総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 舌部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 舌部」 [部首索引


【舌】舌6+0=総画数6 U+820C [セツ、ゼチ、ゼツ/した] 【𠮮】[ノ丿十千十口古舌]
◆口の中の味を感じ発音・咀嚼の助けをする器官
◆言葉を話す
◆扁平で先が丸く突き出ているもの、「帽舌(ぼうぜつ、帽子のつば)」
◆鈴(れい、すず)や鐸(たく)など内部に吊るしてある錘(おもり)、これが振れて鈴や鐸などの内側に当たり音を出す({打楽器}
◆した、したへん、部首名
【乱】乙1+舌6=総画数7 U+4E71 [ラン/みだ・れる、みだ・す] 【亂𠃶𠃹𠃿】[ノ丿十千十口古舌L乚乙乱]
◆平穏でなくなる、均衡が失われ不安定になる、秩序がなくなる、ごちゃごちゃする、同”𢿢”
◆ばらばらになる、脈絡(みゃくらく)がなくなる、訳が分からなくなる
◆縺(もつ)れる、絡(から)み合う
◆(乱れているものを)秩序ある状態にする、治(おさ)める、ごちゃごちゃしているものをすっきりさせる、同”𤔔”
◆楽曲の纏(まと)めとなる最後の一章節
【佸】人2+舌6=総画数8 U+4F78 [カツ、ガチ/] 【𠈲】[イ亻ノ丿十千十口古舌佸]
◆会う
【刮】刀2+舌6=総画数8 U+522E [カツ、カチ/こそ・ぐ、こそ・げる] 【𠜜】[ノ丿十千十口古舌リ刂刮]
◆こそ・ぐ、物の表面を削り取る
◆擦(こす)り取る、擦ってきれいにする
◆繁”颳”
【咶】口3+舌6=総画数9 U+54B6 [シ、ジ、カツ、ゲチ/] 【𠳂】[口ノ丿十千十口古舌咶]
◆舐める
◆喘(あえ)ぐ、息を切らす
【𡇜】囗3+舌6=総画数9 U+211DC [カン、ゴン/] [口囗ノ丿十千十口古舌𡇜]
◆中に入れる、しまい込む、同”函”
【姡】女3+舌6=総画数9 U+59E1 [カツ、ガチ/] 【𡜶】[女ノ丿十千十口古舌姡]
◆恥じる様子もない顔付き、厚かましい顔付き、同”靦”
【𡯢】尢3+舌6=総画数9 U+21BE2 [カツ、ガチ/] [ノ丿ナL乚尢ノ丿十千十口古舌𡯢]
◆「㞈𡯢(はつかつ)」、未詳、「【集韻:卷九:入聲上:曷第十二:⿺尣舌】{⿺尣扁}{⿺尣舌}行廣」
【恬】心3+舌6=総画数9 U+606C [テン、デン/] 【𢙖】[ハI|丨忄ノ丿十千十口古舌恬]
◆心が乱されるようなこともなく静かで穏やかなさま、安らかなさま
◆落ち着いているさま
【括】手3+舌6=総画数9 U+62EC [カツ、カチ/くく・る、くび・れる] 【𢬸】[オ才扌ノ丿十千十口古舌括]
◆袋などの口を縛る、また縛って閉じる
◆纏めて束ねる
◆くび・れる、縛ったように途中が窄まっている
【敌】攴4+舌6=総画数10 U+654C [テキ、ジャク/かたき] 【敵𢿪𠢗】[ノ丿十千十口古舌ノ丿一𠂉メヌ又攵敌]
◆仇(かたき)、恨み憎む相手、利害が一致しない相手
◆正面から相対する相手、対等の力量を持った相手、相当する
【䏦】月(肉)4+舌6=総画数10 U+43E6 [テン、デン/] [月ノ丿十千十口古舌䏦]
◆肥える、脂肪が付いて太る
【栝】木4+舌6=総画数10 U+681D [カツ、カチ、テン/] [木ノ丿十千十口古舌栝]
