総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [植物用語集] 「ま行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら~

零余子【むかご】

葉の付け根の芽(腋芽、えきが)などに、養分を貯えて小さな塊となったもの。
この零余子は、落下し、発芽して、新しい個体となります。
葉が多肉化してできるものを珠芽(しゅが)或いは鱗芽(りんが)、茎が肥大化してできるものを肉芽(にくが)とも呼びます。
零余子

雌蕊【めしべ、しずい】

被子植物の花の生殖器官の一部で、花粉を受けて果実や種子になる部分を、雌蕊といいます。
雌蕊は、花粉を受ける柱頭(ちゅうとう)、受精して発育し果実や種子になる子房(しぼう)、子房から伸びて柱頭を支える花柱(かちゅう)から成っています。
これに対し、花粉を作る部分を、雄蕊(おしべ、ゆうずい)といいます。
雄蕊は、花粉が入っている葯(やく)と、葯を支える花糸(かし)から成っています。
雌蕊・雄蕊 蕊 蕊

網状脈【もうじょうみゃく】

葉脈(ようみゃく、葉に分布する水分や養分を通すための管、動物でいう血管のような働きをする管)が、網目状になっているものを、網状脈と呼びます。
双子葉植物に特徴的な葉脈の形です。(単子葉植物の一部にもこの形が見られるものがあります)
これに対し、葉脈が平行になっているものを、平行脈といいます。
双子葉植物とは、被子植物(種子で増えるもの)の種子の中に初めから入っている葉(子葉、しよう)が、二枚のものです。
単子葉植物とは、被子植物(種子で増えるもの)の種子の中に初めから入っている葉(子葉、しよう)が、一枚のものです。
網状脈


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です