総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [植物用語集] 「か行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら~

外花被(がいかひ)

雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)の外側にあって、これを保護する役目のある花冠(かかん、花弁の総称)と、花冠を保護する役目のある萼(がく、萼片の総称)を、合わせて花被(かひ)といいます。
この花被のうち、萼に相当する部分を外花被(がいかひ)といいます。
花冠(花弁)に相当する部分は、内花被(ないかひ)といいます。
花被

花冠(かかん)

雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)の外側にある部分の一枚一枚を、花弁(かべん、一般には「花びら」)といい、それら花弁全体を、花冠といいます。
花冠は、雌蕊と雄蕊を保護する役目があります。
花冠は、
に区分されます。
更にその外側にあって、通常小さな葉の形をしているものを、萼(がく、萼の一枚一枚を萼片)といいます。
また、花弁に相当する部分を内花被(ないかひ)、萼に相当する部分を外花被(がいかひ)ともいいます。
花冠

萼(がく)

花冠(かかん、花びら全体)の外側にある、通常小さな葉の形をしているもの一つ一つを萼片(がくへん)といい、この萼片を総称して、萼(がく)といいます。
萼には、花冠を下から支える役目があります。
この萼の外側に、更に、萼がある場合があります。これを副萼(ふくがく)といいいい、その一つ一つを副萼片(ふくがくへん)といいます。
花冠と萼は、合わせて花被(かひ)と呼びます。
また、花弁に相当する部分を内花被(ないかひ)、萼に相当する部分を外花被(がいかひ)ともいいます。
萼に似た苞(ほう)というものがありますが、萼は花冠を支える役を担うのに対して、苞は、開花前の蕾全体を包み保護する役を担います。
萼 萼
萼が、大きく発達して、花のように見えるものを、装飾花(そうしょくか)といいます。
アジサイ、などがその代表的な例です。
装飾花

萼片(がくへん)

花冠(かかん、花びら全体)の外側にある、通常小さな葉の形をしているものを萼(がく)といいますが、その一つ一つを萼片(がくへん)といいます。
萼(がく)

学名(がくめい)

植物の学名(scientific name)は「国際植物命名規約」によって定められ、ラテン語で表記します。
属名と種小名の組み合わせで学名とし、通常は斜体で表記します。
また、この学名で表現できない場合に、以下のような表記法を用います。
略号用例(学名)和名
cv.Prunus kanzakura cv. Kawazu-zakuraサクラ '河津桜'
「cv.」は園芸品種であることを表します。
「Kawazu-zakura河津桜」は、「カンザクラPrunus kanzakuraの園芸品種」、という意味になります。
また、「Prunus kanzakura 'Kawazu-zakura'、カンザクラ '河津桜'」のように、"'(シングルクォーテーション)"でくくることもあります。この方が一般的かもしれません。
f.Hydrangea macrophylla f. normalisガクアジサイ
「f.」は品種であることを表します。
「ガクアジサイ」は、「アジサイHydrangea macrophyllaの一品種」、という意味になります。
通常は、色や形が異なる場合に区別するために用いられます。
sp.Citrus sp.ミカン属の一種
「sp.」は「~属の一種」の意味になります。
Citrus sp.」は、「ミカン属Citrusの一種」、という意味になります。
spp.Musa spp.バナナ
「spp.」は「幾つかある~属の一種」の意味になります。
var.Dianthus superbus var. longicalycinusカワラナデシコ
「var.」は変種であることを表します。
「カワラナデシコ」は、「ナデシコ類Dianthus superbusの変種」、という意味になります。
xFragaria x ananassa Duchesneオランダイチゴ
「x」は交雑種であることを表します。
「オランダイチゴ」は、「オランダイチゴ属Fragariaとオランダのアナナス属ananassa Duchesneの交雑種」、という意味になります。
L.Alstroemeria pulchella L.ユリズイセン
「L.」は命名者名で、スウェーデンの植物学者Carl von Linneです。
「ユリズイセン」は、「植物学者Carl von Linneが命名した」、という意味になります。
MakinoAster savatieri Makinoミヤコワスレ
「Makino」は命名者名で牧野富太郎です。
「ミヤコワスレ」は、「牧野富太郎によって命名された」、という意味になります。
Thunb. NakaiSarcandra glabra (Thunb.) Nakaiセンリョウ
「Thunb.」は原命名者名でスウェーデンの植物学者Carl Peter Thunberg、「Nakai」は命名者名で中井猛之進です。
( )は原命名者名を表し、「センリョウ」は、「Carl Peter Thunbergによって命名された学名を、中井猛之進によって変更された」、という意味

