総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 青部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 青部」 [部首索引


【靑】青8+0=総画数8 U+9751 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【青寈𤯞𡴑𡴏𡴐𡗡𡷉】[十二三土龶月円青靑]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる{五行}
◆竹簡(ちくかん)に記された文書・記録
◆「生」と「𠂁(丹)」の会意文字
◆あお、あおへん、部首名
【倩】人2+靑8=総画数10 U+5029 [セン、セイ、ショウ/] [イ亻十二三土龶月円青靑倩]
◆男子の美称
◆若々しく溌剌(はつらつ)としているさま
◆口元(くちもと)が美しいさま、愛らしいさま
【凊】冫2+靑8=総画数10 U+51CA [セイ、ショウ/] [ン冫十二三土龶月円青靑凊]
◆涼しい
【圊】囗3+靑8=総画数11 U+570A [セイ、ショウ/] [口囗十二三土龶月円青靑圊]
◆厠(かわや)、便所
◆(厠を)清掃する、汚(よご)れを清める
【婧】女3+靑8=総画数11 U+5A67 [セイ、ジョウ/] 【婙】[女十二三土龶月円青靑婧]
◆淑やかなさま、理知的で上品なさま
◆貞淑な
【崝】山3+靑8=総画数11 U+5D1D [ソウ、ジョウ/] [山十二三土龶月円青靑崝]
◆山が競い立つさま、同”崢”
【晴】日4+靑8=総画数12 U+FA12 [セイ、ジョウ/は・れる] 【晴】[日十二三土龶月円青靑晴]
◆(雨や雪が止んで)雲がなくなる、雲がなく空が澄み渡る、同”夝””暒”
【棈】木4+靑8=総画数12 U+68C8 [セン/] [木十二三土龶月円青靑棈]
◆木名、未詳
◆[日]アベマキ(棈、阿部槙)、ブナ科コナラ属の落葉高木
【淸】水3+靑8=総画数11 U+6DF8 [シン、セイ、ショウ/きよ・い] 【清𠗜】[シ氵十二三土龶月円青靑淸]
◆水が青く澄みきっているさま、濁りや汚(けが)れがないさま
◆曇りがないさま、すっきりしているさま、はっきりとしているさま
◆私欲や邪心がないさま
◆濁りや汚れを残さないように取り去ってきれいにする
◆爽やかなさま、澄んでいるさま
◆王朝名、1644年~1912年、中国最後の王朝{中国歴代王朝版図}
【猜】犬3+靑8=総画数11 U+731C [サイ/そね・む] [ノ2犭十二三土龶月円青靑猜]
◆~ではないかと疑う、疑わしく思う
◆憎らしく思う、妬(ねた)ましく思う
【睛】目5+靑8=総画数13 U+775B [セイ、ショウ/] [目十二三土龶月円青靑睛]
◆瞳(ひとみ)、黒目(くろめ)
【箐】竹6+靑8=総画数14 U+7B90 [セイ、ショウ/] [竹十二三土龶月円青靑箐]
◆竹が鬱蒼(うっそう)と茂っているさま
◆「笭箐(れいせい)」、竹製の小さな籠(かご)
【精】米6+靑8=総画数14 U+FA1D [セイ、ショウ/くわ・しい] 【精䊒】[米十二三土龶月円青靑精]
◆選(え)りすぐられた透き通るように真っ白な米
◆選りすぐる、よいものだけを選ぶ
◆瑕(きず)や汚れがない、濁りや混じり気がない
◆瑕や濁りを取り去ったもの、清らかなさま、澄んでいるさま
◆よく手が行き届いている(粗雑なところが取り除かれている)さま、肌理(きめ)細やかなさま、」の意、「精密(せいみつ)」
◆細かい、詳(くわ)しい、「精通(せいつう)」
