総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 毋部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 毋部」 [部首索引


【毋】毋4+0=総画数4 U+6BCB [ブ、ム/] [母毋]
◆~してはならない、禁止の意味
◆~でない、否定の意味
◆なかれ、部首名
注解:別 「母」「毌」
【𣫯】毋4+毋4=総画数8 U+23AEF [ハン、ホン、ボン/] 【𥸨𥻫】[母毋2𣫯]
◆(指が放射状に伸びる)獣の足、同「番」
◆獣(けもの)の足の裏、同「蹯」
【𥁉】皿5+毋4=総画数9 U+25049 [カン/たらい] 【盥泴】[母毋皿𥁉]
◆手を洗う、杓子(しゃくし)などで水を上から手に注いで洗う、同「𤃗」
◆手を洗うための水を入れる器
◆[日]たらい、洗濯や水浴び用の器
【贯】貝4+毋4=総画数8 U+8D2F [カン/つらぬ・く、ぬき] 【貫䝺𧵗𢿒】[母毋冂人贝贯]
◆反対側まで突き抜ける穴(孔)を開ける、穿(うが)つ
◆始めから終わりまで途中で途切れることなく通す、また通っている
◆途切れることなく繰り返し続いている慣(なら)わし、同「慣」
◆代々住み続けている土地、出生地
◆銭の孔に通す紐、紐を通して結わえた銭、銭の単位
◆重量の単位 {各種単位}
【毌】毋4+0=総画数4 U+6BCC [カン/] [母毋毌]
◆貫く、反対側まで突き抜ける、同「貫」
注解:別 「母」「毋」
【貫】貝7+毌4=総画数11 U+8CAB [カン/つらぬ・く、ぬき] 【贯䝺𧵗𢿒】[母毋毌目ハ貝貫]
◆反対側まで突き抜ける穴(孔)を開ける、穿(うが)つ
◆始めから終わりまで途中で途切れることなく通す、また通っている
◆途切れることなく繰り返し続いている慣(なら)わし、同「慣」
◆代々住み続けている土地、出生地
◆銭の孔に通す紐、紐を通して結わえた銭、銭の単位
◆重量の単位 {各種単位}
【母】毋4+1=総画数5 U+6BCD [ボウ、ム、モ、ボ/はは] [母]
◆女親(おんなおや)
◆子を生み育てる性、雌性(シセイ)、女性
◆物事を生み出す元(もと)となるもの、生まれた場所
注解:別 「毋」「毌」
【㑄】人2+母5=総画数7 U+3444 [ブ、ム/あなど・る] 【侮侮𠆸】[イ亻母㑄]
◆相手を軽(かろ)んずる、相手を下に見る、見下す、同「娒」「㚢」
【呣】口3+母5=総画数8 U+5463 [ボウ、ム/] [口母呣]
◆慮(おもんぱか)る、あれこれ思案する、「【廣韻:下平聲:侯第十九:呣:呣】慮也亡侯切」
◆「えっ?!」「何?!」などの疑問、「はい」「うん」などの承知・承諾などを表す字
◆音写字(他言語の音・呪文・掛け声・鳴き声・口やものから発せられる音などを表す字)、「【東溟奏稿(テキスト版):卷之二:計開】・・・牛嗎哩、沙呣、嗎■〈口目〉、■〈口目〉哩、・・・」
【𠰔】口3+母5=総画数8 U+20C14 [ボウ、ム/はか・る、はかりごと、たばか・る] 【謀谋㖼𧦥𢘓】[母口𠰔]
◆計(はか)る、どうしたらよいかあれこれ考えを巡(めぐら)らす
◆どうしたらよいか意見を交わし合う、同「議」
◆あれこれ思案しどうするかを決める、企(たくら)む
【坶】土3+母5=総画数8 U+5776 [ム/] [土母坶]
◆「坶野」、地名、現河南省内
