総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 走部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 走部」 [部首索引


走7+0=総画数7 U+8D70 [ソウ、ス/はし・る] 赱𣥕𧺆𣥚㞫
◆片足を地に着け止め、残る片足を前に運んで止める、という動作を左右の足で交互に速く繰り返す、早足(はやあし)で行く、同「趨」、ゆっくり繰り返すことを「歩」
◆逃(に)げる、早足(はやあし)で逃げる
◆はしる、そうにょう、部首名
走7+口3=総画数10 U+5517 [トウ/]
◆感嘆詞
走7+彳3=総画数10 U+5F92 [ト、ズ、ド/かち、いたずら・に、むだ、あだ] 𢔗𣥲𨑡𨑒𧺑𧺔𠫠
◆かち、乗り物に乗らず歩いて行く、同「𢓂」
◆何も持たない、「徒手(トシュ、手に何も持たないこと)」
◆いたずら・に、むだ、あだ、空(むな)しい、無駄に、「手に何もない」「得るものが何もない」の意
◆歩兵(ホヘイ、徒歩の兵士)
◆人、輩(やから)、「惡徒(アクト)」
◆行動を共にする人々、「徒党(トトウ)」
◆同じことを(また同じ師から)学ぶ人々、弟子(テイシ、でし)、「門徒(モント)」
◆古代の刑罰の一つ、労役の刑、「【清史稿:刑法志二】明律淵源蘆代以笞杖徒流死爲五刑…徒者奴也…」
◆ただ、単に
跿走7+足7=総画数14 U+8DFF [ト、ズ/] 𨃝
◆裸足(はだし)、素足(すあし)、「跿跔(トク)」
走7+阜3=総画数10 U+9661 [トウ、ツ/] 𨺗
◆山や崖が壁のように聳(そび)え立つさま、同「阧」
◆急に、突然に
走7+魚11=総画数18 U+9BD0 [/すばしり]
◆[日]ボラ(鯔)の成魚になる前の呼称
疋部
走7+2=総画数9 U+8D74 [フ/おもむ・く] 𨕍
◆目的とする場所を目指して急ぎ行く
◆駆(か)け付ける、馳(は)せ参じる
◆人の死を急ぎ知らせる、同「訃」
𨕍赴9+辵3=総画数12 U+2854D [フ/おもむ・く]
◆目的とする場所を目指して急ぎ行く
◆駆(か)け付ける、馳(は)せ参じる
◆人の死を急ぎ知らせる、同「訃」
走7+3=総画数10 U+8D77 [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ] 𧺫𨑔𢀽𨑓𨑖𡆡
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
𤠳起10+犬3=総画数13 U+24833 [キ/]
◆[喃]未詳
走7+5=総画数12 U+8D8A [エツ、エチ、オチ/こ・える、こ・す] 𦈭𧻂
◆行く手(ゆくて)を阻(はば)んでいるものの上を跨(また)ぐようにしてその先に行く、区切りや障害となっているものの先に行く、同「逾」
◆度(ど、区切り・限度・程度・規準・規則など)の先に出る、分(ぶ、身の程、分限)を過ぎる、同「逾」
◆春秋時代(前770年~前476年)の国名、現浙江省付近にあった、「於越(オエツ)」
越12+木4=総画数16 U+6A3E [エツ、オチ/]
◆木が道の上に覆い被さる
◆木陰(こかげ)、木に覆われて日陰になった所
𧑅越12+虫6=総画数18 U+27445 [エツ、エチ、オチ/] 𧉦
◆「蟛𧑅(ホウエツ)」、小形のカニ(蟹)、海辺に棲むという、同「蟛蚏」、「【晉書:列傳第六十四:夏統】…幼孤貧養親以孝聞睦於兄弟每採{⿰禾呂}求食星行夜歸或至海邊拘螊𧑅以資養」
𨬓越12+金8=総画数20 U+28B13 [エツ、オチ/まさかり] 鉞䤦钺𨱆
◆大きな斧(おの)、刃渡りが半月形をした重みのある刃物、また武器、また装飾を施し礼器としても用いられる、同「戉」 {刀剣槍} {武器(斧・鉞)}
◆(車の)鈴が鳴る音、「鉞鉞」、同「鉞」
走7+7=総画数14 U+8D99 [チョウ、ジョウ/]
◆足早(あしばや、「歩」よりは速く「走」よりは遅い速さ)に行く、「【說文解字注:走部:趙】趍趙也」
◆小さい、少し
◆戦国時代(前475年~前221年)に現山西省から河北省南部一帯を領した古国名、前403年~前221年
◆東晋十六国時代(五胡十六国時代、304年~439年)に現山西省・河北省一帯を領した国名、戦国時代の国名と同じであるため、前趙(304年~329年)と後趙(319年~351年)に呼び分ける、 {晋(東晋)代}
◆鍬(シャベルshovel状の農具、日本でいう「鋤」)や鋤(振り下ろして土など掘り起こす農具、日本でいう「鍬」)などを土に突き刺す、また突き入れて掘り返す、土を掻き混ぜる、耕(たがや)す、同「㨄」「𠠄」
𠠄趙14+刀2=総画数16 U+20804 [チョウ、ジョウ/]
◆鍬(シャベルshovel状の農具、日本でいう「鋤」)や鋤(振り下ろして土など掘り起こす農具、日本でいう「鍬」)などを土に突き刺す、また突き入れて掘り返す、土を掻き混ぜる、耕(たがや)す、同「㨄」「趙」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 走部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です