総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「赤部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 赤部」 [部首索引


【赤】赤7+0=総画数7 U+8D64【烾灻𤆍】 [セキ、シャク/あか、あか・い] ①朱(しゅ)よりも濃く黄色味が少ない色②(生まれたばかりの子が赤いことから)裸の、何も纏っていない、剥き出しの、何もない③嘘偽りがない、誠を尽くす④あか、あかへん、部首名[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤]
【𧹘】赤7+1=総画数8 U+27E58【赫𦮰𡎓】 [カク、キャク/] ①真っ赤なさま、赤々と明るく盛んに輝くさま②明るい、明白な③勢いがあるさま、盛んなさま④顔を真っ赤にして怒るさま[二ノ丿I|丨井土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤𧹘]
【𧹙】赤7+2=総画数9 U+27E59【䞓】 [テイ、チョウ/] ①赤色、赤い、黄色味を帯びた赤色、「縓」よりも濃く「纁」よりも薄い色[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤丁𧹙]
【赥】赤7+4=総画数11 U+8D65 [ケキ、キャク/] ①「赥赥」、楽しそうに笑う声の形容[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤ノフ乛人欠赥]
【赦】赤7+4=総画数11 U+8D66【𢼜𢼗𢽀𤆅】 [シャ/ゆる・す] ①過ちを許す、(罪を犯したことは認められるが情状・事情によって)罪を咎めない[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤ノ一𠂉メ又攵赦]
【𧹛】赤7+4=総画数11 U+27E5B [シ、ジ/] ①「𧹢𧹛(えんじ)」、同「胭脂」「臙脂」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料[土ハ亦赤十又支𧹛]
【赧】赤7+5=総画数12 U+8D67【𧹠】 [タン、ダン、ネン/] ①恥じて顔を赤らめる[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤コノ丿尸又㞋赧]
【𧹞】赤7+5=総画数12 U+27E5E【𢠱𤿜】 [デン、ネン/] ①恥じ入って顔を赤らめる、同”赧”[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤フ乛ノ丿又皮𧹞]
【赨】赤7+6=総画数13 U+8D68【𧋒】 [トウ、ドウ/] ①赤い、赤色②赤い虫、また小動物③「赨黃」、雄黄(ゆうおう)、硫化砒素を含む鉱物[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤中虫赨]
【赩】赤7+6=総画数13 U+8D69 [キョク、コク/] ①煌めくような明るい赤色[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤刀クL乚巴色赩]
【赪】赤7+6=総画数13 U+8D6A【赬頳】 [テイ、チョウ/] ①赤色、赤い[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤ト卜冂人贝贞赪]
【𧹠】赤7+6=総画数13 U+27E60【赧】 [タン、ダン、ネン/] ①恥じて顔を赤らめる[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤コノ丿尸又、丶叉𡰫𧹠]
【𧹢】赤7+6=総画数13 U+27E62【𧹬】 [エン/] ①「𧹢𧹛(えんじ)」、同「胭脂」「臙脂」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料[土ハ亦赤口囗大因𧹢]
【䞓】赤7+7=総画数14 U+4793【𧹙】 [テイ、チョウ/] ①赤色、赤い、黄色味を帯びた赤色、「縓」よりも濃く「纁」よりも薄い色[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤一く𡿨3巛エ工巠䞓]
【赫】赤7+7=総画数14 U+8D6B【𧹘𦮰𡎓】 [カク、キャク/] ①真っ赤なさま、赤々と明るく盛んに輝くさま②明るい、明白な③勢いがあるさま、盛んなさま④顔を真っ赤にして怒るさま[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤2赫]
【赬】赤7+9=総画数16 U+8D6C【赪頳】 [テイ、チョウ/] ①赤色、赤い[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤ト卜⺊目ハ貝貞赬]
【赭】赤7+9=総画数16 U+8D6D [シャ/] ①赤土②赤褐色[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤土ノ耂日者、丶者赭]
【赮】赤7+9=総画数16 U+8D6E [カ、ゲ/] ①朝焼け②夜明けや夕焼けのような赤、赤色、同”霞”[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤コ口二コ又叚赮]
【𧹬】赤7+9=総画数16 U+27E6C【𧹢】 [エン/] ①「𧹬𧹛(えんじ)」、同「胭脂」「臙脂」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料[土ハ亦赤西土垔𧹬]
【赯】赤7+10=総画数17 U+8D6F [トウ/] ①赤色②紫がかった赤色[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤麻广ヨ口唐赯]
【𧹲】赤7+10=総画数17 U+27E72【㷤】 [コク/] ①真っ赤な太陽が昇るさま②燃える音[土士ワ冖一机几又殳𣪊土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤𧹲]
【𧹳】赤7+10=総画数17 U+27E73 [カン/] ①赤い、赤色②濁る[十日早2𠦝人倝土ハ亦赤𧹳]
【𧹹】赤7+12=総画数19 U+27E79【熾炽𤎷𢧾𢨙𤐦𥏛】 [シ/] ①火の勢いが激しいさま、赤々と燃え盛るさま[土鍋亠ノ丿I|丨ハ亦赤立日音一、丶弋ノ戈戠𧹹]
【𧺄】赤7+16=総画数23 U+27E84【燈】 [トウ/ともしび、あかし、あかり、ひ] ①高く掲げ暗闇を照らす明かり、据え置いて使う照明具②簡”灯”、本来”灯”には「明かり(燈)」の意はなく「火、烈火」の意だったが古くから”燈”の俗用字として用いられ今に至っている[土ハ亦赤火フ、丶ノ2癶一口ソ丷一䒑豆登燈𧺄]


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 赤部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です