◆「壚坶(ローム、loam)」、砂と粘土から成る柔らかい土、現「壤土」
【姆】女3+母5=総画数8 U+59C6 [ボ、モ/] [女母姆]
◆未婚のまた再嫁しない(子どものいない)一般に高齢の女性の雇い人、住み込みで保育や教育などを行う婦人
◆雇われて子守や家事などをする婦人、「保姆(ホボ)」
◆女子に礼儀や学問などを教育する婦人、「姆母(ボボ)」、同「娒」
◆夫の兄の妻、弟の妻は「嬸」
【㝀】子3+母5=総画数8 U+3740 [コウ/] [母子㝀]
◆愛する、可愛(かわい)がる、「【字彙補:寅集:子部:㝀】許到切音耗六書精蘊與喜好之好同」
【𡥓】子3+母5=総画数8 U+21953 [未詳/] [子母𡥓]
◆未詳
【𡥘】子3+母5=総画数8 U+21958 [未詳/] [母子𡥘]
◆未詳、「【漢語大字典:毋部:𡥘】[𡥘𡚸]方言。讨老婆」「【中華字海:毋部:𡥘】音未详。(方)娶」
【𡴋】屮3+母5=総画数8 U+21D0B [バイ、マイ/] [凵山ノ丿屮母𡴋]
◆同「每」
◆同「苺」
【𢘃】心3+母5=総画数8 U+22603 [ブ、ム、ボ、モ/] [ハI|丨忄母𢘃]
◆侮(あなど)る、相手を下に見る、見下す、同「侮」
◆未詳、「【玉篇:卷八:心部第八十七:𢘃】莫胡切受也」
【𢘓】心4+母5=総画数9 U+22613 [ボウ、ム/はか・る、はかりごと、たばか・る] 【謀谋㖼𧦥𠰔】[母心𢘓]
◆計(はか)る、どうしたらよいかあれこれ考えを巡(めぐら)らす
◆どうしたらよいか意見を交わし合う、同「議」
◆あれこれ思案しどうするかを決める、企(たくら)む
【拇】手3+母5=総画数8 U+62C7 [ボ、ボウ、ム、モ/] 【胟】[才扌母拇]
◆親指、手足の親指、足は「𧿹」
【胟】月(肉)4+母5=総画数9 U+80DF [ボ、ボウ、ム、モ/] 【拇】[月母胟]
◆親指、手足の親指、足は「𧿹」
【栂】木4+母5=総画数9 U+6802 [バイ、マイ、メ/つが、とが] [木母栂]
◆未詳
◆[日]ツガ(栂)、トガ(栂)、マツ科ツガ属の木 {ツガ}
【𣳗】水4+母5=総画数9 U+23CD7 [未詳/] [水母𣳗]
◆未詳、「【中華字海:水部:𣳗】同”海”」
【𣳠】水3+母5=総画数8 U+23CE0 [ボウ、ム、モ/] [シ氵母𣳠]
◆未詳、「【字彙補:巳集:水部:𣳠】名剖切音母義未詳」「【漢語大字典:水部:𣳠】同”海”」
【牳】牛4+母5=総画数9 U+7273 [ボ、モ、ム/] [牛牜母牳]
◆牛名
【𤝕】犬3+母5=総画数8 U+24755 [ボ/] [ノ2犭母𤝕]
◆「猦𤝕(フウボ)」、猿に似た小形の動物で風に吹かれると生き返るという
【𤯟】生5+母5=総画数10 U+24BDF [トク、ドク、タイ、ダイ/] 【毒𡹆𡴛𧉉𦸕𥲮】[生母𤯟]
◆生命や健康に害を及ぼす、またそうしたもの
◆禍(わざわい)や苦しみを齎(もたら)す、またそうしたもの
◆酷(ひど)い
【砪】石5+母5=総画数10 U+782A [ボウ、ム、モ/] [石母砪]
◆雲母(ウンモ、ウンボ)
【𦊏】网5+母5=総画数10 U+2628F [バイ、マイ、メ/] 【䍙】[四罒母𦊏]
◆網(あみ)、キジ(雉)などを捕らえるための網
【䍭】羊6+母5=総画数11 U+436D [ソウ/] 【𦎆】[羊母䍭]
◆牝のヒツジ(羊)、同「䍧」「牂」
