総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 支部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 支部」 [部首索引


支4+0=総画数4 U+652F [シ/ささ・える、つか・える]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同「枝」「肢」「𢺶」
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる
◆ささ・える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同「𢺶」
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す(支出する、支払う)、同「𢺶」
◆[日]つか・える、閊(つか)える、差し障(さしさわ)る
◆し、しにょう、部首名
支4+人2=総画数6 U+4F0E [キ、ギ/]
◆巧(たく)みな技(わざ)、技量、同「技」
◆巧みな技を持つ人、芸人
𠚽支4+刀2=総画数6 U+206BD [キ/] 剞𣂦
◆彫刻刀(チョウコクトウ)、刃の部分を目的に合わせた形に作った彫刻用の小刀(こがたな)、「剞劂(キケツ、彫刻用の小刀と鑿のみ)」
支4+口3=総画数7 U+5431 [シ/]
◆「吱吱(シシ、ツゥツゥ)」、「ちゅうちゅう(ネズミの鳴き声)」「ひいひい(泣き声)」「ぜいぜい(喘ぎ声)」「きぃきぃ(歯と歯が擦れ合う音)」「ぴぃぴぃ(鳥の鳴き声)」などのか細い音や擦(こす)れる音などを表す語
◆「吱咕(シコ、チィグゥ)」、「ひそひそ(小声で話す声)」「ころころ(ものが転がる音)」などの音を表す語
支4+女3=総画数7 U+5993 [キ、ギ/]
◆歌や舞などで客をもてなす女性
𡰸支4+尸3=総画数7 U+21C38 [ケキ、ギャク、ゲキ/] 屐𡰵
◆下駄(げた)やサンダルsandal状の木製の履物、藁性のものは「屩」 {服飾(履物)}
◆履物
支4+山3=総画数7 U+5C90 [キ、ギ/] 𡵨㞿㟚
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路(キロ)」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
支5+山3=総画数8 U+37BF [キ、ギ/] 岐𡵨㟚
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路(キロ)」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
支4+广3=総画数7 U+5E8B [キ/] 𢇮
◆食物をしまう戸棚
◆しまう
𢎼支4+弓3=総画数7 U+223BC [トウ、ドウ/] 弢𡸅𩎢
◆弓や剣などを入れる革製の袋、同「韜」
◆旌(飾りのついた旗や幟)を入れる袋
支4+心3=総画数7 U+5FEE [シ/]
◆妬(ねた)む
◆背く
◆人の言うことを聞き入れない
支4+手3=総画数7 U+6280 [キ、ギ/わざ]
◆手足を使い巧(たく)みに物を作る或いは操(あやつ)る、またその能力や方法
◆藝(ゲイ、芸術、技芸)、巧みに演(エン)ずる、またその能力や方法
𢺸支4+支4=総画数8 U+22EB8 [未詳/]
◆未詳
支4+月(肉)4=総画数8 U+80A2 [シ/]
◆胴から分かれ出て伸びる腕や足、「四肢(シシ、両腕と両足)」、同「𨈛」「𩨵」 {人体(上肢)} {人体(下肢)}
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同「支」「枝」
支4+木4=総画数8 U+679D [シ、キ、ギ/えだ]
◆木の幹(みき)から分かれ出たもの、同「支」「肢」
◆本(もと、根幹、基本、本体、主流)から分れ出たもの
支4+止4=総画数8 U+6B67 [キ、ギ/]
◆岐路(キロ)、本道から枝分かれした道、同「岐」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「岐」
◆足の指の数が多い、同「跂」
支4+水3=総画数7 U+6C65 [シ/]
◆川が分かれる
𥁈支4+皿5=総画数9 U+25048 [ハツ、ハチ/] 盋𥁊
◆口が大きく開いた陶製或いは金属製の深めの器、「碗(ワン)」に似る、同「鉢」
𥄏支4+目5=総画数9 U+2510F [シ/] 眵𥉍
◆目が赤く腫(は)れ傷付き痒みや痛みを伴い涙が多く出る、「【針灸大成:足少陽膽經穴歌:考正穴法】瞳子髎…赤痛淚出多眵…」
◆目からの分泌液が固まったもの、目脂(めやに)
支4+示4=総画数8 U+40FD [シ、ジ、キ、フツ、ホチ/]
◆安らかで幸(しあわ)せなさま、喜ばしいさま、同「禔」
◆神仏に祈る、除災招福(ジョサイショウフク、災いを避け除き福を招く)を神仏に祈る、同「祈」「祓」