花茎(かけい)

花だけを付ける茎(くき)を、花軸(かじく)といいますが、そのうち、(枝や茎から枝分かれしたものではなく、主に草本で)直接地面から伸びる茎に花だけが付く場合に、この茎を花茎といいます。
途中で枝分かれしたり、葉が付くことはありません。
この花茎から枝(柄)を出し、その先に花が付く場合は、花を支える枝(柄)を、花柄(かへい)といいます。
花茎

花糸(かし)

被子植物の花の生殖器官である雄蕊(おしべ、ゆうずい)の一部で、花粉が入っている葯(やく)を支える部分です。
これに対し、雌蕊(めしべ、しずい)柱頭(ちゅうとう)を支える部分を花柱(かちゅう)といいます。
雌蕊・雄蕊 雌蕊・雄蕊

花軸(かじく)

花だけが付く茎や枝を、花軸といいます。
途中で枝分かれしたり、葉が付くことはありません。
花軸のうち、特に、(枝や茎から枝分かれしたものではなく、主に草本で)直接地面から伸びる茎に花だけが付く場合に、この花軸を花茎(かけい)といいます。。
この花軸から枝(柄)を出し、その先に花が付く場合は、花を支える枝(柄)を、花柄(かへい)といいます。
花軸 花茎

花序(かじょ)

(この項は編集途中です)
花のつき方を分類するための言葉です。
分類の方法は幾つかあるのですが、以下の二つに大別されます。

無限花序、総穂花序

下唇(かしん)

花弁(かべん、花びら)が筒状で、その先が上下に別れた花を、唇の形をしていることから唇形花(しんけいか)と呼びますが、その下の部分を下唇といいます。
これに対して、唇形花の上の部分を上唇(じょうしん)といいます。
唇形花

花柱(かちゅう)

被子植物の花の生殖器官である雌蕊(めしべ、しずい)の一部で、受精して発育し果実や種子になる子房(しぼう)から伸びて、花粉を受ける柱頭(ちゅうとう)を支える部分を指します。
これに対し、雄蕊(おしべ、ゆうずい)の、花粉が入っている葯(やく)を支える部分を、花糸(かし)といいます。
雌蕊・雄蕊 雌蕊・雄蕊

花被(かひ)

雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)の外側にあって、これを保護する役目のある花冠(かかん、花弁の総称)と、花冠を保護する役目のある萼(がく、萼片の総称)を、合わせて花被といいます。
花弁に相当する部分を内花被(ないかひ)、萼に相当する部分を外花被(がいかひ)といいます。
花被

花柄(かへい)

茎や枝から伸びて、花を支える役目をする枝を、花柄といいます。
茎の先に直接花が付く場合は、この茎を花茎(かけい)といいます。
花軸 花茎

花弁(かべん)

雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)の外側にある部分の一枚一枚を指し、一般には、花びらと呼ばれます。
この花弁全体を、花冠(かかん)といいます。
花冠

管状花(かんじょうか)

管状(筒状)の花弁(かべん)から成る花を、管状花、或いは、筒状花(とうじょうか)といいます。
また、管状花の先が広がって舌状になったものを、舌状花(ぜつじょうか)といいます。
この管状花の一つ一つが花冠に相当し、それぞれに雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)もあります。
キク、アザミ、などがこの例です。
管状花・舌状花という名は、花弁の形の違いを表す語です。
管状花 管状花

灌木(かんぼく)

低木(ていぼく)

奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう)