【苺】艸3+母5=総画数8 U+82FA [バイ、マイ、メ/いちご] [サ十2艹艹艹母苺]
◆イチゴ(苺)、バラ科オランダイチゴ(草莓)属・キイチゴ(懸鉤子)属・などの植物の称、またその実、同「莓」 {イチゴ}
【袰】衣6+母5=総画数11 U+88B0 [/ほろ] [母亠ノ丿2レ𧘇衣袰]
◆[日]母衣(ほろ)、背負って風を受けることで膨らませ背後からの矢などを防ぐ防具、日本の造字
【𧦥】言7+母5=総画数12 U+279A5 [ボウ、ム/はか・る、はかりごと、たばか・る] 【謀谋㖼𠰔𢘓】[母言𧦥]
◆計(はか)る、どうしたらよいかあれこれ考えを巡(めぐら)らす
◆どうしたらよいか意見を交わし合う、同「議」
◆あれこれ思案しどうするかを決める、企(たくら)む
【𧰷】豕7+母5=総画数12 U+27C37 [ボ/] [一ノ34彡く𧰨豕母𧰷]
◆豕(いのこ)の名
◆牝の豕
【𧿹】足7+母5=総画数12 U+27FF9 [ボウ、ム、モ/] [口上止龰足母𧿹]
◆足の親指、手足の親指を総じて「拇」
【鉧】金8+母5=総画数13 U+9267 [ボ、モ/] [金母鉧]
◆「鈷鉧(コボ)」◇熨斗(のし)、火熨斗(ひのし)、衣服などの皺を展(の)ばすために炭火を入れる底の平らな道具、アイロンiron◇小さな釜、「鈷䥈(コボウ)」
【𨾥】隹8+母5=総画数13 U+28FA5 [ブ、ム/] 【䳇】[母ノ2隹𨾥]
◆「䨉𨾥(オウム)」、同「鸚鵡」、オウム科の鳥の総称
【䳇】鳥11+母5=総画数16 U+4CC7 [ブ、ム/] 【𨾥】[母鳥䳇]
◆「鸚䳇(オウム)」、同「鸚鵡」、オウム科の鳥の総称
【毎】毋4+2=総画数6 U+6BCE [バイ、マイ/] 【每𣫭】[ノ丿一𠂉母毋毎]
◆同じようにまた同じことが繰り返される時は常に、その度(たび)に
◆一つ一つ
【侮】人2+毎6=総画数8 U+4FAE [ブ、ム/あなど・る] 【侮㑄𠆸】[イ亻ノ丿一𠂉母毋毎侮]
◆相手を軽(かろ)んずる、相手を下に見る、見下す、同「娒」「㚢」
【悔】心3+毎6=総画数9 U+6094 [カイ、ケ/く・いる、くや・む、くや・しい] 【悔𢙽】[ハI|丨忄ノ丿一𠂉母毋毎悔]
◆過ちや失敗を残念に思う、過ちや失敗が気になって心が沈み込む
◆[日]くや・み、人の死を弔う
◆外卦(ガイカ)、六つの爻(コウ、卦を表す横棒)から成る六十四卦の内の上の三つ、「𠧩」ともいう、下の三つは「貞」 {易経記号}
【敏】攴4+毎6=総画数10 U+654F [ビン、ミン/さと・い] 【敏勄】[ノ丿一𠂉母毋毎ノ丿一𠂉メヌ又攵敏]
◆さと・い、聡明な、賢い
◆動作や反応が素早い
【梅】木4+毎6=総画数10 U+6885 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅楳𣕱槑𤯏𣒫𣏁】[木ノ丿一𠂉母毋毎梅]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実 {ウメ}
【海】水3+毎6=総画数9 U+6D77 [カイ/うみ] 【海𣴴】[シ氵ノ丿一𠂉母毋毎每海海海]
◆大地を取り囲むように広がる深く広大な水溜まり(みずたまり)、陸地内の大きな水溜まりは「湖」
◆広く大きいさま
◆たくさんのものが集まっているさま
【每】毋4+3=総画数7 U+6BCF [バイ、マイ/] 【毎𣫭】[ノ丿一𠂉母毋毎每]