◆矢筈(やはず)、矢を弦(つる)に番(つが)えるために矢柄(やがら、矢の幹の部分)の端に作る窪(くぼ)み、同”栝”{弓箭}
◆火掻棒(ひかきぼう)や火箸(ひばし)などの類、同”㮇”、「【說文解字注:木部:栝】炊竈木(今俗語云竈㮇是也廣韵云㮇火杖𣐸㮇古今字也)」
◆イブキ(伊吹)、ヒノキ科ビャクシン属の木、或いはその一種{イブキ}
◆「栝樓(かつろう)」、チョウセンカラスウリ(朝鮮烏瓜)、ウリ科カラスウリ属の蔓性の草、同「䒷蔞」{チョウセンカラスウリ}
【活】水3+舌6=総画数9 U+6D3B [カツ、ガチ/い・きる] 【𣴠】[シ氵ノ丿十千十口古舌シ氵ノ丿十千十口古舌活]
◆水が勢いよく流れるさま、またその音
◆生き生きと動く
◆働く、暮(く)らす、生きる
【狧】犬3+舌6=総画数9 U+72E7 [トウ/] [ノ2犭ノ丿十千十口古舌狧]
◆犬が物を(舌で舐めるように取って)食べるさま
◆「狧狧」、貪欲なさま
【𤫵】瓜5+舌6=総画数11 U+24AF5 [カツ/] 【𦧔】[爪ム厶瓜ノ丿十千十口古舌𤫵]
◆ウリ科カラスウリ属の蔓性の草の一種、またその果実
【𦧔】瓜5+舌6=総画数11 U+269D4 [カツ/] 【𤫵】[ノ丿十千十口古舌爪ム厶瓜𦧔]
◆ウリ科カラスウリ属の蔓性の草の一種、またその果実
【𤭇】瓦5+舌6=総画数11 U+24B47 [イ/] 【瓵】[ノ丿十千十口古舌一レ、丶乙⺄瓦𤭇]
◆首は細く口が広がり胴が膨らんだ容器、瓶(かめ)或いは甕(かめ)の比較的小さいもの、別名「甌瓿(おうほう)」「瓿甊(ほうろう)」
【甛】甘5+舌6=総画数11 U+751B [テン、デン/] 【甜䑚】[十2廿甘ノ丿十千十口古舌甛]
◆甘い、甘い味
【甜】甘5+舌6=総画数11 U+751C [テン、デン/] 【甛䑚】[ノ丿十千十口古舌十2廿甘甜]
◆甘い、甘い味
【䀨】目5+舌6=総画数11 U+4028 [カツ、カチ/] 【𥆠】[目ノ丿十千十口古舌䀨]
◆怒ったような目で見る
◆目が見えないさま、よく見えないさま
【秳】禾5+舌6=総画数11 U+79F3 [カツ、ガチ/] 【𥞸𥟴秮】[ノ木禾ノ丿十千十口古舌秳]
◆穀物の実が搗いても潰れない(ほど殻が厚く硬い)さま
◆穀物の芽が生まれ出るさま、同”活”
【筈】竹6+舌6=総画数12 U+7B48 [カツ、カチ/はず] [竹ノ丿十千十口古舌筈]
◆矢の手元側にある弦につがえる部分にある窪み{弓箭}
◆[日]はず、~となることは当然である
【絬】糸6+舌6=総画数12 U+7D6C [セツ、セチ/] [糸ノ丿十千十口古舌絬]
◆未詳、「【說文解字注:糸部:絬】衣堅也(各本無此三字以論語曰絬衣長短右袂冠於从糸之上今補正玉篇注曰堅也廣韵注曰堅絬皆本諸說文古本非能杜撰也自淺人不知許有引經說叚借之例則訓論語絬衣爲堅衣而不可通・・・)」
【聒】耳6+舌6=総画数12 U+8052 [カツ、カチ/] 【𦕾𨈸𦗾𦘉𦗦𠅪】[耳ノ丿十千十口古舌聒]
◆大勢の話し声が入り乱れて喧(やかま)しい、騒々しく耳障(みみざわ)りな声また音
【舍】舌6+舌2=総画数8 U+820D [シャ/] 【舎𦧶】[人ノ丿十千干口古舌舍]
◆休息や宿泊するための宿、旅館
◆身体を休めるところ、住むための家
