総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「黍部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 黍部」 [部首索引


【黍】黍12+0=総画数12 U+9ECD [ショ/きび] 【𥞫𥞆】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍]
◆キビ(黍)、イネ科キビ属の草、また同属の草の称、特に粘り気のある「糯黍(もちきび)」を指す、殻を取り除いたものを「黄米(コウマイ)」という{キビ}
◆「黍稷(ショショク)」◇粘り気がある糯黍(もちきび)と粘り気がない粳黍(うるちきび)、キビの総称◇五穀(ゴコク)、食糧とする穀物の総称
◆「蜀黍(ショクショ)」、モロコシ(唐黍、蜀黍)、イネ科モロコシ属の草、また同属の草の総称、同「高粱(コウリョウ、コーリャン)」{モロコシ}
◆度量衡の単位(キビの実は大きさや重さがほぼ一定であることから)、1粒(黍)=1分(長さ)、1200粒(黍)=1龠(容量)、100粒(黍)=1銖(重量)、「【漢書:卷二十一上:律曆志上】・・・一黍之廣度之九十分黃鐘之長一爲一分・・・以子穀秬黍中者千有二百實其龠・・・一龠容千二百黍重十二銖・・・」
◆きび、部首名
漢字林(非部首部別)
【𪏭】黍12+2=総画数14 U+2A3ED [レイ、ライ/] 【黎㴝𪏯𪏱𥡚菞𦴙】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍リ刂𪏭]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(レイゾク、リーゾク)」「黎民(レイミン)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(レイミン)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
【䵑】黍12+3=総画数15 U+4D51 [ジツ、ニチ/] 【㓿】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍刀、丶刃䵑]
◆粘る、粘りがある
【黎】黍12+3=総画数15 U+9ECE [レイ、ライ/] 【𪏭㴝𪏯𪏱𥡚菞𦴙】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢人ンく水氺黎]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(レイゾク、リーゾク)」「黎民(レイミン)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(レイミン)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
漢字林(非部首部別)
【𨞃】邑部
【𪏮】黍12+3=総画数15 U+2A3EE [ジョ、ニョ/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍女𪏮]
◆粘る、粘りがある
【𪏯】黍12+3=総画数15 U+2A3EF [レイ、ライ/] 【黎𪏭㴝𪏱𥡚菞𦴙】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ノ𠃌勹2𪏯]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(レイゾク、リーゾク)」「黎民(レイミン)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(レイミン)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
漢字林(非部首部別)
【䵒】黍12+4=総画数16 U+4D52 [ジツ、ニチ/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍日䵒]
◆粘る、粘りがある
◆近しい、親しい
【䵓】黍12+4=総画数16 U+4D53 [未詳/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍牛䵓]
◆未詳、「【方言:第六】梁宋之間蚍蜉{⿰黎牛}䑕之場({⿰黎牛}與犁同舊本誤作䵓今從説文)謂之坁䑕蚡䑕也(《注》{⿰黎牛}䑕蚡䑕也○蚡䑕卽鼢䑕)」
【𪏱】黍12+4=総画数16 U+2A3F1 [レイ、ライ/] 【黎𪏭㴝𪏯𥡚菞𦴙】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ハ八一Lフ𠃌丂兮𪏱]
◆くすんで黒味がかった黄色、浅黒い、薄暗い、同”黧”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、「黎族(レイゾク、リーゾク)」「黎民(レイミン)」とも呼ぶ、肌の色が浅黒いことから
◆「黎民(レイミン)」、一般の人々、庶民、日焼けして肌が浅黒いことから
【𪏳】黍12+4=総画数16 U+2A3F3 [コ、ゴ/] 【𪏻𪍒𪐉𪏹】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍二レLフ一彑互𪏳]
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同”糊”
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同”糊””黏”
【𪏵】黍12+4=総画数16 U+2A3F5 [ジ、ニ、レイ、ライ/] 【𥡓】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ノ𠃌勹23勿𪏵]
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同”黏”
