総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 自部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 自部」 [部首索引


【自】自6+0=総画数6 U+81EA [ジ、シ/みずか・ら、おの・ずから] 【𥃭𦣹𦣼𨈻】[目自]
◆己(おのれ)、己の
◆己(おのれ)ひとりでに、他からの影響を受けずに、それのみの力や意志で
◆~から、~より、場所や時間の起点を示す
◆古”鼻”
◆みずから、部首名
【㑑】人2+自6=総画数8 U+3451 [未詳/] [イ亻目自㑑]
◆未詳
【咱】口3+自6=総画数9 U+54B1 [サ、サン/] [口目自咱]
◆我(われ)、我々(われわれ)、俺(おれ)、自分を指す俗語、「咱們(さもん、ザマン、我ら、俺たち)」、同”昝””偺”
◆「那咱(なさん、ナァザン)」、その時、あの時、~の時
◆「這咱(しゃさん、チョザン)」、この時、今
【垍】土3+自6=総画数9 U+578D [キ、ギ/] [土目自垍]
◆堅い土
【𡜍】女3+自6=総画数9 U+2170D [シツ/ねた・む、そね・む] 【嫉】[女目自𡜍]
◆他人が自分よりも賢いことまた重く用いられることを羨(うらや)み恨めしく思う"妬"参照
【㞒】尸3+自6=総画数9 U+3792 [カイ、キ/] [コノ丿尸目自㞒]
◆鼻で息をする、睡眠中に鼾(いびき)をかく、同”屓”
◆大きく力強いさま、同”屭”
◆力(りき)む、力を入れて踏ん張る
◆「贔㞒(ひき)」◇カメ(亀)に似た想像上の動物、龍生九子(りゅうせいきゅうし、龍が生んだ九頭の子)のうちの一頭、力が強く重いものを背負うことを好むとされ石碑・石柱などを支える姿に彫られる、同「贔屓、贔屭」◇重いものを背負い力強く踏ん張るさま
【息】心4+自6=総画数10 U+606F [ショク、ソク/いき] 【𢙆】[目自心息]
◆いき、口や鼻で吐いたり吸ったりする空気
◆呼吸する、一度吐いて吸うことを「一息」という
◆生きている
◆止(や)む、鎮(しず)まる、落ち着く、同”熄”
◆休む、休憩する
◆自分の(特に男の)子供
◆元金から生まれた利子、「親から生まれた子供」の意
【𢙆】心3+自6=総画数9 U+22646 [ショク、ソク/いき] 【息】[ハI|丨忄目自𢙆]
◆いき、口や鼻で吐いたり吸ったりする空気
◆呼吸する、一度吐いて吸うことを「一息」という
◆生きている
◆止(や)む、鎮(しず)まる、落ち着く、同”熄”
◆休む、休憩する
◆自分の(特に男の)子供
◆元金から生まれた利子、「親から生まれた子供」の意
【洎】水3+自6=総画数9 U+6D0E [キ、ギ/] 【𣳻】[シ氵目自洎]
◆調理中の鍋や釜に水を注(さ)す、また水を足す
◆(過去の出来事の結果が今に)及ぶ、(これまでのことがあって今に)至る、同”曁”
【𣳻】水4+自6=総画数10 U+23CFB [キ、ギ/] 【洎】[目自水𣳻]
◆調理中の鍋や釜に水を注(さ)す、また水を足す
◆(過去の出来事の結果が今に)及ぶ、(これまでのことがあって今に)至る、同”曁”
【𤝼】犬3+自6=総画数9 U+2477C [セイ、セ/] 【猘𤟐】[ノ2犭目自𤝼]
◆凶暴な犬、狂犬、同”狾”
◆荒々しいさま、凶暴なさま
【𤯣】生5+自6=総画数11 U+24BE3 [セイ、ショウ/かばね] 【姓𤯕𤯧𤯬】[生目自𤯣]
