総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 用部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 用部」 [部首索引


【用】用5+0=総画数5 U+7528 [ヨウ、ユウ/もち・いる] 【𤰆𠛁】[用]
◆人や物の特性や能力を使う、また使ってあることを行う、また役立たせる
◆働かせる、発揮させる、またそのために必要な特性・能力・金銭など
◆以(もっ)て、~に依って
◆[日]為すべきこと
◆[日]大小便をする
◆もちいる、部首名
【𠃰】乙1+用7=総画数8 U+200F0 [ヒ、ビ/そな・える、そな・わる、つぶさ・に] 【備僃𠏆偹俻𠈍备𤖤】[レL乚人用𠃰]
◆必要なものを用意しておく、(いざという時のために)予め揃えておく
◆身に付いている、身に具(そな)わる
◆つぶさ・に、必要なものは全て、ことごとく
【佣】人2+用5=総画数7 U+4F63 [ヨウ、ヨ/] 【傭】[イ亻用佣]
◆報酬や手数料を払って人を用いる、人を雇う
◆他と或いは何時もと何ら変わらない、均(ひと)しい、公平な
◆(率や金額が誰も或いは何時も変わらない)報酬
【拥】手3+用5=総画数8 U+62E5 [ヨウ、ユ/いだ・く] 【擁𢹬𢺠𢹭𢶜】[オ才扌用拥]
◆両手で胸に抱(いだ)く、包み込む
◆周りを囲む、周りを囲み守り支える
◆「拥挤」、ぎっしりと詰まって押し合い圧し合いするさま
【𤤪】玉4+用5=総画数9 U+2492A [サン/] 【珊𤩀】[王用𤤪]
◆「𤤪瑚(さんご)」、サンゴ虫(花虫綱に属する海生動物)の骨格、一部は宝石として珍重される
◆「珊珊(さんさん)」、佩玉(はいぎょく)の触れ合う音
【痈】疒5+用5=総画数10 U+75C8 [ヨウ、ユウ/] 【癰㿈癕𤻕】[病疒用痈]
◆悪性の腫れ物、「疽」よりも根の浅いもの
【砽】石5+用5=総画数10 U+783D [未詳/] [石用砽]
◆未詳
【𦕘】耳6+用5=総画数11 U+26558 [テイ、チョウ/き・く] 【聽𦗟聴𦔽𦖆聼𦘏𦕢𠯸】[耳用𦕘]
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
【苚】艸3+用5=総画数8 U+82DA [ヨウ、ユウ/] [サ十2艹艹用苚]
◆草名
【甩】用5+0=総画数5 U+7529 [シュツ/] [日田用L乚甩]
◆抛(ほう)り投げる
◆揺り動かす、振り回す
【竜】立5+甩5=総画数10 U+7ADC [リョウ、リュウ/たつ] 【龍龙𦱉𠊋龒𥫈𢅛】[立田L乚甩竜]
◆角と鬚を持ち体は細長く鱗があり春分に天に昇り秋分に淵に潜むという想像上の動物、古くは皇帝を象徴する動物
◆十二章紋の一つ{十二章紋}
【電】雨8+甩5=総画数13 U+96FB [デン、テン/] 【𩃓𩂬𩂵𩃿𩅎𩅏电】[雨田L乚甩電]
◆雷の光、稲妻
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
【甫】用5+2=総画数7 U+752B [フ、ホ/] [十用、丶甫]
◆周りを垣や柵などで囲った(野菜・花などの)畑、同”圃”
◆年長の男性に対する美称、名前の後に付けて用いる、同”父”
◆「台甫(たいふ)?」、「お名前は?」の意、初めてお目にかかる人に対する丁寧な問い
◆初めて、今しがた~したばかり、やっと
◆広い、大きい
【乶】乙1+甫7=総画数8 U+4E76 [ポル/] [十用、丶甫乙乶]
