総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「臣部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 臣部」 [部首索引


【臣】臣7+0=総画数7 U+81E3 [シン、ジン/おみ] [匚コ巨臣]
◆主君に仕える者、主人に仕える召使い、本来は男の奴隷のこと
◆家臣の者が主君に対して謙(へりくだ)って自らをいう語
◆しん、部首名
漢字林(非部首部別)
【𦣝】臣7+0=総画数7 U+268DD [イ/] 【𦣞】[匚I|丨コ臣𦣝]
◆頤(おとがい)、口腔(コウコウ、口の中の空洞部分)上下の骨・筋肉・皮膚などの組織の総称、日本でいう顎(あご)、同「頤」 {人体(頭部)}
漢字林(非部首部別)
【𦣞】臣7+0=総画数7 U+268DE [イ/] 【𦣝】[匚口臣𦣝𦣞]
◆頤(おとがい)、口腔(コウコウ、口の中の空洞部分)上下の骨・筋肉・皮膚などの組織の総称、日本でいう顎(あご)、同「頤」 {人体(頭部)}
漢字林(非部首部別)
【卧】卜部
【臤】臣7+2=総画数9 U+81E4 [カン、ケン、ゲン/] [匚コ巨臣ヌ又臤]
◆堅い、同「堅」
◆賢(かしこ)い、同「賢」
漢字林(非部首部別)
【臥】臣7+2=総画数9 U+81E5 [ガ/ふ・す、ふ・せる] 【卧】[匚コ巨臣人臥]
◆身を横たえる、伏せる
漢字林(非部首部別)
【𢼧】攴部
【𦣠】臣7+4=総画数11 U+268E0 [ボウ、モウ/のぞ・む、もち] 【望𥩿朢𢾘𣍢】[匚コ巨臣ノ丿土士壬𦣠]
◆待っている人や物事の到着をまだかまだかと待つ、期待する、そうなって欲しいと思う
◆(待ち望む方を)見やる、遠くを見やる
◆仰ぎ見る、他から仰ぎ見られる
◆もち、陰暦の十五日、満月の日
【𦣣】臣7+4=総画数11 U+268E3 [未詳/] [匚コ巨臣一、丶弋ノ丿戈𦣣]
◆未詳、「【漢語大字典:臣部:𦣣】同”臧”」
【䑐】臣7+5=総画数12 U+4450 [シン/] 【昣𣆋】[匚コ巨臣ノ丿𠂉乛亇小尔尓䑐]
◆明るい
【𦣤】臣7+5=総画数12 U+268E4 [イ/] 【巸𣢮】[匚口臣𦣝𦣞コ2㠯𦣤]
◆大きく広がるさま、広く行き渡るさま、同「熙」
◆楽しいさま、満ち足り喜ぶさま、同「熙」
【䛗】言部
【朢】月部
【臦】臣7+7=総画数14 U+81E6 [コウ、キョウ/] 【𦣩𦣦】[匚コ巨臣2臦]
◆(二人の家臣の考えや行動が)食い違う、互いに背(そむ)きあう
漢字林(非部首部別)
【𦣦】臣7+7=総画数14 U+268E6 [コウ、キョウ/] 【臦𦣩】[匚コ巨臣2𦣦]
◆(二人の家臣の考えや行動が)食い違う、互いに背(そむ)きあう
【𦣩】臣7+7=総画数14 U+268E9 [コウ、キョウ/] 【臦𦣦】[匚コ巨臣2𦣩]
◆(二人の家臣の考えや行動が)食い違う、互いに背(そむ)きあう
【𧧃】言部
【臧】臣7+8=総画数15 U+81E7 [ソウ、ゾウ/] 【𠗱𢨑】[Lノ「爿厂𤕫一、丶弋ノ丿戈戊匚コ巨臣臧]
◆善い、良い、上手(うま)い
◆男の奴隷
◆賄賂(ワイロ)、同「贓」
◆しまう、周りが囲まれていて外からは見えないところ(箱や蔵など)に入れる、また中に入れて隠す、同「蔵」
漢字林(非部首部別)
【頣】頁部
【𠿦】口部
【𦣮】臣7+9=総画数16 U+268EE [コ、ク/] 【孤】[子爪ム厶瓜孤匚コ巨臣𦣮]
◆幼くして父または両親を亡くした子
◆独(ひと)りぼっち
◆それ(そこ)だけ抜きん出ているさま
◆わたし(私)、われ(我)、君主や諸侯が自分を謙遜して言う言葉
◆恩義などに背く、また無にする、「【後漢書:卷七十五:袁張韓周列傳】…臣孤恩負義自陷重刑…」
◆周代(前11世紀~前256年)に設けられた官職名、三公(サンコウ、太師・太傅・太保)に次ぐ官職で、少師・少傅・少保を総称して「三孤(サンコ)」といった
【𦣪】臣7+10=総画数17 U+268EA [/しお] [匚コ巨臣ノ丿一𠂉口皿𦣪]
◆[日]人名用字、確認できず
【𩠝】首部
【𩠞】首部
【臨】臣7+11=総画数18 U+81E8 [リン/のぞ・む] 【临𦣷𦣲】[匚コ巨臣ノ丿一𠂉口2吅3品臨]
◆高いところから低いところを見る、見下ろす
◆高位の者が(高い席から)下位の者(低いところに控えている者)と会う、高位の者が(高いところから下に降り)一般の人のところへ出向く、或いは現場に出向く
◆(人・時・事などに)面と向かう、直接向き合う
漢字林(非部首部別)
【臩】臣7+11=総画数18 U+81E9 [コウ、キョウ/] [匚コ巨臣2臦大ノ丿I|丨夰臩]
◆驚いて走るさま
◆往ったり来たりするさま
【䑑】臣7+12=総画数19 U+4451 [ホク、ボク/しもべ] 【僕㒒𢖃】[匚コ巨臣ソ丷业三人大夫𡗗菐䑑]
◆個人の家に仕え主の身の回りの世話をする男子、召し使い、同「仆」、君主などの大身に仕える者は「臣」
◆他の家に仕え馬を御する者、御車(ぎょしゃ、馭者)
◆(男性が自らを卑下して)私、我(われ)
【𦣲】臣7+12=総画数19 U+268F2 [リン/のぞ・む] 【臨临𦣷】[匚コ巨臣二小𡭕𥘅示日白ノ丿L乚儿皃𦣲]
◆高いところから低いところを見る、見下ろす
◆高位の者が(高い席から)下位の者(低いところに控えている者)と会う、高位の者が(高いところから下に降り)一般の人のところへ出向く、或いは現場に出向く
◆(人・時・事などに)面と向かう、直接向き合う
【鹽】鹵部
【𦣷】臣7+23=総画数30 U+268F7 [リン/のぞ・む] 【臨临𦣲】[匚コ巨臣ノ丿一𠂉人十口古3𦣷]
◆高いところから低いところを見る、見下ろす
◆高位の者が(高い席から)下位の者(低いところに控えている者)と会う、高位の者が(高いところから下に降り)一般の人のところへ出向く、或いは現場に出向く
◆(人・時・事などに)面と向かう、直接向き合う


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 臣部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です