
③畏(かしこ)まり恐れ入るさま
【𤑇】火4+14=総画数18 U+24447 [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤏷𤑖𤓥𠆡𤍾熶】[冂人𠔿ワ冖木2林火焚𤑇]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【𤑑】火4+14=総画数18 U+24451 [エン/ほのお] 【焔焰熖㷔𤒰𦥿】[火ク口日ノ丿L乚儿免2𤑑]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
【𤑒】火4+14=総画数18 U+24452 [エイ/] 【熭𣊄】[サ十2艹艹ノ三|十3丰2ヨ彗蔧火𤑒]
①火や太陽の光に当てて乾かす
【𤑔】火4+14=総画数18 U+24454 [ゼツ、ネチ/] 【爇𦶟】[サ十2艹艹土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶火𤑔]
①焼く、燃やす、同”焫”
【㸅】火4+15=総画数19 U+3E05 [セツ、セチ/] [火竹白ヒ七𠤎匕皀I|丨フ𠃌卩卽節㸅]
①蝋燭(ろうそく)の燃え残り、余燼
②灰を被せた火
【㸉】火4+15=総画数19 U+3E09 [ショウ/] 【燮爕𣀢夑】[火2立十干辛火㸉]
①幾つかのもの(多くのもの)の釣り合いを取る、程好(ほどよ)くする
注解:「”𤍛(じっくりと火を通)”して程好い味にする」の意
【爁】火4+15=総画数19 U+7201 [ラン/] [火匚コ巨臣ノ一𠂉二皿監爁]
①火が勢いよく燃え広がる
【爅】火4+15=総画数19 U+7205 [ボク/] [火口ソ土、丶4灬黒黑土墨墨爅]
①火が燃えるさま
【爆】火4+15=総画数19 U+7206 [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【𤒁𤒺𤑥𤓊𤋪】[火日十2艹一龷ハ八共ンく水氺㳟暴爆]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【爇】火4+15=総画数19 U+7207 [ゼツ、ネチ/] 【𤑔𦶟】[サ十2艹艹土ハ八一ノ丿L乚儿兀圥2坴九、丶丸埶蓺、丶4灬熱爇]
①焼く、燃やす、同”焫”
【爈】火4+15=総画数19 U+7208 [リョ、ロ/] [火⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨心思慮爈]
①山焼(やまやき)、山の草木を焼くこと
【爉】火4+15=総画数19 U+7209 [ロウ、リョウ/] 【𤎞】[火く𡿨3巛口メレ2、丶4巤爉]
①火が燃えるさま
②火の燃える音
【爊】火4+15=総画数19 U+720A [オウ/] 【𤏶𤓏𤒣】[火广コヒ七𠤎匕2比鹿、丶4麃爊]
①食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”煨”
【爌】火4+15=総画数19 U+720C [コウ/] [火广十2廿一田由ハ八黄黃廣爌]
①大きな炎が明るく輝く
【爍】火4+15=総画数19 U+720D [シャク/] 【烁】[火白くム厶幺2楽樂爍]
①ぎらぎらと光り輝(かがや)く
②火で焼かれように熱いさま
③金属などを熱して溶(と)かす、同”鑠”
【爎】火4+15=総画数19 U+720E [リョウ/] 【燎𤐗】[火ウ宀大ソ丷火𡗜昚日小𣌢尞寮爎]
①野原などに火を放って焼く
②燃え広がる
③火が赤々と燃えるさま、火が辺りを明るく照らすさま
④松明(たいまつ)、篝火(かがりび)
⑤火に当てて熱する、温める
⑥柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同”尞””祡”
【爑】火4+15=総画数19 U+7211 [ショウ、シャク、サク/] 【燋熦焳】[火サ十2艹艹ノ2隹、丶4灬焦蕉爑]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”爝”
②焦(こ)がす
③亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)に使う木