◆同じようにまた同じことが繰り返される時は常に、その度(たび)に
◆一つ一つ
【侮】人2+每7=総画数9 U+FA30 [ブ、ム/あなど・る] 【侮㑄𠆸】[イ亻ノ丿一𠂉母毋毎每侮]
◆相手を軽(かろ)んずる、相手を下に見る、見下す、同「娒」「㚢」
【勄】力2+每7=総画数9 U+52C4 [ビン、ミン/さと・い] 【敏敏】[ノ丿一𠂉母毋毎每カ力勄]
◆さと・い、聡明な、賢い
◆動作や反応が素早い
【𠧩】卜2+每7=総画数9 U+209E9 [カイ、ケ、キ/] [ノ丿一𠂉母毋毎每ト卜𠧩]
◆外卦(ガイカ)、六つの爻(コウ、卦を表す横棒)から成る六十四卦の内の上の三つ、「悔」ともいう、下の三つは「貞」 {易経記号}
【𠳨】口3+每7=総画数10 U+20CE8 [未詳/] [口ノ丿一𠂉母毋毎每𠳨]
◆音写字(他言語の音・呪文・掛け声・鳴き声・口やものから発せられる音などを表す字)、「【東溟奏稿(テキスト版):卷之二:計開】・・・嗎哪、咃嗗哩、𠳨佞呤、嗎米、・・・」「【龍龕手鑑:卷二:口部第七:𠳨】俗音海」
【㙁】土3+每7=総画数10 U+3641 [バイ、マイ/] [土ノ丿一𠂉母毋毎每㙁]
◆塵(ちり)
【娒】女3+每7=総画数10 U+5A12 [ボ、モ、ブ、ム/] [女ノ丿一𠂉母毋毎每娒]
◆女子に礼儀や学問などを教育する婦人、同「姆」
◆侮(あなど)る、相手を軽(かろ)んずる、「嫚娒(マンブ)」
【悔】心3+每7=総画数10 U+FA3D [カイ、ケ/く・いる、くや・む、くや・しい] 【悔𢙽】[ハI|丨忄ノ丿一𠂉母毋毎每悔]
◆過ちや失敗を残念に思う、過ちや失敗が気になって心が沈み込む
◆[日]くや・み、人の死を弔う
◆外卦(ガイカ)、六つの爻(コウ、卦を表す横棒)から成る六十四卦の内の上の三つ、「𠧩」ともいう、下の三つは「貞」 {易経記号}
【𢙽】心4+每7=総画数11 U+2267D [カイ、ケ/く・いる、くや・む、くや・しい] 【悔悔】[ノ丿一𠂉母毋毎每心𢙽]
◆過ちや失敗を残念に思う、過ちや失敗が気になって心が沈み込む
◆[日]くや・み、人の死を弔う
◆外卦(ガイカ)、六つの爻(コウ、卦を表す横棒)から成る六十四卦の内の上の三つ、「𠧩」ともいう、下の三つは「貞」 {易経記号}
【挴】手3+每7=総画数10 U+6334 [バイ、マイ/] 【𢯈𢮇】[才扌ノ丿一𠂉母毋毎每挴]
◆貪(むさぼ)る
◆恥じる、心から恥じる、同「愧」、「【方言:第二】挴㥾赧愧也晉曰挴或曰㥾秦晉之間凡愧而見上謂之𧹞(小雅曰面赤愧𧹞)梁宋曰㥾(勑㥾亦慙㒵也音匿)」
【敏】攴4+每7=総画数11 U+FA41 [ビン、ミン/さと・い] 【敏勄】[ノ丿一𠂉母毋毎每ノ丿一𠂉メヌ又攵敏敏]
◆さと・い、聡明な、賢い
◆動作や反応が素早い
【晦】日4+每7=総画数11 U+6666 [カイ、ケ/つごもり、くら・ます] [日ノ丿一𠂉母毋毎每晦]
◆陰暦の月の最後の日、(この日は月が出ない)
◆暗い、はっきりしない
◆夜
◆くら・ます、人から見えないようにする
【脢】月(肉)4+每7=総画数11 U+8122 [バイ、マイ、メ/] [月ノ丿一𠂉母毋毎每脢]
◆背中の肉、背骨の周りの肉
【梅】木4+每7=総画数11 U+FA44 [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅楳𣕱槑𤯏𣒫𣏁】[木ノ丿一𠂉母毋毎每梅]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実 {ウメ}