◆かばね、出生地や属していた集団を識別するための名、家族や血統を表す名、名字、苗字
◆平民、庶民
【𦍾】羊6+自6=総画数12 U+2637E [ケツ、コチ/] [羊目自𦍾]
◆牡の羊、去勢した牡の羊、同”羯”、「【龍龕手鑑:卷一:羊部第三十二:𦍾】俗羯正居謁反雄羊也」
【𦧗】舌6+自6=総画数12 U+269D7 [ケイ、カイ/いこ・う] 【憩憇𦧯𢠾𦧰𢡲】[目自ノ丿十千十口古舌𦧗]
◆一息(ひといき)つく、止(とど)まって荒れた息を整える
【𦤅】艸3+自6=総画数9 U+26905 [未詳/] [サ十2艹艹目自𦤅]
◆未詳
【詯】言7+自6=総画数13 U+8A6F [カイ/] 【䛛】[言目自詯]
◆胆気に満ちて人を圧倒するような声
【𨈻】身7+自6=総画数13 U+2823B [ジ、シ/みずか・ら、おの・ずから] 【自𥃭𦣹𦣼】[身目自𨈻]
◆己(おのれ)、己の
◆己(おのれ)ひとりでに、他からの影響を受けずに、それのみの力や意志で
◆~から、~より、場所や時間の起点を示す
【辠】辛7+自6=総画数13 U+8FA0 [サイ、ザイ/つみ] 【罪𡈚】[目自立十干辛辠]
◆つみ、法に反する行為
◆魚を獲(と)るための竹製の網
◆始皇帝が「罪」の原字「辠」が「皇」に似ているとして「罪」と改めた
【郋】邑3+自6=総画数9 U+90CB [ケイ/] [目自ろ3I|丨邑阝郋]
◆漢代(前202年~220年)の地名、現河南省内
【䫁】頁9+自6=総画数15 U+4AC1 [ヒ、ビ/] 【𩓑𦤫】[目自百目自𦣻貝頁䫁]
◆親犬が産んだ最初の子犬、人でいう長子
【𦣻】自6+1=総画数7 U+268FB [シュウ、シュ、ハイ、バイ/] [一目自𦣻]
◆頭と頭を支える部分、多く「頭を支える部分」の意で用いられるが本来は肩から先の頭と首を合わせた部分を指す、同”首”
◆百、十の十倍、同”百”
【夏】夂3+𦣻7=総画数10 U+590F [カ、ゲ/なつ] 【夓𠀼𡕾𡔰𠍺】[一目自𦣻目ノヌ又夊夂𡕥夏]
◆四季の一つで春と秋の間
◆大きくものを覆うさま、盛んなさま
◆五胡十六国時代の国名{中国歴代王朝版図}
◆宋代の国名、別名「西夏」{中国歴代王朝版図}
◆中国
【𠀼】夂2+𦣻7=総画数9 U+2003C [カ、ゲ/なつ] 【夏夓𡕾𡔰𠍺】[一目自𦣻メ乂𠀼]
◆四季の一つで春と秋の間
◆大きくものを覆うさま、盛んなさま
◆五胡十六国時代の国名{中国歴代王朝版図}
◆宋代の国名、別名「西夏」{中国歴代王朝版図}
◆中国
【𢚧】心4+𦣻7=総画数11 U+226A7 [ユウ、ウ/う・い、う・さ、うれ・える] 【憂㥑𢝊𢟜𢞘𠮕𩕂𠪍𨗫】[一目自𦣻心𢚧]
◆心配する、あれこれと思いが巡り悩む、心が揺れ動く、同”忧”
◆(特に親の)喪(も、死者を追悼するために家に籠って慎む、その一定の期間)、「【商書:說命上】王宅憂亮陰三祀」
【戛】戈4+𦣻7=総画数11 U+621B [カツ、ケチ/] 【戞】[一目自𦣻一、丶弋ノ丿戈戛]
◆矛(ほこ)、戟(げき)、長い槍状の武器
◆堅いものが軽くぶつかり合う、またその音
【脜】月(肉)4+𦣻7=総画数11 U+811C [ジュウ、ニュウ/] 【䐓】[月一目自𦣻脜]
◆顔つきが穏和なさま
【𩓑】頁9+𦣻7=総画数16 U+294D1 [ヒ、ビ/] 【䫁𦤫】[一目自𦣻百目自𦣻貝頁𩓑]
◆親犬が産んだ最初の子犬、人でいう長子