④「爑𤎋(しょうすい)」、同「憔悴」、苦労や心痛などで痩(や)せ衰える
【爕】火4+15=総画数19 U+7215 [ショウ/] 【燮㸉𣀢夑】[火3言爕]
①幾つかのもの(多くのもの)の釣り合いを取る、程好(ほどよ)くする
注解:「”𤍛(じっくりと火を通)”して程好い味にする」の意
漢字林(非部首部別)
【爗】火4+15=総画数19 U+7217 [ヨウ/] 【燁烨㷸𤑼𤑻𤍞㒯】[火日サ十2艹艹三十23華曅爗]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【𤑖】火4+15=総画数19 U+24456 [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤏷𤓥𠆡𤑇𤍾熶】[ウ宀木2林火2炎𤑖]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【𤑗】火4+15=総画数19 U+24457 [リョウ、ソウ、ショウ/] [タ夕、丶2火炙く𡿨3巛田甲木果巣巢𤑗]
①肉を炙(あぶ)る、焼く、同”爒””𤍒”
【𤑜】火4+15=総画数19 U+2445C [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煮煑𤆯𤑨𢐼䰞𩱰】[弓2弜土ノ耂日者、丶者、丶4灬𤑜]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
【𤑡】火4+15=総画数19 U+24461 [ソウ、ショウ/いた・める、い・る] 【炒㶤𤊛𤈓𢐨】[火ノ三|十3丰2ヨ彗心慧𤑡]
①鍋などに油を引き食材を入れて掻き混ぜがら熱を加える、基本的にはじっくりと食材の芯まで火を通することではなく表面にさっと火を通すこと、「煎」を参照
【𤑥】火4+15=総画数19 U+24465 [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【爆𤒁𤒺𤓊𤋪】[火日山2出𣅽ハ八ノ三|十3丰𤑥]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【𤑨】火4+15=総画数19 U+24468 [ショ、シャ/に・る、に・える] 【煮煮煑𤆯𤑜𢐼䰞𩱰】[弓2弜土ノ耂日者、丶者火𤑨]
①湯やスープに入れてよく熱を通す
【𤑩】火4+15=総画数19 U+24469 [シン、ジン/] 【燖】[タ夕、丶2火炙ヨノ丿尹口君、丶4灬𤑩]
①温める、同”燅”
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燂””爓”
【𤑱】火4+15=総画数19 U+24471 [キ、ケ/] 【煇】[火羽羽ワ冖車軍翬𤑱]
①明々と光り輝く
②火が赤々と燃えるさま、赤い、赤色
【𤑺】火4+15=総画数19 U+2447A [ベキ、ミャク/] [火ワ冖目Lノ「爿」片鼎鼏𤑺]
①「𤑺䤙」、牛や羊などの乳の沈殿物を乾燥させたもの、チーズまたチーズの類
【㸈】火4+16=総画数20 U+3E08 [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【焦𤒏𤓬𤊙𤓪】[ノ2隹2雔火㸈]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
【㸋】火4+16=総画数20 U+3E0B [ハン、ボン、バン/] 【膰𥛮】[タ夕、丶2火炙ノ木禾ソ米釆田番㸋]
①祭礼の際に供える焼いた肉、生肉は「脤」、同”燔”
【爋】火4+16=総画数20 U+720B [クン/] [火千口ソ土、丶4灬黒黑熏カ力勳爋]
①炎や煙が立ち昇るさま
②燻す
【爏】火4+16=総画数20 U+720F [レキ/] 【㷴】[火厂ノ木禾2秝厤⺊上止歴歷爏]
①義未詳、【康熙字典】に「《集韻》火貌」とあり
【爐】火4+16=総画数20 U+7210 [ロ、ル/] 【炉】[火⺊フ乛ノ丿七虍田𧆨皿盧爐]
①火を焚き物を温めたり焼いたりする設(しつら)え、竈(かまど)や「焜炉(こんろ)」「暖炉(だんろ)」「囲炉裏(いろり)」
【爒】火4+16=総画数20 U+7212 [リョウ/] 【𤒧】[タ夕火大ソ丷火𡗜昚日小𣌢尞爒]
①肉を炙(あぶ)る、焼く、同”𤑗”