【𣒫】木4+每7=総画数11 U+234AB [バイ、マイ、メ/うめ] 【梅梅楳𣕱槑𤯏𣏁】[ノ丿一𠂉母毋毎每木𣒫]
◆ウメ(梅)、バラ科サクラ属の木、またその実 {ウメ}
【海】水3+每7=総画数10 U+FA45 [カイ/うみ] 【海𣴴】[シ氵ノ丿一𠂉母毋毎每海海]
◆大地を取り囲むように広がる深く広大な水溜まり(みずたまり)、陸地内の大きな水溜まりは「湖」
◆広く大きいさま
◆たくさんのものが集まっているさま
【𣴴】水4+每7=総画数11 U+23D34 [カイ/うみ] 【海海】[ノ丿一𠂉母毋毎每水𣴴]
◆大地を取り囲むように広がる深く広大な水溜まり(みずたまり)、陸地内の大きな水溜まりは「湖」
◆広く大きいさま
◆たくさんのものが集まっているさま
【烸】火4+每7=総画数11 U+70F8 [カイ/] [火ノ丿一𠂉母毋毎每烸]
◆乾く、火で熱し乾かす
【珻】玉4+每7=総画数11 U+73FB [バイ、マイ/] [王ノ丿一𠂉母毋毎每珻]
◆「珻瑰(マイカイ)」◇赤い珠(たま)、また珠に似た美しい石◇マイカイ(玫瑰)、バラ科バラ属の木、ハマナシ(浜梨)の一品種或いは変種、またハマナシ(浜梨)、「【慶湖遺老詩集:巻九:北園初夏】簾櫳蔫紅半落生香在向晩珻瑰架上風」 {マイカイ} {ハマナシ}
◆「珻瑁(タイマイ)」、タイマイ(玳瑁)、ウミガメ科のカメ(亀)、甲羅(コウラ)は「鼈甲(ベッコウ)」と呼ばれ装飾品などに用いられる、「【御定子史精華:卷一百三十五】珠璣珻瑁象齒文犀翠羽菌鸖短狗為獻」
【𤭐】瓦5+每7=総画数12 U+24B50 [ボウ、モウ、ミョウ/いらか] 【甍𠪹】[ノ丿一𠂉母毋毎每一レ、丶⺄瓦𤭐]
◆棟(むね)、屋根の面が交わる最も高いところ、同「𣞑」 {建物}
◆建物の棟に敷く瓦、棟瓦(むながわら)、同「𤮷」
【畮】田5+每7=総画数12 U+756E [ホ、ボウ、ム、モ/せ、うね] 【畝亩畒畆𠭇㽗𤰖畞𤱑】[田ノ丿一𠂉母毋毎每畮]
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所
◆田畑の面積の単位 {各種単位}
【痗】疒5+每7=総画数12 U+75D7 [バイ、マイ/] [广ン冫疒ノ丿一𠂉母毋毎每痗]
◆思い悩む、心を痛める
【䊈】米6+每7=総画数13 U+4288 [バイ、マイ/] [米ノ丿一𠂉母毋毎每䊈]
◆米麹
◆酒母(シュボ)
【䋣】糸6+每7=総画数13 U+42E3 [ハン、ボン/] 【𥿋𦅳】[ノ丿一𠂉母毋毎每糸䋣]
◆馬の鬣(たてがみ)の飾り
【䍙】网6+每7=総画数13 U+4359 [バイ、マイ、メ/] 【𦊏】[冂メ2网ノ丿一𠂉母毋毎每䍙]
◆網(あみ)、キジ(雉)などを捕らえるための網
【莓】艸3+每7=総画数10 U+8393 [バイ、マイ、メ/いちご] 【𦱞】[サ十2艹艹艹ノ丿一𠂉母毋毎每莓]
◆イチゴ(苺)、バラ科オランダイチゴ(草莓)属・キイチゴ(懸鉤子)属・などの植物の称、またその実、同「苺」 {イチゴ}
◆「茅莓(ボウバイ)」、ナワシロイチゴ(苗代苺)、バラ科キイチゴ属の木 {ナワシロイチゴ}
◆「莓莓(バイバイ)」、草が(作物が)青々と生い茂るさま