◆自分の家、身内
◆軍隊の一日の行軍距離の単位、一舎は三十里(約15km)、「一舎ごとに一宿する」ことから
◆捨てる、捨て置く
【𦧚】舌6+舌6=総画数12 U+269DA [タン/] 【䑙𦧖】[ノ丿十千十口古舌2𦧚]
◆舌を出す
【䒷】艸3+舌6=総画数9 U+44B7 [カツ/] 【𦯚】[サ十2艹艹ノ丿十千十口古舌䒷]
◆「䒷蔞(かつろう)」、チョウセンカラスウリ(朝鮮烏瓜)、ウリ科カラスウリ属の蔓性の草、同「栝樓」{チョウセンカラスウリ}
【蛞】虫6+舌6=総画数12 U+86DE [カツ、カチ/] [中虫ノ丿十千十口古舌蛞]
◆オタマジャクシ、カエル(蛙)の子
◆「蛞蝓(かつゆ、ナメクジ)」、陸棲の貝類のうち貝が退化しているものの総称、巻貝を背負うものは「カタツムリ(蝸牛)」
◆「蛞螻(かつろう)」、同「蝼蛄(ろうこ、ケラ、オケラ)」、ケラ科の虫
【話】言7+舌6=総画数13 U+8A71 [カ、エ、ワ/はなし、はな・す] 【话䛡諙𧨥𦧵】[言ノ丿十千十口古舌話]
◆相手に伝えたいことを言葉にして言う、物語る
◆物語、話したものだけではなく書いたものや思い浮かべたものも含む
◆言葉
【话】言2+舌6=総画数8 U+8BDD [カ、エ、ワ/はなし、はな・す] 【話䛡諙𧨥𦧵】[、丶レ讠ノ丿十千十口古舌话]
◆相手に伝えたいことを言葉にして言う、物語る
◆物語、話したものだけではなく書いたものや思い浮かべたものも含む
◆言葉
【䞌】貝4+舌6=総画数10 U+478C [シ、ジ/] 【𧵳】[冂人贝千十口古舌䞌]
◆未詳、「【中華字海:貝部:𧵳】同”蝕”」
【𧵳】貝7+舌6=総画数13 U+27D73 [シ、ジ/] 【䞌】[目ハ貝千十口古舌𧵳]
◆未詳、「【中華字海:貝部:𧵳】同”蝕”」
【趏】走7+舌6=総画数13 U+8D8F [カツ、ケチ、ガチ/] [ノ丿十千十口古舌土⺊上止龰走趏]
◆走るさま
◆柔らかいガマ(蒲、ガマ科ガマ属の草)の茎を編んだ席(むしろ、座ったり横になったりする時に下に敷く一人用の敷物)、「【孔子家語:問禮】趏席以坐(翦蒲席也)疏布以罩({⿱𠔿幕}覆酒布也質故用疎也)」「【經典釋文:卷十二:禮記音義之二:越席】音活注同字作趏越席翦蒲席也杜元凱云結草」
【𨈸】身7+舌6=総画数13 U+28238 [カツ、カチ/] 【聒𦕾𦗾𦘉𦗦𠅪】[身ノ丿十千十口古舌𨈸]
◆大勢の話し声が入り乱れて喧(やかま)しい、騒々しく耳障(みみざわ)りな声また音
【辞】辛7+舌6=総画数13 U+8F9E [シ、ジ/ことば、や・める] 【辭𤔧𤔲𨐲𦧦辝𨾱】[ノ丿十千十口古舌立十干辛辞]
◆言葉、文章
◆丁寧に分かり易く述べる、また説明する、またその言葉
◆誘いや求めを丁寧に理由を述べて断る、辞退する、同”辤”
【适】辵4+舌6=総画数10 U+9002 [カツ、カチ、セキ、シャク/] [ノ丿十千十口古舌え辶辶适]
◆速い、急に、あっという間に、同”𨓈”
◆繁"適"
【䣶】酉7+舌6=総画数13 U+48F6 [カツ、ガチ/] [西酉ノ丿十千十口古舌䣶]
◆濾す前の酒、甘い酒
◆甘い
【銛】金8+舌6=総画数14 U+929B [セン、テン/もり] 【铦銽𨨱】[金ノ丿十千十口古舌金ノ丿十千十口古舌銛]
◆尖る、先端が鋭く尖っている、またそのような刃物