【爓】火4+16=総画数20 U+7213 [エン、シン、ジン/] 【𤓁】[火門ク𠂊ノEヨ臼臽閻爓]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔”
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燖”
【爔】火4+16=総画数20 U+7214 [キ/] 【𤓚燨】[火ソ三王羊𦍌ノ木禾一Lフ𠃌丂一、丶弋ノ丿戈羲爔]
①赤々とした火、またその色
漢字林(非部首部別)
【爖】火4+16=総画数20 U+7216 [ロウ/] [火立月ヒコL乚三龍爖]
①火、火を点(つ)ける
【爘】火4+16=総画数20 U+7218 [サン/] [火ト卜⺊タ夕歺又𣦼人、丶ヨレノ艮良食餐爘]
①義未詳
【𤑕】火4+16=総画数20 U+24455 [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 【熏𤋱燻】[火千口ソ土、丶4灬黒黑熏カ力勳𤑕]
①物を燃やして煙を出す、(虫などを寄せ付けないように)煙を焚き込める
②煙で食材を炙る、薫製にする
③温暖なさま、心地よいさま
【𤑳】火4+16=総画数20 U+24473 [ショウ/] 【𤎻】[火サ十2艹艹ヨ」片Lノ「爿𣶒肅蕭𤑳]
①焼く、燃やす
【𤑴】火4+16=総画数20 U+24474 [トン、シュン、ジュン/] 【焞】[火亠口日曰亯I|丨2ト卜⺊卝二十干⺸𦎧𤑴]
①明るい、火が赤々と燃えるさま
②吉凶を占うために亀の甲を焼く(亀卜、きぼく)ための火
③「𤑴𤑴」、弱い光が輝くさま、盛大なさま
【𤑵】火4+16=総画数20 U+24475 [ソウ、ショウ/] 【煼𤌉𤊝𤌝𤈗𤌽𤌖】[弓2弜ノ𠃌勹凵山ノ丿屮2芻𢐨火𤑵]
①炙(あぶ)る、焼く
【𤑶】火4+16=総画数20 U+24476 [セン、ゼン、タン、ドン/] 【燂𤓠】[西覀襾日十早覃火2炎𤑶]
①肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燅”
【𤑻】火4+16=総画数20 U+2447B [ヨウ/] 【燁烨㷸爗𤑼𤍞㒯】[火日十土士2十2廿4一𤑻]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【𤑼】火4+16=総画数20 U+2447C [ヨウ/] 【燁烨㷸爗𤑻𤍞㒯】[火日I|丨人2从仌4𠈌4二一Lフ𠃌丂亏𤑼]
①(火が)明るく光るさま、華やかに光るさま
【𤑽】火4+16=総画数20 U+2447D [ギョウ、ゴウ/わざ] 【業业𤎸】[口ソ丷一䒑火2𤑽]
①鍾(しょう)や磬(けい)などの打楽器を吊るすための横木(筍)の上の横板、吊るした楽器の位置が演奏中にずれないように凹みや突起がついていたという、「业」はそれを象ったもの、同”㸣””𢄁”
②(特に生活するための)仕事、仕事をする、それによって得た財産、「産業」は中国では「資産・私有財産」のこと
③学問、技芸
④行い、行為、それによって受ける報い
⑤既に
【𤑾】火4+16=総画数20 U+2447E [スイ、ズイ/ひうち] 【𤎩𤒮𤓫𨽵】[ろ3I|丨阜阝ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸え辶辶遂隧火𤑾]
①赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”燧”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【𤒁】火4+16=総画数20 U+24481 [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【爆𤒺𤑥𤓊𤋪】[火日山2出𣅽大小、丶2㣺𤒁]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【𤒂】火4+16=総画数20 U+24482 [ヨウ/] 【曜𪏌𣇪】[⺊上止日火ノ2隹𤒂]
①陽の光が明るく輝(かがや)く、眩(まばゆ)く輝く
②太陽・月と水金火木土星の七つの明るく光る天体、総称して「七曜(しちよう)」といい、これを一週間の各日に当てたものが「曜日」