◆生命や活力の根源、「精気(せいき)」
◆(蔽っているものや汚れや傷を取り除いた)人や物の中にある本質的・中核的なもの、「精神(せいしん)」
◆物の怪(もののけ)、妖怪、「精霊(せいれい、しょうりょう)」
【綪】糸6+靑8=総画数14 U+7DAA [セン、ソウ、ショウ/] [糸十二三土龶月円青靑綪]
◆アカネ(茜)の根を染料に使った深い赤色の織物、茜染(あかねぞめ)、茜色
◆青味がかった赤色
◆曲がる、巻き付く
【䑶】舟6+靑8=総画数14 U+4476 [セン/] [舟十二三土龶月円青靑䑶]
◆軽便な舟、小型の舟
【菁】艸3+靑8=総画数11 U+83C1 [セイ、ショウ/] [サ十2艹艹十二三土龶月円青靑菁]
◆ニラ(韮)の花{ニラ}
◆「蕪菁(ぶせい)」、「蔓菁(まんせい)」、カブ(蕪、蕪菁)、アブラナ科アブラナ属の野菜{カブ}
◆「菁菁(せいせい)」、草木が青々と生い茂るさま
【蜻】虫6+靑8=総画数14 U+873B [セイ、ショウ/] 【𧓔】[中虫十二三土龶月円青靑蜻]
◆「蜻蛉(せいれい、トンボ)」、別名「蜻蜓(せいてん)」、トンボ目の昆虫の総称
◆「蜻蛚(せいれつ)」、コオロギ(蟋蟀)、コオロギ上科の昆虫の総称
【錆】金8+靑8=総画数16 U+9306 [ショウ、ソウ、セイ/さび、さ・びる] 【䥊锖】[金十二三土龶月円青靑錆]
◆鉱物や金属の表面に浮き出てきたもの、金属の表面にできる酸化膜
【鯖】魚11+靑8=総画数19 U+9BD6 [セイ、ショウ/さば] 【鲭】[ク𠂊田、丶4灬魚十二三土龶月円青靑鯖]
◆サバ(鯖)、サバ科サバ属の海水魚
◆魚と焼いた肉を煮込んだ料理、同”𦙫”
【鶄】鳥11+靑8=総画数19 U+9D84 [セイ、ショウ/] 【䴖𪂴𨿬】[十二三土龶月円青靑鳥鶄]
◆「鵁鶄(こうせい)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、同「池鷺(ちろ)」
◆「鶄𪅖(せいしょう)」、鳥名、姿はカラス(烏)に似て体は青白いという、同”鸄”、同「鶶鷵(とうと)」、「【欽定續通志:昆蟲草木畧:禽類】鶄𪅖(音精舂)一名青翰一名青莊出藪澤似鷺而大青色鸄(古厯反)一名鶶鷵(玉篇作唐屠)見爾雅郭璞云似烏蒼白色」
【鼱】鼠13+靑8=総画数21 U+9F31 [セイ、ショウ/] [ノEヨ臼レ2、丶4鼠十二三土龶月円青靑鼱]
◆「鼩鼱(くせい)」、トガリネズミ(尖鼠)、トガリネズミ科のネズミ(鼠)
【青】青8+0=総画数8 U+9752 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【靑寈𤯞𡴑𡴏𡴐𡗡𡷉】[十二三土龶月青]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる{五行}
◆竹簡(ちくかん)に記された文書・記録
◆「生」と「𠂁(丹)」の会意文字
◆あお、あおへん、部首名
【𠝜】刀2+青8=総画数10 U+2075C [未詳/] [十二三土龶月青リ刂𠝜]
◆未詳、「【鶡冠子:卷中:王鉄第九】樓{⿰靑刂}與{⿳日一丅}(蘇本作樓剒與卑疑旱或為早)」「【字彙補:子集:刀部:𠝜】音未詳鶡冠子摟𠝜與旱」
【啨】口3+青8=総画数11 U+5568 [セイ、ショウ、エイ、ヨウ/] [口十二三土龶月青啨]
◆「啨呤(せいれい)」、小声で話す
◆俗"情"
【埥】土3+青8=総画数11 U+57E5 [セイ、ショウ/] [土十二三土龶月青埥]
◆田畑を耕す、同”埩”
◆未詳、「【玉篇:卷二:土部第九:埥】七盈切青精土也」、「よく手入れの行き届いた青黒く地味の良い土」の意か?