【𧋟】虫6+每7=総画数13 U+272DF [ボウ、ム/] 【䗋】[中虫ノ丿一𠂉母毋毎每𧋟]
◆「蝤𧋟(シュウボウ、ガザミ)」、ワタリガニ(渡蟹)、またワタリガニ科のカニ(蟹)、同「蛑」
【誨】言7+每7=総画数14 U+8AA8 [カイ、ケ/] 【诲𠲯】[言ノ丿一𠂉母毋毎每誨]
◆教え諭す、説いて悟らせる
【诲】言2+每7=総画数9 U+8BF2 [カイ、ケ/] 【誨𠲯】[、丶レ讠ノ丿一𠂉母毋毎每诲]
◆教え諭す、説いて悟らせる
【𧶅】貝7+每7=総画数14 U+27D85 [カイ、ケ、ワイ/まかな・う] 【賄贿】[目ハ貝ノ丿一𠂉母毋毎每𧶅]
◆財貨、金品
◆金品を贈る
◆「𧶅賂(ワイロ)」、(自らの利益になるように便宜を図って貰おうという)不正な意図をもって他人に金品を贈る
◆[日]食事の支度をする、食事や生活を切り盛りする
【踇】足7+每7=総画数14 U+8E07 [ボウ、ム、モ/] [口上止龰足ノ丿一𠂉母毋毎每踇]
◆未詳、「【類篇:足部:踇】莫後切行皃」
◆「踇隅(ボウグ)」、山名、未詳、「【山海經:東山經】又南水行九百里曰踇隅之山(音敏字)其上有草木多金玉多赭有獸焉其狀如牛而馬尾名曰精精其鳴自叫」
【酶】酉7+每7=総画数14 U+9176 [バイ、マイ/] [西酉ノ丿一𠂉母毋毎每酶]
◆酒母(シュボ)、酵母、麹
【鋂】金8+每7=総画数15 U+92C2 [バイ、マイ/] [金ノ丿一𠂉母毋毎每鋂]
◆大きな環(わ)に小さな(二つの)環を組み合わせた装飾品、子母環(しぼかん)
◆[台]アメリシウムAmericium(Am)、元素名、中国では「鎇」、旧「銤」 {アメリシウム}
【霉】雨8+每7=総画数15 U+9709 [バイ、ビ、ミ/] [雨ノ丿一𠂉母毋毎每霉]
◆黴(かび)、黴(かび)る、黴が生える、同「黴」
【䩈】面9+每7=総画数16 U+4A48 [カイ、ケ/] [一ノ口囗目面ノ丿一𠂉母毋毎每䩈]
◆顔が丸々としているさま、同「𩔁」
【𩊱】革9+每7=総画数16 U+292B1 [/しころ] [十2廿口3革ノ丿一𠂉母毋毎每𩊱]
◆首を守るために兜から両肩と首筋に垂らした部分、同「錏」「鐚」
【黣】黑12+每7=総画数19 U+9EE3 [バイ、マイ/] [口ソ土、丶4灬黑ノ丿一𠂉母毋毎每黣]
◆顔の色が黒ずむ
【毐】毋4+3=総画数7 U+6BD0 [アイ/] [土士母毋毐]
◆品行の良くない男
◆古「娭」
【𡴛】屮3+毐8=総画数11 U+21D1B [トク、ドク、タイ、ダイ/] 【毒𡹆𤯟𧉉𦸕𥲮】[凵山ノ丿屮土士母毋毐𡴛]
◆生命や健康に害を及ぼす、またそうしたもの
◆禍(わざわい)や苦しみを齎(もたら)す、またそうしたもの
◆酷(ひど)い
【𢮇】手3+毐8=総画数11 U+22B87 [バイ、マイ/] 【挴𢯈】[才扌土士母毋毐𢮇]
◆貪(むさぼ)る
◆恥じる、心から恥じる、同「愧」、「【方言:第二】挴㥾赧愧也晉曰挴或曰㥾秦晉之間凡愧而見上謂之𧹞(小雅曰面赤愧𧹞)梁宋曰㥾(勑㥾亦慙㒵也音匿)」
【𣫭】毋4+3=総画数7 U+23AED [バイ、マイ/] 【毎每】[亠母毋𣫭]
◆同じようにまた同じことが繰り返される時は常に、その度(たび)に
◆一つ一つ
【𠲯】口3+𣫭7=総画数10 U+20CAF [カイ、ケ/] 【誨诲】[亠母毋𣫭口𠲯]
◆教え諭す、説いて悟らせる
【毒】毋4+4=総画数8 U+6BD2 [トク、ドク、タイ、ダイ/] 【𡹆𡴛𤯟𧉉𦸕𥲮】[十二三土龶母毋毒]