【臬】自6+4=総画数10 U+81EC [ゲツ、ゲチ/] [目自ホ木臬]
◆門の中央の地面に打ち込む短い杭(くい)、門の扉を閉めた時にそれ以上外に開かないようにするためのもの、同”闑”
◆(動かないように立てた)杭、柱、棒
◆練習用の矢の的(まと)の中心、同”槷”
◆時刻を測るために立てた棒、日時計の棒
◆基準・標準となるもの、法(ほう)
【㓷】刀2+臬10=総画数12 U+34F7 [ギ/] 【劓】[目自ホ木臬リ刂㓷]
◆鼻を切り落とす古代の刑罰
【嵲】山3+臬10=総画数13 U+5D72 [ゲツ、ゲチ/] 【𡺼】[山目自ホ木臬嵲]
◆「嵽嵲(てつげつ)」、山が高く突き出ているさま
【𡺼】山3+臬10=総画数13 U+21EBC [ゲツ、ゲチ/] 【嵲】[山目自ホ木臬𡺼]
◆「嵽𡺼(てつげつ)」、山が高く突き出ているさま
【暞】日4+臬10=総画数14 U+669E [キョウ/] 【𣎋】[日目自ホ木臬暞]
◆月や星などの光が白く澄み切っているさま
【甈】瓦5+臬10=総画数15 U+7508 [ケイ/] 【𤮅𤭝】[目自ホ木臬一レ、丶乙⺄瓦甈]
◆甕(かめ)状の容器が割れる、また割れて中身が空になる
【鎳】金8+臬10=総画数18 U+93B3 [ゲツ/] 【镍】[金目自ホ木臬鎳]
◆ニッケル(Nickel、Ni)、元素名{ニッケル}
【镍】金5+臬10=総画数15 U+954D [ゲツ/] 【鎳】[ノ丿一𠂉二レモ钅目自ホ木臬镍]
◆ニッケル(Nickel、Ni)、元素名{ニッケル}
【闑】門8+臬10=総画数18 U+95D1 [ゲツ、ゲチ/] [門目自ホ木臬闑]
◆門の中央の地面に打ち込む短い杭(くい)、また敷居(しきい、門の地上部に渡す横木)、門の扉を閉めた時にそれ以上外に開かないようにするためのもの、同”臬”
【𨻄】阜3+臬10=総画数13 U+28EC4 [ゲツ、ゲチ/] 【隉陧】[ろ3I|丨阜阝目自ホ木臬𨻄]
◆ぐらぐらして崩れ落ちそうなさま
◆気持ちや状態が不安定なさま
【鷍】鳥11+臬10=総画数21 U+9DCD [キョウ/] [目自ホ木臬鳥鷍]
◆フクロウ(梟)、フクロウ科の鳥
【臭】自6+4=総画数10 U+FA5C [シュウ/にお・い、くさ・い] 【臭𦤀臰】[目自大犬臭、丶臭]
◆鼻で感じ取るものの総称、不快な匂い、犬の通った後に残る匂いの意
◆嫌な感じがする
【嗅】口3+臭10=総画数13 U+55C5 [キュウ、ク/か・ぐ] [口目自大犬臭、丶臭嗅]
◆鼻で臭いを感じ取る
◆[日]様子を探る
【搝】手3+臭10=総画数13 U+641D [キュウ、ク/] [才扌目自大犬臭、丶臭搝]
◆手を挙げる
【殠】歹4+臭10=総画数14 U+6BA0 [シュウ、シュ/] [一タ夕歹目自大犬臭、丶臭殠]
◆物が腐った臭い
【溴】水3+臭10=総画数13 U+6EB4 [シュウ/] [シ氵目自大犬臭、丶臭溴]
◆臭素(Bromine、Br)、元素名{臭素}
【𤚯】牛4+臭10=総画数14 U+246AF [キュウ/] [牛目自大犬臭、丶臭𤚯]
◆クマ(熊)に似た動物
【糗】米6+臭10=総画数16 U+7CD7 [キュウ、ク/] 【𥽃】[米目自大犬臭、丶臭糗]
◆米や麦を煎(い)ったもの、またそれを粉状にしたもの、主に携帯用食糧とする、同”麨”
◆乾飯(ほしいい)、米・麦・米粉・麦粉などで作った食べ物を保存用・携帯用に乾燥させたもの