◆[韓]音写字
◆[韓]「乶音島里」、地名、仁川広域市江華郡
【俌】人2+甫7=総画数9 U+4FCC [フ、ホ/] 【𥙳】[イ亻十用、丶甫俌]
◆両側から支え助ける、同”輔”
【匍】勹2+甫7=総画数9 U+530D [ホ、ブ/] 【𠣵】[ノ𠃌勹十用、丶甫匍]
◆伏せて腕と足だけで進む
◆「匍匐(ほふく)」、腹這いになって腕と足だけで進む
【㕊】厂2+甫7=総画数9 U+354A [フ/] [厂十用、丶甫㕊]
◆未詳、「【說文解字:厂部:㕊】石閒見」【說文解字注:厂部:㕊】閒見謂突兀忽見人部俔下閒見是也」
【哺】口3+甫7=総画数10 U+54FA [ホ、ブ/] [口十用、丶甫哺]
◆食物(餌)を口に含む、口に入れただけで呑み込まない状態を指す、同”㕮”
◆母鳥(母親)が口に含み柔らかくした餌(食べ物)を雛鳥(赤子)に口移(くちうつ)しで与える
【圃】囗3+甫7=総画数10 U+5703 [ホ、フ/] 【圑𡇊】[口囗十用、丶甫圃]
◆周りを垣や柵などで囲った(野菜・花などの)畑、「【說文解字:巻六下:囗部:圃】穜菜曰圃」
◆種苗を植え育てる人、畑(「圃」)の手入れをする人
【埔】土3+甫7=総画数10 U+57D4 [ホ/] [土十用、丶甫埔]
◆「北埔」、地名、台湾花蓮県
◆「黄埔」、地名、広東省広州市
【尃】寸3+甫7=総画数10 U+5C03 [フ/] [十田由用、丶甫十、丶寸専尃]
◆敷く、平らに敷き詰める、同”敷”
◆広く漏れなく行き渡る、また行き渡らせる、同”布”
【峬】山3+甫7=総画数10 U+5CEC [ホ、フ/] [山十用、丶甫峬]
◆村名、福建省寧德市
【庯】广3+甫7=総画数10 U+5EAF [ホ、フ/] [广十用、丶甫庯]
◆屋根が平らな建物
◆「庯庩」、屋根が波を打っていて平らでないさま
【𢒏】彡3+甫7=総画数10 U+2248F [ホ、フ/おぎな・う] 【補补䋠】[ノ丿3彡十用、丶甫𢒏]
◆衣服の綻(ほころ)びを繕(つくろ)う
◆割れ目や欠けたところや足りないところを埋める
◆力を貸し支え助ける
◆数の単位、10兆=1經、10經=1垓、10垓=1補
【悑】心3+甫7=総画数10 U+6091 [フ、ホ/こわ・い、おそ・れる、お・じける] 【怖】[ハI|丨忄十用、丶甫悑]
◆こわ・い、恐ろしい
◆おそ・れる、(身に迫って来るものに対して)恐れる
◆お・じける、恐れで身が竦む、びくびくする
【捕】手3+甫7=総画数10 U+6355 [ホ、ブ/つか・まえる、と・らえる] [オ才扌十用、丶甫捕]
◆(逃げるものを追いかけて、或いは隠れているもの捜し出して)手で掴まえる
【𢼹】攴4+甫7=総画数11 U+22F39 [ホ、フ/] 【𢽊】[十用、丶甫ト卜⺊ヌ又攴𢼹]
◆補(おぎな)う、同”補”
◆「𢾱𢼹(ひほ)」、家(の屋根)が壊れる、また壊れそうなさま
【𢽊】攴4+甫7=総画数11 U+22F4A [ホ、フ/] 【𢼹】[十用、丶甫ノ一𠂉メヌ又攵𢽊]
◆補(おぎな)う、同”補”
◆「𢾱𢽊(ひほ)」、家(の屋根)が壊れる、また壊れそうなさま
【旉】方4+甫7=総画数11 U+65C9 [フ/] [十用、丶甫亠万方旉]
◆敷く、平らに敷き詰める、同”敷”
◆広く漏れなく行き渡る、また行き渡らせる、同”布”
【晡】日4+甫7=総画数11 U+6661 [ホ、フ/] [日十用、丶甫晡]
◆申(さる)、午後三時から五時頃
【脯】月(肉)4+甫7=総画数11 U+812F [ホ、フ/] [月十用、丶甫脯]