【寈】宀3+青8=総画数11 U+5BC8 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 【青靑𤯞𡴑𡴏𡴐𡗡𡷉】[ウ宀十二三土龶月青寈]
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞(みずみず)しい深緑・紺・藍色などの色
◆若々しい、幼い
◆五色(青赤黄白黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる{五行}
◆竹簡(ちくかん)に記された文書・記録
【情】心3+青8=総画数11 U+60C5 [セイ、ジョウ/なさ・け] [ハI|丨忄十二三土龶月青情]
◆物事(特に他の人)からの働き掛けで起こる喜怒哀楽愛好悪欲などの心の動き、「感情(かんじょう)」
◆他に寄せる思い、「愛情(あいじょう)」
◆異性に寄せる思い、好意や欲望、「情侶(じょうりょ、好意を寄せる異性、好意を寄せ合う男女)」
◆物事の様子・状態・趣(おもむき)、「情勢(じょうせい)」
◆[日]なさ・け、他を思い遣(や)る気持ち、「人情(にんじょう)」
【掅】手3+青8=総画数11 U+6385 [セイ、ショウ、セン/] [才扌十二三土龶月青掅]
◆掴む、掴み取る
【晴】日4+青8=総画数12 U+6674 [セイ、ジョウ/は・れる] 【晴】[日十二三土龶月青晴]
◆(雨や雪が止んで)雲がなくなる、雲がなく空が澄み渡る、同”夝””暒”
【腈】月(肉)4+青8=総画数12 U+8148 [セイ、ショウ/] [月十二三土龶月青腈]
◆上質な肉、精肉(せいにく)
◆ニトリル(nitrile)、有機化合物
【氰】气4+青8=総画数12 U+6C30 [チィン/] [ノ丿一𠂉三乙气十二三土龶月青氰]
◆シアン(cyan)、分子式CNで表される物質
【清】水3+青8=総画数11 U+6E05 [シン、セイ、ショウ/きよ・い] 【淸𠗜】[シ氵十二三土龶月青清]
◆水が青く澄みきっているさま、濁りや汚(けが)れがないさま
◆曇りがないさま、すっきりしているさま、はっきりとしているさま
◆私欲や邪心がないさま
◆濁りや汚れを残さないように取り去ってきれいにする
◆爽やかなさま、澄んでいるさま
◆王朝名、1644年~1912年、中国最後の王朝{中国歴代王朝版図}
【皘】白5+青8=総画数13 U+7698 [セン/] [日白十二三土龶月青皘]
◆白いさま
【碃】石5+青8=総画数13 U+7883 [セイ/] [石十二三土龶月青碃]
◆石
【精】米6+青8=総画数14 U+7CBE [セイ、ショウ/くわ・しい] 【精䊒】[米十二三土龶月青精]
◆選(え)りすぐられた透き通るように真っ白な米
◆選りすぐる、よいものだけを選ぶ
◆瑕(きず)や汚れがない、濁りや混じり気がない
◆瑕や濁りを取り去ったもの、清らかなさま、澄んでいるさま
◆よく手が行き届いている(粗雑なところが取り除かれている)さま、肌理(きめ)細やかなさま、」の意、「精密(せいみつ)」
◆細かい、詳(くわ)しい、「精通(せいつう)」
◆生命や活力の根源、「精気(せいき)」
◆(蔽っているものや汚れや傷を取り除いた)人や物の中にある本質的・中核的なもの、「精神(せいしん)」
◆物の怪(もののけ)、妖怪、「精霊(せいれい、しょうりょう)」
【𦑊】羽6+青8=総画数14 U+2644A [セイ、ショウ/] 【𦑖】[羽羽十二三土龶月青𦑊]
◆竿の先に色鮮やかな鳥の羽を付けた旗や幟(のぼり)、同”旌”