◆米・麦・米粉・麦粉などで作った食べ物を餅状・団子状にしたもの
【䍹】羊6+臭10=総画数16 U+4379 [セン/] 【羶𦏭𦏫𦎞羴𦏬𠆞】[ソ三ノ丿羊目自大犬臭、丶臭䍹]
◆生臭い、羊の体臭や肉・脂の臭い、同”膻”
【螑】虫6+臭10=総画数16 U+8791 [キュウ/] [中虫目自大犬臭、丶臭螑]
◆「赳螑」、龍が頭を高く擡(もた)げるさま
【䠗】足7+臭10=総画数17 U+4817 [キュウ/] [口上止龰足目自大犬臭、丶臭䠗]
◆よろよろとした足取りで歩く
【鄓】邑3+臭10=総画数13 U+9113 [ケキ、キャク/] 【郹】[目自大犬臭、丶臭ろ3I|丨邑阝鄓]
◆周代(前11世紀~前221年)の蔡(さい)国にあったる古地名、在現河南省付近
【𩝠】食8+臭10=総画数18 U+29760 [キュウ、ク/] [人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿目自大犬臭、丶臭𩝠]
◆食物が腐る、腐って異臭がする
◆乾飯(ほしいい)、米・麦・米粉・麦粉などで作った食べ物を保存用・携帯用に乾燥させたもの、同”糗”
【齅】鼻14+臭10=総画数24 U+9F45 [キュウ、ク/] [目自田一ノ丿I|丨丌ナ十2廾鼻鼻目自大犬臭、丶臭齅]
◆鼻で臭いを嗅ぐ、同”嗅”
【𦤃】自6+4=総画数10 U+26903 [コウ、オウ/きみ、すめら] 【皇𤽢𤽚𤽙𤽧𦤍𦤐】[目自王𦤃]
◆君主、偉大な王、天下を治める者
◆大きい、偉大な、神々(こうごう)しい
◆煌々(こうこう)と光り輝く、輝かしい、明々とした光が四方に広がる、同”煌”
◆祖先に対する敬称
◆[日]天下を治める者を指す語、「天皇」
【𠹡】口3+𦤃10=総画数13 U+20E61 [コウ、オウ/] 【喤】[口目自王𦤃𠹡]
◆「わんわん」「えんえん」という子どもが泣く大きな声
◆「喤喤(こうこう)」、大きな音や声が響くさま
【𤌼】火4+𦤃10=総画数14 U+2433C [コウ、オウ/きら・めく] 【煌】[火目自王𦤃𤌼]
◆きらきらと光り輝く、明々とした光が四方に広がる
◆「敦𤌼(とんこう)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近
【𨪽】金8+𦤃10=総画数18 U+28ABD [コウ、オウ/] 【鍠锽】[金目自王𦤃𨪽]
◆鐘や鼓などの楽器の音、またその音の形容、
◆長い柄の先に斧のような刃物を付けた儀仗用の武器
【𩥧】馬10+𦤃10=総画数20 U+29967 [コウ、オウ/] 【騜䮲】[馬目自王𦤃𩥧]
◆黄色と白色が交った毛色の馬
【臯】自6+6=総画数12 U+81EF [コウ/] 【皐皋𦤗】[目自ンく水氺二2十臯]
◆高い、高いところ
◆岸辺(きしべ)、湿地、沢(さわ)、「水面よりも高い陸地」の意
◆「皐月(さつき)」、五月(ごがつ)、早苗月(さなえづき)、「苗を植えるために田に水を張る月」の意
◆高く大きな声で叫ぶ、同”嘷”
【嘷】口3+臯12=総画数15 U+5637 [コウ、ゴウ/] 【嗥噑】[口目自ンく水氺二2十臯嘷]
◆大きな声で咆(ほ)える、また鳴く
◆大声で叫ぶ、大声で泣く
【𡼗】山3+臯12=総画数15 U+21F17 [コウ/] 【𡻇㟸】[山目自ンく水氺二2十臯𡼗]
◆「𡼗㟉(こうろう)」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