◆薄く切って乾燥させた肉、干し肉
◆果実をシロップなどに漬けた後、乾燥させたもの
【浦】水3+甫7=総画数10 U+6D66 [ホ、フ/うら] [シ氵十用、丶甫浦]
◆水際
◆河口
◆海や湖などの水際が陸地に入り込んだ所
【烳】火4+甫7=総画数11 U+70F3 [ホ、フ/] [火十用、丶甫烳]
◆行灯(あんどん)や松明(たいまつ)などの明かりを持って歩く
【𤗃】片4+甫7=総画数11 U+245C3 [ヨ/] [片十用、丶甫𤗃]
◆同”酺”
【痡】疒5+甫7=総画数12 U+75E1 [ホ、フ/] [病疒十用、丶甫痡]
◆疲労が原因の病気
【盙】皿5+甫7=総画数12 U+76D9 [フ、ホ/] 【簠𦻌𧁔𠤱𠤳】[十用、丶甫皿十甫皿盙]
◆穀物などの食物を盛る蓋付き足付きの長方形の祭器、蓋は器と同形で足が付き、上下を逆にしても同じ形になる、円形の祭器を「簋」といい、合わせて「簠簋(ふき、ほき)」というく{食器}
【䀯】目5+甫7=総画数12 U+402F [ホ、フ/] [目十用、丶甫䀯]
◆見るさま
【𥙳】示4+甫7=総画数11 U+25673 [フ、ホ/] 【俌】[一小十用、丶甫𥙳]
◆両側から支え助ける、同”輔”
【𥙷】示4+甫7=総画数11 U+25677 [未詳/] [ネ礻十用、丶甫𥙷]
◆未詳、”補”の訛字と思われる、「【唐語林:卷一】盧公鎮太原同日𥙷左右都押衙其牒置案前」「【後漢紀:卷九】晏嬰相齊裘不𥙷」などにみられるが、原書はいずれも”補”のようである
【秿】禾5+甫7=総画数12 U+79FF [ホ、フ/] 【𥠵】[ノ木禾十用、丶甫秿]
◆穀物を刈り取る
◆刈り取った穀物を揃えて積む
【𥮉】竹6+甫7=総画数13 U+25B89 [ホ/] [竹十用、丶甫𥮉]
◆稈(かん)、内部が空洞になっている竹の茎
【䊇】米6+甫7=総画数13 U+4287 [ホ、フ/] 【𥹴】[米十用、丶甫䊇]
◆「餹䊇(とうほ)」、同「餹餔」、米粉や小麦粉を焼いたり油で揚(あ)げたりした菓子、「糕点(こうてん)」
【䋠】糸6+甫7=総画数13 U+42E0 [ホ、フ/おぎな・う] 【補补𢒏】[糸十用、丶甫䋠]
◆衣服の綻(ほころ)びを繕(つくろ)う
◆割れ目や欠けたところや足りないところを埋める
◆力を貸し支え助ける
◆数の単位、10兆=1經、10經=1垓、10垓=1補
【莆】艸3+甫7=総画数10 U+8386 [ホ、ブ、フ/] [サ十2艹艹十用、丶甫莆]
◆「萐莆(しょうふ)」、古くめでたいとされた草の名、葉が扇のように大きく揺れなくても自ら風を送り涼しく食事ができるという
【蜅】虫6+甫7=総画数13 U+8705 [フ/] [口丨中虫十用、丶甫蜅]
◆比較的小形のカニ(蟹)の一種
◆「螟蜅鯗(めいふしょう)」、イカ(烏賊)を干したもの、スルメ(鯣)
【補】衣5+甫7=総画数12 U+88DC [ホ、フ/おぎな・う] 【补䋠𢒏】[ネ衤十用、丶甫補]
◆衣服の綻(ほころ)びを繕(つくろ)う
◆割れ目や欠けたところや足りないところを埋める
◆力を貸し支え助ける
◆数の単位、10兆=1經、10經=1垓、10垓=1補
【誧】言7+甫7=総画数14 U+8AA7 [ホ、フ/] [言十用、丶甫誧]
◆大袈裟に話す
◆助言する、忠告する
【豧】豕7+甫7=総画数14 U+8C67 [ホ、フ/] [一ノ34彡く𧰨豕十用、丶甫豧]
◆「ブウブウ」という豕の息をする声