一枚の葉が全裂((ぜんれつ)して、複数の独立した葉のように見える葉を複葉といい、その一つ一つの葉を小葉(しょうよう)といいます。
この小葉は、全体が一枚の葉のように(本来は一枚の葉ですので当然といえば当然ですが)、平面上に並びます。
この小葉が三枚以上で、羽状に並ぶものを、羽状複葉(うじょうふくよう)といいますが、その内、頂小葉(ちょうしょうよう、先端の対にならない小葉)があるものを、奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう)といいます。
頂小葉がないものは、偶数羽状複葉といいます。
羽状複葉

旗弁(きべん)

マメ科などに多く見られる蝶のような形の蝶形花(ちょうけいか)の一部で、上に立ち上がる形の花弁を、旗弁といいます。
この旗弁の内側に左右に広がる二枚の花弁を、翼弁(よくべん)、更にその内側で雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)を包む形の花弁を竜骨弁(りゅうこつべん)或いは舟弁(しゅうべん)といいます。
蝶形花

毬果・球果(きゅうか)

木質化した鱗片が重なって球状になったものを、毬果・球果といいます。
中に種があります。
マツ科の球果は、特に「松かさ」とか「松ぼっくり」とか呼ばれます。
毬果・球果

喬木(きょうぼく)

高木(こうぼく)

鋸歯(きょし)

葉縁(ようえん)の分類の一つで、葉の縁に鋸の歯状のギザギザがあるものを、鋸歯といいます。
葉の縁に、ギザギザがないものを全縁(ぜんえん)、毛があるものを毛縁(もうえん)といいます。
鋸歯は、葉の縁の形状(葉縁)を指し、葉の切れ込み方の分類とは別です。
切れ込み方は、欠刻(けっこく)といいます。
葉縁

偶数羽状複葉(ぐうすううじょうふくよう)

一枚の葉が全裂((ぜんれつ)して、複数の独立した葉のように見える葉を複葉といい、その一つ一つの葉を小葉(しょうよう)といいます。
この小葉は、全体が一枚の葉のように(本来は一枚の葉ですので当然といえば当然ですが)、平面上に並びます。
この小葉が三枚以上で、羽状に並ぶものを、羽状複葉(うじょうふくよう)といいますが、その内、頂小葉(ちょうしょうよう、先端の対にならない小葉)があるものを、偶数羽状複葉(きすううじょうふくよう)といいます。
頂小葉があるものは奇数羽状複葉といいます。
これに対し、全裂していない葉を単葉(たんよう)といいます。
全裂した複葉なのか単葉なのかを区別するのは、難しいのですが、幾つかの葉が同じ平面上にあるものは、複葉の可能性が高いですね。
羽状複葉

欠刻(けっこく)

葉の切れ込みをいいます。
欠刻は、切れ込みの深さから、
に分類され、更にその形状から、
に区別されます。
羽状裂 掌状裂

合弁花(ごうべんか)、合弁花冠(ごうべんかかん)

花弁(かべん、一つ一つの花びらのことです)が分離せず合着している花を咲かせる植物を、合弁花といいます。
花冠(かかん、花弁全体を指します)のみを指す場合は、合弁花冠(ごうべんかかん)といいます。
花弁が分離している花を、離弁花(りべんか)といいます。
花冠

高木(こうぼく)

高さが二~三m以上になる樹木で、幹が直立し、その幹から枝を張るもので、喬木(きょうぼく)ともいいます。
樹木を高さで区別する際の目安ですが、明確な定義はありません。
サクラやヒノキなどがあります。
これに対し、高さが約二~三m以下の樹木を低木(ていぼく)といい、主幹がはっきりせず、根元から何本かの枝を出すもので、灌木(かんぼく)ともいいます。
高木低木

互生葉序(ごせいようじょ)、互生(ごせい)

茎に対しての葉の付き方を、葉序(ようじょ)といいますが、このうち、茎から交互に葉が付くものを、互生葉序(一般には互生)といいます。
これに対して、二枚の葉が対になって付くものを対生葉序(たいせいようじょ、一般には対生)、複数の葉が一か所から放射状に付くものを輪生葉序(りんせいようじょ)、一般には輪生)といいます。
<葉序


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です