◆もり、突き刺して魚などを捕る先の尖った道具
◆鍬や鋤の類
【铦】金5+舌6=総画数11 U+94E6 [セン、テン/もり] 【銛銽𨨱】[ノ丿一𠂉二レモ钅ノ丿十千十口古舌铦]
◆尖る、先端が鋭く尖っている、またそのような刃物
◆もり、突き刺して魚などを捕る先の尖った道具
◆鍬や鋤の類
【頢】頁9+舌6=総画数15 U+9822 [カツ、カチ/] [ノ丿十千十口古舌百目自𦣻貝頁頢]
◆顔が短いさま
◆顔が小さいさま
【颳】風9+舌6=総画数15 U+98B3 [カツ、カチ/] [几𠘨ノ中虫風ノ丿十千十口古舌颳]
◆雪や雨などを齎(もたら)す風、突然の強風、悪風
◆簡”刮”
【餂】食9+舌6=総画数15 U+9902 [テン/] [人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿ノ丿十千十口古舌餂]
◆舌で舐める
【䯏】骨10+舌6=総画数16 U+4BCF [カツ、カチ/] 【𩩎】[冂2「冎ワ冖月骨ノ丿十千十口古舌䯏]
◆長骨(ちょうこつ、上腕骨や大腿骨などの太い骨で両端が膨れている骨)の両端の膨れた部分、骨端(こつたん)
【髺】髟10+舌6=総画数16 U+9AFA [カツ、カチ/] 【䯺】[「Eム厶長镸ノ丿3彡髟ノ丿十千十口古舌髺]
◆髪飾りなどを取り結い髪を解いて麻紐で質素に結わく喪に服する時の男性の髪形、婦人は「髽」
【鴰】鳥11+舌6=総画数17 U+9D30 [カツ、カチ/] 【鸹𪁝】[ノ丿十千十口古舌鳥鴰]
◆「老鴰(ろうかつ)」、「カラス(烏、鴉)」の俗称、カラス科の鳥の総称
◆「鶬鴰(そうかつ)」、クロヅル(黒鶴)、ツル科ツル属の鳥、同「麋鴰(びかつ)」「灰鶴(かいかく)」
【鸹】鳥5+舌6=総画数11 U+9E39 [カツ、カチ/] 【鴰𪁝】[ノ丿十千十口古舌ノフ𠃌、丶一鸟鴰鸹]
◆「老鸹(ろうかつ)」、「カラス(烏、鴉)」の俗称、カラス科の鳥の総称
◆「鸧鸹(そうかつ)」、クロヅル(黒鶴)、ツル科ツル属の鳥、同「麋鴰(びかつ)」「灰鶴(かいかく)」
【乱】乙部
【舍】舌6+2=総画数8 U+820D [シャ/] 【舎𦧶】[人ノ丿十千干口古舌舍]
◆休息や宿泊するための宿、旅館
◆身体を休めるところ、住むための家
◆自分の家、身内
◆軍隊の一日の行軍距離の単位、一舎は三十里(約15km)、「一舎ごとに一宿する」ことから
◆捨てる、捨て置く
【倽】人2+舍8=総画数10 U+503D [シャ/] [イ亻人ノ丿十千干口古舌舍倽]
◆なに(what)
【啥】口3+舍8=総画数11 U+5565 [シャ/] [口人ノ丿十千干口古舌舍啥]
◆なに、what
【𡌫】土3+舍8=総画数11 U+2132B [タイ、ダイ/うてな] 【臺䑓㙜𡔼𡎲𡌬𡋛㙵𡐬𡐉坮】[人ノ丿十千干口古舌舍土𡌫]
◆うてな、(四周を方形にして)土を盛り上げ上を平らにした所、周りからは一段と高い台状の場所、またその上に建てた建物、同”台”
◆台、一段と高く上が平らでものが載せられるようにしたもの、同”台”
【涻】水3+舍8=総画数11 U+6DBB [シャ/] [シ氵人ノ丿十千干口古舌舍涻]
◆川名
【猞】犬3+舍8=総画数11 U+731E [シャ/] [ノ2犭人ノ丿十千干口古舌舍猞]