【𨁏】足7+甫7=総画数14 U+2804F [ホ、フ/] [口上止龰足十用、丶甫𨁏]
◆馬の足跡、馬の蹄(ひづめ)の跡
【輔】車7+甫7=総画数14 U+8F14 [ホ、フ、ブ/たす・ける、すけ] 【辅𨊽】[車十用、丶甫輔]
◆重い荷に耐えられるように車の両側に渡す木、補強用の木
◆両脇から支え助ける
◆頬骨
◆都の周辺の地
◆[日]すけ、官職名
【辅】車4+甫7=総画数11 U+8F85 [ホ、フ、ブ/たす・ける、すけ] 【輔𨊽】[ナ二十キ车十用、丶甫辅]
◆重い荷に耐えられるように車の両側に渡す木、補強用の木
◆両脇から支え助ける
◆頬骨
◆都の周辺の地
◆[日]すけ、官職名
【逋】辵4+甫7=総画数11 U+900B [ホ、フ/] [十用、丶甫え辶辶逋]
◆逃亡する
◆税などを納めない
◆納税を遅らせる
【郙】邑3+甫7=総画数10 U+90D9 [フ/] [十用、丶甫ろ3I|丨邑阝郙]
◆古址名、現河南省駐馬店市内
【酺】酉7+甫7=総画数14 U+917A [ホ、ブ/] [西酉十用、丶甫酺]
◆国家の慶事の際に人民を集めて行う大規模な酒宴
◆大勢が集まって酒宴を催す
【鋪】金8+甫7=総画数15 U+92EA [ホ、フ/し・く] 【铺】[金十用、丶甫鋪]
◆門扉(もんぴ)に取り付ける金属製の飾り
◆敷く、敷き詰める、平らに敷き並べる、同”舗”
【铺】金5+甫7=総画数12 U+94FA [ホ、フ/し・く] 【鋪】[ノ一𠂉二レモ钅十用、丶甫铺]
◆門扉(もんぴ)に取り付ける金属製の飾り
◆敷く、敷き詰める、平らに敷き並べる、同”舗”
【陠】阜3+甫7=総画数10 U+9660 [ホ、フ/] [ろ3I|丨阜阝十用、丶甫陠]
◆屋根が平らな建物
◆傾いている
【䩉】面9+甫7=総画数16 U+4A49 [ホ、フ、ブ/] 【𩈨𩒺】[一ノ口囗目面十用、丶甫䩉]
◆頬、頬骨
【𩈨】面9+甫7=総画数16 U+29228 [ホ、フ、ブ/] 【䩉𩒺】[十用、丶甫一ノ口囗目面𩈨]
◆頬、頬骨
【𩊬】革9+甫7=総画数16 U+292AC [ホ、ブ/] [十2廿口3革十用、丶甫𩊬]
◆靴、革靴
【䪔】韋9+甫7=総画数16 U+4A94 [ホ、ブ/] 【𩏵𩏮】[ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋十用、丶甫䪔]
◆車台に輿を固定するための鞣(なめ)し革製の紐、同”𩌏”
◆座る時に腰の下に敷く鞣(なめ)し革製の敷物、同”䪙”
【𩒺】頁9+甫7=総画数16 U+294BA [ホ、フ、ブ/] 【䩉𩈨】[十用、丶甫一目自𦣻貝頁𩒺]
◆頬、頬骨
【餔】食9+甫7=総画数16 U+9914 [ホ、フ、ホ、ブ/] [人一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿十用、丶甫餔]
◆申(さる、午後三時から五時頃)の時刻に摂(と)る食事、午後の間食(かんしょく)、同”𥂈”
◆食べ物を噛(か)み砕く、また柔らかくする、同”哺”、またそのようにした食べ物、またそれを食べる、啜(すす)る
◆食べ物を食べる、酒などを飲む
◆「餹餔(とうほ)」、同「餹䊇」、米粉や小麦粉を焼いたり油で揚(あ)げたりした菓子、「糕点(こうてん)」
【𩠤】首9+甫7=総画数16 U+29824 [ホ、フ/] 【黼𤰐𦓞】[ソ丷一䒑目自𦣻首十用、丶甫𩠤]
◆帝王などが着る礼服に刺繍された十二章紋の内の白黒の糸で斧を象(かたど)った模様{十二章紋}