支4+禾5=総画数9 U+79D3 [シ/]
◆藁
◆穀物名、未詳
支4+羽6=総画数10 U+7FC4 [シ/] 翅𦐊
◆空中を飛ぶための鳥の翼また昆虫の羽
◆魚の鰭(ひれ)
◆ただ、単に、ただ~だけ、同「啻」
支4+羽6=総画数10 U+7FC5 [シ/] 翄𦐊
◆空中を飛ぶための鳥の翼また昆虫の羽
◆魚の鰭(ひれ)
◆ただ、単に、ただ~だけ、同「啻」
𦧉支4+舌6=総画数10 U+269C9 [キ/]
◆「ぜいぜい」と喘(あえ)ぎながら行くさま
𦨟支4+舟6=総画数10 U+26A1F [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:未集:舟部:𦨟】與觶同見日月燈」
支4+艸3=総画数7 U+82B0 [キ、ギ/] 𦼽
◆ヒシ(菱)、ヒシ科ヒシ属の水草、また同科同属の草の称、同「茤」 {ヒシ}
支4+虫6=総画数10 U+8691 [キ、ギ/]
◆虫が足を爪先立てるようにして進む
◆アシナガグモ(足長蜘蛛)、アシナガグモ科のクモ(蜘蛛)
支4+衣5=総画数9 U+887C [シ/]
◆「衹衼(キシ)」、尼僧(ニソウ、女性の僧侶)の法衣(ホウエ)、袈裟(ケサ)
𧣄支4+角7=総画数11 U+278C4 [シ/]
◆四升(一説に三升)が入るという脚付きの酒杯、同「觶」
支4+豆7=総画数11 U+8C49 [シ、ジ/]
◆豆を蒸した後発酵させた調味料また食品
◆糵(もやし)、豆の種から出た芽
𧹛支4+赤7=総画数11 U+27E5B [シ、ジ/]
◆「𧹢𧹛(エンジ)」、(唇や頬に塗る化粧用の)黒みがかった紅色の顔料、同「胭脂」「臙脂」
支4+足7=総画数11 U+8DC2 [キ、ギ/]
◆足の指の数が多い
◆多足、足が多い
◆ムカデ(百足)などの多足類が"へ"字形に足を曲げて進むさま、爪先立てて進むさま
◆爪先立って遠くを見る
◆「踶跂(チキ)」、あれこれと心を配り力を尽くすさま、「【莊子集解:馬蹄】及至聖人蹩躠為仁踶跂為義而天下始疑矣」「【莊子集解:外篇】李云蹩躠踶跂皆用心為仁義之貌」
𨈛支4+身7=総画数11 U+2821B [シ/] 𨈪
◆肢体(シタイ)、胴から分かれ出て伸びる腕や足、同「肢」 {人体(上肢)} {人体(下肢)}
支4+車7=総画数11 U+484B [キ/]
◆轂(こしき、車輪中央にある円筒形の部品)の一部である「軹端(シタン、車輪の外側に突き出た部分)」や「賢端(ケンタン、内側に突き出た部分)」の円錐状の部品、円筒状の部品は「輨」、「【康熙字典:酉集下:車部:軝】○按考工記參分其轂長二在外一在內以置其輻是轂之外者長而內者短也軝非轂名乃轂之外長而旁出者凡在輪中者通名爲轂轂之旁出者爲軝」 {車輪}
𨙸支4+邑3=総画数7 U+28678 [キ、ギ/] 𨙾𢻌
◆地名、未詳、「【漢書:志:郊祀志:郊祀志下】大王建國於𨙸梁…文武興於酆鎬…由此言之則𨙸梁酆鎬之間周舊居也固宜有宗廟壇場祭祠之臧」
𨙾支4+邑7=総画数11 U+2867E [キ、ギ/] 𨙸𢻌
◆地名、未詳、「【漢書:志:郊祀志:郊祀志下】大王建國於𨙸梁…文武興於酆鎬…由此言之則𨙸梁酆鎬之間周舊居也固宜有宗廟壇場祭祠之臧」
支4+金8=総画数12 U+9218 [ギ/] 䰙𢾿
◆米などを磨(と)ぐ釜状の器
◆丸底で口が比較的大きい三本足の釜
支8+隹4=総画数12 U+49F4 [シ/]
◆「䧴鵲(シジャク)」、丈が七尺あり人の言葉を解すという鳥、またカケス(懸巣)
𩉨支4+革9=総画数13 U+29268 [コ、ク/つづみ] 鼓鼔皷皼𡔷𪔐𣫊𪔨𩉩𩉲𩊉𩌀
◆円筒形の胴の両側を革などを張って塞(ふさ)いだ打楽器 {楽器(打楽器)}
◆(鼓などを)打つ、また叩(たた)いて音を出す
◆音を出して合図する、また奮(ふる)い立たせる
支4+頁9=総画数13 U+980D [キ/] 𩓗
◆頭を挙げる
◆冠を固定するための帯また紐、顎(あご)のところで結わえる
支4+馬10=総画数14 U+99B6 [シ/]
◆力が強い馬
𩨝支4+骨10=総画数14 U+29A1D [キ、ギ/]
◆ムカデ(百足)などの多足類が"へ"字形に足を曲げて進むさま、爪先立てて進むさま、同「跂」
支4+鬲10=総画数14 U+4C19 [ギ/] 𢾿鈘
◆米などを磨(と)ぐ釜状の器
◆丸底で口が比較的大きい三本足の釜
支4+鬼10=総画数14 U+9B3E [キ、ギ/] 𩳣
◆亡くなった小児の霊魂
◆死者に着せる服、同「𩲢」
支4+鳥11=総画数15 U+9CF7 [シ/]
◆「鳷鵲(シジャク)」、丈が七尺あり人の言葉を解すという鳥、またカケス(懸巣)
𢺸支4+4=総画数8 U+22EB8 [未詳/]
◆未詳
𦲔𢺸8+艸3=総画数11 U+26C94 [未詳/]
◆未詳
𨧾𢺸8+金8=総画数16 U+289FE [未詳/]
◆未詳
注解:「𨨭」の訛字と思われる
頁部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 支部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です