◆生命や健康に害を及ぼす、またそうしたもの
◆禍(わざわい)や苦しみを齎(もたら)す、またそうしたもの
◆酷(ひど)い
【𠉩】人2+毒8=総画数10 U+20269 [トク、ドク/] [イ亻十二三土龶母毋毒𠉩]
◆心が揺れ動くさま、心穏やかでないさま、同「妯」、「【集韻:卷九:入聲上:𣵽第二:妯𠉩】動也」「【廣韻:下平聲:尤第十八:抽:妯】詩曰憂心且妯妯動也悼也」
【𢃶】巾3+毒8=総画数11 U+220F6 [トク、ドク/] [巾十二三土龶母毋毒𢃶]
◆長い柄の先に鳥などの羽を飾り付けた大きな幟(のぼり)、羽葆幢(ウホウトウ)、同「纛」
【瑇】玉4+毒9=総画数13 U+7447 [タイ、ダイ/] 【𣫹】[王十二三土龶母毋毒瑇]
◆「瑇瑁(タイマイ)」、同「玳瑁」、ウミガメ科のカメ(亀)、甲羅(コウラ)は鼈甲(ベッコウ)と呼ばれ装飾品などに用いられる、同「玳瑁」
【碡】石5+毒8=総画数13 U+78A1 [トク、ドク/] 【𥖠𥖿】[石十二三土龶母毋毒碡]
◆「碌碡(ロクドク)」、田畑の土を解(ほぐ)し同時に平らに均(なら)すための農具、円柱形の石(或いは木)に軸を通し、これを転がして平らに均す、同じような用途の農具に「礰礋(レキタク、碌碡に突起や凹凸を施したもの)」がある、【農書:卷十二:耒耜門】に図がある
【𦑢】羽6+毒8=総画数14 U+26462 [トウ、ドウ、トク、ドク/] 【纛𦇨】[十二三土龶母毋毒羽羽𦑢]
◆長い柄の先にヤクyak(チベットTibet周辺に産するウシ科ウシ属の哺乳類)やキジ(雉、キジ科の鳥)の尾を飾り付けた大きな幟(のぼり)、葬儀や式典などの際に、また軍隊の旗印や儀仗用として、また天子の乗る車などに掲げる、羽葆幢(ウホウトウ)、同「翢」「翿」
【䓯】艸3+毒9=総画数12 U+44EF [トク/] 【𦺇】[サ十2艹艹艹十二三土龶母毋毒䓯]
◆ミチヤナギ(道柳)、タデ科ミチヤナギ属の草、同「萹茿(ヘンチク)」 {ミチヤナギ}
◆「蒵䓯(ケイトク)」、トリカブト(鳥兜)などのキンポウゲ科トリカブト属の草の根、毒性は強いが適量であれば薬用となる、同「附子(ブシ、ブス)」、「【廣雅:卷十:釋草】𧂒(捉)奚毒附子也」 {トリカブト}
【蝳】虫6+毒8=総画数14 U+8773 [トク、ドク、タイ、ダイ/] [中虫十二三土龶母毋毒蝳]
◆「蝳蜍(ドクヨ)」、クモ(蜘蛛)、クモ目の節足動物の総称、別名「蜘蛛、鼅鼄(チチュウ)」
◆「蝳蝐(タイマイ)」、同「玳瑁」、ウミガメ科のカメ(亀)、甲羅(コウラ)は「鼈甲(ベッコウ)」と呼ばれ装飾品などに用いられる
【𧛔】衣5+毒8=総画数13 U+276D4 [トク、ドク/] 【𧝴】[ネ衤十二三土龶母毋毒𧛔]
◆衣服に仕立て上がったときに、布の縫い合わせがちょうど背の中心になるようにした衣服、同「偏裻(ヘントク)」「繞䋸(ジョウシュン)」「𧞶裺(トクエン)」、同「裻」、「【廣韻:入聲:沃第二:篤:𧝴】衣背縫也」「【集韻:卷二:平聲二:諄第十八:䋸】縫也方言繞䋸謂之𧞶裺郭璞曰謂衣𧝴脊」
【𤯟】生部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 毋部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です