◆「𩠤黻(ほふつ)」◇礼服の美しい刺繍、また美しい刺繍が施された礼服◇美しい言葉で綴られた文章
【䯙】骨10+甫7=総画数17 U+4BD9 [ハク/] [冂2「冎ワ冖月骨十用、丶甫䯙]
◆肩胛骨(肩甲骨、けんこうこつ)、同”膊””髆”
◆腰の両側の大きな骨、同”䯊”
【鬴】鬲10+甫7=総画数17 U+9B34 [フ、ブ/] 【𩱉】[一口冂ソハ八儿一I|丨T丅鬲十用、丶甫鬴]
◆食材を煮炊する底が丸く短い足が付いた陶製の釜(かま)
◆戦国時代の容量の単位、一鬴(「一釜」ともいう)は六斗四升、「【說文解字注】□(升)四曰豆豆四曰區區四曰鬴」{各種単位}、【晉書:志第六:嘉量】に「栗氏為量鬴深尺內方尺而圓其外其實一鬴」とあるが「一鬴」は「一斛」の誤りではないかと思われる、「新莽嘉量(しんもうかりょう、新国の計量器の名)」の銘文に「律嘉量斛,方尺而圜其外,庣旁九厘五毫,冥百六十二寸,深尺,積千六百二十寸,容十斗。」とあるという{嘉量}
【鯆】魚11+甫7=総画数18 U+9BC6 [ホ、フ/] 【𩹲𩶉𩺼】[ク𠂊田、丶4灬魚十用、丶甫鯆]
◆「鯆䱐(ほふ)」、スナメリ(砂滑)、ネズミイルカ科スナメリ属の小型のイルカ(海豚)、別名「江豚(こうとん)」「江豬(こうちょ)」
◆「鯆魮(ほひ)」、ガンギエイ科のエイ(鱏、鱝)、また同科の魚の総称、【臺灣魚類資料庫】
【鵏】鳥11+甫7=総画数18 U+9D4F [ホ、フ/] [十用、丶甫鳥鵏]
◆「地鵏」、ノガン(野雁)、ノガン科ノガン属の鳥
【麱】麥11+甫7=総画数18 U+9EB1 [フ/ふすま] 【麩麸麬】[十木人𠆢2來タ夕ヌ又3麥十用、丶甫麱]
◆小麦を搗いた時に出る粉状の表皮
◆[日]精白する前の小麦粉で作った食品
【黼】黹12+甫7=総画数19 U+9EFC [ホ、フ/] 【𤰐𦓞𩠤】[ソ业ハ小2冂㡀黹十用、丶甫黼]
◆帝王などが着る礼服に刺繍された十二章紋の内の白黒の糸で斧を象(かたど)った模様{十二章紋}
◆「黼黻(ほふつ)」◇礼服の美しい刺繍、また美しい刺繍が施された礼服◇美しい言葉で綴られた文章
【甬】用5+2=総画数7 U+752C [ヨウ、ユウ/] [マ龴用甬]
◆花が今にも咲き出しそうに膨らんでいるさま
【俑】人2+甬7=総画数9 U+4FD1 [ヨウ、ユウ/] [イ亻マ龴用甬俑]
◆死者を埋葬する際に一緒に埋める(木製の)人形
【勈】力2+甬7=総画数9 U+52C8 [ヨウ、ユウ/いさ・ましい] 【勇】[マ龴用甬カ力勈]
◆逞(たくま)しく怯(ひる)まない、気力に満ちて恐れを知らない
【𠳀】口3+甬7=総画数10 U+20CC0 [ヨウ、ユウ/] 【𠹍】[口マ龴用甬𠳀]
◆噎(む)せる、噎せて話ができない
【埇】土3+甬7=総画数10 U+57C7 [ヨウ、ユウ/] [土マ龴用甬埇]
◆土を盛り上げて道を造る
【𢓶】彳3+甬7=総画数10 U+224F6 [トウ、ツウ/とお・る、かよ・う] 【通】[ノ丿2イ彳マ龴用甬𢓶]
◆反対側・相手方・目的とするところまで滞ることなく突き抜ける、また達する、また届く、また繋がる
◆全体を貫く、末端まで届く、詳細なところまで達する
◆行き来する
◆一般的な
【恿】心4+甬7=総画数11 U+607F [ヨウ、ユウ、ユ/] [マ龴用甬心恿]
◆勇ましい、逞(たくま)しく怯(ひる)まない、同”勇”
◆「慫恿(しょうよう)」、同「慫慂」、傍から相手を説いてやらせようとする、唆(そそのか)す、嗾(けしか)ける