◆中国南東部海南島に住む少数民族の名、同”黎”
漢字林(非部首部別)
【黏】黍12+5=総画数17 U+9ECF [デン、ネン/ねば・る] 【粘】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ト卜口占黏]
◆糊のように柔らかくくっつき易い、ねばねばする、べとべとする
【𪏷】黍12+5=総画数17 U+2A3F7 [ジョ、ニョ/] [女ヌ又奴ノ木禾人ンく水黍𪏷]
◆粘り気があるさま、べとべとするさま
【𪏹】黍12+5=総画数17 U+2A3F9 [コ、ゴ/] 【𪏻𪍒𪐉𪏳】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍ノ丿ソ乎𪏹]
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同”糊”
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同”糊””黏”
【𪏺】黍12+5=総画数17 U+2A3FA [ヒツ、ヒチ/] [ノ木禾人ンく水黍心ノ丿必𪏺]
◆キビ(黍)などの穀物の芳(かぐわ)しい香り、同”𪐆”
【𪏻】黍12+5=総画数17 U+2A3FB [コ、ゴ/] 【𪍒𪐉𪏹𪏳】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍十口古𪏻]
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同”糊”
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同”糊””黏”
【𪏽】黍12+5=総画数17 U+2A3FD [キョウ、コウ/か、かお・り、かぐわ・しい] 【香㿝】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍十2廿甘𪏽]
◆(キビなどの穀物の)良い匂い、おいしそうな匂い、芳(かぐわ)しい
◆良い匂いを出すもの
【𧒁】虫部
【𪐀】黍12+6=総画数18 U+2A400 [ダ、ナ/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍タ夕2多𪐀]
◆「䵙𪐀(シャダ)」、同「䐒䏧」、粘り気があるさま、粘り着くさま
【𤛿】牛部
【𪐅】黍12+8=総画数20 U+2A405 [リ/] 【䊍𥣥】[ノ木禾ノ𠃌勹23𥝢ノ木禾人𠆢ンく水氺黍𪐅]
◆一般の人々、庶民、同”黎”
◆濃くとろみのある粥、同”饘”
【𪐆】黍12+8=総画数20 U+2A406 [ヘツ、ベチ/] [ノ木禾人ンく水黍ソハ小2冂㡀𪐆]
◆キビ(黍)などの穀物の芳(かぐわ)しい香り、同”𪏺”
【䵖】黍12+9=総画数21 U+4D56 [ケン/] 【䵛】[匚コ巨臣ヌ又臤ノ木禾人𠆢ンく水氺黍䵖]
◆ウルチキビ(粳黍)、キビ(黍)の一種で粘りがない種、同”𪎭”
【䵗】黍12+9=総画数21 U+4D57 [フク、ブク、ホク、ボク/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍一口田畐䵗]
◆穀物の茎の下部の枯れたり腐ったりした葉を取り除く
◆キビ(黍)の実
漢字林(非部首部別)
【䵙】黍12+9=総画数21 U+4D59 [シャ/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍大タ夕2多奓䵙]
◆粘り気があるさま、べとべとするさま、同”䐒”
【𪐉】黍12+9=総画数21 U+2A409 [コ、ゴ/] 【𪏻𪍒𪏹𪏳】[ノ木禾人𠆢ンく水氺黍十口古月胡𪐉]
◆キビ(黍)などを煮込んだ粥(かゆ)、同”糊”
◆粘り気があるさま、とろみがあるさま、同”糊””黏”
【𪐍】黍12+10=総画数22 U+2A40D [レン/] [ノ木禾人ンく水黍車え辶辶連𪐍]
◆黍(きび)などの穀物を碾(ひ)く、穀物を砕いて粉状にする
【䵛】黍12+11=総画数23 U+4D5B [ケン/] 【䵖】[ノ木禾人ンく水黍匚コ巨臣ヌ又臤土堅䵛]
◆ウルチキビ(粳黍)、キビ(黍)の一種で粘りがない種、同”𪎭”
【黐】黍12+11=総画数23 U+9ED0 [リ、チ/もち] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍亠メ㐅凵凶㐫冂ム厶禸离黐]
◆鳥などを捕らえるのに用いる粘着性のある物質、鳥黐(とりもち)
【𪆜】鳥部
【𪋩】黍12+11=総画数23 U+2A2E9 [ビ、ミ/] 【𪎭】[广コノ丿ヒ七𠤎匕2比鹿ノ木禾人ンく水黍𪋩]
◆粳黍(うるちきび)、キビ(黍、イネ科キビ属の草)の粘り気がない種、同”穄””稷”、粘り気があるキビを「黍」
【𪎭】麻部
【𪐎】黍12+11=総画数23 U+2A40E [バ、メ、マ/] [ノ木禾人ンく水黍广十ノ丿L乚儿ハ八小木𣎳2林𣏟麻𪐎]
◆ウルチキビ(粳黍)、キビ(黍)の一種で粘りがない種、同”𪎭”、「【廣雅:卷十:釋草】䵛(口見口於)𪐎(亾皮)䅭(旁)䅣(皇)穄(祭)也」
【𪐐】黍12+12=総画数24 U+2A410 [未詳/] [ノ木禾人𠆢ンく水氺黍2𪐐]
◆未詳
【𪒚】黑部
【𪇺】鳥部
【𪒺】黑部
【𤯒】甘部
【𪐕】黍12+16=総画数28 U+2A415 [ケイ、キョウ/かお・る、かぐわ・しい] 【馨𡄈𤯒】[土士エ工コ]ノ丿𠃜声ク刀几ヌ又殳殸ノ木禾人𠆢ンく水氺黍十2廿甘𪐕]
◆よい香りが遠くまで漂い広がる
◆名声や評判が伝わり広がる
◆「寧𪐕(ネイケイ)」、このような、あのような、「寧𪐕児(ネイケイジ、あのような子、飛び抜けて優れている子、神童)」のように特に褒め言葉として使う
◆甘部”𤯒(U+24BD2)”と同字


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 黍部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です