総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [植物用語集] 「や行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら~

葯(やく)

被子植物の花の生殖器官である雄蕊(おしべ、ゆうずい)の一部で、花粉が入っている部分を、葯(やく)といいます。
雄蕊の、葯を支える部分を花糸(かし)といいます。
これに対し、花粉を受ける部分を、雌蕊(めしべ、しずい)といいます。
雌蕊は、花粉を受ける柱頭(ちゅうとう)、受精して発育し果実や種子になる子房(しぼう)、子房から伸びて柱頭を支える花柱(かちゅう)から成っています。
雌蕊・雄蕊 雌蕊・雄蕊

雄蕊(ゆうずい)

雄蕊(おしべ)

葉腋(ようえき)

葉が茎と接続している部分(葉の付け根)を、葉腋といいます。
腋芽 托葉

葉縁(ようえん)

葉の縁の形状をいいます。
葉縁は、
などに分類されます。
葉縁は葉の縁の形状を指し、葉の切れ込み方の分類とは別です。
葉の切れ込みは欠刻(けっこく)と呼ばれます。
葉縁

葉序(ようじょ)

茎に対し葉の付き方を、葉序といいます。
葉序は、
に区分されます。
葉序

葉鞘(ようしょう)

葉身(ようしん)

葉の一部で、一般に葉と呼ばれる部分を、葉身といいます。
葉は、他に、葉身を支える葉柄(ようへい)と、茎との付け根に生え出る托葉(たくよう)から成ります。
ただ、葉柄がないか目ただないもの、托葉がないものもあります。
葉身

葉柄(ようへい)

葉の一部で、葉身(ようしん、葉の本体)と茎や枝を繋ぐ柄を、葉柄といいます。
葉柄のないもの、目立たないもの、があります。
葉身

葉脈(ようみゃく)

葉に分布する水分や養分を通すための管(動物でいう血管のような働きをする管)を、葉脈といいます。
この葉脈の中で、(一般には葉の中央を走る)もっとも太いものを、主脈(しゅみゃく)といいます。
葉脈は、
に区別されます。
網状脈 平行脈

翼弁(よくべん)

マメ科などに多く見られる蝶のような形の蝶形花(ちょうけいか)の一部で、中央部分の二枚の花弁を、翼のように左右に広がるということから、翼弁といいます。
この翼弁の上部で、上に立ち上がる形の花弁を旗弁(きべん)、翼弁の内側で雌蕊(めしべ、しずい)雄蕊(おしべ、ゆうずい)を包む形の花弁を竜骨弁(りゅうこつべん)或いは舟弁(しゅうべん)といいます。
蝶形花


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です