【𦑖】羽6+青8=総画数14 U+26456 [セイ、ショウ/] 【𦑊】[羽羽十二三土龶月青𦑖]
◆竿の先に色鮮やかな鳥の羽を付けた旗や幟(のぼり)、同”旌”
【聙】耳6+青8=総画数14 U+8059 [セイ、ショウ/] [耳十二三土龶月青聙]
◆聞い話が良く理解できる
【𧚫】衣5+青8=総画数13 U+276AB [セン/] [ネ衤十二三土龶月青𧚫]
◆皺(しぼ、縮み皺)のある織物、またその布を使った衣服、同”縐”
◆美しい衣服
◆竿の先に色鮮やかな鳥の羽を付けた旗や幟(のぼり)、同”旌”、「【集韻:卷四:平聲四:清第十四:旌旍𧚫𦑊】說文游車載旌析羽注旄首所以精進士卒又姓或作旍𧚫𦑊」
【請】言7+青8=総画数15 U+8ACB [セイ、ショウ、シン/こ・う、う・ける] 【请】[言十二三土龶月青請]
◆乞(こ)う、頼む、頼みごとをする、君主や神仏などにお願いする
◆どうか(~して下さい)
◆招く、招きに応(こた)えて来てくれた人を大切にもてなす
◆依頼を受ける、頼みごとに応える
【请】言2+青8=総画数10 U+8BF7 [セイ、ショウ、シン/こ・う、う・ける] 【請】[、丶レ讠十二三土龶月青请]
◆乞(こ)う、頼む、頼みごとをする、君主や神仏などにお願いする
◆どうか(~して下さい)
◆招く、招きに応(こた)えて来てくれた人を大切にもてなす
◆依頼を受ける、頼みごとに応える
【輤】車7+青8=総画数15 U+8F24 [セン/] [車十二三土龶月青輤]
◆車に載せた棺(ひつぎ)を覆うもの、大夫(たいふ)以上は布、それ以下は筵(むしろ)であるという、「【廣韻:去聲:霰:蒨:輤】載柩車蓋大夫以布士以葦席」
【𨓽】辵3+青8=総画数11 U+284FD [未詳/] [十二三土龶月円靑青ノ3え辶辶𨓽]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨓽】舊藏作清」「【字彙補:酉集:辵部:𨓽】千精切音清出釋藏」
【郬】邑3+青8=総画数11 U+90EC [セイ/] [十二三土龶月青ろ3I|丨邑阝郬]
◆古地名
【锖】金5+青8=総画数13 U+9516 [ショウ、ソウ、セイ/さび、さ・びる] 【錆䥊】[ノ丿一𠂉二レモ钅十二三土龶月青锖]
◆鉱物や金属の表面に浮き出てきたもの、金属の表面にできる酸化膜
【𨿬】隹8+青8=総画数16 U+28FEC [セイ、ショウ/] 【鶄䴖𪂴】[十二三土龶月青ノ2隹𨿬]
◆「鵁𨿬(こうせい)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、同「池鷺(ちろ)」
◆「𨿬𪅖(せいしょう)」、鳥名、姿はカラス(烏)に似て体は青白いという、同”鸄”、同「鶶鷵(とうと)」、「【欽定續通志:昆蟲草木畧:禽類】鶄𪅖(音精舂)一名青翰一名青莊出藪澤似鷺而大青色鸄(古厯反)一名鶶鷵(玉篇作唐屠)見爾雅郭璞云似烏蒼白色」
【𩓨】頁9+青8=総画数17 U+294E8 [セイ、ショウ/] [十二三土龶月青百目自𦣻貝頁𩓨]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲二:齊第十二:𩓂】𩓨𩓂頭不正」「【廣韻:上平聲:支第五:斯:䫢】𩓨䫢頭不正也𩓨音精」
【𩜎】食8+青8=総画数16 U+2970E [セイ、ショウ/] 【𦙫】[人𠆢一、丶ヨレノ艮良食飠𩙿十二三土龶月青𩜎]
◆魚と焼いた肉を煮込んだ料理、同”鯖”
【鲭】魚8+青8=総画数16 U+9CAD [セイ、ショウ/さば] 【鯖】[ノフク𠂊田一鱼十二三土龶月青鲭]