【𤒅】火4+16=総画数20 U+24485 [ショウ/] 【𪚰𪚱】[火ノ口ク[コL乚ヨメ2亀龜𤒅]
①亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)ではっきりとしたひび割れができずに判断できないさま
【𤒍】火4+16=総画数20 U+2448D [音未詳/] [十2日曰曲火𤒍]
①義未詳
【𤒏】火4+16=総画数20 U+2448F [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【焦𤓬𤊙㸈𤓪】[ノ2隹2雔、丶4灬𤒏]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
【𤒑】火4+16=総画数20 U+24491 [リン/] 【燐𤐪】[火サ十2艹艹米タ夕ヰ㐄舛粦𤒑]
①(黄燐などのように)自然発火し空中を動き回る青白い火、鬼火(おにび、空中を動き回る青白い火、古く原因が分からず鬼が点けた火と考えられた)、螢火(ほたるび、ホタルが放つような光)、人魂(ひとだま、空中を動き回る青白い火、古く死者の体から離れ出た魂と考えられた)、同”粦”
②[日]リン(燐、P、Phosphorus)、元素名、同”磷”{リン}
【𤒓】火4+16=総画数20 U+24493 [フ/] [一、丶弋ノ丿戈口或2𢨋一火灭𤒓]
①火が盛んに燃え上がるさま
【𤒔】火4+16=総画数20 U+24494 [ハク/] [火糸十田由用、丶甫十、丶寸専尃縛𤒔]
①義未詳、「【字彙補:六:火部】𤒔伯各切音煿見篇韻」
【𤒗】火4+16=総画数20 U+24497 [セキ、シャク/あぶ・る] 【炙䏑𦜡𦛧𤐬】[タ夕、丶2火炙木冂巾朿2棗𤒗]
①(肉を)火に翳(かざ)す、火に翳(かざ)して(表面を)焼く
【𪚱】火4+16=総画数20 U+2A6B1 [ショウ/] 【𪚰𤒅】[火クコL乚ヨ2メ亀龜𪚱]
①亀卜(きぼく、亀の甲を焼きそのひび割れの具合で吉凶を占う)ではっきりとしたひび割れができずに判断できないさま
【爙】火4+17=総画数21 U+7219 [ジョウ、ニョウ/] [火亠口2吅三ノ丿2レ衣𧘇襄爙]
①火
【爚】火4+17=総画数21 U+721A [ヤク/] 【𤓀𤐯𤍼】[火人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠爚]
①火が明々(あかあか)と光る、火が辺りを明るく照らす
②湯で煮(に)て柔らかくする、同”瀹”
【爛】火4+17=総画数21 U+721B [ラン/ただ・れる] 【爤烂】[火門木口束ソ柬闌爛]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同”燗”
②形が崩れる、柔らかくなって元の形がなくなる、ぐじゃぐじゃになる、ふにゃふにゃになる
③明るく光り輝くさま、同”𠓖”
【飊】風部
【鶯】鳥部
【𤒡】火4+17=総画数21 U+244A1 [レン、エン/] 【𤒦𤒥】[人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノフ乛人欠歛火𤒡]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔””爓”
【𤒣】火4+17=総画数21 U+244A3 [オウ/] 【爊𤏶𤓏】[タ夕、丶2火炙广コヒ七𠤎匕3比鹿麀𤒣]
①食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”煨”
【𤒥】火4+17=総画数21 U+244A5 [レン、エン/] 【𤒦𤒡】[人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ一𠂉メ又攵斂火𤒥]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔””爓”
【𤒦】火4+17=総画数21 U+244A6 [レン、エン/] 【𤒥𤒡】[火人𠆢一亼口2吅人2从3僉ノ一𠂉メ又攵斂𤒦]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔””爓”
【𤒧】火4+17=総画数21 U+244A7 [リョウ/] 【爒】[タ夕、丶2火炙大ソ丷火𡗜日昚火𤊽2𤒧]