◆「㟎𡼗(たこう)」、山が高く聳(そび)え立つさま
【曍】日4+臯12=総画数16 U+66CD [コウ、ゴウ/] 【暤暭】[日目自ンく水氺二2十臯曍]
◆明るく澄んだ光が降(ふ)り注ぐさま、また辺り一面に満ちるさま
【𦟞】月(肉)4+臯12=総画数16 U+267DE [ショウ/] [月目自ンく水氺二2十臯𦟞]
◆腫(は)れ物
◆「𦠎𦟞(ひょうしょう)」、腫れ物が化膿する
【橰】木4+臯12=総画数16 U+6A70 [コウ/] 【槹槔】[木目自ンく水氺二2十臯橰]
◆「桔橰(けっこう)」、棹(さお)の先に縄で吊るした桶(おけ)を取り付け水を汲み上げる仕掛け、はね釣瓶(つるべ)、同「桔𣓌」
【𣽎】水3+臯12=総画数15 U+23F4E [コウ、ゴウ/] 【滜】[シ氵目自ンく水氺二2十臯𣽎]
◆沢(さわ)、湿地、同”澤””皐”
◆光沢があるさま、同”澤”
◆(鳥などが)鳴く、同”嘷”
【獋】犬3+臯12=総画数15 U+734B [コウ、ゴウ/] 【獔獆】[ノ2犭目自ンく水氺二2十臯獋]
◆犬などの獣が咆(ほ)える、同”䝥””嘷”
【皥】白5+臯12=総画数17 U+76A5 [コウ、ゴウ/] 【皞皡】[日白目自ンく水氺二2十臯皥]
◆白いさま、明るく澄んでいるさま、同”皓”
◆明るく大きく広がった天空、同”昊”
【翺】羽6+臯12=総画数18 U+7FFA [コウ、ゴウ/] 【翶翱𦒢】[目自ンく水氺二2十臯羽羽翺]
◆翼を大きく広げて空高く飛ぶ
◆あちこち気儘(きまま)に歩き(飛び)回る
【𧬁】言7+臯12=総画数19 U+27B01 [コウ/] [言目自ンく水氺二2十臯𧬁]
◆吼える
◆「𧬁䜋」、騙し合う
【䝥】豸7+臯12=総画数19 U+4765 [コウ、ゴウ/] [ノ234、丶豸目自ンく水氺二2十臯䝥]
◆獣が咆(ほ)える、同”嘷”
【𨎦】車7+臯12=総画数19 U+283A6 [コウ、キョウ/] 【轇】[車目自ンく水氺二2十臯𨎦]
◆「𨎦轕(こうかつ)」、車や馬が縦横に激しく動き回るさま
【𨝲】邑3+臯12=総画数15 U+28772 [コウ/] [目自ンく水氺二2十臯ろ3I|丨邑阝𨝲]
◆地名、未詳、「【集韻:卷三:平聲三:𩫞第六:𨝲】鄉名在范陽」「【集韻:卷六:上聲下:皓第三十二:𨛴𨝲】邑名在南陽」
【𩀹】隹8+臯12=総画数20 U+29039 [コウ/] 【鷱鷎𪈪】[目自ンく水氺二2十臯隹𩀹]
◆「鸊𩀹(へきこう)」「𪁜𩀹(ろうこう)」、ハト(鳩)、ハト科の鳥、一説に子鳩(こばと)、ハトの幼鳥、「【廣雅:卷十:釋鳥】𪁜(郎)鷱(髙)鳩也」「【本草綱目:禽之三:斑鳩】(・・・鳩之子曰䳕鳩曰役鳩日糠鳩曰郎鷱日辟鷱・・・)」
【𩕍】頁9+臯12=総画数21 U+2954D [コウ/] 【䫧𩔇】[目自ンく水氺二2十臯百目自𦣻貝頁𩕍]
◆大きいさま、広いさま、同”𤅡(浩)”
◆「𩕯𩕍(とうこう)」、顔が大きいさま
【鷱】鳥11+臯12=総画数23 U+9DF1 [コウ/] 【鷎𪈪𩀹】[目自ンく水氺二2十臯鳥鷱]
◆「鸊鷱(へきこう)」「𪁜鷱(ろうこう)」、ハト(鳩)、ハト科の鳥、一説に子鳩(こばと)、ハトの幼鳥、「【廣雅:卷十:釋鳥】𪁜(郎)鷱(髙)鳩也」「【本草綱目:禽之三:斑鳩】(・・・鳩之子曰䳕鳩曰役鳩日糠鳩曰郎鷱日辟鷱・・・)」
【辠】辛部