◆「猞猁(しゃり)」、オオヤマネコ(大山猫)、ネコ科オオヤマネコ属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
【𧌖】虫6+舍8=総画数14 U+27316 [シャ/] 【𧌋】[中虫人ノ丿十千干口古舌舍𧌖]
◆カニ(蟹)の塩辛、蟹醤(かいしょう、かにびしお、韓国語でケジャン)、同”𧌊””蝑”
【𧶟】貝7+舍8=総画数15 U+27D9F [シャ/] 【賒赊賖𧴳】[目ハ貝人ノ丿十千干口古舌舍𧶟]
◆後で精算することを条件にものを先に売買する(やり取りする)、掛(かけ、後日決済の契約、付け、ものを渡したことを書き付けおいて後で清算すること)で売買する、後払いでものを買うことを「貰」、先払いで物を買うことを「贉」
◆後にする、遅らせる、先に延ばす
◆遠い先にあるさま、遥か遠いさま
◆奢(おご)る、分限(身分や立場に見合うこと)を弁(わきま)えずにそれを超える、同”奢”
【𨛭】邑3+舍8=総画数11 U+286ED [シャ/] [人ノ丿十千干口古舌舍ろ3I|丨邑阝𨛭]
◆古郷名、現安徽省
【𩜉】食8+舍8=総画数16 U+29709 [シャ/] 【䬷】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿人ノ丿十千干口古舌舍𩜉]
◆飽食する、腹いっぱいに食べる
【騇】馬10+舍8=総画数18 U+9A07 [シャ/] [馬人ノ丿十千干口古舌舍騇]
◆牝馬
【鵨】鳥11+舍8=総画数19 U+9D68 [ショ/] [人ノ丿十千干口古舌舍鳥鵨]
◆野生のカモ(鴨)に似た鳥
【甜】甘部
【舒】舌6+6=総画数12 U+8212 [ショ、ジョ/] 【𨥤】[人ノ丿十千干口古舌舍マ龴フ乛亅𠄐予舒]
◆折ったり巻いたりしてあるものを横に伸ばし広げる
◆(押さえ付けようとするものがなく)ゆったりしたさま、のびのびとしたさま、同”紓”
◆(それまで他には述べることのなかった)考えや思いを順々と述べる、同”叙”
【𦺗】艸3+舒12=総画数15 U+26E97 [ショ/] [サ十2艹艹人ノ丿十千干口古舌舍マ龴フ乛亅𠄐予舒𦺗]
◆菜名、未詳、「【廣韻:上平聲:魚第九:書:𦺗】魚薺」
【𦧚】舌6+6=総画数12 U+269DA [タン/] 【䑙𦧖】[ノ丿十千十口古舌2𦧚]
◆舌を出す
【舙】舌6+𦧚12=総画数18 U+8219 [カ、ワ/] [ノ丿十千十口古舌2𦧚3舙]
◆よく喋る
◆繰り返し人の悪口を言う
【𦧵】舌6+𦧚12=総画数18 U+269F5 [カ、エ、ワ/はなし、はな・す] 【話话䛡諙𧨥】[ノ丿十千十口古舌2𦧚3𦧵]
◆相手に伝えたいことを言葉にして言う、物語る
◆物語、話したものだけではなく書いたものや思い浮かべたものも含む
◆言葉
【𪙬】齒15+𦧚12=総画数27 U+2A66C [シ、ジ/な・める] 【舐䑛舓𦧧𦧪𦧑𦧇𦧓𦧫𪙶】[ノ丿十千十口古舌2𦧚上止人4凵歯齒𪙬]
◆舌先で撫(な)でるようにする、舌先で掬(すく)い取る


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 舌部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です