①肉を炙(あぶ)る、焼く、同”𤑗”
【𤒮】火4+17=総画数21 U+244AE [スイ、ズイ/ひうち] 【𤎩𤑾𤓫𨽵】[ノコ口3阜𨸏ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸火𤒮]
①赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”燧”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【𤒰】火4+17=総画数21 U+244B0 [エン/ほのお] 【焔焰熖㷔𤑑𦥿】[火ク口ヒ七𠤎匕2比㲋ク口日ノ丿L乚儿免、丶兔毚𤒰]
①炎の先の舌のような形をした部分、同”炎””爓”
【㸎】火4+18=総画数22 U+3E0E [ジョウ、ニョウ/] [火耳2聑3聶㸎]
①ほんのりと温かい
【爜】火4+18=総画数22 U+721C [ソウ/] [火ソ业ソ三王羊𦍌2丵耳又取叢爜]
①火が燃えるさま
【爝】火4+18=総画数22 U+721D [シャク、サク/] 【𤓡𤓄】[火ノツ爪爫爫目日レム厶十、丶寸爵爝]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”燋”
②松明の火の粉(ひのこ)で祓い清める
【爞】火4+18=総画数22 U+721E [チュウ、ジュウ/] [火中虫2䖵3蟲爞]
①熱気が立ち籠(こ)めるさま、同”烛”
②「爞爞(ちゅうちゅう)」、薫(た)き込める、「【爾雅:釋訓】爞爞炎炎,薰也」
【爟】火4+18=総画数22 U+721F [カン/] [火サ十2艹艹口2吅ノ2隹雚爟]
①松明(たいまつ)
②烽火(のろし)
【爠】火4+18=総画数22 U+7220 [音未詳/] [火目2䀠ノ2隹瞿爠]
①義未詳
【爡】火4+18=総画数22 U+7221 [サツ、タツ/] [火サ十2艹艹田甲冂ム厶禸禺萬中虫蠆爡]
①「爡焥」、煙が立ち籠めるさま
【𤒺】火4+18=総画数22 U+244BA [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【爆𤒁𤑥𤓊𤋪】[火日山2出𣅽大米㬥𤒺]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【𤒾】火4+18=総画数22 U+244BE [ヒョウ/] 【熛𤐫𤌑㶾】[火ノEヨ臼𦥑丿ノ口囗メ㐅龱囟一火灭𤐫2𤒾]
①火が舞い上がる、火が宙(ちゅう)を飛ぶ
②風が舞い上がる、旋風(せんぷう、つむじかぜ)、同”飄””飆”
③「𤒾矢(ひょうし)」、火矢(ひや)、鏃(やじり、矢の先端の部分)に火をつけ飛ばす矢
【𤓀】火4+18=総画数22 U+244C0 [ヤク/] 【爚𤐯𤍼】[火人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊二8𠕋𤓀]
①火が明々(あかあか)と光る、火が辺りを明るく照らす
②湯で煮(に)て柔らかくする、同”瀹”
【𤓁】火4+18=総画数22 U+244C1 [エン、シン、ジン/] 【爓】[火門ノ2I|丨ノツ爪爫爫ノEヨ臼舀𨶒𤓁]
①火焔(かえん)、炎(ほのお)、同”炎””焔”
②肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燖”
【𤓄】火4+18=総画数22 U+244C4 [シャク、サク/] 【爝𤓡】[火木ワ冖ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ヒ七𠤎匕鬯又𤓄]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”燋”
②松明の火の粉(ひのこ)で祓い清める
【㸏】火4+19=総画数23 U+3E0F [ビ、ミ/] 【𤓒爢】[广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻一6三2非靡火㸏]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまで火を通す、また煮る
②ばらばらになる、散り散りになる