◆サバ(鯖)、サバ科サバ属の海水魚
◆魚と焼いた肉を煮込んだ料理、同”𦙫”
【䴖】鳥5+青8=総画数13 U+4D16 [セイ、ショウ/] 【鶄𪂴𨿬】[十二三土龶月青ノフ、丶一鸟䴖]
◆「䴔䴖(こうせい)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、同「池鷺(ちろ)」
◆「䴖𪅖(せいしょう)」、鳥名、姿はカラス(烏)に似て体は青白いという、同”鸄”、同「鶶鷵(とうと)」、「【欽定續通志:昆蟲草木畧:禽類】鶄𪅖(音精舂)一名青翰一名青莊出藪澤似鷺而大青色鸄(古厯反)一名鶶鷵(玉篇作唐屠)見爾雅郭璞云似烏蒼白色」
【𪂴】鳥11+青8=総画数19 U+2A0B4 [セイ、ショウ/] 【鶄䴖𨿬】[鳥十二三土龶月青𪂴]
◆「𪁉𪂴(こうせい)」、アカガシラサギ(赤頭鷺)、サギ科アカガシラサギ属の鳥、また同属の鳥の称、同「池鷺(ちろ)」
◆「𪂴𪅖(せいしょう)」、鳥名、姿はカラス(烏)に似て体は青白いという、同”鸄”、同「鶶鷵(とうと)」、「【欽定續通志:昆蟲草木畧:禽類】鶄𪅖(音精舂)一名青翰一名青莊出藪澤似鷺而大青色鸄(古厯反)一名鶶鷵(玉篇作唐屠)見爾雅郭璞云似烏蒼白色」
【靘】青8+6=総画数14 U+9758 [セイ、ショウ、ジョウ/] [十二三土龶月円青靑刀クL乚巴色靘]
◆「䒌靘(めいせい)」、深みのある暗い(濃い)青色
◆すっきりと美しく装(よそお)う、同”靚””𩇕”
【濪】水3+靘14=総画数17 U+6FEA [セイ、ジョウ/] 【㵾𩇟𩇝】[シ氵十二三土龶月青刀クL乚巴色靘濪]
◆冷たいさま、寒いさま、同”渹””儬”
【靚】青8+7=総画数15 U+975A [セイ、ジョウ/] 【靓】[十二三土龶月円青靑目見靚]
◆召(め)す、招(まね)く、人を自分のところに呼び寄せる、同”召””招”
◆きれいにする、何事もないように整(ととの)える、同”清””静”、「【前漢書:卷九十九下:王莽傳】・・・羣臣上壽曰廼庚子雨水灑道辛丑清靚無塵(師古曰靚卽靜字也)・・・」
◆すっきりと美しく装(よそお)う、白粉(おしろい)や黛(まゆずみ)を塗って化粧する、同”靘””𩇕”
【儬】人2+靚15=総画数17 U+512C [セイ、ショウ/] [イ亻十二三土龶月円青靑目見靚儬]
◆冷たく寒いさま、同”㵾””渹”、「【集韻:卷八:去聲下:映第四十三:㵾儬渹】楚慶切冷也呉人謂之㵾或从人亦作渹」
【㵾】水3+靚15=総画数18 U+3D7E [セイ、ジョウ/] 【𩇟濪𩇝】[シ氵十二三土龶月青目見靚㵾]
◆冷たいさま、寒いさま、同”渹””儬”
【靜】青8+8=総画数16 U+975C [セイ、ジョウ/しず・まる、しず・か] 【静㣏】[十二三土龶月円青靑ノツ爪爫爫ヨ亅争爭靜]
◆動きや乱れなどが鎮(しず)まる、治(おさ)まる
◆何事もなく穏やかなさま
◆しんとして音や声がしないさま、じっと動かないさま
【瀞】水3+靜16=総画数19 U+701E [セイ、ジョウ/とろ] [シ氵十二三土龶月円青靑ノツ爪爫爫ヨ亅争爭靜瀞]
◆清く澄んでいるさま
◆[日]とろ、川が深く流れが緩(おだ)やかなさま
【𧂮】艸3+靜16=総画数19 U+270AE [未詳/] [サ十2艹艹十二三土龶月青ノツ爪爫爫ヨ亅争爭靜𧂮]
◆未詳


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 青部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です