【悀】心3+甬7=総画数10 U+6080 [ヨウ、ユウ/] 【愑愹】[ハI|丨忄マ龴用甬悀]
◆満ち溢れる
◆怒りが噴き出る
◆喜ぶ
【捅】手3+甬7=総画数10 U+6345 [トウ、ツウ/] [オ才扌マ龴用甬捅]
◆棒や刀などで突き刺す
◆引く、引っ張る
◆秘密や悪事などを暴く
【㪌】攴4+甬7=総画数11 U+3A8C [トウ、ツウ/] [マ龴用甬ノ一𠂉メヌ又攵㪌]
◆打つ、叩(たた)く
◆引く、引っ張る
【桶】木4+甬7=総画数11 U+6876 [トウ、ツウ/おけ] [木マ龴用甬桶]
◆水などを入れる円筒形の容器
◆容量を量る方形の升
【𣭲】毛4+甬7=総画数11 U+23B72 [/] [マ龴用甬毛𣭲]
◆毛がふさふさしているさま
【涌】水3+甬7=総画数10 U+6D8C [ヨウ、ユウ/わ・く] 【湧】[シ氵マ龴用甬シ氵マ龴用甬涌]
◆水がごぼごぼと噴き出る
◆もくもくと膨れるように現れ出る
【㼧】瓦5+甬7=総画数12 U+3F27 [トウ、ズウ/] 【𤭁】[マ龴用甬一レ、丶乙⺄瓦㼧]
◆”∩”字形の半円筒形の屋根瓦、牡瓦(おがわら)、”∪”字形の半円筒形の瓦は「瓪」で牝瓦(めがわら)
【痛】疒5+甬7=総画数12 U+75DB [トウ、ツウ/いた・む] [病疒マ龴用甬痛]
◆刺激によって引き起こされる苦しみ
◆甚だしい
【硧】石5+甬7=総画数12 U+7867 [ヨウ、ユウ、トウ、ツウ/] [石マ龴用甬硧]
◆砥石
◆洞穴
【𥦁】穴5+甬7=総画数12 U+25981 [トウ/] [ウ宀ハ八穴マ龴用甬𥦁]
◆穴
【筩】竹6+甬7=総画数13 U+7B69 [トウ、ズウ/] [竹マ龴用甬筩]
◆筒(つつ)、竹筒、同”筒”
◆筒状のもの、同”筒”
【𧆿】虍6+甬7=総画数13 U+271BF [未詳/] [⺊フ乛ノ丿七虍マ龴用甬𧆿]
◆未詳、【康熙字典】に「《博雅》𧆿、和也。○按膚俗作𧆿」とあり、【漢語大字典】【中華字海】共に《広雅疏証》を引いて「𧆿」の訛字とする
【蛹】虫6+甬7=総画数13 U+86F9 [ヨウ、ユウ/さなぎ] [口丨中虫マ龴用甬蛹]
◆成虫になる直前の成虫に近い形をして動かない状態の幼虫
【誦】言7+甬7=総画数14 U+8AA6 [ショウ、ズ/そらん・ずる、とな・える] 【诵】[言マ龴用甬誦]
◆暗唱する
◆節を付けて朗読する
【诵】言2+甬7=総画数9 U+8BF5 [ショウ、ズ/そらん・ずる、とな・える] 【誦】[、丶レ讠マ龴用甬誦诵]
◆暗唱する
◆節を付けて朗読する
【𧻹】走7+甬7=総画数14 U+27EF9 [ヨウ、ユ、ユウ/] [土⺊上止龰走マ龴用甬𧻹]
◆死者を送る際に足で地を「とん」と蹴り跳ね上がる悲しみを表す仕草
【踊】足7+甬7=総画数14 U+8E0A [ヨウ、ユ、ユウ/おど・る] 【踴𨃒𨂹𠁜】[口⺊上止龰足マ龴用甬踊]
◆足を屈し地を「とん」と蹴(け)り足を伸ばして飛び上がる、躍(おど)り上がる、低く飛び同じところに降りることをいう、「【六書故:卷十六】大為躍小為踊躍去其所踊不離其所」
◆跳(は)ね上がる、上に向かって跳ぶ
◆[日]歌や曲に合わせて舞う
【通】辵3+甬7=総画数10 U+901A [トウ、ツウ/とお・る、かよ・う] 【𢓶】[マ龴用甬え辶辶通]
◆反対側・相手方・目的とするところまで滞ることなく突き抜ける、また達する、また届く、また繋がる
◆全体を貫く、末端まで届く、詳細なところまで達する
◆行き来する
◆一般的な
【銿】金8+甬7=総画数15 U+92BF [ヨウ、ユウ、ショウ、シュウ/] [金マ龴用甬銿]