【㸐】火4+19=総画数23 U+3E10 [ゼン、ネン/] 【𤓉𤓌𧆋䖄】[十2廿口二人大夫𦰩ノ2隹難、丶4灬㸐]
①焼く、燃やす、同”燃”
漢字林(非部首部別)
【爢】火4+19=総画数23 U+7222 [ビ、ミ/] 【𤓒㸏】[广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻一6三2非靡、丶爢]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまで火を通す、また煮る
②ばらばらになる、散り散りになる
【𤓉】火4+19=総画数23 U+244C9 [ゼン、ネン/] 【㸐𤓌𧆋䖄】[十2廿口二人大夫𦰩ノ2隹難難火𤓉]
①焼く、燃やす、同”燃”
漢字林(非部首部別)
【𤓊】火4+19=総画数23 U+244CA [ハク、ホク、ホウ、ヒョウ、バク/は・ぜる] 【爆𤒁𤒺𤑥𤋪】[火日山2出𣅽大言𧬉𤓊]
①は・ぜる、火が弾(はじ)ける、火が勢いよく飛び散る
②(熱を加えることで)物が破裂し激しい勢いで飛び散る、炸裂(さくれつ)する
③急に膨(ふく)れる
④食材を熱い油にさっと通す調理法、炒(いた)める
【𤓌】火4+19=総画数23 U+244CC [ゼン、ネン/] 【𤓉㸐𧆋䖄】[火十2廿口二人大夫𦰩ノ2隹難難𤓌]
①焼く、燃やす、同”燃”
【𤓏】火4+19=総画数23 U+244CF [オウ/] 【爊𤏶𤒣】[タ夕、丶2火炙广コム厶2厸、丶4灬𤓏]
①食材を包み火を埋めた灰の中で火を通す、同”煨”
【𤓐】火4+19=総画数23 U+244D0 [コウ、キョウ/] 【耿】[日⺊上止龰是耳火耿、丶4灬𤓐𤓐]
①明るい、明るく光る
②意思が固いさま
③不安なさま
【𤓒】火4+19=総画数23 U+244D2 [ビ、ミ/] 【㸏爢】[火广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻一6三2非靡𤓒]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまで火を通す、また煮る
②ばらばらになる、散り散りになる
【𤓖】火4+19=総画数23 U+244D6 [音未詳/] [糸2絲言䜌火𤓖]
①義未詳、”燮(しょう、調える、調和させる)”の異体字か?、「【石屏詩集:卷一】一願善調𤓖二願強加飯三願保太平官職日九轉」
【爣】火4+20=総画数24 U+7223 [トウ/] [火ソハ小ワ冖龸冂口冋尙尚口ソ土、丶4灬黒黑黨爣]
①「爣烺(とうろう)」、明るい光が四方に広がるさま
【𤓚】火4+20=総画数24 U+244DA [キ/] 【爔燨】[火羊ソ三王羊𦍌ノ木禾一Lフ𠃌丂一、丶弋ノ丿戈羲爔、丶4灬𤓚]
①赤々とした火、またその色
【𤓝】火4+20=総画数24 U+244DD [ヤク/] [火サ十2艹艹人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠蘥𤓝]
①火が明々(あかあか)と光る、火が辺りを明るく照らす、同”爚”
②天子が執(と)り行う祭礼の名、周(前11世紀~前3世紀)代の夏の祭礼、同”礿”
【爤】火4+21=総画数25 U+7224 [ラン/ただ・れる] 【爛烂】[火サ十2艹艹門木口束ソ柬闌蘭爤]
①形が崩れるほどに柔らかくなるまでじっくり煮る、同”燗”
②形が崩れる、柔らかくなって元の形がなくなる、ぐじゃぐじゃになる、ふにゃふにゃになる
③明るく光り輝くさま、同”𠓖”
【爥】火4+21=総画数25 U+7225 [ショク、ソク/ともしび] 【燭】[火コノ丿尸ニ二2ンくI|丨四罒ノ𠃌勹中虫蜀屬爥]
①火で辺りを照(て)らす、明かりを灯(とも)す、同”曯”
②火を点(つ)け明(あ)かりとするもの、明かり、同”烛”
【𤓜】火4+21=総画数25 U+244DC [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓞𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍一口田畐䵗、丶4灬𤓜]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤓞】火4+21=総画数25 U+244DE [ヒョク、ビキ/] 【煏𤐧𤐸𥣇𤓜𤑐𤑏𤎪㷶𤏛𤏹𤌈𥻅】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍一口田畐䵗火𤓞]