【臱】自6+9=総画数15 U+81F1 [ベン、メン/] 【𦤝𤾜𥌂𥋬】[目自ウ宀ハ八穴亠万方臱]
◆細かく密なさま、密集しているさま
◆(奥深くその上細かく入り組んでいて)よく見えないさま
【𠐈】人2+臱15=総画数17 U+20408 [ヘン、ベン/] 【𠑟】[イ亻目自ウ宀ハ八穴亠万方臱𠐈]
◆蹌踉(よろめ)くさま、ふらふらしているさま
◆「𠐈僲(へんせん)」、旋回しながら舞うさま、軽やかに舞うさま
【𠥣】匚2+臱15=総画数17 U+20963 [ヘン/] 【籩𥸅𨙢𨘚笾𠥫】[匚目自ウ宀ハ八穴亠万方臱𠥣]
◆食物を盛る竹製や藤製の高坏(たかつき、碗状また盆状の器に脚を付けたもの、「豆」という)
【櫋】木4+臱15=総画数19 U+6ACB [ベン、メン/] 【𣝼】[木目自ウ宀ハ八穴亠万方臱櫋]
◆軒先(のきさき)、屋根の建物の外に張り出した先端部分、垂木(たるき)の先端
◆「絲櫋」、紡いだ糸を巻き取る道具
【𤁻】水3+臱15=総画数18 U+2407B [ヘン/] 【𤄺】[シ氵目自ウ宀ハ八穴亠万方臱𤁻]
◆川名
【矏】目5+臱15=総画数20 U+77CF [ベン、メン/] 【矈𥌗】[目自ウ宀ハ八穴亠万方臱矏]
◆(睫毛が)細かく密なさま、密集しているさま、「【說文解字:目部:矏】目㫄薄緻宀宀也」
【𥣰】禾5+臱15=総画数20 U+258F0 [ヘン/] 【稨𥤓𥤍𥡐】[ノ木禾目自ウ宀ハ八穴亠万方臱𥣰]
◆「𥣰豆(へんとう)」、フジマメ(藤豆)、マメ科フジマメ属の蔓性の草、また同属の草の称、同「藊豆」「扁豆」「邊豆」{フジマメ}
【𥵨】竹6+臱15=総画数21 U+25D68 [ビ、ミ/] 【𥵸𥸀䉲𥮜】[竹目自ウ宀ハ八穴亠万方臱𥵨]
◆竹籤(たけひご)、籠などを作るために竹を細く割(さ)いたもの
【邊】辵4+臱15=総画数19 U+908A [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 【辺𨘢邉𨖂𨕙𨓉𨓙边𨑶𦍇】[目自ウ宀ハ八穴亠万方臱え辶辶邊]
◆境界、境目(さかいめ)、面状のものの区切りとなるところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、付近、側(そば)、傍(かたわ)ら
◆簡”边”
【𦤝】自5+10=総画数15 U+2691D [ベン、メン/] 【臱𤾜𥌂𥋬】[目自ウ宀ハ八冂2𦤝]
◆細かく密なさま、密集しているさま
◆(奥深くその上細かく入り組んでいて)よく見えないさま
【𥵸】竹6+𦤝14=総画数20 U+25D78 [ビ、ミ/] 【𥵨𥸀䉲𥮜】[竹目自ウ宀ハ八冂2𦤝𥵸]
◆竹籤(たけひご)、籠などを作るために竹を細く割(さ)いたもの
【𨘢】辵3+𦤝15=総画数18 U+28622 [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 【辺邊邉𨖂𨕙𨓉𨓙边𨑶𦍇】[え辶辶目自ウ宀ハ八冂2𦤝𨘢]
◆境界、境目(さかいめ)、面状のものの区切りとなるところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、付近、側(そば)、傍(かたわ)ら


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 自部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です