◆古代の楽器の一つで大きな青銅製の鐘(かね)、大きな釣鐘(つりがね)、同”鏞”
◆「鈴」に似た形で更に大きい叩いて鳴らす青銅製の打楽器、”鐘”
【鯒】魚11+甬7=総画数18 U+9BD2 [/こち] 【鲬】[ク𠂊田、丶4灬魚マ龴用甬鯒]
◆[日]コチ(鯒)、コチ科の海魚
◆[日]ネズッポ科の一部にも「ゴチ」の名が用いられる
【鲬】魚8+甬7=総画数15 U+9CAC [/こち] 【鯒】[ノフク𠂊田一鱼マ龴用甬鲬]
◆[日]コチ(鯒)、コチ科の海魚
◆[日]ネズッポ科の一部にも「ゴチ」の名が用いられる
【𤰇】用5+5=総画数10 U+24C07 [ヒ、ビ/] 【𤰈𦯞】[二十2ノ丿用𤰇]
◆備(そな)える、具(そな)わる、同”備”
【備】人2+𤰇10=総画数12 U+5099 [ヒ、ビ/そな・える、そな・わる、つぶさ・に] 【僃𠏆偹俻𠈍备𠃰𤖤】[イ亻サ十2艹艹厂用𤰇備]
◆必要なものを用意しておく、(いざという時のために)予め揃えておく
◆身に付いている、身に具(そな)わる
◆つぶさ・に、必要なものは全て、ことごとく
【𢞎】心3+𤰇10=総画数13 U+2278E [ハイ、バイ/] 【憊惫𢟡】[ハI|丨忄二十2ノ丿用𤰇𢞎]
◆疲れ切る、疲れ切って衰弱する
【𤖐】爿4+𤰇10=総画数14 U+24590 [ハイ、ヘ/やぶ・れる] 【敗败贁】[Lノ「爿二十2ノ丿用𤰇𤖐]
◆やぶ・れる、(争いなどに)破れる、負ける
◆うまくいかない、駄目になる、厭(いや)になる、萎える、衰える
◆損なわれる、壊れる
◆肉が腐る、魚は「餒」
【犕】牛4+𤰇10=総画数14 U+7295 [ヒ、ビ/] 【𤛟】[牛牜二十2ノ丿用𤰇犕]
◆乗物を牽く牛、三頭或いは四頭立ての牛車の中央の一頭或いは二頭
◆八歳の牛
【𤸶】疒5+𤰇10=総画数15 U+24E36 [ハイ/] [病疒二十2ノ丿用𤰇𤸶]
◆疲れ切る
【糒】米6+𤰇10=総画数16 U+7CD2 [ヒ、ビ/ほしいい、ほしい] [米サ十2艹艹厂用𤰇糒]
◆保存また携行を目的に飯を乾燥させたもの
【鞴】革9+𤰇10=総画数19 U+97B4 [ヒ、ビ/ふいご] 【𩌎𩍘𩍁】[十2廿口3革サ十2艹艹厂用𤰇鞴]
◆馬具を装備する、馬具を装備した馬
◆軾(しょく、車の前部の掴まったり寄り掛かったりするための手摺)の革製の飾り
◆革製の囊(のう、背負うなどする比較的大きい袋)
◆ふいご、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置、同”韛”
【韛】韋9+𤰇10=総画数19 U+97DB [ハイ、バイ/ふいご] 【𩏃𩏄𩏦𩏕𩎬】[ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋サ十2艹艹厂用𤰇韛]
◆鞣(なめし)革製の囊(のう、背負うなどする比較的大きい袋)、同”鞴”
◆ふいご、風を送り出して火を熾(おこ)す鞣革製の袋、またその装置、同”鞴”
【𤰈】用5+5=総画数10 U+24C08 [ヒ、ビ/] 【𤰇𦯞】[サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈]
◆備(そな)える、具(そな)わる、同”備”
【僃】人2+𤰈10=総画数12 U+50C3 [ヒ、ビ/そな・える、そな・わる、つぶさ・に] 【備𠏆偹俻𠈍备𠃰𤖤】[イ亻サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈僃]