①焙(あぶ)って乾かす、火に当てて水分を飛ばす
【𤓟】火4+21=総画数25 U+244DF [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤏷𤑖𤓥𠆡𤑇𤍾熶】[ノEヨ臼𦥑メ㐅乂2爻ワ冖𦥯火2炎3焱𤓟]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【𤓠】火4+21=総画数25 U+244E0 [セン、ゼン、タン、ドン/] 【燂𤑶】[火ト卜口囗占ノ丿メ、丶4𠂭鹵日口凵I|丨丁𣆪𪉷𤓠]
①肉を湯に入れゆっくりとじっくりと火を通す、柔らかくなるまで火を通す、同”燅”
【𤓡】火4+21=総画数25 U+244E1 [シャク、サク/] 【爝𤓄】[火ノツ爪爫爫四罒ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ヒ七𠤎匕鬯又𩰥𤓡]
①アサ(麻)やアシ(葦)の茎を束ねた灯(あかり)、松明(たいまつ)、同”燋”
②松明の火の粉(ひのこ)で祓い清める
【㸑】火4+22=総画数26 U+3E11 [サン/かし・ぐ] 【爨𤓟𤏷𤑖𤓥𠆡𤑇𤍾熶】[冂一口同ノEヨ臼ワ冖木2林火焚㸑]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【爦】火4+22=総画数26 U+7226 [ラン/] [火匚コ巨臣ノ一𠂉二四罒目見覽爦]
①義未詳
【𤓥】火4+22=総画数26 U+244E5 [サン/かし・ぐ] 【爨㸑𤓟𤏷𤑖𠆡𤑇𤍾熶】[亠目2䀠ワ冖木2林冧木2林、丶4灬㷊𤓥]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
【爧】火4+24=総画数28 U+7227 [レイ、リョウ/] 【燯】[火雨口2吅3𠱠霝エ工人2巫靈爧]
①炎が明るく光るさま
【𤓪】火4+24=総画数28 U+244EA [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【焦𤒏𤓬𤊙㸈】[ノ2隹2雔3雥火𤓪]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
【𤓫】火4+24=総画数28 U+244EB [スイ、ズイ/ひうち] 【𤎩𤑾𤒮𨽵】[ノコ口3阜𨸏2匚6𨺅ハ八ソ一ノ34彡く𧰨豕㒸𨽡火𤓫]
①赤々とした火を立ち昇らせて目印とする合図、夜間に上げる合図、同”燧”、昼間の合図は煙を立ち昇らせる「烽」
【𤓬】火4+24=総画数28 U+244EC [ショウ/あせ・る、こ・げる、こ・がす、じ・れる、じ・らす] 【焦𤒏𤊙㸈𤓪】[ノ2隹2雔3雥、丶4灬𤓬]
①焼けて(黒く)色が変わる、またちりちり(縮んで皴が寄るさま)になる
②焼けて臭いがする
③心中が焼けるように熱くなる、苛々(いらいら)して気ばかりが急(せ)く、先走る気持ちに体が付いて行かない
【爨】火4+25=総画数29 U+7228 [サン/かし・ぐ] 【㸑𤓟𤏷𤑖𤓥𠆡𤑇𤍾熶】[冂一口同ノEヨ臼ワ冖木2林大火𤏷爨]
①竈(かまど)
②竈で飯を炊(た)く、また煮炊きする
漢字林(非部首部別)
【𠆡】亠部
【爩】火4+29=総画数33 U+7229 [ウツ/] [火木2ノ一𠂉二十干山缶ワ冖ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ヒ七𠤎匕鬯ノ丿3彡鬱爩]
①煙が出るさま、煙が立ち籠めるさま
【𤓮】火4+29=総画数33 U+244EE [ウツ、ウチ、イ/の・す] 【熨𣂊】[木2ノ一𠂉二十干山缶ワ冖ノ丿メ、丶4𠂭メ㐅凵凶𠚍ヒ七𠤎匕鬯ノ丿3彡鬱火𤓮]
①ぴったりと押し当てる、押し当てて平らにする
②衣服などの皺を展(の)ばす炭火を入れた底の平らな道具、アイロン(iron)、「火熨斗(ひのし)」「熨斗(のし)」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 火部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です