◆必要なものを用意しておく、(いざという時のために)予め揃えておく
◆身に付いている、身に具(そな)わる
◆つぶさ・に、必要なものは全て、ことごとく
【𢟡】心3+𤰈10=総画数13 U+227E1 [ハイ、バイ/] 【憊惫𢞎】[ハI|丨忄サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈𢟡]
◆疲れ切る、疲れ切って衰弱する
【𤛟】牛4+𤰈10=総画数14 U+246DF [ヒ、ビ/] 【犕】[牛サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈𤛟]
◆乗物を牽く牛、三頭或いは四頭立ての牛車の中央の一頭或いは二頭
◆八歳の牛
【𩍁】革9+𤰈10=総画数19 U+29341 [ヒ、ビ/ふいご] 【鞴𩌎𩍘】[十2廿口3革サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈𩍁]
◆馬具を装備する、馬具を装備した馬
◆軾(しょく、車の前部の掴まったり寄り掛かったりするための手摺)の革製の飾り
◆革製の囊(のう、背負うなどする比較的大きい袋)
◆ふいご、風を送り出して火を熾(おこ)す革製の袋、またその装置、同”韛”
【𩏕】韋9+𤰈10=総画数19 U+293D5 [ハイ、バイ/ふいご] 【韛𩏃𩏄𩏦𩎬】[ユ五口一LI|丨ヰ㐄韋サ十2艹艹ノ𠃌勹用𤰈𩏕]
◆鞣(なめし)革製の囊(のう、背負うなどする比較的大きい袋)、同”鞴”
◆ふいご、風を送り出して火を熾(おこ)す鞣革製の袋、またその装置、同”鞴”
【甯】用5+7=総画数12 U+752F [ネイ、ニョウ/] 【寗𡩋】[ウ宀心用甯]
◆寧(むし)ろ、どちらかと言うならば~の方が良い、どちらかと言うならば~であることを望む
◆穏やかで心安(やす)らかなさま
◆同”寧”
【橣】木4+甯12=総画数16 U+6A63 [ネイ/] 【𣜏】[木ウ宀心用甯橣]
◆木名、未詳、「【中華字海:木部:橣】同”柠(檸)”」
【澝】水3+甯12=総画数15 U+6F9D [ネイ、ニョウ/] 【濘】[シ氵ウ宀心用甯澝]
◆土がたっぷりと水を含んで泥状になる、「泥濘(でいねい、ぬかるみ)」、同”泞””淖”
◆「㴿濘、濎濘(ていねい)」、水がごぼごぼと湧き出るさま
【䔭】艸3+甯12=総画数15 U+452D [ネイ、ニョウ/] [サ十2艹艹ウ宀心用甯䔭]
◆シソ(紫蘇)或いはエゴマ(荏胡麻)などのシソ科シソ属の草、「【康熙字典:艸部:十:䔭】《博雅》䔭𦵯荏蘇也」{シソ}{エゴマ}
◆「葶䔭(ていねい)」、草名、未詳、シソ(紫蘇)などのシソ科シソ属の草に似て赤い花が咲くという(「可以毒魚」は未詳)、「【山海經:中山經】有草焉其狀如蘇而赤華名曰葶䔭 𠅘寧耵嚀二音 可以毒魚」
【𩕋】頁9+甯12=総画数21 U+2954B [ネイ/] 【𩕳】[ウ宀心用甯一目自𦣻貝頁𩕋]
◆頭
【𪆢】鳥11+甯12=総画数23 U+2A1A2 [ネイ、ニョウ/] 【鸋𪅢𩁔】[ウ宀心用甯鳥𪆢]
◆「𪆢鴂(ねいけつ)」、ミソサザイ(鷦鷯)、ミソサザイ科ミソサザイ属の鳥、別名「巧婦鳥」
◆ウズラ(鶉)類の雛鳥


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 用部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です